gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

今、お友達にプレゼントしたくて、タペストリーを作っています。
「海の嵐」というパターンに挑戦しています。
もうすぐトップができあがる予定ですが、キルティングの方法について
落としキルトにるすか、ピースキルトにするか思案中です。
海の嵐のパターンはピースの数が多く、大きいピースも小さいピースもあるので
どちらがいいのでしょうか?ピースキルトにすると小さいピースの部分など
ごちゃつかないか心配ですし、落としキルトにすると大きなひし形のピースの
部分が間延びしてしまわないか、という心配もあります。
ちなみに、海の嵐のパターンの真ん中のローズガーデンのようなパターンの大きさ
は、16×16cm、四隅に位置する小さなローズガーデンのパターンの大きさは
8×8cmです。

A 回答 (1件)

パッチワークって、なんでもそうですが、


一概にどちらが良いとは決められないと思いますよ。
本や先生によって、言うことが違いますしね。
結局は自分の好きなようにするのが一番!と、最近思うようになりました。

すみません、話が脱線してしまったようで・・・。

落としキルトか、ピースキルトか、ですが、
私だったら、落としキルトをして、大きなピースで間延が気になるところがあれば
部分的にキルティングを足すと思います。
ピースキルトじゃなくても、ちょっとした柄を入れてもいいですよね。
間延びする、しない、というのは、単純にパターンと大きさだけでは
判断するのが難しいです。
作品そのものの大きさ、使っている生地の柄、配色・・・などなど、
いろいろな要素が絡んでくると思います。
好みもありますしね。
ご自分の感覚に自信を持って、楽しんでください。

手作りのタペストリーをプレゼントしてもらえるお友達がうらやましい!
がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
部分的にキルティングを足す・・・いいですね!
大きめのひし形の部分に、何かぴったり合うようなキルティングの
模様を施したら素敵になりますね。
(その大きな部分は、無地に近いムラ染めのようなぼやけた色ですので
効果的ですね。)
キルトって、作っている過程では配色やキルティングやふちの処理などいろいろ
迷ったり、「これでいいのかな?変じゃないかな?」って悩んだりするけど
出来上がるに連れて、愛着も増してくるんですよね。
がんばります。
(お引越しのお祝いなんです。)

お礼日時:2002/12/11 07:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパッチワークのキルティングがうまくいかない

パッチワークで初めて壁掛けを作っています。
失敗に失敗を重ね何とか仕上がってきたのですが、最後のキルティングがどうしてもうまくできません。
布が大きくてどうやってやったらいいのか分からないんです。
それにやっぱり一針、一針(半針、半針?)でしょうか?
しつけはしたのですが、手で持ってやっているとなんだか生地がでこぼこになったりして、きれいに平らな状態にならないんです。
どなたか、キルティングの方法を教えていただけないでしょうか?
キルティングの模様は、刺し子とかでよくある、花柄の模様なのですが・・・。

Aベストアンサー

こんばんは
私パッチワークの講師をしています。
出来上がったキルトトップに丁寧にアイロンをかけます。
縫い代はきれいにカットされてありますか。裏側の縫い代の倒し方が
きちんとされていないと、キルトするときごろごろしてしまいます。
平らな台の上に裏地を上が裏になるように置きます。皺がないように伸ばし
上にキルト綿をのせます。キルト綿はあんまり引っ張らないようにします。
(キルトトップより少し5センチ以上大きくします)
キルトトップをのせしつけを掛けます。仕付け糸1本どりで、まず真ん中
からまっすぐ右か左に掛けます。
長めの針で針目は3センチくらい、まずまっすぐに布に刺し、下まで
通ったら裏地をすくい表に出します。布は持ち上げないで3枚を全部
すくいます。針はいつも垂直に刺したり出したりします。
端まで行ったら結び目は作らず返し縫をして糸を切ります。
米の字に真ん中から外に向かってしつけをし、その間も埋めていきます。
隣との間が3センチくらいの間隔になるようにたくさん掛けます。
面倒ですが、このくらいかけてあればフープはいらないと思います。
フープを使うときは、あまり布を張りすぎないように布を押してゆるめに
します。さあキルティングです。 針は細く短いものを使います。
糸は50センチくらい。玉結びをし、つなぎ目から中にいれて引っ張って
中にいれ、1針返し縫をして始めます。下から中指で布を押し上げ
針をまっすぐいれ下まで通ったらすぐ表に出します。3~4針ずつ
進めます。針を移動するときはキルトの中を通します。縫い終わりは
針の根元で玉結びし、針を一旦キルトの中へ入れて継ぎ目から出し、
糸を引っ張って玉結びを中に入れます。こうすると裏もきれいです。
針目は裏側までキチンと通し、細かく刺すより、針目がそろっているほうが
きれいなキルティングができます。
長くなってしまってごめんなさい。また伝えたいことがうまく書けなくて・
がんばって素敵なキルトを作ってください。

emilinでした

こんばんは
私パッチワークの講師をしています。
出来上がったキルトトップに丁寧にアイロンをかけます。
縫い代はきれいにカットされてありますか。裏側の縫い代の倒し方が
きちんとされていないと、キルトするときごろごろしてしまいます。
平らな台の上に裏地を上が裏になるように置きます。皺がないように伸ばし
上にキルト綿をのせます。キルト綿はあんまり引っ張らないようにします。
(キルトトップより少し5センチ以上大きくします)
キルトトップをのせしつけを掛けます。仕付け糸1本どりで、...続きを読む


人気Q&Aランキング