12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

60台後半になる義父ですが、
アルコール依存症になっています。

朝、昼、夜と焼酎、ビール、日本酒を飲み続け、
常に酔った状態になっています。
仕事や趣味といったこともなく、
役所などにしつこく迷惑な苦情電話等を何度もしてしまうようです。
痴呆も少々でてきており、話した内容をわすれたり、
話の内容ががつながってないことも多くあります。
また母に暴言、暴力的なことも少しあるようです。
病院が大嫌いで一度もいっておりません。
そして、本人にアルコール依存の自覚がまったくなく、
容易に病院へ診察に行くことは無理な状況です。

1つめの病院では強制的に病院へ入院し、一度入院したら、
一生出てこれないことを覚悟してくださいと言われています。
退院しても、すぐにアルコール依存に戻ることがほとんどだからだ
そうです。そしてアルコールを抜くことで痴呆が一気に進むと。
総合病院だと思うので他に疾患があった場合に治療可能。
配偶者の意思で強制入院が可能。

2つめの病院ではアルコール専門病院です。カウンセリングをして、
入院が必要だと診断されれば入院になるのですが、本人の意思が
必要だそうです。とても父の同意が得られるのは難しいと思います。
それに他に疾患が見つかればまずそこを治療してから入院になります。
長い間病院にいっていない父に肝臓など悪いとこがあっても
不思議ではありません。

他、アルコール専門(精神科)、精神科を含めた総合病院等で
どのような病院をあたればよいかわからなくなっています。
本人にアルコールを断つ意思がない場合、病院へ行くには、
半ば強制的に連れていくしかないので、気軽に診察というわけには
いきません。
アルコール依存、肝臓等の疾患、痴呆ということを交えて、
どいった方法がよいと思われますか?
また経験者の方、アドバイスよろしくお願いします。
本当に困っています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

同じく60代後半の実父が3年前アルコール依存症でした。


アルコールによる痴呆、肝硬変、失禁、そして暴言暴力・・・
やはり本人には自覚がなく、家族や周囲が大変苦労し、それが元で、母も体を壊しました。

父の場合は、
普通の健康診断を受けさせ、再検査項目について、裏で医師に協力してもらい、アルコール専門の精神科のある総合病院を紹介してもらいました。
まずは内科、そしてうまくアルコール専門の精神科へ導いてくださり、あとは先生が本人を説得し、驚くほど素直にあっさり入院になりました。

治療は鍵のかかった病棟に3ヶ月、面会禁止でした。
入院して初めの数日は禁断症状もあったようですが、真面目な性格からか問題を起こすことなく治療が進み、退院しました。
退院から3年、いまだに禁酒しています。
痴呆も進まず、肝臓は機能していないといわれたにも関わらず、元気にパートで働いています。
みりんなどアルコールを含む料理を作らない、また家に置かないなど、退院してから家族も気は遣っていますが大丈夫なようです。
また週1回断酒会という集まりがあり、経験者やその家族が集まって2時間程度お茶会をするだけなのですが、楽しそうに通っています。

父の経験から学んだのですが、アルコール依存症は誰でもなるわけではなく、遺伝的にアルコール依存症になるスイッチを持っているんだそうです。
立派な病気なので、家庭でそのうち治るようなものではない、死ぬか生きるかだと言われました。

アルコール専門のカウンセリングのテクニックはすばらしいです。
お父様もなんとか病院まで行ってくれれば、本人の同意まで期待できると思います。
父の経験談ばかりで、いいアドバイスができず申し訳ありませんが、ご家族のご苦労、お察しいたします。
1日も早くお義父様が病院へ行かれ、回復されますよう祈っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
実際に克服されたお話を聞けてよかったです。

健康診断→内科→精神科へ移られたのですね。
健康診断も兄夫婦が何度も勧めているようですが、
なかなか行ってくれないようです。
病院へ連れて行く方法を考えていきたいとおもいます。
ほんとうに参考になりました。
家族と相談していい方法を選びたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 19:07

お酒を飲まない生き方10年ほど過ぎたアル中です。



皆さんの仰っている事で、間違いは無いと思います。

アルコール性痴呆はアルコールによる脳萎縮が原因で起きている場合も多いです。
(たぶん良心的なアルコール専門医ならばCTで検査もしてくれるでしょう)

あと恐ろしいのがウェルニッケコルサコフ症候群という脳の疾患です。
こちらは言語野が冒されるので、言葉の意味の整合性が理解しがたくなってきます。

ただ、上記の二つの場合でも、入院し直ぐにビタミンを投与してもらえれば確実に症状は改善します。
(入院前は、完全にもうろうとしていた人でもしっかり半紙をする事ができるようになった方も随分見てきております。初期の手当によるのですが)

総合病院には入るべきではないと思います。
ああいう所の医師は、アルコール依存についてあまりにも知識が無く、肝臓の数値さえ綺麗になれば退院させられ、全く意味がありません。
(僕はそれで、結局アルコール依存の知識を学ぶ事も無く再飲酒してあやうく命を落としかけました。もちろん家族にも多大な迷惑をかけてしまいました)

本人の承諾なしに入院はさせられないとは言いますが、現実ちゃんとしたアルコール依存のケアができる病院であれば、家族の同意のみで入院は可能です(医療保護入院という手続きになりますが、この制度はちゃんとその病院のケースワーカーとしっかり話し合って下さい。)

アルコール依存の問題は、入院云々よりも退院後の生活にかかっています。

「回復はあっても治癒は無い」というのがこの病の、真に厄介な所です。
回復につなげるには絶対に自助Gに参加する必要があります
(断酒会、A.A.等)

そういうものに繋がってなければ、簡単に再飲酒の危険はありますし、万が一再飲酒してしまっても自助Gの仲間が助けてくれる事も沢山あります。
(一度ご家族だけでも、そういった自助Gのお話聞きに行くのも良いかもしれません)

まずは現段階では飲酒をとめて、身体のケアが最優先ですから入院される事をお進めします。
(入院中に心のケアもアルコール専門医ならばやって頂ける筈です)

繰り返しますが、回復はあっても治癒はありません(僕も10数年のまずにいますが一滴でも飲んでしまえば以前と変わらないどころか、もっと酷くなる危険もあります。)

ですから退院後の自助Gのことも考えられた方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
総合病院よりアルコール専門を扱った病院を探したいと思います。
アルコール依存に対しての知識も必要ですね。

兄夫婦が相談した病院では配偶者の同意のみで入院可能だそうした。
医療保護入院という制度になるのですね。

退院後の生活がまた重要なのですね。
とても勉強になりました。ありがとうございます。
一滴のお酒でもダメなのですね。
自助Gも考えたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/27 00:45

放っておくことができないので相談しています。


本人や周りの家族になにかあるまえに、
対処したいと考えています。

↑残念ながら 他の病気と違ってそれほど甘い病気ではないのです。

危険と思われます周りの人は、出来るだけ離れることを考えるべきなのです。【どの精神科医でも同じことを言うと思います】
    • good
    • 1
この回答へのお礼

離れるといっても一緒に住んでいる家族は離れることができません。
母がいなければ生活することも難しくなります。
入院等で距離をおく時間は必要な時があるとは思いますが、
今の状態で離れただけで何も解決するとは思えません。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/27 00:40

私の父が依存症でした。


頑固で病院嫌い。
医者へ連れて行くのに数年を要しました。

私の場合はまず保健所へ相談したところ、アルコール依存症者を多く診ている医者を紹介してもらいました。
精神科医といっても、アルコール依存症を熟知している医者はそう多くないらしいです。
保健所はアルコール依存症の相談窓口にもなっていますので、安心して相談されてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
病院嫌いの人を病院へ連れて行くのは大変ですね。
保健所でも相談に乗っていただけることは知りませんでした。
調べて聞いてみようと思います。
アルコール専門医をあたったほうがよいのですね。

なんとか病院へ連れていくようにしたいとおもいます。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/09/27 00:37

本人がギブ・アップするまで放っておいた方がよいようです。



家族は、無視に近い関係でいることがベストのようです。

相手になってくれる家族があるうちは自分の気持ちを紛らわせることが可能なのでズルズル引きずってしまうのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

放っておくことができないので相談しています。
本人や周りの家族になにかあるまえに、
対処したいと考えています。

気を紛らわすレベルではないのです。
アルコール依存の病気になってしまっていますので。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/26 19:18

現役?の依存症患者です。



> 1つめの病院では強制的に病院へ入院し、一度入院したら、一生出てこれないことを覚悟してくださいと言われています。

というのは、ほとんど聞いたことがないですね。
まぁ、入退院を長期間繰り返しやすい(退院初日に再飲酒→再入院)というのは事実ですが。また近年では強制的な入院は現在ではほとんど行われていません。通院とカウンセリングが治療の中心です。

> そしてアルコールを抜くことで痴呆が一気に進むと。

これは、ほとんど例がないです。依存症患者が断酒することで、痴呆は段々治るのが普通です。
ただし、他にすることがない場合、単純に何もしないことで痴呆が進むことはあり得ます。よく会社を定年退職した直後から痴呆が進むという例を耳にすると思いますが、これと同じ事です。


> 2つめの病院ではアルコール専門病院です。カウンセリングをして、入院が必要だと診断されれば入院になるのですが、本人の意思が必要だそうです。

通例、本人又はご家族の方の意志というのが多いのですが・・・。
もっとも、依存症は否認の病気と呼ばれる位、自分が依存症であると認めにくい側面がありますが。なので、診察それ自体がなかなか行いにくいので、最初はご家族の方が相談に来るというのがほとんどだそうです。


> 本人にアルコールを断つ意思がない場合、

残念ながら、なかなか難しいでしょう。家族が監視するにしても限界があります。隠れ酒を覚えるなど、なかなか手強いです。

> アルコール依存、肝臓等の疾患、痴呆ということを交えて、どいった方法がよいと思われますか?

一番良いのは、専門医にかかることです。
千葉の久里浜などが有名ですが、保健局に問い合わせれば、その地域の専門医のいる病院を紹介してくれます。

飲んだ量・期間にもよりますが、1ヶ月~数ヶ月の断酒で大分快方に向かうと思いますよ(この「最初の1ヶ月」は非常に苦しいですが)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現役の方からの貴重な回答ありがとうございます。
> 1つめの病院では強制的に病院へ入院し、一度入院したら、一生出てこれないことを覚悟してくださいと言われています。

これは、退院してもすぐ繰り返し入院するという意味だそうです。意味を書き違えてしまいました。

> そしてアルコールを抜くことで痴呆が一気に進むと。

これは精神科の先生がおっしゃった話です。
すべての患者がそうではないけれど、お酒を抜くことで
痴呆が一気に進む可能性があるということです。
アルコールで脳が萎縮して痴呆が入りかけてるのか、
本当に痴呆が入ってきてるのか判断は難しいのですが。

アルコールの専門で治療している病院を探したほうがよいのかと
思いました。
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/26 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • アルコール依存症<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    アルコール依存症とはどんな病気か  アルコール依存症は、薬物依存症のひとつです。ほかの薬物依存症と同じようにアルコール依存症も「脳の病」であり「行動の病」です。  薬物依存症の主な症状は、「強化された薬物探索・摂取行動」と規定され、脳に行動の記憶として刻印され、完治することがない病気です。長期にわたる断薬(アルコール依存症では断酒)をしても、少量の再摂取から短期間に断薬(断酒)直前の摂取行動にも...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルコール依存症の旦那へ自覚のさせ方と妻の身の振り方について

アルコール依存症の旦那(31)を持つ妻(31)です。
結婚4年目、子供なしです。
今年5月にも関連内容で相談しましたが、事態は悪化する一方で再度皆様の意見を聞きたく相談させて頂きます。

晩酌はビール350×2と焼酎2.5合程度です(毎日)
飲みに行けば、警察の保護・喧嘩沙汰・失禁・トイレを間違える程度は度々あります(最近は自力では帰宅困難です)
私なりに勉強して相談に行ったり、今は怒らずに色々と聞かせますが本人は「病気」として向き合う自覚はなく「まだ自分で制限できる」と思っています。
多少の迷惑は被っているはずなのに友人・会社共に誘いが多いです。
先日とうとう、大便を失禁しました。(汚い話ですみません)
部屋や壁・本人の手足顔も汚物にまみれて、泥酔&昏睡していました。
そのままにして、取った写真・動画を本人に見せて掃除をさせました。
さすがにショックを受けていたようですが、その日も飲みに出掛けて行きました。
惨劇のトラウマで自宅に一人でおれず実家へ帰っていた私が帰宅すると、2夜連続で同じ光景になっていました。
2日目は汚れたままで部屋を徘徊(暴れ)しており、止めるのに鼻や首を引っかかれて出血しました。
翌日も同じように反省していましたが、本人から出た言葉は「お前に迷惑をかけるから家では飲まないが、断酒は出来ない」でした。
それから何年ぶりかの禁酒を3日続けましたが、4日目に会社の懇親会で出かけて行き、泥酔状態で同僚に抱えられて帰って来ました。
その翌日も反省していましたが、次の日には「ビールだけ」と言って500×1を家で飲んでいました。
「誰の為に禁酒しているのか?」と聞くと「自分の為だけど、お前の機嫌も悪くなるから」との事でした。
私はまだあの惨劇のトラウマで、食事をしていても自分がトイレに行っても連想する光景を目にすると思い出し、考えないようにしても頭がいっぱいになります。
「離婚」も考えましたが、2人で簡単に出来る事でもないし、まだ乗り越えられるかもしれない希望も捨てきれず、どの道を選択しようにも踏ん切りがつかず路頭に迷っている状態です。
私の実家では(別スレでも相談しています)、実弟のギャンブル・借金問題で葛藤中なので、私の問題を打ち明けるのも躊躇しています。
旦那の実家へは全て話していますが、あまり協力心と理解がありません。
息子はストレスがあるからだ!とか、夜ご飯を米中心にしてあげなさい!とか、私への注文ばかりで問題を履き違えています。
どれだけ言っても本人は自覚しない、旦那の実家は頼りがない、内容が内容だけに もし回復するなら…と思えば自分の両親や友人に相談する勇気が出ないし、もう何から手をつけていいのか混迷しています。
現状では無理ですが、いつか子供も欲しいです。
それも含めて結婚したので、ここでつまずいている自分の人生に失望さえしています。


アルコール依存症本人の方、家族の方、または離別を経験された方など、意見・知恵等あれば教えて欲しいです。
そして私の立場ならどうするか、意見を聞かせてほしいです。

アルコール依存症の旦那(31)を持つ妻(31)です。
結婚4年目、子供なしです。
今年5月にも関連内容で相談しましたが、事態は悪化する一方で再度皆様の意見を聞きたく相談させて頂きます。

晩酌はビール350×2と焼酎2.5合程度です(毎日)
飲みに行けば、警察の保護・喧嘩沙汰・失禁・トイレを間違える程度は度々あります(最近は自力では帰宅困難です)
私なりに勉強して相談に行ったり、今は怒らずに色々と聞かせますが本人は「病気」として向き合う自覚はなく「まだ自分で制限できる」と思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

neco0621さん初めまして!
私もNO7さん同様にアルコール依存症者です。
今まで良く頑張ってきましたね
大変だったと思います。
まったく以前の私の女房と同じような苦しみをなされているので、心労のほどお察ししますが、お二人共に、まだお若いのですからやり直すチャンスはあると思います。

私達も同じ年の夫婦ですが、24で結婚しましたが、結婚式も私の飲酒による肝臓病が元で延期という事から飲酒問題が始まり、話せば長くなりますので経過は省略しますが、だいたいneco0621さんと同じくらいの年に酒と決別する事になりましたので、何となく親しみを感じ投稿させて頂きました。

飲酒量はさほど多くはないように思われますが、アルコールをコントロール出来ないようですので、アルコール依存症でしょうね。酒乱と言われている人でも、アルコールをコントロール出来るのでしたら、アルコール依存症ではありません。

またアルコール依存症は否認の病気とも言われているように、本人を病院や自助グループにつなげようと思っても、簡単にいかないのもアルコール依存症の特徴ですよね。本人は病院に行けば酒を飲めなくなるから行きたくないのも当然なんです。病気として向き合う気がないと書かれていますが、アルコール依存症を認めるという事は、AAのステップでも断酒会の断酒の誓いでも最初にあるように、自分で認めた時点で回復への一歩を踏み出しますので、すぐに認めるのは簡単ではありません。

息子さんの実家に言ったところで、判ってもらえる事はおろか大方はneco0621のせいにされるのがいいとこですね。

御主人の失禁を写真に撮って、自分で掃除させてと言うのは良い対応だと思います。アルコール依存症には家族の病という名前もあるように、neco0621も勉強なされているので判っていると思いますが共依存からの回復が必要ですね。ただ共依存の勉強をした家族が勘違いしやすいのは、何でも御主人の問題に対して関係を断ち切るのではありません。家族なのですからね。酒に関する事には干渉しないと言う事です。もう一つ勘違いしている人が多い事は、共依存イコール悪ではないと言う事です。

コレステロールにも善玉と悪玉があるように、共依存も必要な事は多いのです。例えば赤ちゃんがお腹が空いて泣くのも一種の共依存の現れです。全てが悪いのではありませんし、自分と御主人の心の境界線も、その時の状況によって動きます。

自分が変われば相手も変わるという事が言われますが、アルコール依存症者に対する接し方で必要なのは、お互いにコントロールしない事です。お酒の漁を減らそうとコントロールするとか、自分の思い通りにコントロールしようと思う事は無意味です。自分を変えるという事は、相手の見方を変えるという事です。

一番の問題は本人の気付きですね
アルコール依存症は喪失の病気とも呼ばれますし、底付き体験という言葉もある通り、たいていの人は、どん底に落ちなければ気が付きません。ただ自助グループにneco0621さんが通っているうちに、御主人が気が付くという事も多くあります。AAはクローズミーティングが多いですね。アラノンという家族の集まりもありますが、neco0621さんの感じだと断酒会の方が向いているかも知れませんね。

また近くの病院で家族教室を開いている所があれば、そこに通い続けるのも良いと思います。御主人の気付きですが、お子様がいればお子さんが良いのですが、現在はお二人という事ですので一つの方法として御主人が酒を飲んでいない時に、酒の問題を会社の上司に相談するというのも一つの方法です。会社に言う言わないはneco0621次第ですが、当初の話として、そういう事を言うのも技術の一つです。

気が付いたら長々となってしまいました。
この世の地獄を見たければアルコール依存症者の家庭を見るが良い
この世の天国を見たければ断酒家の家庭を見るが良い
この後者となってくれる事を願っていますし、希望を持っていれば必ず明るい未来が来る事と思います。

neco0621さん初めまして!
私もNO7さん同様にアルコール依存症者です。
今まで良く頑張ってきましたね
大変だったと思います。
まったく以前の私の女房と同じような苦しみをなされているので、心労のほどお察ししますが、お二人共に、まだお若いのですからやり直すチャンスはあると思います。

私達も同じ年の夫婦ですが、24で結婚しましたが、結婚式も私の飲酒による肝臓病が元で延期という事から飲酒問題が始まり、話せば長くなりますので経過は省略しますが、だいたいneco0621さんと同じくらいの年に...続きを読む

Qアルコール依存症の夫 めんどうみきれない

私の夫はアルコール依存所です。金曜の夜からのみはじめ、土曜、日曜飲んでいます。やめろと言っても病気なので当然やめられずアルコール専門の外来のクリニックへ通っています。
平日、仕事はしています。
夫は不摂生な性格で、ご飯はちゃんと食べない、すぐそのまま何もかけず寝てしまう、など、まったく自分のことがまともにちゃんとできる性格ではありません。
部屋は酒ビンですぐ散らかり、3食ちゃんと食べるということさえ守れません。
健康が不安なのでうるさく言っているにも関わらず、せっかく作ったご飯を食べなかったりします。
性格は酒のせいで、わがままで自己中心的です。
子供のことを子供の立場になって考えてあげられることができず、まったく自分中心。わがまま。
正直、2歳の子供のほうが聞き分けがよく、素直です。
自動車の運転も危ないからやめればいいのに、やりたがり、自分はひとよりしっかりしていると
言います。酒さえのまなければしっかりした人間だと思いますが、酒が・・
そんな夫と毎日いると、いつ倒れるかもしれない、自分も子供も巻き込まれてしまうかも、と嫌になり
夫の運転する車には怖くて乗りたくないのですが、それを伝えると激怒します。
もうめんどうみきれない気分になるときがあるのですが、結婚当時はいい人で、時々、そんな当時
の夫のことを思い出し、酒のせいで変わり果てた夫が不幸に思えて悲しくなります。
たしかに私自身もこのような夫と結婚し、子供を作ったので悪いのですが、子供も夫に巻き込まれる
かもしれないとおもうと、離婚したほうが子供のためなのかなとおもうときがあります。
しかし経済的な理由もあり、夫との離婚は考えていません。
しかし、正直なところ、こういう夫を毎日相手にしているのがとても疲れるのです。
いい大人なのだから、自分のことは自分できちんとする、せめて健康ぐらいは、とおもうと、
本当に夫といる毎日が生き地獄のようにかんじて、苦しいです。
性格は頑固で、妻の意見をまともに聞き入れようとしません。
耐え難く感じ、なぜ自分だけがこんなめにあわなければいけないのだろうと悲しくなります。
皆さん、このような夫をもってしまったとしたら、どのように思いますか。あなたならどうしますか。
いろいろご意見聞かせてください。お願いします。

私の夫はアルコール依存所です。金曜の夜からのみはじめ、土曜、日曜飲んでいます。やめろと言っても病気なので当然やめられずアルコール専門の外来のクリニックへ通っています。
平日、仕事はしています。
夫は不摂生な性格で、ご飯はちゃんと食べない、すぐそのまま何もかけず寝てしまう、など、まったく自分のことがまともにちゃんとできる性格ではありません。
部屋は酒ビンですぐ散らかり、3食ちゃんと食べるということさえ守れません。
健康が不安なのでうるさく言っているにも関わらず、せっかく作ったご...続きを読む

Aベストアンサー

tomas199さん こんにちは
大変つらい思いをしておられますね。

ご主人様がアルコール依存症ということですが、実は私の父がひどい酒乱でして母は大変苦労して私達兄弟をそだててくれました。
あなたの質問を読んで他人事とは思えませんでした。

さて、ご主人様の今後ですが 考えられる将来は二通りです。

一つは 治療をして完全に依存症から脱却して健全な生活を取り戻す事です。
これがあなたが最も望んでおられることだと思います。

ご主人様は、クリニックにかかっておられるということですから、ご自分が依存症だということを自覚しておられるのだと思います。
依存症の治療に、温存的な治療はありません。
完全にやめるしか道はありません。
断酒しか方法はないのです。

大きな病院の精神科でご相談なされてはいかがでしょうか?
事によったら、入院や薬物治療などを提案されるかもしれません。

また、下記のような機関もあります。
ご相談をされてはいかがでしょうか?

http://www.dansyu-renmei.or.jp/


もう一つは、このまま依存症が悪化して、やがては 病気になったりけがをしたりして結果的に仕事をなくすということです。

この二つの、どちらの方向になっても役に立つものがあります。

それは、あなた自身の経済力です。
今、ご主人様は通常の収入がおありになるようですから、何とかあなたが経済力をつける方策をたてられませんか?

経済力は なければ困りますが有って邪魔になることはありません。
何か、お仕事を始められてはいかがでしょうか?

2歳のお子様を持っておられるお母さんには厳しい事かもしれませんが、なんとかご実家などの協力を得ることは出来ませんか?
事情が事情ですからご主人の親御様にも、ご協力をお願いできませんか?

経済力を持てば、離婚する、しないの選択肢ができます。
運命共同体でいることも、そうでなくなることも選択ができるのです。

困った時に頼れるのは 一つは実家ですが、もう一つは公的相談機関です。
地方自治体の 女性相談室などにも相談されてはいかがでしょうか?

苦しいでしょうが お子様の為にもどうぞ強くなっていただきますようお願いいたします。

tomas199さん こんにちは
大変つらい思いをしておられますね。

ご主人様がアルコール依存症ということですが、実は私の父がひどい酒乱でして母は大変苦労して私達兄弟をそだててくれました。
あなたの質問を読んで他人事とは思えませんでした。

さて、ご主人様の今後ですが 考えられる将来は二通りです。

一つは 治療をして完全に依存症から脱却して健全な生活を取り戻す事です。
これがあなたが最も望んでおられることだと思います。

ご主人様は、クリニックにかかっておられるということですから、ご自分...続きを読む

Q飲酒を我慢したくないアルコール依存症の入院の効果

私の夫はアルコール依存症です。
何とかやめて欲しいと思っていますがどうしてもやてはくれません。
断酒会に行ってもその時はやめると言いますが、次の日には飲んでいます。
1日中毎日酔っ払った状態です。
階段から落ちて怪我をしたり、トイレ以外の場所で排尿することもあります。
本人はやめれるものならやめたいけど、そのために自分が我慢したり努力するのは嫌だといいます。

我慢や努力をしたくない人が、入院することによって断酒しよう言う気持ちになる可能性はあるんでしょうか?
収入がほとんどなく、入院費用を負担するのはかなりきつい状況です。
それでも断酒できる可能性があるなら入院させようと思います。
こういう考えの人では全く可能性がないようならお金が無駄になるだけなのでやめようと思います。

経験者・関係者の方のご意見を聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら、本人に断酒の意思がないのであれば、アルコール専門病院へ入院しても恐らく断酒は不可能です。
アカンプロセートも本人に断酒の意思が無ければ効果は有りません(個人輸入で試した断酒の意思が無い知人がいました)。
1度、入院し、意識が変化するのを確認してみるのもよいかとは思います。アルコール依存症の末路(死)等の知識は付きます。これにより、意識の変化が有れば好都合です。
しかし、酷い事を言うようですが不可能に近いかと考えます。


因みに通院し、ノックビン、シアナマイドを服用しながら飲酒を続ける様なら、肝硬変直行です。体重悪くなっても飲酒する人は飲酒出来ます。肝硬変になれば入院費より更に治療費がかかります。これだけは避けるべきです。


以上、久里浜病院へ様々なコースで都合9回入院した無駄な知識が有るアルコール性肝硬変患者より…

Q措置入院をさせる方法

私の身内のものですが(39歳、男、独身、一人暮らし)精神科の病院へ通院中でうつ病、人格障害と診断されています。今のところ大きな問題は起こしていませんが、すぐにでも起こす可能性はあり強制的に入院させる必要があると思います。その他箇条書きで、

・前科2犯(一つは窃盗、一つは当時付き合っていた女性を監禁。今年の8月刑期を満了して出所しました)
・現在、女性の民生委員が担当してくれていますが、その方にもストーカーのように毎日押しかけます(警察に相談したが民生委員と言う立場なのでストーカーにはならないらしいです。その女性もまいってしまったようです。)
・精神科のお医者様も何か犯罪を起こしそうな可能性を認めています
・担当のお医者様から入院の話が出たときに本人も入院しても良いと言いました。但し、この場合では任意入院となるので本人が退院したくなったらすぐに退院できてしまい意味が無いと思います。

来週、保健所に相談することになっています。(電話で予約しただけであり、措置入院についての相談とは言っていません)
実際に措置入院をさせるのは難しいみたいですが、実際の手続きをやった事がある方や何かしらアドバイスを出来る方がいらっしゃいましたらお願いします。

私の身内のものですが(39歳、男、独身、一人暮らし)精神科の病院へ通院中でうつ病、人格障害と診断されています。今のところ大きな問題は起こしていませんが、すぐにでも起こす可能性はあり強制的に入院させる必要があると思います。その他箇条書きで、

・前科2犯(一つは窃盗、一つは当時付き合っていた女性を監禁。今年の8月刑期を満了して出所しました)
・現在、女性の民生委員が担当してくれていますが、その方にもストーカーのように毎日押しかけます(警察に相談したが民生委員と言う立場なのでスト...続きを読む

Aベストアンサー

yos569様
大変みたいですね。私の友人の両親の話でよろしければ・・
昨年友人の父親がおかしいと思い入院をと思い、いろいろな精神科を何十軒と一緒にまわりお願いしましたが、とりあえず本人の人権問題があるとしてなかなか、入院させてもらえませんでした。
とかく、事件等がなければなかなか無理みたいです。
友人の父親も何か事件(母親を殺傷事件に巻き込むみたいな・・)
同じように精神科に任意入院なら本人が退院するといえば病院側は退院させます。
ある、精神科の先生に聞いた話ではもし、警察沙汰になればそのときに警察の方に《措置入院》をお願いすればあとは警察官が知っていますよと教えてもらいました。但しこの通報は家族以外では無理みたいです。
友人の父親は深夜3時くらいから家中の窓ガラスを割り、母親が隣の家に駆け込み110番通報しました。
そこで、友人が警察官に《措置入院》をお願いしたら、その場で警察官が保健所に連絡をします。
そのまま、近くの警察署に連れていかれ、そこで保健所の保健婦さんが2名が来てそれから色々事情を聴かれる。
その後、精神科の医師2名(違う病院の医師)と保健婦さん2名が精神鑑定します。そこで入院が妥当のものか鑑定しします。
診療通知書が渡されます。
深夜3時からの騒動で措置入院が決定したのが午後6時過ぎでした。
措置入院は公費での治療になります。
とかく、県の方が入院時もいろいろ審査するみたいです。
友人の話で申し訳ありませんが、私も友人と一緒に行動していましたし、事件の日も一緒でしたのでなんか友人よりも私の方が冷静に見ていました。
友人はパニックってました。
以上、私がわかる範囲でお答えしましたが、
分かりずらいと思います・・すみません!

yos569様
大変みたいですね。私の友人の両親の話でよろしければ・・
昨年友人の父親がおかしいと思い入院をと思い、いろいろな精神科を何十軒と一緒にまわりお願いしましたが、とりあえず本人の人権問題があるとしてなかなか、入院させてもらえませんでした。
とかく、事件等がなければなかなか無理みたいです。
友人の父親も何か事件(母親を殺傷事件に巻き込むみたいな・・)
同じように精神科に任意入院なら本人が退院するといえば病院側は退院させます。
ある、精神科の先生に聞いた話ではもし、警察沙...続きを読む

Q慢性アルコール依存症での死

数年前、父親を亡くしました。突然死でした。

朝起きると、吐血した状態ですでに亡くなってました。

何十年もお酒を飲み、亡くなる間際は病院へと母親達が話をしていたのでおそらく、慢性アルコール依存症だったと思われます。

本人の意志で病院へは行かず、最後のほうでは薬局から買ってきた睡眠薬を毎晩飲んでいました。

お酒と睡眠薬の同時摂取です。
死因は、動脈瘤破裂での死亡と判断でした。


もし詳しい方がいらっしゃったらその因果関係を教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。
お父様の死因についてのご質問ですが、推察するとすれば、長年アルコールを摂取していると、アルコール性肝機能障害になることがあります(もちろんならない人もいますし、飲む量にもよりますが…)。それをほっておくと更に症状が進みアルコール性肝硬変へ移行します(絶対移行する訳でもありません)。肝硬変になると腹水がたまったり、黄疸が出たり、いろんな事がおきますが、特徴的な合併症に『食道静脈瘤』があります。これが破裂する事もあり(酷い時には仰向けに寝ていて天井まで吹き上げる事もあります)、その場合には生命の危険も充分に考えられます。更に就寝時に眠剤を服用されていたということですので、一般的にアルコールと眠剤は相乗作用がありますので、睡眠が深くなった所で吐血をした場合には知らない内に気管に入り呼吸困難…ということも考えられます。これはあくまでも私見ですし、ご質問には動脈瘤となっていましたので違うかもしれませんが、ご質問を読んで1番疑わしいパターンを記載させていただきました。
お悔やみ申し上げます。

Qアルコール依存症に困る家族

お願いします
アルコール依存症に困る家族の物です
病院に入ってほしい、通院してほしいと本人に説得しているのですが断固として拒否されます
アルコール専門病院、断酒会等相談したのですが
本人の意思がなければ、又は暴力などを起こさない限りは受け入れることもできないという事をいわれます
ですが
暴力は起こさないまでも殴られるかと思うくらいわけもわからず怒ったり
また、本人にとっては病院に入れという妻の存在は“敵”と見ているようで持ち家があるのですがこの家を売ってしまって離れてしまうなどということすら言う始末です
常このような状態ではないですが上記ような判断能力が損なわれているような状態でも
家族の承諾等すれば本人の意思がなくとも病院に入れることはできないでしょうか
教えてくださいお願いします
本当に困っております

Aベストアンサー

同じ境遇を数十年かかわってきました、厳しい事を言います

>>病院に入ってほしい、通院してほしいと本人に説得しているのですが断固として拒否されます

家族の願い、要望が本人には負担、重圧です
「お願いだから私達のために入院して、アルコールさえ抜ければ…」と願う事が逆効果を生み、本人を立ち直らせる事が出来ません

恐らくその方はお父様かと思われますが、アルコール依存症は「病気」なのです
今回のような場合お父さんにとって、家族の愛情は「毒」であり薬にはなりません、彼の薬は「酒」であり酒は命の薬なのです
自分が望むままに酒を飲み、自問自答を繰り返し、体を壊し、ボロボロになって「このままでは自分がだめになる」と思わないと治療は出来ません

>>本人にとっては病院に入れという妻の存在は“敵”と見ているようで持ち家があるのですがこの家を売ってしまって離れてしまうなどということすら言う始末です

当然だと思います、この苦痛から逃れるためにはなんでもします
病院と言う「牢獄」に入れようとする人は家族であっても敵なのです

>>常このような状態ではないですが上記ような判断能力が損なわれているような状態でも
>>家族の承諾等すれば本人の意思がなくとも病院に入れることはできないでしょうか

判断能力は損なわれていません、立派なものです
今の状態では病院は受け入れません、既に入院している患者に悪影響を及ぼすからです
無断外泊、無断飲酒、カリキュラム拒否、一人だけ治療しているわけではないのです
本人が誰の助けも借りず、自ら立ち直りたいと願ったときに治療できるのです

酷な事を言いますが、酒を与え何をしても家にいることだけを良しとしてください
一切病院の事、アルコールの事を言わない事、自分から「立ち直りたい」と願うまでそっとしておく事です、これが唯一の手段です
アルコール外来のある病院に相談して、どう導けるか聞いてみてもいいでしょう

同じ境遇を数十年かかわってきました、厳しい事を言います

>>病院に入ってほしい、通院してほしいと本人に説得しているのですが断固として拒否されます

家族の願い、要望が本人には負担、重圧です
「お願いだから私達のために入院して、アルコールさえ抜ければ…」と願う事が逆効果を生み、本人を立ち直らせる事が出来ません

恐らくその方はお父様かと思われますが、アルコール依存症は「病気」なのです
今回のような場合お父さんにとって、家族の愛情は「毒」であり薬にはなりません、彼の薬は「酒」で...続きを読む

Qアルコール中毒者の末期症状

どうしてもアルコールをやめられません。
そこでアルコール中毒の恐ろしさをたくさん綴り、これを読んだらアルコールを辞めようと思えるような小説、もしくはサイトってないですか?
一応メンタルクリニックに通ってシアナマイドやノックビンを貰って飲んだ経験はあるのですが、やめられませんでした。

Aベストアンサー

アル中ですか。大変な事になりましたね。
私の友人も23歳の若さでアル中で亡くなりました。
そんな私は今、アルコール依存症と闘ってます。

人間の臓器の中で一番再生能力が早いのが肝臓です。
その再生能力がアルコールを分解できなくなるまでになると
いずれは肝硬変になるでしょう。
肝硬変は肝癌になる確率が70%と高く、肝細胞がんに至っては
完治する事は無いでしょう。
又、アルコール中毒は覚醒剤と同じで幻覚を見たり
幻聴を聴いたりする事もあります。
自力での断酒はまず無理でしょう。
サイレントキラーの肝臓ですが自覚症状さえ解ればその時点で
押さえる事も出来たのに。
初期症状は両手指の関節に痛みを感じるようになります。
次に電解質、特にカリウム・ナトリウムの減少。血小板の減少。
白血球の減少が見られます。この時点では医者でも気付かないでしょう。
次に毛細血管の膨張による赤面、両手足の紫斑、急激な体重の激減。
体温調整が出来なくなる。めまいに似たフラつき、拒食。
ここで気付いても手遅れと思って下さい。
黄疸が出たらOUTです。肝硬変から癌に変異するか
腎機能に影響を起こし、脳症に至るケースもあります。
又は骨髄で作られる血液が未熟なものしか作れなくなり
その未熟な血液は腎臓で破壊され汎血球減少症を起こし、
立ちくらみや貧血になります。この症状は再生不良性貧血と
よく似ていて医師の判断は更に難しくなります。

もたもたしてると本当に死んじゃうよ!

参考URL:http://www.k4.dion.ne.jp/~care/

アル中ですか。大変な事になりましたね。
私の友人も23歳の若さでアル中で亡くなりました。
そんな私は今、アルコール依存症と闘ってます。

人間の臓器の中で一番再生能力が早いのが肝臓です。
その再生能力がアルコールを分解できなくなるまでになると
いずれは肝硬変になるでしょう。
肝硬変は肝癌になる確率が70%と高く、肝細胞がんに至っては
完治する事は無いでしょう。
又、アルコール中毒は覚醒剤と同じで幻覚を見たり
幻聴を聴いたりする事もあります。
自力での断酒はまず無理でしょう。
...続きを読む

Qアルコール中毒は1日どの程度飲む人を言うのでしょうか?

アルコール中毒は1日どの程度飲む人を言うのでしょうか?

私は毎日、発泡酒を晩酌に350mlを1本と氷結350mlを2本飲んでいます。 このままのペースで行っても大丈夫でしょうか?

また、痛風も将来恐いのですが、大丈夫でしょうか?
ビールよりも発泡酒の方が痛風になりにくいのでしょうか?

詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。
ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。
これは、他の「麻薬」と一緒です。ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。
(※麻薬であるモルヒネなんかも痛み止めとして医療で使われることもありますし)
つまり、「個人にとって、依存症にならない程度の楽しみ方」をしていれば問題ないと言えます。

一応、目安となるアルコール依存症の症状を以下に列記してみます。

・飲まないと眠れない。

・飲んだ翌日、手が震える。または指先がこわばったようになり、字が書きにくい。

・飲んだ翌日、汗が出る。 

これらは、離脱症状といって、アルコール依存症の重要な徴候だそうです。
これに
・2日(48時間)以上に渡って、飲んだら寝るを繰り返す

という症状が加わると、完全にアルコール依存症と診断されるようです。
もちろん、これらの症状に当てはまる=アルコール依存というワケではありません。
ただ、可能性は高いと思われますので、ご心配でしたら専門医を受診してみてください。
もし、アルコール依存であるなら1人で脱却するのは無理ですので、、、。

痛風に関しては、「何とも言えない」というのが答えでしょうか。
たしかに「アルコールが原因だ」という研究結果もありますが、まだまだ「研究段階」であり、因果関係は解明されていないと言えます。

取り合えず、毎日の飲酒をやめ2~3日事に休刊日を入れることをお薦めします。
アルコール分解の為の肝臓をいたわってください。

参考URL:http://www.ask.or.jp/sodankikan.html

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。
ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。
これは、他の「麻薬」と一緒です。ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。
(※麻薬であるモルヒネなんかも痛み止めとして医療で使われることもありますし)
つまり、「個人にとって、依存症にならない程度の楽しみ方」をしていれば問題ないと言えます。

一応、...続きを読む

Q父がアルコール依存症で食欲不振です

私の父は離婚して現在一人暮らしです。
55歳です。
仕事もある時と無い時の差が激しく無い時の方が多いので毎日昼間からお酒ばかり飲んで過ごしているようなのです。
1年前飲みすぎたのかついに倒れました。
姉が一緒に病院へ行くと「急性アルコール中毒」と医者に告げられ、「このままでは命は1年ももちません」と言われたようです。
しかし父は「酒はやめない、死んでもいい」と言い、保険証も無いのでそれ以来病院には行っていません。
それからお酒は控えるようにしたからか体調が回復したのですがまた最近悪くなったようで、たまに様子を見に行ってご飯を作ってあげるのですが「食べても吐いてしまう」と言ってあまり食べてくれません。

病院へ行くのが一番なのでしょうが保険証が無い上本人が治す気が全くないのでどうしようもありません。
私も姉もそれぞれの生活で手一杯なので毎日様子も見に行けないし・・・。
家族仲もそんなによくないのも原因ですがこの先どうしてあげればいいのか悩んでいます。
とにかくまずは食欲を戻してもらわないとと思っているので食欲の出る食べ物などを教えていただけたら助かります!
ビタミン豊富なフルーツをよく持っていくのですが。

それに無趣味で酒を飲みながらTVを見るのが一番の楽しみのようで・・どこかに散歩など外に行くように行っているのですが。
良い方法がありましたら知恵をお貸し下さい!

「保険証が無くても病院へ連れて行くのが1番だ!」とかはわかっていることなのでどうかお控え下さい(>_<)
ここには書けないような家庭の事情が色々あるので・・・。

アルコール依存症なのは治らないと思っております。
せめて食欲不振だけは治ってもらいたいのです。
食欲不振に関する質問など目を通したのですが精神的なものからきている方がほとんどだったので・・・。

よろしくお願いします。

私の父は離婚して現在一人暮らしです。
55歳です。
仕事もある時と無い時の差が激しく無い時の方が多いので毎日昼間からお酒ばかり飲んで過ごしているようなのです。
1年前飲みすぎたのかついに倒れました。
姉が一緒に病院へ行くと「急性アルコール中毒」と医者に告げられ、「このままでは命は1年ももちません」と言われたようです。
しかし父は「酒はやめない、死んでもいい」と言い、保険証も無いのでそれ以来病院には行っていません。
それからお酒は控えるようにしたからか体調が回復したのですが...続きを読む

Aベストアンサー

私の父も同じ状態で、それが6~7年続き
今年の3月、肺炎がキッカケによる多臓器不全で亡くなりました。
朝から晩まで、常に手元にお酒。
3年ほど前、自宅で吐血し救急搬送されました。
幸い、肝臓専門医がいたので早い処置で助かりましたが
そうなるまでの流れは
肝機能低下→食欲不振→栄養不足→体力減退→酒で紛らわす
→胃の中が荒れる→無気力→酒でごまかす
→肝機能悪化(肝硬変)→腹水が溜まり、さらに食欲がなくなる
→肝臓に受け入れられない血液が食道に溜まる
→溜まった血液のコブが破裂→吐血…
その時は奇跡的に父は助かり退院しましたが
大半は命を落とすほどの吐血量だそうです。
家族、身内、みんなが酒を止めるよう言いましたが
もちろん聞き入れません。
「オレは病人じゃない、酒を飲んでいれば大丈夫」と
冗談交じりに言っていましたが
今考えると、体中の痛みを、アルコールでごまかしていたんだと思います。
好きで飲んでいるわけでも、酔いたいわけでもなく
淋しいという孤独感と、自分のふがいなさ、
そして、身体の痛みから解放されたかったんだと思います。
それが分からなかったあの頃、さんざん酒を止めるよう言い続けましたが
肝硬変になってからの生存確立は10年未満だと知った時
娘として、父を一人の人間として考えるようになりました。
家族がこれだけ心配しているのに、どうして父は…と
怒りにも似た感情も湧きました。ものすごく悩みました。
けど「父の人生…」ある日、ふと思いました。
家族の心配は当然の事だけど、強すぎる気持ちは押しつけなのでは…と。
父自身の死に際は、父自身が決める事なのかも知れないと。
「家族はみんな、お父さんに長生きして欲しいし、元気になって欲しいけど
 お父さんの人生だから、お父さんの気の済むようにしたらいいよ」と、ある日、言いました。
すると、やっとわかってくれたか、とでも言いたげに
「おー」と安堵にも聞こえる声でした。
自分の先は長くないと、父自身、分かってたんだと思います。
病院へ行って苦しい治療を受け、多額の出費で家族に苦労をかけるより
全身の痛みを我慢してでも、迷惑をかけたくなかったんだと…
momopiiさんのお父さんの、現在の体の中がどういう状態なのか
わかりませんし、肝臓の状態も調べる事も出来ないのですよね…
お気持ち、痛いほどわかります。
肝機能を良くする食べ物はたくさんありますが
胃が荒れて気持ちが悪い状態なんだと思うので
もとより食欲がない状態では、難しいと思います。
気分転換を兼ねて、一緒にスーパーへ買い物に行かれたらいかがでしょう。
食べたいと思って手が伸びるものを買ってあげる…
それくらいしか、私自身、できませんでした。
なんのお役にも立てない返答ですし、重い現実ですが
お父様の今後の身体の変化のご参考までに…

私の父も同じ状態で、それが6~7年続き
今年の3月、肺炎がキッカケによる多臓器不全で亡くなりました。
朝から晩まで、常に手元にお酒。
3年ほど前、自宅で吐血し救急搬送されました。
幸い、肝臓専門医がいたので早い処置で助かりましたが
そうなるまでの流れは
肝機能低下→食欲不振→栄養不足→体力減退→酒で紛らわす
→胃の中が荒れる→無気力→酒でごまかす
→肝機能悪化(肝硬変)→腹水が溜まり、さらに食欲がなくなる
→肝臓に受け入れられない血液が食道に溜まる
→溜まった血液のコブが破裂→吐血…
...続きを読む

Qアルコール依存症 肝不全 身寄りなしの今後

困っています。教えてください。

遠方に母方のお祖母さん(要介護)と叔父(56歳)が二人暮らしをしていました。
あまり付き合いはなく、法事で数回会った程度の関係でした。
叔父がアルコール依存症になり、肝不全で緊急入院しました。
入院したという連絡がきて、始めて散々ご近所に迷惑をかけていたこと、
アルコール依存症が原因で仕事を首になったこと、
何度も警察沙汰になっていたことをしりました。
お祖母さんはとりあえずケアマネさんが入所施設を探してくれて
叔父の入院以来、泊まっています。

叔父は、黄疸、腹水、肝性脳症など症状は末期で、
アルコール依存症のせいで脳が萎縮していました。
余命二週間から四週間と言われましたが、
入院から四週間で回復し、血液検査次第では退院の可能性が見えてきました。

しかし、実際には目を離せば、薬は飲まない、酒を飲むことばかり考えており、
アルコール依存症特有の怒鳴り散らすような状態です。
腹水もまだひどく、一人で歩くのがやっとの状態。
とても一人暮らしをできる状態ではありません。

一番血縁関係の近いのは、甥っ子にあたる私たち夫婦なのですが、
遠方なのもあり、すぐ駆けつけるのも不可能ですし、
小さなこどももおり、共働きでとても家に連れてくるのはムリです。
正直、自分たちの生活だけでいっぱいなんです。

大学病院のため、ずっとは入院していられないのは理解できます。
アルコール依存症を治す病院では、このような末期患者は受け入れてもらえるのでしょうか。
おそらく肝臓も治ることはなく、慢性的に病を抱えることになると思います。
アルコール依存専門病院以外で、叔父が入れるような施設はないでしょうか。
また、私たちがいましておかなくてはいけないことは何でしょうか。
叔父の介護保険申請をすべきでしょうか。

どのようなところを当たればいいのかすら検討が付きません。
誰に相談していいのかもわかりません。
いろいろな手段があるのであれば、なんとか探したいと思っています。
どうか詳しい方、教えてください。困っています。

困っています。教えてください。

遠方に母方のお祖母さん(要介護)と叔父(56歳)が二人暮らしをしていました。
あまり付き合いはなく、法事で数回会った程度の関係でした。
叔父がアルコール依存症になり、肝不全で緊急入院しました。
入院したという連絡がきて、始めて散々ご近所に迷惑をかけていたこと、
アルコール依存症が原因で仕事を首になったこと、
何度も警察沙汰になっていたことをしりました。
お祖母さんはとりあえずケアマネさんが入所施設を探してくれて
叔父の入院以来、泊まっています。

叔父...続きを読む

Aベストアンサー

後ろの家に住んでいた男性はアルコール依存症で、常に酔っていました。
10年間でしらふのときは3回ぐらいしか無かったように思います。
朝食は、缶ビールと果物。
昼食は、酎ハイと果物。
夕食は、清酒と果物。・・・と云う具合で、カロリーは常に酒から摂取していました。
ただ、果物が好きだったので栄養のバランスは、あまり悪くなかったようですが、
今年の2月29日、大雪の日に凍死してしまいました。
灯油ストーブのタンクには灯油が沢山入っていたので、「火の点け忘れだろう」ということになりました。
凍死するぐらい寒いなら火を点け忘れることなんて無いだろうと思うのですが恐いですね。

5・6年前に斜め後ろの貸家に52歳の男の人が単身で引っ越してきましたが、
この人は「カラスは悪魔の遣いですから排除しないとなりません」とか
「釘にも魂が有るので古釘は墓を作って供養しないとなりません」などと訳の分からぬことばかり言っていました。
そして実際に「釘のお墓」というものを作って毎日線香をあげて手を合わせていました。
そして2週間後、突然奥さんと息子さんが来て連れて帰りました。
話に聞くと、アル中専門病院(鉄格子や看守付き)から脱走してきたのだそうです。
恐いですね。
凶暴性は無かったのですが、言動におかしな点ばかり有り、精神病を併発していたようです。

こういう人なら、「措置入院」が出来ると思います。
「措置入院」にも3種類ぐらい有ると思いました。検索して調べてみると良いでしょう。
貴方の叔父さんも措置入院が適当でしょう。
病院には違いないのですが、アル中患者の隔離施設に入れられると思います。
言う事を聞かない人や暴れる人は、普通の病院に入れたとしても、すぐに強制退院になってしまいますから隔離施設のほうが良いと思います。

「アルコール中毒 施設」で検索すると少しだけ情報が見つかりますが、残念ながら私の知り合いの「ほげさん」の施設は見つかりませんでした。
「ほげさん」の施設は、まるで刑務所のように、(廊下にも)鉄格子がはまっていて、看護士というより看守という感じの屈強な男が数人居て、暴れる患者は取り押さえるという感じでした。
「ほげさん」は将来に絶望して自殺を図ったのですが、施設のほうも患者の自殺防止にはかなり力を入れていて、何回も見つかって阻止されてしまいました。
貴方の叔父さんは、近所の人を何人も刺し殺してしまった・・などとならないうちに施設に入れたほうが良いと思いますよ。
他には知らないのですが、こんなところが少しは参考になるかもしれません。
・久里浜医療センター
http://www.kurihama-med.jp/

後ろの家に住んでいた男性はアルコール依存症で、常に酔っていました。
10年間でしらふのときは3回ぐらいしか無かったように思います。
朝食は、缶ビールと果物。
昼食は、酎ハイと果物。
夕食は、清酒と果物。・・・と云う具合で、カロリーは常に酒から摂取していました。
ただ、果物が好きだったので栄養のバランスは、あまり悪くなかったようですが、
今年の2月29日、大雪の日に凍死してしまいました。
灯油ストーブのタンクには灯油が沢山入っていたので、「火の点け忘れだろう」ということになりました。
凍...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報