忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

こんにちは。少し皆さんの意見をお聞きしたくて投稿しました。今とあるハウスメーカーで家を建てている最中で、基礎工事が完了した所です。しかし、現場で基礎の位置が10cmずれて施工されていることを告げられました。完全なミスで担当の方は謝罪していたのですが、やり直しができないのでこのまま進めさせて欲しいとの事でした。地盤改良では正しい位置に杭を打ち込んでいるので、基礎と杭には10cmのずれがある事になります。強度上問題がないかを再度計算してもらっている所ですが、そのような家に今後何十年も住み続けるのに不安があります。やはり基礎工事をやり直してと言うべきなのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 こんにちは。



 文面を読む限り、基礎がずれている場所が書いてありません。

 家の外周ならば、やり直してもらったら良いと思います。内側にずれていようと、外側にずれていようと、問題だと思います。
 更に、既に木工事の躯体の加工は終わっていると思われるので、施工側が今後の対応をどの様に考えているのか、変更図面を添付した文書を提出させてください(念書もあれば良いと思います)。

 内側にずれているのならば、予定の場所まで基礎を追加してもらって下さい(鉄筋はべた基礎まで繋がっていなくとも良いと思います)。
 外側にずれているのであれば、内側に基礎を追加するのは当然ですが、外部木工事のとき10センチ付加して工事を行う公算が大きいので、施工業者に上記で書いたとおり、変更図面と変更に至る経緯を文書で提出させてください。
 ハウスメーカーであれば上記の様な対応は可能と思われます。

 もし、家の内部ならば、その基礎に対して平行した基礎を追加してもらってください、新しく施工する部分の鉄筋は、上記同様べた基礎に対して繋がっていなくとも大丈夫ではないかと思います(10センチずれた基礎が繋がっているため)。

 もし、上記、両方の考え方を現場監督が無視するようなら、こんな簡単な工事を無視する別の理由が施工側にあると考えられます。
 追加工事自体の値段を考えた場合、家全体の工事金額に対しての値引き金額や、追加工事が発生した場合の金額に比べ問題にならないほどの安い金額で追加工事が可能です。
 拒む場合、拒む理由が他にあると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんにちは。
ずれている場所が確かに説明から抜けていました。すみません。ずれていたのは基礎全体がずれていたのです。ですから基礎の上の構造に関して設計のやり直し等が必要になっているわけではありません。今日の夕方に地盤改良の杭の位置から5cmほどしかずれていないので強度的な問題は無いとの連絡があったので、現状のまま工事を進めていこうかと思っています。丁寧に回答して下さってありがとうございました。

お礼日時:2008/10/15 01:04

基礎と杭は10cmずれても許容誤差の範囲です。


むしろ基礎がずれたことにより基礎に乗る壁がどのようにずれるかが重要な問題ではないですか。
家が10cm広くなり差額はハウスメカー持ちなら容認できますが、確認申請の取り直しになります。
10cm狭くなるのでは容認しずらいかと思われます。
壁が基礎に乗らないで、図面の位置に作るなら、欠陥住宅です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
説明が不足していたのですが、基礎全体が10cmずれていたので部分的に狭くなったり、広くなったりしたというずれではありません。本日、杭の位置と基礎は実測で5cmほどしかずれていないので強度的には問題ないとの連絡がありました。gyokugituさんの言われているとおり強度的には問題なさそうなので、このまま工事を進めようかと思っています。回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/15 01:13

実際杭なんて無くても問題無いかも知れません。


あったほうがいい程度の杭ではないですか。
杭は10cmくらいずれていても家の重みは支えれると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
家を建てているところが軟弱地で、15mほどの杭を入れて地盤改良している所なので不安に思っていました。多少ずれているのですが強度的には問題ないとの連絡が本日ありましたので、このまま工事を進めていこうかと思っています。回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/15 01:19

>現場で基礎の位置が10cmずれて施工されていることを告げられました


この文面からだと判断つきにくいですが、敷地に対して予定通り、杭を打ち込んでいる。そしてに木造2階建ての布基礎(べた基礎を含む)を施工完了時に、敷地に対しての予定位置より10CMずれているとしたら、そしてこの場合の杭が、柱状改良またはコンクリート杭(木杭、鋼製杭を含む)であるなら、根拠は一切ありませんが自分ならそのまま工事は続けます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。
yukarimofuさんの回答にあるとおりで杭は設計どおりに打たれていて、基礎の位置が全体的に10cmずれていました。この件に関して強度的には問題ないとの連絡がハウスメーカーからありましたので、このまま工事を進めようかと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/15 01:29

Q、やはり基礎工事をやり直してと言うべきなのでしょうか?


A、考え方次第でしょう。

>が、そのような家に今後何十年も住み続けるのに不安があります。

別に、基礎が当初の予定位置より10cmずれていても、知らなきゃー気付きもしないでしょう。
別に、基礎が当初の予定位置より10cmずれていても、住む分には何の支障もないでしょう。
で、基礎が当初の予定位置よりたかだか10cmずれても家が傾くなんてことはありえないでしょう。
それ位で家が傾くのであれば、そもそもの地盤改良に問題ありと考えるのが筋。
ですから、理屈で考えれば、10cmずれていようがいまいがどうでもよきこと。
問題は、<たかだか10cm、されど10cm>と拘る気分・感情の有無でしょう。
ですから、考え方次第でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
>問題は、<たかだか10cm、されど10cm>と拘る気分・感情の有無でしょう。
確かにそいう面もあるのかなと考えました(かなり細かい性格なので考え過ぎかもと)。本日ハウスメーカーから強度的な問題は無いとの連絡がありましたので、工事はこのまま進めようかと思っています。回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/15 01:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基礎工事で施工ミスが発覚

はじめまして
現在新築を建て始めたところです。タイトルのように
ベタ基礎が終わったところで重大な施工ミスを発見しました。何点かかぶり厚不足の箇所があり、さらに不足では無くまったくコンクリートがかぶっていない箇所を発見しました。(鉄筋が半分丸見えになっている状態)現在は工事はストップしていて業者は間違えを認めて手直しをするとの回答がきました。

ここで質問です。
1)基礎部分を手直し後に立ち上がりの工事までかなり時間があいてしまいます。この場合基礎部分と立ち上がり部分のコンクリの接合という観点で強度的に問題ないのでしょうか?
2)正直この基礎工事を行っている業者に対して不信感が
あり、(素人にでもわかる間違いを起こし、悪びれもしない対応であった)違う業者で基礎のやり直しをしてもらいたいと思うのですが、弁護士を通してのやり取りになるのでしょうか。何か良い案がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

見当違いでしたらごめん。

基礎工事云々だけでなく本体工事も重大問題、建築の
元請け(建設会社)又は契約してる工務店の対応は
どうなってますか。

基礎工事業者が建設会社の下請けだとしたら、施主との
直接関係が薄いので「悪びれもしない対応であった」との
問題はありがち・・・施工者は元請け優先だったり、支払
又は工事費の値切りされたり業者教育の問題などもある。

建設会社又は工務店と契約する場合、任せれば全て上手く
行くとは限らない・・・最終的には工事管理を施主が行う
又は自分で出来ないなら建築士に依頼するか外部の専門
機関に検査依頼する(費用は施主持ち)方法かと思う。

焦って工事を進めても問題を先送りするだけ、その時点で
是正処置しないと後の補修が難しく(出来ない)なる。

Q地盤改良後の基礎のやり直し工事について

地盤改良工事(柱状改良、ソイルセメント)を行い、その後、基礎(べた基礎)工事まで終えた段階で基礎に大きな問題が露見し、基礎をやり直すことになりました。既にコンクリを打設してから2週間以上経過しており、壊すには相当な力が必要となると思いますが、この場合、基礎取り壊し後、再度基礎工事を行うにあたり、想定する地盤性能を維持できるのでしょうか。必要であれば、再度、柱状改良も要求したいと思ってますが、今後、必要な作業などについてご教示ください。施工業者ともこれから相談になりますので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

木造2階のベタ基礎での柱状地盤改良ということでしたら、建坪エリアに均等に配置して、圧密や流動化に備えようという地盤整備といえると思います。
生コン内の異物混入…ですか、、、六会コンクリートのスラグ入りは後手認定させようとしているようですし、、、あくまで現場での打設時の職人の問題なのでしたら業者を変えるで良いと思いますが、コンクリート自体の問題だとしたら、事前に配合計画書の承認や、打設の際の受け入れ検査、及びテストピースを採取して圧縮強度試験(第三者、レミコン会社などあり)をするなどの監理は必要かと思います。ちょっと本題からずれましたが。。。

>杭のうち直しはせず、前回は砕石→防水シート→生コンで行った作業に対して、
>今回は杭頭の破損も考えられるため、防水シート→捨てコン→生コンで砕石を使わずに…

杭頭レベル位置はもともとどこに設定していたのでしょうか。
もとの砕石下端でしょうか。仮に、そうだとして、基礎コン撤去の際、防湿フィルムから上が取り除かれ、もとの砕石転圧層は多少荒れたにせよ残る。その残った砕石層はそのままに目潰し砂利などで転圧整備した上に改めて防湿フィルムを敷いて捨てコン、基礎コンという施工手順でしょうか。(文章では表現が難しいですが)
メリット・デメリットという比較はしにくいですが、柱状改良杭はあくまで地盤改良工法ですから、基礎及び建物の応力がしっかりと周辺地盤面とともに杭状部分にも伝達されるような状況をつくり出すことが重要です。

>杭頭の破損も考えられるため

と表現されていることから、上記のように推測してみたわけです。
是正手法としては、妥当な感じが致します。

たとえば、設計監理者は、どうなっているのでしょうか?
監理責任があると思うのですが。。。

木造2階のベタ基礎での柱状地盤改良ということでしたら、建坪エリアに均等に配置して、圧密や流動化に備えようという地盤整備といえると思います。
生コン内の異物混入…ですか、、、六会コンクリートのスラグ入りは後手認定させようとしているようですし、、、あくまで現場での打設時の職人の問題なのでしたら業者を変えるで良いと思いますが、コンクリート自体の問題だとしたら、事前に配合計画書の承認や、打設の際の受け入れ検査、及びテストピースを採取して圧縮強度試験(第三者、レミコン会社などあり)を...続きを読む

Q大工さんが喜ぶ棟上時の施主のもてなし

8月上旬に棟上予定です。(餅まきなどはしません)
施工は地元工務店です。
予算はあまりありませんが、棟上の日は自分たちなりに
大工さんに喜ばれるようなもてなしをしたいと考えています。
ご経験があれば教えてください。
(例) AM10:00 ジュースの差入
AM12:00 弁当・ジュースの差入
PM15:00 スイカ・ジュースの差入
終了時 棟梁へ祝儀、ビール券

Aベストアンサー

えーっと、専門家というか・・大工自身の回答が無いので投稿しておきますね。

私は15年以上建築に関わる仕事をしてきました。
私がまだ小僧の頃には折り詰めを配ったり、そのまま宴会をするケースも多かったです。
ですが昨今は車で帰らないといけないし、若い職人はさっさと帰りたいので、ご祝儀を配って終わりというパターンも増えてきました。

一番いいのは「こうしたものを用意するつもりだが、いかがでしょう?」っと現場監督(担当)さんか親方に聞くのが確実です。
棟上の日は応援の職人さんを呼ぶこともあり、親方からすれば「見栄」の部分もありますから、例えば私の地方だと「赤飯」やビール6缶セットなどかさばるモノの方が喜ばれる傾向があるし、職人もそういう習慣に慣れ親しんでいます。

また、私の会社では会場設営(っといっても現場にパイプ椅子や机程度ですが)からお世話しますので、むしろこちらから施主さんと当日の打ち合わせをしています。
その上で施主さんの意向に沿うよう演出してますよ。
中には私達が帰った後もバーベキューパーティーよろしく、家族や友人と夜を過ごす方もいたり・・・。
ーーーーーーー

さて、当日の差し入れ等ですが
これもできれば現場監督か親方に伺いを立ててください。
場合によっては重機の契約時間などによって、とても休憩などしてる暇が無い時がありますし、せっかくの仕事のペースが崩れるので休みたくない職人さんもいます。

基本的には10時、3時の飲み物差し入れがあれば問題ありません。
お昼は各自 お弁当が多いですから、差し入れは必要ないと思いますが、今の時期は冷たいお茶などあればうれしいでしょう。
ペットボトル数本か、クーラーボックスに缶を入れて「ご自由にどうぞ」とおいて置けばいいかと。

もし、お昼に仕出しなどを出すつもりなら
これもあらかじめ監督か親方に断っておく必要があります。
職人の皆さんの愛妻弁当がだいなしになってしまいますからね。
ーーーーーーー

ってなわけで、現場の側としては相談してもらうのが一番です。
個人的には「食い物」はうれしいですよ。
「折り詰めとビール6缶セット」とか、あー 働いたなーって感じです。

私の父も大工でしたが、建て前の日はご馳走を持って帰ってくる・・、
家族へのお土産というか、父さん こういう仕事してるんだぞー
って示せるいい機会でもあって、子供心に嬉しかった覚えがあります。

ちなみに、これからも差し入れをする事になりますから
監督か親方にどのようにするつもりか話しておくといいでしょう。
毎日 10時と3時に来る方もいますし。
あらかじめ近くの喫茶店のコーヒーチケットなどをまとめて監督さんに渡しておく事もありますし。
土曜日だけ差し入れに来る方もいますし・・・。

では、よき日になりますよう。

えーっと、専門家というか・・大工自身の回答が無いので投稿しておきますね。

私は15年以上建築に関わる仕事をしてきました。
私がまだ小僧の頃には折り詰めを配ったり、そのまま宴会をするケースも多かったです。
ですが昨今は車で帰らないといけないし、若い職人はさっさと帰りたいので、ご祝儀を配って終わりというパターンも増えてきました。

一番いいのは「こうしたものを用意するつもりだが、いかがでしょう?」っと現場監督(担当)さんか親方に聞くのが確実です。
棟上の日は応援の職人さんを呼...続きを読む

Q新築引渡し後の補修、こんなこと堂々と申し出て良い?

こんばんは。おたずねします。
新築の引渡し日があったのですが、当日は、単に書類を交わすだけで図面を付き合わせたりすることもなく終了しました。

「不具合や傷が有った場合には直しますので、言ってくださいね」と言われているのですが、
担当が帰った後に家を見てみると、気になる点が結構ありまして困惑しております。

そこでお尋ねしたいのですが、補修は通常どこまで対応してもらえるものなのでしょうか。
傷や穴の補修は当然として、大きな点としては、
・作りつけの棚の扉の塗装が一部はげている(上塗りは無理なので扉の交換が必要)
・コンセントの位置が指定と違う(そこは埋めて、別の穴を開ける必要がある。壁紙も…)
・玄関タイルの側面の1つタイルだけ5mmほど出っ張っていて、他と均一に並んでいない(貼りなおしが必要)
などがあります。

上記のようなものでも、施工主には言う権利、メーカーには直す義務があると考えて、堂々と申し上げてよいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も沢山ありましたよ。


担当者同席で一緒に確認した時点で15ヶ所。

後日私達で確認出来た場所が8ヶ所。

全て対応して頂きました。

ドアの交換。キッチンの人口大理石。玄関と娘の部屋の壁紙全て。玄関のタイルと多数対応して頂きました。

嫌な顔もせずキチッと対応していただき感謝しています。これは出来ませんなど一切ありませんでしたね。

その後も 6年間各所の補修などもキチッと対応していただきました。とても満足していますし、色んな方に

も話をして、その担当者で知人が戸建を建てています。

面倒だと考える担当者ではいけませんね。私は良い担当者に当たったと感じています。補修や交換をしてもメ

ーカーの負担はありませんから。

ドアならドアのメーカーや施工会社の損失になるだけでメーカーハウスには何の損失もありません。

今でしか言えない事も沢山あるでしょうから全て言っておきましょう。

場所の写真など(日付入り)撮っておくのも良いと思います。

生涯に何度も建てる事は出来ませんので後悔の無い幸せな楽しい住まいにしたいですよね。

Qアンカーボルトの田植えについて・・・手抜き工事ですか?

ベタ基礎のアンカーボルトの施行方法について教えて下さい。住宅の建設について色々なHPを見ていますと、ベタ基礎の立ち上がり部分のアンカーボルトの施工方法が2種類あり、気になっています。立ち上がりに生コンを入れ、固まらないうちにアンカーボルトを差し込む方法(HPで田植え方式と呼ばれていました)と立ち上がり部分にアンカーボルトが針金や金物で固定されている方法がありました。それぞれの方法を紹介しているHP主はそれぞれ建築の専門家のようでしたが、田植え方式は手抜き工事ですか?また、両方式の善し悪しについて教えて下さい。

Aベストアンサー

何度もすみません。

他の方も回答されていますが・・・
今どき、現場の管理標準として、”田植えでも可”としているハウスメーカーさん、ビルダーさんは、まず、存在しないと思います。
やっているとすれば、管理意識の低い現場といわれてもしょうがないでしょう(当方は田舎におりますが、田植えをしている人はほとんどいませんよ。田舎の業界内でも笑われちゃいます)。

アンカーボルトを事前に固定することについての費用的な問題については、確かに、田植えの場合よりお金がかかります。ですが、そんなに問題になるほどの金額にはなりません(高い・安いは、お客様が判断されることですが・・・)。
鋼製型枠の場合は、専用の金具(繰り返し使える)に固定して行います。合板型枠の場合は、ボルト穴を空けた桟木などをつかって固定します。固定の手間は、桟木等(転用材)使用の場合でも、基礎伏図で位置出ししながらでも、2人で半日あれば十分です(打設時も、ジャマになるほどではありません)。
その金額によってもたらされる施工管理体制を、高いと感じられるか、適切と感じられるかでしょう。

監理者がいる場合、”打設前の”配筋、ボルト位置は検査項目です(打設後に検査しても、修正、本数の追加は出来ませんから。打設後のコンクリートの強度発生(固まり出し)は、思ったより早いのです)。

アンカーボルトの位置は、ミリ以内単位の精度が必要とは申しませんが、有るべきところにないと、建物全体の耐力に影響が出る重要な材料です。たとえば、耐力壁となる部分の柱の直下に無い場合など、その耐力壁は効かないという事になります。

私の主観も入りますが、田植えの現場では、長さ、位置、本数、定着、他の金物との納まり等々、どこかで不具合が発生しやすい状況にあると思います。

”事前固定”は価格の問題はあるのかもしれませんが、”田植え”は管理上、建物全体の品質上良いことは何一つありません。

何度もすみません。

他の方も回答されていますが・・・
今どき、現場の管理標準として、”田植えでも可”としているハウスメーカーさん、ビルダーさんは、まず、存在しないと思います。
やっているとすれば、管理意識の低い現場といわれてもしょうがないでしょう(当方は田舎におりますが、田植えをしている人はほとんどいませんよ。田舎の業界内でも笑われちゃいます)。

アンカーボルトを事前に固定することについての費用的な問題については、確かに、田植えの場合よりお金がかかります。ですが、そんな...続きを読む

Q5月末着工ですが、梅雨時に基礎工事をやっても大丈夫でしょうか?

5月末着工ですが、梅雨時に基礎工事をやっても大丈夫でしょうか?
木造2階建で5月末から6月第1週にかけて着工予定です。 基礎工事がちょうど梅雨時になってしまうのですが、建物の構造上問題は出てこないのでしょうか?

Aベストアンサー

梅雨時でも問題、不適合な品質が生ずる事はありません。
1.コンクリートの養生には湿度もあり、気温も丁度良い頃です。品質確保には一番良い時期ですね。
コンクリート構造物にとって問題はないですね。

真夏(暑中コンクリートの品質管理が必要)、真冬(寒中コンクリートの品質管理必要)等はコンクリートの配合計画の見直しや特別の養生が必要になります。

2.但し、コンクリート打ち込み中、雷雨や大雨によって、打ち込み中のコンクリートに雨水が入った場合は配合が変わってしまう(1立方に含まれる水の量)ため品質確保が出来なくなります。これらを避けるため、雨水か入らないように、事前に予報を聞いて打設日を避けないといけないですね。予期せず雨天となる場合を校了して、単管パイプやブルーシートを用意して置くことが、業者として当然の役目ですね(事前に業者の方へ確認をしておくことが大事です)

3.土工事(地盤改良や基礎杭を含む)は、原則、雨天日は安全確保などの事から施工しないのが普通です。小雨の場合は品質的に問題は特にありません。突然の雷雨や大雨の場合は、一次中断、中止しますね。

4.大雨によって、造成した土砂などが流出しないように事前に、土嚢などを用意したり、仮の排水溝を作り水が溜まり、しみこみ、地盤が軟弱になることは、絶対に避けなければなりません。(ましてや軟弱のまま、上にコンクリートなどを施工することは絶対不可です)
万一、軟弱になった場合は、除去、入れ替え、固化剤を散布した地盤改良などを行い地盤を強化した上に次工程に進むのが、施工する技術者の責務ですね。

梅雨時でも問題、不適合な品質が生ずる事はありません。
1.コンクリートの養生には湿度もあり、気温も丁度良い頃です。品質確保には一番良い時期ですね。
コンクリート構造物にとって問題はないですね。

真夏(暑中コンクリートの品質管理が必要)、真冬(寒中コンクリートの品質管理必要)等はコンクリートの配合計画の見直しや特別の養生が必要になります。

2.但し、コンクリート打ち込み中、雷雨や大雨によって、打ち込み中のコンクリートに雨水が入った場合は配合が変わってしまう(1立方に含まれる水...続きを読む

Q新築中の基礎に、コア抜きってどうなんでしょうか?

はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題ない。」と言われましたが、やはり新築で基礎に穴を開けるというのは納得できない思いがあります。主人は「初めからスリーブを入れておけば、穴を開ける必要もなかったのに!」と怒っていました。

そもそも、基礎に10センチものコア抜き(しかも鉄筋が縦横6本ほど切断されている状態)をされて、強度には問題が出ないものなのでしょうか?また、何かそれを補強できるような技術ってあるものでしょうか?

このような工事をされたことで、工務店に対し主人は非常に疑心暗鬼になっており、訴訟を起こそうかとまで言っている状態です。こういう工事についても、訴訟を起こせるものなのでしょうか。

私としてはちゃんとした家に安心して住みたいだけなので、訴訟云々よりも、強度がしっかりしていれば問題ないのですが…。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、どなたかこういったことにお詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題な...続きを読む

Aベストアンサー

住宅の基礎(布基礎)で100φの穴は 嫌ですね、

しかし 100φで 縦横 6本の鉄筋にヒットとは・・・・あたり良すぎでしょ?

通常立ち上がりの基礎部分の配筋ピッチは150~250ダブル筋だったとしても・・・


いずれにしましても 精々 400~500程度の基礎部分に100mmもの欠損部分を作るのですから

嫌ですよね?

通常は スリーブを入れておき なおかつ構造上問題が有れば補強筋を入れます。

何らかの補強をお願いするのが良いのでは?

たとえば コア貫通をされた部分を 内側に基礎を増し打ちしてもらうとか、

土間と布基礎 両方に刺し筋と云う 後施工の鉄筋を配筋し貫通部分の立ち上がり面と平行に

1m程度 厚みを現在の布基礎のお倍程度になる様に。

まぁ 実際の施工はどうなるかわかりませんが、

高い買い物ですから 此処は譲れないと補強を申し出るべきかと。

http://astamuse.com/ja/published/JP/No/2007023711

写真は ウエブレンと云う 補強筋です。

Q施主様からのクレームに困っています

主人が自営で建築業をしています。
施主様のお子様がアトピーということで 床、壁、天井など米ヒバで作りました。
もう引越し・・・という時期にきて 連日クレームが来るようになりました。
最初は屋根の傷でした。
これは こちらに非がありましたので すぐに張り替えさせていただきました。
しかし、それから私どもを信用できなくなったのか くまなく家中を点検し壁や床に 細かい傷や黒い筋がある。すべて修復しろ、とおっしゃるのです。
筋についても自然のものですと言っても納得してくれません。
早朝、夜中 時間に関係なく 気に入らないところを見つけると電話がかかってきます。(夜中も現場に行っているそうです)夜、電話の電源を切っていると繋がらないと また怒られます。
最近は 職人全員で他の現場も行けず、その現場の傷の修復と掃除の日々。夕方から夜は施主様の仮住まいのアパートに連日呼び出され、何時間もずっと怒鳴られて謝っています。
まだ半分ほど残っている未回収の金額を支払ってもらいたくて、今までひたすら謝り  施主様の言うとおりにしてきました。
100万円以上の値引きや 無償で電化製品を備え付けるサービスも約束しました。
しかしそれでも 施主様の要求はとどまることがなく今度は「引っ越してからアトピーがひどくなったら訴える」と言ってきました。
今、新築現場が埃っぽいのはわかります。でも それは傷を直した時に出ているのです。
アトピーにも良い天然の木なので配慮していても傷は少しあるかもしれませんが
とても小さかったり 言いがかりとしか思えないようなものがほとんどです。
でも、このままでは住んでからもずっと 何かにつけ苦情をいわれそうです。
資金が少ないとのことでしたので、できる限りの努力をしてきたつもりですが
もうどうしたらよいかわかりません。
今現在、そしてこの先 どう対処したら良いでしょうか。

主人が自営で建築業をしています。
施主様のお子様がアトピーということで 床、壁、天井など米ヒバで作りました。
もう引越し・・・という時期にきて 連日クレームが来るようになりました。
最初は屋根の傷でした。
これは こちらに非がありましたので すぐに張り替えさせていただきました。
しかし、それから私どもを信用できなくなったのか くまなく家中を点検し壁や床に 細かい傷や黒い筋がある。すべて修復しろ、とおっしゃるのです。
筋についても自然のものですと言っても納得してくれません。
早朝、夜中 ...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1です。

まあ、行政機関や民間機関の裁判外紛争調停機関は、たしかに当事者に強制的に出席させる力はありません。

但し、ご質問者様側が第三者機関(裁判外紛争調停機関など)に申し立てるという行動は紛争を解決させるようという努力を行っていると一般的に解釈されます。

つまり、最終的に裁判になったときに裁判官の印象はご質問者側に有利になる可能性があります。

Q上棟前の建て方、雨が続く時の養生について

上棟予定日が降水確率70%ということもあり、その後の段取りも、現時点で構造用合板にするかダイライトにするか確定していないということもあり、上棟が1週間ほど伸びたのですが、今日現場に行くと、雨が降っており、基礎の上に敷き詰められた土台の木(乾太郎とかかれていて檜のようですが)が雨ざらしになっていました。そのほかの木材も半透明のビニールが上にかかっていますが、かなり濡れていたりしました。足場に置かれていた2×4的な板もまったく雨ざらしでした(これは建築用ではないらしいですが)。 慌てて建築家に電話したところ、突然の雨ならまだしも、雨が降ることが判りきっている(この週末から1週間ほとんど雨予報ばかり)のに・・・と仰ってくださって、現場監督さんに連絡取ってくださり、現場監督さんからすぐにお電話いただいたのですが、「土台だから・・・」「明日養生に行かせる」〈乾くのか?〉「乾くでしょう。」との返事でしたが、これから上棟までほとんど雨の日ばかりなのに、今からシートをかぶせたとしても、乾燥するどころか・・・と思うのですが、こんなことで1週間雨ざらしにしておいて、大丈夫なのでしょうか?使われている木の「乾太郎」のHPに行くと、「工場の特色」として「商品を一切濡らさない・・・雨天時の積み卸しはすべて屋根の下で行う」といったことがアピールされているのですが、現場でこんな雨ざらしで一体どうなるのか心配です。専門家の方、このままで良いのか、どう対応すればよいのか、お教え頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

上棟予定日が降水確率70%ということもあり、その後の段取りも、現時点で構造用合板にするかダイライトにするか確定していないということもあり、上棟が1週間ほど伸びたのですが、今日現場に行くと、雨が降っており、基礎の上に敷き詰められた土台の木(乾太郎とかかれていて檜のようですが)が雨ざらしになっていました。そのほかの木材も半透明のビニールが上にかかっていますが、かなり濡れていたりしました。足場に置かれていた2×4的な板もまったく雨ざらしでした(これは建築用ではないらしいですが)。 慌て...続きを読む

Aベストアンサー

結論から先に申し上げると何も影響ありません。
その根拠として、いったん乾燥した木材の含水率はたとえ水に浸したとしても基本的に上がることが無いからです。
土台はヒノキの様ですので、同じヒノキで造られる水桶を例に考えればお解りいただけると思います。

現場監督さんが「土台だから・・・」と仰るのは、建築後は目に触れることのない土台部分だから、雨による多少の汚れは影響しないでしょうという意味で、雨に濡れることについては全く気にしていない筈です。
また、たとえこのまま上棟の日までに晴れる日が無く、土台が濡れたままでも、そのうち(上棟後でも)自然に乾くので問題ありませんと云いたいのです。

確かにその通りなのですが、施主さんの心情的な面考えるともう少し気遣って欲しいと思いますね(商品なのですから)
特に職人さんは商売人と違い、自分が無駄(やってもやらなくても同じ)と思う作業に労力をかけたがらない人が多いのです。

現場の工務管理が厳しいメーカーでは施主さんや近隣への配慮から、養生作業や現場の整理整頓、現場内での飲食や喫煙を禁じるなど、職人さんを厳しく指導している様ですが、質問者様宅を請け負う工務店ではこのあたりの管理が少し甘いのかもしれませんね。

ご質問文に「専門家の方」と書かれてあったので回答を躊躇しましたが、暇だったので参考意見として。。。

結論から先に申し上げると何も影響ありません。
その根拠として、いったん乾燥した木材の含水率はたとえ水に浸したとしても基本的に上がることが無いからです。
土台はヒノキの様ですので、同じヒノキで造られる水桶を例に考えればお解りいただけると思います。

現場監督さんが「土台だから・・・」と仰るのは、建築後は目に触れることのない土台部分だから、雨による多少の汚れは影響しないでしょうという意味で、雨に濡れることについては全く気にしていない筈です。
また、たとえこのまま上棟の日までに...続きを読む

Qベタ基礎ジャンカ発生! 大丈夫??

ベタ基礎ジャンカ発生! 大丈夫??

先日、マイホームの基礎型枠が外れたので確認にいきました。
その時、基礎の繋ぎ部分に石が見えたのでジャンカでは?
工務店は良くある事です、モルタル補修します。との回答でしたが
本当に大丈夫でしょうか??
一生に一度のマイホームの基礎なので心配です。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ANo5です。面白そうなので私も参戦します。

ちなみに、一級建築士、一級建築施工管理技士 コンクリート診断士 某県の耐震診断士 です。
耐震診断は、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造で経験あります。資産は二千万円も持っていません。
こんなこと書いても意味無いけどね。

いろいろ議論挙がっていますが、私としては「カチオン、無収縮モルタル 炭素繊維」 が必要かどうかで書きます。
別に他の回答者さんを否定するわけではないです。私の見解です。

カチオンですが、私は以前の回答でモルタル補修と書きましたが、当然モルタル塗るのにプライマーは塗ります。カチオンかどうかは別にして。モルタル補修すると言っているのに、左官屋がプライマー塗らなかったら後ろから蹴飛ばします。それ位、普通の作業の一環だと思っています。問題はカチオンまで必要かどうかですが、塗ったら塗ったで別に良いですが、一般的な工法ではカチオンまで必要ないです。過剰な材料です。一般的な回答としてはカチオンまで不要と考えます。

無収縮モルタルも使用しても良いですが、普通モルタルでも大勢に影響ありません。どっちでも良し。

炭素繊維は不要です。意味が無い。基礎のせん断ひび割れとかが発生しており補強のため貼るならともかく、基礎の耐力に何も影響が無い箇所のコンクリートを「補修」ではなく、「補強」するのは無意味です。施主に対するアピールか気休めにしかなりません。

あと、現場ではこんなこと良くあることと言われていますが、現実としてよくあります。もっとひどいものもたくさんあります。しかし、それがよくあることだからいつも通りモルタルで補修すれば良いでは施主に対して理解が得られないと思います。ちゃんとした根拠を持って、標準以上で補修して、きちんとした説明をする必要があると考えます。現場にとってはよくあることでも施主にとっては唯一無二の家であり、施工側のミスであることに変わりは無いのですから。

ちょっと書きすぎましたか。苦情は受け付けます。(笑)

ANo5です。面白そうなので私も参戦します。

ちなみに、一級建築士、一級建築施工管理技士 コンクリート診断士 某県の耐震診断士 です。
耐震診断は、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造で経験あります。資産は二千万円も持っていません。
こんなこと書いても意味無いけどね。

いろいろ議論挙がっていますが、私としては「カチオン、無収縮モルタル 炭素繊維」 が必要かどうかで書きます。
別に他の回答者さんを否定するわけではないです。私の見解です。

カチオンですが、私は以前の回答でモルタル補修と書...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報