明治になり、貨幣の単位が変わりました。
1両は何円、1文は何銭とされましたか?
またそれはいつのことでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>明治になって1両は何円とされましたか?



誰にも分かるように、1両=1円です。
当時は「金本位制度」ですから、国家が持っている金の量が硬貨の発行限度でした。
「この通過は、金と同じ価値がある。金の裏付けが有る」という意味ですね。
単純に1両を1円にしたので、当時の1両小判に含まれていた金の含有量を逆に算出hしたのです。

>1文は何銭とされましたか?

1文銭は、1厘銭です。つまり、1000厘=1円、10厘=1銭です。

>またそれはいつのことでしょうか。

1871年ですね。

余談ですが・・・。
南北朝鮮の通貨である「ウォン」は、日本の「円」をハングル語で読む発音です。中国も同様です。
アジアで初めて国際社会に入ったので、各国とも日本のシステムを導入した結果です。
    • good
    • 2

ご質問とは少し離れますが,少し加筆させていただきます.


回答No3の方の
>旧貨幣は明治20年代まで通用したようです。

とありますが,
厳密には1953(昭和29)年12月31日まで,
明治政府以来不足する通貨を補う目的で,
江戸時代の寛永13年から鋳造されていた,
『寛永通宝』を含む銭貨は,
『円未満の通貨の廃止』の法改正で,
翌1954(昭和30)年1月1日から,
正式な通貨としての価値が無くなっています.
    • good
    • 0

明治新政府は当初は、旧幕府の貨幣制度を踏襲し、二分金、一分銀、一朱銀、天保銭や紙幣(民部省札)を大量に発行しました。


しかし4進法で不便な従来の通貨制度を改め、明治4年に円、銭、厘の10進法の新貨条例を発布し、新円貨、新紙幣(民部省)を発行しました。
20、10、5、2、1円および50、20、10、5、2、1、半銭、1厘の貨幣。
明治5年から100,50、10、5、2、1円および50、20、10銭札。
前との整合性のため、1円の価値をほぼ1両に合わせたわけです。
1両は4000文であり、4文銭(銅貨)は1厘相当です。
明治7年徳川時代の旧貨幣を新貨幣相当額との交換が始まりました。
旧貨幣は明治20年代まで通用したようです。
    • good
    • 0

明治4年(1871)に円が制定されました。

この時に1500mg=1円とされましたが、これは当時の1両及び1$の金含有量に近く、実質的に1円=1両=1$となりました。

朝なので説明不足ですが、参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貨幣単位で厘と銭が無くなったのはいつから?

かつては円の下に厘、銭という単位がありました。
これが無くなったのは正確にいつごろでしょうか?
もうやめようという政府の命令があったのでしょうか。
銭の貨幣の発行停止に伴い、自動的に物価に銭単位が無くなるものでしょうか。

Aベストアンサー

 事実上の取り扱い停止は1953年の「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」によるもののようです。

http://62280935.at.webry.info/200912/article_31.html

Q明治6年ごろの2銭で何が買えましたか?

明治6年に2銭銅貨が発行されています。
とても重厚な通貨ですが、当時どれくらいの価値があったのでしょうか?
2銭で買えたものがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

各年の物価などを載せたページによると、明治6年に白米10kgの価格が31銭だったそうです。
米1kgが2銭と書かれたページもありました。
http://chigasakioows.cool.ne.jp/ima-ikura.shtml

単純に数値だけ見て8300倍ほどの価値を計算すると、16600銭=166円となりますが、現在のお米1kgは300~600円ぐらい。
飽食の現在よりも当時は食料が貴重だったと思いますので、もっと価値があるかもしれません。
そばやあんパンの5厘(2銭の1/4)、家賃などと見比べると面白いですね。

Q明治末期の貨幣の価値

明治末期(1900年代)から大正年代の1円、1銭は現在のレートで言うといくらぐらいになるのですか?
だれかご存知であれば教えていただけますか?

Aベストアンサー

明治30年頃の1円が現在の貨幣価値にすると、大体2万円ほどだということです。

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s994.htm

Q明治6年1月1日は何曜日?

近代日本史の勉強をしています。明治6(1873)年1月1日は何曜日ですか?

Aベストアンサー

すでに回答がありますが、明治6年1月1日は水曜日です。

ちなみに、この明治6年1月1日は、日本に西暦の暦が導入された日でもあります。
それ以前の日本は太陰暦を使っていて暦がずれており、この日の前日は明治5年の12月2日だったんですね。
ですから、明治5年の12月13日から31日までは存在しません。

Q明治時代 貨幣について

こんにちは。高校で日本史Bを学んでいるものです。
歴史カテゴリーか経済カテゴリーかで迷ったのですが、明治時代の貨幣について質問したいと思います。

1、「日本銀行は1885年に正貨と不換紙幣の価値がほとんど同じになった時、銀兌換紙幣を発行した。」とあるのですが、どうして日銀は正貨と不換紙幣の価値が同じになった時に銀兌換紙幣を発行したのでしょうか?

2、1872年の国立銀行条例の際にできた銀行は、兌換紙幣を発行しましたよね。この時代、不換紙幣やら、兌換紙幣やらがごちゃ混ぜになって流通していたのでしょうか?それなら、その紙幣を使う人々は混乱しなかったのでしょうか?

3、「1886年に日本銀行は政府紙幣も銀と兌換するようになったのです。」とありますが、政府紙幣とは何なのでしょうか?不換紙幣とは別なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詳しい学習のためには、教科書や学校配布の資料だけ読んでいても、理解しにくいこともあるでしょう。図書館や書店を利用しましょう。インターネットを使えるなら、なぜ日銀のサイトでお調べにならないのですか。

日本銀行金融研究所 - わが国の貨幣史
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm
日本銀行金融研究所 - 『金融研究』巻頭エッセイ
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra.htm

以上を読めばご質問の答は分かるはずですが、読んでも分からないという場合のために、下手な解説を書いておきます……。

1. 「1885年に正貨と不換紙幣の価値がほとんど同じになった」とは、インフレなどがひとまず収まったという意味でしょう。明治初期、不換紙幣が乱発されたことがあり、その後、金融情勢が一旦安定するのを待って、日銀券発行のタイミングとしたわけです。
また、金兌換ではなく銀兌換としたのは、銀の保有量に余裕があったためです。建前としては金本位制だったのですが、外国から銀が大量に流入して金が流出し、実質的に金銀複本位制になっていました。

2. 「1872年の国立銀行条例の際にできた銀行」は、実は民間銀行でした。その民間銀行に紙幣を発行させるのですから、保証が必要です。政府は銀行に、紙幣発行の裏付けとなる正貨(金銀貨)の保有を義務付けました。したがって、兌換紙幣となります(ただし、のちには不換紙幣化した)。
一方、日本政府自体は、大量の紙幣発行の裏付けとなるほどの金を保有していなかったので、政府紙幣(の多く)は不換紙幣です。不換でも、「政府発行」という信用で次第に流通するようになりました。
「この時代、不換紙幣やら、兌換紙幣やらがごちゃ混ぜになって流通していた」ため、「その紙幣を使う人々は混乱」することもありました。

3. 「政府紙幣」とは、日銀が発足する前に日本政府が発行していた紙幣のことです。多くは不換紙幣ですが、兌換紙幣もありました。
明治初期には日銀が存在しませんでした。誕生した日銀は、紙幣を発行する唯一の機関となり、政府紙幣や国立銀行紙幣は新規発行停止になって、徐々に日銀券に交換されていきました。
なお、「1886年に日本銀行は政府紙幣も銀と兌換するようになった」のは、政府紙幣が一気に日銀券と交換されるのを回避するためと思われます。日銀券は兌換なのに、政府紙幣が不換のままでは、人々は政府紙幣すべてを一気に日銀券と交換したくなります。しかし、それでは日本政府の能力を超えてしまいます。政府紙幣はかつて乱発されたこともあって、総額が大きいからです。そこで、人々がしばらくは政府紙幣を持っていても不利にならないように、政府紙幣も銀と兌換できることを保証したのでしょう。政府紙幣、国立銀行紙幣の通用が停止されたのは、1899年(明治32年)のことです。

詳しい学習のためには、教科書や学校配布の資料だけ読んでいても、理解しにくいこともあるでしょう。図書館や書店を利用しましょう。インターネットを使えるなら、なぜ日銀のサイトでお調べにならないのですか。

日本銀行金融研究所 - わが国の貨幣史
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/history.htm
日本銀行金融研究所 - 『金融研究』巻頭エッセイ
http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_gra.htm

以上を読めばご質問の答は分かるはずですが、読んでも分からないという場合のために、下手な解説...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報