ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

こちらの掲示板の質問回答はとても充実していて、
筋力トレーニングをしている私にとってはとても参考になります。

この度、
はじめてこの掲示板に投稿させていただきますが、
どうぞよろしくお願い致します。

私は現在週に3回ジムに通っており、
全身をトレーニングするようにしています。

これまではベンチプレス、デッドリフト、スクワットを中心に、
補助種目を加えてやっておりましたが、
元々腰痛持ちの体質?がありまして、
デッドリフトとスクワットを1週間に1度ずつやってしまうと、
起立筋の回復がおいつかず、常に腰痛に悩まされるということになってしまったので、デッドリフトをメニューからはずしました。

よって、スクワットにより起立筋(腰)と脚全体を鍛える形になっておりまして、デッドリフトを外した分、ベントローやラットプルダウンで広背筋及び後肩を鍛えるようにしています。

しかし、こうのメニューにしてもスクワットをすると、
どうしても腰痛になってしまいます。
起立筋が筋肉痛で腰痛になっているとは思うのですが、
腰に不安がある状態でベントローをやるのも、
精神的にも肉体的にも不安です。

こちらの掲示板のいろいろな問答集を読ませて頂いたのですが、
高重量でデッドリフトやスクワットをされていた方で、
ギクッとやってしまって、それ以来スクワットをすると軽い重量でも
腰が痛くなってしまうという回答がけっこうありました。

私のジムの周りの人でも、
腰を一度悪くしてしまい、スクワットができなくなってしまった人がいます。その人はレッグプレス、エクステンション、カール等で脚を鍛えているようでした。

私は趣味で筋力トレーニングをしているだけで、
スポーツも特にしておりませんし、アスリートになるつもりもありません。目標としては年をとっても”動ける親父”になりたいと思っています。

そこで、お聞きしたのすが、特別な目標やスポーツをやっている人でない限り、やはり腰痛持ちがデッドリフトやスクワットをするのはリスクが大きいのでやめておいて、他のベントローやフロントランジにしておいた方がよいのでしょうか?

それともデッドリフトやスクワットは、他の種目では得られない程の効果があるので、リスクを承知の上でもやった方がよいのかお聞きしたいです。

長文になりましたが、ご回答の方よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

筋トレについて根本的な誤解をされているようなので追記します。


>ですが、やはりパーシャルですとごまかしてるみたいで、
悔しいです(^^;)
 体を鍛えるためトレーニングと競技としてのデッドリフトやスクワットとは目的がまったく違います。
競技というのは「困難さ」を求めるものです。
人間が一番力を発揮できるのは、デッドリフトにしてもスクワットにしても「パーシャルレンジ」での挙上です。
フルレンジのスクワットやデッドリフトなどというのは困難だからこそテクニックがあり、競技として成り立つのです。
あくまでも限界重量の「フルレンジストリクト」にこだわるのなら、この先さらに怪我に悩まされることになると断言します。
そのあたりの疑問が解けないのなら私が紹介したサイトで一度質問されることがよろしいかと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

パワーファクタートレーニングの大岡理論というものを知りました。

たしかにパーシャルでも充分効果的なようです。

ちょっとスクワットはパーシャルかハーフ程度で
一番自分で力がだしやすい範囲でやっていきたいと思います。

これなら腰痛にもなりにくそうです。

ただパーシャルのスクワットだとお尻やハムが鍛えられにくいですが、
私の場合スモウデッドをやるので問題解決です。

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/01/06 05:07

#4です。


お礼メールを拝見して、僕が感じたことを書いてみようと思います。

>スクワットとデッドリフトって、使用する筋肉が似ていますよね。

僕は使う筋肉は全く違うと考えていますし、全く違った効果を狙う種目であると「意識」しています。

フルスクワットの場合、大臀筋・ハムストリングスそして脊柱起立筋を中心とする「体幹の下部」。
デッドリフトは、はっきりいって「どこを鍛えているのか良く分らないという感覚が本音だけれども・笑」大臀筋・ハムストリングス・脊柱起立筋と「体幹の上部」。
もっとも、ハーフスクワットを高重量で行えば、別の意味で「体幹の上部」の強さが必要な気もしますが。

ウエイトの扱い方も変えています。
僕は、デッッドリフトはフルレンジしかやりません。
そして、1回ずつ仕切り直します。
バーベルを地面から引き上げて、トップから降ろすときは腹圧と脊柱起立筋で背骨を守りながらネガティブは効かさない。
一度降ろしたら、バーから手を離し、呼吸を整えて腹圧をかけ直してまたフルレンジで引き上げる。
重い重量を「挙げる」ことが全てです。
フルスクワットは、背中のアーチを意識しながら、ネガティブも十分に効かせて、立ち上がるときにはグイッと少し早めに挙げます。

>だから私の場合オーバーワークになってしまうのではないかと思いました。

●休養を十分開ける
●辛いときは、デドリフトを1サイクルとばす

という対応をしています。
スクワットやデッドは中7~10日くらいでも構わないような気がします。

僕は既に50代半ばで、40代までで一生分働いてしまった感覚で仕事にちょっと飽きたハーフリタイア・オヤジ(笑)、65kg、ウエイトトレを楽しみ始めてせいぜい3年くらいのヘタレトレーニーなので、デッドもスクワットも、めったに100kg以上は扱いません。
それでも、100kgのバーベルをフルレンジで1回ずつ持ち上げると、「あ~~~男の労働をした…」みたいな気分になるし、フルスクワットで大臀筋の筋肉痛を感じたり、100kg超のハーフスクワットをすると、「エジプトのピラミッッド建設労働の充実感」みたいなハイな感覚が楽しめます♪

10RMとか筋肥大というのではなく、
●デッドは重いバーベルを一発ずつ!
●フルスクワットはキング・オブ・トレーニング
実は、重労働的全身トレーニングという感覚で行えば良いような気がします。

「記録」にこだわるのはベンチプレスにしておいて、スクワットとデッドは全身労働の体のキシミみたいな感覚を楽しんだ方が、イイ体になれるような気が僕はしています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

十分に休養をとるということが大切なのですね。

スクワットもパーシャルレンジでも四頭筋よりにはなってしまいますが、効果的なようですので、スクワットもやっていきたいと思います!

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/01/06 11:33

50代男性。


ウエイトトレーニングを楽しんでいます。

僕も以前はデッドリフトで腰を痛めるのが怖くて、トレーニングに取り入れていませんでした。
また、スクワットもフルスクワットは行っていませんでした。
しかし、かって腰を痛めた経験があるトレーニングの先輩達の反省も含んだ話を聞いたり読んだりしている中で、きちんと注意すれば、決して大きな危険はなく、とても大きな効果があることを理解して、今現在はトレーニングに取り入れています。

僕が注意しているポイントの中で特に大事なことは、

●教科書的な下背部のアーチや筋肉の収縮だけでなく、「腹圧を高める」意識をしっかり持つことで、腰を守る

●ベンチプレスと違って「追い込むという意識を捨てる」

の2点です。

具体的には、フルスクワットであれば、10~12RMの重量でも1セット8回で止めます。追い込みません。
デッドリフトの場合は、感覚的に5RM位と思われる重い重量を3回とか、10RMを6回とかでセットを組みます。

例えば、スクワットであれば、

●ワイドスタンス・フルスクワット 75kg×8回 3sets
●パラレルフィート・ハーフスクワット 75kg×10回 3sets
●フロントランジ 37.5kg×5回 3sets

デッドリフトなら、

●デッドリフト 80kg×6回、100kg×3回、90kg×5回 2sets
●チンニング グリップを変えて2sets
●ラットプル 3sets
●シュラッグ 3sets

こんな感じで無理のない、デッドでは追い込まないトレニングメニューを組みます。それでも体幹をしっかりと鍛える効果はあります。
「今日は調子が悪いな…」と感じたら途中で止めます。
スクワットで危険を感じる日は、レッグカールやレッグエクステンション、ブルガリアンスクワットといった体幹に負担が少ない種目に切り替えます。

フルスクワットとデッドリフトって、やはり、体幹を強くするという意味で「トレーニングの王様」なんだと思います。
10RM目一杯で筋肥大、という感覚でなく取り組むの種目なのだと思いますよ♪
    • good
    • 4
この回答へのお礼

非常に参考になるご意見ありがとうございます。

あれからメニューの方を再度考えてみたのですが、
おっしゃるとおり、デッドリフトやスクワットは体幹を鍛える種目としてはすばらしいものがあり、あまりはずしたくないと思いました。
ベンチプレスでも体幹は使うと思いますが、
やはり重たいものをスタンディングで持ち上げるという動作はもっとも基本となるものですよね。

そこで考えてみたのですが、
スクワットとデッドリフトって、使用する筋肉が似ていますよね。
だから私の場合オーバーワークになってしまうのではないかと思いました。

そこで、ワイドスタンスで行うスモウデッドというもの1つで、
背中全体、お尻、足(内転勤)を鍛えようと思います。四頭やハムは別種目でやってみます。

このようなメニューを考えました。
スモウデッド→フロントランジ→レッグエクステンション→レッグカール→カーフレイズ

以上のようなメニューです。これをした後、中1日あけて、
ベンチプレス、ケーブルロー、ラットプルダウン
という風にベントローのように起立筋をあまりつかわずともできる背筋のトレーニングをいれました。

ご回答を参考にこのような感じに思いつきましたが、
いかがでしょうか?

お礼日時:2009/01/05 19:15

腰を痛めてるのでしたらデッドリフトはやらない方が良いと思いますよ。

更に悪化すると思いますので。
フリーウェイトのトレーニングの故障の原因は負荷の掛け方とフォームにありますのでその辺を考えてトレーニングすると良いと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

デッドリフトはやらないほうがいいのですか。

一応脚と起立筋のトレをかねて
スモウデッドをやってみようと思っています。

お礼日時:2009/01/05 11:25

>結論からいうと別にフルレンジのスクワットやデッドリフトを行わなくても良い→種目を変えても問題ない


ということではなく、パーシャルのスクワットやデッドリフトであれば充分やる価値はある、ということです。
ただ、確かに背中の筋肉を鍛える種目をやると脊柱起立筋に負担がかかりますし、そのために、筋トレ目的であればあえてデッドリフトはしない、と人もおられるようです。参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうことですか。

ですが、やはりパーシャルですとごまかしてるみたいで、
悔しいです(^^;)

たしかにボディビルダーでもデッドリフトを全くしない人もいるみたいですね。

お礼日時:2009/01/05 00:15

デッドリフトで腰痛になっているとおっしゃっていますが、本来デッドリフトは脊柱起立筋を鍛え、腰痛を軽減させる効果があります。


ただし、フルレンジストリクトにこだわらなければ、という条件付きです。もしかして、スクワットもデッドリフトも思いっきりフルレンジでやってませんか?あなたのおっしゃるとおり我々は競技者ではないんですからベンチプレスもスクワットもデッドリフトもフルレンジでやる必要はありません。一番力が出るパーシャルレンジでやるべきです。
詳しくは下記のサイトで質問していただければ解決すると思います。

参考URL:http://reaction-resistance.com/TANREN-HP/soudans …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

フルレンジにすると、やはり腰に負担はかかりやすいということですね。
パーシャルでやればたしかに腰に負担はかかりにくいです。

結論からいうと別にフルレンジのスクワットやデッドリフトを行わなくても良い→種目を変えても問題ない

ということですね。

あれからずっとメニューを考えていたのですが、
スモウデッドというものを取り入れようと思います。

これなら状態がかなり立つので腰が痛くなりにくいですし、
起立筋及び大殿筋が鍛えられそうです。

そして、四頭やハムはエクステンション、カールで鍛える。
そうすれば脚と起立筋が同時に鍛えられますし、
腰の負担も軽減できそうです。

それに加え、別の日にベントローやラットプルダウンをすれば、
背中全体も問題なく鍛えられる!

っと思ったのですが、いかがでしょうか?

お礼日時:2009/01/04 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデッドリフトで腰をやってしまいました・・・

はじめて投稿させて頂きます。nqk39781と申します。

本格的な筋トレ暦は3ヶ月
身長177cm 体重 74.5 体脂肪17前後 29歳 男性で
す。

平時は背中のトレーニングは
フロントラットプルダウン(順手のワイドグリップ 62kg*12レップのドロップセット ウェイトダウンは2回)
で行っているのですが、
先日、BIG3の最大を計ってみようと数度しか経験のないデッドリフトを行ったのですが(フォームは知識としてはありますが、実際に加重時に行えたかは微妙です)

有酸素による全身ウォーム→バーベルを使った動的ウォーム(合わせてフォームの確認)後、

80数レップ(軽く感じゲイン)→100で二発(まだいけそうゲイン)→120(なんとか一発)

とやった直後、腰に痛みを感じ現在に至ります。(当日はその後のトレ全てこなしました)

レントゲンで骨に異常はなく、整体師はしばらく休めとのことでした。
それでお聞きしたいのですが・・・

この際やはり腰に負担が掛かる種目だけではなく、筋トレ全般を取りやめた方がいいのでしょうか?

また今後日常において特に気をつける点などはありますか?

スポーツにおける腰の怪我は経験がなく勝手がわからないのです。



経験者、有識者の方の御意見をお待ちしております。

返信は明日の夜行わせていただきますね。
それではよろしくお願いします。

はじめて投稿させて頂きます。nqk39781と申します。

本格的な筋トレ暦は3ヶ月
身長177cm 体重 74.5 体脂肪17前後 29歳 男性で
す。

平時は背中のトレーニングは
フロントラットプルダウン(順手のワイドグリップ 62kg*12レップのドロップセット ウェイトダウンは2回)
で行っているのですが、
先日、BIG3の最大を計ってみようと数度しか経験のないデッドリフトを行ったのですが(フォームは知識としてはありますが、実際に加重時に行えたかは微妙です)

有酸素に...続きを読む

Aベストアンサー

45歳おとこのこです。
まず、整体師には相談しないこと、これ基本
もっとひどいことになる可能性あり。

>>筋トレ全般を取りやめた方がいいのでしょうか?

やめなさい
もっとひどいことになります。

腰は甘く見ちゃだめです。
私もう10年以上デッドはやらないし
フルスクワットも加重落としたものしかやらんです
フルスクワットとデッドをメニューからはずし
ベンチのMAX挑戦もしないため
最終的なBIG3MAXの合計が何年も前の500寸前で止まったままです。
でも別にそれでいいと思います。
趣味だし、体がでかくなればいいんですから

>>また今後日常において特に気をつける点などはありますか?

しばらく腹圧帯することになりますが、あんまりしてると腹筋が
落ちます。日常生活でも常に腹圧を意識して行動してください。


ちなみにデッドは底引きですか?
腹圧のかけかた解りますか?

(といいながら腰が痛くて歩けないのにディップスだけやってたこと
あります)

QデッドリフトVSベントオーバーローでどちらがよいと思われますか?

最近、メニューのデッドリフトをベントオーバーローに変更しようと思っています。

デッドリフトは、主動筋である起立筋でバシバシ効きますね。
ただ腰を痛めてしまう方も多い種目ですし、
スクワットでも起立筋をつかうので、
腰の負担が高くなってしまいます。

ベントオーバーローは、デッドリフトほどこう重量は扱えませんが、
広背筋をはじめとして、起立筋、大円筋など、
こちらも背中全体に効かせることができます。

こう考えた場合、デッドリフトとベントオーバーローは
どちらを行うのがよいのでしょうか?

私としては、腰の負担や、メニューへの入れやすさを考えて
ベントオーバーローがいいのではないかと考えています。

みなさまはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

確かにスクワットにしろベントローにしろ、脊柱起立筋に対する負荷は相当なもんだと思います。
トレーニーの中には、あまり脊柱起立筋に負担をかけたくないばかりにデッドリフトはしない人も多いんじゃないでしょうかね。
ただ、あなたの場合、ご自分でベントローやバーベルスクワットやデッドリフトの際に最も負担がかかる部位を自分の正しい感覚で割り出し、自分の正しい感覚で疲労と回復のサイクルを割り出すべきだと思います。
デッドリフトやったけど三日で疲れが取れたと思うならスクワットやればいいし、だめならもっと休んでいいんです。
このような問題は他人が聞いてどうこう言えるもんじゃありません。一応の目安はあるんでしょうけど、ご自分の感覚をもっと鋭敏にして「これ以上やったら危ない、これくらいならまだ大丈夫」だという感覚に基づいてメニューを決めればよいと思います。他人のアドバイスはあくまでも「他人のアドバイス」なんです。あなた自身で検証することが必要です。

Qベンチプレス・スクワット・デッドリフトの最低ラインを教えて下さい。

趣味でウエイトトレーニングをしているのですが、
よくベンチプレスは体重の1.5倍上げれたら強いといわれるというようなことを耳にします。

これを基準に私はトレーニング目標をたてていて、
現在体重が65kg程なのですが、将来的に70kgまでで
ベンチプレス100kgを持ち上げることが目標です。

そこで、他のスクワット、デッドリフトにも
体重の何倍というような”暗黙の基準”は存在するのでしょうか?

このようなことをお聞きしてもなんの意味もないと思われるかもしれませんが、私にとっては励みになりますので、
もしご存知でしたら教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

追記

面白いサイトがありました。

http://www.geocities.jp/higaoh/rank_danihantei.htm

PS:前回の投稿で、コージーキューブさんを批判の意図は無かったんだけど、まさか悪意の批判と誤解されてないよな~。
不安。

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む

Qパワーベルトは必要ですか?

ゴールドジムで筋トレしていますが、結構みなさんパワーベルトをしています。
腰を痛めないためだと思いますが、僕も使おうか迷っています。
8000円位するんで高いのです。

スクワットとかをしなければ必要ないということでしょうか?

Aベストアンサー

ネットで探せばもっと安いのはたくさんあります。

腰を曲げないようにフォームを矯正するような、「添え木」みたいな効果は無いです。腰を痛めないようにというよりも、ギュッと締めつけることで腹圧を上げ、体幹の筋力を十分に発揮する補助目的で使います。腹に力を入れやすくなる結果として、腰やその他の関節に無理な負担がいかなくなり、結果的に故障も減るのだと思います。スクワットだけでなく、腹に力を入れる種目全般、例えばベンチプレスでも、上げられる重量も増えると思います。

私はパワーベルトを締めてみたおかげで腹圧を意識するのを覚えたので、買ってよかったと思っています。力を入れるとギュッとキツくなるので、腹に力がしっかり入ってるのがわかります。
しかし逆の場合もあるようで、いつもパワーベルト頼みになるとベルト無しでは腹に力を入れるのを意識できなかったり、高重量を上げるのが怖くなってしまう場合もあるらしいです。だから時々ベルト無しでやっています。

>スクワットとかをしなければ必要ないということでしょうか?

大きなお世話かもしれませんが、スクワットをしないというのはあり得ない選択だと思いますよ。シェイプアップ、健康維持、運動能力の向上、目的は人それぞれだと思いますが、なんであれスクワットは最も効果の高い種目なので、外すのは勿体ない。何をサボったとしてもスクワットかデッドリフトは練習して、定期的にやることをお勧めします。

自ずと、いつかベルトも使うようになるとは思います。

ネットで探せばもっと安いのはたくさんあります。

腰を曲げないようにフォームを矯正するような、「添え木」みたいな効果は無いです。腰を痛めないようにというよりも、ギュッと締めつけることで腹圧を上げ、体幹の筋力を十分に発揮する補助目的で使います。腹に力を入れやすくなる結果として、腰やその他の関節に無理な負担がいかなくなり、結果的に故障も減るのだと思います。スクワットだけでなく、腹に力を入れる種目全般、例えばベンチプレスでも、上げられる重量も増えると思います。

私はパワーベル...続きを読む

Qデッドリフトはやる必要ありますか?

筋トレ歴約1年半の男性です。
デッドリフトを最近始めたのですが、腰を痛めやすいということでしたので始める前にトレーナーにフォームをチェックしてもらいストレッチもやりましたが45KGの重さで腰痛を起こしました。激痛ではありませんが2~3日違和感がありました。その後痛みが引いたので重量を落として25KGにしても(軽い)腰痛が起こります。
質問ですが、趣味としての筋トレのデッドリフトは必要ですか?背中のマシン(エクステンション)では不十分でしょうか?ちなみにマシンでは腰痛になったことはありません。

Aベストアンサー

No.1です。

デッドリフトについては、私自身が質問したことがあります。
とても参考になる回答が複数ありますので目を通してください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3346955.html

■質問ですが、腹圧はベルトをすれば解決しますか?あと、どれくらいベルトは締めたほうが良いのですか?

僕は60kgまでは、決してベルトは締めません。
なぜかと言えば、腹圧を意識するためにはベルトはむしろ邪魔だからです。
しかし、70kg以上の場合はベルトします。
軽いウエイトで腹圧を意識して、重いウエイトで腹圧を意識しながらベルトも利用すると安全だと思います。

あと、重い重量の場合は、少なくともパワーグリップは必要だと思います。、
握力不足を感じると注意が散漫になって、フォームが乱れ、背中に脊椎に負担がかかるような気がします。
僕は80kgまでなら、リストラップなしでパワーグリップのみでOK。
もしも、これ以上の重量を使うときは、リストラップを使うと思います。

最後に、デッドリフトは教科書的には主に背中下部のトレーニングですが、高重量であれば背中全体、腹筋ほか、ある意味で全身を使うトレーニングだと思います。

No.1です。

デッドリフトについては、私自身が質問したことがあります。
とても参考になる回答が複数ありますので目を通してください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3346955.html

■質問ですが、腹圧はベルトをすれば解決しますか?あと、どれくらいベルトは締めたほうが良いのですか?

僕は60kgまでは、決してベルトは締めません。
なぜかと言えば、腹圧を意識するためにはベルトはむしろ邪魔だからです。
しかし、70kg以上の場合はベルトします。
軽いウエイトで腹圧を意識して、重い...続きを読む

Qスクワットをすると腰が痛い

スクワットをする時(自重)いつも足の筋肉が疲れるより先に腰が痛くなります。
その為、なかなかスクワットの回数が伸びません。
フォームも胸をしっかり張って、(エアバーベルがあるつもりで、手を耳の横によせています)背筋を伸ばした状態で少しだけ尻を突き出してしゃがんでいます。
フォームは個人的に大丈夫だと思うのですが、、、
友人は背中をそり過ぎだと言いました。
背中をそり過ぎて腰が痛くなるのでしょうか?自分では何が原因か分かりません。
そこで質問なのですが、スクワットの際に腰が痛くなる原因を教えて下さい。
スクワットのフォームですがここのサイトの方法でやっています。
http://www.z-muscle.net/method/squat/squat001.html
回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

フォームが良くないのだと思います。
ご紹介のリンク先を拝見しましたが、筋トレサイトでよく紹介されているフォームではありますが、余り良いとは思えませんでした。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5457402.html
このリンク先のoneHさんの回答を参考にされてください。
あと、この方の名前をクリックして、プロフィールのページにいくと、この方のブログがリンクされています。
ブログの2009年11月の記事に、先ほどリンクした質問の関連記事がありますので、読んでみて下さい。
どうして腰が痛くなるのかの原因も書かれています。
ウエイトを使ったスクワットについてですが、自重でも同じことが言えます。

Q3週間筋トレを休むと筋肉の減少はどれくらい?

筋トレ歴1年半、1日2時間程度のトレを全身を3箇所に分けて週4日ほどしています。
筋肉自体にハマっているのでトレの仕方・栄養のとり方等はそれなりに学び、
初めの時に比べて劇的に体が変わりました。

ですが、今月末くらいから仕事の内容が変わり、
超がつくほど忙しくなるので3週間もの間、
筋トレが一切できません。

訳あって少しのトレ(自宅で腕立て等)もできませんが、
日常生活の動作はあるので寝たきり状態ではもちろんありません。

トレ歴や知識がそれなりにある人で、
10日間以上トレを完全に休んだ経験のある方に教えていただきたい。

・実際体感できるほどに筋力や筋量が落ちたのか。
・落ちた筋力を取り戻すのにどの程度の期間がかかったのか。

1週間程度なら体を休める事もありますが、それ以上の経験がありません。
筋肉は1週間以上鍛えなければ減っていくと言われます、どれほど減るのか心配なのです。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

参考サイトを先ず上げます。

「パワーリフター三上のホームページ」
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/
■ここの「スポーツ生理学」から入って「ディトレーニングの生理学」を見てください。

これによると4週目までは筋肉自体は衰えず、神経系が最初に衰えるとあります。
つまり、筋肉自体は落ちにくいとのことです。

私自身の経験ですが、3ヶ月ほどトレを全くできなかった期間がありました。

時間がたつにつれて、筋肉の張りが失われ細身になりました。
悔しいのでサイズは測りませんでしたが。
この期間は特に食事についてはサプリメントを取るとか、腹一杯食べるということはしませんでした。
トレをしないのに栄養をとっても太るだけになります。

トレを再会して1ヶ月半ほどで、休み前の重量を扱える様に戻りました。
よく言われるマッスルメモリーというものでしょうか。
筋肉の回復は早いです。
私はサプリメントを金銭的な理由で2年前から取っていません。
しかし、普段の食生活は3食+1食とり、内容も気を付けています。

トレを再会する時は、焦らずにトレーニングを休んだ時間分かけて重量、ペースを元に戻していくというのが鉄則です。

焦って高重量を扱うと故障しやすくなります。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

参考サイトを先ず上げます。

「パワーリフター三上のホームページ」
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/
■ここの「スポーツ生理学」から入って「ディトレーニングの生理学」を見てください。

これによると4週目までは筋肉自体は衰えず、神経系が最初に衰えるとあります。
つまり、筋肉自体は落ちにくいとのことです。

私自身の経験ですが、3ヶ月ほどトレを全くできなかった期間がありました。

時間がたつにつれて、筋肉の張りが失われ細身になりま...続きを読む

Q毎日鍛えても良い筋肉・悪い筋肉はどれ?

20代、男性です。今年に入ってから、ほぼ毎日ジムに通っています。
脂肪燃焼目的で有酸素運動90分→筋トレ60分で回っています。
本格的に筋トレをはじめてから、まだ日が浅いです。
毎日筋トレをしていると、さすがに辛く、また効果が薄れるという事を知りました。
しかし、「腹筋などは毎日鍛えても(筋トレしても)良い。」という意見を聞きました。
毎日鍛えても良い筋肉、良くない筋肉画あるようでしたら、
腹筋以外の部位を教えてください。
宜しく願いします。

Aベストアンサー

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめにつけ、自分にとって最適の間隔を見つけてください。

それと、先に有酸素運動をやると、筋トレの主エネルギーである糖質が不足してしまいますので、十分トレーニングできない可能性があります。
自分の体重を利用した腕立て伏せなどの筋トレ程度ならいいのですが、マシンやダンベルなどを使った本格的なものなら、先にやったほうが効果的です。

ハードなトレーニングをするなら大きな筋肉は週1回しか鍛えない人も珍しくありません。
休むことも、大切なトレーニングです。筋肉痛があるときや気が乗らないときのトレーニングは避けましょう。ケガやストレスになり、挫折のもとです。

休む時は休み、やるときはやる、と言った具合にメリハリをつけて、長く続けることを第一目標にするようにしましょう。

下腿部(ふくらはぎ)および腹筋、前腕は毎日鍛えても大丈夫とされています。

そのほかは、腕の筋肉である上腕二頭筋、上腕三頭筋、肩の筋肉である僧帽筋、三角筋、菱形筋などは1日おき。

大胸筋(胸)、大腿四頭筋・ハムストリング(脚)、広背筋(背中)2日おき。

脊柱起立筋(背中の下部)は3日おき程度が目安です。

ただし、回復力は個人差が大きいので、あくまで「目安」です。腹筋なども人によっては1日おきのほうがいい場合があります。
トレーニングの間隔を変えながら、記録をこまめに...続きを読む

Qスクワットとデッドリフトは同じ日で大丈夫ですか

ウエイト初心者でハーフスクワットとベンチをしていました。
最初はスクワットだけで腰が筋肉痛になったのでデッドリフトやらなかったのですが、
もう腰が大丈夫になってきたので、デッドリフトをしたいのですが、
同じ日で大丈夫ですかね?
それと、やるとしたら順番はデッドリフト→スクワットですか?
何回かデッドリフトをやったことがあるのですが、結構足が疲労しました。

Aベストアンサー

趣味でパワーリフティングやってます。

僕だったら、スクワット→デッドでやります。
とはいうものの、スクワットがハーフなので、どっちでもいいような気もします。

>何回かデッドリフトをやったことがあるのですが、結構足が疲労しました。
ナローデッドでですか?スモウ?

狙いたいところに効かせられるまでは、デッドは軽量を推奨します。
「重量を求めるなら重量にこだわるな」です。
背中上部をターゲットにするなら、床引きよりパーシャルのがいいかも。

週に何日かできるんなら、スクワット+ベンチ、デッド+ベンチの組み合わせのがいいかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング