二元論ってどういう考え方のことですか?
他の方が同じようなことを聞いているのを読んだのですがイマイチ解りません。
解りやすく+詳しく教えてください!よろしくお願いします。
新参者のくせに無理言ってすいません^。^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

再登場です。


#2のアドバイスでは
質問に対する直接的な答になっていないのと
誤解を招く部分があるなぁ、と思ったので。

とりあえず哲学における二元論を考えてみましょう。
恐らくその方が質問の意図に近いと思うから。

まず二元論の前提として
この世の中なり日常世界の背後、あるいは別の場所に
真の存在や真理があると考えます。
この世を超えた(=形而上)真理を追及する学問が形而上学です。
この真の存在が形而上学でいえばイデア、宗教でいえば神です。

さて、完全な存在、あるいは真理が客観的に存在していれば
私たちが日常経験している完全ではないもの
あるいは日常的な判断はどこから生じているのか?
この両者はどう関係しているか?が問題になりまね。
こうして真理と日常、物と名前、
デカルトの精神と自然、カントの叡知界と現象界、
といった二項対立の関係から真理を導き出そうとするのが
二元論の基本だと思います。

下のアドバイスで三位一体論を三元論としたのは
誤解を招く、というよりは嘘です。もっと複雑です。
わりと現代思想に近い考え方です。
    • good
    • 2

 人間の思考の癖と考えると分かりやすいと思います。



 例えば「考える」ということを考えると、「考える」行為主体を一方に置き、他方に「考えられている」対象を措定します。これで二つの項目が立ちました。主体vs客体、主観vs客観、精神vs物質等々と、二項を独立し対照させる考え方の基本です。
 日常生活に於いても好き嫌いや善し悪しなど、対立する概念を参照して反省や判断をすることが、ともするとありがちです。このような傾向を「二項図式」で物事を考える癖と云います。しかしまた、ふたつが共に元々あるというのも座りが悪いと考えるのも人間の癖なので、哲学や宗教はどうにかしてそれを一元化しようとする営みと考えられます。
 デカルト的二元論は「物質」と「精神」を区別して考えますが、見方によれば神と自然が渾然一体としていた呪術的自然観から、「精神」の活動を抜き出すためにまずは二項を弁別したのだとも云えます。以来、「二元」といえども哲学的思索及び科学的経験は「精神」の活動中心になりました。
 実在論の立場に於いては、「神と悪魔の戦い」は別にして、「物質」と「波動」が実在の基本の地位を争った経緯があります。現在では「実在の二面性」などと表現したりしていますが、これなども人間が持つ二元論的思考の限界かも知れません。また、話はここに止まらず、「観察」と「対象」という新たな二元論が統一を目指して論議されています。
 「唯一と二」、「一切と多」は哲学的思考の根本問題ですが、これさえ「二項図式」を借りて表現されているのですから、私たち人間の「二元論」好きは病膏肓と云って過言ではありません。簡単にその場所を突き抜けるという思想は、多分に「独りよがり」か「原初的神懸かり」の傾向にあると云えるでしょう。
    • good
    • 5

分かりやすく書いてみます。


その分、厳密ではなくなります。

宗教とか哲学、っていうのは「何が正しいのか?」を問うていますよね。
その時、「絶対的な真理」があるという前提で
この世なり社会を「善と悪」といった2つの価値対立で
捉えていくのが二元論です。
中世西洋では、絶対真理を神に求めるのが主流でした。
近代西洋になると、絶対真理を科学に求めるようになります。
20世紀に入ると「絶対真理なんてものがあるか?」と
いう人が増えてきます。
例えばヴィトゲンシュタインは「動かないモノ(=真理)は
それが絶対だから動かないのではなく
周りのモノに挟まれているから動けないのだ」といったような
コトを言っています。
これが相対論です。
二元論と相対論を対比させるのはやや乱暴ですが
何となく二元論のイメージや価値が掴めてくるのでは?

因みにキリスト教は「父と子と聖霊の」御名における
三位一体論(三元論)が基本だったのですが
これは二元論に較べて難しいのです。
だって、二元論なら神は正しく悪は正しくないわけですから。
三元論だと父(=神)、子(=人)、聖霊(=第三者)の中に
真実が隠れている、というので分かりにくい。
でね、ズルして今みたいな簡単な教義を主流にしたんだよね。

それから「風の谷のナウシカ」という作品がありますが
アニメは二元論、コミックは三元論で全然結末が違います。
結構、面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なお返事ありがとうございます。
私の頭の中は一段とこんがらがってきましたが動かないものが真理っていうのは
勉強になりました。
二元論には関係ないけど風の谷のナウシカは面白いっスよね^。^
ってことでどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/27 00:24

  相異なる二つの根本原理(互いに相対立する)から宇宙の成り立ちを説明する宗教、哲学上の立場。

例えば古代ゾロアスター教のように光と闇の二原理が世界の成立の要素と同時に物事の善悪(価値としての対立)のもとであるといった考え方。これは万物に神が宿るとする汎神論的一元論とは対立します。
  また哲学上の二元論は普通、精神と物質(自然)のどちらかを根本的な実在とする唯心論・唯物論とするのに対し、精神と物質の区別を説くもので、デカルトの二元論がその最たるもの。(思考と延長、精神と身体との区別で、フランス哲学の伝統)。
   しかし今は知識と善悪についての判断ははっきり区別するようです。アメリカ、イギリスの分析哲学ではさらにそうなっているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事いただきありがたく思ってます^-^
なんとなく解ったような気がします。
世の中には良い事と悪い事があるみたいなもんですか??
勝手にそんな風に思ってしまったんですが・・・どうなんでしょう?

お礼日時:2001/02/25 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q^-^なみだのかずだけめくるめくゆめはなに^-^それを教えてイデア様^-^本気呑気勇気のおいらにおたのもうします^-^

^-^なみだのかずだけめくるめくゆめはなに^-^それを教えてイデア様^-^本気呑気勇気のおいらにおたのもうします^-^<MethaDatum運営様削除凍結追放はごえんりょくだしあ|これはきわめて困窮した人の叫びなのです|あなたのまなむすめのなまくびきたくしたどまにごろんとかこまるでしょ|このMethaDatumは削除可能です><MethaDatumこの投稿は削除も可能ですが魚拓済みですよ>

Aベストアンサー

マッチ売りの少女のような臨死寸前体験をしている真っ最中なのでしょうね。
私にも経験があります。
その心理状態はかたや無心、かたや鬼神の声と表現しました。
混乱はカラ騒ぎですからやがて収まるでしょう。

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Qデカルトの身心二元論、わかりやすく教えて!

デカルトの身心二元論をわかりやすく説明してください。
特にわからないのは、
「物(身体)は延長を本質とし,心(精神)は非延長的な思考を本質とする」
という考え方です。ここでいう「延長」とはなんのことなんですか?
急ぎの用なので本を読む時間がありませんでした・・・
至急お願いします!!!!!m(._.;)m

Aベストアンサー

デカルトが流行ってらっしゃるのでしょうか^^;
心身二元論については下の方の質問にも答えているので
それを参考にして頂けるとありがたいのですが、
さらに「延長」について説明します。

延長は、物体を語るうえで重要な概念です。(観念論じゃなくてよかった^^)
物体を定義しろ、という時に何を思い浮かべます?
重さはないけれど、物があるってことありますよね。真空とか。
で質料とかもかなり微妙ですし、不可入性とかも言われたりしますが、
まず何よりも先に立つのは延長です。
延長は広がりとか言ったりしますが、要するに、縦、横、高さ(3次元なので)
があることです。1つでも2つでもいいんですが。
でもどれもないってことは物体である以上ありえないですよね。
どれもないものは、だから精神なわけです。

延長というのは物体が空間の中に存在する以上、必然のことであり、
空間を一定の量占めて、そこにあるという存在の形式でもあります。
デカルトはこれを実体「物質」の属性(本質)とします。
これはスピノザやロックも受け継いでいきます。

分かってしまうと何でもないことなんです。少なくともデカルトにおいてのみ言うなら^^;
ただいかにも専門用語!といった感じなので戸惑われるかもしれません。

「方法序説」なんかは薄いし、肝心のところさえ読めばすぐです。
意外と分かりやすいので、気になるようでしたらご一読を。

デカルトが流行ってらっしゃるのでしょうか^^;
心身二元論については下の方の質問にも答えているので
それを参考にして頂けるとありがたいのですが、
さらに「延長」について説明します。

延長は、物体を語るうえで重要な概念です。(観念論じゃなくてよかった^^)
物体を定義しろ、という時に何を思い浮かべます?
重さはないけれど、物があるってことありますよね。真空とか。
で質料とかもかなり微妙ですし、不可入性とかも言われたりしますが、
まず何よりも先に立つのは延長です。
延長は広...続きを読む

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Q自由意志と心身二元論

自由意志と心身二元論は両立しないようですが、その理由としてどういうことが考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

心身二元論ということは心と身が互いに依存し合うことがないということですので、そうなると心の属性である意志は身体の行為に対して何ら責任を持ち得ないということになるからだと思います。

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Qデカルトの心身二元論について

デカルトは心と体は独立しているという考えでしたが、精神的に病んでいれば実際に体調も悪くなると思います。

これは心と体が通じ合っているということではないのでしょうか?そうすると心身二元論は成り立たなくなると思うのですが、どうなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 精神的に病んでいれば実際に体調も悪くなると思います。

いやいや、そういう考え方が「精神」と「身体」を二元論的に考えている、ということなんですよ。

だって、一元論的に考えると、そもそも「精神」と「身体」を分けて考えることもなく「体調が悪い」とだけ言うではありませんか。

「精神的に病む」(原因)→「体調が悪くなる」(結果)
というふうに、原因と結果という脈絡で考える、その考え方そのものが二元論なのです。

わたしたちは身体とは別に精神というものがある、とどこかで考えています。
デカルトの登場した近代ヨーロッパばかりでなく、世界中で、大昔からそういう考え方は根強いのです。

デカルトが「心身二元論」の祖とされるのは、そういう意味とはちょっとちがいます。
デカルトは身体という実体と精神という実体とのふたつに切り離します。そうして、精神である心が主体、延長(※これはデカルトの用語で、「放送時間の延長」とかの意味とはちょっとちがう)である身体は客体と位置づけていったのです。
そうして、その心と身体の結び目を「松果腺」という脳の器官に置いたのです。

だから「精神的に病んでいれば実際に体調も悪くなる」というのは、デカルト的に言っても「無問題」なわけ。

このデカルト流の心身二元論というのは、わたしたちの考えのなかにも根強いものです。
わたしの体はわたしのもの、という言い方があるんですが、このとき「わたしの体」を所有している「わたし」って何なんでしょう? わたしの「心」? わたしの「脳」? ともかく「体」以外の何かが体を所有しているから、そういう言葉が出てくる。その発想が二元論なんです。

たとえば臓器移植なんていうことができるのも、身体の中の臓器を機械の部品のように考えているからそういうことができる、ともいえます。
あるいは「脳死」は人の死かどうか、という議論にしても同じです。

「人間は身体としてある」みたいな意識が哲学で出てきたのは、二十世紀に入ってからですからね。それでも、一元論的にとらえるのはなかなかむずかしいんです。

> 精神的に病んでいれば実際に体調も悪くなると思います。

いやいや、そういう考え方が「精神」と「身体」を二元論的に考えている、ということなんですよ。

だって、一元論的に考えると、そもそも「精神」と「身体」を分けて考えることもなく「体調が悪い」とだけ言うではありませんか。

「精神的に病む」(原因)→「体調が悪くなる」(結果)
というふうに、原因と結果という脈絡で考える、その考え方そのものが二元論なのです。

わたしたちは身体とは別に精神というものがある、とどこかで考えてい...続きを読む

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q二元論に関して   

二元論に関して    “個人と社会”は近代の経済活動を論じる際に、二元論の対象となり得ますか?(哲学に疎いので易しい解説をお願いします^^;)

Aベストアンサー

「二元論」をどこまで厳密に扱うかによって、結論は違ってくると思いますが、「個人と社会」は近代の経済活動を論じる際には、興味深い二元論の対象となり得るのではないでしょうか。
質問者の意識(意志)として、このテーマに対して「二元論」を採用した場合の論旨の明晰さ、面白さ、奇抜さ等から判断してみてはいかがでしょうか。

構成の従属関係から言えば、個人と社会は絶対的背反の関係ではないので、電気の正負や男女の性別のような意味での「二元論」を採るのは難しいと思います。(別の回答者の通りだと思います)

しかし、精神と肉体、あるいは意識と物質、のような関係と似たものとして論じるならば意味があるのではないでしょうか?(あなたが唯物論者ならば、肉体が無ければ精神も存在しえない、物質が無ければ意識も生まれてこない、というように、これらは疑似二元論である、と考えるかも知れませんが、歴史的にこのテーマは通常「二元論」として扱われてきましたので、この意味で「二元論」という言い方をすれば、それなりに本件のテーマに関して面白い分析が出来るのではないでしょうか?)

もとのテーマを二元論で考察するのは個人的には有意義だと思います。
俗っぽい視点からでも、法人(会社)と個人、国家と個人、中国(共産主義的?)国家資本主義と「自由主義的」国家資本主義と個人との関係など、「二元論」的な分析・考察から新しい見方が可能かも知れません。

「二元論」をどこまで厳密に扱うかによって、結論は違ってくると思いますが、「個人と社会」は近代の経済活動を論じる際には、興味深い二元論の対象となり得るのではないでしょうか。
質問者の意識(意志)として、このテーマに対して「二元論」を採用した場合の論旨の明晰さ、面白さ、奇抜さ等から判断してみてはいかがでしょうか。

構成の従属関係から言えば、個人と社会は絶対的背反の関係ではないので、電気の正負や男女の性別のような意味での「二元論」を採るのは難しいと思います。(別の回答者の通り...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報