ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

来年から畑で野菜を作る事になりました。
堆肥や肥料など、結構お金がかかるようなので、堆肥を自分で作れないかと検索したんですが、自分で作るにも、発酵剤など使わないといけないようですね。
かき混ぜ作業も頻繁におこなわないといけないようですし、買った方が安く簡単にすむのでは?と思います。
畑に穴を掘って、野菜くずなどを埋めておくだけは堆肥にはなりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

畑の一角に、ちょっと(3cm程度)小高いところを用意して(90cm角程度の高畦の苗床を作って)、この上に野菜屑を放置してください。


一-2週間で腐ってきます。一年間放置して、冬場はなにも追加しないで置く(9, 11, 3月に表面をかき混ぜて4月に使用)と、春には適当に腐っています。
「小高いところ」が適当に肥料分を吸った土で、運が良ければ培養どになります。削って使ってください(雨によって肥料分が地下に浸透する。この部分をかき集めて使用する)。

穴を彫って、、、、は既にある通りけんき性になって、おかしな事になります。「かき混ぜる」はこうきせいにするための作業です。
「発酵剤」はせいぜい米糠(在庫があれば、なければ使わない)を使うぐらいで、薬品とか菌類などは不用です。

けんき性にして硝化を推進して、その後こうきせいにして使用する、場合も有ります。けんき性にすると、SS(固形分)の分解が早いので、体積を減らすことができます。しかし、酸性が強くなるので石灰で中和する必要が出てきます。つまり、中和の度合いが面倒くさい。
だから、最初からこうきせいにして、アンモニアなどは蒸発、ゆうきさん(BOD)等水溶性成分は雨で流して、底に置いた土に混ざるようにして、土を培養度として使用する、という方法を書きました。

ただし、地区によっては腐敗臭を嫌う(過去の回答参照、自宅わきで台所廃棄物を腐敗させている方の臭いを公害として対応方法の質問がありました)場合があるので、注意が必要です。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

usokokuさま、ありがとうございます。

小高いところで作っていくんですね。
今まで調べた中では全部埋める方式だったので、いがいでした。
このやり方ですと、9、11、3月の3回だけかき混ぜを行えばいいのですか?それだと楽でいいですね。
冬は雪に埋もれてしまうのですが大丈夫ですか?

腐敗臭はかなりひどいのでしょうか。

お礼日時:2008/09/08 15:35

>一週間に一回も混ぜれば、大丈夫ですね。


頻繁過ぎで、空気の通り道がつぶれたりします。
普通は、一ヶ月に一回です。
    • good
    • 32
この回答へのお礼

usokokuさま、ありがとうございます。
空気の通り道がつぶれてしまうんですね。
一ヶ月に一回と聞き、それなら楽だと安心しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/11 21:02

(1)堆肥に発酵剤など使わないといけないか?


 色々な商品がありますが、含水率を70%以下にすること、微生物の栄養源となる窒素と植物体からの炭素を適度に持つこと、醗酵温度が70度以上になるため空気を混ぜること、このことで醗酵剤など必要ありません。醗酵促進菌など業者が勝手に言っているだけです。そもそも堆肥の醗酵は複数の微生物の増殖から成立するため、特定の微生物を少量添加しても何の役にはなりません。
(2)買った方が安く簡単にすむか?
 小さな家庭菜園であれば自家産の堆肥で可能ですが、大きくなれば牛、豚の堆肥をトラックで購入するほうが安価です。入手先などの情報は役場の農業担当か農業改良普及センターに聞けば教えてくれます。その時、水分調整に使われているのが、ワラ、もみ殻、ノコクズ、バーク(樹皮)か確認してください。使いやすいのはワラ、もみ殻が使われている堆肥で、10年単位で土壌改良をはかるのはバークです。家畜堆肥は現状では余り物ですから完熟堆肥は運賃程度で安く入手できます。高いと感じるのはホームセンターの販売に必要な袋代、マージンのせいです。鶏糞と石灰資材を併用すれば、安価な有機栽培が可能です。触って不潔感がないもの、いやな匂いのしないものを選びなさい。肥料源としては化学肥料は極めて安価ですが、野菜栽培には地力維持のため堆肥の供給が不可欠です。1反(300坪)に毎年2t程度の堆肥が必要です。
(3)畑に穴を掘って、野菜くずなどを埋めておけば堆肥になるか?
 小さな家庭菜園であれば、効率が悪くても堆肥の生産は可能です。参考のサイトを見てください。
 話題になっている米ぬかは、脱臭や堆肥化の促進、そして肥料として利用できる貴重な資源ですから、無料で入手できればいいですね。

参考URL:http://park5.wakwak.com/~kcy/taihi.html
    • good
    • 34
この回答へのお礼

発酵剤を添加してもあまり意味がないんですね。
含水率を70%以下にするとはいがいでした。
よく、水をかけてと説明されているので、びしょびしょになるくらい、ぬらすのかと思っていました。
うちの畑は小さいので自家産の堆肥で足りそうです。
今、ライ麦を育てているので、大きくなったら堆肥の中に混ぜてみたいと思います。
鶏糞は臭うというイメージだったのですが、臭わない物もあるんですね。
今度、いろいろ臭いをかいで、試してみたいと思います。
野菜の栽培方法を検索していると、必ず、化学肥料をまき・・・とあるのですが、やはり使わないといけないのでしょうか。
米ぬかは脱臭の効果もあるんですね。
無料で入手できる所を探してみたいと思います。
教えていただいたサイト、未熟堆肥の使い方なども書かれていて、とても参考になりました。
こちらは穴に埋めるのではなく、上に積み上げていく方法が書かれていますね。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/10 15:33

土を掛けてしまえば、臭いは発生しません。


米ぬかは地域にもよりますが、コイン式の精米機が置いてある場所に
必要な方はご自由にお持ちくださいとなっていたりするので探してみてください。
もしくは自分のお店で精米しているお米屋さんに問い合わせれば、安く購入できるとおもいます。


以前図書館で借りた 米ぬかとことん活用 という本に米ぬかの利用方法が色々とかいてありました。
その中には雪が降る前に畑一面に米ぬかを撒いて、意外と暖かい雪の下でゆっくりと発酵させる農家の方がいるというのを見た記憶があります。下に本のサイトを張っておきます。ご参考まで

参考URL:http://www.ruralnet.or.jp/gn-tokubetsu/betsu/200 …
    • good
    • 20
この回答へのお礼

コイン式精米器の所に無料でおいてあるかもしれないんですね。
探してみます。
見つからなければお米やさんに問い合わせてみたいと思います。
本まで教えてくださり、ありがとうございます。
さっそく図書館に行って借りてきたいと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/10 15:19

>の3回だけかき混ぜを行えばいいのですか?それだと楽でいいですね。


良いとか悪いとかの内容ではないです。「この位手を抜ける手抜きの作り方」です。

>冬は雪に埋もれてしまうのですが大丈夫ですか?
雪に埋もれている期間は、そのまま放置してください。ただし、雪解けの水で肥料分が流れるときがあります。

>腐敗臭はかなりひどいのでしょうか。
これは、腐敗臭に対する人の感度なのでわかりません。

「埋めておくだけ」でうまく堆肥になる場合の方の回答があります。これは、穴の中にたまった水がうまく排水される土壌(例、砂土等)の場合です。穴の中の水が3日以上貯まっているような場合です、けんき性発酵の原因になります。

木の場合には、わざとけんき性にして硝酸分を多くして肥料にします。ですから、未発行の豚糞を、トレンチャーで掘った深さ80-100cmの穴に放り込んで肥料にする場合もあります。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

usokokuさま、ありがとうございます。

>「この位手を抜ける手抜きの作り方」
と、いうことは、一週間に一回も混ぜれば、大丈夫ですね。
毎日はきついのですが、一週間に1回くらいならできます。

うちの畑は排水がそんなに良くない方だと思うので、教えていただいた、土を小高くして、その上にのせていく方法を試してみたいと思います。

お礼日時:2008/09/10 15:08

私は庭で家庭菜園をする程度なのですが、昨年の秋に落ち葉や野菜くずを米ぬかと一緒に土に埋めました。

そのまま春まで何もせず、その上に花木を植えましたが順調に育ちました。
米ぬかはそれ自体に栄養があるのと発酵を促進させる効果もあるそうなので試してみてはいかがですか?
    • good
    • 20
この回答へのお礼

hasumagoさま、ありがとうございます。

米ぬかを使用されたのですね。
一度、値段を調べて検討したいと思います。
ご自分で作られた時、腐敗臭はどうでしたか?

お礼日時:2008/09/08 15:38

◆ガーデニングの神様・大豪院です。

ご質問ありがとうございます。

堆肥は確かに植物などが腐敗したものですが、腐敗を行う細菌は好気性菌で、その他カビ、ミミズなどを含んだものが良質です。

埋めたままですと空気を使わないで腐る嫌気性菌によって腐敗するだけですのでガスや酸性物質が蓄積して堆肥とはなりません。

発酵剤は好気性菌の入った土壌で効率よい堆肥作りに役立ちます。
けれども、それが無くても、通常の好気性菌でも堆肥化は進むので、かき混ぜをこまめに行えば、そのうちミミズも入ってきますので良い堆肥ができます。

手間かお金か、です。手間もお金も無しでは良い堆肥はできません。

日陰に穴を掘り、広葉落葉樹の落葉と生ゴミを混ぜて1日1回攪拌します。乾燥しないように攪拌時に水を加えていくとミミズが繁殖し、とてもよい堆肥となります。どこにも売っていない良質な土で発酵剤だけの人工的な堆肥とは比べ物になりません。植物の育ちは格が違います。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

daigoinさま、ありがとうございます。

かき混ぜは2、3日に一回ではだめですか?
冬は雪が積もるので混ぜられないのですが、どうしたらいいでしょうか。
家の畑は日当たりが良く、日陰ができません。日なたでも大丈夫ですか?
また、臭いなんですが、かなり臭いますか?

お礼日時:2008/09/08 15:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生の草を堆肥にすると?

土壌改良のために、草を刈って堆肥にするよういそしんでいます。
ふつうのセオリー通り、刈り草は2~3日おいて乾かしてから、10センチ程に刻んで、適宜水を与えつつ、囲いの中に踏み込みながら積んでいきます。こめヌカがあれば振りながら、積んでいます。
これで、調子のいいときは70度ぐらいになります。

ところで、草は乾かした方が軽くなるので、集め易いのでいいのですが、これを刈ってすぐに積み込んだらどうなるのでしょうか?
刈ってすぐなら、水分があるので、水掛けの手間が省けるかもしれません。(水分度はなかなか微妙なものですが)

「乾かしてから積み込んだ方が、堆肥化が早い」とは、一般的な定説のようですが、とにかく、生のまま積むと、嫌気性分解し始めるとか、どうとか、不具合なことがあるのでしょうか?

どなたかご経験や心当たりのある方、お聞かせくださいませ。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

含水率の高い草をそのまま積んでおけば、発熱を伴う好気的な発酵が抑制され堆肥にはなかなかなりません。半年程度で堆肥を作るポイントは、(1)発酵菌が活動しやすいよう含水率を70%程度に、(2)発酵に必要なエネルギーを持たせ、(3)切り替え(上下を入れ替える)で好気的な発酵で温度が上げることです。野草の含水率は時として90%以上ですから、予乾(水分を下げる)が望ましいわけです。空気の混入を促すため、大雑把に切断することも必要です。あなたの作業は米ぬかを混合することも含め理想的ですが、出来れば切り返しを行うこと、雨を避ける工夫をすること、労力が問題であれば大きなポリ袋を使うなどで小分けして堆肥化させる、鶏糞も使い肥料的な要素をも付け加える、等々工夫してはいかがですか。稲ワラ以外では堆肥化の過程で加水することはあまり意味の無いことと思います。含水率は見た目や持った感覚で多いか判断することで十分です。野生の発酵菌が十分付着しているので、わざわざ添加する必要はありません。


Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q家庭菜園(畑)の雑草や残渣(不要物)の処分について

畑を借りて、家庭菜園を行っています。
そこで困るのが、刈り取った後の雑草や、収穫の後の野菜の茎やツル等の不要になった残渣(不要物)の処分の方法に困っています。

例えば、
(1)堆肥にしょうと思って「コンポスト」を購入しましたが、堆肥のできるスピードが遅く、不要物の処分するスピードが、不要物の発生するスピードに追いつきません。

(2)不要物を、そのまま(生の状態で、小さく切って)、土の中に埋めようと思いましたが、前の作物に不着していた、害虫の卵や、細菌が、そのまま残り次に移る可能性があり心配ですし、土になる(堆肥化する)のにも時間がかかり、多くを埋めると、畝づくりをするにも影響もあります。

(3)焼却しようと思っても、乾燥させるのに時間がかかり、煙ばかり出てうまく燃やすことはできません。
野積みにしておくと、一旦乾燥しかかっても、途中雨でも降れば、腐敗しかかって燃やす状態ではなくなりますし、かといって堆肥にもならない中途半端な状態になります。
これからは、サツマイモのツル等がたくさん出るので、乾燥させるのに雨をよけるために、簡単な雨よけ(屋根)を作らねばならないかとも考えますが、大げさですし、どうしてよいかわかりかねています。

個人的に借りている畑ですし、それほど広くもなく、不要物を放置しておくことはできませんし、放置しておくと溜まる一方になります。家のゴミとして回収に出そうかとも思いましたが、ゴミの回収基準は厳しいし、量も多く回収は拒否されそうです。

家庭菜園(畑)の雑草や残渣(不要物)の、おすすめの処分方法をお教え願います

畑を借りて、家庭菜園を行っています。
そこで困るのが、刈り取った後の雑草や、収穫の後の野菜の茎やツル等の不要になった残渣(不要物)の処分の方法に困っています。

例えば、
(1)堆肥にしょうと思って「コンポスト」を購入しましたが、堆肥のできるスピードが遅く、不要物の処分するスピードが、不要物の発生するスピードに追いつきません。

(2)不要物を、そのまま(生の状態で、小さく切って)、土の中に埋めようと思いましたが、前の作物に不着していた、害虫の卵や、細菌が、そのまま残り次に移る可...続きを読む

Aベストアンサー

うちは、1アールほどの菜園(畑)です。
2坪位の区画を作り、30CMほど掘って、そこに土と残渣と
米ぬか・珈琲カス・石灰窒素を少量を積み上げて、2~3日おき、嵩が少々減った所で
最後に水分調整、透明ビニールシートを被せて密封してます。
この天気ならすぐに70度まで発酵するので、害虫の卵・病気も駆逐できます。
夏は堆肥が出来るのは3週間掛かりません。この方法が最も大量処分できて簡単です。
しかもこの場所を転々とさせると、ミミズが沢山増えていい仕事してくれますよ。
畑が狭いなら、1坪以下でも結構な量が堆肥化出来ます。
石灰窒素は、消毒殺虫剤・肥料も兼ねます。
http://www.e-taneya.net/tokusyu/minichisiki_15.html

雑草は、刈ったら即、畝のマルチに使います。
どの道、雑草は生えます。土の中の雑草の種の生存年数は10年もありますから。
風で飛んできますし、必死に抵抗するよりは上手く利用したほうがお得です。
スギナなどは、種まき時の優秀なマルチ&緑肥&液肥になりますよ。
土壌のバランスが良いと、病気が出にくくなります。
ここ5年どの野菜も出てません。
むしろ草を刈って残渣を捨ててた時のほうが病気が多い気がします。

病気が出たものは、残念ですがそれだけ早急に廃棄処分です。
数本程度なら家庭ごみに混ぜても平気ですしね。

雑草堆肥・完熟堆肥の作り方で検索すると沢山出てきますよ。

うちは、1アールほどの菜園(畑)です。
2坪位の区画を作り、30CMほど掘って、そこに土と残渣と
米ぬか・珈琲カス・石灰窒素を少量を積み上げて、2~3日おき、嵩が少々減った所で
最後に水分調整、透明ビニールシートを被せて密封してます。
この天気ならすぐに70度まで発酵するので、害虫の卵・病気も駆逐できます。
夏は堆肥が出来るのは3週間掛かりません。この方法が最も大量処分できて簡単です。
しかもこの場所を転々とさせると、ミミズが沢山増えていい仕事してくれますよ。
畑が狭いなら、1坪以下でも...続きを読む

Q野菜収穫後の茎や葉は捨てるべき?

 植物から堆肥を作るには乾燥させてから山積みにして切り返しを行うとよく書いていますが、その様な堆肥作りは難しいのが実情です。
 現在サツマイモとタマネギを交互に栽培していますが、いつも悩むのがサツマイモを収穫した後のツルや葉、それから定期的に抜く雑草の取り扱いです。
 化学肥料だけをやり続けても土は硬いままで、何らかの堆肥をやりたいところですが、例えばツルや雑草(この場合種子は覚悟する必要はあるが)をある程度小切りにして畝にパラパラと巻いておけば一応肥料にはなるのでしょうか?
連作障害はないものと仮定して回答頂けないでしょうか。

実際に巻いてみると丸虫が集っているようですし、その結果分解すれば立派に肥料成分は回収出来そうな気がします。
また、これを濡れたまま積み過ぎて嫌気性になると脱窒素反応により硝酸塩も分解されて窒素になってしまうと、あるサイトで解説していましたが、私は少なくとも燐酸や加里、石灰などはそのままその場に残るような気がします。

Aベストアンサー

ご希望により回答します。
 新鮮な残渣を土中に鋤き込むことは、次の作目に向けた効率的な農作業として普及しております。醗酵しておりませんので、当然この残渣は堆肥ではありません。過剰な残渣を鋤き込めば分解に伴うガス発生が懸念されますが、この残渣は少量ですので数週間たてば障害にはなりません。この間、元肥として家畜堆肥、化学肥料を施用したり、耕起、整地など植え付け準備があります。残渣や灰の肥料効果はご期待されているほど大きくはありません。それは家畜堆肥の適正施用量は1反に乾物(含水率0%)で600kg前後、原物で2t前後であり、さらに化学肥料を散布することからもお分かりとお思います。複雑な生態系を持つ土を維持する1つの努力とご理解ください。

Q米ぬかを畑にまいたら?

先日、畑に詳しい親戚の人とトマトの話をしていたのですが、「ちゃんと米ぬかまいてる?」と言われました。わたしが「直接まくんですか?」と言ったら、「そりゃあそうだよ」と言って笑ったのです。

でも、わたしはこんなふうに思っていました。

肥料というのは、微生物のエサとなる資材を与えて、発酵させますよね。発酵が完了するというのは、エサがほとんどいなくなって、発酵熱がおさまった状態だといいます。

で、発酵が終わっていない堆肥をまくのは、畑の土に微生物が爆発的に発生して窒素を奪ったりするからダメ、と教わりました。

でも、米ぬかは微生物が発酵するためのエサだから、畑に直接まいたら、微生物が爆発的に発生するんじゃないかなあ、と。

何だかおかしな質問になってごめんなさい。文意を理解していただける方だけ答えていただければけっこうです。

米ぬかをそのまままいても、大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

昔は今のように市販の肥料が豊富ではありませんでしたから、何処の家
でも米ぬかや米の研ぎ汁を庭や畑に撒いていました。多分その名残があ
るため、親戚の方も言われているのだろうと思います。

米ぬかには植物に必要な色んな成分が多く含まれていますが、メリット
はあるのですがデメリットもある事を忘れてはいけません。
粉末の油粕がありますが、油粕の成分は醗酵が終わっていなければ植物
に吸収されない性質があります。土中で醗酵すると醗酵熱によって根が
傷んでしまうし、醗酵時に出るガスによっても根が傷んでしまいます。
米ぬかも油粕と同じで、醗酵しない限りは施しても意味がありません。
米ぬかを少量なら使用されても構いませんが、大量に使用されると土中
の通気性や排水性が悪くなります。また腐敗によってハエなどの害虫が
発生しやすくなるので、使用には注意した方がいいですね。

Q草刈りで出た草を敷地内で山にしておくとまずいですか?

お世話になっております。

賃貸住宅の1階に住んでいて、敷地内にかなり雑草があります。
大家からは自分で処理するように言われています。
放置しておくとちょっと背の高い雑草だらけになるので充電式の草刈り機を買って時々草刈りしているんですけど、その刈った草の処理に困っています。
最初は袋に入れてゴミとして出していたんですが、手間もかかるしお金もかかります。
先日はあまり目立たないところに山にしておいておきました。
今日ちょっとその山を崩してみたら、みみずやわらじ虫、その他虫がいっぱいいました。
このまま放置しておけば、腐って山は小さくなって、その上にまた草が生えるので問題ないかと思うのですがどうでしょうか。
腐る過程でとってもくさくなるとか、害虫が発生するとか問題が生じるでしょうか。
虫はもともといっぱいいるので多少発生しても問題はない環境ではあると思います。

また、ちょっとへこんだ場所には意識的に草を集め、上から土をかぶせて花の種でもまいてみようかと思っています。
こちらはどうでしょうか。

こちらは北海道で12月くらいになれば雪に埋もれるのでそれまでの問題なんですけど、詳しい方のお話が聞ければと思います。
よろしくお願いします。

お世話になっております。

賃貸住宅の1階に住んでいて、敷地内にかなり雑草があります。
大家からは自分で処理するように言われています。
放置しておくとちょっと背の高い雑草だらけになるので充電式の草刈り機を買って時々草刈りしているんですけど、その刈った草の処理に困っています。
最初は袋に入れてゴミとして出していたんですが、手間もかかるしお金もかかります。
先日はあまり目立たないところに山にしておいておきました。
今日ちょっとその山を崩してみたら、みみずやわらじ虫、その他虫が...続きを読む

Aベストアンサー

>このやり方を採用した場合、薄くまいた場所は枯れ草が茶色くなっていて、その隙間から雑草がなんとなく生えているというような状態になると考えていいのでしょうか。

はい。そのような状況を考えています。

>また、この場合の枯れ草は、下の方から徐々に腐敗または発酵して土になっていくということでいいのでしょうか。

刈り取った草を早く枯らし、且新しい草の発生に必要な日光を妨げるものとお考え下さい。枯れた後はゴミとして出し、また新しい草を敷きます。そのまま放置すると腐敗問題が起こります。

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q庭に埋めた生ゴミは何日で土に帰りますか?

生ゴミを燃えるゴミとして出すのはもったいないので、庭に埋めることにしました。
庭といっても広くないので、スコップで掘れば古い生ゴミが出ていくる可能性があります。
そこで質問ですが庭に埋めた生ゴミは何日で土に(肥料として)帰りますか?

Aベストアンサー

分解されやすいものであれば、夏付近なら3カ月くらい、冬なら半年くらいだと思います。
生ゴミといっても、魚の骨格やトウモロコシの芯など分解しにくいものは埋めて一年たってもそのまま形が残っていることがままあります。

早く土に還したいのなら、面倒ですが生ゴミは小さく刻んで表面積が大きくなるようにします。大きな塊のままだと分解に時間がかかります。そして、生ゴミと土を良くからませてから埋める事です。
また、埋める場所は、水捌けが良い場所を選びましょう。乾燥していてはなかなか分解されませんが、逆に水分が多すぎても腐敗を招き分解が遅くなります。
あとは深く埋めない事。生ゴミの分解には好気性(酸素を使って活動する)の微生物が活躍しますので、何十センチも深く埋めてしまうと、酸素不足で好気性の微生物が活動出来なくなってしまいます。

ところで、庭が広ければ、少しずつ場所を変えながら埋めて行けば問題ないのですが、スペースがないのなら、コンポスター(底の空いた大きなバケツのようなヤツ)を設置することを検討してはどうでしょうか。生ゴミをそのまま庭に埋めてゆくよりも、コンポスターで堆肥化してから庭に撒くほうが庭の使い勝手が良くなると思いますよ。鉢植えなどにも使えますしね。

分解されやすいものであれば、夏付近なら3カ月くらい、冬なら半年くらいだと思います。
生ゴミといっても、魚の骨格やトウモロコシの芯など分解しにくいものは埋めて一年たってもそのまま形が残っていることがままあります。

早く土に還したいのなら、面倒ですが生ゴミは小さく刻んで表面積が大きくなるようにします。大きな塊のままだと分解に時間がかかります。そして、生ゴミと土を良くからませてから埋める事です。
また、埋める場所は、水捌けが良い場所を選びましょう。乾燥していてはなかなか分解されませ...続きを読む

Q生ゴミを直接畑にまくのってどうなんですか?

家庭菜園が趣味の父は、生ゴミをそのまま畑にまきます。

夏は臭いし、生ゴミがむき出しになっているのは見た目もよくないし、ネズミやゴキブリ等の害獣・害虫を寄せ付ける原因になりそうで、正直言って止めて欲しいと思っています。(それどころか、恥ずかしい話ですが、「肥料になる」とか言って、畑に立○ションなどもします。だから私と母は父の作った野菜は絶対に食べません)

しかし、父は「自分はガーデニングのセミプロ」という意識があり、また、昔気質の人間で「女子供のいうことなんか聞けるか!」というタイプなので、私や母の言うことなどには耳を貸そうとしません。

ガーデニングに私自身はくわしくないのですが、普通生ゴミを肥料にする場合、コンポストなどで堆肥にするのではないですか? ただ生ゴミを畑にまくだけでも有効なのですか? 寄生虫などの発生の原因にはならないのですか? 「生ゴミそのまま肥料」は近所迷惑にはならないのでしょうか?(父の畑は自宅の敷地内ではあるのですが)

かなりむかし、ガーデニングでなくアウトドア系の本に「生ゴミは土に還るというのは間違い。生ゴミを直接地中に埋めても分解されるのは何年も先であり、野犬が寄り付く原因にもなるから、絶対に生ゴミを土に埋めるという方法で処理してはいけない。必ず持ち帰ること」といった記事があったことは覚えています。

そこで、園芸書などから「生ゴミを直接まくのはよくない、あるいは無意味である」との記載があれば父に見せたいと思ったのですが、ネットや情報誌をみても、生ゴミから肥料を作る方法や、生ゴミ肥料礼賛の記事ばかりです。

質問は、「生ゴミを直接畑にまくことの害や無意味さ」などについて述べている本やHPなどがあったら教えていただけないでしょうか、ということです。

家庭菜園が趣味の父は、生ゴミをそのまま畑にまきます。

夏は臭いし、生ゴミがむき出しになっているのは見た目もよくないし、ネズミやゴキブリ等の害獣・害虫を寄せ付ける原因になりそうで、正直言って止めて欲しいと思っています。(それどころか、恥ずかしい話ですが、「肥料になる」とか言って、畑に立○ションなどもします。だから私と母は父の作った野菜は絶対に食べません)

しかし、父は「自分はガーデニングのセミプロ」という意識があり、また、昔気質の人間で「女子供のいうことなんか聞けるか!」...続きを読む

Aベストアンサー

堆肥はきちんと発酵させてから使うものです。コンポストなどを使わなくても、「使っていない畑」に一年ほど埋めておけば完熟堆肥になります。

一方、ただ畑にまいただけだと、「未熟堆肥」で作物を育てることになり、害があります。
「未熟堆肥」で検索すると、けっこう情報がヒットしますよ。

Q畑の土の改造について(牛糞、鶏糞、バークの使い方)

畑を借りていますが、土が貧相で改善の必要があります。そこで牛糞、鶏糞、バークを使って改善しようと思いますが、いまひとつ使い方がわかりません。これは元肥にするのでしょうか、それとも土にまぜて使うのでしょうか。教えていただければ本当に助かります。

Aベストアンサー

有機肥料の成分NPKも大切ですが、堆肥化を考えるとC/N比が重要です。
Cは炭素で植物の繊維質などに多く含まれていて、その繊維質を分解するのがNで窒素でその植物にも
含まれていますが、個々の材料となる植物でその比率が違います

HP長崎の畜産 敷料の種類と特徴:
http://nagasaki.lin.go.jp/manual/keiei/5.html
HPひろしまの畜産の内 堆肥化の原理:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_61.htm
広島県堆肥共励会・品質判定基準:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_51.htm
副資材別家畜ふん堆肥の成分組成平均値及び標準偏差:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_42.htm
堆肥のC/N比は20-40位が適当と言われていますが、それはこの比率が例えば10以下ですと、
窒素が多くて自家消化してしまいますので、長く持ちません。
これを言い換えれば有機肥料で鶏糞や牛糞も含まれます。

その中でも鶏糞は未消化の成分が多く、肥料としても良く効きますが、逆に虫が発生したり、
雑菌が多くなったり、問題を起こす事があるので直接使うにしても早く元肥で使用して落ち着いてから
播種や定植をしてください。

その為堆肥化する訳ですが、上記のURLの中にバーク堆肥の測定結果があり基準内にありますが、
実際施用して1年後でもバークが見える事が多くあります。これは表面は分解しているが、深くまでは
進んでいない現われだと思います。
原因はバークが他の素材などに比べて表面積が小さく、組織も強いので分解しきれていないのだと
思います。
バーク堆肥は本当に品質が良いか疑問のあるものが多いので、勧められません。
同様の物であればオガクズ系の堆肥の方が安心感があり、牛糞は元肥向きです。

面積が判らないのですが、10平方m当たり20-30Kg堆肥をまいた後に近所の農家に頼んで
トラクターでロータリー(耕運)作業を一度してもらった方がよいと思います。
本当は分けた方が良いですが、同時に苦土石灰を1.5-2Kg入れてください。
そして、2-3週間後、化成肥料を入れて数日後、播種や定植が基本です。

有機肥料の成分NPKも大切ですが、堆肥化を考えるとC/N比が重要です。
Cは炭素で植物の繊維質などに多く含まれていて、その繊維質を分解するのがNで窒素でその植物にも
含まれていますが、個々の材料となる植物でその比率が違います

HP長崎の畜産 敷料の種類と特徴:
http://nagasaki.lin.go.jp/manual/keiei/5.html
HPひろしまの畜産の内 堆肥化の原理:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_61.htm
広島県堆肥共励会・品質判定基準:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_51.htm
副資...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング