私はとても優柔不断です。
何を選ぶにも人の倍かそれ以上の時間がかかりますし、選んでからもまだ迷っている、という感じです。(例えば本屋に行って3時間4時間は普通にウロウロしています。)自由課題のレポートのテーマが決まらないでぐずぐず悩んで、テーマもコロコロ変えて、気づいたら締め切り直前で徹夜。なんてことも多々あります。
今高校生なのですが、高校(3年間かわらないクラス)が私と合わなかったらしく、ふさぎこんでいることもあって自分に自身がないのかな・・・?だから自分の
決めた事に「こう!」と思えないのかな?と思います。
そこでご相談したいのは、皆さんがなにか迷ったとき、どう踏ん切りをつけて物事を決めているか、知りたいのです。
こう言う事は人それぞれかと思いますが、是非とも参考にしたいのでよろしくお願いします。

A 回答 (7件)

少しきつい断定的な言い方になって申し訳ありませんが、あなたは自分の意見や好みをはっきりと主張できない、典型的な日本の若者と言えます。

そういう私も若い頃はそうでした。
まず、自由課題のレポートなら、課題は自由なのですから自分が何が好きで、何に興味や関心があって、何を面白いと感じるのかを自分に問いただしてみて下さい。で、自分の好みがわかったら迷わずそれをテーマにしてしまえばいいのです。すばらしいレポートを書こうとは思わないで下さい。あなたの好みで選んだテーマこそベストなレポートにつながるのです。
とにかく、自分は何が好きなのか、何を面白いと感じているのか、何に興味・関心があるのかをじっくり探して見て下さい。それが見つかったら、いつでも何かで迷ったときにそれを基準にして判断・決断をするように心がけて下さい。それを持続的に行なっていくうちに自然と自分の中に決断力というものが芽生えてきます。
他人の意見は良く聞くこと、そして参考にすること、しかしそれに振り回されないことが大切です。
こんなレポートを提出したら教師がどう思うかなどと気にしないことです。
あくまで判断基準は自分にあることをしっかり認識して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まったくもっておっしゃる通りです。
人からどうみられるかばかり気にして、「自分」としての判断ができていません。
けれど何をするにも、まず自分ありき、ですね。
私は高校にはいってから、これといって趣味がなくなってしまって
今は自分が何に興味があって何が好きなのか模索中ですが、
masmasさんのアドバイスを参考に探して見る事にします。
有り難う御座いました。

お礼日時:2001/03/05 23:39

1.どっちのほうが良いか考える。


2.自分で判断できない時には人の意見を聞き、それに従う。聞く人がいない時は、直感で決めてしまう。
3.決めたらもう、選択以前のことは考えない。

■結果的に選択が良くない結果になっても、良くなかったことが分かったことは、ひとつの収穫です。一歩前進!
これを肝に銘じてください。
    • good
    • 0

個人的なことばかりで、失礼します。


わたしも、ある意味優柔不断な人間でした・・・
こどものころはちょっとこまっしゃくれていたヤツで、進路を決めるとき、「ひとつの仕事になりたくない!」なんて言っていたんです。今考えると、そんなことは(自分には)ムリだったとは思うのですが、平等とか、公平とか、そういうモノが好きで(?)何かの職業に就くと物の考え方が偏ると考えて、それに激しく抵抗していた・・・つもりだったのですよね。

「普遍」なんて、何をどうしても人間の能力ではムリなんだなあ・・・とその後悟ってからは少しは気楽になりました。今は一分野の仕事にもついて、ハイ「君らは頭が固い」だの、何だのと、他の職種に言われたりして、立派に偏っているんだと思います。それでも、仕事の上で「視点が広い」「客観的な意見をくれる」など、それなりに長所として評価されることもあり、この年になると、だんだんアタマは偏ってくることが多い中、悪いばかりではないように思います。

わたしの決断にまつわる方法・・・
・今決められないことは、今決めない。
・どうでもいいことはコインでも投げて決める。

それで、二度と振り返らない。
幸い、行動した後は迷わないし後悔しないたちなので、あまり、「失敗したなーー」という悔やみ体験はないです。たぶん、楽観的なのだと思います。
 
・・・ごめんなさい、参考に、ならなさそうですね・・・・・。
迷うくらいなら、どちらを選んでも、いいくらい同じ価値のものなのではないですか?ならば、それほど後悔にもつながらないと思うのですが。。。
 あんまり迷わなすぎてこわい!人もいますから、かえって人間味があってわたしはkanokoさんのタイプとお友達になりたいです。
    • good
    • 0

直感で最初に選んだものは変えないほうがよいです。


これはテスト解くときなんかに当てはまりますね。
あと私はよくレストランのメニューなんかでなやんでしまうのですが。
自分が選んだほうに絶対の自信をもつことも大事。
ラーメンと、パスタと迷って、例えばラーメンにしたとします。これで「あのときパスタにすればよかったかな…」とか悩むよりは、「このラーメン美味しいな、ラーメン選んでほんとによかった」と思いましょう。
そういうトレーニングをしていくうちに、きっと悩む時間は減っていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テストの選択問題は私にとって難関中の難関です。
そしてry431さんの言われているように、
オーダーするときものすごく悩みます。
「自分に絶対の自信」を持つには簡単では有りませんが、
まずは、自分を信じることからはじめてみたいと思います。
アドバイス、参考にさせていただきます。有り難う御座いました。

お礼日時:2001/03/05 23:56

悩んでくよくよすること、皆いっぱいありますよ!


私が聞いた言葉で、「どれだけ悩んでも、結論は1つ。行動するか、しないかだ。」というようなものがあります。
悩んでも、結局はやるかやらないか。イエスかノーか。
でも、人間、さっと結論が出せないですよねー。
でもkanokoさんは自由課題だって、悩むのは、いいものを発表したい気持ちがあるからこそ、それだけ悩んでいるんじゃないかな?
自分にもっと自信を持って!大丈夫ですよ!
それから、過去を後悔しないこと、まだ結果がでていないことを悪く考えすぎないことも大事ではないでしょうか?

とにかく、じっくり考え行動するのも人として大事だし、あなたのペースでがんばればいいと思います。
ただ、これから色々な状況下で、kanokoさんが考えている間に、他のひとにいいところを持っていかれちゃう・・・なんて場合もありますから、とにかく先をあまり考えすぎず、決断する努力も大事ですよー、FIGHT!
人生何回でもやりなおせるさ!位大きく考えよう!
参考にならなかったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は何かする時、勝手に未来を想像して
行動をする前に諦めてしまう事が多くあって、
それを後悔したりする事が多いです。
石橋は叩いても渡らない・・・・、でもそれではだめですね!
渡ってみたら桃源郷、なんてこともあるかもしれないですし。
失敗することばかり考えていても何もできないですよね。
アドバイス、とても参考になっています。
有り難う御座いました。

お礼日時:2001/03/05 23:48

私も優柔不断の面を持っています。


迷うなんてしょっちゅうです。

で、迷ったときにどうするかですが、勘で決めて自分で決めたと頭とこころに叩き込んで、決着つけてます。
人にも聞くようになりました。(昔は自分で何もかも決めないと気がすまない性格でした。)
(どうしても、選び間違いや失敗を恐れるのですが、そこまで考えてたらこころがもたないので。)

私は今、社会人10年目33歳ですが、自信のかけらというか開き直りが出てきたかなぁ、と思います。
そこまで待てというわけではありませんが、自分の「観」というか傾向みたいなものが定まってくれば、自然に自信も踏ん切りも出てくるでしょう。

でも、優柔不断もあなたの個性なんですから、いい方向に徐々にもっていってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、有り難う御座います。
buranさんのアドバイスを読んで
やっぱり「経験」が大切なんだな、ということを改めて思いました。
自分の優柔不断さに飽きれて、否定するばかりでしたが、「個性」と
して考えれば、ちょっとは前向きになれるような気がしました。
有り難うございました。

お礼日時:2001/03/05 23:30

何かを決める時に迷わない人はいないですよね。


迷い方の程度が違うだけで。
わたしも、自分で決めたはずのことなのに、あとになって
ほんとにこれでよかったのかな?
と、不安になることはしょっちゅうです。
3日くらい眠れなかったこともあります。
でも、たいてい、何とかなってきました。

こういうことを何十年もやってきて、(ウフ、歳が・・・)
今思うことは、
「くよくよしたって始まらない」
ということ。
言い換えれば
「ひらきなおり」
かな?
そんなこと言ったって・・・と思われるでしょうが、
結局それしかないと思うのです。
結果を考える時、なるべくいい方に考える。
「あの時、こちらを選ばなければよかった。」
ではなくて、たとえ大変なことがいっぱいあても、
「こちらを選んだから、こんな経験ができた。」
を、プラスの方に考える努力をしましょう。
まわり道をすることもあっていいのです。
あなたの人生は、まだまだ長いのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスの方、有り難う御座います。
altonlyさんの言われている通り、なんとかならないことなんてないんですよね。
私は自分を追い詰める性格のようで(苦笑)、どうもネガティブな考えばかりに
陥りがちなのですが・・・最悪の事態を想定しておけば、そうなった時慌てなくてすむなんて考えるより、
良い結果を想定してた方がずっと良いです。
そう考えるように努力してみます。 有り難う御座いました。

お礼日時:2001/03/05 23:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q論文のテーマが決まりません。

論文のテーマが決まりません。

私は附属高校の生徒で、内部推薦を希望する場合は8000字以上の論文を提出しなければなりません。(小論文ではなく論文です。)

論文を書くのは初めてなので、自分の身の回りのことや、できるだけ具体的なテーマを選び、範囲を狭く絞り込まなければなりません。

考えても考えても、何もテーマが思いつきません。
本当に困っています。

どうか、どなたか論文のテーマを挙げてくださらないでしょうか。

なるべくたくさん挙げてください。
高校生でも出来るような、具体的なテーマでお願いします。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 法学部の政治学科を志望とのことですが、「政治学」と一口に言ってもその間口は余りにも広い。その中で自分の日常生活との関連性で題目を見つけようとしても、地方自治論もあれば選挙制度の問題、住民自治と地方行政の関わり方など多種多様な切り口があります。
 先ずは自分の身の回りを観察することから始めてみては如何ですか?。「テーマが見つからないから教えて」というのでは大学で学問を学ぶスタート地点にも立てないことと同じです。
 ヒントとして「なぜ自分は大学進学で政治学を選んだのか」を具体的に整理してみることです。「論文」という名前に臆することなく、自らが政治学で学びたい事柄を選びそれに即して様々な資料やデータを集め、その材料から何が分かるかをまとめる。そして「自分ならばどのようなプランを立てて園問題を解決しようと考えるか」を論理立てて文書化する。
 例えば今回の東日本大震災に際して、被災地の「特区指定」との提案に対して、そのメリット・デメリットを自分はどう解釈し選択するか。或いは被災地を統合し新たな行政区分を設け直すことは可能か。もし可能であるならば、その際に生じる選挙制度の問題、一例として地方議会の定数配分の問題や選挙区をどうするか、など問題はすぐ身近にありますよ。自分で見つけることが出来ない、といってばかりでは何も解決できません。
 8000字といっても400字詰め原稿用紙に換算するなら20枚、10000文字としても25枚です。実際に書き始めてみると、逆に紙幅が足りないことに気がついて、どの部分を簡略化出来るかなどの問題に直面することの方が多い、これが現実です。そして初稿を書き終えたら第三者に感想を求めて添削してもらうことも必要です。独りで書いていると、何時の間にか独善的な資料解釈と論理構成に陥っていることに気付かず、自分では完璧にできた、思えても実際には穴だらけの仕上がりになっていることも数多く見られます。
 論文だからといって肩に力を入れず、かといって気を抜くこともせず、常に自らを対象化して冷静に筆を進めることが大切です。

 法学部の政治学科を志望とのことですが、「政治学」と一口に言ってもその間口は余りにも広い。その中で自分の日常生活との関連性で題目を見つけようとしても、地方自治論もあれば選挙制度の問題、住民自治と地方行政の関わり方など多種多様な切り口があります。
 先ずは自分の身の回りを観察することから始めてみては如何ですか?。「テーマが見つからないから教えて」というのでは大学で学問を学ぶスタート地点にも立てないことと同じです。
 ヒントとして「なぜ自分は大学進学で政治学を選んだのか」を具体...続きを読む

Q一度、精神病にかかると、周囲の人間を頼りにできないことに気づきますよね?こういうのって不健全な考えですかね?

 僕も、ここでいろんな方に回答したりしながら自分を見つめてきました。このことは、このままでもいいのだろうかと思うようになったんです。

 精神病にかかると、周囲の人間、家族、友人、医師、保健婦さん、など自分にかかわる人たちが、いかに頼りにならないか気づくと思うんです。家族は医師や関係機関の人々の話は聞きますが、自分で調べるようなことはしない。医師は自分の学んだ理論に縛られてしまっているし、その範囲を超えて理解しようとはしないし、患者の苦しみを考えて接しようという努力があまりない。友人は、そこまで踏み込もうという人はほとんどいない。保健婦さんも仕事のラインからは踏み込んでこない。
 
 これらは僕の場合だけなのかもしれないけれど。僕には人徳がないというのもあるので。
 でも、結局、頼りにできる、あてにできる人がいなくて、一人戦ってきたという感じが強いのです。
 そういう一線を越えた状況で頼りにできる人がいなかったというのが、僕の中に限定的な信頼で人と接するというのができあがっています。
 そのせいか、僕は、例えば、彼女いない暦=人生でした、精神状態が悪かったときはそれが本当につらかったんですが、落ち着いてきて前述のような考えになると、進んで彼女を作ろうという気にはなりません。家族も、唯一の友人も限定的な信頼の上で付き合っています。もちろん、医師や保健婦さんたちとも。

 こういう考え方って不健康というか、おかしいのでしょうか?このままでもいいようにも思うんですが(別につらい事はないのですから)、このままではいけないような気もするんです。
 どう思うか聞かせてください。

 僕も、ここでいろんな方に回答したりしながら自分を見つめてきました。このことは、このままでもいいのだろうかと思うようになったんです。

 精神病にかかると、周囲の人間、家族、友人、医師、保健婦さん、など自分にかかわる人たちが、いかに頼りにならないか気づくと思うんです。家族は医師や関係機関の人々の話は聞きますが、自分で調べるようなことはしない。医師は自分の学んだ理論に縛られてしまっているし、その範囲を超えて理解しようとはしないし、患者の苦しみを考えて接しようという努力があま...続きを読む

Aベストアンサー

最後の最後です、また登場したことお許しください。
どうしても気になったものですから。

まず、
>僕としては、今、自分の経験と知識を人の踏み台にしてもらおうと思っています。
踏み台だなんて、おっしゃらないでください!
kumosuke32さまを踏もうなんて失礼なこと考えてません、笑。
でも、おっしゃりたいことは、人の役に立ちたい、力になりたい、ということなんですよね。それはすばらしいことだと思います。

しかし、人の役にたつ、ということは非常に難しい課題ですよね。

jacsさまのNo.22の回答を読んで、ハッと思いました。
人の心の助けになる、ということが、どんなに難しいことであるかを知っている方、経験されたことのある方の回答だと思います。

私も自ら友人の問題に意見していったことがあります、が、結果は失敗でした。何も変わらず、自分のエネルギーも切れてしまいました。疎遠になるのは覚悟の上でしたが、それは自分の問題なので、彼女にとっては無責任だったのでしょうね。間違ったことをしたのかもしれません。

心の問題はデリケートで、立ち入るのに勇気や莫大な労力が要ります。それはkumosuke32さまもおっしゃってますね。
jacsさまのように立ち入って上手くいくかどうかわからない、相手が深い傷を負うのではないか、とあんじるのも、やさしさであるし、kumosuke32さまのように、積極的にこちらから手を差し出したい、というのもやさしさでしょう。
どちらが正しいというのはケースバイケースでしょうけれど、実生活では、自分からは踏み込まないけど助けを求めてくれれば助力する、というjaksさまのご意見が暗黙の了解だと思います。だって、助けを求めても家族でもそれが得られない、という状況のほうが、おかしいのですから。普通は助けを求め、求めに応ずる、なのでしょう。

話が飛びますが、愛情って水の流れのようなものだと思うんです。誰かから受けて、また誰かに与えて、たえず流れていく。流れが大きく、よどむことがない人の心、が豊かな心なんだろうな、なんて思っています。
私自身は、心の中に入ってくる水の流れが小さくなりやすく、だから出て行く流れにも限りがあります。つまり自分の許容範囲の愛情を人に与えすぎると、自分が乾いて、また心が病んでしまいそうになります。
そうなると自分が与えていた人も、急に愛情の流れがとまってしまうので、迷惑することにもなりかねませんし、
バランス、が必要なのかな、と感じています。

以上は私の感覚の話なので、理解していただけたか、不安ですが、

結論として、人の役にたとう、という気持ちはすばらしいことですが、積極的になりすぎて力尽きると、相手はおろか、ご自分を守ることも危うくなる、ということを伝えたかったのです。
前回No.20で「相談者さまの心の内にはぐくんだ愛情を、機会がみつかったら、ぜひ他の人に与えてあげてください。」と書きましたが、下手なアドバイスでした。kumosuke32さまは、すでにそのようなことは重々承知だったのだと補足やお礼の文章の節々で感じました。
特に冒頭でもお伝えしたように、踏み台、という表現が気になりました。まずはご自分を大切に。
r1r1r1さまもおっしゃってますが、あせらずよいペースで頑張ってください。

最後の最後です、また登場したことお許しください。
どうしても気になったものですから。

まず、
>僕としては、今、自分の経験と知識を人の踏み台にしてもらおうと思っています。
踏み台だなんて、おっしゃらないでください!
kumosuke32さまを踏もうなんて失礼なこと考えてません、笑。
でも、おっしゃりたいことは、人の役に立ちたい、力になりたい、ということなんですよね。それはすばらしいことだと思います。

しかし、人の役にたつ、ということは非常に難しい課題ですよね。

jacsさまのNo.22...続きを読む

Q卒業論文のテーマと研究方法について

卒論締切まであと半年の時間しかない残っていない、大学4年次生です。ゼミでは論文に対しての要求は、経済・経営方面のテーマと卒論の研究方法を出来るだけ統計学のt検定、分散分析を用いた研究をしてほしいそうですが、いまだにテーマが決まらずにいます。google scholarなどでt検定を用いた論文を探しても、どれも医学系の論文が目立ち参考になるような論文が見つからないです。
自分としては、とにかくテーマをきちんと決めた上でそのあと研究方法などを決めたいのですが、なかなかうまく進みません。卒論のテーマをどのように決めて行くべきでしょうか?是非アドバイスの程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> t検定、分散分析
方法を最初から細かく絞り込むのは本末転倒。指導者の程度が知れます。しかしながら、少し広く捉えれば「データに基づいて物を言うという種類の研究、つまり科学をやれ」という注文である。この点については、結構なことだと思います。
 となると、計量経済学や行動経済学。そのあたり、まずは教科書を読んでみてはどうかな。

 ただし、多量のデータを新たに集めるには資金も時間もなさそうですから、実行できるのは
  A. 公開されているデータに基づく研究
  B. 小規模な実験でやれる研究
のどっちかに限定されるということも念頭に入れなくちゃなりません。
 特にAの場合は着手する前に、どういう分析をすればどんなことが言えるか(つまり「帰無仮説は何か。そこにうっかり紛れ込ませた暗黙の仮定を見落としていないか」)を詳しく検討して、必要なデータが揃って得られるかどうかを考えなくちゃいけません。やみくもに始めると、論理的整合性のないゴミみたいな論文しか書けない恐れが多分にあります。Bの場合にも同様の分析が必要ですが、こちらは「あちゃ、あのデータも同時に取っておかねばならなかったのだ!」と後で気付いたら、実験をやり直す機会がある。

> t検定、分散分析
方法を最初から細かく絞り込むのは本末転倒。指導者の程度が知れます。しかしながら、少し広く捉えれば「データに基づいて物を言うという種類の研究、つまり科学をやれ」という注文である。この点については、結構なことだと思います。
 となると、計量経済学や行動経済学。そのあたり、まずは教科書を読んでみてはどうかな。

 ただし、多量のデータを新たに集めるには資金も時間もなさそうですから、実行できるのは
  A. 公開されているデータに基づく研究
  B. 小規模な実験でやれる...続きを読む

Q精神科の転院を決めたんです。双極性障害です。

躁鬱病ですが、精神科の主治医に対しストレスを感じて病院を変えることにしたんです。
24の男性です。 5年前からいろいろと精神科などに通っています。 去年に大学を辞めるために診断書を書いてもらいその時に双極性障害と書かれて、睡眠薬やリチウムを処方されています。

前の先生は、優秀で優しかったのですが、薬が多いほうで、母が心配して親戚が通って治ったという大学病院に一年前に移ったんです。 若い女性の先生で最初はよく話を聞いてくれていい先生だと思ってましたが、初心の日に母にどうするか訊かれてつい決定してしまいましたし、最近は時に冷たい言い方をしたり自分の期待した言葉とは正反対の意見を言われるのが増え、引っ越したため通うのが負担なので転院を考えていたのです。

セカンドオピニオンで回ったときに1番印象のよかった先生がいて、今日「本当に眠気がひどく睡眠時無呼吸症候群の検査をして欲しい」と今の大学病院に行ったんです。 てっきり他の科で診察してくれるのかと思いきや、「◯◯さんは診た限り睡眠時無呼吸症候群じゃないと思うんです。◯◯さんは症状にこだわって振り回されてるし検査を勧める気はありません」と冷たい言い方をされたんです。 「きっと病院を変えても変わりませんよ」と言われたのですが、ガマンできなくて紹介状を書いてもらったんです。

「怒りに任せてもう転院を決めていいんですか」と訊かれ、いったん深呼吸したんですがやはりあわないのかもと転院を決めたんです。

僕の行動や先生に対する苛立ちやストレスっておかしいでしょうか? 先生のいう「症状にこだわっている」「インターネットやひとの意見は正しくないことが多い」という考えはいいと思うんですが、納得がいかないと思って病院を変えるのはいいんでしょうか? 診察室を出るときに半泣きで苛立ちを抱えながら挨拶せずに目も見ずに出てしまって申し訳なくて恥ずかしくて・・・。 どうしたらいいのか。 体験談、アドバイスお願いします。 なんでこんな病院にしたのか? なんで母親の勧めた病院ばかりに行ったのかって。

躁鬱病ですが、精神科の主治医に対しストレスを感じて病院を変えることにしたんです。
24の男性です。 5年前からいろいろと精神科などに通っています。 去年に大学を辞めるために診断書を書いてもらいその時に双極性障害と書かれて、睡眠薬やリチウムを処方されています。

前の先生は、優秀で優しかったのですが、薬が多いほうで、母が心配して親戚が通って治ったという大学病院に一年前に移ったんです。 若い女性の先生で最初はよく話を聞いてくれていい先生だと思ってましたが、初心の日に母にどうするか訊かれ...続きを読む

Aベストアンサー

通りすがりの人間に、一方的コメントを書かれると、
多分、気を悪くされ、否定されるでしょうが、

貴方は、自我、人格が未熟、
心、精神が年齢相応まで達していないと思います。
度が過ぎると、人格障害と診断されます。

双極性障害という病名で病人になり、
なんらかんらと理由をつけ、
本当の問題を避けているようにしか見えません。
(双極性障害に見られる自我概念の拡大縮小が
(貴方には見られません

ちょっと(貴方にとっては「だいぶ」かもしれませんが)、
気に入らなければ、思い通りにならなければ転医。
母親に言われたからという理由をつけては転医。
それでは、良くなるものも、決して良くなりません。

確かに医者との相性という問題もありますが、
本来の自分に、向かい合うためには、
はっきりと厳しいことを言われる場合があります。
逆に、言ってくれるほうが、良い医者だと思います。
(貴方は「冷たい」と表現していますが)

貴方の都合に良い医者は、
多分、貴方に話をあわせ、
貴方をを適当にあしらっているだけです。

厳しいことを書きましたが、
何となく、貴方は良さそうな人で、
「心の問題」も乗り切れそうな感じがしたからで、
ここに悪意はありません。

時間はかかるかもしれませんが、
我慢して乗り越えて行って頂ければと思います。

通りすがりの人間に、一方的コメントを書かれると、
多分、気を悪くされ、否定されるでしょうが、

貴方は、自我、人格が未熟、
心、精神が年齢相応まで達していないと思います。
度が過ぎると、人格障害と診断されます。

双極性障害という病名で病人になり、
なんらかんらと理由をつけ、
本当の問題を避けているようにしか見えません。
(双極性障害に見られる自我概念の拡大縮小が
(貴方には見られません

ちょっと(貴方にとっては「だいぶ」かもしれませんが)、
気に入らなければ、思い通りにならなければ...続きを読む

Q論文のテーマの選定

大学1年のものです。
論文を書く際のテーマの選定の仕方について質問です。
初めに選定したテーマが若干大きすぎたために少し具体的に絞ろうと思っています。
自分の興味のある方向に絞ってはみたものの、
そのテーマと全く同じタイトルの書籍を発見してしまいました。
その書籍を参考文献として論文を書くと、やはり論文としてオリジナリティーには欠けますか?
そのテーマを維持しつつオリジナリティーを出すことはできるでしょうか?
それとも、少し別の方向にテーマを絞るほうがいいでしょうか?
大学のTAにも相談してみようと思いますが、こちらでも、よろしければアドバイスください。

Aベストアンサー

あなたのはなしは,卒論~修論の指導をしていれば,学生からときどき聞かされる泣き言です:「先生,もう私がやることは何もないんじゃないでしょうか?」 博論でこういうことを言い出せば,かなり能力不足です。 

こういう場合にはプロフェッショナルの厳しさを見せて,その著書なり論文なりを徹底的に批判(非難ではない)してみせます(doc_sundayさんのお答えに通じる)。学生はぽかんとすることが多いですが,少なくとも「活字になっているからといって完全じゃないんだな」と気づいてくれるでしょう。また,「こいつのおかげで,君がゼロから基礎勉強する必要はなくなったじゃん。文献リストはけっこう使えるだろ」ともアドバイスします。むかし,ぼく自身が恩師から受けた指導の再現です。

以上は卒論生とか大学院生の場合。あなたは1年生ですから,そんなにオリジナリティを求められているとは思えませんし,論文ではなくレポートなんじゃないですか。だから,まずその文献の「山場」(わかりやすい「前書き」じゃありません)を正確に要約します。これだけでもあなたにはかなりしんどいでしょうし,レポートの半分の字数を使うでしょう。あとは,類似の文献もいくつかさがし,対照しながら記載します。これだけでも,あなたにしか書けない内容になると思いますよ。

なお,技術的には,自分のタイトルを変えます。引用文献とまったく同じでは,読んだ教員が「丸写ししたんじゃないか?」という疑念をいだく危険があるからです。

あなたのはなしは,卒論~修論の指導をしていれば,学生からときどき聞かされる泣き言です:「先生,もう私がやることは何もないんじゃないでしょうか?」 博論でこういうことを言い出せば,かなり能力不足です。 

こういう場合にはプロフェッショナルの厳しさを見せて,その著書なり論文なりを徹底的に批判(非難ではない)してみせます(doc_sundayさんのお答えに通じる)。学生はぽかんとすることが多いですが,少なくとも「活字になっているからといって完全じゃないんだな」と気づいてくれるでしょう。ま...続きを読む

Q軽度うつで、会社の進退問題を決める事に不安があります。

 ここ最近早期退職制度に申し込むかどうか悩んできましたが、もう締めりが迫っています。今がチャンスと10年つとめてきた会社での自分の棚卸し、自分の棚卸しをしようとしたのですが、こんな時に、ずっとアプローチしてきた思い人が部下の女の子と、付き合ってる噂を聴いたとこらから、私の行動はおかしくなってしましました。ここでは詳しく書きませんが、いろいろ自分に整理をつけるために、かなりの心のエネルギーを使ってしまいました。ダメージが大きいようです。
 食欲がなくって眠れない・・・これはいわゆる失恋のショックからだ・・・と思っていますが、ぜんぜんよくならないのです。急に涙がでるし、仕事もこなすスピードが断然落ちてしまいました。・・・朝起きると、頭が重い・・・・まずいと思い、心療内科にいくと、軽度のうつ病を診断されました。薬も処方されました。そして、休職をすすめられました。
 でも決断は待ってくれません。職場に彼に会うと苦しい・・・だから辞めて手当てをもらって新しくやり直したいが、この思考回路では前向きに考えられず、不安がある。残れば彼から解放されない・・・傷がうずきます・・・それにかなり女性として傷ついてしまいました。これが実はかなり深刻かもしれません。この会社にいても幸せにはなれないと思ってしまっているのです。でも、やっと仕事が認められてこの春昇給できるとの事・・・初めて上司の人に相談したら、とても暖かく話をしてくれました。うまくいってない時にその人は辞めたくないとおっしゃいました。でも本当にこの仕事をやり続けるのか、決定もできない。
 なにせネガティブな思考の中、決定は良いのか
それがわからない。もっとエネルギッシュに人生の決断はしたかった。とにかく判断能力が落ちています。
 しかし締め切りは待ってくれない・・・。どうしたらよいでしょう。

 ここ最近早期退職制度に申し込むかどうか悩んできましたが、もう締めりが迫っています。今がチャンスと10年つとめてきた会社での自分の棚卸し、自分の棚卸しをしようとしたのですが、こんな時に、ずっとアプローチしてきた思い人が部下の女の子と、付き合ってる噂を聴いたとこらから、私の行動はおかしくなってしましました。ここでは詳しく書きませんが、いろいろ自分に整理をつけるために、かなりの心のエネルギーを使ってしまいました。ダメージが大きいようです。
 食欲がなくって眠れない・・・これは...続きを読む

Aベストアンサー

まず、医師が休職をすすめるうつは”軽度”ではないと思いますよ。
で、今は彼とのことが頭の中でいっぱいでしょうが、いずれ必ず過去のこととして(忘れることはできないにしても)”飼いならせる”ことができます。
私も職場での失恋(及び過労)により、うつ病になり休職しました。
しかも復職した際には、部署異動になり相手と同じ部署になりました。
でも、相手のことを引きずることは特になかったです。
今は過去のこととしてなんとも思わないですね。
うつに関するどの本やサイトでも必ず書かれていることですが、”うつの時は人生に関する重大な決定はしない”というのが大原則なので、退職はしないほうがいいと思います。
休職するかどうかは会社の制度的にできたとしても必ずしも休職がいいとは限らないので、ご自身の判断で続けられそうなら続ける、限界なら休職するというのを冷静に判断したほうがいいですね。
とりあえず2、3日休んで考えたたらいかがですか。

Q僕は高校で卒業論文を書かなければいけないのですが、テーマ決めでとても悩

僕は高校で卒業論文を書かなければいけないのですが、テーマ決めでとても悩んでいます。

今のところ考えているのは色彩心理学に基づいて、色と作業効率の関係について研究しようと思っています。しかし、心理学についての知識が皆無であるうえに、そのテーマに関する論文があまり見つからないので、どのようにテーマを絞って研究していけばよいのかわかりません。
テーマに関する論文、またアドバイスなどいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

研究をはじめるにあたって、一番に重要なのは、動機です。

なぜ、「色と作業効率の関係」について研究しようとおもったのでしょう?

部屋の明るさと宿題のはかどる早さに関係があることにあなたが気付いたからでしょうか?
工場見学で、工場の床の色が緑だったのに気がついたからでしょうか?

そういう、あなた自身の気付きとそれに対する疑問を解決しようとする営みのすべてが
研究になります。
図書館に通うかもしれませんし、インターネットで質問してもよいでしょう。

その結果、はじめに抱いていた疑問に自分のなかで答えらしきものが見えてくるかもしれません。

それを違う側面から検討してみて実証できれば、一つの結論にたどりついたと考えられるでしょう。

その一連の作業を整理して、文章化すれば、立派な論文になると思います。

Qカウンセラーを選ぶとき

カウンセラーを選ぶとき

とある事を苦にしておりまして、カウンセリングなどで解消されるならと思っています。

しかし、私がした経験というのは、普通の人が経験する可能性がある事の中でかなり悪い部類の事で、私以上にヒドイ経験をした人でないと話にならないんじゃないの、と思ってしまっています。
まあもちろんそう決めつけるのはおかしいのですが、自分より若い人だとか、明らかに苦労知らずな人とかはやっぱり頼る気になれません。(以前、その問題の件の直後に精神科に行き、カウンセラーが常駐していたのですが、その人が若い女性で、涙を流したりして共感してはくれるのですが、一般常識的な知識も乏しく、人生経験も少なく、とんちんかんな事を言うので疲れてしまいました)

しかしこれ以上悪い事って、「冤罪で服役させられる」「自分や家族が犯罪に巻き込まれひどい暴行を受けた上殺される」「全身が動かなくなるような障害を負う」とかそういうレベルの事だと思います。そんな人がカウンセラーになっている訳もなく。

せめてある程度人生経験がある人に、と思うのですが、何を基準に選べばよいのでしょう?

カウンセラーを選ぶとき

とある事を苦にしておりまして、カウンセリングなどで解消されるならと思っています。

しかし、私がした経験というのは、普通の人が経験する可能性がある事の中でかなり悪い部類の事で、私以上にヒドイ経験をした人でないと話にならないんじゃないの、と思ってしまっています。
まあもちろんそう決めつけるのはおかしいのですが、自分より若い人だとか、明らかに苦労知らずな人とかはやっぱり頼る気になれません。(以前、その問題の件の直後に精神科に行き、カウンセラーが常駐していた...続きを読む

Aベストアンサー

臨床心理士です。

>とある事を苦にしておりまして

この「苦にしている」の内容や、それによって生じていることによっては、カウンセラーよりも、精神科医に診てもらう方がよろしいかも知れません。
つまり、「フラッシュバック」のように、突然、繰り返し思い出されることがある、それによってノイローゼのような状況にある、あるいは、そのことを考えるとかなり気持ちが落ち込んでしまうといった、かなり苦しい、辛い状況にあるとか、何らかの精神的な(身体的も含みます)症状が出てしまっているという状態であれば、まずは精神科医に診てもらうことが必要だと考えられます。

純粋に心理学的レベルの悩みであれば、カウンセラーへの相談でも解消される可能性はあると考えます。
その際、カウンセラーを選ぶ基準ですが、質問者ご自身がおっしゃるように、ある程度年齢がいっていて、人生経験だけでなく、さまざまなクライエントに会い、種々の相談に携わったという意味で経験のあるカウンセラーの方が、よいでしょう。

あるいは、場合によっては、身近にいらっしゃる年上の、それなりにさまざまな経験を積み、人の話をきちんと聞いてくださる方の方がよいかも知れません。
いわゆる、「酸いも甘いも噛み分けた」年長者、ということです。

臨床心理士です。

>とある事を苦にしておりまして

この「苦にしている」の内容や、それによって生じていることによっては、カウンセラーよりも、精神科医に診てもらう方がよろしいかも知れません。
つまり、「フラッシュバック」のように、突然、繰り返し思い出されることがある、それによってノイローゼのような状況にある、あるいは、そのことを考えるとかなり気持ちが落ち込んでしまうといった、かなり苦しい、辛い状況にあるとか、何らかの精神的な(身体的も含みます)症状が出てしまっているという状態で...続きを読む

Q小論文のテーマについて

来週病院の医療事務の採用試験を受けます。試験の中に小論文が入っています。
一度小論文を書く練習をしたいのですが、テーマが思いつかないので、医療事務で問われそうなテーマ・医療に全く関係ない企業でも出されそうなテーマを教えてください。
教えていただいたテーマで一度書いてみたいと考えています。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

受験や就職試験で小論文を勉強しました。法律系なので医療に関するテーマは詳しくないのですが、ベターな内容も含め下記程度の知識は必要かと思います。


・少子高齢化について(改善策、あなたがすべきことなど)
・臓器移植について
・病院経営の在り方について


作文的な内容になりますが、よくあるのが、
・あなたが医療事務としてすべきこと
・最近のニュースで気になること

小論文対策についてはやはり知識があるほど内容の濃い、鋭い文章が書けます。正解はないのであなたの思ったことを具体例を踏まえながら説得的な文章になるように書くことが重要です。

補足ですが、よくある構成

1段落目)問題構成、問題の背景など
何が問題になっているのか、その問題が起きている背景など書く。

2段落目)確かに~
あなたの意見とは違う意見や一般的な意見を紹介する。

3段落目)しかし~
2段落目最後で「しかし、このような問題もある、方法もある、私はこう考える」など2段落目で述べた意見に対して別方向の視点から考察した考えをのべ、3段落目につなげる。3段落目にあなたが本当に伝えたいこと、あなた自身の意見を書く。

4段落目)したがって~
最後は結論のみ。「したがって私は○○であるべきだと考える。」のようにあなたの意見をはっきりと述べる。

自分も現在転職活動中です。頑張ってください。

受験や就職試験で小論文を勉強しました。法律系なので医療に関するテーマは詳しくないのですが、ベターな内容も含め下記程度の知識は必要かと思います。


・少子高齢化について(改善策、あなたがすべきことなど)
・臓器移植について
・病院経営の在り方について


作文的な内容になりますが、よくあるのが、
・あなたが医療事務としてすべきこと
・最近のニュースで気になること

小論文対策についてはやはり知識があるほど内容の濃い、鋭い文章が書けます。正解はないのであなたの思ったことを具体例を踏まえな...続きを読む

Q病欠の期間は上司が決めること?

病欠の期間は上司が決めること?

私は現在車掌をしており、運転士と車掌が所属する
「運転区」という環境に適応できず、
アスペルガー症候群の2次障害である「抑うつ状態」になってしまい、
(どちらも医者から診断されています)
一度4カ月間病欠をしました。
幸いにも、今年の4月の中旬から復職しました。
しかし、今日も出勤はしましたが、病欠に入る前のような状態で体調が悪くなってしまい、
途中で帰ってきてしまいました。

車掌という仕事は当然ながら集中(特にドアの開閉など)していないといけませんが、
僕の場合、集中したいのですが、不安に襲われたり頭がもやもやしてしまい
集中できないことがあります。

そんなこともあり、隠してはいけないと思い
直属の上司(以下、区長とします)に話したところ
「そんな状態では現場長としては乗せられない。
また診断書をもらってきて病欠に入ってくれ。」
と言われました。
こう言われるのはやむを得ないと思いますが、腑に落ちないのはこの後の言葉です。

「4月21日から病欠扱いだ。 だから、今日訓練に出たけれど実績には残らないからな。」
と言われました。
昨日(21日)も休んでしまいました。
しかしこれは、他の助役さんから
「どうして体調が良くないときは言ってくれ。
 今なら休んでも他の乗務員に迷惑にはならないから。」
と言われ、前日(20日)に「有休」として休みを申請し、承認をいただきました。

今日はもともと出勤するつもりでいましたが、
月に一度の定期訓練というものがありまして、2時間ほどそちらに出席していました。
出勤したときは特に体調の問題はありませんでしたが、
訓練中にだんだんと調子が悪くなってきてしまい、
「このままの状態で乗るのは良くない。」

と自分で判断し、訓練終了後に区長に相談したところ、
「さっきは大丈夫って言ったのに、2時間だけで調子が悪くなったのか・・・。
じゃあまた病院へ行って診断書を書いてきて持ってきてくれ。
だけど病欠の期間は4月21日からだから、今日訓練に出ても実績には残らないから、
それは承知しておいて。」 と言われました。

その病欠の期間ですが、それは区長一人が決めることではなく
医者や会社が決めることだと思うのですが・・・。
また、万が一21日からの病欠扱いとなると、嫌らしい言い方ですが、
区長の言い方ですと今日出た訓練の2時間はいわゆる「ただ働き」になると思います。
実際は21日は有休として承認をもらっていますし、22日も訓練を終えて
元々の勤務に就く前に帰ってしまいましたが、一応出勤はしています。
また、現時点では診断書も出ていませんし、もし病欠扱いとなるのなら
21日、22日は「有休」扱いで23日からとなるのが普通だと思うのですがいかがでしょうか?

お金が欲しいから質問しているわけではありませんが、
万が一区長の言うとおりとすると今日の訓練の2時間はただ働きにもなると思います。
また、区長一人が病欠の期間を決めるというのも変だと思います。

長文になってしまい失礼しました。
また、怠けているように見られる方もいらっしゃるとは思いますが、
目に見えないもののため、とても苦しいです。
体調が良く本当だったら仕事がしたいですが、それができないのが辛いです。

甘いことばかり言ってしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

病欠の期間は上司が決めること?

私は現在車掌をしており、運転士と車掌が所属する
「運転区」という環境に適応できず、
アスペルガー症候群の2次障害である「抑うつ状態」になってしまい、
(どちらも医者から診断されています)
一度4カ月間病欠をしました。
幸いにも、今年の4月の中旬から復職しました。
しかし、今日も出勤はしましたが、病欠に入る前のような状態で体調が悪くなってしまい、
途中で帰ってきてしまいました。

車掌という仕事は当然ながら集中(特にドアの開閉など)していないといけませんが...続きを読む

Aベストアンサー

逆の立場で考えて下さい。
あなたが上司だったら全く同じ事をやってるんじゃないですか?
信頼性の低い状態の人間を重要な業務を担当させられないでしょう。
安定して昔の品質レベルの業務がこなせるようになるまでは、サポートしなければいけない周囲が迷惑です。
これは厳しい意見に聞こえるかも知れませんがしょうがないのです。

医師があなたに寛解を出しても、それは仕事が出来るほどの安定性を保証するものではありません。
「そろそろ良いでしょう」程度のものです。
もう少し時間がかかるんです。

病気が安定し、職場に復帰して、休まず問題なく仕事が出来る事を示して信頼を得て下さい。
2,3ヶ月遅刻も病欠もせず、しっかり仕事のパフォーマンスを出したら「任せて下さい」って胸を張って言ってもいいんじゃないでしょうか?
まずはそこからでしょう。

あなたの視点でばかり考えていたら事態はずっと変わらないと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報