泉鏡花の外科室が大好きで、今から15年位前に映画化された時も映画を鑑賞したのですが、理解力の無さゆえに何点か質問質問があります。皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

(1)貴船伯爵夫人の手術を高峰医師が受け持ったのは偶然でしょうか?
あるいは医師にずっと秘めた想いを寄せていた婦人の要望だったのでしょうか?

(2)麻酔無しと言う無謀な手術を高峰医師が了解したのは、婦人の恐れている「眠り薬のせいで自分の秘め事を言ってしまうのが怖い」と言う内容が自分への想いであると多少は分かっていたからでしょうか?

(3)最後に婦人の言う「でも、あなたは、あなたは、私(わたくし)を知りますまい!」という台詞から、婦人は高峰医師も自分の事を想っている事は全く知らなかったと言う事でしょうか?

(4)「痛みますか」
「いいえ、あなただから、あなただから」
と言う手術中の会話や、医師の前で胸をはだけた時に婦人の頬が染まるなど、ある意味言葉にハッキリ出すよりも官能的な告白に思えるのですが、婦人の旦那さんを始め、手術を鑑賞していた周囲は何も感じる部分は無かったのでしょうか?

(5)医師の持つメスに自分の手を添えて胸を掻き切るという婦人の行為は何を表すのでしょうか?ずっと想っていた医師に再会でき、思い残す所無く命を絶ったと見て良いのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先日、別質問で樋口一葉の作品について回答をしましたが、この泉鏡花の文章も またなんとも耽美なまでに味わいの深いもので、こういう作品は、読後しばし、最上のごちそうをいただいたような気分に浸らされます。

内容そのものだけではなく、文章じたいを味わい尽さずにはおけない魅力があります。

ところで、私の亡き母も生前、泉鏡花の作品が好きだと もらしたことがありました。
今朝、私は久しぶりに、元気でシッカリしていた頃の母を思い出して泣いてしまったところでしたが、この御質問を拝見して、もう一つ、母から聞かされた話が よみがえりました。

まだ親元にいた独身の頃の母をもらいたいという望みが かなえられず、青年が自ら命を絶ったという知らせも記憶に新しいまま、十代で最初の結婚をし、なかなか子が授からないうち、ある病を得て、緊急に外科的処置をしなければならないということになり、その時点では、まだ進行が初期の段階であったので、とにかく切ってしまいましょうということになったそうです。
ところが生来の病弱と些かの特異体質であった母には、麻酔を施すのが大変危険を伴うことであったので、医師も思案のあげく、母の覚悟のうえで、まさに「麻酔なしで」胸部にメスを(普通のそれとは違う特殊な形状のものだったそうですが)入れることになりました。

…母が我に返ったとき、医師の白衣のボタンは殆どが引きちぎられていたそうです。
とても貴船伯爵夫人のようにはいかなかったようですね。
それでも、若かったお陰もあってか、傷痕は目覚ましく回復していったそうです。
そうして平常の生活に戻り、主婦としての日々の家事にいそしんでいた或る日のこと、かつての手術を担当した若い医師が、突然に母を訪ねてきたことがあったのだそうです。


(1)貴船伯爵夫人の手術を高峰医師が受け持ったのは偶然でしょうか?
あるいは医師にずっと秘めた想いを寄せていた婦人の要望だったのでしょうか?

断定できるような記述はないようですね。ですが、病を得た夫人が、これ幸いとばかり?高峰医師の勤務先を調べさせたうえで、彼を主治医として、また執刀を依頼したのではないかということは考えられます。

(2)麻酔無しと言う無謀な手術を高峰医師が了解したのは、婦人の恐れている「眠り薬のせいで自分の秘め事を言ってしまうのが怖い」と言う内容が自分への想いであると多少は分かっていたからでしょうか?

オペを繰り延べる猶予は許されないという医師としての冷静な判断からであることは、作中の高峰医師のせりふに表現されていると思います。
個人的な経験から、全身麻酔で うわ言をもらすというのはないだろうと思うのですが。。。

(3)最後に婦人の言う「でも、あなたは、あなたは、私(わたくし)を知りますまい!」という台詞から、婦人は高峰医師も自分の事を想っている事は全く知らなかったと言う事でしょうか?

全く、かどうかは、なんとも言えないでしょうね。いきなり手術に及ぶというのも考え難いですし、執刀前の何日かは、診察と事前の準備にかけていたであろうと思いますので、その間に、些かなりとも交情の兆しはあったかもしれません。
またぞろ個人的な経験ですが、私が手術したとき、おせわになった部長先生のことを思い出してしまいました。実は惚れておりまして(笑)

(4)「痛みますか」「いいえ、あなただから、あなただから」
と言う手術中の会話や、医師の前で胸をはだけた時に婦人の頬が染まるなど、ある意味言葉にハッキリ出すよりも官能的な告白に思えるのですが、婦人の旦那さんを始め、手術を鑑賞していた周囲は何も感じる部分は無かったのでしょうか?

空気、でしょうかね。敏感な人もいれば鈍感な人もいるでしょう(笑)
作中の語り部のように、初めて両人が出会ったときの経緯を知っている者であれば、ははあ、と容易に思い当たるのかもしれません。

(5)医師の持つメスに自分の手を添えて胸を掻き切るという婦人の行為は何を表すのでしょうか?ずっと想っていた医師に再会でき、思い残す所無く命を絶ったと見て良いのでしょうか?

そうとったとしても間違いではないだろうと思います。いずれにせよ、断定はできませんし、その要もないことでしょう。各人それぞれに見合った汲み取りかたをすればよいのだと思います。
頑なに麻酔なしの執刀を望んではみたものの、実際、始まってみれば言語を絶する痛みのはずですし(無粋なことを申せば、だいたい、このような状態で、まともにコトバを発することができるものか、はなはだ疑問ですが)夫人としては、思い人の「忘れません」という一言を得た瞬間に気は済んで、あとは強烈な痛みから逃れるに、ひとおもいに彼の手にかかって死ぬのを選んだということかもしれません。
「私を殺して」というエロチシズムというのかマゾヒスティックというのか、いやはや壮絶な耽美ぶりです。私には、とても真似できない(笑)
「八百屋お七」というのを連想してしまいましたが、現代のわれわれと違って、身分制度の厳しかった時代は、結婚も恋愛も個人の自由にしてよいものではなかったそうですし、それだけに純粋な恋情の思いの激しさも、こんにちの私たちの想像以上のものがあったかもしれません。


樋口一葉の『十三夜』も対比的な手法が用いられていましたが、当該作品も、前半部は、いわゆる、やんごとなき上流の人々特有の話しかたが描かれ、後半部では、庶民どうしの落語のような漫才のような語り口が描かれていますね。そして、その やりとりのなかで、上流の貴婦人と、そうではない一般の女性たちとの比較も男性視点から痛烈なまでに(笑)なされています。

いまどきは絶えて聞かれないような単語が いくつか出てきて、辞書をみても分からないものがありましたが、
それにしても「姫(ひい)」だの「御前」だの、貴婦人が、いわゆる下々の者に対しては、素っ気ないまでに男コトバのようなサバサバした受け答えをする反面、改まったコトバで応対するときには、なんとも言えない独特の優美さを漂わすのに思わず ため息が出ましたが、後半部の庶民の掛け合い漫才のようなセリフには、女性に対するキツ~い品定めぶりとともに苦笑してしまいました。
こういうところも泉鏡花という人の、さすがに単なるベタベタした耽美派ぶりにとどまらない辛辣さを垣間見させて、オモシロいな~と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

noname002様。ご丁寧なご回答を有難うございました。お母様に関する素敵なお話もそれこそ小説の中のお話のようです。とても魅力的なお母様なのですね。身分の差があり、行動や結婚、恋愛などにおいて自由が無かった時代ですので、秘めた想いは純粋で深い物なのだと思います。今は自由に恋愛できる時代なのに、貴船婦人と医師のようにただただお互いを想うような恋愛にものすごく憧れます。以前は、外科室の舞台でもある小石川植物園の見える位置に住んでいました。一葉も文京区にゆかりのある人なので、彼女の作品も読んでみようと思います。婦人のようにはいかないとしても、男性が近づき難い、良い意味での凛とした女性を目指したいです。ご回答、本当に有難うございました。

お礼日時:2009/03/14 02:02

ご質問の内容によっては、「どうともとれるもの」がありますね。



(1)貴船伯爵夫人の手術を高峰医師が受け持ったのは偶然でしょうか?
あるいは医師にずっと秘めた想いを寄せていた婦人の要望だったのでしょうか?

これなんか、特にそうです。
偶然とも、要望ともとれます。本文中に書かれていないので。

(2)麻酔無しと言う無謀な手術を高峰医師が了解したのは、婦人の恐れている「眠り薬のせいで自分の秘め事を言ってしまうのが怖い」と言う内容が自分への想いであると多少は分かっていたからでしょうか?

わかってないと思います。詳細は(3)の回答参照。

(3)最後に婦人の言う「でも、あなたは、あなたは、私(わたくし)を知りますまい!」という台詞から、婦人は高峰医師も自分の事を想っている事は全く知らなかったと言う事でしょうか?

知らなかったと思います。
夫人と医師については、物語の最後に一目惚れを描くエピソードがあります。観念小説であることと当時の鏡花の他作品(夜行巡査など)を考慮しても、物語がたいへんドラマティックであることがわかります。そうであれば、互いに知り合いで長い間密通をしていたとするよりも、植物園での一度の出会いだけで恋に落ちて、手術室で再会するとする方が解釈としてスムーズではないでしょうか。
と、すると、お互いの片思いですから、知るわけはないですね。

(4)「痛みますか」
「いいえ、あなただから、あなただから」
と言う手術中の会話や、医師の前で胸をはだけた時に婦人の頬が染まるなど、ある意味言葉にハッキリ出すよりも官能的な告白に思えるのですが、婦人の旦那さんを始め、手術を鑑賞していた周囲は何も感じる部分は無かったのでしょうか?

二人の世界を描くのが中心の作品ですから、感じる感じないの問題ではないかと。

(5)医師の持つメスに自分の手を添えて胸を掻き切るという婦人の行為は何を表すのでしょうか?ずっと想っていた医師に再会でき、思い残す所無く命を絶ったと見て良いのでしょうか?

「秘密」を暴くことはすなわち死ぬことを意味しているかと思います。
思い残すことがないと言うよりも、必然的なものとして自殺があったのではないでしょうか。現に、その後、医師も自殺しています。


ただ、この回答は私個人の一意見なので、小説ですからなんとでも読みようがあると思いますよ。理解力云々ではないと思うので、お好きに読めばいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nomori様。ご回答頂き有難うございました。「外科室」は短い小説で、詳細が書かれていな部分もあるため、何通りかに解釈できる部分があって悩んでいましたが自分の感じるように好きな解釈で読んでいきたいと思います。「どうともとれる」から想像がふくらんで余計にドラマチックになる部分もあると思うのでそこを楽しみたいと思います。本当にご回答、有難うございました。

お礼日時:2009/03/14 02:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治40年の泉鏡花

谷崎潤一郎の『青春物語』「饒舌録」に、明治四十年頃、泉鏡花が自然主義のために圧迫され、本を出そうとしたら自然主義一派のボイコットがあって出せなかったと書いていますが、鏡花の評伝(村松定孝、寺木定芳)を読んでも確認できませんし、鏡花は『婦系図』『草迷宮』を刊行しています。そのような事実があったのでしょうか。あるとすれば、そのことが記されている研究書または論文を教えてください。

Aベストアンサー

No.1の者です
秋声が硯友社を離れたのは紅葉がまだ生きている時の筈です
殴打事件は紅葉の何回忌だったか、とにかく衆人環視の中で鏡花が興奮して無抵抗の秋声をぽかぽか殴り付けたそうです
しかし秋声は穏やかな人柄だったので売り出し中の谷崎を同じロマン派の鏡花に紹介したのでしょう、その時から鏡花と谷崎の付き合いが始まって谷崎のお嬢さんの結婚の仲人を鏡花が務める事になったらしいです
前回に秋声とは仇敵と言いましたが周囲がそう見ただけで友情を持ち合っていたのかも知れません、互いに逢うのを避けていたそうですが
自然派で紅葉ー鏡花のラインにもっとも敵意を抱いていたのは紅葉が亡くなった時、読売新聞紙上に鏡花もついでにぶっ潰せと公然とアジつた正宗白鳥(読売の文芸記者でした)でした、当時の狭いジャーナリズムの世界に大きな影響力があったのうしよう

Q泉鏡花の『外科室』で...

泉鏡花の『外科室』で、高峰と主人公の女性が、初めて出会うシーンのことで、
お聞きします。

小石川の庭園で、ふたりがすれ違った時(ふたりが初めて出会った時)
女性の方は、すでに結婚していたのでしょうか。(すでに、伯爵夫人だったのでしょうか。)
それとも、まだ未婚の貴族の令嬢だったのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

はっきり書かれているでしょうか?
御婦人と言う記載と
丸髷と言う記載で既婚かな?とは思うのですが
http://machiko-o.cocolog-nifty.com/gendai/cat22607860/index.html

Q泉鏡花「婦系図」の名台詞「切った切らないは芸者のときに言う言葉、、、」

泉鏡花「婦系図」の名台詞「切った切らないは芸者のときに言う言葉、、、」

この台詞のある、湯島天神の場面は、
何章のどのあたりに記述されているのか知りたいのです。

通して精読している時間がないため、
当たりもつけられないで困っています。

早瀬が蔦とこういったやりとりをするまでのいきさつや、
小説全体のストーリーのおおまかな流れも教えていただけると助かります。

ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鏡花の小説「婦系図」の中にはそんな台詞はおろか湯島の天神も出てきません。従って全編探しても徒労です。
あれは後に新派のお芝居として劇化されたとき、脚本の中に挿入されて上演大当たり、有名になったものです。

あまりの人気に鏡花自身が後年その有名な湯島の境内、台詞を取り入れて「湯島の境内」という戯曲を書きました。したがってこちらにはその有名な「切れるの別れるのって~」という台詞が出てきます。
そういう事情で、原作の小説「婦系図」はあくまでその台詞とは無関係です。

参考
http://www.tokyo-kurenaidan.com/kyoka1.htm

青空文庫には「婦系図」も「湯島の境内」も収録されていて、全文を見ることが出来ます。
あらすじをお知りになりたければネットで「婦系図 あらすじ」で検索すれば出てきます。

Q佐藤一斎の言志四録(言志録、言志後録、言史晩録、言志耋録)がタダで読めるサイトはないですか?

佐藤一斎の言志四録(言志録、言志後録、言史晩録、言志耋録)がタダで読めるサイトはないですか?

Aベストアンサー

原文なら近代デジタルライブラリーに。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/756224

抜粋の読み下しなら「南洲手抄言志録」として青空文庫に。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001331/card48284.html

公刊されている現代語訳は著作権があるので図書館へ。部分的な訳なら、個人のサイトに少しだけあります。
http://www.ac.auone-net.jp/~touri/genshi_shiroku/index.html

Q鑑賞と観賞

この違いが、いまだによくわかってません^^;
辞書見ても似たような気が・・・?

Aベストアンサー

鑑賞……芸術を深く味わう→目以外の器官も使い、深く理解し、充分に味わう。

観賞……動植物や景色を見て楽しむ→芸術ではないものを目で見て楽しむ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報