新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

こんにちは。(時間的には「こんばんは」ですが・・)
ドライバーのヘッドスピード41-44で、6Iのヘッドスピードは32-34です。

33歳の男です。「ドライバーで250ヤード飛ばしたい!」などと贅沢言いません。

とにかく7Iで150ヤード普通に飛ばしたいです。
現状肩の力を抜いて、すばやく「スパー!」っと振って芯に当たっても120ヤードしか飛びません。(やはり当たってないのかな?)

「本当にこのクラブで150ヤードも飛ぶの?」といつも思います。

小学校、大学は野球やっていました。中学、高校はバスケットやっていましたので、スポーツは得意なはずです。
ゴルフもいろんな人から「スイングキレイだね。」と言われるのですが、、、とにかく全く飛びません。

ゴルフも江連氏の影響で野球のバットでゴルフスイングの素振りを週3回は行っています。体重移動もしっかり行っているつもりです。

ちなみに10球打って、芯に当たるのは2球程度です。全体的にヒール寄りに当たります。最近シャンクするようになりました。だんだんおかしくなって来ました。

全然上達しないのでかなり精神的にも凹んでいます。どういう練習をすればいいかだけ教えていただけますでしょうか。

真剣にゴルフうまくなりたいので、努力は惜しみません!
どなたかアドバイス下さい。

教えて!goo グレード

A 回答 (13件中1~10件)

こんにちは、質問者様と同じ位のHSの者です。


私の場合は、たまたま質問者様と同じロフト(35度)のアイアンで150ヤード位キャリーで飛んでいます。
それを考えると、120ヤードは明らかに飛んでいませんね。
これまでの回答等を読んで思ったのですが、上手くスイートエリアで捕らえていないのも有るかと思いますが、
一番の原因は、恐らく、効率の良いスイングが出来ていないからであろうと思います。
昔の私が、飛ばない飛ばないと悩んでいた時と同じように、バックスイング→インパクトまでをいかに早く振るか!
機械の表示HSを上げるか!だけを考えてスイングしていませんか?
確かにHSが早いと球は飛びますが、それだけでは力強い球、遠くに飛ぶ球にはなりません。
大事なのはバックスイング→インパクトではなく、むしろ、インパクト→フォロースルーなんです。
いかにインパクト→フォロースルー間でのHSを加速させるか?それが出来て初めてビッグキャリーが出るのです。
その辺の力自慢の曲がる飛ばし屋ではなく、本物のプロ級の飛ばし屋がいたら、ジックリとその人のスイングを観察してみて下さい。
彼らのスイングを比較して、音で例えてみると、
力自慢の飛ばし屋=ブーーーン!!!(最初から最後まで音がする)
本物の飛ばし屋=ブンッ!!!(一瞬だけ音がする)
というように、インパクト後の一瞬にヘッドを加速させているのが分かります。
私はこれまでにタイガーウッズや不動、アニカソレンスタム等のプロのスイングを間近で見ましたが、皆インパクト後に加速させて飛ばしていました。
(男子よりも非力な女子の方が分かりやすいかな?)
素人が見てると、あまり全力でクラブを振ってないように見えるのですが、球は凄まじい勢いで飛んでました。

失礼ながら、これだけ飛ばないのは、質問者様のスイング自体が間違えていると思われます。
しかし、言い方を変えれば、正しいスイングを身に付ければ、飛躍的に距離も伸び、精度も上がるって事です。

私の提案としては、我流には限界が有るので、お近くの練習場でレッスンに通われる事をお勧めします。
上手い人に聞くのが一番の近道です。残念ながら友人達から聞くアドバイスやレッスンは的外れな事ばかりです。
それに私もそうですが、友人の言う事はあまり素直に聞く気になれなくても、上手い人の事なら聞く気になりますからね(;^_^A
実は私も、レッスンに通っており、インパクト→フォロースルーで体を使ってHSを上げる事を教えてもらって上手くなったのです。
本を読んで知識は上がっても、上手くはならないです、教えてもらうのが一番です。

余談ですが、レッスンプロが皆、真剣に教えてくれる人ばかりとは限りません。
中には小遣い稼ぎ程度の認識で、どこかのレッスン本に書いて有る事しか教えてくれない酷いレッスンプロもいるので、
友人や知人に各練習場のレッスンプロの評判を聞いて情報を集めてからどこに通うのかを決める事をお勧めします。
また、誰にも知られたくない場合は、良い先生に当たる事を願って、運に任せてレッスンを受けてみて、ダメだと思ったら別の練習場に変わるのも有りだと思います。
ちなみに私は今の先生に出会うまでに、2回練習場を変わりました。他の先生も悪くはなかったのですが、先生の教え方(イメージの仕方とか)と自分の感覚が
合わなかったのが変わった理由です。やはり、合う合わないってのも有りますからね(;^_^A

教えて貰った事を真面目にコツコツと集中して忍耐強くやれば絶対に結果は出ます。
貴方のようにスポーツをやっていた方でしたら、何かを掴んだら一気に上達する事でしょう。
ちなみに、私の知り合いの30代の女性(当時のスコア130前後)は1年レッスンに通って、コンペでグロス77を叩き出して優勝してました。
しかもハンディ25(上手くなってるのは誰も知らなかった)だったので、ブッチギリの優勝です!( ̄□ ̄;)!! (ガーン)
その女性は真面目にメモを取って、教えられた事を素直に聞いて練習し、レッスンが終わった後も、今日習った事を反復練習していたそうです。
真剣に取り組めば、結果は付いて来る良い例ですね。

以上、少しでも参考になれば幸いです。
また、もしレッスンを受けるのであれば、このまま質問を締め切らずに、距離がどうなったかの結果を報告して頂けると嬉しいです。
    • good
    • 22

飛びますよ!というか飛ぶはずです。


ドラのHSを43m/sとした場合の単純な計算式を・・・
42.5 × 1.5 × 4 = 258y ・・・・ドライバー最大飛距離
258 ÷ 2 = 129y ・・・・9鉄の飛距離
129 + 20 =149 ・・・・番手間のピッチが10yの場合の7鉄の飛距離

この公式から逆算すると7鉄で120yの場合はDRで200y前後になってしまいます。
ドライバーがもう少し飛ぶなら、まず道具を確認してみてください。
ロフト角は?意外とバンスが少ないと飛ばないことも・・・
シャフトの長さは?重さは重過ぎたり軽すぎたりしてませんか?

道具のロフト角が適正であってもインパクトでロフトが寝た状態で
当ってしまったり、開いた状態で強いスライス回転が掛ると
適正な飛距離は出ません。
グリップがウィーク過ぎていないか?
アドレスで体が開いていないか?
飛ばそうとして力んでいないか?
球を上げようとして煽り打ちになっていないか?

2/10という確立はあまり良くありません。
計算式の1.5という部分はきちんと芯に当った場合の倍数で芯を外せば
とうぜんここの数値は低くなり=飛ばなくなります。
おそらく飛ばそうとして振り過ぎで芯に当っていないのが原因でしょう。
7番で150y飛ばす努力をするより、9番くらいでコントロールして
毎回100yターゲット付近に止まるボールを打てるようになれば
多分7番で普通に150yくらい"運べる"ようになってると思いますよ!

そう!アイアンは"飛ばす道具"でなく"運ぶ道具"です!!
ちなみにボクが7番アイアンの使用範囲は10yのアプローチから
フィニッシュが崩れない範囲でのフルショットで165yです。
普通は?と言われるとおそらく155y~160Yくらいですね。
おそらくこの力加減(振り加減)はドライバーのショットで
HS45くらいと同じような感覚でドライバーなら260y飛んでますよ!
    • good
    • 23

No9です。

右の移動はあんまりしなくてもOK。振りぬき時(フォロースルー)に左足だけで立ってる感覚ですかね。頭は起きないように(右耳が真下に向く感じ)すれば良いと思います。これで今年300ヤード越えを11発打ちました。スコアは???。
    • good
    • 11

No.1 の Sea Breeze です。



煉瓦の上に右足を乗せる時は全体を乗せて安定させて下さい。 つま先や踵だけを乗せても構いませんが、トップで右足に体重がかかる時、とても不安定になりスイングが崩れやすくなります。

それと頂いたコメントの印象としては右手が強いため、ダウンスイングに入ってから、フェースが早く返るためにダフリが多いのではと感じています。 アイアン・ショットのインパクトではグリップの方が先に出る 「ダウン・ブロー」 が絶対的な基本です。

ご説明のスイングでも、ティ・アップした状況でしたら何とか打てるでしょうが、地面にあるボールを打つのは極めて難しいと思います。

従って、右足を煉瓦の上に置く事、右手が効きすぎないよう左のグリップや左のリードをシッカリと、また体の回転を意識して強めにし、フィニッシュをキチンと取る事。 

これでかなり改善されるように思います。 一度、お試しあれ。
    • good
    • 7

私は40歳です。

ヘッドスピード45ぐらいです。7Iで150~160です。以前まで7Iで130が平均でしたが、体重移動(スエーに近いかも)をしっかりとするようになり、27日も7Iで167をキャリーでON。体重移動を身に着けると、プラス20は確実です。最初はトップや方向に苦労するかも。でも、あとは慣れ。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

>以前まで7Iで130が平均でしたが、体重移動(スエーに近いかも)を
...これです!!体重移動に気をつけたら頭・肩が左右に動きます。
このとき頭が左右にちょっとでも動いたらダメなんでしょうか?
それとも動かないものなのでしょうか?

お礼日時:2008/07/29 10:29

No.6です。


追記します。自分が一応ゴルフスイングの動きを覚えた初心者の頃、ヘッドスピードは50~54m/sありましたが、7Iは150ヤードの飛距離で打ってましたよ。全部上へ上へと飛んで前に飛んでくれなかったんです。(当時からたまに出るナイスショットでオーバーは嫌でしたから無風平坦時の最大飛距離考慮で打ってたんです)

超ワイドスタンスで左足かかと線上にボールを置いて、思い切りヒールアップして超アップライトスイングだったのを覚えています。(ちょうどJ・ニクラウスさんのワイドスタンス版でそれよりかなり不格好なスイングと考えれば分りやすいでしょうか)
ヘッドスピードは当時のような無茶振りしなくなって多少落ちましたが、アイアンの無風平坦時の最大飛距離(これを平均飛距離と勘違いしてる人はかなり多いですが、平均飛距離とは全く別物です)は当時より出ています。スタンス幅とボールの位置関係、それに持ち球を絡ませてアドレスをも長い時間をかけてようやくある程度は固まったかなぁ...(自分もアドレス研究の余地はまだまだありそうですね)
    • good
    • 6

いつもシンプルに考えているので、難しいことはわかりませんが、私が実践していることは、「力を抜く」ことです。

それも「肩」ではなく、グリップを含めた「腕全体」の力です。そして腕全体を弛緩させ、トップでもひたすら「力まない」ように注意しています。腕の力を、極端に言えば「一切入れない」くらいの感じで、イメージは「腕とクラブがムチのようにしなる」です。
硬い棒よりやらかいムチの先端の方がスピードが速いですよね。
私もかつて、飛ばない人でしたよ。でも、この方法で7iで165Y飛ぶようになりました。一度お試し下さい。
    • good
    • 14

野球系のスポーツ(ソフトボール)出身です。


ボールを「打って」(バッティングのように)いませんか??
ちょうどキャッチボールで内野手練習用にノーステップのキャッチボールをすることがありますよね。あの体づかいを飛球線を90度変えて腕の振りを深いアンダーにすればほぼゴルフスイングです。脇も締まっていなかったら、相手の方向へもいきませんし、第一相手に届きません。
バッティングの動きは動いているボールのためのものです。動いているボールを加速させないために体重移動はできるだけ遅めに行います。ゴルフは止まっているボールです。それでは間に合わないのです。(芹沢大介プロのスイングは体重移動が遅めですが、あれより格段に遅く体重移動するのが野球のバットスイングです。そのまま体の動きを使うと明治の大砲にしかなりません)移動量はゴルフボールに比べて格段に重い野球のボールを打つのですから、問題ないとは思います。あとバットスイングは超フラットですから、autoroさんの言うとおり、脇が甘くなりがちになります。

あと野球出身者がゴルフをする時に気になるのが(自分もそのクセがあって随分飛距離で損をしました)、スタンスが広いということです。しかも、なぜか左足かかと線のアドレスを取る方が多いんです。(おそらく自然にバットスイングのインパクトポイントで打とうとしてしまうのだと思います)ということは、7番で打とうとしても8番のロフトでインパクトということにもなります。(デビューのころのジャンボさんはむちゃくちゃスタンスが広かったんです)ちょうど今、スタンスが広めの旬の方がいますので、よくアドレスを研究した方がいいと思いますよ。(石川 遼プロです)

「スイング綺麗だね」と言われるのなら後者の方が疑いが強いですが、フィーリング的に前者の残っていることもあろうかと思います。その辺をよくチェックされたらどうでしょうか??
    • good
    • 5
この回答へのお礼

よくゴルフのスイングは、野球の「投げる」というのとよく似てるみたいですね。
相手に正面向きながらキャッチボールをするのをイメージしてみました。
そのヒザの曲げ具合で練習すると全然力が入るようになりました!
あとは腰の捻転力を意識して毎日素振りしてみます!

お礼日時:2008/07/30 23:55

>スイング綺麗だね


褒めてくださったのか、飛ばないので皮肉られたのか
褒められたとすれば、褒めた方はゴルフが判っていないと思いますね

ゴルフのスイングにはメリハリがありますが
他人のスイングを見てそのメリハリを見抜ける方は
そう多くは居ないと思います

ところで、7Iで120ヤードですか
ゴルフのスイングを基本的に見直してください
一番簡単に見えて難しいのがグリップです
スイングのクラブの回転の芯になる所です

右打ちの方を基準に話します
グリップの仕方は、小指、薬指、中指でグリップしますが
スイング中に緩みますので、親指の付け根で押さえつけてください
インパクトでグリップが緩んでいると、クラブのフェースが
ボールにぶつかった時のエネルギーが消えてしまいます
よく、緩々にグリップするのが良いという話を聞きますが
インパクトでは瞬間でもガッチリ握らなくてはなりません
アマチュアでインパクトでしっかりとグリップ出来る方の
パーセンテージはほんの数パーセントと聞きます
だったら、最初からしっかりグリップする事をお勧めします

次に、アドレスした時のクラブのシャフトと、腕で出来る角度を
インパクトを過ぎるまでキープすることです
腕とクラブのシャフトがストレート(直線)になると
ダウンスイングでためた力が逃げてしまいます
ヘッドにエネルギーを集中するには、上記の角度を保つ事
アメリカのプロの殆どが、アドレスの腕とシャフトの角度を
そのままにした形でスイングするのをTVでご覧になると思います
その意味がお分かりになると思います

野球をやられた方に共通な事ですが
腕が体から離れ(脇が開いた形)でクラブを振る傾向にあります
(最初の話で、ゴルフの基本が理解出来てくると、スイングが変わります)
脇が開く=両肘が体から離れる(どちらかの脇が開いても同じ)
脇が開くと、体を捻転してためたエネルギーが逃げてしまいます
(アメリカのプロのスイングを良く見てください、肘が伸びてしまう
プロが殆ど居ない事に気がつくと思います:インパクト後は別です)

スイングを見直されるなら
右肩の高さのトップから、左肩の高さのフィニッシュまで
目一杯のフルスイングをする(ハーフショットではありません)
坂田信弘プロの提唱される「ショートスイング」を実践なさると
これがスイングなのだと実感されると思います
私もこの理論と出会って約10年になりますが
ドライバーまで同じスイングで通しています
(ドライバーでキャリー270ヤード出ます)
女子プロの昨年の賞金女王上田桃子さんも
中学生時代、上記坂田プロの主催する、九州の坂田塾の塾生で
上記「ショートスイング」で基本を作っています

頑張ってくださいね
アドバイスまで
    • good
    • 3

飛ばないみたいですねー



スイングを 見てないので確実な事は言えませんが

100%言える事は スパインアングルが フラフラしてます

基本を本か 上手い方に教えて貰って下さい。

後 左サイドの壁を 感じてスイングされてますか?

此れが分らないと 飛びませんし バラバラの球筋になります。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング