【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

お世話になります。
この度、初めてQCPU+E720(4台)でシリアルコミュニケーションユニットを用いたRS485通信をすることになりました。
内容は出力周波数、出力電流をモニタするといった内容です。
通信について少し勉強してみたのですが
PLCから読み出し指令(G.OUTPUT)(H6F/H70)を出しその内容を受信(G.INPUT)するといった形になるのでしょうか?
またこれは同時に2つの項目を読み出すことは不可能で1個づつ交互に4台分する形になるのでしょうか?
ソフトは新規制作なのですがこの通信部分に不安がありまして予習をしようと考えております。
私は最近やっとASCIIコードを分かりかけてきた(ほんの少し)程度の新人に近いものです。
何しろ新人なもので昼は現場でこの時間しか学習できません。
私の手元のある資料は
1.E720応用編
2.シリアル基本編
3.シリアル応用編
以上です。
1.P.194~
2.6章無手順
のあたりを本日読みまくっていました。
各先生方、何日かかるかわかりませんが宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>PLCから読み出し指令(G.OUTPUT)(H6F/H70)を出しその内容を受信(G.INPUT)するといった形になるのでしょうか?


>またこれは同時に2つの項目を読み出すことは不可能で1個づつ交互に4台分する形になるのでしょうか?

その通りです

>1.E720応用編
>2.シリアル基本編
>3.シリアル応用編
これを全頁に渡って暗唱できるまで何百回でも読み返して下さい
イチイチ意味など調べなくても良いから
何処のページに何が記載してあるのかを頭に叩き込んでください
それから、後は
三菱サポセンに電話かけまくり戦法が一番

取り敢えず、マニュアル記載のサンプル丸写しでラダーを書いて
実践有るのみ

マニュアルの何処に何が書かれているかを把握していないと
サポセンにも聞けません

サポセンに聞くコツは
「マニュアル何ページ何行目のコレはどう言う意味?」
と、尋ねる

また、三菱サポセンはPLCとインバータとで担当が違う
つまり、両方に電話を掛け直して聞かねばなりません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。

>>PLCから読み出し指令(G.OUTPUT)(H6F/H70)を出しその内容を受信(G.INPUT)するといった形になるのでしょうか?
>>またこれは同時に2つの項目を読み出すことは不可能で1個づつ交互に4台分する形になるのでしょうか?

>その通りです

やっと少しはマニュアルも読めるようになってきました。
やはり実践第一!
材料入りましたら早速チャレンジしてみます。

今ほど最新マニュアルをチェックしていたら
Qシリアルコミュニケーション「通信プロトコル支援機能」
というのが追加されていました。
読み出し専用のような感じですが…
(あくまで私見、上級者の方達は出来るのかも知れませんが)
しかし今回の物件には最適!
でも運転指令等は出てこない為、上記無手順を勉強する価値は十分にありそうです。

>マニュアルの何処に何が書かれているかを把握していないと
>サポセンにも聞けません

まったくその通りです。
何をどう聞けばよいのかもわからなかったりします。
聞くのも技術のうちと再確認いたしました。

本当に有難うございました。

お礼日時:2009/01/15 01:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

QRS232C通信(PC⇔PLC)

PCとPLCでシリアル通信を行っています。PLCからPCへステータス受信要求し、PCから正常アンサーがあればPLCからPCへ処理開始指令コマンドが出力されるというプロトコルです。実際には、PC側ステータス正常の場合、PLCへの正常アンサーを出力するところまでは行くのですが、その直後にPLCから送信されているはずの処理開始指令コマンドを受信することができません。一連のコマンド送信・受信の間隔が狭すぎるのかと思い、PLC側で処理開始指令コマンド送信前に10msecのウェイトを設けるとPC側で受信することができました。(PLC側の送信が悪いのか、PC側の受信に問題があるのか不明ですが、、、)
シリアル通信では、上記のような問題が発生しないように送受信の間隔等なんらかの規約が定められているのでしょうか??ウェイトを設けることなく通信を行いたいのですが、考えられる対処法を教えていただけませんでしょうか。よろしくお願い致します。
なお、通信機器の仕様は以下の通りです。
PLC:三菱シリアルコミニケーションユニット QJ71C24N-R2
PC:WinXpSP2、COMポート、VisualBASIC6.0のCommイベントによりデータ受信(10msecウェイトなしでは、処理開始指令コマンド送信時にCommイベントが発生しませんでした。)
※アスキー文字、PLC・PCともに送信終了コード(CR+LF)でバッファデータ読込み

PCとPLCでシリアル通信を行っています。PLCからPCへステータス受信要求し、PCから正常アンサーがあればPLCからPCへ処理開始指令コマンドが出力されるというプロトコルです。実際には、PC側ステータス正常の場合、PLCへの正常アンサーを出力するところまでは行くのですが、その直後にPLCから送信されているはずの処理開始指令コマンドを受信することができません。一連のコマンド送信・受信の間隔が狭すぎるのかと思い、PLC側で処理開始指令コマンド送信前に10msecのウェイトを設けるとPC側で受信することができま...続きを読む

Aベストアンサー

>シリアル通信では、上記のような問題が発生しないように・・・
そんなことはありません。
まあ、ウエイトもプロトコルと言えばプロトコルでしょうが、
そういう問題ではないと思います。

COMポートのオープン処理はこんな感じ
strBps = "9600,N,8,1" '9600bps、パリティなし、8ビット、ストップ1
MSComm1.CommPort = p_PortNo 'ポート番号の指定
MSComm1.Settings = strBps 'オープンパラメータ
MSComm1.InputLen = 0 'バッファ全体を読み取るようにする
MSComm1.InputMode = comInputModeBinary
MSComm1.PortOpen = True 'ポートをオープン
MSComm1.NullDiscard = False
MSComm1.Handshaking = comNone
MSComm1.RTSEnable = True
MSComm1.RThreshold = 1

COMの割り込みイベントはこんな感じ

Private Sub MSComm1_OnComm()
Select Case MSComm1.CommEvent
Case comEvReceive
varDatas = MSComm1.Input
End Select
End Sub

>シリアル通信では、上記のような問題が発生しないように・・・
そんなことはありません。
まあ、ウエイトもプロトコルと言えばプロトコルでしょうが、
そういう問題ではないと思います。

COMポートのオープン処理はこんな感じ
strBps = "9600,N,8,1" '9600bps、パリティなし、8ビット、ストップ1
MSComm1.CommPort = p_PortNo 'ポート番号の指定
MSComm1.Settings = strBps 'オープンパラメータ
MSComm1.InputLen = 0 'バッファ全体を読み...続きを読む

Qオープンコレクタ出力ってうまく理解できないんですが?教えていただけます

オープンコレクタ出力ってうまく理解できないんですが?教えていただけますか。

Aベストアンサー

まず、『うまく理解できない』とのことですが、あなたの電気・電子の知識がどのくらいなのか分からないと教えることができません。
以下のリンクを見て、どこまで理解でき、どこの部分が分からないかを示して下さい。 トランジスタの動作が分からないとお手上げです。

http://www.wdic.org/w/SCI/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF

Qインバータについておしえてください

インバータについて以下につきましてご教授いただければ幸いです。初心者です。

  現在、PLC → インバータ → ポンプ というシステムを検討しています。
  PLCは、あるセンサからの信号を受け、ポンプ回転周波数を決定するための演算部、及び
  インバータへの演算結果(回転周波数信号)をインバータへ出力するのに、用いること
  を考えています。

  ですが、センサからのアナログ入力1点と、インバータへの回転周波数出力(アナログ出力)1点
  、簡単な演算の3点だけのためなので、できるのであれば、PLCを使いたくないと考えています。
 (PLCは高いので。。。)

(1)そこで質問なのですが、インバータには、汎用の入力ポートはあるのでしょうか。あるのであれ
 ば、汎用入力ポートの入力値をインバータ内部(若しくはオプション増設部)で演算させ演算結果を
 回転周波数としてポンプを回す、、、っといったことはできるのでしょうか?
 (それをやるのが、PLCといわれればそれまでですが、オプション等でもいいので、汎用入出力、オ
 ンボードマイコン(ユーザー側でプログラミング可能)等の増設等で、センサ入力、演算部もすべて
 インバータで、行わさせるといったことは可能でしょうか?

(2)上記を確認している際、単純に気になった内容ですが、インバータには出力ポートもありますが、  この出力はモニタ用のみなのでしょうか?
 例えば、アナログ出力ポートもあり、一般的には回転周波数のモニタ用などを設定で出力させる
 ことができると思いますが、インバータ側で演算可能であれば、回転周波数から少し演算した値
 を出力させ、まったく別系統の小型モータの開度信号等で用いるといったことは可能でしょうか? 

 よろしくお願いいたします。


 

インバータについて以下につきましてご教授いただければ幸いです。初心者です。

  現在、PLC → インバータ → ポンプ というシステムを検討しています。
  PLCは、あるセンサからの信号を受け、ポンプ回転周波数を決定するための演算部、及び
  インバータへの演算結果(回転周波数信号)をインバータへ出力するのに、用いること
  を考えています。

  ですが、センサからのアナログ入力1点と、インバータへの回転周波数出力(アナログ出力)1点
  、簡単な演算の3点だけのためなので、できるのであ...続きを読む

Aベストアンサー

>>カスタム制御できるのでは、、
>汎用インバータはカスタムできるものではありませんし、

カスタム制御可能な機種は以下にあります
(”カスタム”と言う用語自体の意味にも拠ります)

安川電機
http://www.e-mechatronics.com/product/inverter/a1000/index.jsp
// お好みのインバータにカスタマイズ
// ビジュアルプログラミング機能DriveWorksEZを標準搭載

富士電機
http://www.fujielectric.co.jp/products/inverter/frenic-mega/products/index2_2.html
// インバータ本体にカスタマイズロジックインタフェース機能を搭載


三菱電機にはそのような自由編集可能なカスタム機能を持ったインバータは有りません
その代わりオリエント機能(簡易位置決め機能)やブレーキシーケンス機能
のような固定シーケンス機能を内蔵してる機種はあります(A700シリーズ)
(ユーザー側で自由に動作シーケンスを編集できないがカスタム機能の一種でもある)

安川電機や富士電機にしても、所謂ロジックリレー程度のシーケンス機能は有りますが
三菱が内臓してる固定シーケンス以上の長いプログラムは無理でしょう
それほど十分なメモリ容量があるわけでは無い <よーするに実機で使えない
その他、明電舎や住友重機、東洋電機も似たりよったりですね

それらの機能が何処まで使えるのかはここで質問するよりも
お使いのインバータメーカの営業技術課に聞く方が遥かに早いでしょう

三菱のインバータを採用してるのに安川の話をしても無意味だし
三菱に対して安川に変えるぞと値切りのネタには使えるが


>周波数に反比例、また測定値の2乗で周波数にきいてくる信号であれば、
流量制御には2乗や開閉演算は憑き物、それらの高度な演算機能を
持っているかどうかはお使いのインバータメーカに聞くしかない

>周波数に比例していない信号でないとPID制御のフィードバックとして入力してはいけないのでしょうか?
運転する条件にも拠ります
一般的には流量制御等では0~100%流量までフルレンジで設定流量を変更する事は無い
例えば、事実上のSP値が30~40%の範囲でしか使わないとか
概ね、それくらいの範囲限定であればフィードバックが直線比例していなくとも
ほぼ直線の範囲にあるとみなしてしまえばそれで済む話でもある
たとえ少々、ハンチングしたとしても

もちろん、わずかなハンチングでも許されないのなら話は別です

よーするに、ただ単に許容誤差が大きければなんら問題とはならない
許容誤差範囲を決めるのは貴殿であってこちらではないし

>>カスタム制御できるのでは、、
>汎用インバータはカスタムできるものではありませんし、

カスタム制御可能な機種は以下にあります
(”カスタム”と言う用語自体の意味にも拠ります)

安川電機
http://www.e-mechatronics.com/product/inverter/a1000/index.jsp
// お好みのインバータにカスタマイズ
// ビジュアルプログラミング機能DriveWorksEZを標準搭載

富士電機
http://www.fujielectric.co.jp/products/inverter/frenic-mega/products/index2_2.html
// インバータ本体にカスタマイズロジックインタフ...続きを読む

Q三菱GOTの画面切り替えについて

現在私はLDプログラムの制御に合わせてGOT画面を製作しています。
ですが、三菱の資料やら、ダイアログを色々操作してみてもわからないことが浮かんできました。

まず動作の流れから説明しますと
スタート(画面1.ボタンタッチ)→稼働画面に切り替わる(画面2)→製作したプログラムを実行→実行回数がカウンタ設定値に達したところで稼働停止。

このあと、稼働終了後にタッチ操作なしで画面1に戻したいのですがその方法がわからないでいます。

いままで実施してきた内容から疑問になっているのが

1. タッチ操作なしで画面は切り換えることはできるのか?
2. 画面切り替えに画面切り替えスイッチを設けて試していたが、そもそも使っているものが間違っているのではないか?
3. スイッチなどのオブジェクトではなく、画面設定で切り替え手段を設定するのか?
4. 現在使用している機種では対応していない機能なのか?

と、この4点が今浮かんでいる疑問になります。

使用している機種ですが、
CPU:三菱MELSEC CPU Q01UCPU
GOT:GT1455-TBCDE

です。
プロジェクトの作成にはGX Works2とGT Designer3を使用しています。

これがわからないと先に進むことができない感じがあるので、少しでも思い当たる点がありましたら是非回答を頂きたく思います。

現在私はLDプログラムの制御に合わせてGOT画面を製作しています。
ですが、三菱の資料やら、ダイアログを色々操作してみてもわからないことが浮かんできました。

まず動作の流れから説明しますと
スタート(画面1.ボタンタッチ)→稼働画面に切り替わる(画面2)→製作したプログラムを実行→実行回数がカウンタ設定値に達したところで稼働停止。

このあと、稼働終了後にタッチ操作なしで画面1に戻したいのですがその方法がわからないでいます。

いままで実施してきた内容から疑問になっているのが

1. タッチ操作な...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/download/search.do?mode=manual
GT Designer3 Version1 画面設計マニュアル(共通編) 1/2,2/2
Ver. Y SH-080836 (31.77MB)

193/1116ページ
4.2 画面切り換え用のデバイスを設定する(GOT 環境設定: 画面切り換え/ ウィンドウ)
「ベース画面の切換え」
「GOT は,ベース画面の画面切り換えデバイスに格納された画面番号のベース画面を表示します。」


4.2.2 設定
[ 共通の設定] > [GOT 環境設定] > [ 画面切り換え/ ウィンドウ]


ここに任意の画面切り替えデバイスを設定します

デフォルト設定は[GD100] <GOT内部デバイス
これをD000等のPLCデバイスに割付けます

「例」
D000の内容が1なら画面番号1に
123なら画面番号123に切替ります
尚、存在しない画面を設定すると何も動作しません
エラーにもなりません
存在する画面番号にすればその瞬間に切替ります

因みに
デジタル社製GPシリーズ、オムロンNT/NSシリーズ、富士電機PODシリーズ等等、
産業装置用タッチパネルは各社同様にデバイスで画面切換え出来ます


蛇足
平日の日中なら三菱電機サポセンに電話するのが一番早い
1000ページを超えるマニュアルでも瞬時に解説してくれる
ただし、電話する前にマニュアルを準備しておくこと
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/support/spec/index.html
中々電話が繋がらないかも知れないがここに質問するよりは確実に早い
少なくとも声のきれいなおねえさんが親切丁寧に教えてくれる

http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/download/search.do?mode=manual
GT Designer3 Version1 画面設計マニュアル(共通編) 1/2,2/2
Ver. Y SH-080836 (31.77MB)

193/1116ページ
4.2 画面切り換え用のデバイスを設定する(GOT 環境設定: 画面切り換え/ ウィンドウ)
「ベース画面の切換え」
「GOT は,ベース画面の画面切り換えデバイスに格納された画面番号のベース画面を表示します。」


4.2.2 設定
[ 共通の設定] > [GOT 環境設定] > [ 画面切り換え/ ウィンドウ]


ここに任意の画面切り替えデバイス...続きを読む

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Qサムチェックのルール

VB6.0を使用して、画像処理プログラムの開発を行っている者ですが、処理結果を別機器(PLC)へ送信しなければなりません。初めてなのですが、RS232Cでデータ通信を行おうと考えております。
いろいろと書物やWEBを探してみると、サムチェックを行うのが常識とのことです。また、今回扱うデータは6Byteの計測データで、プラスサムチェックを2Byteで行いたいのですが、符号や小数点はサムチェックとして合計するものなのでしょうか?
(0~9までのアスキー文字ならばそのまま合計することは簡単です)あるいはアスキーコード変換してから全てを合計し、合計値の最下位2ビットをサムチェックに使用するのが正しいのでしょうか?
そんなもの常識だろ!と思われる方が多いかと思いますが、ご回答の程よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 対象となるバイト列というのは常識的に考えて、STXやETXも含めるのでしょうか?

含めません.STX,ETX,データ長は次に示すように,別の方法でチェックされる
ことになるからです.

#1 の伝送フォーマットに対する受信アルゴリズムの一例は次のようになります.

(1) データを受信し,STX が現れるまで読み飛ばす.
(2) データ長を受信する.データ長自体の長さやフォーマット (10進数字だけを
  使うか否か) が決まっている場合,この段階でチェックする (値そのものは
  この段階ではチェックできない).エラーならば (8) へ.
(3) データ部を受信する.
  途中に ETX が現れればデータ長またはデータ部のエラーなので(8) へ.
(4) チェックサムを受信する.
  途中に ETX が現れればデータ長またはチェックサム部のエラーなので(8) へ.
(5) 1バイト受信する.
  このバイトが ETX でなければデータ長部のエラーなので (8) へ.
(6) データ部のチェックサムを計算し,受信したチェックサムと照合する.
  不一致ならばデータ部またはチェックサム部のエラーなので (8) へ.
(7) レコード受信成功
  ・成功を送信側に伝えるため ACK (=&H06) を返す.
  ・受信したデータ部を処理する.
  ・次のレコードを待つため (1) へ.

(8) エラー処理
  ・受信失敗を送信側へ伝えるため NAK (=&H15) を返す.
  ・受信したデータを破棄する.
  ・次のレコードを待つため (1) へ.

このアルゴリズムからわかるように,STX,ETX,データ長部にエラーがあれば,
そもそも受信されないか,受信してもチェックサムを計算することなく破棄されます.

> 対象となるバイト列というのは常識的に考えて、STXやETXも含めるのでしょうか?

含めません.STX,ETX,データ長は次に示すように,別の方法でチェックされる
ことになるからです.

#1 の伝送フォーマットに対する受信アルゴリズムの一例は次のようになります.

(1) データを受信し,STX が現れるまで読み飛ばす.
(2) データ長を受信する.データ長自体の長さやフォーマット (10進数字だけを
  使うか否か) が決まっている場合,この段階でチェックする (値そのものは
  この段階ではチェック...続きを読む

QRS485通信で使用するケーブルについて

とある計器からRS485経由で一方的に流れてくるデータをパソコンに収録したいのですが、よくわからず困っております。
計器からの出力端子はD-sub9pinです。
パソコンへ接続するには計器からRS485接続で変換機⇒USBかRS232C経由でパソコンへ接続を考えています。RS485通信対応のケーブルを買いたいのですがどういった物が使えるのかわかりません。
無知な私にどなたかご教授お願いします。

(1)計器から変換機に接続する際にRS-232C用のケーブルを使用することはできますか?
(2)専門書等では『RS485通信で使用するケーブルはツイストペアケーブルを使用し,終端抵抗を設ける』といった記述がありますが,一般的に使用されているRS-485通信対応のケーブルはどういった物がありますか?

お願いします。(_ _)

Aベストアンサー

 ふつうの多芯ケーブルが使えます。単芯3本でも問題ないです。+D、-DのほかにシグナルGNDの接続が必要です。19200bpsで1000mぐらいでは問題おきません。

 本当にRS485ならば問題は抵抗です。本来の意味の終端抵抗は+Dと-Dの間に入れてインピーダンス整合を図りますが、RS485ではバス形式でオープンになるタイミングがあるため、この間をゴミデータと認識させないためにプルアップ抵抗、プルダウン抵抗を入れる必要がある場合があります。これが無くても問題なく動くと言うプログラムもありえますのでメーカーに確認してください。DNGはコネクタに出ていますがプルアップ用の+5Vがコネクタに出ているかどうかは分かりませんよね。

 RS485のコネクタは共通の規格というものは無いので個々の機器の仕様書で確認して接続する必要があります。

Qドライ接点

ドライ接点とはどういう意味でしょうか??

Aベストアンサー

私が知っているのは制御盤中のリレーに他所に信号を送るために
その制御盤内の電圧がかかってない配線を言います。
またの名を無電圧回路とも言い、その線は一目で分かるように
違う色の電線で配線をします。通常は交流赤、直流青、主回路黒
とありますが、そこの無電圧部分だけ黄色とか、オレンジ色
で配線します。
リレーはその制御盤の電圧で作動させて信号をおくる。
例えばそのリレーが作動したら他の制御盤の内部を操作する
というものです。
その配線にはその制御盤の電源を切っていても他の制御盤が
電源が入っていたら電圧が通電しているので危険です。
だからそこだけを分かるように色違いで配線します。

QMCCBとELBの使い分けについて

添付画像のように、ELB→MCCBと単線が接続されているものを、右の矢印のように変更します。

その際に、黄色く記した場所がMCCBでいいのかなと思うのですが、ELBにした方がいい理由がわかりません。

下の2つのMCCBは各機械に接続されてるために、分岐前にさらにELBの方がいいのでしょうか?
逆に全部ELBの方がいいのでしょうか?

電気詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要点:
(1)原則として、移動式もしくは可搬式の電動機械器具に供給する電路(コンセント回路と考えて良い)には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(労安則333~4条)
(2)原則として、電圧60V超過で人の容易に触れるおそれのある金属製外箱の機械器具には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)
(3)電気用品の型式認証のある漏電しゃ断器を機械器具内に取り付けた場合には電路に漏電しゃ断器を付けなくても良い。(電技40条)
(4)一次が特高または高圧で二次が300Vを超える電路では、受電室等の引出口付近に漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)

と言ってどこにでも取り付ければ良い訳ではないのです。
図に示してあるように、電路の最初に漏電用遮断器(中性線欠相保護付)を入れて配線用遮断器(サーキットブレーカ)を入れるのが基本です。
理由は、分岐に漏電遮断器を入れても主幹(電路の最初)に入れても効果が同じであるため、値段を考えると主幹に入れるのが経済的となります。
しかし、主幹にサーキットブレーカ(中性線欠相保護付)を入れて分岐を漏電ブレーカとする場合もあるようですが、これは分岐に原因不明の不具合が発生したり、一部の分岐に漏電が発生しやす時にのみ行う場合がありますが、ほとんどは基本の通りです。
それと、適当にブレーカを配置すると規定違反となり、電気の供給ができなくなるようです。
その前に直すので、ほとんどは問題ないようですが。

要点:
(1)原則として、移動式もしくは可搬式の電動機械器具に供給する電路(コンセント回路と考えて良い)には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(労安則333~4条)
(2)原則として、電圧60V超過で人の容易に触れるおそれのある金属製外箱の機械器具には漏電しゃ断器を設置しなければならない。(電技40条)
(3)電気用品の型式認証のある漏電しゃ断器を機械器具内に取り付けた場合には電路に漏電しゃ断器を付けなくても良い。(電技40条)
(4)一次が特高または高圧で二次が300Vを超える電路で...続きを読む


人気Q&Aランキング