ネットが遅くてイライラしてない!?

このサイトでも理系より文系のほうが大学教員になりにくいといわれています。文系で大学院に行くと一般企業は難しいのはわかります。一方、理系は修士まで行くのは普通だと思います。大学教員を目指す人数的には理系のほうが圧倒的に多いと思うので倍率は理系のほうが高いと思うのですが、何で文系のほうが難しいといわれているのでしょうか?文系には助教がいないとか教員のポストが少ない等の理由が考えられるのでしょうか?教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

教員 公募」に関するQ&A: 大学教員公募について

職 MR」に関するQ&A: MR職について

A 回答 (7件)

理系の方が専門分野も細分化しているし、企業研究職も含めたらMr,Dr共に院卒の方の就職先も広分野に開けているからではないでしょうか??研究が金になるので、大学側も多くの教授・講師を擁することができますしね。

また、学部卒業生数でさえ理系より文系の方が多いです。多くの卒業生数を分母とした、大学・国の研究職の求人数よりも、少ない理系の卒業生数を分母とした、企業研究職も含む理系研究職の求人数の方が、ずっと可能性は開けている気がします。
    • good
    • 0

他の方の意見を見ましたが、あまり出ていないので書きます。



文系の大学教員職、いわゆるアカデミックポストにつきたい場合は、
どのような先生についているかが重要になります。いわばコネですが、文系の学問分野はいまだ徒弟制がひじょうに強いところです。理系も多少は徒弟制がありますが、文系ほどは強くはありません。

さらには、文系の学問は上が詰まっています。ポストがありません。
哲学なんてかなり大変だそうで、50歳代で専任講師につければ良いほうだ、とも聞いた事があります。

もし、もっと詳しい数字を知りたければ、「大学教員公募」というようなページがありまして、そこを見てみれば、いかに文系の募集が少ないかがわかると思います。結局のところ「別にいらないから」というのが事実なように思います。

あと、変な話しですが、割り振られる文科省の予算もあると思います。お金がないと雇えませんから。
    • good
    • 0

理系の場合は,企業に就職口があるので,博士を出た人全員が大学教員を目指すわけではないですが,


文系の場合は,企業に就職口がないので,ほとんど全員が大学教員を目指してしまうため,競争が激しくなるのではないでしょうか.
    • good
    • 1

理系は大学院のみの研究科や国プロの特任ポストが多いので、


絶対数は文系よりも圧倒的に多いです。

任期無の4回生がくる研究室での教員になれる確率は同じぐらい低いでしょう。
    • good
    • 0

大学教員になりにくいかどうかは一概には言えません。


いえることは、
大学院、特に博士課程を出ると、理系より文系のほうがずっと就職が少なくなる。理系は企業の研究職などがあるが、文系は公務員か教師(高校も含む)くらいしかないから。
理系は若いうちからすごい研究ができるが、文系は年をとらないとすごい研究はできない。若いときに実力を認めてもらうのがむずかしい。なので、文系は実力よりコネや学閥がものをいう分野が多い。
    • good
    • 0

実際の統計情報は知らないので、倍率は分かりませんが、『大学教員』になる難しさは、同じぐらいかなぁと思います。

文系よりむしろ、生命科学分野とか、大学院を無闇に拡張しすぎた分野の方が、就職が悲惨だとも聞きます。ただし、理系は独法研研究者という就職口が大きいですから、博士卒の就職は理系より文系の方が困難だと思います。
    • good
    • 0

文系か理系か、というよりは、コネクションが物を言う分野かどうかが問題です。

つまりは、こういうことです↓。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教授になるにはどのような手順を踏めばよいか

近いうちに進路のプリントを提出しなければならないので、
どうかお力をお貸しください。

私は、文学部の史学科がある大学に進学しようと考えて
います。

そしてもし将来やりたい事や仕事が見つけられなければ、
そのまま大学院に進学、教授になりたいと思っています。

しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学
出身の人でも教授になれるのかというところです。

というのは行きたい大学の教授陣が東大をはじめ、旧帝
のオンパレードだったので。

それと私は大学4年間と、大学院4年間で教授になれると
勘違いしていたのですが、ポスドクとはなんですか?

教授の募集が来るまでポスドク、あるいは何とか機関で
働くとどこかで見たのですが。

あと募集に関して自分の好みの大学を選んで教授になる
ことはできるのでしょうか?

失礼ではありますが、ホンマでっかTVの教授の皆さまは
優秀であるのにFラン大学の教授をなされているので。

自分の好きな大学は選べないのかなと思ってみました。

以上のように全く素人の無知ですが解答をどうかよろしく
お願いします。

駄文御免。

近いうちに進路のプリントを提出しなければならないので、
どうかお力をお貸しください。

私は、文学部の史学科がある大学に進学しようと考えて
います。

そしてもし将来やりたい事や仕事が見つけられなければ、
そのまま大学院に進学、教授になりたいと思っています。

しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学
出身の人でも教授になれるのかというところです。

というのは行きたい大学の教授陣が東大をはじめ、旧帝
のオンパレードだったので。

それと私は大学4年間と、大学院4年間で教授になれ...続きを読む

Aベストアンサー

大学教員です。

> しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学出身の人でも教授になれるのかというところです。

出身大学院は関係ありませんが、私大の文系の大学院は定員割れとしているところも多く、試験さえ受ければ、大卒レベルの学力さえなくても受かる場合があります。大学院は自分で研究するところですが、周りの研究のレベルが低いと流されて自分の研究のレベルも下がりますので、なるべく研究の(大学院生の)レベルの高いところに進学すべきです。
学部は中堅私大の出身であっても構わないと思いますが、大学院は、旧帝国大学か少なくとも早慶レベルの大学院に進学された方がいいでしょう。(もちろん、分野によっては、一般的には無名でも早慶よりレベルの高い大学院もあります。)

> あと募集に関して自分の好みの大学を選んで教授になることはできるのでしょうか?
> 自分の好きな大学は選べないのかなと思ってみました。

選べません。一般の企業の就職とは異なります。選べるほど職の数がありませんし、定期的に募集があるものではありません。

大学教員は各大学(の学部・学科・大学院など)ごとに人数が決まっていますので、誰かが(定年退職や他大への転出などで)辞める場合か、新しい学部・学科をつくる場合しか、新しく人を採用することはありません。したがって、教員の採用は定期的にあるものではなく、必然的に倍率は非常に高くなります。一般的には、低くても数十倍から100倍は当たり前、大都市圏の大学であれば、数百倍になることもあります。

質問者様がバカにしたように「Fランク」と書かれているような大学でも、教員を募集すれば、一人の枠に対して、数十倍~100倍の人数が応募します。募集してきた人の中で、研究業績がトップレベルで、研究分野と教育分野(教育歴)が募集分野と合っている人が選ばれます。必然的に、どこの大学でも、教員は一流の大学院出身の方が多くなります。

> 教授の募集が来るまでポスドク、あるいは何とか機関で働くとどこかで見たのですが。

ポスドクの募集は主に理工系の分野でしかなく、文系のポスドクは皆無です。ですので、常勤の教員になれるまでは、非常勤講師や専門学校・予備校などのアルバイトで食べていかなければいけません。もちろん、アルバイトをしながらでも、研究は続けて研究業績は増やさなければいけません。当然、研究費は全て自腹です。そこまでして耐えて、運が良ければ40歳くらいで講師の職があるかもしれませんが、史学などは50歳になっても非常勤講師という人もいる分野です。

> 優秀であるのにFラン大学の教授をなされているので。

大学の学生のレベルと教員のレベルは必ずしも一致しません。無名大学にも、世界的に有名な研究者がいることはありますし、一流大学にも無能な研究者はいます。

テレビのバラエティなどに出ていらっしゃる先生方は、基本的には副業として出ていらっしゃるのだと思いますが、研究者として大成することはあきらめて、将来はタレント業をメインにしようと考えている方もいるかもしれません。
それに、テレビのバラエティで求められる能力は、研究者としての優秀さではなく、学者タレントとして素人に少し専門的なことをわかりやすく話すプレゼン能力ですので、研究者としての能力とはほとんど関係ありません。

他の方も書かれていますが、研究者というのは、特定の分野の学問を究めたい人が、将来に何の保証もなくてもかまわないという気持ちで選ぶ仕事であり、とても運がよければ、もしかしたら、大学教員になれるかもしれないというようなものです。
まだ、大学で専門的な勉強をしたこともない高校生が、将来の安定した仕事として考えるような職業ではりありません。大学に進学し、3,4年生になってゼミで研究のまねごとをするようになってから、改めて、もっと研究を続けたいかどうか、大学院に進学して5年以上研究して博士号をとり、貧乏でも研究を一生の仕事にしたいかどうか考えてください。

進路のプリントには大学進学だけと書いておけばいいでしょう。高校生のうちに、大卒後の職業など考えても無駄です。どの大学に行っても確実に何かの職に就けるわけではないのですから、自分の好きな分野に進めばいいのです。

大学教員です。

> しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学出身の人でも教授になれるのかというところです。

出身大学院は関係ありませんが、私大の文系の大学院は定員割れとしているところも多く、試験さえ受ければ、大卒レベルの学力さえなくても受かる場合があります。大学院は自分で研究するところですが、周りの研究のレベルが低いと流されて自分の研究のレベルも下がりますので、なるべく研究の(大学院生の)レベルの高いところに進学すべきです。
学部は中堅私大の出身であっても構わないと...続きを読む

Qやっと、やっと助教になれた

僕の姉の夫は33歳です。姉は結婚しても働いていて、夫は3年間非常勤講師で食いつなぐ生活をしていたらしいです。同年代のサラリーマンの半分の年収ぐらいらしいです。
そして最近やっと夫が専任の助教に採用されたらしいです。やっと普通の生活を送ることができるということで親戚も呼んで家族みんなで宴会もしました(笑)
マンモス大学なのですが、大学教員は不祥事をしなければ終身雇用といわれていましたが実際はどうなのでしょうか?姉の夫はこれから安定した生活を送れるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんと#4さんは勘違いしおられるようですが、制度上は現在、『助手|助教→講師→准教授→教授』というキャリアルートです。最近改定になりました。

旧助手が、本当に補助的な事しかしない助手と、授業もできるようになった助教に分かれました。基本的には助手はあくまで助手で研究者・教育者では無いという位置づけになりました。助教は大学研究者が最初に付く職です。

旧助教授は准教授になりました。これは英語での表現と近づけるためにこうしたという事です。つまり『教授を助ける』のではなく、『教授に準ずる』という事です。ちなみに感じは準ではなく准です。

以前授業ができなくて、今はできるようになったのは、#4さんのいう助教授ではなく、助教です。

で、義兄さまの助教就任おめでとうございます。ただ、終身雇用というのは最近少なくなっていますよ。大抵『5年任期の再任1回まで』とかそんな条件がついている事が多いと思います。その間に講師か准教授になるために、研究業績を積んで、自分の大学で昇任を目指すか、あるいは多大の准教授公募に応募するか、、そんな感じになると思います。普通の会社員よりは大変でしょうが、最近のこの業界はみんなこんな感じです。

マンモス大学って事は私大の中でも名前が通っていると思いますし、そこの助教になったのですから、そりゃ家族・親戚でお祝いする事じゃないでしょうか。安定した生活かどうかは、もちろん任期制ならその心配はあると思いますが、教授になれる唯一とも言って良いルートなんですから、まぁそれぐらいのリスクはあってもいいんじゃないですかね。一般的に大学教員の社会的信用は高いので、任期制だからローン組めないとかそういった事は(今のところ)無いようですし。

#1さんと#4さんは勘違いしおられるようですが、制度上は現在、『助手|助教→講師→准教授→教授』というキャリアルートです。最近改定になりました。

旧助手が、本当に補助的な事しかしない助手と、授業もできるようになった助教に分かれました。基本的には助手はあくまで助手で研究者・教育者では無いという位置づけになりました。助教は大学研究者が最初に付く職です。

旧助教授は准教授になりました。これは英語での表現と近づけるためにこうしたという事です。つまり『教授を助ける』のではなく、『教...続きを読む

Q文系博士の行く末

大学の同窓会に参加しました。
同級生が苦労の末、博士号を取ったと言っていました。
私は単純に「凄いね~。頑張ったね~。おめでとう!」とお祝いの言葉をかけたのですが、彼の表情は暗く「先行きが見えない…」とぼやいていました。
今彼は週に2~3コマ非常勤講師をしているそうです。
学振(?私にはよくわかりませんが、こう言っていたと思います)にも応募し、2度不採用になったと言っていました。
私の周りに博士なんていないので、「博士=大学の先生になる」だと思っていましたが、現実は違うのでしょうか?
学生時代は同じゼミで頑張った仲間です。
人一倍頑張り屋さんだったので博士号が取れたのだと思います。
私立大学(関西ではトップレベルの大学です)で史学の博士号を取っても、先行きは暗いものですか?
彼が大学の先生になれる可能性はどれぐらいですか?

Aベストアンサー

>「博士=大学の先生になる」だと思っていましたが、現実は違うのでしょうか?
まるっきり違います。極端な言い方をすれば、野球部に入ることとプロ野球選手になることぐらい違います。野球部に入る人(大学院に進む人)の多くはプロ野球選手(大学教員)を目指すわけではありませんし、プロ野球選手を目指してもドラフトで指名されるとは限りません。首尾よく入団しても、一軍選手(教授)になれるとは限りません。二軍どまり(准教授、助教など)かもしれません。はたから見ると呑気に見えるかもしれませんけど、結構厳しい世界です。

で、プロ野球選手になる人の多くは甲子園常連校の部員です。しかし、関西ではトップレベルの私立大学は常連校ではありません。なので道はなおさら厳しいです。常連校(旧帝大など日本のトップレベルの国立大学)からでも厳しいのが現実です。博士号をとったというのは、野球部に入った、あるいはそこでレギュラーになったというレベルのことだと思いますよ。常連校のレギュラーでもドラフトで指名される人は少ないです。

大学教員になれる可能性は何とも言えません。一般的には公募によって選抜されるので、公募された分野と専門が合致し、他の応募者よりも優れた業績を有していることは必須です。前の回答にもありますように、空きポストの有無は重要な要因です。空きポストがなければ採用されることは絶対にありません。運良く、ポストに空きが出ればすぐにでも採用される可能性はありますけど、それでも他の応募者との競争は避け難いです。

暗い話が続きますが、学振で不採用というのは、業績が高く評価されているわけではないことを意味します。学振で採用されにくいということは、教員公募でも採用されにくいということにつながりがちだと思いますよ。

>「博士=大学の先生になる」だと思っていましたが、現実は違うのでしょうか?
まるっきり違います。極端な言い方をすれば、野球部に入ることとプロ野球選手になることぐらい違います。野球部に入る人(大学院に進む人)の多くはプロ野球選手(大学教員)を目指すわけではありませんし、プロ野球選手を目指してもドラフトで指名されるとは限りません。首尾よく入団しても、一軍選手(教授)になれるとは限りません。二軍どまり(准教授、助教など)かもしれません。はたから見ると呑気に見えるかもしれませんけど...続きを読む

Q博士号はバカでもとれる?

某私大の准教授(東大、理博)が言うには、
「理系の場合、博士号はバカでもとれる。京大より東大のほうがとりやすい。」らしいです。
僕はこの人が大げさに言っているのはわかりますが、本当にバカでも取れるのでしょうか?末は博士か大臣かといわれるほど難しいと思っていましたが、現代では簡単に取れるのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

今現在は、No.11のご回答にもあるように
コースドクター、つまり大学院に在籍していないと
博士号が取れないようになったので、少し事情が
違ってきていますが、教授に論文を出せばいいという
ペーパードクターが認められていたときにはかなり
酷かったです。

>「理系の場合、

 日本は特に、工学系の博士号取得者が多いのですが、
この殆どはメーカー務めの人たちです。大学院での研究なら
日々の研究を教授を含め研究室の人たちが何かしら見て、知って
いますが、メーカーでの研究など、どうゆう役割分担でやって
いるかなど、大学の教授が知ることなどできるはずがない
わけです。
 優秀な人に研究をやってもらって、その内容を
まとめさせ、自分の名前を書いて提出すればそれで
博士号を取ることができるわけです。
 教授のほうも、資金援助などの面でメーカーにお世話になる
ことも少なくないので、「この研究、あなたが本当にやった
んですか?」なんて追求しないわけです。
 口頭での説明など、実際に研究なんかしてなくても
研究した人に詳しく聞けば、誰でもできます。

 No.9のご回答に
>バカが博士号取ったとして、その後どうするのでしょう?
 というにがありますが、博士号という名前だけ欲しい人など
掃いて捨てるほどいます。特に日本の場合、年功序列という制度が
長く続いたため、大した能力も業績もないのに、大手メーカーの
管理職やら役員という人たちが沢山いるわけです。
 見栄だけは人並み以上にあるので、博士号だけ東大で
取るという、いわゆる学歴ロンダリングというのが横行し、
これが海外でも有名になったんです。

>京大より東大のほうがとりやすい。」らしいです。

 東大のほうが企業との結びつきが強いのと、
メーカーの研究に直結しやすい工学系の
研究、そういった方面の教授が多いから
結果的に東大のほうが学歴ロンダリングに
利用されやすいということです。

 ですから、博士号でも文系の場合は事情が全然
違うんです。

 
 だいたい修士課程まで研究したら、博士号取得のための
課題もその分野のもので、それをよく理解してくれているのは
研究室の先生なんですから、少なくても日本の場合、
大学院が東大じゃないのに、博士号だけ東大なんて
いうのはちょっとおかしいんですよ。全部が全部とは
言いませんが。
 でもそうゆう学歴の人って、メーカーには沢山
いるんですよねー。

 それかNo.10のご回答に
>「大学院に入れた人なら」というのが最低基準で、

 というにがありますが、基準の緩和というのが行なわれて、
大学卒業と同等と認められるなら、大学院に入学を
許可してもいいということになっていて、その基準の
具体的内容は大学院まかせなんです。
 ですから高卒のサラリーマンでも、実社会での
仕事の成果を認めるとかして、大学院入学を許可し、
働きながら大学院の夜間に通ったなんてことにすれば
博士号取得ができます。

 かつては、大学院の設置基準そのものが厳しかったので、
先生の何割以上が博士号取得者であることなんていうのがあった
のですが、今はそれもなくなりました。

 法科大学院の設置時など、博士号など持っていないものの
実務経験豊富な弁護士さんなどの多くが大学院の教壇に
立てるようになるなどの利点もあったのですが、
極論を言えば、金さえあれば大学院が設置できて、
基準があればだれでも大学院に入学させ、学位も持って
いない人でも学位認定ができるというのが現状なんです。

 学位の名前だけ欲しいという人、つまり需要は
沢山ありますし、授業料を取れれば大学院の
経営としては問題ないわけです。

>現代では簡単に取れるのでしょうか?教えてください

 金とほんの少しの社会的地位があるというのが前提に
なるとは思いますが。

 




 

今現在は、No.11のご回答にもあるように
コースドクター、つまり大学院に在籍していないと
博士号が取れないようになったので、少し事情が
違ってきていますが、教授に論文を出せばいいという
ペーパードクターが認められていたときにはかなり
酷かったです。

>「理系の場合、

 日本は特に、工学系の博士号取得者が多いのですが、
この殆どはメーカー務めの人たちです。大学院での研究なら
日々の研究を教授を含め研究室の人たちが何かしら見て、知って
いますが、メーカーでの研究など、ど...続きを読む

Q助教になるのと有名企業に入るのはどっちが難しいか?

後輩に、
「大学の専任教員になるのと、ドリームインキュベータに入るのはどっちが難しいんですか」
と聞かれました。
考えてみたんですが、助教の倍率はだいたい数十倍でしょうか。
ドリームインキュベータは2000倍ぐらいでしょうから倍率で考えたらドリームインキュベータですが、博士号取得者の賢さを考えたら助教だなと。。。
土俵が違うので難しいですが、どちらが難しいと思いますか?

http://2chreport.net/com_88.htm

Aベストアンサー

アカデミックな研究室にいるものです。

前者のお二方と意見が変わってしまいますが
助教になるほうが難しいと思います。
根拠としては、助教になるためには、
博士号を取得し、
そのあと博士研究員(ポスドク)として
どこかの研究室でやとってもらい
さらに空きのできた研究室の助手のポストにつき
そのあとやっと助教となります。

国から奨励される博士研究員
学術振興会の特別研究員になるには、応募者の5%
に入らなければなりませんし
さらに助手になるに、ポスドクのうち1割にも満たないわけです。
そうしたポストに就けない人たちが大勢おり
それがポスドク問題として社会問題になっているわけで
40過ぎた優秀なポスドクが大勢いることを考えると
セレクションが長期間で多いという意味も加えて
難しいのではないかと思います。

Q大学教授職の方と結婚された方、またはお付き合いされている方、教えていた

大学教授職の方と結婚された方、またはお付き合いされている方、教えていただきたいです。

お付き合いから約一年になる30代前半の彼が理系助教授をしていますが、土日も仕事をしているということが非常に多いです。

向こうから連絡がくることは用件以外全くなく、日曜の夜に電話した際はとらず、「今実験室にいるので、電話は明日でもいいですか?」とメールが返ってきました。

翌日聞くと、終電の電車で帰る時間帯まで実験していたようです。

あまり仕事の内容を自分から話すことはないのでよくわかりませんが、平日は事務雑用や研究の打ち合わせ、土日は自分の研究に時間を注いでるようです。また、海外出張も毎月のように行っています。

こちらからデートを誘うと、基本的に土日のどちらかで時間は作ってくれます。
ただ、「忙しい」と言わないのに、自由時間が非常に少ないように見受けられます。

他の大学教授職の方もこんなに忙しいものなのでしょうか。

どなたかご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

元大学教員です。
実験をされているということは、理系の教員さんですね。
しかも、時間が長くて土日も休めない、ということは
医学系やバイオ系の教員さんではないでしょうか。

私もそのような立場の大学教員でした。一応、トップクラスの
大学の准教授でしたので、土日も出ていましたし、
正月も「誰もいなくて実験するのに快適だから」と称して、
研究に没頭していました。当時、私は妻子持ちでしたが…
海外や国内出張も毎月1,2回は当たり前、講義のない休み期間
にはさらに増えていました。

30代前半で准教授ですから、かなりの出世頭です。
頑張ったから手にできたポジションです。その上は教授ですから、
40になるまでに教授を目指していると思います。
そのクラスの人では、このくらいの忙しさは当たり前です。
デートに誘っても愚痴一つ言わないんですから、立派なものです。
どうか頑張って支えてあげてください。

Q文系の博士課程はでたけれど・・・・

文系とくに文学部などの研究者を志して、
博士課程までは出たものの、
就職がまったくなくて、就職難民化する。
いわゆるオーバードクターが大量発生する・・・・っていうのはどのくらい現実ですか?

またどのくらい今後ひどくなりそうですか。
何か解消されるような感じはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

今の時点ですでに厳しい現実です。
大学院重点化で、少なくとも専修コースはサルでも入れる大学院になりましたから、ますます使えない修士・博士が氾濫します。
それゆえ、どの大学院でも研究者養成コースの入学は、厳しく制限している、というのが現状です。
大量発生は、今後悪化の一途をたどります。
大学倒産の現状を見ましょう。秀明大学の学部閉鎖の一件は、ご存知ありませんか?

法学部・法学研究科の場合、東大の院修了なら何とかイスがありますが、ほかの大学院ではODもやむを得ないということ。もちろん、東大でも修士論文がろくなものでなければ、就職口を得るのは難しいでしょう。

それより、大学教員の採用方針が変わったことも考えるべきでしょう。
例えば、法学部の場合、純潔主義を採ってきた大学として京都大学や早稲田大学がありますが、京大では早稲田出身の外国法担当教授を採ったり、東大出身の公法担当助教授を採ったりと、人物重視の採用方針に転換しています。以前はこういうことありませんでしたものね。
早稲田も然り。東大や東北大はもとより、マイナーな大学でも、実力があれば採用しています。
要は、実力と人物なんですね。

(以上は、ある法律学の教授から最近伺った話。昭和30年代生まれのその先生が博士課程を出た頃、つまりバブル景気の前後には、すでに文系博士は就職難だったと言います)

今の時点ですでに厳しい現実です。
大学院重点化で、少なくとも専修コースはサルでも入れる大学院になりましたから、ますます使えない修士・博士が氾濫します。
それゆえ、どの大学院でも研究者養成コースの入学は、厳しく制限している、というのが現状です。
大量発生は、今後悪化の一途をたどります。
大学倒産の現状を見ましょう。秀明大学の学部閉鎖の一件は、ご存知ありませんか?

法学部・法学研究科の場合、東大の院修了なら何とかイスがありますが、ほかの大学院ではODもやむを得ないということ。...続きを読む

Q偏差値の低い大学で博士号をとるということは?

僕のことではないですが、ある人は学部・修士と京大で学んだのですが、教授が退官し偏差値40代の大学に移動しました。その学生は教授についていきその偏差値の低い大学の博士課程に進んだのですがなんでそんなことをするのか疑問です。
最終学歴が京大ではなく、偏差値の低い大学の博士(理学)ということになり学歴が重要な研究者にとっては不利ではないのでしょうか?
無知な自分に教えてください

Aベストアンサー

A No.3 です。

その後「大学によって博士号の難易度が違うから不利」というご意見が出たようですが、私の認識と違いますので、補足させていただきます。

分野によって違いはあるかもしれませんが、私の知る限り、研究者として誰かを採用するときに、「どこどこ大学でとった博士号だから価値があるだろう」という考えが影響することはないと思います。博士号を判断するならなら博士論文の内容を見ると思います。

そもそも通常、博士号の必要条件は、大学名など全く関係のない学術雑誌への出版状況が主要ですから、大学ごとの最低基準は似たようなもののはずです。著しく通常より低い基準で博士号を出す大学院を作りたくても、おそらく設置のときに文科省にはねられると思います。博士号の水準を維持することに熱心な大学では結果的に博士号をとるのが難しいということはありますが、学部の入学試験の偏差値とは無関係な話です。

また、仮に博士号の最低基準が大学ごとに違うとしても、研究者として採用されるか否かは、有名大学の博士号であればお墨付きになるといったような水準の話ではありません。

話を思いっきり単純化して、能力を100点満点で評価するとしましょう。90点以上の人が採用されるとしますね。仮に、A大学の博士であることは70点以上である保証、B大学の博士であることは60点以上である保証としますね。90点以上を採用したいのに、70点や60点の保証は全く無意味です。

A大学であろうが、B大学であろうが、90点以上かどうかを博士論文の内容なども考慮して判断するしかありません。また他の方も書かれているように、博士課程には、どこの大学もトップクラスの学生が進学しますので、90点以上の卒業生は沢山います。

博士号に関しては、大学ごとの違いは、卒業生の能力というよりは、人数だと思います。ある一定以上の能力の卒業生が多い大学、少ない大学はあるでしょう。それは教員数など大学の規模にも依存することです。

関連することでもう一つ付け加えますと、大学院を卒業し研究者としての就職先を探すときには、ポストが少ないわけですから、上で言った90点以上の卒業生であっても普通は就職先の大学の選り好みはしません。そんなこと言っている場合ではないからです。従って、地方の大学か大都市圏の大学かで、研究者の能力には大きな差はありません。基本的に人数や規模の違いです。(就職先の選り好みができる研究者もごく一部いるでしょうが、その人たちがみな東大京大を好むとも限りません。)ただし立地やスケールメリット、進学する学生の人数、文部科学省の政策もあり、結果的な実績にはある程度の差があります。しかしそれは大学院卒業生の能力に大学院名によって烙印を押すようなレベルのものではありません。

以上のことより、やはり大学院名で判断するのは、現実をよく知らない人だけだと思います。

A No.3 です。

その後「大学によって博士号の難易度が違うから不利」というご意見が出たようですが、私の認識と違いますので、補足させていただきます。

分野によって違いはあるかもしれませんが、私の知る限り、研究者として誰かを採用するときに、「どこどこ大学でとった博士号だから価値があるだろう」という考えが影響することはないと思います。博士号を判断するならなら博士論文の内容を見ると思います。

そもそも通常、博士号の必要条件は、大学名など全く関係のない学術雑誌への出版状況が主要で...続きを読む

Q大学教員は生まれつき持った才能がないとなれないのですか?

高校の国語の先生が言っていた話なんですが、「高校とかの教員は正直努力でなんとかなるけど、大学の教員は努力ではどうにもならなくて生まれ持った才能がないとなれないんだよ。文系なんか大学院に行くのは博打と同じ」と言っていました。大学教員になる人は一般人とかけはなれた才能を持った人しか無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

全くその通りだと思います。
特に文系で大学院に行くことは社会的にほとんど意味がなく、ただの自己満足に終わる可能性が高いです。
なぜなら、文系の人は理系の人と違って、企業などで専門的な知識を要されることはまずないからです。つまり、仮に文系で大学院修士課程修了の学歴を持っている場合、企業側としては「わざわざ高い初任給を払ってまで修士を採用するより手ごろな額で大卒を採用したほうがまし」とされるのが一般的でしょう。
また、大学教員になるのは文系では極めて難しいです。理系と違って研究対象に明らかな結果がない場合が多いですから。

また、理系について言えば、理系の場合は修士課程修了者までは価値があります。大卒であれば事務方や営業方に回されますが、修士で採用された場合研究分野に就くことができるでしょう。
ここで問題になるのは博士課程修了者です。現在の日本において、博士の学位の社会的地位は他国と比べ非常に低いです。博士課程=フリーター養成課程とも言われたりします。
企業側としても、「わざわざ高い初任給で博士を採用するより、ある程度の専門知識があって手ごろな額で修士を採用するほうがまし」とされます。
理系の場合は大学教員になれる確率は文系よりは高いですが、それでもなお人生を棒に振る可能性が伴います。下手したらフリーターになってしまいますから。
しかも、企業に就職したほうが待遇もよく、安定しているでしょう。大学教員を目指すなら、全てを犠牲にして学問を極める、という意志がないと無理です。
「白い巨塔」というドラマがありましたが、医学部の教授はあのくらい権力があって華やかな感じかわかりませんが、他学部は少なくとも全く逆のように思えます。一生研究室にこもる生活、私には耐えられません。もっと楽しい世界があるんじゃないでしょうか。

なお、文系で博士課程に進学するなど論外です。

全くその通りだと思います。
特に文系で大学院に行くことは社会的にほとんど意味がなく、ただの自己満足に終わる可能性が高いです。
なぜなら、文系の人は理系の人と違って、企業などで専門的な知識を要されることはまずないからです。つまり、仮に文系で大学院修士課程修了の学歴を持っている場合、企業側としては「わざわざ高い初任給を払ってまで修士を採用するより手ごろな額で大卒を採用したほうがまし」とされるのが一般的でしょう。
また、大学教員になるのは文系では極めて難しいです。理系と違って研...続きを読む

Q文系のアカポス獲得は、難しいですか、簡単ですか?

1、文系のアカポス獲得は、難しいですか(私立大学)?
最近の事情はどうなっていますか?現実がしりたいです。
2、文系の大学院出は高給で企業に雇われているイメージがあるのですが、だいたい真実ですか?

以上の二点について、すみませんが、どなたか現実を教えてください。

Aベストアンサー

 3です。さっき名乗るのを忘れてましたが、一応大学院生です。

>1、私の先輩で30前に大学の専任講師になった人がいて、大学院に粘っ
>て何年も残っていたらいずれ大学教員になれるというイメージがありまし
>た。

 旧帝大の歴史のある大学院(新設系は難しいかも)で、奨学金等がなくなった後も高水準の研究業績を出しつづけることができれば、どこかの大学教員になれるかとは思います。ただ、アルバイトで精一杯で研究が出来なくなってしまってフリーターとか、実家に帰って就職というパターンが多いんですよね。
 私の所属する研究科なんかも、生活苦と研究業績を出せない悩みからかだんだん数が減っていき、生き残った人がポストを勝ち取ると言う感じです(優秀ですぐ就職する人もいますが)。

>2、大学卒の初任給より、たとえ数万円でも上だとしたら、やはり
>「高学歴の方がよい」というわけでしょうか。

 よくないと思います。要は大卒初任給と全く同じではなく、入社3年目の人と同じかやや安い水準の給料ですし、高卒と大卒とは異なりその後の給与の上がり方でも有利ではないので、お金だけ考えれば大学院などに行かずにさっさと就職したほうが断然いいかと思います。
 私の場合、自分はさほど優秀だとも思っていないのですが、5歳くらいから、あろうことか修士課程進学後に至っても、周辺(同僚大学院生を含め)から「おまえは学者を目指せ、会社なんかに行ったら絶対苦労する」と言われつづけたので、こりゃあよっぽどの事だと思い、金銭面での不利は目をつぶって博士課程進学をきめたと言う妙な経緯があります。これは例外的なものでしょう。

 3です。さっき名乗るのを忘れてましたが、一応大学院生です。

>1、私の先輩で30前に大学の専任講師になった人がいて、大学院に粘っ
>て何年も残っていたらいずれ大学教員になれるというイメージがありまし
>た。

 旧帝大の歴史のある大学院(新設系は難しいかも)で、奨学金等がなくなった後も高水準の研究業績を出しつづけることができれば、どこかの大学教員になれるかとは思います。ただ、アルバイトで精一杯で研究が出来なくなってしまってフリーターとか、実家に帰って就職というパターンが多...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング