【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンとでは
ディーゼルエンジンの方が高寿命といいますが

最近出てきたコモンレール方式ディーゼルはどのくらい高寿命といえますか?

ディーゼル>コモンレールディーゼル>ガソリンエンジン

この式の解釈で合ってますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

コモンレールのディーゼルエンジンなどは燃料を高圧噴射させるために特殊な燃料ポンプを使用したり、高圧に耐えれるパイプ、インジェクターなどに替わっています。


この高圧が問題で、高圧ゆえにホースやパイプに負担がかかりやすく、また出たばかりの技術ゆえ寿命が怪しいところがあります。
なので「ディーゼル>コモンレールディーゼル>ガソリンエンジン」も
正しい解釈とも言えます。
しかしながらきちんと決められた時期に決められたメンテナンスをしていれば「ディーゼル=コモンレールディーゼル>ガソリンエンジン」も
正しい解釈とも言えます。
参考にしてください。
    • good
    • 6

コモンレール方式とは、すでに書かれていますが、燃料の供給方式の名前で、エンジンの種類ではありません。



ガソリンエンジンだって、多くはコモンレールになってきていますよ。
「キャブレターが電子制御噴射に変わったから、寿命が延びた。」
なんて事はないでしょう?

同じことです。
    • good
    • 5

コモンレール云々は、燃料の供給(噴射)に関する方式なので


エンジン本体の耐久性とは直接関連無いと思うけど?

燃焼パターンをきめ細かくコントロールすることで、安定した燃焼を出来るとすればその分負担は軽くなるだろうから
かえって寿命は延びるかも?

でも、それを見越してエンジンを以前より軽く薄く作ったとしたら耐久性は落ちるね。

結局一般論でしかない。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイラックスサーフ 1KD-FTV 速度が出ない

ハイラックスサーフ 1KD-FTVの後期型ですが、車検を取ってからトルクが出ないし最高速度も130km
ぐらいがやっとです。
パワーが落ちたので点検してもらいましたが異常ないとの事です。
車検時の整備内容は下記の内容でした。
・タイミングベルト交換
・ATF交換
・グロープラグ交換(以前のサーフがプラグ折れでシリンダーを壊したので念のため)
・エンジンオイル、エレメント交換
・エアフィルター交換

車検後の点検の際にもう一度ATFを交換してもらいましたが改善せず。


車検後は黒鉛も出なくなり、一見調子良さそうですが、パワーが落ちてしまい運転しにくいです。

想定される原因としてどの様な事があるでしょうか?
車検はディーラーで行いました。

Aベストアンサー

2です。
タイミングベルト交換したんでなかったんですか?

で、確かにタイミングベルトなら有りえる話です。
ちなみに、素人がタイミングベルトのコマずれは解らんですよ。

rgm79quel 様は車の知識はすごくお持ちですんで有りえる話です。

ターボが、生きてるならば(ブースト圧がしっかりかかってるならば)そちらかと思います。

タイミングベルト交換してるとの事でしたので、、、

車検の受けた所で見て貰うべきですね。

エンジンのヘッドカバー外しても一コマずれは解りませんよ。

これは、車種が違いますが、クラウンのおそらく3000ccのタイベルの交換です。

ま、参考に成るか解りませんが、見て下さい、ちょっとした事でエンジンが調子悪くなるのは事実です。

http://www.youtube.com/watch?v=MlQGoAl90uo

Qオイル交換、ディーラーorオートバックス、どちらが良い?

トヨタ車に乗っています。
エンジンオイル交換はディーラー、オートバックス、どちらが良いでしょうか?ちなみにオイルは純正オイルと決めています。

値段的、技術的、その他の面でどうでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

ディーラーで整備士をしていました。
何度かオイル漏れするとお客様から相談されて点検すると、エンジンオイルのドレンボルトからの漏れで、原因は毎回交換する必要のあるドレンボルトのパッキンを再利用した事が原因でした。
あと、パッキンを交換しないので漏れをとめる為通常より強く締め付けた為ねじ山がなめてしまいオイルパンの交換をするはめになった事もありました。
ショップによってパッキンの交換をしない店もあるようです。
純正オイルを使うのなら安心感もあるディーラーの方が良いと思います。

Qディーゼル車の燃料噴射ポンプのオーバーホール

 日産のディーゼル乗用車に乗っています。長年、ディーゼル車ばかり乗ってきましたが、こんな不調は初めてです。アイドリング回転数が安定せず、大きく波を打ちます。とりあえず通常走行はできます。

 それで、噴射ポンプのオーバーホールをしてくれる業者を捜しています。関西圏でご存じのところがあれば、名前だけでも教えていただけないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

年式はいつ頃のものでしょうか?最近はディーゼルでも電子制御化されているものが多く、アイドル回転数などもこの範疇に入ります。もし電子制御化されたディーゼルエンジンを搭載している車種であれば、噴射ポンプそのものよりも制御系統に問題がある可能性が大きいと思われます。電子制御化されたディーゼルエンジンであれば制御用のコンピューターに自己診断機能が内蔵されているため、ディーラーなどでダイアグノーシスコードの読み出しを行うことで不良個所の特定ができる可能性がかなり高いので、ダイアグノーシスチェックを受けてみることをお勧めします。

アイドリングが大きく波打つような症状は列型(大型車やかなり古い車に使用されているタイプのポンプでシリンダーの数だけポンプのプランジャーがあるタイプ)の噴射ポンプを使用している場合は各プランジャーごとの噴射量の不均一によって引き起こされる場合が多く見受けられましたが、現在主流のボッシュ式(プランジャーは1本だけでフューエルディストリビューターという部分で各シリンダーに燃料を割り振る形式)ではあまり起こらない症状です。

できれば車種、年式など詳細をお知らせくだされば、もう少し具体的な対応策をお知らせできるかもしれません。

年式はいつ頃のものでしょうか?最近はディーゼルでも電子制御化されているものが多く、アイドル回転数などもこの範疇に入ります。もし電子制御化されたディーゼルエンジンを搭載している車種であれば、噴射ポンプそのものよりも制御系統に問題がある可能性が大きいと思われます。電子制御化されたディーゼルエンジンであれば制御用のコンピューターに自己診断機能が内蔵されているため、ディーラーなどでダイアグノーシスコードの読み出しを行うことで不良個所の特定ができる可能性がかなり高いので、ダイアグノ...続きを読む

Qディーゼル車を購入。メンテや使用で気をつける事は?

先日、ディーゼル車を買いました。平成12年式、エルグランドで走行3万キロです。前オーナーは高齢者で都心住まいだったのであまり乗らなかったみたいです。ちなみにディーラー車です。

ディーゼル車は初めてなので、エンジンのメンテや走行時の運転法の注意点など、車を長持ちさせる注意点など知ってる方見えましたら教えてください。せっかく経済的なディゼル車を変えたので長く乗りたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ディーゼル車はエンジンブロックが丈夫で、可動部品点数がガソリン車より少なく、エンジン回転数も低めで動作するので、基本的にはそんなに注意することはないと思います。トラックなんざ乗用車と走行距離的な寿命が1桁違うくらいですから。
ただ、燃料噴射装置がデリケートで、ガソリンよりは粘度が高く詰まりやすい燃料を扱っているので、粗悪燃料とかには弱いでしょうね。動くからといって灯油や重油で(実際ある種の重油は事実上軽油と一緒ですが)走らすと良くないかもしれません。
冬季は燃料噴射装置が温まっていないとエンジンがかからないので、エンジンキーをONにしてしばらくしてグローランプがつかないとスターターを回してもエンジンがかからなかったはずです。その辺は説明書に書いてあるはずですが、説明書がなくても乗っているうちにそのうちわかると思います。冬場にエンジンがすぐかからないといっても北海道の冬季でも待つのは10秒もなかったはずです。
昔のディーゼル車(一部の建設機械とかトラックは今でも)は燃料切れを起こすと燃料噴射装置のパイプ中に空気を噛んで、エア抜きしないとエンジンが回らなくなりましたが、乗用ディーゼル車ではもう十年以上前にその辺は改善されています。

ディーゼル車はエンジンブロックが丈夫で、可動部品点数がガソリン車より少なく、エンジン回転数も低めで動作するので、基本的にはそんなに注意することはないと思います。トラックなんざ乗用車と走行距離的な寿命が1桁違うくらいですから。
ただ、燃料噴射装置がデリケートで、ガソリンよりは粘度が高く詰まりやすい燃料を扱っているので、粗悪燃料とかには弱いでしょうね。動くからといって灯油や重油で(実際ある種の重油は事実上軽油と一緒ですが)走らすと良くないかもしれません。
冬季は燃料噴射装置が温ま...続きを読む

Qディーゼル車(ハイエース)の寿命

皆様の色々な意見をお聞かせ下さい。
私の愛車、ハイエースの維持 限界時期についてです。
※年式:平成7年 形式:KC-LH113V 原動機:3L 排気量:2700cc 燃料:軽油 
  走行距離:445,000km

※10万キロ毎にはタイミングベルトの交換、ウォーターポンプの交換
  エンジンオイルは5,000km毎に交換、エレメントは10,000km~20,000kmの間で交換
  ATFは100,000kmのタイミングベルト交換時に一度交換し、その後はしていません。
  350,000kmを超えた時期に、空調ブロアーファンモーターを交換しました。
  380,000kmを超えた時期に、エンジン周りのプーリ、ベルトを交換(異音が出たため)しました。
  交換後の部品(プーリ)もちびてガタガタでした。
  420,000kmを超えた時期に、オルーターネータを交換しました。
  430,000kmの時期には、後ろのハッチを開けるレバー(樹脂製)が折れました。
  440,000kmを超えた時期、ラジエータのサーモスタットがダメで、オーバークールです。
  445,000kmを超えた現在、空調ブロワーファンが回らずカイロでしのいでいます。
 
素人目ではエンジン良好、ATも異音は無いです。ただ、始動直後は突くような感じがあります。
今後、乗り続けていくにあたって私的には、電装系、ATがとても不安な要素です。
こんな私のハイエースに、どんな意見でも構いません。
お待ちしております。
 

皆様の色々な意見をお聞かせ下さい。
私の愛車、ハイエースの維持 限界時期についてです。
※年式:平成7年 形式:KC-LH113V 原動機:3L 排気量:2700cc 燃料:軽油 
  走行距離:445,000km

※10万キロ毎にはタイミングベルトの交換、ウォーターポンプの交換
  エンジンオイルは5,000km毎に交換、エレメントは10,000km~20,000kmの間で交換
  ATFは100,000kmのタイミングベルト交換時に一度交換し、その後はしていません。
  350,000kmを超えた時期に、空調ブロアーファンモーターを交換しました。
  38...続きを読む

Aベストアンサー

まず最初に、事故って、何時何処で、どんなふうに起こるかなんて誰にもわかりません。
更に、こちらが安全運転を心掛けていても、いくら日頃愛車のメンテナンスを実施て、愛車の状態をよくしていても、事故に巻き込まれる時はあるし、また、路面の状態や、道路交通状態によっても、事故と言う物は、偶発的に起こるものです。

なので、車の状態が、事故へ直接的に繋がる恐れは、極めて低いと思います。

ましてや、ある意味、愛車に異常が起きた場合、まめに修理や点検されているみたいなので、それが、事故につながるとは個人的に思いません。

寧ろ、ここまで愛車に対しこだわっていれば、自然と安全運転に対しては無意識的に働いていると判断できます。

それよりも、走行距離を考えると、やはり、車としての耐久性に関しては、そろそろ限界かなと思います。
その証拠に、色々と交換されている部分もある訳なので、一つの個体。車としての、新車時でのトータル的なバランスは、既に失われている訳ですから、あそこを直せば、別の所に不具合が。
と、言う具合に、直した事によって、別の所に負担がかかり、新たな不具合が発生するいたちごっこ的な修理と修復が、今後さらにましていくでしょうね。
そこであげられるのが、その為の費用面です。
いくら愛車とはいえ、この不景気の時に、いらぬ出費は正直な話、経済的に痛いはず。

そのあたりを考えるに、そろそろ限界。乗り換えを考えるべきでは。

と、当方は思います。

しかし、愛着ある物って、なかなか手放せないのが本音なんですね。
だからと言って、これから先、ノントラブルで走り続けるのは、この状態から考えるに無理だと思います。
で、最終的に、修理費を総合すると、新車が買えるぐらいの費用を消費してしまった。
なんて事は、良くある事です。

なら、一層の事、新車へ乗り換えるとか、もっと状態の良い中古車へ乗り換えるとか、そちらの方の決断が必要かなと思います。

まあ、ここまでは知っていれば、まず、下取りや買い取りの金額は望めないので、廃車ですかね。

まあ、これが、私としてのご意見、回答となります。

後は、貴方が判断し、決断すべきですかね。

まず最初に、事故って、何時何処で、どんなふうに起こるかなんて誰にもわかりません。
更に、こちらが安全運転を心掛けていても、いくら日頃愛車のメンテナンスを実施て、愛車の状態をよくしていても、事故に巻き込まれる時はあるし、また、路面の状態や、道路交通状態によっても、事故と言う物は、偶発的に起こるものです。

なので、車の状態が、事故へ直接的に繋がる恐れは、極めて低いと思います。

ましてや、ある意味、愛車に異常が起きた場合、まめに修理や点検されているみたいなので、それが、事故につな...続きを読む

Qディーゼルの黒煙、なぜ出るの?また防止策は?

ディーゼルエンジンの車に乗っています。

走行距離は12万キロになろうかと言う所ですが、メンテナンス(オイル交換・フィルター交換)は一度たりとも怠った事はありません。

しかし最近黒煙がひどくなってきました。昔は急加速した時だけだったのですが、最近はちょっと加速しただけでも出ます。後ろから付いてきた知人の車から『クサイ』と苦情が来るぐらいです。

何故、ディーゼルは黒煙が出るのでしょうか?どういった仕組みで出るのでしょうか?

また出なくするにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にはノズルまたはポンプの経年劣化ということになると思います。

ディーゼルエンジンは前の方々が書かれているように、引火温度以上に熱せられた空気中に軽油を噴き込むことによって、自己着火により燃焼します。
このとき、軽油の粒径が大きいと、粒の中心まで燃えきる前に周囲の酸素が無くなってしまい、蒸し焼きの状態になってしまいます。これが黒煙の原因となるすすです。
十分な酸素がある状態で、粒径の小さい噴霧を形成できれば黒煙は発生しませんが、旧来のメカ制御のポンプでは、アクセルを踏み込んだときに、酸素量に比べ過剰な噴射量が発生することがありますし、ノズルの経年劣化による磨耗が原因で、噴霧の粒径が大きくなっているのかもしれません。

おまけ
コモンレールは高圧燃料を一時的にためておく蓄圧室のことで、燃焼室とは関係ありません。コモンレールを採用したエンジンは直接噴射式の燃焼室を持っています。
噴射圧力を上げると噴霧の径が小さくなるので、黒煙が出にくくなります(日デはユニットインジェクタにより、コモンレール以上の高圧噴射を実現しています)。

Qディーゼルターボ(乗用車)のオイル交換頻度は?

ディーゼルターボ(乗用車)のオイル交換頻度は、どれくらいでみなさんされていますか教えて下さい。
CX-5(ディーゼルターボ)の購入を考えていますが、どれくらいの走行距離でかえればいいのでしょうか?
ディーラーでは5千キロごとでかえてくれと言われましたが、3千キロごとがいいのでしょうか?
今、乗っている車は1.3Lの小型車で自分で5千キロことにオイル交換をしています。
年間走行距離は1万キロほどです。
もし、CX-5をかっても自分でオイル交換をするつもりです。
あと、たぶん15万キロほどまで乗りつぶします。」

Aベストアンサー

長く快調を 維持したいのなら 5千キロを 超えない様な管理です
予算に余裕が有れば 3千キロ超えたら交換する感じが お薦めです。

ご自身で交換となると オイル選び 純正は、安く購入出来なければ 社外オイルを選ぶと思いますが
エンジンとの マッチングが重要です 
ディーゼルターボエンジン用オイルなら 取りあえず エンジン回り 走りますが
最良コンディションで 走るかです?

レスポンスが落ちる(軽く回らない)力が感じない 燃費が落ちる様な オイルは 早めに交換で
エンジンを長く 良好を維持出来るオイルに交換しましょう。
同車オーナーさんなどの 情報を収集し 信頼できそうな情報で 試す 自身で 判断して
マッチング良好な オイルを 捜し当てて下さい。

ガソリンターボ車でも 交換頻度は 3千キロ~5千キロでやってました。
純正オイルらな 3千キロ
マッチングが良い社外オイルでも 5千キロは こさない様に 管理していました。
ディーゼルには 詳しく無いんですが カチャカチャタペット音が出出すと 厄介です 早めの交換サイクルの方が 延命につながると 考えます。

長く快調を 維持したいのなら 5千キロを 超えない様な管理です
予算に余裕が有れば 3千キロ超えたら交換する感じが お薦めです。

ご自身で交換となると オイル選び 純正は、安く購入出来なければ 社外オイルを選ぶと思いますが
エンジンとの マッチングが重要です 
ディーゼルターボエンジン用オイルなら 取りあえず エンジン回り 走りますが
最良コンディションで 走るかです?

レスポンスが落ちる(軽く回らない)力が感じない 燃費が落ちる様な オイルは 早めに交換で
エンジンを長く 良...続きを読む

Qディーゼル車は何故長時間のアイドリングを続けるのですか?

タイトル通りなのですがトラックなどディーゼル車の運転手はやたらアイドリング時間が長いように感じます。
暖機運転の話ではなくエアコンを使うシーズンでもなく普通に走ってきて立ち話をしているような状態でもエンジンを止めない人が非常に多いような気がします。

はじめは音が大きいので余計気になるのかなと思ったのですがどうもガソリン車よりも多いような気がします。
人によっては30分も続ける事もありうるさい、臭いで迷惑この上ないのですが止めないのは何か深い訳でもあるのでしょうか。
個人的にはディーゼル=職場の車=自分で燃料代を負担しない→燃費に無頓着→アイドリングを止めない、と考えるのですがいかがでしょうか。

もしかすると心理学のカテが相応しいのかなとも思いましたがディーゼル特有の機構的な問題なのかもしれずこちらで質問する事にしました。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今、観光バスに乗っていますが、大型トラックなんかでは、エンジンを切ったりかけたりするとオイルの回りが悪くなって寿命が早くなるので、敢えてアイドリングしたままにする会社も多いと聞いたことがあります。
あと、最近のディーゼル車には環境規制強化のため、DPRってある車があり、マフラーの中に煤がたまると、自動で煤を焼き、黒鉛がマフラーから出ないようにする装置があります。大型の半数以上を占める日野、いすゞのディーゼル車には確実についていますね。
これが煤がたまりすぎると、警告灯が出てどこかに停車してアイドリングしたまま、マフラーの煤を手動スイッチで焼かないといけないことがあります。
放っておくわけにはいかないので、どこかコンビニにでも止めて、エンジンかけっぱでエンジン回転も上がった状態で30分ほど待たないといけない状態になります。このご時世、運転手も好きで30分もクレームがありそうな場所でアイドリングをする人はいないと思います。
 
おそらく30分そこらに停めてるのは冷凍車やコンクリートミキサー車など、動力を止められない特殊な車以外ならそんな理由が多いはずです。質問者様のおっしゃるエルフでも新型は2tショートサイズから装置が付いていますので警告灯が出ますと30分くらい手動煤焼きに時間がかかります。ハイエースにすらこんな装置が付いてますのでやっかいな時代になったもんです。  

あと、バスでも、住宅街やアイドリングストップ厳守の場所ではもちろんアイドリングストップですが、空調系、電装系の負担が大変大きいので、お客様が乗車され電装系を使用しているときや、バッテリーが弱めな時は、バッテリーの寿命低下の元なので必ずエンジンを回しています。
バッテリー代>>燃料代ですから。
自動的にアイドリングストップするバスもありますが、ダイナモの負担が大きく、すぐにダメになるのでそちらの修理のほうが燃料代よりはるかに高くついたり、エンジン再始動不能になることもあって使わない会社も結構あります。右折待ちの交差点の中でも停車中と勘違いし平気でエンジンが切れたりしますからある意味危険です。

ちなみに仕事しているように見せるという話がありましたが、タコグラフには、アイドリングしているか否か、走行しているかしていないか何キロ出してどのくらいの時間に何分走ったか、すべて残っていますので、アイドリングストップ励行に努めているほうが、会社の印象が良いのは間違いありません。エンジンキーを抜いてても、タコグラフがセットされていればちゃんと記録されてる優れモノ?なんですよ。
車が走っておらず、無意味にエンジンだけかけてて、良い顔をする人がいるわけがありません。 

今、観光バスに乗っていますが、大型トラックなんかでは、エンジンを切ったりかけたりするとオイルの回りが悪くなって寿命が早くなるので、敢えてアイドリングしたままにする会社も多いと聞いたことがあります。
あと、最近のディーゼル車には環境規制強化のため、DPRってある車があり、マフラーの中に煤がたまると、自動で煤を焼き、黒鉛がマフラーから出ないようにする装置があります。大型の半数以上を占める日野、いすゞのディーゼル車には確実についていますね。
これが煤がたまりすぎると、警告灯が出...続きを読む

Qプラドのエンジンについて教えてください。

10月に入り新型のプラドが発表されましたよね。私も95プラドTZ(初期型)に乗っているのですが、新型を見てそろそろ買い換えを検討しています。
 そこで、一番悩んでいるのがエンジンです。
   ガソリンか
   ディーゼルかです。
私の車は1KZの3000でトルクも太く普通乗用車からの乗り換えでしたが気持ちよく乗っています。しかし、ディーゼルの規制がますます厳しくなる(本当?)とディーラーの人が話しているのを聞くと今度はガソリンかなーと悩んでしまいます。
そこで、エンジンなんですが、旧モデルとエンジン出力は全く変わってないそうなので、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの乗り味の違いを教えてください。
 それと・・・ 
 これから規制が厳しくなるような噂ですが、ディーラーでは「まず、ディーゼルエンジンは無くならないですよ。」と言っていますが、これからディーゼル車を購入するのは時代に反しているのでしょうか?
 私自身、ディーゼルエンジンは、窒素酸化物の排出問題さえクリアーすれば、エネルギー問題に貢献するすばらしいエンジンだと思っています。エネルギー効率もガソリンよりもいいですよね。
 みなさんの意見を教えてください。
ちなみに私は岐阜在住です。

10月に入り新型のプラドが発表されましたよね。私も95プラドTZ(初期型)に乗っているのですが、新型を見てそろそろ買い換えを検討しています。
 そこで、一番悩んでいるのがエンジンです。
   ガソリンか
   ディーゼルかです。
私の車は1KZの3000でトルクも太く普通乗用車からの乗り換えでしたが気持ちよく乗っています。しかし、ディーゼルの規制がますます厳しくなる(本当?)とディーラーの人が話しているのを聞くと今度はガソリンかなーと悩んでしまいます。
そこで、エンジンなんです...続きを読む

Aベストアンサー

まだ、HPなどで詳しく調べていないので何とも言えませんが、おそらくエンジンのラインナップは
 直4 2.7L ガソリン  145馬力 3RZ-FE
 直4 3.0L ディーゼル 140馬力 1KZ-TE
 V6 3.4L ガソリン  185馬力 型式忘れましたm(__)m
であると思います。違ってたらごめんなさい。

そこで、まず3RZから。
うちのレジアスはこのエンジンを搭載していますが、いかんせんトルクが細い。4気筒でストロークが長いからもう少しトルクがあってもいいはずなのに、トルクが細い。2500~3000回転あたりのパワー感が非常に乏しいです。まぁ、市街地を走る分には不足ありません。高速でも、際立ってパワー不足を感じることはないです。
とは言え、やはりゆとりは感じられませんね。とりあえず2.7Lって感じです。

それから、1KZですが、これはTomyasuさんが一番ご存じのはずです。
ディーゼルターボで、トルクフルなのでよく走ります。
ただ、ディーゼル+ターボというダブルパンチで、エンジンオイルのコンディションはしっかり把握しなくてはならないと思います。

つぎに、トップモデルの3.4Lですが、これはオススメです。
グランビアやサーフにも搭載されていますが、静かだしパワーもあります。でも、ホンダの3.5L(ラグレイト240馬力)やミツビシ(パジェロ235馬力)に比べて185馬力とはちょっと寂しいですよね。でも、居住性も考えてこれがオススメです。

さらに、ディーゼルは黒煙を吐くと言いますよね。たしかに、新車でも少なからず吐いています。これと、NOxさえ解決すれば、トルクフルなディーゼルエンジンがオススメなんですけど…。

参考になるかどうか分からないけれど、僕としてはV6・3.4がオススメです。

まだ、HPなどで詳しく調べていないので何とも言えませんが、おそらくエンジンのラインナップは
 直4 2.7L ガソリン  145馬力 3RZ-FE
 直4 3.0L ディーゼル 140馬力 1KZ-TE
 V6 3.4L ガソリン  185馬力 型式忘れましたm(__)m
であると思います。違ってたらごめんなさい。

そこで、まず3RZから。
うちのレジアスはこのエンジンを搭載していますが、いかんせんトルクが細い。4気筒でストロークが長いからもう少しトルクがあってもいいはずなの...続きを読む

Qディーゼルエンジンのターボはどんな働きをしているのか?

ガソリンエンジンのターボは、吸引される混合気の圧力を上げて、つまり無理矢理たくさんの空気と燃料を押し込んで爆発させるので、力が出るのは理解できますが、ディーゼルエンジンはそもそも空気をピストンで圧縮して、熱が出たところに燃料を噴射して爆発させるので、たくさん入れても熱が高くなるだけのような気がしますが、熱が高くなると燃焼効率が良くなるのでしょうか?ディーゼルエンジンのターボとは、どんなメリットがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ディーゼルでもガソリンでもエンジンの出力を決定する要因として、単位時間内にどれだけの燃料を燃焼させられるかという要素があります。これは、エンジンが燃料の燃焼という化学反応によるエネルギーを運動エネルギーに変換する、一種のエネルギー変換機であることによります。そこで単位時間内に多くの燃料を燃やす(できるだけ多くの熱エネルギーを得る)ためには、排気量を増やす、回転数をあげる、吸入する空気を加圧して行程容積以上に充填する。などの方法がありますが、ターボチャージャーによる方法は3番目の方法にあたります。ディーゼルエンジンでは、燃料の噴射量により出力を制御していますが、この上限は吸入した空気の量により制限されてしまいます。吸入された空気に対して過剰な燃料を噴射しても、未燃焼の燃料が出るだけですし、燃料を気化させるために熱を奪われ返って出力の低下を招きます。ターボチャージャーなどの装置で加圧された空気は、たとえば温度が同じであるならば、2倍の圧力をかけると通常の2倍の酸素を含む事になり、2倍の量の燃料を燃焼させることができます。これは、発生する熱エネルギーの量が2倍になることを意味し、メカニカルな部分での制約を無視すれば出力を2倍にすることができます。また、ガソリンエンジンでは最終圧縮比(過給圧×圧縮比)をあまりあげると、点火プラグで添加する前に自然着火してしまい、異常燃焼の原因(燃料と空気の混合気を吸い込むため)になるためむやみに圧力を上げることはできませんが、ディーゼルでは最終圧縮比は高いほうが円滑に進む(ディーゼルエンジンでは点火時期になるまで燃料を噴射しないのでいくら吸入された空気が高温になっても問題ない、自然着火が正常燃焼)傾向にあり、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンより過給(ターボやスーパーチャージャによる)に適しているといえます。

ディーゼルでもガソリンでもエンジンの出力を決定する要因として、単位時間内にどれだけの燃料を燃焼させられるかという要素があります。これは、エンジンが燃料の燃焼という化学反応によるエネルギーを運動エネルギーに変換する、一種のエネルギー変換機であることによります。そこで単位時間内に多くの燃料を燃やす(できるだけ多くの熱エネルギーを得る)ためには、排気量を増やす、回転数をあげる、吸入する空気を加圧して行程容積以上に充填する。などの方法がありますが、ターボチャージャーによる方法は3番...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング