明治になり、貨幣の単位が変わりました。
1両は何円、1文は何銭とされましたか?
またそれはいつのことでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>明治になって1両は何円とされましたか?



誰にも分かるように、1両=1円です。
当時は「金本位制度」ですから、国家が持っている金の量が硬貨の発行限度でした。
「この通過は、金と同じ価値がある。金の裏付けが有る」という意味ですね。
単純に1両を1円にしたので、当時の1両小判に含まれていた金の含有量を逆に算出hしたのです。

>1文は何銭とされましたか?

1文銭は、1厘銭です。つまり、1000厘=1円、10厘=1銭です。

>またそれはいつのことでしょうか。

1871年ですね。

余談ですが・・・。
南北朝鮮の通貨である「ウォン」は、日本の「円」をハングル語で読む発音です。中国も同様です。
アジアで初めて国際社会に入ったので、各国とも日本のシステムを導入した結果です。
    • good
    • 2

ご質問とは少し離れますが,少し加筆させていただきます.


回答No3の方の
>旧貨幣は明治20年代まで通用したようです。

とありますが,
厳密には1953(昭和29)年12月31日まで,
明治政府以来不足する通貨を補う目的で,
江戸時代の寛永13年から鋳造されていた,
『寛永通宝』を含む銭貨は,
『円未満の通貨の廃止』の法改正で,
翌1954(昭和30)年1月1日から,
正式な通貨としての価値が無くなっています.
    • good
    • 0

明治新政府は当初は、旧幕府の貨幣制度を踏襲し、二分金、一分銀、一朱銀、天保銭や紙幣(民部省札)を大量に発行しました。


しかし4進法で不便な従来の通貨制度を改め、明治4年に円、銭、厘の10進法の新貨条例を発布し、新円貨、新紙幣(民部省)を発行しました。
20、10、5、2、1円および50、20、10、5、2、1、半銭、1厘の貨幣。
明治5年から100,50、10、5、2、1円および50、20、10銭札。
前との整合性のため、1円の価値をほぼ1両に合わせたわけです。
1両は4000文であり、4文銭(銅貨)は1厘相当です。
明治7年徳川時代の旧貨幣を新貨幣相当額との交換が始まりました。
旧貨幣は明治20年代まで通用したようです。
    • good
    • 0

明治4年(1871)に円が制定されました。

この時に1500mg=1円とされましたが、これは当時の1両及び1$の金含有量に近く、実質的に1円=1両=1$となりました。

朝なので説明不足ですが、参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【チョコレート】国内メーカーのロッテ、明治、森永の3社でどのメーカーのチョコレートが1番好きですか?

【チョコレート】国内メーカーのロッテ、明治、森永の3社でどのメーカーのチョコレートが1番好きですか?


その理由もお願いします。

Aベストアンサー

チョコレートは年齢と共に食べなくなりましたが、明治か森永ですがあえて言えば森永かな。
理由は子供の頃チョコボールで金のエンゼル、銀のエンゼルでオモチャの缶詰を貰おうとお小遣いでやっと買えたと言う記憶が
ありますし。(笑)
ロッテは韓国系なので国内メーカーと思って居ませんし。

Q明治18年の貨幣価値と百円札の効用は?

http://homepage1.nifty.com/zpe60314/kahei3.htm 
これによると明治18年に百円紙幣が発行されています(図柄は大黒天)。随分高額でどういう意図があったのか理解できません。小切手が未発達で商取引用だったなどという事情でもありましたか。
因みに当時の壱円は今日の幾らに相当しますか。基準は米なり初任給なり何を採用しても、ご自由とします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 小切手が未発達で商取引用だったなどという事情でもありましたか。

その通りです。
主に商取引、特に銀行間の取引において使われていたようです。因みにアメリカでは同じ目的で 10000 ドル札が発行されていました。

> 因みに当時の壱円は今日の幾らに相当しますか。

大体、ですが、物価にすると 5000~10000 倍程度なので間を取って 7500 円位に相当する、というところです。米で測っても、大体 10 kg = 0.3-0.5 円というところで、現在は 10 kg = 4000 円位ですからね。

Q山手線 明治チョコレートVer.のお値段

昨日、会社帰りに、“山手線明治チョコレートVer.”を見かけました。

「やることが大胆だなぁー」と感動していたのですが、ふとした疑問が出てきました。。

山手線一台をデコレーションするのって、どのくらい費用(宣伝広告費)がかかるのでしょうか。
またその費用を取り戻すために、何枚のチョコレートを売る必要があるのでしょうか。
というか、明治の一日のチョコレートの売上はどのくらいなのでしょうか。

概算でも構いませんので、分かる方がいらっしゃいましたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

http://www.ueharaweb.com/trko.htm

これは車体広告といいます。
約1ヶ月間2編成に広告を掲載した場合、1500万円とサイトに出ています。印刷加工費、施工費も含まれます。
但し、山手線100周年企画なので多少の値引きはあると思います。

Q古銭に詳しい人、教えてください。 江戸時代の1斗と10文って現在の貨幣価値で幾らくらいですか? 斗と

古銭に詳しい人、教えてください。

江戸時代の1斗と10文って現在の貨幣価値で幾らくらいですか?

斗と文だと斗の方が高価?

Aベストアンサー

斗はお金の単位じゃないので比べられませんよ。

Q明治チョコレートのCMで木下ゆきなさんと競演している人は誰ですか?

明治チョコレートのCMで木下ゆきなさんと競演している人は誰ですか?名前を教えてください。

Aベストアンサー

水沢エレナさんです。
雑誌「SEVENTEEN」のモデルで、あとドラマ「恋空」の主演をやっていました。

明治製菓
http://www.choco-recipe.jp/milk/valentine/cm/index.html

Q明治末期の貨幣の価値

明治末期(1900年代)から大正年代の1円、1銭は現在のレートで言うといくらぐらいになるのですか?
だれかご存知であれば教えていただけますか?

Aベストアンサー

明治30年頃の1円が現在の貨幣価値にすると、大体2万円ほどだということです。

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s994.htm

Q明治チョコレートのCMの曲

昔からある、
「チョッコレート、チョッコレート、
 チョコレートは明治・・・・・」
っていう曲ありますよね。
あれ、最近ものっすご、せつないバージョンのやつ
あるじゃないですか。あれ、歌ってる人誰かわかりませんか?

Aベストアンサー

今日見たのはキロロだったと思います~。

Q明治6年1月1日は何曜日?

近代日本史の勉強をしています。明治6(1873)年1月1日は何曜日ですか?

Aベストアンサー

すでに回答がありますが、明治6年1月1日は水曜日です。

ちなみに、この明治6年1月1日は、日本に西暦の暦が導入された日でもあります。
それ以前の日本は太陰暦を使っていて暦がずれており、この日の前日は明治5年の12月2日だったんですね。
ですから、明治5年の12月13日から31日までは存在しません。

Q明治・森永のミルクチョコレートの包装が酷似している点

過去の質問を調べても見当たらなかったので質問させていただきます。

明治と森永の板チョコ(ミルクチョコレート)の包装やサイズ、チョコの割り方まで酷似していますよね?
包装は焦げ茶バックの金文字で、どちらも同じに見えます。
これって特許とかがなくて、どちらかが模倣したんでしょうか?

Aベストアンサー

 というより、昔は、板チョコといえばほとんど全部、あんなチョコレート色の地に金文字だったらしいし、わたくしが知っているかぎりでも、他社のチョコレートでもあんなデザインだったんです。
 もちろん価格帯を同じにするには中身の量もほぼ同じになりますから、大きさや型のデザインなども似てきたのでしょう。

 ああいったデザインならこそ、ああ板チョコだと一般消費者から安心感とともに認知されてきたのでしょうが、次第に他社のものは消えてしまい、正当なる?板チョコとして今も残っているのが、あの森永と明治のもの、それにローカル製品なら横浜チョコレートなど・・・・・・ということだと思います。もちろん当時はデザインの著作権みたいなものはなかったからでしょう。

 昭和20年の終戦後、進駐してきたアメリカ軍から放出されたというハーシーの板チョコ、これ、今でもありますが、これも同じくチョコレート色の地に、こちらは銀文字。しかし、デザインは酷似と言ってもいいほどそっくりです。

 たぶん、と言うか、ひょっとしてと言うか、チョコレートの老舗ハーシー社のチョコレートにデザインを倣ったのかもしれませんね。

 ちなみに、正しいかどうか自信はないのですが、国内でチョコレート色の包装から脱してカラフルな板チョコの包装が出だしたのは、たしかロッテのガーナミルクチョコレートだとか、明治のブラックチョコレートなど、板チョコとしての一連の新製品からだったと思います。

 というより、昔は、板チョコといえばほとんど全部、あんなチョコレート色の地に金文字だったらしいし、わたくしが知っているかぎりでも、他社のチョコレートでもあんなデザインだったんです。
 もちろん価格帯を同じにするには中身の量もほぼ同じになりますから、大きさや型のデザインなども似てきたのでしょう。

 ああいったデザインならこそ、ああ板チョコだと一般消費者から安心感とともに認知されてきたのでしょうが、次第に他社のものは消えてしまい、正当なる?板チョコとして今も残っているのが、...続きを読む

Q明治時代 貨幣について

こんにちは。高校で日本史Bを学んでいるものです。
歴史カテゴリーか経済カテゴリーかで迷ったのですが、明治時代の貨幣について質問したいと思います。

1、「日本銀行は1885年に正貨と不換紙幣の価値がほとんど同じになった時、銀兌換紙幣を発行した。」とあるのですが、どうして日銀は正貨と不換紙幣の価値が同じになった時に銀兌換紙幣を発行したのでしょうか?

2、1872年の国立銀行条例の際にできた銀行は、兌換紙幣を発行しましたよね。この時代、不換紙幣やら、兌換紙幣やらがごちゃ混ぜになって流通していたのでしょうか?それなら、その紙幣を使う人々は混乱しなかったのでしょうか?

3、「1886年に日本銀行は政府紙幣も銀と兌換するようになったのです。」とありますが、政府紙幣とは何なのでしょうか?不換紙幣とは別なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詳しい学習のためには、教科書や学校配布の資料だけ読んでいても、理解しにくいこともあるでしょう。図書館や書店を利用しましょう。インターネットを使えるなら、なぜ日銀のサイトでお調べにならないのですか。

日本銀行金融研究所 - わが国の貨幣史
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm
日本銀行金融研究所 - 『金融研究』巻頭エッセイ
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra.htm

以上を読めばご質問の答は分かるはずですが、読んでも分からないという場合のために、下手な解説を書いておきます……。

1. 「1885年に正貨と不換紙幣の価値がほとんど同じになった」とは、インフレなどがひとまず収まったという意味でしょう。明治初期、不換紙幣が乱発されたことがあり、その後、金融情勢が一旦安定するのを待って、日銀券発行のタイミングとしたわけです。
また、金兌換ではなく銀兌換としたのは、銀の保有量に余裕があったためです。建前としては金本位制だったのですが、外国から銀が大量に流入して金が流出し、実質的に金銀複本位制になっていました。

2. 「1872年の国立銀行条例の際にできた銀行」は、実は民間銀行でした。その民間銀行に紙幣を発行させるのですから、保証が必要です。政府は銀行に、紙幣発行の裏付けとなる正貨(金銀貨)の保有を義務付けました。したがって、兌換紙幣となります(ただし、のちには不換紙幣化した)。
一方、日本政府自体は、大量の紙幣発行の裏付けとなるほどの金を保有していなかったので、政府紙幣(の多く)は不換紙幣です。不換でも、「政府発行」という信用で次第に流通するようになりました。
「この時代、不換紙幣やら、兌換紙幣やらがごちゃ混ぜになって流通していた」ため、「その紙幣を使う人々は混乱」することもありました。

3. 「政府紙幣」とは、日銀が発足する前に日本政府が発行していた紙幣のことです。多くは不換紙幣ですが、兌換紙幣もありました。
明治初期には日銀が存在しませんでした。誕生した日銀は、紙幣を発行する唯一の機関となり、政府紙幣や国立銀行紙幣は新規発行停止になって、徐々に日銀券に交換されていきました。
なお、「1886年に日本銀行は政府紙幣も銀と兌換するようになった」のは、政府紙幣が一気に日銀券と交換されるのを回避するためと思われます。日銀券は兌換なのに、政府紙幣が不換のままでは、人々は政府紙幣すべてを一気に日銀券と交換したくなります。しかし、それでは日本政府の能力を超えてしまいます。政府紙幣はかつて乱発されたこともあって、総額が大きいからです。そこで、人々がしばらくは政府紙幣を持っていても不利にならないように、政府紙幣も銀と兌換できることを保証したのでしょう。政府紙幣、国立銀行紙幣の通用が停止されたのは、1899年(明治32年)のことです。

詳しい学習のためには、教科書や学校配布の資料だけ読んでいても、理解しにくいこともあるでしょう。図書館や書店を利用しましょう。インターネットを使えるなら、なぜ日銀のサイトでお調べにならないのですか。

日本銀行金融研究所 - わが国の貨幣史
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm
日本銀行金融研究所 - 『金融研究』巻頭エッセイ
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra.htm

以上を読めばご質問の答は分かるはずですが、読んでも分からないという場合のために、下手な解説...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報