『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

通常市販のカースピーカーは、4Ωが一般的ですよね。しかしマイカーの交換したい既存の(不満の)純正スピーカーは、2Ωなのです。市販のSP4Ω⇒2Ωにすることは、簡単にできないのでしょうか?。逆の場合は2Ωの抵抗を一つ直列に接続で、良いのだと思いましたが。?。(-_-;)どなたかどうか、ご回答をお願いいたします。m(__)m

A 回答 (2件)

いや、2wayか3wayのスピーカで、ミッドレンジとツィータを並列に繋ぐ事自体は普通は大問題です。

ミッドレンジとツィータに同じだけ電力を流したら、ツィータの耐入力にもよりますが普通はツィータが吹っ飛んでもおかしくないです。ちゃんとネットワークを介してツィータとミッドレンジの信号を分岐しないといけません。

また、コアキシャルの場合は、スピーカ内にツィータとウーハー(というか、質問者の方の環境の場合はミッドレンジ扱いか)の信号を分けるネットワークが内蔵されていて、トータルで4Ωになるよう調整済みですから、下手な改造をするとバランスが崩れるどころかスピーカが潰れますので、そのままで使うのが得策かと。

それに、電気的には、2Ω対応のパワーアンプに4Ωのスピーカを繋ぐ事は問題ないです。
4Ωを(アンプから見て)2Ωにするには、No.1の方のご回答のとおり、並列に4Ωの抵抗を付ければ事足りるんですが、アンプのパワーのうち半分は抵抗が熱として消費するだけですので、パワーの半分しか音になりません。
また、電気的には、2Ωスピーカに入るパワーを1とすると、単純計算ではΩ数が倍になればパワーは反比例して減りますので、4Ωスピーカだとパワーは半分の0.5になります。
つまり、抵抗を使っても使わなくても、パワーは0.5になることに変わりないです。だから、下手に抵抗を使うよりは、そのまま4Ωのスピーカを繋いでしまう方が、安全であり賢明です。2Ω対応のパワーアンプは、2Ω以上のスピーカが繋がる分には、むしろ電気的には安全に鳴ります。

ただ、その4Ωのスピーカで、質問者の方の好み通りの音(特に音量)が確保されるかどうかは、質問文の範囲の情報では判断しづらいですね。
そこのところは、アンプの出力とかスピーカの能率といった数値的仕様がわからないと、判断できないですね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

kenta58e2さん
とっっても分かりやすいご説明、どうもありがとうございます。
過去に、ただ参考本などを見ながら、部品を買い、ネットワーク(スピーカー)を自作したこともあり、少しは知っているつもりでしたが、このような初歩的なことも理解していなかったとは(愕然)。例えば並列に、一個抵抗を繋いで2Ωにするのは「アンプのパワーの無駄な浪費で無意味」になるなど(^_^;) 

ご回答を参考にして、スピーカーの能率の1、2dBの違いは結構大きいということは、存じていますので、(^_^;) その線で購入を選択していこうと思います。

とても分かりやすいご回答、疑問がとけてスッキリ! (*^^)v
どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/08/29 23:43

並列に4Ωの抵抗を繋げばよいだけでは?

この回答への補足

cosmos-ktさん、ご回答どうもありがとうございます。はい、例えばセパレートタイプ(2way)ですと並列接続でイメージできますが《MIDとTWを並列に》、コアキシャルタイプ(単体ユニット)の場合だとどうなるのでしょうか??

補足日時:2008/08/28 07:47
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qパワーアンプのつなぎ方を教えてください(超初心者)

よろしくお願いします。

友人から「ALPINE MRV-F400」というパワーアンプを貰いました。
しかし接続の仕方が判らなくて困っています。
そこで接続の仕方をご指導してください。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する
2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する
3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?
4) 「REMOTE」とは何ですか?
5) 「GND」とは何ですか?
6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

現在、フロントスピーカーは純正、リアスピーカーは置型BOXタイプ、
それとスピーカーケーブルをそのまま付けるタイプの簡単ウーハーがあります。

これだけでわかっていただけるか判りませんが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれを接続します。なければ同様にRCA出力もないと思われるので取り付け不可能です。

5) 「GND」とは何ですか?

グラウンドすなわちアース、つまりマイナスのことです。ボディーの鉄板部分に配線します。

6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

1と2をフロント左右 3と4をリア左右です。1)で繋いだRCAケーブルと対応させます。


いわゆる4チャンネルアンプと思われます。4チャンネルとはフロントスピーカー左右とリアスピーカ左右の4つのスピーカーを鳴らせますよってアンプのことです。

あと蛇足ですが、超初心者ですので、、、っていう言い出しはネット上で逆に嫌われる傾向にあることを付け加えておきます。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれ...続きを読む

Qスピーカーに抵抗器を追加して音量を下げたい

と思っています。
理由はボリュームの1ノッチの音量変化が大きすぎて、もう少し細かく調整したいからです。
具体的には、下記のコンポで最大ボリュームが45なのですが、うちのマンションではうるさくて10以上あげられません。
音量が10段階では、深夜などは音が大き過ぎるか小さ過ぎるかになりがちで、もっと細かく調整したいのです。
そこで、こちらのサイトでいろいろ調べて、下記のように接続しようと考えてるのですが、これで私の思惑(計算)通り片側14.14Ωになり、変更前の6Ωの半分以下の音量になりますでしょうか?
当方は電気もオーディオも素人です。
抵抗器の種類、W数など問題があればご指導、またはアドバイスよろしくお願いします。


●コンポ
  DENON RCD-M37
  出力30W+30W(6Ω、JEITA)
  適合スピーカーインピーダンス6Ω~16Ω


●変更前 スピーカー
  右:6Ωスピーカー
  左:6Ωスピーカー


●変更後 スピーカー+抵抗器(メタルクラッド抵抗・50W)
  右:4Ωスピーカー+抵抗27Ω ┓
                       ┣ 並列に接続で14.14Ω
    6Ωスピーカー+抵抗20Ω ┛
    
  左:6Ωスピーカー+抵抗20Ω ┓
                       ┣ 並列に接続で14.14Ω
    4Ωスピーカー+抵抗27Ω ┛

※変更後スピーカーを2個並列にしているのは、ついでに4つ鳴らしたいと考えてるからです。
 4つ鳴らしたい理由は、カーコンポのように四方から音が届く感じが好きだからです。
        
        
        

と思っています。
理由はボリュームの1ノッチの音量変化が大きすぎて、もう少し細かく調整したいからです。
具体的には、下記のコンポで最大ボリュームが45なのですが、うちのマンションではうるさくて10以上あげられません。
音量が10段階では、深夜などは音が大き過ぎるか小さ過ぎるかになりがちで、もっと細かく調整したいのです。
そこで、こちらのサイトでいろいろ調べて、下記のように接続しようと考えてるのですが、これで私の思惑(計算)通り片側14.14Ωになり、変更前の6Ωの半分以下の音量...続きを読む

Aベストアンサー

インピーダンスが変わっても問題ありませんよ。
あくまでも、アンプ側から見たインピーダンスを変えないというのが基本という提案です。

ただしスピーカーにローパスフィルターや、ハイパスフィルターがついている場合、インピーダンスが変わると周波数特性(カットオフ周波数)が変わる可能性があり、音そのものへの影響がないわけではありません。

Qスピーカーインピーダンスの変更

自作スピーカーFOSTEXのFE103Eを使用しています。インピーダンスは8Ωです。今回、アンプを買い換えたら、推奨は4Ωになっています。現状でも鳴ることは鳴りますし、アンプの説明書では4~16Ωで可です。しかしながら、以前使っていたアンプと比べると音の立ち上がりと言うか切れがないようで、ちょっと不満です。現状の8Ωスピーカーを4Ωにする方法が知りたいので教えてください。例えば、電子工作で使う抵抗を並列で繋ぐなどの方法でΩ値を下げることが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

今の音質に対する不満の原因は、本当にインピーダンス起因ですか?それがアンプの個性だという可能性は?・・・それは深い問題なのでとりあえず脇に置いて、インピーダンスを変える方法としては確かに抵抗でも可能は可能です。が、重大な問題が2つあります。

1)
抵抗というものは信号の周波数に関わらず常にインピーダンスは一定なのに対し、スピーカーはコイル(ある意味誘導性負荷とも言える)だから、インピーダンスは周波数によって変動します。なので抵抗を入れても、アンプから見た負荷インピーダンスは計算通りに変わってくれません。スピーカーのインピーダンスは多くの場合、1KHz印加時の値だと思います。一度、FE103E インピーダンス特性 でググってみてください。すごいから。

2)
抵抗を入れると信号が2つに分配される結果となり、見かけのスピーカー能率が半減します。

当然ながら、抵抗はアンプからの出力に耐えられるW数のものが必要です。基板上に乗っける1/4Wだ1/2Wなんてのをつなぐと一発焼損終了。

まあ、もし並列接続を試すんだったら、同じスピーカーを並列につなぐのが最も問題が少ないと思います。これだったら理論上は周波数を問わず完全にインピーダンスは半分にできるし、能率が低下することもないので、お遊びでやってみるには良いのでは?それで納得行く結果が得られるかはわかりませんけど。

今の音質に対する不満の原因は、本当にインピーダンス起因ですか?それがアンプの個性だという可能性は?・・・それは深い問題なのでとりあえず脇に置いて、インピーダンスを変える方法としては確かに抵抗でも可能は可能です。が、重大な問題が2つあります。

1)
抵抗というものは信号の周波数に関わらず常にインピーダンスは一定なのに対し、スピーカーはコイル(ある意味誘導性負荷とも言える)だから、インピーダンスは周波数によって変動します。なので抵抗を入れても、アンプから見た負荷インピーダンス...続きを読む

Q最大出力25Wのオーディオに定格入力40Wのスピーカーを付けると、どうなりますか。

この度、カーオーディオのスピーカーを変えようと思っています。
オーディオの専門はこちらのカテゴリーだと思い、質問いたしました。お付き合いください。

カーオーディオのアンプ最大出力が25W×4なのですが、
そこに、定格入力40W、瞬間最大入力160Wのスピーカーを付けても大丈夫なのでしょうか。
(アンプの定格出力は分かりません)
また、そのスピーカーを付けた場合、今までのスピーカーとの変化を感じることができるのでしょうか。
ちなみに現在は、定格入力15W、瞬間最大入力35Wのスピーカーが付いています。
そのスピーカーは自動車会社の純正のスピーカーなので、それほど作りは良くないと(勝手に)思っています。
(参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=1228019)

一番聞きたいことは、スピーカーの定格入力がアンプの最大出力を上回っている場合、スピーカーの性能は、十分に発揮できないのでしょうか。
(図式化すると、スピーカーの定格入力 > アンプの最大出力 ⇒ 「スピーカーの性能は十分発揮できない」??)

もし、スピーカーの性能を十分発揮できないのであれば、高い金をかけて交換する必要も無いと感じるので、皆さんのご意見を聞かせてください。

あと、スピーカーメーカーに問い合わせた時に、何かの値が80±16と言われたのですが、
この値の意味はどういうことでしょうか。
値の名前や単位は分かりませんが、もし、察しが付く方が居たら、教えてください。

取り留めの無い質問になってしまいましたが、
私オーディオ初心者なので、専門用語などは噛み砕いて説明いただければ幸いです。

この度、カーオーディオのスピーカーを変えようと思っています。
オーディオの専門はこちらのカテゴリーだと思い、質問いたしました。お付き合いください。

カーオーディオのアンプ最大出力が25W×4なのですが、
そこに、定格入力40W、瞬間最大入力160Wのスピーカーを付けても大丈夫なのでしょうか。
(アンプの定格出力は分かりません)
また、そのスピーカーを付けた場合、今までのスピーカーとの変化を感じることができるのでしょうか。
ちなみに現在は、定格入力15W、瞬間最大入力35Wのスピーカ...続きを読む

Aベストアンサー

以前の質問にも回答させていただいた者です。
本当に問い合わせたんですね(^ ^;
ちなみにクラリオンはADDZESTの親会社です^^
ADDZEST名義になっていないところをみると、至って普通の純正スピーカーのようです。

まず定格入力などのカタログスペックは無視して構いません。
耐入力や定格出力、能率等は各メーカーで測定方法が微妙に違い、カタログスペックでの同メーカー同士の比較ならともかく、他メーカー同士の比較ではほとんどあてになりません。
実例では家庭用のスピーカーユニットになりますが、松下の「7F10」とFOSTEXの「FE83」という2機種はほとんどのサイズやその他の数値が同じにも関わらず、入力レベルはそれぞれ20W、7Wと記載されていて実に3倍近い差があります。
実際問題3倍の電力を掛けて3倍の音が出るかと言うとそんなことはありません。
カタログスペックなどこんなもんです(^ ^;

仮にカタログスペックが絶対で、アンプの最大出力がスピーカーの定格出力を上わまらないといけないとなると、今のデッキでボリュームを全開(25W)にしてもスピーカーの本領を発揮できないということですし、それでもスピーカーは絶対に壊れないということになります(むしろ足りない)。
でも実際は全開を待たずに音が割れるでしょうし、スピーカーのエッジも耐え切れず破損すると思いますよ。。。
しかも真空管アンプ(一桁ワット)など存在価値がなくなります。

で、以前の回答にも書きましたが、十分にスピーカーを交換した効果を体感できますので是非、交換をお勧めします(しつこいようですがセパレートをお勧め^^)

最低共振周波数については、細かく説明すると長くなるので省略しますが、基本的には再生できる一番低い周波数を指します。
でもこれはスピーカーのサイズに依存するものなので、やはり気にする必要はありません。
またこの最低共振周波数が低ければそれだけ低音が豊に再生できるかと言われるとそうでもありませんし。

あと出力音圧レベル(能率)に付いてですが、カーオーディオ用の社外ユニットはだいたい89~91dBくらいです。
これも高ければ偉い(良い音)かと言われるとそうでもありませんが、高い方が少ない電力で大きな音を出せるわけですから、貴方様のようにアンプ側の出力が低いのであれば、能率が高い方が向いているという事になります。

しつこいようですが絶対に効果がありますのでご安心下さい(^ ^;

以前の質問にも回答させていただいた者です。
本当に問い合わせたんですね(^ ^;
ちなみにクラリオンはADDZESTの親会社です^^
ADDZEST名義になっていないところをみると、至って普通の純正スピーカーのようです。

まず定格入力などのカタログスペックは無視して構いません。
耐入力や定格出力、能率等は各メーカーで測定方法が微妙に違い、カタログスペックでの同メーカー同士の比較ならともかく、他メーカー同士の比較ではほとんどあてになりません。
実例では家庭用のスピーカーユニットに...続きを読む

Qスピーカーの抵抗値が違うと音は出ないの?

スピーカーの抵抗値が違うと音は出ないのでしょうか?

また、スピーカーコーンがへこんでしまった場合、直すことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

具体的に、何オーム対応のアンプに、何オームのスピーカーを繋ぐのかによります。一般的な家庭用オーディオアンプで、たとえば6~16オームのスピーカーに対応している場合、公称4オームのスピーカーを繋いでも、直ちに故障するわけではなく、たいてい普通に鳴りますが、メーカー保証(動作、無償修理とも)の対象外となります。

他方、ハイインピーダンス専用のアンプにローインピーダンスのスピーカーを繋いだり、ローインピーダンスのアンプにハイインピーダンスのスピーカーを直接繋ぐことは不可能です。

コーンが凹んでしまった場合、場所によりますが、完全に修復する方法はありません。センターキャップが最も凹みやすいですが、メカニカル2Wayの場合は高音が正しく再生できなくなり、交換修理が必要です。

ただのフタとしてしか機能していない場合、ヘタにいじるより、見た目は悪いですが放っておいた方が無難ではあります。針で刺して引きだすか、掃除機で吸いだすか、テープを張って引きだすか、あたりですが、キャップごと捥いでしまったり、かえって傷口を広げたりする可能性が高いためです。

いずれにせよ、完全に修理するにはユニットの交換が必要です。

具体的に、何オーム対応のアンプに、何オームのスピーカーを繋ぐのかによります。一般的な家庭用オーディオアンプで、たとえば6~16オームのスピーカーに対応している場合、公称4オームのスピーカーを繋いでも、直ちに故障するわけではなく、たいてい普通に鳴りますが、メーカー保証(動作、無償修理とも)の対象外となります。

他方、ハイインピーダンス専用のアンプにローインピーダンスのスピーカーを繋いだり、ローインピーダンスのアンプにハイインピーダンスのスピーカーを直接繋ぐことは不可能です。

...続きを読む

Qリアスピーカーを4つにしたいんですけど、配線が・・・。

最近、車を変えました。
そこで、スピーカーを増設したいと思っています。
フロントドアスピーカー(2)+リアドアスピーカー(2)+(リアの)サテライトスピーカーという6つのスピーカー構成にしたいと思っています。
要するにリアスピーカーを4つにしたい訳なんです。
増設するサテライトスピーカーはカロッツェリアのあの小さいやつです。

普通、カーオーディオのリード線(?)って、フロント用、リア用、ウーファー用の3種類がありますよね。

リア用のリード線を分配、分割(?)とかしてスピーカーを4つ接続することって出来るんですか?
もしできるのであれば、やり方など教えてください。
できれば、アンプなど(高価な)出費は避けたいと思っています。
ウーファーは付けていませんし、付ける気もありません。

カーオーディオに関しては初心者です。専門用語などは噛み砕いて説明していただけるとありがたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

>リア用のリード線を分配、分割(?)とかしてスピーカーを4つ接続することって出来るんですか?
>もしできるのであれば、やり方など教えてください。
通常はできません。#1の方がおっしゃっているように、カーオーディオの内蔵アンプが故障してしまいます。
ただ、パイオニアのサテライトスピーカではTS-STX9だけが分岐接続に対応しております(チューンナップタイプ)。

>できれば、アンプなど(高価な)出費は避けたいと思っています。
購入したスピーカがTS-STX999/STX99であれば、分岐接続には対応していません。2chのアンプを購入して接続するか、リアドアスピーカを殺して、代わりにサテライトスピーカを接続するしかありません。

>普通、カーオーディオのリード線(?)って、フロント用、リア用、ウーファー用の3種類がありますよね。
フロント・リア・サブウーファと3種類あるのは、プリアウト(外部アンプ接続用の端子)です。ただ、機種によっては3種類すべてが付いているとは限りません。
サテライトスピーカを接続するためには、「リア出力」端子が装備されていることが最低条件で、そこに2chアンプを接続し、そこにサテライトスピーカを接続する形になります。

ちなみに、フロントドアとリアドアのスピーカが接続されているのはこれらの端子ではなく、フロントスピーカ出力とリアスピーカ出力という別の端子です。

参考URL:http://www.pioneer.co.jp/carrozzeria/products/audio/speaker/rv_speaker/ts-stx9/index.html

>リア用のリード線を分配、分割(?)とかしてスピーカーを4つ接続することって出来るんですか?
>もしできるのであれば、やり方など教えてください。
通常はできません。#1の方がおっしゃっているように、カーオーディオの内蔵アンプが故障してしまいます。
ただ、パイオニアのサテライトスピーカではTS-STX9だけが分岐接続に対応しております(チューンナップタイプ)。

>できれば、アンプなど(高価な)出費は避けたいと思っています。
購入したスピーカがTS-STX999/STX99...続きを読む

Qスピーカー交換したら音が小さくなった~÷I

私は平成19年式のwishに乗ってます、最近純正のスピーカーからヤフオクでGETしたチャイナ製の激安17cmのコアキシャルタイプのスピーカーに交換しました、別に壊れていた訳ではなかったんですが何となく変えたい衝動にかられて交換しました、スピーカーのスペック的には今までの純正の40Wから120Wにアップしましたしコアキシャルと言うことでツイーターも付いてると言うことで純正に比べればかなりの音質アップを期待していたんですが全くダメダメな結果になりました、一言で言うならば全ての面において純正以下、まぁ~コアキシャルなので高音は本当に若干良くなった程度で低音は全くダメ、音量に関しては純正が10で聴いていたところ20くらいにのボリュームにしないとまともに聴けない感じになってしまいました、一応バランス調整をしてフロントの左右、リヤの左右と一つ一つのスピーカーを単独で鳴らせてみんですが明らかに純正の方が音も良いし音量も大きくて交換した後のスピーカーはなんじゃコリャって言う状態です、これってスピーカーの性能の問題なんでしょうか?自分はカーオディオに関しては全くの素人なんですが流石にコアキシャルタイプで120Wになれば絶対に純正よりは良い音になると確信してたんですが結局はこのような結果になりとても残念に思っています、やはりスピーカーの性能と考えるべきなんでしょうか?ただ素人的に考えたとしてスピーカーのケーブルの形状が純正と違いましたのでまずは切りました、尚且つ長さも足りなかった為にハンダ付け及びギボシで延長し車体側の配線と接続しました、延長に使った配線はオーディオ用ではなく工具箱に入っていた車の電装品に良く使うタイプの配線を使いました、もしかしたらこの配線が悪いんでしょうか?また一つ考えてるのは+と-の接続間違えです、ただ実際に間違えてるとして音の聴こえ方がどうなるのが分からないので何とも言えないですが詳しい方、同じ様な経験をされた方がいましたらアドバイスお願いします゜

私は平成19年式のwishに乗ってます、最近純正のスピーカーからヤフオクでGETしたチャイナ製の激安17cmのコアキシャルタイプのスピーカーに交換しました、別に壊れていた訳ではなかったんですが何となく変えたい衝動にかられて交換しました、スピーカーのスペック的には今までの純正の40Wから120Wにアップしましたしコアキシャルと言うことでツイーターも付いてると言うことで純正に比べればかなりの音質アップを期待していたんですが全くダメダメな結果になりました、一言で言うならば全ての...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

 すでに出ている回答で、合わせれば十分ですが、あえて言うならば、(インピーダンス:スピーカーそれぞれにある、内部抵抗と音量とお考えください)。

 1970年代、オーディオブームの頃には、30W~200Wくらいの出力のあるアンプを想定して、8Ωの大型スピーカーを、一律に販売されていました。(実際には真空管アンプなど、10W程度の出力のアンプも十分につかえましたが)
 それに対して、コンパクトステレオの類では、6Ω、4Ωのスピーカーが設定されていて、小さな出力のアンプでも、それなりの「大きな音」が出るように組み合わせてあります。

 言葉を単純にするためにですが、コンパクトステレオに、8Ωのスピーカーを繋ぐと、「小さな音」しか出ないことになる  と解釈してください。

 中国製というのが、どの程度のインピーダンスを想定されているのかが、一番の問題です。

 国産のカーオーディオは、アンプの出力に対して、小さな出力で、効率良く「大きな音」を出せるよう、4Ω~6Ωのスピーカーがセットされます。スピーカーの設定に無理が来ないよう、スピーカーなり、スピーカー内のネットワークで、そのように「アンプ側」で、想定して作られています。

 そこに8Ωのスピーカーを繋いでも、車載用のアンプに対しては、音量は半減してしまいます。
中国製のスピーカーに関しては知識が有りませんが、たぶん、技術的に「家庭用のオーディオと同じようにした方が売れるんじゃないかな~?」って作りではないでしょうか?

 市販の「テスター」で、スピーカーの内部抵抗を計ろうとしても、磁気の塊のスピーカーが相手ではテスターの方が狂うだけです。表示があれば良いのですが。

 箱が残っているなり、説明書が有るならば、そのスピーカーの「インピーダンス」の項目を参照され、それが8Ω以上の表示があれば、残念ながら、それは、ご自身のクルマに積まれているアンプでは「適合しない」と考えた方が得策です。 
 抵抗が大きくなる分で、アンプ側に負担が掛らないとも(いわゆるショート気味とは逆に、信号電流が流れにくい状態)で、アンプを壊しかねないので、当面は、以前のスピーカーが残っているのなら、そちらに戻し、出来れば「チャイナ」は返品してしまうのが、早急の対策です。

 カー用品店で、「カーオーディオ用のスピーカー」の「インピーダンス」を尋ね、「チャイナ」との違いを把握しないと、まるっきり無駄な買い物であったことに気づくのが遅れるだけです。

 たぶん、「チャイナ」のいい加減品は、スピーカー自体に(インピーダンス)を表示していないという、「安物買いの・・・」になります。
  
  損の無い対策をするよう、役立てば幸いです。

 

こんにちは

 すでに出ている回答で、合わせれば十分ですが、あえて言うならば、(インピーダンス:スピーカーそれぞれにある、内部抵抗と音量とお考えください)。

 1970年代、オーディオブームの頃には、30W~200Wくらいの出力のあるアンプを想定して、8Ωの大型スピーカーを、一律に販売されていました。(実際には真空管アンプなど、10W程度の出力のアンプも十分につかえましたが)
 それに対して、コンパクトステレオの類では、6Ω、4Ωのスピーカーが設定されていて、小さな出力のアンプ...続きを読む

Qカーオーディオ スピーカーのインピーダンス。

お世話になります。10年ほど前の車に搭載されてある純正のカセットデッキがあります、これに繋がれた左右のスピーカーの調子が悪く社外品と交換しようと思います、ところが通常車用のスピーカーの場合4Ωが多いと思いますが外してみると8Ωの表示があります、適価な社外品はほとんど4Ωです、この交換用に4Ωのスピーカーを付けては不味いでしょうか?(音にこだわる事も大音量で聞く事も無く普通?の聞き方です)

Aベストアンサー

カーステレオのアンプは一般に4~8Ωスピーカーに対応していますのでそのまま接続しても問題有りません。(メーカーによって多少の変化があります。)

それでも心配な時は「4Ωの抵抗」を各スピーカーに直列につないで見かけ上8Ωにして使用すればよろしいです。

今まで使用されていたスピーカーは純正ですか?後付けされた形跡はありませんか?カー用スピーカーはおおむね4Ω製品が多いのですが。

そうで有れば8Ωが大丈夫で、4Ωが元に戻ると言う事です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング