Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

なぜ参議院は、3年毎に半数改選するのですか。



教えてください。

A 回答 (2件)

衆議院議員の任期は4年ですが、その期間が満了する前に解散することもあります。

これは、常に直近の政策課題について民意を反映するためであって、それだけ緊張感があるわけです。
一方、参議院議員の任期を6年にしたのは、解散などを気にすることなく、長期的な政策課題にじっくり取り組めるように、安定的な身分を与える必要があるからです。このように、両院の役割の違いを企図したことから、任期も異なるのです。
しかし、参議院議員全員を改選する形にすれば、6年に1回しか選挙の洗礼を受けないのだから、その分だけ民意を反映しにくくなり、国民の代表という意義が薄くなります。そこで、3年毎に半数ずつ改選して、定期的に民意を確認することにしたのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました!
この意見がいちばんしっくりきました。



no.1の人もありがとうございました。

お礼日時:2008/10/11 01:06

参議院は解散がなく任期は6年です。

一方衆議院は解散があり任期は4年です。仮に参議院議員全員を改選するとしましょう。参議院の選挙中に衆議院が解散された場合、国会議員は誰もいなくなってしまいますよね。このような状態を防ぐために参議院は半数改選することになっています。つまり最低でも半数の参議院議員が在職している状態を維持するための措置です。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事