「もしくは」「または」は、どう使い分けるのでしょう。
それから、
「および」「かつ」なども使い分け方が分かりません。
法律の条文を読むときにこれが分からないと
論理構造がわからず、意味がわかりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。


長年内閣法制局の長官をつとめた方です。
もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。
図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。

「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出ている通りです。少し憲法の条文から具体例をあげておきましょう。

●まず,単純に2つを並べる時は「又は」「及び」を使います。
・国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。(第17条)
・思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。(第19条)
●3つ以上の場合。
○並列の場合は,最後のつなぎにのみ「又は」「及び」を用い,あとは読点「、」を打ちます。
・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利(第13条)…3つが同格で並列。
○大小がある場合は,「若しくは」<「又は」,「及び」<「並びに」です。
・配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては(第24条)…「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚(以上5件並列)」と「『婚姻及び家族』(以上2件並列)に関するその他の事項」が同格で並列。
(これを大小関係を逆に読むと,「配偶者の選択~婚姻」がひとまとまりで6つ並列になりますが,そうすると財産権と婚姻が並列になっておかしいですね。)
(この場合,「、離婚」を「及び離婚」としても同じです。ちょっとくどくなるので省いたのでしょうか。)
・強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。(第38条)…「強制、拷問若しくは脅迫(以上3件並列)による自白」と「不当に長く『抑留若しくは拘禁』(以上2件並列)された後の自白」が同格で並列。

●「かつ」は,条件が常に両方成立することを示します。
・何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。(第34条)

最後に,少し長いですが,よく出てくる例として地方自治法第152条から。
1 普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事又は助役がその職務を代理する。(以下略)
2 副知事若しくは助役にも事故があるとき若しくは副知事若しくは助役も欠けたとき又は副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において当該普通地方公共団体の長に事故があるとき若しくは当該普通地方公共団体の長が欠けたときは、当該普通地方公共団体の長の指定する吏員がその職務を代理する。(以下略)

第1項は意味の流れをつかむために書いただけですが,普通の「又は」が使われています。
さて,一見複雑な第2項は次のように読みます。

「(副知事若しくは助役)にも事故があるとき
若しくは
(副知事若しくは助役)も欠けたとき」
又は
「副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において
  (当該普通地方公共団体の長に事故があるとき
  若しくは
   当該普通地方公共団体の長が欠けたとき)」
は、…

また,このことから,大小3段階ある場合は,「若しくは(小)」<「若しくは(大)」<「又は」となっていることがわかります。
条文を説明する場合など2つの「若しくは」を区別する時は,「大若し(おおもし)」「小若し(こもし)」と通称しています。
ちなみに,「及び」<「並びに(小)」<「並びに(大)」です。「小並び」「大並び」といいます。
以上,ご参考まで。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

法律の条文の例は、助かりました。
おおもし、こもしなどは、知りませんでした。
それから、puni2さんの紹介して下さった本もnorth073さんの本と併せて勉強したいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/06 10:23

「若しくは」は「さもなければ」の意味。


「又は」は「あるいは」も意味。
どちらも似たような意味で明確な違いはありません。
しかし、法例文では「若しくは」を「又は」より下位の結合に使います。
「及び」は「~も」「~もみな」「ならびに」という意味で、主に体言と同資格のものを並べて挙げるのに使います。
「且つ」は「同時に」または「その上」「更に」という意味で、あることが一方で行なわれる(成り立つ)と共に、他のことも行なわれる(成り立つ)意味を表します。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

質問に全てお答えいただきありがとうございます。
とても、わかりやすかったです。

お礼日時:2001/03/06 10:16

#2の続きです。


こんなふうに、整理してみました。

「または、もしくは」を一グループとし、「ならびに、および」を一グループとしてよいと思います。

「または、もしくは」のグループは、選択的に使います。「AまたはB、AもしくはB」とした場合、A、Bどちらかにすればよいことになります。「AまたはBに通知する」とすれば、Aに通知しても良いし、Bに通知しても良いことになります。

一方、「ならびに、および」は、並列的な使い方をします。「AならびにB、AおよびB」とすれば、AB双方にしなければいけません。「AおよびBに通知する」といえば、AB双方に通知することを意味します。
    • good
    • 1

大辞林によると、こう書かれています。



「若しくは』
前後の事柄のうちどちらか一方が選ばれる関係であることを表す。あるいは。「本人、―その代理の者」
〔法令用語では、「または」に対してより小さい段階の接続に使う。「三年以下の懲役または五百円以上の罰金―科料に処す」

『又は」
二つ以上の事柄のどれを選んでもよい意を表す。それでなければ。あるいは。もしくは。「万年筆―ボール-ペンを使用すること」〔法律文などでは、選択される語句に段階がある場合、大きい段階に「または」を、小さい段階に「もしくは」を用いる。

「および」
並べて挙げる時用いる。並びに。かつ。…も…も。「東京―大阪で開く」「会館の運営―管理」
〔法令用語では、「及び」は小さな段階の語句を併合するのに用い、「ならびに」は大きな段階の語句の併合に用いる。

「かつ」
二つのことが同時にまたは相前後して行われることを表す。一方では。「大いに飲み、―歌った」「―喰らい、―飲み、―語った」二つの動作・状態が並行あるいは添加して行われることを表す。同時に。また。その上。「学び、―遊ぶ」「必要にして―十分な条件」「行く先は遠いし、―時間もない」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細に解説いただき、ありがとうございます。
おかげさまで、だいぶ整理ができました。

お礼日時:2001/03/06 10:18

基本的には、(A or (B or C))というときに、「A又はB若しくはC」というように使います。


「又は」が大きくて、「若しくは」が小さい括りということです。
(A,B or C)のときは、「A、B又はC」となります。

「及び」と「並びに」というのが一緒につかわれている場合がありますが、これも、「並びに」が大きな括りで、「及び」が小さな括りということです。

そのほか、法令用語の決まり事については、林修三「法令用語の常識」(日本評論社)などをご覧ください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考文献まで挙げていただいて、どうもありがとうございます。
さっそく、さがしてみます。

お礼日時:2001/03/06 10:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「才」と「歳」の使い分け方は?

普段は書きやすいという点で「才」を使っていますが、それなりの文章を書く時などはなんとなく「歳」を使ってます。書籍などでは目にすることが多いのは「歳」の方なんですが、特に違いがなければ書きやすい方をと思っていますが、どう使い分けたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「才」は「歳」の略字、あるいは代用字です。添削の仕事をしていますが、正式な文章で使うことは避けるよう指導しています。

しかし、普段の文章では構わないと思います。

Q「~と~を」と「~と~とを」と(?)の使い分け?

どう言うときに,2回目の「と」を入れるのでしょうか?
たとえば,「AとBを比較する」「AとBとを比較する」は
どっちをどういうときに使えば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

歴史的には、二つのものを並列する場合には、奈良時代以降ずっと、
 AとBとをまぜる。
のように、「と」をいちいち下につけるのが原則だったようです。
しかしその一方、下の「と」が省略されて、
 AとBをまぜる。
のような言い方も行われていたようです。
ここまでは、此島正年「国語助詞の研究」を参考にしました。

現代では、「AとBをまぜる」式の言い方のほうが優勢でしょうか。

私自身は、Aにあたる部分、Bにあたる部分がそれぞれ長くなりそうな時、
意識して「AとBと」式を使うようにしています。
例えば、
 (1)太郎と次郎が一緒に作った作品と、三郎が四郎とケンカしながら作った作品を並べる。
 (2)太郎と次郎が一緒に作った作品と、三郎が四郎とケンカしながら作った作品とを並べる。
なら、(2)のほうが誤解を招かないかな、と思うからです。
 

 

Q(論理咳,論理和,排他的論理和)基本情報処理の問題

今基本情報処理の勉強をしているのですが、
論理咳,論理和,排他的論理和の問題で、いまいちわからない部分がありますので教えてください。

【問題】
ビット数が等しい任意のビット列aとbに対して、等式=bと同じことを表すものはどれか。 
ここで、AND,OR,XORはそれぞれ,ビットごとの論理咳,論理和,排他的論理和を表す。

ア a AND b = 00…0  イ a OR b = 11…1
ウ a XOR b = 00…0 エ a XOR b = 11…1

解答
 「ウ a XOR b = 00…0」 となっているのですが
 この質問に出ている 「00…0」 or 「11…1」は何を表しているのでしょうか?
 
 「00…0」 = 全てのビットが0になる
 「11…1」 = 全てのビットが1になる

 という意味を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

その意味ですね。

問題にその旨書かれてた方が親切な気もしますが、
そこを読み解くのも試験の一部という気もします。
プログラマーの本能的に。

Q漢字の「わかる」の使い分け

「分かる」「判る」「解る」をどういう場面で使うのか教えてください。

Aベストアンサー

補足意見です。

漢字をあてる場合、分る/判る、越える/超える、早く/速く、などの一部の語では厳密に使いわけることができないと思います。
このような漢字を区別して使うことにこだわる方もいますが、文章を書く人の感性にまかせてよいのではないでしょうか。

ところで、「わかる」は和語(やまとことば)です。そこには、分別、判断、理解などの意味がすべてふくまれています。
わたしは、和語の含蓄を大切にしたいので和語をむやみに漢字にすることは避けています。ひらがなでは読みにくくなる場合や意味を限定したいとき以外は、よくひらがなを使っています。

なお、役所の文書などでは、使う漢字に慣行があるようです。
たとえば、手元にある税務署の文書を調べてみましたが、すべて「越える」を使わずに「超える」になっていました。

Q【論理学】論理的でない会話例の論理的じゃない点

下記にある4つの論理的でない会話の例 というものを見つけたのですが
なんとなく分からないでもないものの
具体的にどのあたりが論理的でないのかがよく分かりません。
それぞれ、どのあたりが論理的でないのでしょうか。

(1)コンテクストへの依存 
  Aさん 「いまお腹空いてる?」
  Bさん 「ああ、ごめんなさい。 私、白あんのお饅頭苦手なんです。」
  Aさん 「そう。 じゃカステラにします?」

(2) はぐらかし
  上司 「ずいぶん長く不在だったようだが、どこへ行っていたのかね。」
  部下 「ちょっといろいろあって、外出させていただきました。」
  上司 「2時間で帰ると言っていたのに、6時間にもなった。 いったい何があったのだ。」
  部下 「仕事のことでしたら、山田君に頼んでいたから問題はなかったはずです。」
  上司 「だいたい、君がきちんとまじめにやらないということは、皆も言っていることだぞ。」

(3) 部分と全体のすり替え
  「北国の男は背が高い。 北国の男は借りた金を返さない。
ゆえに、背が高い男は借りた金を返さない。」

(4)言葉の意味のすり替え
  "Noboby is perfect. I am nobody. So,I am perfect." (英語のジョーク)

下記にある4つの論理的でない会話の例 というものを見つけたのですが
なんとなく分からないでもないものの
具体的にどのあたりが論理的でないのかがよく分かりません。
それぞれ、どのあたりが論理的でないのでしょうか。

(1)コンテクストへの依存 
  Aさん 「いまお腹空いてる?」
  Bさん 「ああ、ごめんなさい。 私、白あんのお饅頭苦手なんです。」
  Aさん 「そう。 じゃカステラにします?」

(2) はぐらかし
  上司 「ずいぶん長く不在だったようだが、どこへ行っていたのかね。」
 ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)は「お腹空いている?」という質問に対して、
本来なら「はい」か「いいえ」を答えなければならないのに、
「はい」いう返事を次の「白あんのお饅頭が苦手」と言う事で省略している。
(この点がコンテクストへの依存)

(2)も「どこへ行っていたのか」という質問に対して、
明確な回答をしておらず(はぐらかし)、
「いったい何があったのだ」という質問に対し、
その質問は「仕事をきちんとやっていない」という上司の批難と見越して
「山田君に頼んでいたから」と言い、やはり明確な回答をしていない。(はぐらかしている)

(3)は北国の男には背の低い人もいれば、借りたお金をきちんと返す人もいる。
たまたま話者の周辺に北国の男で背の高い人、借りた金を返さない人がいただけで(部分)
たまたま(部分)を一般論(全体)としてすり替えている。

(4)日本語に訳すと、
パーフェクトな人は誰もいない。
私は名もない人。(有名人でもなくごく普通の人)
だから私はパーフェクトである。

nobodyに「誰もいない」と「名もない人、平凡な人」の両方の意味があり、
それを掛けたジョークです。

(1)は「お腹空いている?」という質問に対して、
本来なら「はい」か「いいえ」を答えなければならないのに、
「はい」いう返事を次の「白あんのお饅頭が苦手」と言う事で省略している。
(この点がコンテクストへの依存)

(2)も「どこへ行っていたのか」という質問に対して、
明確な回答をしておらず(はぐらかし)、
「いったい何があったのだ」という質問に対し、
その質問は「仕事をきちんとやっていない」という上司の批難と見越して
「山田君に頼んでいたから」と言い、やはり明確な回答をしていない...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報