出産前後の痔にはご注意!

ミドリ亀の子供を2匹買っているのですが、
1匹の首と手足の付け根のところに
白いもやもやとした藻のようなものがあります。

白カビかただの脱皮かどちらかわかりません。
見分け方を教えていただきたいです。

普段は、室内でプラケースに、亀島をつくって
ライト無で甲羅干ししています。

もしも、白カビだった場合対処の仕方を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



私も以前同じような質問をしたところ、うちの子たちの場合は脱皮でした。
脱皮と水カビの見分け方については、私個人で調べた知識ですが
脱皮・・・・薄皮で半透明、よく見るとシマシマ模様(皮膚の模様)がある。水中から出ると見えなくなる。
水カビ・・・綿のような感じで、水中から出ても見える。

という感じのようです。

脱皮の場合は、しばらくするととれて、水中に皮が浮いています。
水カビは経験がないのですが、一般的にイソジンを薄めて患部に塗って消毒、乾燥を繰り返して治療するようです。

室内のみの飼育でしたら、紫外線ライトは必需品です。
No.1の方が詳しく書かれているように、カメ(爬虫類)は病気の予防、成長に紫外線がとても大切です。

「カメ 水カビ 病気」などでネット検索すると、たくさんの方がHP、ブログ等で飼育日記を書かれているので勉強になりますよ♪
    • good
    • 2

おそらく皮膚病です。

(ふやけたように白く厚くなってる)
脱皮なら人間の日焼け後の薄皮のような感じです。(半透明でかなり薄い)
ちなみにミドリガメは成長期に1回、甲羅も剥がれます。(1枚づつ剥がれる)


原因は水質が悪い、自分で甲羅干ししていない等が有ります。
特にフィルターを使っている場合に透明な毒の水になりやすいです。
(フィルター内に分解しきれない汚れが溜まってる)
亀は大量に小便や糞をしますが小便は水に溶けても色が着かないので気を付けてください。(水は透明だけど猛毒のアンモニアがそのまま)

>普段は、室内でプラケースに、・・・

小さなプラケースに2匹は入れすぎです。オスなら15cm~20cmメスなら30cm以上に育ちます。
寿命は20年以上。水槽でなくても衣装ケースで飼えます。
おそらく水量が5リットル未満かと思いますがそれならば1回の小便でかなり水が汚れるので毎日水替えをして下さい。
熱帯魚と違い亀は毎日全水量交換可能です。
これから寒くなりますので25℃程度の水温を保てるようにヒーターを用意しましょう。
(生後3年未満の幼体を冬眠させるのは危険です、冬眠準備の知識も必要)

対策
とにかく乾かす。毎日水替え。毎日エサやり。
治るまで1日3時間~5時間プラケースに入れるなどして強制的に乾かして下さい。
フィルターはあまり意味が無いので要らない。(水流は欲しいので濾材無しで使う)
底砂はゴミ溜まりの温床(雑菌だらけ)なので要らない。(皮膚病の元)
甲羅や皮膚の乾燥は皮膚病を防ぎ甲羅の脱皮を促します。
甲羅が脱皮出来ずに成長すると甲羅がボコボコになります。
甲羅の脱皮は自然に落ちるまで剥がさないで下さい。
ただしこの時期は直射日光に当てたりすると急激に体温が上がり死ぬこともありますので注意して下さい。
またクーラーの風が直接当たると急激に体温が下がりますので気をつけて下さい。
冬は体温の下がりすぎに注意。

ライト無しとの事ですがタイマーを使って紫外線灯を8時間程度照射してあげた方が無難です。(日光浴代わり)
日光浴が一番良いですけど体温の上がりすぎに注意。
熱いときはものの30分で熱死することも有ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみどり亀に白いモヤモヤが

2歳のオスで、体調10cmほどのみどり亀なんですが
食欲旺盛、動きも機敏なんですが
体のまわりに白いもやもやがくっついて
離れません。
うす皮が剥がれたようなペラペラした
ものもあります。
ピンセットでもやもやをとろうとしたら
すごく暴れて、指をがっつり噛まれてしまいました
><

亀サイトで病気を調べたんですが
いまいち、はっきりしません。
白点病とはちがうようなのですが
自信はありませんーー

冬眠はさせておらず、今冬は亀用の
ヒーターで越冬いたしました。

なんの病気か、治療法など教えて下さい。
また、獣医へ行くように進めている
サイトもありましたが
うちの街にある、ゆいいつの動物病院では
水生動物お断り、と言われてしまいました。
なんとか、自宅で治療してあげたいのですが。

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

水カビ病でしょう。
「紫外線不足」です。
日光浴は問題ないとの表記ですが、ガラス越しの日光浴は全く意味がありません。なぜなら、紫外線はガラスなどで遮蔽されてしまうからです。おそらく話しの内容から窓際に水槽を設置しているようですから窓をあけて直接亀に日光が当たるように日光浴させるのが良いでしょう。ただ90センチ水槽ということですから水槽の高さで遮られてしまうかもしれませんね。その場合は他の容器に移しての日光浴が良いでしょう。一番良いのは紫外線を出す蛍光灯やハロゲンランプ、メタルハライドランプ等を投射するのが良いでしょう。水凄ガメなので陸ガメほどの設備はいりません。お勧めは「TWFインターナショナル」という会社が出している「50Wハロゲンビーム」です。比較的安価で簡単に手に入る商品ですし、紫外線蛍光灯よりも照射率は高いので効果的です。更に保温効果も高いので良いと思います。

Qミドリガメ(アカミミガメ)の皮膚・脱皮?病気?

生後2ヶ月ぐらいのミドリガメを2匹飼っています。
最近、1匹の首の根元(のどのあたり)に白いフワフワしたものがついています。
脱皮か水カビのどちらかだと思うのですが、違いがはっきりわかりません。
とても元気がよく、食欲も旺盛です。
日光浴も1日4時間ほど(最近は暑いので朝と夕方2時間づつ)させています。

水カビと脱皮の違い、見分け方をご存知の方教えてください。
また、水カビの場合の対処法も教えてくださると嬉しいです♪
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ミドリガメを13年飼っています。
首にフワフワした白いものは皮です。
水カビはわからないのですがこの時期や大きくなるときに手足の皮が向けてきます。(娘はスカーフと呼んでいます)

うちの子はもう30センチぐらいになります。
部屋中好き勝手に歩いています。(水槽から自由に出入りさせている為)
もっと大きくなったら甲羅の脱皮もします。
甲羅の脱皮の時は角をみつけて自分でこすったりしています。
取れないと私のところに来て取ってくれと言いにきます。(ホントです)
慣れるとかわいいですよ。

亀は意外ときれい好きで自分の糞でよごれたのに水槽がよごれると
水槽の水を取り替えろ!と何度も水槽と私の間を行ったり来たりします。我が家では水槽は朝夕2回取り替えています。(水道水です)
1年目の冬越えが一番の難関です。
頑張って育ててくださいね!

Qカメの白いふわふわ

7月から買い始めたミナミイシガメがいます。
とっても元気なんですが、気になることがあります。

水に浸かっているときに見えるんですが、皮膚(首・足・しっぽ)に白いふわふわしたものが付着しています。
なお、水から出すと肉眼では見えません。

カメの病気の本を読むと、水カビじゃないか・・と思うんですが、
何度か別件で獣医さんに見ていただいたときは特に皮膚病でもないし、大丈夫ですといわれました。

獣医さんがいうんだから大丈夫かな・・と思ったんですが、毎日水に入ると見えるし^^;、まだ子ガメなのでほっとくと今後病気になってしまうかもしれないと思って気になります。

水カビがつくとどういう状態になるんでしょうか?
水から出しても見えるものでしょうか?
また、対処の仕方や経験のある方いらっしゃいましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
必ずしも水カビ病ではありません。カメも脱皮しますので、剥けた皮がフワフワしている可能性があります。
水カビ病だと、剥けた所は赤く爛れます。水から出しても白いままです。
対処の方法として、
予防策 1飼育水を清潔に保つ 2甲羅干しできるところを確保する
治療法 イソジンを水で希釈したもの(20倍くらいでいいと思いま    す)を綿棒などで患部に塗り、1日のうち8~10時間くらい水   を切って乾燥させます。これを何日も繰り返します。
    もう一つは、メチレンブルー(観賞魚販売店やホームセンター   のペットコーナーで売ってます)を薄めた水の中にカメを入れて   下さい。
    両方に共通して言えることは、食事をさせるときはカメを水で   すすいだ上で別容器に移してください。
    うちは、最初の方法をとって、夜だけ水を張った容器にカメを   入れました。

Qミドリガメの成長の早さってどの程度?

去年の8月半ばに5cm未満のミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)を
飼い始めたんですが、1年ちょっとたった現在20cm以上の大きがあるんです。
甲羅の長さは18cm位。頭から尻尾までは23cm!!!

カメの飼い方の本を見ても、生後1年で7cm程度とか、
4~5年で大人になったら20cm以上になるって書いてあったんですけど、
うちのピエールは子ガメ(?)のはずなのにサイズは大人?!

餌は朝と夜の一日2回あげていて、肥満体とかでもありません。
こんなに成長が早いのは何か病気とかなんでしょうか?
それともこれくらい成長するのは普通なんでしょうか?

どなたか教えてください。よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 緑亀はとにかく良く食べますから、一日二回あげてるとそれくらいになってもおかしくないでしょうか?一日一回食べるだけ与えて、二年で15cm位でした。逆に大きくしたくなければ、えさを制限すれば良いのです。自然界で得られる以上の餌の量ですから、不思議ではないです。

 ただ、一~二週間に一度は絶食するようにしたほうがいいです。これは健康のためです。これによって、成長が阻害されることはありません。

 大きくなっても、40cmが限度だと思うけど、50cm位行くかも?がんばってみてね。(^^; (そんなに大きいと危険。アイツ噛む!)

Qカメ(クサガメ)の傷が悪化

18年ぐらい飼っているクサガメの前右足が、1ヶ月ほど前から白いかさぶたのようなひっかき傷のようなもの(3センチぐらい)があり、それがだんだん悪化してきて、ウロコがはがれ傷も大きくなり、昨日から傷がどんどん深くなり、ピンク色の皮膚(筋肉??)まで見えてきました。

一週間前に動物病院で診てもらい、傷口の細菌を顕微鏡でみてもらいました。特に悪い細菌はないそうでした。病院でヨード液の消毒液と飲み薬(液体)をもらいました。
病院にいってからでも、一向によくならないので、自分なりにネットなどでしらべて、昨日から傷口にリンデロンを塗っています。薬を塗った後は、水槽にいれずに数時間乾かしています。こんな治療方法でいいのでしょうか?

飼育環境は、90センチの水槽に水を10センチぐらい入れて、石を置いています。外で飼っています。毎年冬眠します。今までこんな病気になったことはありません。

どんなことでも結構ですので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

何度もすみません。参考になるかどうかわかりませんが・・・

うちのカメ(ミドリガメ、5歳)も似たような症状だったので、同じように近所の病院に連れて行きました(爬虫類専門のところではありませんでしたが)。そこで、化膿しないようにということで、レーザーメス(と獣医師の先生は言ってました)で傷口を焼いてもらい、ヨード液と「オルビフロキサシン(商品名は「ビクタスS MTクリーム」と書いてあります)」というクリームの薬を処方されました。これらを塗って乾燥させてくださいと言われ、様子を見ました。(ただあとで爬虫類専門の獣医師さんに経過を相談したら、そういう治療は確かにあるけれど、麻酔もかけないでレーザーメスは痛いと思いますよ、といわれましたが。)

それで1ヶ月、やはりなかなか治らなくて焦る気持ちもありましたが、日光浴のほかにも、水槽から出す時間をとるなどして(この季節あまりに長時間日光にあてて、日射病とかも怖いですしね)、長めに乾燥させました。新聞をしいて、部屋の一角を散歩させたりしてました・・・

とはいっても肘なので、曲げるわ引っ込めるわでうまく乾燥させられなくて、やきもきしました。ティッシュを小さく丸めたものを甲羅と首の間に挟んで、肘が少しでも乾燥しやすいようにしたり・・・(結局取れて、その辺に落ちてましたが)。

私の場合、原因は単なる外傷だったこともあると思いますが、そんなことしてるうちに、だんだんかさぶたのようになってきて、徐々に治ってきました。かさぶたをいじって、また悪くなったり、後戻りしながら、でしたが。

手持ちの本には、怪我をした場合、薬を塗って6~8時間乾燥させる、と書いてあるものもあります(「ミドリガメ・ゼニガメの飼いかた」)。ので、そのあと水にきちんと入り、水とか飲めれば、乾燥は長めでもいいかもしれませんよ。

ただ、傷がだんだん深くなっていくとか、明らかに悪くなってきているようすがあるなら、その旨を伝えて、もう一度獣医師さんに診てもらうほうがいいと思います。違う病気かもしれませんし・・・

以上、経験からでしたが、なにか参考になれば幸いです。

何度もすみません。参考になるかどうかわかりませんが・・・

うちのカメ(ミドリガメ、5歳)も似たような症状だったので、同じように近所の病院に連れて行きました(爬虫類専門のところではありませんでしたが)。そこで、化膿しないようにということで、レーザーメス(と獣医師の先生は言ってました)で傷口を焼いてもらい、ヨード液と「オルビフロキサシン(商品名は「ビクタスS MTクリーム」と書いてあります)」というクリームの薬を処方されました。これらを塗って乾燥させてくださいと言われ、様子を見ま...続きを読む

Q飼っている亀の元気がない

三匹のミドリガメを飼育しています。
その中の一匹が最近、元気がなくて、えさもあまり食べません。
水に入ることも少なく、いつも丘の上でじっとしています。
なにかの病気なのかと心配です。
どうすれば、元気になるのでしょうか。

Aベストアンサー

いただいた補足に対して。

まずNo.2の方と同様、カメには成長及び身体の殺菌など予防の防止のためにも紫外線浴が必要です。
自然の太陽光が一番なのですが、この季節は水槽ごと表の日差しの良い場所に置きますと気温/水温も過剰に上昇し過ぎ、日射病・熱射病にもなりかねません。

ほんの30~1時間でも日光浴を行えるよう表に出してあげていただきたいのですが、水槽全体に日が当たることなく部分的に日が差し込み他は日陰となるよう水槽の上を何かで工夫し日よけで覆いつつ、決して出しっぱなしで忘れぬようご注意ください。
またこれから天候も崩れる日も増え、思うように日光浴も出来ない日も増えてくるかと思いますし、気温、水温も下がってきます。
今後に備えて、加温用のランプ、及び紫外線灯の用意も検討ください。特に水温管理に関してはサー睦月の水中ヒーターなどお勧めです。

併せて小さく可愛いうちは表だって目に付かないかも知れませんが、カメは基本的に群れを作って生活する習性がなく、複数を同一の水槽で飼うこと自体がストレスにもなりかねません。
よく公園の大きな池に多数のカメが群れて日光浴をしている姿も目にはしますが、あれは限られた場所しか甲羅押しを出来る場所がないために群れているかのように見えますが、甲羅干し以外の時は広い池に自由に散らばり他を避けることが出来る環境も整っているからある意味割り切れる?のであって、年がら年中他と顔をつきあわせてではおそらくかなりのストレスでしょう。
一緒に飼えば直ちに何らかの形になって現れるともいえませんし、現に複数飼いをしている方もありますが、行うならばそれなる意の空間の広さを検討いただいた方が良いかと思います。水槽を分けて飼育されることをお勧めします。

最後に「汚れないらしい下に敷く砂利」をお使いのようですが、こまめに水替えもされているようですが、砂利はどうしても汚れの温床となりやすい上、カメが小さいうちはエサとの区別も付きにくく砂利を口にし、それが当然消化も出来ず、排泄できればまだ良いのですがお腹にたまったり詰まったりでのトラブルもあり得ます。
願わくば砂利は取り去り余計なトラブルを避ける配慮をされた方が今後のためかと思います。

最後に元ああ威厳気のないそのカメちゃんの様子、外観をよく観察ください。
甲羅や皮膚の様子に他と比べて変化はないでしょうか?
水カビや寄生虫など弱った個体に目立つ傾向があります。
異常や違いがありましたら早めにご相談いただくか、カメを見てくれるお医者さんに連れて行かれることをお勧めします。

いただいた補足に対して。

まずNo.2の方と同様、カメには成長及び身体の殺菌など予防の防止のためにも紫外線浴が必要です。
自然の太陽光が一番なのですが、この季節は水槽ごと表の日差しの良い場所に置きますと気温/水温も過剰に上昇し過ぎ、日射病・熱射病にもなりかねません。

ほんの30~1時間でも日光浴を行えるよう表に出してあげていただきたいのですが、水槽全体に日が当たることなく部分的に日が差し込み他は日陰となるよう水槽の上を何かで工夫し日よけで覆いつつ、決して出しっぱなしで忘れぬようご...続きを読む

Qミドリガメが動かなくなってしまいました

夏祭りでとってきて、約2ヶ月大事に育てていたんですが、昨日夜動かなくなっていました。

最近の様子はとても元気でした。
見過ごしていたりしたのでしょうか・・・

飼育環境は
ミドリガメスターターキットで買った水槽で室内飼育
砂利を敷いてました
スターターキットについていた亀石をどけて最近浮島に変えました
浮島に日中はよく上手に乗って甲羅干ししていました
ヒーター使用 自動調節できるもので毎日朝、晩は25度~26度 日中は30度くらいになることもありました
ご飯は夏は1日2回テトラレプトミンを彼が食べきる分与えてました
最近は生海老も2回ほどあげました
寒くなってきたので最近では1日1回ほどしかご飯を欲しがらないのでそのようにしていました
水換えは基本毎日していました
食事も減ったので水汚れもひどくなく、一昨日の夜はサボってしまいました
そのせいだったりするのでしょうか?朝換えてあげればよかったと後悔しています

思い当たるやっていないことといえば、日光浴です
夏はよく午前中ベランダに水槽ごと出してさせてました。
本人も日陰と亀石の上を交互に気持ちよさそうに伸びて日光浴してました。

寒くなってきてからは出しても水から出てこなくなったので、外に出すのをやめました。
でも水槽は窓際においていたので、最近では浮島に上手に乗って甲羅干ししてました。

ライトが必要かなとも思っていたのですが、上記の様子を見てとりあえずは大丈夫かなと購入を見送っていました。
ガラス隔てていると紫外線が不十分という情報を知っていたのですが、見送ってしまったんです。

週に1度は水槽を掃除して、甲羅も歯ブラシで磨いていました
紫外線不足だと甲羅がおかしくなるとネットで見たので確認もしてましたが、とくに変わった様子もなく、硬いままですし、色も変じゃないと思ってました。
素人目には分からない変化があったのでしょうか・・・

動かなくなった昨日も、朝ごそごそ砂利の上を歩いたり、泳いだりしてカーテンを開けて日の光をいれるとそちらを向いて・・・とにかくいつもと変わらなかったです。

ご飯もきちんと食べてました

日中はアルバイトなので、出かける際にカーテンを水槽に引っ掛ける形で窓の光をカメが受けられるようにしてバイバイしました。
いつもそのようにしています。

帰宅後、いつも夕方は亀石と砂利の間にはさまるような、砂利に軽く埋まるような感じでゆったりしています。寒くなってからは、私が帰ってきて声をかけるとご飯をねだりにくることもなくなったので、そのままにしていました。
自分がご飯を食べ終わったときに、1回も顔を出さないので気になり、水換えしようと思って石をどけたら目をかたく閉じて、手足もだしたまま、動かなくなっていました・・・
首は少し持ち上げたような状態のまま、固まってるという感じです・・・

びっくりして、真っ白になって何度も呼びかけて頭をこんこんつついたのですが動かず・・・

冬眠してしまったのかと淡い期待も捨て切れません
ネットでみたらどうやら冬眠ではなさそうですが・・・分かっているけど、死んでしまった理由が分からないし、なぜ動かないの??という気持ちです
原因が知りたいです

水温はいつもどおり26度でした。
砂利と浮島の間は彼のお気に入り隠れスポットでした

同じ経験がある方、亀に詳しい方、亀を飼っている方、なんでも結構ですので、回答お願いします

夏祭りでとってきて、約2ヶ月大事に育てていたんですが、昨日夜動かなくなっていました。

最近の様子はとても元気でした。
見過ごしていたりしたのでしょうか・・・

飼育環境は
ミドリガメスターターキットで買った水槽で室内飼育
砂利を敷いてました
スターターキットについていた亀石をどけて最近浮島に変えました
浮島に日中はよく上手に乗って甲羅干ししていました
ヒーター使用 自動調節できるもので毎日朝、晩は25度~26度 日中は30度くらいになることもありました
ご飯は夏は1日2回テトラレプ...続きを読む

Aベストアンサー

まず夏祭りでとってきたっていうのは屋台とかですか?

もし飼っていた亀がペットショップなんかで買っていたらまずないんですが。

1.病気 2.寿命 ですかね

ペットショップなんかで買ったものであった場合もあり得るのは

1.病気 2.水が水道水のままだった 3.日に当たりすぎて日射病 4.溺れた 今まで上げたものの合併症

なんかがあげられます。僕の飼っていた亀はおそらく日射病で一匹、カラスや猫、アライグマに襲われ3匹

今も生きてるかもしれませんが病気で一匹別の家にとカメ運が全くありません。大切に育てていても

病気になったり死んでしまったりすることもあるかもしれません。

まだ死んだと決め付けるのは早いです僕の飼ってた亀やカブトムシもそういうことがたまにありました。

もし死んでしまっていたらお墓を作ってあげてください。

参考URL:http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=9985

Qミドリガメの甲羅がだんだん白くなってきたんですが、病気でしょうか?

こんにちは。
このカテでは初めて質問させていただきます。
よろしくお願いいたします。


ミドリガメを飼い始めて4ヶ月になります。
飼い始めは普通の緑色だった甲羅の一部が白くなってきて、
だんだん広がってきています。
病気でしょうか?

エサは日に2回、水替えは週に1回行っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。

充分日光浴させているでしょうか?

亀ライト等設置してるでしょうか?
亀は太陽光を甲羅にあてて身体の保温&ビタミン生成をするので、紫外線が必要です。
そのためにも亀専用のライトをつけてあげてください。ホームセンター等で購入できます。
実際の太陽光よりライトをオススメします。

Qゼニガメの幼亀が甲羅干しを嫌います

去年の8月に産まれたゼニガメの幼亀を一ヶ月ぐらい前に購入しました。
この幼亀が陸にあがりません。

35cm×20cmぐらいの水槽に入れています。
ヒーターと濾過器と日陰付きの陸場があります。
泳ぐのが好きなようで徐々に水深をあげて7cmぐらいです。背伸びをして十分首がでます。
日の当たらない場所に置いているのでレプティグローコンパクト5.0でUVB対策をしています。
水は毎日交換しています。その際に別容器に入れてライトの下に置いて15分ほど強制的に甲羅干しをさせています。
ペットショップの店員さんに「15分でいいから直射日光をあてさせてね」と言われたので別容器に日射病の予防に日陰付きの陸場を入れるのですが日陰に入ったままで、直射日光の意味がありません。
そして、陸場に置くとすぐに水に潜ってライトに一番近い所で立ち上がって首をだしています。私が近くに寄ると首を引っ込めます。この子なりの紫外線の浴び方なのでしょうか??
本などに特にのっていなかったのでこの子がすごく臆病で陸に上がるのが怖いのでしょうか?
このまま強制的にライトや日光を浴びせてもよいものなのでしょうか?少し心配です。良い対策などありましたらお教えください。よろしくお願いいたします。

去年の8月に産まれたゼニガメの幼亀を一ヶ月ぐらい前に購入しました。
この幼亀が陸にあがりません。

35cm×20cmぐらいの水槽に入れています。
ヒーターと濾過器と日陰付きの陸場があります。
泳ぐのが好きなようで徐々に水深をあげて7cmぐらいです。背伸びをして十分首がでます。
日の当たらない場所に置いているのでレプティグローコンパクト5.0でUVB対策をしています。
水は毎日交換しています。その際に別容器に入れてライトの下に置いて15分ほど強制的に甲羅干しをさせています。
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。私も昨年の9月から、ゼニガメ(クサガメ)を飼育しています。
きっとうちと同じころに生まれた子でしょうね。しぐさや動きがとてもかわいいですよね。
こちらも初心者ながら、気になったのでつたないちぐはぐな内容かもしれませんが書かせていただきますね。

うちもとても臆病で、もう10カ月になりますが先日やっと水槽で干していて目があっても耐えてくれたりするようになったくらいです。
はじめの2カ月くらいは、人のうろうろしない一人?亀部屋に入れてそぉっとのぞいたりしていたくらいです。
いまでもじぃっと見ていたら干しません。
なのでそぉっとしておくと、そろそろ~と上がって自分で干しています。
ほうっておくと、小さいころから2時間くらいは水も飲まずに干しています。
目隠しを水槽に貼ったりして、怖く思わないようにしたり、
ひとによっては広い陸場にシェルターを置いたりしていらっしゃるようです。


陰で干したがるのは、よく聞く光景ですよね~。
うちも「陸場は安全」と思ってくれるまで、根気強く工夫&待っているような状態です。
なので、小さいころからかめさんのブログなどを見させていただいたり、
ショップの店長さんと相談させていただいたりして朝夕1時間半ずつくらい
「強制甲羅干し」などしていました。完全に乾かすこと(皮膚病予防)・
日光浴・がとても重要だからです。日光浴ができなくても、
自分で干してくれるようになるまで乾かす時間は作ってあげてくださいね。
今されていらっしゃるようにUVライトを照射しながらがいいでしょうね。
うちは今も、水場がメインの陸場つきプールごとお外にだしてしまうと怖がって浸かりっぱなしになりますよ~。

はじめのころは、小さい水場を一応入れたたらいで玄関に差す朝日で日光浴をしてもらっていました。
網戸ごしで、外的も心配なくできるので。
この時季は皆様が書かれていらっしゃるように直射日光・脱水症状がとても危険・心配ですので、
される際は必ず目の届く範囲で外的(カラス・猫・人・・・)・
脱走(かめさんは脱走が得意)!!対策もしながら~のお外での甲羅干しをおすすめします。

そして本にもあるように朝の早い時間がおすすめです。

ご存知かと思いますが、プラケースや水槽ごとだされると熱くなりすぎる場合もありますので、
容器をうつしてはじめはこまめに水温・気温チェックをおすすめします。
うちはちなみに一部すだれつき&水場つき&土・流木など安心してもらえる
自然な場所で日中は外に出しています
(午前中のみ日の当たる場所です)。

今は大きくなったので金網(100均)で四方囲った中です。
直射でなくても外にいれば間接的に紫外線が当たるので、一日出しておくなら
陰でも充分・と書いている本もあります。

確かに本はまずたくさん読むととても参考になりますし
しょっちゅう読みますが、こまかい実践はブログで先輩に習うようにしています。
たま~に直接交流で、先輩の意見をうかがったりもしています。
本に書いてある基本は絶対おさえつつ・本に書いていない・
飼われていらっしゃる方の工夫のまねをさせていただいています。
HPもありますが、ブログの情報(量も)のほうが個人的にはとても参考になります。

(夏場前には水場メインのプールに陸場などをつけてだす予定です。
今のやりかただと水が少なく、お湯になって熱中症になりかねないので・・・。)


ご自分のかめさんのペースやようすを見て、本当にすこ~~しずつ試してゆかれるといいかと思います。


あと、補足ですがそろそろもう少し大きな水槽にしてあげて、
陸場もしっかり広くとってあげると干してくれやすくなる気はします。
どのみち容器は大きくしないといけなくなりますし。
一方でお世話が大変にはなりますのでそのへんはご自分と相談しつつ・・・。
大きさの目安は、甲長の5倍の長さの水槽もしくは衣装ケース・などだそうです。
35×20cm水槽は、うちは3cmほどの時に2週間だけ使っていました。

今はごはんの時に汚れ防止にそちらで食べてもらっています。
強制的に日光浴してもらっているうちに、ある日突然水槽に日光がさした時、
干してくれる!!ようになったりしますよ~。
で、今はできるだけそぉっとしておくこと(慣れてくれるまであまり見ない)・
上から見下ろさないこと・あまり不必要に触らないこと・
人がしょっちゅう通る玄関などに水槽をおかないこと・でしょうか。


水深は、しっかりと安全が確保されていらっしゃるなら(浅瀬~陸場などが崩れない
・ずれない・かめさん自身がちゃんとが泳げる!)、
泳ぐのが好きな子なら安心してくれるのであるとよいかと
(うちの場合も同じです)見ていて感じます。ちなみにうちは甲長10cm・
60cm水槽で水深19cmですが・・・。
(じょじょ~にそうなったので、もちろん!!決しておすすめはしません~。
水槽内のレイアウトをしっかり組んで、かめさんのようすを日々
じっくりうちにいる日に時間をかけて観察しながらちょこっとづつ進めないと、
大事故につながりかねないので~。

ちなみにうちも寝てもらうための水の中のシェルターの水深は6~7cmです。


結局安全面を考える&かめさん・自分が楽しいのを追求すると、
先輩かめキーパーさんのレイアウトと同じになりました。)のどをふくらませて、
ぷか~んと自発的に浮ける子なら、「泳げる子」だと個人的には思っています・・・。
じたばた~しているうちはまだこれからさらにもし水深を深くしてゆくには注意が必要だと思います。
だいぶん力が強くなっている大きさだと思いますので、(れんがなどは簡単に動かしてしまいます)
陸場や浅瀬を作ってあげる際は充分気をつけてあげてくださいね。

ヒータは、地域によりますが、そろそろなくても大丈夫かもしれませんね。
できるだけ明るいめのお部屋で飼われるとよいそうです(専門家さんより)。


もうすぐ夏ですし、暑さが心配ですが、無事かめさんが安全に太陽の恩恵で丈夫な甲羅と体を作ってもらえるといいですね。

はじめまして。私も昨年の9月から、ゼニガメ(クサガメ)を飼育しています。
きっとうちと同じころに生まれた子でしょうね。しぐさや動きがとてもかわいいですよね。
こちらも初心者ながら、気になったのでつたないちぐはぐな内容かもしれませんが書かせていただきますね。

うちもとても臆病で、もう10カ月になりますが先日やっと水槽で干していて目があっても耐えてくれたりするようになったくらいです。
はじめの2カ月くらいは、人のうろうろしない一人?亀部屋に入れてそぉっとのぞいたりしていたくらい...続きを読む

Q家のクサガメって皮膚病?

最近、クサガメを飼い始めたんですが、
皮膚の白い部分が消えません!
治療法としては
イソジン、乾燥、甲羅干し、ニンジンなど試して
見ました。
飼い始めて2ヶ月ぐらい立ちますが一向に消える
気配がありません。
これって病気なのでしょうか?
餌さ食いもいいし、すごく元気です。
どなたか詳しい方教えて頂けると有難いです

Aベストアンサー

クサガメ2匹飼ってます(オス17年目・メス14年目)。
結論から言って皮膚病ではありません。
画像から見る限り、まだまだ子供。
もしオスならば成長過程で首の模様も消えて全て真っ黒になります。
実際ウチで飼ってるオスのクサガメの後脚付け根部分は画像のカメ以上に白かったです(一部より”パンツはいてるみたい!”と言われた程)。

クサガメを飼育するに当たって、獣医サンから言われたのは
・日光浴は十分に!
・水換えは頻繁に!(夏場は1日一回は必ず)

↓クサガメ関係でお世話になってるHPです。
http://www.geocities.jp/gokaifuyouhou/


人気Q&Aランキング