「頑張れ」という言葉を使うことに以前から少し抵抗がありました。
どうしてもその言葉を使わざるを得ない機会が出て来た場合、
口頭だとあまり気にならないのですが、
文面だと自分の中でどうしても薄っぺらく感じられるのです。
現状充分「頑張って」いるし「頑張って」きた相手に対して
これ以上何を期待する、負わせようするのかって。
かといって「ご自愛」「ご多幸」では違う気もしますし。

自分の語彙の少なさに情けなくなりますが、
他の表現方法があれば参考にさせて下さい。
尚、質問の趣旨から「頑張れのどこがいけない?」という意見はお控え下さい。

…自分のことをネタにして「頑張るよ!」と言うのは平気なんですけど…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

相手にもっと奮起してもらいたいのでなければ、


自分はいつでも力になるよ、いう内容の声かけはいかがでしょうか。

フォーマルさの度合いにもよると思いますが、
・相手を支える内容として
 ○「応援してます」「いつも見ています」「(ご活躍を)期待しています」
  「そのままのあなたが好きです」「自分も励まされます」
 ○「いつもよくやってるよね」「偉いよね」「(あなたのそこを)尊敬するよ」
  「(あなたのそこが)すごいなと思う」「いいね」「充分だよ」「十二分やってるよ」「真似できないよ」「(あなたのそこが)好き!」

・いつでも力になる、という内容として
 ○「できることがあれば言って下さい」「陰ながら助力させて下さい」
 ○「できることがあれば手を貸すよ」「大丈夫?困ってない?」「(自分でよければ)話を聴くくらいしかできないけど、何かあればいつでも言ってね」「手伝わせてね」

「頑張れ」という言葉も文字どおりだとほんとうに相手に奮起を促しているようにしか見えない言葉ですよね。特にうつの人にはタブーの励まし言葉です。ですから、奮起ではなく、ちょっと下がった位置から「あなたは充分おやりになってますよ」「何かあれば手を貸します」ということを伝えればいいのでは・・・と思いました。

きっと他にも色々いい言い回しはあると思いますので、以降の回答でわたしも勉強させてください!
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます~!!
「頑張れ」一言にここまで意味付けをして下さるとは。
あの短い台詞の中に、励ましだけでなく奮起や叱咤の意味合いもあるので
それもあって相手に対して使い難いって思うのかもしれません。
やはり場合によっての使い分けが必要なんでしょう。

お礼日時:2001/02/24 17:58

私は「適当に…」や「お祈りしています」という表現を使ったりします。

他の方がおっしゃってるように、「無理しないでね」とかも良いですね。
『頑張って』の前に一言添えただけでも少し柔らかくなるような気もしますが…。例えば「無理しないで頑張ってね」とか「適当に頑張ってね」などでしょうか。

良かったら過去の質問もご覧になってみてください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=14023

この回答への補足

何を今更な…という内容にもかかわらず、
皆様に色々アドバイス頂けた事、本当に嬉しく思います。
自分の中で漠然とした疑問だったので、
「ああ、そういう見方もあるんだな」と新めて考える機会も得ました。
皆様、本当に有難う御座いました。

補足日時:2001/02/24 18:44
    • good
    • 6
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
初めてあちらのサイトに行って来ました!
というより…御免なさい、知りませんでした…m(__)m
(そうですね、受験生や自分のお子さんに対して使うんだった…)
使いやすい万能薬だけど効きすぎも、当然アレルギーもありますから
状況判断は必要なんですよね。
ああ、本当に難しいよお~。

お礼日時:2001/02/24 18:44

あなたの仰るように『頑張れ~!』って、クタクタの相手にむかってこれ以上なにをどう頑張れというのか?という思いが確かにあります。

こちらが気軽に発した『頑張れ~!』の言葉が相手のコンディションによっては、負担をかけてしまうばあいがあるからです。どんな言葉でも筝ですが、言葉を発する先に相手がいることその相手の状態をよく見定めて『頑張れ~!』を使うのがベスト!だったり、使わないことがベスト!なときがあること忘れないようにしないといけませんよね~♪

わたしが、『頑張れ~!』のかわりによく使う言葉が・・・・『~~してくれると嬉しいなぁ♪』例えば・・・・試験勉強を必死にしている相手に送る場合『試験勉強頑張ってね!』とはいわずに・・・『あなたの試験が上手くいくと私も嬉しくなっちゃうよ~♪』と、使うことおおいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

比較的側にいる相手になら、
その場の雰囲気、言葉のニュアンス、添えられた掌、自分の表情…
色々なもので補う事ができるのだと思うのです。
間違った使い方に気付いて、フォローすることも可能ですし。

「自分が嬉しい」ことを伝える、というのもあるんですね!
ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/24 18:38

辞書に載ってない感情ってあると思います。


口頭ならば「頑張れ」って言っても言葉以上の気持ちが相手に伝わるでしょうから
まだいいでしょうが、確かに文面だとなかなか気持ちが伝わってきませんよね。
私も「あなたの頑張りに私が協力できることがあるならば手を貸すよ」っていう
ニュアンスの言葉がいいと思います。
「頑張りすぎずに頑張ってね」なんてことを言ったこともありましたが・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

その微妙なものが難しいんです~(TT)
どうしてか励ましの必要な相手って、
年々「近く」に「いる」者ではなくなってきているので…
自分の世界が広がっているという事なのかもしれませんが。

でも「頑張り過ぎずに頑張ってね」は早速使わせていただきます!
ありがとうございます♪

お礼日時:2001/02/24 18:33

「倍旧の御活躍をお祈りいたしております」なんてどうでしょうか。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
旧知の方や、ユーモアのある方に使わせて頂きます♪
慇懃無礼と丁寧は紙一重だと思うので(私が未熟なのか?)
丁寧のつもりで相手が「スカしてる!」と受け取ったら
その後の修復作業が難しそうですので~(^^)

お礼日時:2001/02/24 18:27

頑張っているのが既に伝わってるのなら、


「その調子」とか「まだまだいける」
とか言うのがいいかも知れませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

現状の維持ですね。
励ましひとつでも、その時の相手の状況を把握している事が大事なんですよね。
自分も行動に移す前に一呼吸、周囲を見る時間を作ろうと思いました。
ありがとうございます!

お礼日時:2001/02/24 18:24

がんばれは来日した外国人が最初に覚える日本語のひとつです。

それくらい皆が日常使う便利のよい言葉です。勿論年長者にそのまま使うのは礼を欠く表現ですが
がんばって下さいはよく使われていますね。がんばっては、おいしいと共に言い換えがむつかしい言葉で、標準語普及ととももに(明治時代)貧弱になった表現のひとつではないかと思います。日系二世(中南米から出稼ぎに来ている)の間では
現在進行形にした(スペイン語化した)ガンバッテヤンドが使われているそうです。

無理に言い換えを探して見ました。

*ベストをつくせ
*諦めず最後までしっかりやれ
*きばって(薩摩弁?)
*もっとがんばらんとね(博多弁?)
*自分の限界に挑戦せよ
*ダメ元でやってみな

標準語が貧しいなら方言を取り入れてちょっぴりユーモアのある励まし方が
出来るのでは・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本人が「どうも」を多用するとは知っていましたが、
頑張れがスペイン語になっていたとは驚きです。
地方色のあるものなら「お気張りやす」が好きですね~、
地元の人間ではないので安易に使えないのですが。
ちなみに挙げて頂いた実例で一番好きなのは、
自分の経験上「ダメ元!」です。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/24 18:21

-“頑張れ。

”は目下の人に対して言う言葉。-
と本で読みました。びっくりしました。
気軽に使えない言葉だったんですね。
励ましですね。
私は親しい人には、「最善を尽くせるよう、いつも祈ってます。」
らしきことを言ってます。
他には、「努力は報われるはず。」でしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

励ましは最後の処で祈りに通じる、でしょうか?
確かにそうなのかもしれません。
相手が一番その人らしくいられる様、
困難に打勝つことが出来る様願うという事、だからなのかなあ…
ニュアンスとしてこんな感じなんですよ…言葉にできませんが。
開眼点ですね~!ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/24 18:17

私も「頑張れ」という言葉を別なひょうげんで、んーーーんどう書こうかと悩み始めた一人です。


それというのも、女子のマラソンランナーの方が、「沿道で”がんばれー!”と応援くださるて嬉しいのですが、この声援はあまり好きではありません。走っている姿を声援して欲しい。”素敵だよ!”とか。西欧だと”頑張れ”とは違う表現で声援を送ってくれます。」と話していたからです。

「健闘を祈る」でしょうか?

やっぱり難しいよーーー!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何となく声援の向こうに見え隠れする、
無意識の「大きいもの」があるからでしょうか?考え過ぎか~。
「素敵だよ!」というのは何か嬉しいですよね、
シンプルな誉め言葉で人間やる気が出ますし。
それは単細胞な私だけなのかな?
ありがとうございました!

お礼日時:2001/02/24 18:13

 社会のコーナーじゃなくてこっちってことは、何を言ってもいいわけですね(笑)



 シチュエーションにもよりますが、「なんとかなるさ」とか「もっと愚痴とか言ってもいいよ」とかも使えるときがあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

社会のコーナーですか?…どんな回答が来たんでしょう…
大変に気になりますね(笑)
ちなみに愚痴をただ聞いてもらえる(半ば強制的とも)って
本人にとって大変嬉しかったりします♪
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/02/24 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q試験日が近いと毎日落ち着かなくなります。かといって机に向かっても勉強に集中できません。どうすればいいでしょうか。

試験が近くなると毎日落ち着かなくなります。



社会人になった今でも国家試験に受からなくてはいけない業界(金融、不動産、公務員等)に就職しました。

試験の連続ですが試験が近くなると毎日落ち着きません。かといって机に向かっても気がついたら二時間くらいボーとしてしまい、「今日は気分がのらないから明日から勉強しよう。」というのが毎日続いてしまいます。実際勉強を始めても20分くらいで集中力がなくなってしまいます。

かといって余った時間で飲みに行ったり友達と遊んだり映画を見たりショッピングをしたりすることができません。
試験のことが気になってしょうがないからです。
案の定試験は不合格になることが多いです。


これは今に始まったことではありません。
中学時代、高校時代からそうでした。

試験が近くなると落ち着かなくなり勉強以外のことはできなくなります。かといって机に向かっても先ほど述べたような感じです。

例えば土日の二日間一日中勉強しようと思い、午前中から机に座り参考書を開いても「まだ時間があるし」と思いボーとし物思いにふけてしまい、気がついたら夜の11時。あわてて午前1時まで2時間勉強して一日が終わるという感じでした。
そんな感じでいつも試験前は胃が痛くなるのが常でした。

だったら午前中に2,3時間勉強して午後から遊べばいいじゃんと言う人もいるかもしれません。
しかしなぜかそれができないんですよ。

理由は私にもよく分かりませんがとにかく勉強が嫌いなようです。
勉強に関して気合は入るのですが実行に移せないといった感じでしょうか。

同じような境遇の方や同じような悩みを克服した方、又は机に向かった時間はしっかり勉強できる人からのアドバイスを頂戴できればと思います。
ちなみに学歴は浪人して中堅私大(文系)です。

試験が近くなると毎日落ち着かなくなります。



社会人になった今でも国家試験に受からなくてはいけない業界(金融、不動産、公務員等)に就職しました。

試験の連続ですが試験が近くなると毎日落ち着きません。かといって机に向かっても気がついたら二時間くらいボーとしてしまい、「今日は気分がのらないから明日から勉強しよう。」というのが毎日続いてしまいます。実際勉強を始めても20分くらいで集中力がなくなってしまいます。

かといって余った時間で飲みに行ったり友達と遊んだり映画を見たりシ...続きを読む

Aベストアンサー

私は、自宅にいるとまぁなんだかんだで勉強出来ないタイプだと思います。
夜の静かになった頃のファミレスや百貨店のフードコーナーなどに
行くと、意外と勉強ができてしまいます。
自宅よりも手の届く範囲に誘惑される様なものがないからなんでしょうね。
勉強する場所を考えてみてはいかがでしょうか。

Q試験日が近いと毎日落ち着かなくなります。かといって机に向かっても勉強に集中できません。どうすればいいでしょうか。

試験が近くなると毎日落ち着かなくなります。


社会人になった今でも国家試験に受からなくてはいけない業界(金融、不動産、公務員等)に就職しました。

試験の連続ですが試験が近くなると毎日落ち着きません。かといって机に向かっても気がついたら二時間くらいボーとしてしまい、「今日は気分がのらないから明日から勉強しよう。」というのが毎日続いてしまいます。実際勉強を始めても20分くらいで集中力がなくなってしまいます。

かといって余った時間で飲みに行ったり友達と遊んだり映画を見たりショッピングをしたりすることができません。
試験のことが気になってしょうがないからです。
案の定試験は不合格になることが多いです。


これは今に始まったことではありません。
中学時代、高校時代からそうでした。

試験が近くなると落ち着かなくなり勉強以外のことはできなくなります。かといって机に向かっても先ほど述べたような感じです。

例えば土日の二日間一日中勉強しようと思い、午前中から机に座り参考書を開いても「まだ時間があるし」と思いボーとし物思いにふけてしまい、気がついたら夜の11時。あわてて午前1時まで2時間勉強して一日が終わるという感じでした。
そんな感じでいつも試験前は胃が痛くなるのが常でした。

だったら午前中に2,3時間勉強して午後から遊べばいいじゃんと言う人もいるかもしれません。
しかしなぜかそれができないんですよ。

理由は私にもよく分かりませんがとにかく勉強が嫌いなようです。
勉強に関して気合は入るのですが実行に移せないといった感じでしょうか。

同じような境遇の方や同じような悩みを克服した方、又は机に向かった時間はしっかり勉強できる人からのアドバイスを頂戴できればと思います。
ちなみに学歴は浪人して中堅私大(文系)です。

試験が近くなると毎日落ち着かなくなります。


社会人になった今でも国家試験に受からなくてはいけない業界(金融、不動産、公務員等)に就職しました。

試験の連続ですが試験が近くなると毎日落ち着きません。かといって机に向かっても気がついたら二時間くらいボーとしてしまい、「今日は気分がのらないから明日から勉強しよう。」というのが毎日続いてしまいます。実際勉強を始めても20分くらいで集中力がなくなってしまいます。

かといって余った時間で飲みに行ったり友達と遊んだり映画を見たりショ...続きを読む

Aベストアンサー

勉強法において大切なのは、道具とやり方です。
人間、覚える能力とか意思の力には、そんなに大差はありません。
努力論に走るから、なかなか続かないのです。

勉強を続けることに力を注ぐ×
勉強を無理なく続けられるシステムを構築することに力を注ぐ○

具体例としては

教材にお金をかける
iPodなどでCD教材を聞きまくる。
スクールにお金を出して通う。
などなど

ポイントは手間ひまをかけるより
お金をかけることです。

参考まで

Q★姜尚中氏を尊敬できますか?

彼は在日韓国人ですが、私は日本人以上に彼を尊敬し、敬愛しています。
皆さんはどうですか?・・・

Aベストアンサー

こんにちは。 七十代の男性です。 我々年長者の目から見ても尊敬できる人物です。 

彼を始めてテレビで見たのは『朝まで生テレビ』でした。 この番組で有名になったひとに『舛添要一さん』がおられます。 ふたりとも大変な論客です。 

しかし、舛添さんの口癖は『まあ、聞け!』といつも高飛車でした。 確かに博識で、筋も通っていました。 しかし、どこか高慢さが鼻についたものでした。

同じ論客でも姜尚中さんは一味違っていました。 低く静かな低音でゆっくりと話し出す。 相手が興奮して高飛車になっても決して同調はしない。 次第に彼の静かな論調が相手を黙らせてしまう。 『何だろう。 この魅力は!』 どちらかと言うと論争の下手な日本人。 その中にあって、彼の静かで筋の通った弁舌は次第に異彩を放ち、ファンを増やして行きます。

極く当たり前のことを話しておられる。 それでも彼が話すと『なるほど!』と納得してしまう。 人柄もある。それ以上に論理的思考に優れておられるからだろう。 

昨今、日韓関係が冷え込んでおり、彼もこれまで以上に言葉を選んで慎重な物云いに徹しておられる。 だから彼が益々輝いて見えるのだと思います。 

こんにちは。 七十代の男性です。 我々年長者の目から見ても尊敬できる人物です。 

彼を始めてテレビで見たのは『朝まで生テレビ』でした。 この番組で有名になったひとに『舛添要一さん』がおられます。 ふたりとも大変な論客です。 

しかし、舛添さんの口癖は『まあ、聞け!』といつも高飛車でした。 確かに博識で、筋も通っていました。 しかし、どこか高慢さが鼻についたものでした。

同じ論客でも姜尚中さんは一味違っていました。 低く静かな低音でゆっくりと話し出す。 相手が興奮して高飛車...続きを読む

Qこの矛盾は、一体、何なのでしょうか? 大人と幼稚も、やはり紙一重ですかね? また「過ぎたるは尚及ば

この矛盾は、一体、何なのでしょうか?

大人と幼稚も、やはり紙一重ですかね?
また「過ぎたるは尚及ばざるが如し。」で、精神年齢は高過ぎても、低いのと同じか若しくは、壊れてしまい易いものですか?

ずっと、冷静で理知的で大人びている性格とか、精神年齢高いとか言われて来たような人が、突発的な事をして、「大人げない」とか「幼稚」とか謗られてしまう事と、

逆に、普通に精神年齢が低い人や、知的障害者や、また純粋で無邪気で子供っぽい性格の人は、
突発的な問題行動や犯罪などをする事は極端に少なく、工場や農業や清掃の仕事をしてコツコツお金を貯めて無難に生活していて、
「幼稚」とか「大人げない」とか言われる事はあまりないですよね?

逆に、真面目で優秀な人や、精神年齢が平均より高い人、普段とても冷静な人は、
時によっては無理難題を押し付けられたり、僻まれて中傷されたり不当な扱いを受けるなど、極限まで追い詰められる事になり易かったり、
時には他人を見下したりしてそれで失敗したりなど、
硬い分だけ、傷は付きやすく、また、仕舞いには割れ易くなり壊れてしまい易いのでしょうか?

なら本当に精神年齢が高い人なんて、ほんの一握りではないでしょうかと。
如何なものでしょうか?

この矛盾は、一体、何なのでしょうか?

大人と幼稚も、やはり紙一重ですかね?
また「過ぎたるは尚及ばざるが如し。」で、精神年齢は高過ぎても、低いのと同じか若しくは、壊れてしまい易いものですか?

ずっと、冷静で理知的で大人びている性格とか、精神年齢高いとか言われて来たような人が、突発的な事をして、「大人げない」とか「幼稚」とか謗られてしまう事と、

逆に、普通に精神年齢が低い人や、知的障害者や、また純粋で無邪気で子供っぽい性格の人は、
突発的な問題行動や犯罪などをする事は極端に少なく、...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも年寄りは賢くなんか無い。
長く生きること=賢い ではないのだ。
むろん「比較すれば賢いことが多い」が それが叡智 あるいは賢智といえるとは限らない。

精神年齢は「自我をもち 判断力を持ち 辻褄の合った行動ができる」という基準だろうが 時に「発想が子供 趣味が子供 言葉が子供」という理由で目減りしたりもする。
前半がしっかりした者は 壊れにくいし失敗しにくい。
「発想がジジ臭い 趣味がジジ臭い 言葉がジジ臭い」だけで「あまり考えず 成り行きを待ち 周りと同じ行動をする」という者は 壊れやすいし失敗しやすい。

笑っておどけてても 家族や団体を守れる者もいれば 鋭いことを言って威張っていても 家族にも周りにも迷惑をかける者もいる。
見かけの基準など あまり意味は無いな。

Q語彙を増やすには、、

語彙を増やす、
正しく、きれいな(その場に適切な)日本語を使えるようになる
にはどうすればよいでしょうか。

本をたくさん読む、のも一つの手だと思いますが、
漫然と読んでいても、あまり語彙は増えないように思いました。
(注意しながら読む必要があるかな、、)

みなさんは、他にどんなことを思いつきますか?

Aベストアンサー

いい言葉だな、うまく説明しているな、と思ったものをメモするというのはどうでしょう?
あとは、それをときどき読み返す。これを続けていけば、語彙も増え、その場に応じた適切な言葉が出てくるようになると思います。そのほか、別の言葉で言い換えるクセをつけるとよいかもしれません。いつもこのように言うけど、ほかに別の言い方はないかどうか考えてみるのです。そうすれば表現の幅も広がると思います。
同義語、類義語に関しては次のサイトがオススメです。

シソーラス(類語)検索
http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/
検索ボックスに言葉を入れて「辞書を引く」をクリックすると、同義語や反対語、類義語などが表示されます。

参考URL:http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報