『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

 株価の値動き等における年間の標準偏差を求めたいのです。
 ただ、1年間の騰落率のデータを使用するのは、計測期間が長くなりすぎるため、あまり意味がないので(高度成長期のデータなども使うことになってしまい、現在の値動きとは異なると思われる)、月次や週次の騰落率を使って標準偏差を求め、それを年率換算するといった方法で求めようと考えています。
 月次のデータから求めた標準偏差を年率換算するには、12^(1/2)倍、つまりルート12倍すれば良いということを聞いたことがあります。これは正しい求め方なのでしょうか。
 また、ルート12倍するということは、標準偏差を2乗して分散にした後、期間(月次の場合は12ヶ月)を掛け算するということじゃないかなぁと勝手に考えているのですが、もしそうだとすると、週次データの標準偏差の場合はルート52倍(1年間=52週のため)すれば良いということでしょうか。
 よろしくご教授願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

株価がブラウン運動しているという仮定ならそうです。


ただし、その逆、つまり、
「標準偏差を年率換算するには、12^(1/2)倍で求められる」⇒株価はブラウン運動
は一般には成り立ちません。

実際に測定してやると、20分足ぐらいからは1/2乗に比例するようです。

参考文献:経済物理学入門
http://www.economist.co.jp/Finance/EcoPhysics.htm

参考URL:http://www.economist.co.jp/Finance/EcoPhysics.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構長い間疑問でしたが、スッキリしました。
ありがとうございました。
参考文献も見てみようと思います。

お礼日時:2003/02/17 11:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qエクセルで投資収益率の計算

エクセルを使って投資したお金の収益率(年率)を計算したいのですが
何か便利な関数はありますか

例えば

ある金融商品に120万円投資して15日後に122万円で回収した場合

年率換算すると何%になるのでしょうか(手数料は考えないものとします)

Aベストアンサー

1日単位でのお金の出し入れを計算式でやろうとするとやたら面倒になります。
そのような場合は、XIRR関数を使いましょう。

仮にA列は金額、B列は日付とします。
セルA1に、-1200000 を、セルA2に 1220000 を入れます。
投資日が2015年1月1日で、回収日が2015日1月16日なら、セルB1に2015/1/1を、セルB2に2015/1/16を入れます。

上記以外のどこかのセルに =XIRR(A1:A2,B1:B2) と入れると、49.51%と年率換算の収益率が表示されます。
なお、金額を入れるとき、上記のように投資金額(手元から離れる金額)にはマイナスの符号を付けてください。

Q投資信託の年率リターンについて

投資信託の年率リターンの見方についてお伺いします。

例えば、この投資信託のパフォーマンスを見ると、
http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2008032813

トータルリターンは
1年:35.54%
3年(年率):22.15%
5年(年率):18.01%
となっています。

これは、5年前にこの投資信託を購入し、分配金などを再投資していた場合、18.01%の利回りでリターンが得られていたということでしょうか?

それとも、実際には信託報酬などが差し引かれ、15%ぐらい?の利回りになるのでしょうか?
15%でも、普通の株式の配当利回りから考えると、とても大きいと感じます。

もちろん、運用に失敗したり株式市況が下落すれば、元本割れや利回りの低下もありうることは承知ですが、少なくとも5年前に購入していれば、今のところ5年間は毎年18%の利回りが得られているという解釈でよろしいでしょうか?

詳しい方、わかりやすく解説いただけると助かります。
どうぞよろしくお願いします。

トータルリターンに関する説明
http://www.morningstar.co.jp/moneyschool/fund/d103.html

投資信託の年率リターンの見方についてお伺いします。

例えば、この投資信託のパフォーマンスを見ると、
http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2008032813

トータルリターンは
1年:35.54%
3年(年率):22.15%
5年(年率):18.01%
となっています。

これは、5年前にこの投資信託を購入し、分配金などを再投資していた場合、18.01%の利回りでリターンが得られていたということでしょうか?

それとも、実際には信託報酬などが差し引かれ、15%ぐらい?の利回りになるのでしょうか?
15%で...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。

5年で18.01%年というのは、手数料を差し引いた後の数字です。5年前に投資した10,000円が、今ごろ22,887円(2.29倍=1.1801の5乗)になりました。配当再投資を仮定して、複利の計算です。これは2008~2013年の数字ですので、リーマンショック後の最悪時期をスタート地点に設定して計算しています。最悪から普通への回復時の数字です。一過性のモノですので、継続はしません。

もし投資を考えているのなら、利益率は5年とか3年とかましてや1年とかではなく、10年以上の数字を参考にすべきです。ちなみに過去26年間におけるSP500のトータルリターンは10.22%年です。26年前の10,000円が、今ごろ125,535円(12.55倍=1.1022の26乗)になる計算です。

利益率を見る前に、経費率を見ましょう。どちらかと言うと、経費率の方が重要です。何故なら利益は未知ですが、経費は確定しているからです。確定している経費は、未知の利益を喰らいます。

当該投資信託「厳選投資」の、手数料及び利益率は以下の通り。
3.15% 購入時手数料
1.722% 信託報酬
0.3% 留保額
18.01% 単年度換算5年利率
??% 単年度換算10年利率
http://www.sparx.co.jp/mutual/uploads/pdf/prosk-gen.pdf

参考までに、小生が愛してやまないVTSAXは以下の通り。
0.00% 購入時手数料
0.05% 信託報酬
0.00% 留保額
19.65% 単年度換算5年利率
8.28% 単年度換算10年利率
https://personal.vanguard.com/us/funds/snapshot?FundId=0585&FundIntExt=INT#tab=1

VTSAXはSP500を目指すインデックスファンドです。SP500ほどの厳選投資は他に無いのでは?超優良企業であるこの500社が、手数料世界最安のVanguardと結びつき、もはや世界最強のタッグです。

健闘を祈ります。素晴らしき投資人生を。

こんにちわ。

5年で18.01%年というのは、手数料を差し引いた後の数字です。5年前に投資した10,000円が、今ごろ22,887円(2.29倍=1.1801の5乗)になりました。配当再投資を仮定して、複利の計算です。これは2008~2013年の数字ですので、リーマンショック後の最悪時期をスタート地点に設定して計算しています。最悪から普通への回復時の数字です。一過性のモノですので、継続はしません。

もし投資を考えているのなら、利益率は5年とか3年とかましてや1年とかではなく、10年以上の数字を参考にすべきです。ちな...続きを読む

Q【Excel】3軸以上のグラフを作成できますか?

Excelでグラフを作成する場合
Y軸が2本で平面のグラフまでは
標準で用意されていると思うのですが、

例えば下のようなX軸が共通でY軸が3本以上必要となる(吸塵率「%」・粉塵量「個」・騒音レベル「dB」)
表をグラフ化する場合
どのようにすればいいのでしょうか?

銘柄   吸塵率% 排気中粒子 駆動音平均
手軽    16.3%      0個    54dB
排気0   13.4%    4000個    60dB
JET    35.3%    1000個    62dB
かるワザ 67.5%      0個    63dB

(表記中の固有名称その他は現実のそれとは何ら関係なく・またデータも説明用に一時的に作成されたものとする)

Aベストアンサー

 散布図でダミーのY軸を作成作れば、3軸でも4軸でも可能です。ただ、その軸をどのように配置するかという問題があります。
 また、3軸なら「三角グラフ」、4軸なら「Jチャート」というグラフもあります。2つとも散布図を工夫すれば、Excelで作成可能です。

 しかし、今回の表の場合は、作成元のデータを加工して、スネークプロット(縦の折れ線グラフ)またはレーダーチャートを作成したらいかがでしょうか。

 データの加工は、偏差値・達成率・最大値の対する比率などを使って基準を揃え、評価が高いほど値が高くなるように調整します。

Q証券・金融用語・外資系について、略語・英語の意味がわからず困っています

証券・金融用語・外資系について、略語・英語の意味がわからず困っています。

fixed income(債券等の有価証券のことでしょうか。株式との違いはなんでしょうか。国債、投信、CPはこれらに分類されるのでしょうか。国債は利息が入ってくるから、直訳、一定収入となるのでしょうか)
EQD=equiy deriva?(株式に関するデリバティブ取引でしょうか)
CRD:credit (信用取引のことでしょうか。tradeの種類です)

書籍で調べようにも、中々そのような本はいまだ発見できず(もし知っていたらご教示ください)

上記の語彙について、意味をご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

fixed income: 確定利率のこと。国債、社債などの債券がそうです
EQD: Equities & Derivatives
CRD: Credit Risk Derivatives

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む

Qエクセル   絶対値の合計

プラスの値とマイナスの値が混ざった数値をマイナスもプラスとして合計したいのですが何か関数はありませんか?

Aベストアンサー

以下の方法は如何でしょうか。

合計セルに{=SUM(ABS(XX:YY))}を設定。
※{}は、関数入力完了時にshift+ctrl+enterキーを同時入力して下さい。

Q潜在成長率って公表されていますか?

 日本の潜在成長率の推計値が何%なのかを定期的に公表している研究機関等があれば教えてください。また、数値の確認方法(HPで出ていればベスト)もお願いいたします。
 できれば、日銀等の公的機関の方が望ましいのですが、それ以外でもかまいません。
 よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

おそらく、日本の公的機関は潜在成長率を公表していないと思います。

日銀は、調査統計局が下記の論文を2003年に発表していますが、行内資料あるいは論文の一部として潜在GDPを計算することはあっても、定期的に公表していないと思います(潜在成長率とは潜在GDPの成長率のことです)。

http://www.boj.or.jp/ronbun/03/ron0301a.htm

内閣府も毎年、経済白書にGDPギャップ推計の一環として潜在GDPを計算していますが、潜在GDPそのものは公表していません。ちなみに、平成17年度年次経済財政報告(経済白書)では以下のように計算したということです。

http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je05/pdf/05-006001.pdf

上記の日銀の論文に詳しいですが、日銀調査統計局と内閣府とでは、微妙に潜在GDPの計算方法が違います。つまり、潜在成長率が違っていると思われます。

海外では、OECDが定期的に潜在GDPを公表しています。直近では、以下のようになります。ただし、これは年次ベースのみとなります。

http://www.oecd.org/dataoecd/5/49/2483845.xls

その他、IMFも計算しているということですが、私は未見です。

アメリカではCBO(議会予算局)がアメリカの潜在GDPを定期的に公表しています。日本の潜在成長率ということなので、質問内容と違いますが、一応、リンクを載せておきます。

http://www.cbo.gov/Spreadsheet/6609_Table2-2.xls

ご参考になれば幸いです。

おそらく、日本の公的機関は潜在成長率を公表していないと思います。

日銀は、調査統計局が下記の論文を2003年に発表していますが、行内資料あるいは論文の一部として潜在GDPを計算することはあっても、定期的に公表していないと思います(潜在成長率とは潜在GDPの成長率のことです)。

http://www.boj.or.jp/ronbun/03/ron0301a.htm

内閣府も毎年、経済白書にGDPギャップ推計の一環として潜在GDPを計算していますが、潜在GDPそのものは公表していません。ちなみに、平成17年度年次経済財政報告(経済白...続きを読む

Qメールでのフォルダのハイパーリンクの張り方を教えてください

メール上でサーバ内にあるフォルダへのハイパーリンクの方法を調べています。ファイルへのハイパーリンクの張り方知っているのですがフォルダへのハイパーリンクの方法がわかりません。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

>メール上でサーバ内にあるフォルダへのハイパーリンクの方法

とありますが、リンクを開くとそのフォルダ内にあるファイル等を一覧表示させたいのでしょうか?
それならばftp接続で出来ます。

ftp://www.sample.com/フォルダ名/

ftp://の後は利用しているサーバのドメイン名、/の後にサーバ内のフォルダ名を指定すればOKです。

ただしFTP接続なのでサーバーから認証要求されると思いますので、相手にID、PWを知らせる必要があります。多分これ以外の方法でフォルダのリンクを張ることは出来ないと思いますが。。。


人気Q&Aランキング