初めての申告です。
精算表は全部合っているのに、青色申告書の貸借対照表で負債・資本の部が棚卸商品の分だけ多くなってしまいます。
損益計算書の期首商品棚卸高は「0」、期末商品棚卸高は対照表の「棚卸資産」と同額でいいのですよね。
素人なりにいろいろと勉強してやっとここまでこぎつけましたが、私、何か勘違いをしていますでしょうか。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3の補足では、


貸借対照表 
    借方          貸方
現金預金  4,577,826   買掛金 1,067,539
売掛金    177,403  元入金 201,000
立替金     59,335   前受金 568,880
棚卸資産  1,232,550   事業主借 508,342
備品     277,665   当期純利益 7,687,242
保証金   1,000,000
事業主貸  2,708,224
合計   10,033,003 合計    10,033,003

損益計算書
仕入 79,322,849 売上 106,855,444
経費 19,845,353
当期利益 7,687,242
合計   106,855,444 

で、全て合っていますが、期末在庫が計上されていません。
そして、最初の補足では、
売上原価が 79,322,849-1,232,550=78,090,299と
なっていました。
この、79,322,879と言う数字は、期末在庫を引いた後の数字ではないのですか。
したがっても   仕入   80,555,399
  期末在庫  1,232,550
原価   79,322,849
ではないのですか。
そうすると、この数字を損益計算書に転記すれば、全て合います。
補足願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

期末在庫の件、ご指摘のとおりでした。
おかげ様で、とても勉強になりました。今晩からゆっくり眠れそうです。
kyaezawaさん、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/02/25 14:56

先ほどの回答を保留にして下さい。



売上 106,855,444
期首商品 0
仕入 79,322,849
期末商品 1,232,550
売上原価 78,090,299
売上利益 28,765,145
経費 19,845,353
当期利益 8,919,792
この計算は、合っていますね。と、云うことは、利益は
8,919,792 です。

それが「、私の作成した精算表では当期純利益は 7,687,242 になりました」、と書いてありますが、この差額が、丁度、期末商品の 1,232,550 です。
これは、どうしてでしょうか。

もし、差し支えなかったら、精算表の当期利益、7,687,242 の内訳を教えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。
よろしいのでしょうか。こんなにお手数をおかけして・・。当期利益の内訳です。

<損益計算書>
(貸方)
仕入 79,322,849
経費 19,845,353
当期利益 7,687,242
(借方)
売上 106,855,444

<貸借対照表>
(貸方)
現金預金 4,577,826
売掛金 177,403
立替金 59,335
棚卸資産 1,232,550
備品 277,665
保証金 1,000,000
事業主貸 2,708,224

(借方)
買掛金 1,067,539
元入金 201,000
前受金 568,880
事業主借 508,342
当期純利益 7,687,242

試算表で期末商品は貸方しか計上していませんでした。
借方に計上する棚卸資産は対照表では借方になるのですか?
開業以来、手作業で経理をすすめてきたので転記漏れなどがありそうだったうえに、事業の性質上(自動車販売です)前受金、立替金などがごちゃごちゃになってしまったので精算表作成の際には、あわないところは事業主貸にしてしまいました。
本当に無知でいいかげんでお恥ずかしい限りなのですが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/02/25 10:27

判りました。


まず、「棚卸資産」は、精算表では 借方と貸方の両方に記入します。
借方は 「棚卸資産」に 貸方は「期末商品」にです。
一つの仕訳は必ず借方と貸方の両方に記入します、これが複式簿記の原則です。

そして、貴方の精算表で当期純利益は 7,687,242 になっているということは、青色申告特別控除前の所得金額 8,919,792も、本当は7,687,242にならなければいけません。
この差額が丁度「期末商品」と同じ金額です。
そうすると、負債+資本の合計も10,033,003になり、
資産の合計と一致します。
お判りでしょうか。

不明な点は補足願います。
    • good
    • 0

まず、利益の計算ですが。

例題をあげると

売上    30,000

期首商品     0
仕入れ   25,000
期末商品    100
売上原価  24,900

売上利益  5,100

経費     3,000

当期利益   2,100 と、なっていますか。

次に、貸借対照表の 資本の部の 当期利益が 2,100
になっていますか。
貸借対照表の棚卸資産 100 は、資産の部(左側)に計上されていますか。

この通りなら、貸借対照表の「資産」の合計と
「負債」・「資本」の合計と一致するはずですが。

これでも、合わないのでしたら、もう少し具体的な数字を
教えてください。
必ず一致するはずですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawa様、専従者給与の件では大変お世話になりました。またまた、ご回答をいただき、ありがとうございます。
kyaezawa様の例のとおりに計算してみましたが、やはり私の作成した精算表の当期純利益とちょうど期末商品の分だけ差があります。せっぱつまっているので、お言葉に甘えて、具体的な数字をあげさせていただきます。

売上 106,855,444
期首商品 0
仕入 79,322,849
期末商品 1,232,550
売上原価 78,090,299
売上利益 28,765,145
経費 19,845,353
当期利益 8,919,792

現金預金 4,577,826
売掛金 177,403
棚卸資産 1,232,550
資産他 1,337,000
事業主貸 2,708,224
計 10,033,003

買掛金 1,067,539
負債他 568,880
事業主借 508,342
元入金 201,000
青色申告特別控除前の所得金額 8,919,792
計 11,265,553

私の作成した精算表では当期純利益は 7,687,242 になりました。(棚卸資産は精算表では貸借対照表の貸方でいいのですよね?)
お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/02/24 17:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三字熟語とか4字熟語を調べるには、 国語辞典で合ってますか?

三字熟語とか4字熟語を調べるには、
国語辞典で合ってますか?

Aベストアンサー

国語辞典では足りません、四字熟語辞典がいいでしょう。歳をとると知ってて当たり前、となるから必要ですね。
恋文を書くにも便利だけど、今やなんでもスマホですからね、でもスマホって信用出来ますか?我々昭和の漢字世代が見ると、時々怪しいのもあります。
大切な恋文はちゃんとした辞書を使いましょう。引くのが大変?でもストライクゾーンは何処にあるか、は知らなくてもいいから大切に考えた文、というのは心に訴えます。

Q期首[期末]商品棚卸高

「期首商品棚卸高」と「期末商品棚卸高」は、

 「資産・負債・純資産・収益・費用」のどの科目に分類されますか

Aベストアンサー

「期首商品棚卸高」と「期末商品棚卸高」は、いずれも、単独ではどの科目にも分類されません。

『売上原価』は費用に分類される項目ですが、「期首商品棚卸高」は売上原価に加算される科目であり、「期末商品棚卸高」は売上原価から減算される科目です。

Q潜在意識という4字熟語は、おかしい?!

駿台文庫の「現代文頻出課題文集」について質問です。

この本のP126の評論に潜在意識というのがあって、国語辞典で調べてみると「自分では、少しも意識していないが、その人の行動や考えに影響を及ぼしてる心の

働き」と書いてあったのですが、この意味なら潜在心理とかになりませんか?潜在(潜んでいる)のは、心の働きなわけですし(1)

また、この4字熟語が具体的にどういう現象をさすのかが?です。そんなことってあるのか?という感じです。

だれか、詳しい人は、教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。
潜在意識とは「活動はしているが自覚されない心理現象」と定義されます。質問者さんの仰る通り、心の深層に潜在しているのはその働きです。

意識といいますのは「随伴現象」であり、脳内で作られる心象を自覚するために発生するものです。ですが、実際に意識の中で扱われるのはほんの一部分でしかなく、我々の脳内に自覚されない心理現象の存在することは明白です。潜在意識とはこれを指します。
では、意識というのが自覚を行うための現象であるならば、自覚を行わない潜在意識に意識は発生していないということになります。ならば、意識の在る無しに関わらず我々の脳内に何らかの心理現象が発生するのであるならば、それは顕在・潜在ではなく、「意識・無意識」によって区別されなければなりません。

我々の脳内に無意識が存在するというのは、それは意識に上らない心理現象を扱う機能が構造的に存在するということです。無意識行動といいますのはその結果であり、これは「無意識領域」の働きによるものです。これに対しまして、意識行動が執られるならば更に意識領域の働きが加わることになり、そこに自覚という現象が伴います。
では、同様にこれを「潜在意識領域」と捉えたらどうなるでしょうか。ところが、我々の脳内には記憶情報など、意識に上る前の「前意識」というものが格納されており、これでは決して意識に上ることのない無意識領域の定義と区別することができなくなってしまいます。
このように、最初に述べました通り潜在意識とは即ち心理現象であり、その働きとは、厳密には無意識領域の機能として脳内に存在するものです。ですが、潜在意識といいますのは意識を中心とした考え方であり、意識と対比するならば分りやすいのですが、これでは脳内にその存在や構造を示すのには不十分です。このため、ここでは意識ではなく、常に無意識を中心とした考えが優先され、従来の心理学で潜在意識という用語が用いられることはほとんどありませんでした。

恐らく、これが潜在意識という言葉の位置付けであり、厳密には学術用語ではないです。因みに「顕在意識」という言葉は国語辞典にも載っていません。
ご質問を拝見したときから気になっていたのですが、質問者さんがお調べになった「考えや行動に影響を及ぼす」という部分は、これはどう見ても潜在意識の定義には不必要な拡大解釈に当たり、わざわざこのような説明を載せている辞典はちょっと珍しいです。今では頻出文例でも扱われるほど巷に飛び交っており、専ら経営学や能力開発などの分野に派生していますが、ただ単に都合の良い解釈として用いられているものも少なくありません。経営学や能力開発といいますのは人間の営みを扱う学問です。ですが、それが必ずしも人間にとって都合の良い結果になるとは限りません。このため、ここで都合の悪い部分を改変してしまいますと、科学としての客観性が著しく損なわれる結果となります。

こんにちは。
潜在意識とは「活動はしているが自覚されない心理現象」と定義されます。質問者さんの仰る通り、心の深層に潜在しているのはその働きです。

意識といいますのは「随伴現象」であり、脳内で作られる心象を自覚するために発生するものです。ですが、実際に意識の中で扱われるのはほんの一部分でしかなく、我々の脳内に自覚されない心理現象の存在することは明白です。潜在意識とはこれを指します。
では、意識というのが自覚を行うための現象であるならば、自覚を行わない潜在意識に意識は発生してい...続きを読む

Q前年度で棚卸をしなかったので期首商品棚卸高がわかりません

個人事業で今年初めて青色申告します。
全くの初心者です。

前年度は利益がなかったので申告はしませんでした。
恥ずかしながら簿記の知識もなかったので棚卸というものをしていませんでした。
期首商品棚卸高はどうしたら良いでしょうか。
期末商品棚卸高だけの記入で良いのでしょうか。
伝票から大体の金額を割り出したりした方が良いのでしょうか。

自宅で一人の小さな事業なので金額は少ないです。
教えて頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

言葉は悪いですが、今となっては書類(実地棚卸表)をでっち上げるしか有りません。
在庫額は、期中に紛失や破損などの損失が無い限り、次の等式が成り立ちます。
 期首在庫+当期入庫=期末在庫+当期出庫
で、この式を変形すると
 期首在庫=期末在庫+当期出庫-当期入庫
つまり、2番様が書かれている方法を取ればよい事になります。

Q4字熟語

鏡自不照とはどういう意味でしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「鏡は自らを照らさず」とか、「鏡は自らを照らせず」とかの意味ではないかと思いますが・・・。
「周囲を照らしている鏡は、周辺のことは隅から隅まで見て理解できるが、自分のことを照らすことは出来ない。したがって、周囲のことがわかっている割に、自らのことは見えていない」と解釈しました。

*「世間のことは判っている人でも、自分のことは判らないものだ」という解釈なのでしょうか?

全く知らない熟語ですが、そのように字面からは受け取れます。

自信なし!参考にはならないかも。

Q海運会社の損益表と貸借対照表を理解したい。

4月から海運会社で働き始めた者です。
経済学部でもないのに経理に配属され、見たこともない損益計算書や貸借対照表に数字を埋めろと言われても全然わかりませんでした。まぁ先輩に聞きながらなんとかできましたが……。
そこで損益や貸借をはじめ、基礎的な経理、会計の知識を学べる本はないでしょうか?
減価償却、営業利益、流動資産……なんだこれ?といった感じですw。
お願いします。
ゴールデンウィークで勉強をしたいと思ってます。

Aベストアンサー

そーいう問題かぁ。粉飾決算とか、ミカジメ料とか、港湾荷役との裏金の話かと思ったら、もっと手前の状態の質問ね。

短期間で頭に叩き込むなら、各自治体などや全国に8ヶ所ぐらいに散らばってる、中小企業大学(検索してHPを見つけてください)などの『経理、財務のセミナー』か、商工会議所での講座などがいいと思います。GWの数日間で理解するなら、本屋で、『財務管理』関係か、「3日で解る!バランスシート」などのように書いてる本を読めば解ると思います。

バランスシートは、企業の健康診断結果みたいなモノなので、早く理解できれば、それだけ今の状態や取引しようとしてる先方の実情も判るようになるし、バランスシートだけで、だいたいの漠然とした業種もわかるようになるですよ。

Q4字熟語

一龍一蛇の読み方と意味は

Aベストアンサー

イチリョウイチダ

時の流れのままに自在に変化し、一つの立場に執着しない

Q期首棚卸と期末棚卸

初歩的なことでスミマセン。。。
昨年までパソコンで管理していてパソコンが壊れてしまい昨年度の確定申告のデーターが全て無くなってしまいました。。。
前年度分の期末棚卸の額と今年度申告する期首棚卸額は同じでなくてはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

税務署に行けば(本人が必須)代理人の場合は委任状も必要です。
過年度の申告内容を教えてくれるかと思います。

Q書道で書くかっこいい言葉

習字で書いてあったら『こいつはすげぇぇ!!』と思うような字があったら教えて下さい!!!
2文字~4文字のでお願いします!!!!

Aベストアンサー

ベタなところでは「風林火山」とか?

他、4字熟語から探してみればいいのでは?
http://blogs.yahoo.co.jp/jack91g

ちなみに大人で書道している人は6文字以上がほとんどだと思いますよ。

風林火山も文章ごと書きます。
「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」

Q損益計算書で算定される利益と、貸借対照表の利益が正負反対で同額となる理

損益計算書で算定される利益と、貸借対照表の利益が正負反対で同額となる理由を教えてください。
また、このことと残高試算表の貸借が均衡することとの関係性も教えてください。

Aベストアンサー

複式簿記では全ての取引を仕訳によって借方と貸方同額になるように計上しますから、その累計である試算表・精算表の額も必ず貸借同額になります。貸借対照表と損益計算書はそれを科目別に切り分けるだけですから、必ず
1.(貸借対照表の借方+損益計算書の借方)=(貸借対照表の貸方+損益計算書の貸方)
が成り立ちます。ここから貸方に関する項目を左辺に移項すると
2.(貸借対照表の借方+損益計算書の借方)-(貸借対照表の貸方+損益計算書の貸方)=0
となり、これを展開すると
3.貸借対照表の借方+損益計算書の借方-貸借対照表の貸方-損益計算書の貸方=0
となり、さらにB/S、P/Lで分けてくくると
4.(貸借対照表の借方-貸借対照表の貸方)-(損益計算書の貸方-損益計算書の借方)=0
となります。これは同時に
5.(貸借対照表の借方-貸借対照表の貸方)=(損益計算書の貸方-損益計算書の借方)
ということですが、
ここで、(貸借対照表の借方-貸借対照表の貸方)も(損益計算書の貸方-損益計算書の借方)もそれぞれ利益の算出式ですから、これらは一致するということです。

結局、複式簿記の仕訳によって残高試算表の貸借が一致することがB/SとP/Lの利益が一致することの前提だと言えるでしょう。

複式簿記では全ての取引を仕訳によって借方と貸方同額になるように計上しますから、その累計である試算表・精算表の額も必ず貸借同額になります。貸借対照表と損益計算書はそれを科目別に切り分けるだけですから、必ず
1.(貸借対照表の借方+損益計算書の借方)=(貸借対照表の貸方+損益計算書の貸方)
が成り立ちます。ここから貸方に関する項目を左辺に移項すると
2.(貸借対照表の借方+損益計算書の借方)-(貸借対照表の貸方+損益計算書の貸方)=0
となり、これを展開すると
3.貸借対照表の借方...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報