JSBAの2級を取りたいと思っているのですが、どんな試験があって、どのくらい上手に滑れればいいのですか?
また、何度くらいの斜面で滑り、コブがあるところを滑るのかなど、わかるようでしたら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


3級はもっておられますか?それとも試験を受けるのは初めてですか?

まず、教本を読みましょう。それを読まないと受からないと思いますよ。

>どんな試験があって、
確か2級の試験項目は、ショートターンとロングターンとフリー(ショートとロングを自由に組み合わせる)だったと思います(多分)。
それも教本に書いてありますので、読んで確認してください。
ずらすとOUTだと思います。即ちきちんとカービングが出来ていることですね。
これは、試験の前に練習があり、まず、インストラクターの人が、お手本を見せてくれます。続いて、各項目に1本ずつ、練習させてくれます。

>どのくらい上手に滑れればいいのですか?
先にも書いたように、カービングができていないといけません。
後、上手だったら受かるというものでもありません。
上手な人でも落ちることがあります。
じゃあ、どうすれば受かるか?
教本通りに滑れているか?ということです。基本ができているかということです。
即ち、教本を読んで練習しないと、受かりません。

ちなみに。
検定中にこけると絶対OUTです。落ちます。


>何度くらいの斜面で滑り、コブがあるところを滑るのかなど
これは、試験を受ける場所、その日のコンディションによるでしょう。
まぁ、コブコブのところでは、試験はしないでしょうが。
まず、自分がどこで試験を受けるかを決め、そのゲレンデに通い、練習しましょう。
試験を行うゲレンデは、定期的に試験はされている筈ですから、
どのコースで滑るのか、見ればわかるでしょう。聞いてみてもいいし。
(ゲレンデコンディションによっては、コースが必ず毎回同じという訳ではありませんが。)
その試験のコースで練習するのがイチバンでしょうね。そこの雪質にも慣れるし。

ちなみに、検定中でも、一般のボーダーやスキーヤーが、バンバン滑っています。
検定中に、一般の人とぶつかってこけたとしても、不合格になります。
(本人の不注意ということですね。)

ではでは、がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ教えていただきありがとうございます。
まだ3級も持っていません。
持ってるといいことあるのですか?
まず、教本を読んでみようと思います。

お礼日時:2001/03/07 00:26

 下のJABAのHPに『スノーボードバッジテスト基準・実施要項』が載っています。

参考にしてください。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/jsba/event/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
教えていただいたHPでよく調べたいと思います。

お礼日時:2001/03/07 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコブ斜面での吸収について

私はもともと踵より後ろに刃が無いアイスホッケーの
靴を長い間履いていたせいか、後ろに体重をかけるのが
恐くて、スキーにおいてもかなりの前傾姿勢です。
スキーでは今まで後ろに転んだ事が無いほどで、
踵より後ろに板が無くてもきっと滑れるような気が
するぐらいです。
最近、スキーでコブを練習しているのですが、やっぱり
前に転んでしまいます。

コブを滑っている方にお聞きしたいのですが、コブに
差し掛かったときの膝の吸収動作時は、多少なりとも
踵より後ろの板に体重がかかった状態なのでしょうか?

かなり変な質問ですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1級です。

コブのコツはいろいろあります。前に転ぶのはコブ以外でも同じようですね。でしたら、全体的なことですから、整地で問題なければコブでも関係ないでしょう。

とりあえず・・・足首を柔らかく動かしてください。
足首で前後左右の移動をしないってことですが、わかりますか?
足を持ち上げて、足首を前後左右に動かします。そのとき、アキレス腱も含めて、足首の筋肉が動きますよね。その筋肉に力を入れず、フリーにして滑ります。
安定して滑れますよ。

ちなみに、足首以外で荷重を移動させることになるから、膝とか腰を使うことになりますから、2級手前くらいのテクニックが必要かもしれませんね。

QJSBA3級について…

来月に受けようと思っています。
3級の内容が ショートターンとロングターンカービングとありますが、
ロングターンカービングについて…2級は、4~5回転ですが
3級は何回転とは決まっていないのですか?

それと、合格するために何かアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
お久しぶりですね。

JSBA3級ロングターンカービングは4~5回転です。
今季からはプレターンからスタートすることに気をつけてください。
ただし、不慣れであれば今まで通りに斜滑降からでも3級は構わないと思います。

3級ロングはターン弧が均一になるように気をつけること、板に素直に乗ることを意識してください。
ニュートラルポジションをキープして軸をフロントサイド、バックサイドへ少し傾けるだけでもサイドカーブが機能してカービングターンとなります。
ここで余計な動きをしてしまうとその力が板に伝わってしまってズレてしまいます。
基礎的なカービングはこのようになることをまず意識してください。

3級ショートは一定のリズム、そしてけっして暴走しないように気をつけてください。
スピードコントロールが肝心です。

3級受験者でもっとも点数を落としやすそうなポイントを挙げてみました。

今季からは各級の受験前に事前講習が義務付けられましたので必ず受けてくださいね。

では、赤バッジ、がんばって下さい。
合格を祈ってます。

ちなみに私、JSBA公認B級インストラクターです。(^^;

こんにちは。
お久しぶりですね。

JSBA3級ロングターンカービングは4~5回転です。
今季からはプレターンからスタートすることに気をつけてください。
ただし、不慣れであれば今まで通りに斜滑降からでも3級は構わないと思います。

3級ロングはターン弧が均一になるように気をつけること、板に素直に乗ることを意識してください。
ニュートラルポジションをキープして軸をフロントサイド、バックサイドへ少し傾けるだけでもサイドカーブが機能してカービングターンとなります。
ここで余計な...続きを読む

Qコブ斜面の滑り方

大体ハンターマウンテンのコブ斜面(FDRコース)で練習をしています。
このコースは斜度が余りなく、転ばないで何とか下まで滑れます。
ただ、自分滑りは結構えぐれた溝の壁にスキーをあて、吸収動作でコブを越える形で、スー・ドン・スー・ドンという感じとなり、結構、体に衝撃もきます。(スーはえぐれた溝と溝の間の滑りで、ドンはえぐれた溝にあてて吸収する部分)
上手い人の滑り方、ラインとは少し違うように思いますが、いかがしょうか。
後傾の為、滑らかなターンができていないようにも思います。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつもりで、必死でそれらを避けるとイメージするとよいと思います。
コブの中はすり鉢状になっているので、横方向にトップを向けていても、
ハーフパイプのように必ず谷側方向から反対の横方向に向いて板のトップが向いてきます。
板が回ってきたら、最初に戻って次のコブのできるだけ高い位置を目指すだけです。
ポイントとしてはストックをできるだけ長い時間突き、ストック支点で体を回すようにするとよいです。

基本的にこの滑り方はコブをコブとして考えない滑り方ですので、
コブの一番えぐれた部分は見ないようにイメージするとよいと思います。

言葉での説明は難しいのですが、
茶碗を二つ並べて少し斜めに置いてみてください。
この時、茶碗の縁に指を滑らせるのがバンク、
茶碗の縁から底そして縁という風に滑らせるのが質問者様の滑り方だとイメージするとよいと思います。

付け加えておきますが、バンクの滑りは溝コブに対して有効ですが、天然コブにはあまり向いていません。

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつ...続きを読む

Qこぶ斜面を余裕で滑りたい

52歳、男、スキー暦30年、自分では中級だと思っています。
30度位の整地された斜面なら連続小回りが出来ますが、こぶ斜面となると上手く滑れません。
ただし25度位までなら何とか板をそろえて滑れます。
今度のシーズンには何とか30度を超えるこぶ斜面でも余裕で滑れるようになりたいです。もちろんゆっくりでもかまいません。
ただし年に3回行くのが限度です。
そこでシーズンオフに最低限これだけはしないといけないトレーニングが知りたいのです。
どなたか教えていただけないでしょうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

シーズンオフに最低限これだけは・・・となるとやはり
「体を鍛える」ですね、脚だけではなく全身(特に腹筋と背筋)満遍なく鍛えましょう。

近場に施設があれば通うのも良いでしょうし
http://www.youtube.com/watch?v=RhDXPK47Ad0&feature=related

無くても工夫して
http://www.youtube.com/watch?v=M7I-4366o7U
階段でも似たようなこと出来ますしね(転倒・怪我注意)、その際に
ジャンプ>踵で尻タッチ>着地 とやると自然にスキートップの先落としが身につくかも知れませんね

スキートップの先落としは急斜面のコブや落差の大きなコブを滑る際は必須になる技術です

QJSBA1級合格に向けての屋内での練習(その他)

お世話になります。

初めてスノーボードをやってから、延べ8、9シーズンくらい滑走してきました。

まちまちですが、これまで1シーズン少なくて2日~多くて15日滑走程度。
カービングのカの字も知らないまま、5シーズン目くらいからフリースタイルの魅力に虜になり、
グラトリやボックスばかりやってきました。
JIBが得意になる前にどうしても形に残るものが先に欲しかったのと、1級所持かC級イントラになってからボックス、レール、キッカー、パイプに専念しようと思い、今年1月に検定取得を意識し始めました。

1月末より2度のスクール受講、4月下旬3回目の受験でやっと2級を取得しました。
「今シーズン中には何が何でも2級は取る!」と決めていたので目標は達成できたものの、
シーズン中に1級も取りたいと欲が出ました。
しかし、基本が全くできていないためか、1級は2回落ちて今シーズンが終わってしまいました。
(1級の初回はロング68点、ショート69点、フリーラン70点、2回目はロング69点、ショート69点、フリーラン69.5点)

よって、オフシーズンはスノーヴァなどでJIBに専念しつつ、来シーズン1級取得のためにできることを意識しながら並行練習したいと思ってます。

そこで質問ですが、((2)以降は愚問なのですが、、)

(1)屋内練習場で1級取得に向けて意識しながら練習すべきことは何があるでしょうか?

⇒パイプやキッカーでカービングをしながらアプローチするくらいしか思い浮かびませんが、有効な練習方法があればぜひ教えてください。(パイプでロングやショートターンの練習なんてまずできないのかと・・・)


(2)ジブなどをメインでやられる方は、1級やイントラ所持はざっと何割くらいいるものでしょうか?

⇒ジブ好きな友達がいないのでわかりません。パークメインの方はどれくらいライセンスをお持ちの方が多いのか、単純に傾向を知りたいだけです。


(3)皆さんは1級は何回目に合格しましたか?

⇒個々の技術や、着眼点を意識した練習量によってぜんぜん違うことは重々承知ですが、ただ皆さんはどれくらいで受かったのか、単純に知りたいだけです。


将来は、C級イントラ以上になって、スロープスタイルとテクニカルの草大会に出ることが目標です。
33歳にもなっていい歳こいたスノーボーダーですが、(1)だけでもいいのでぜひご意見をお願いいたします。

お世話になります。

初めてスノーボードをやってから、延べ8、9シーズンくらい滑走してきました。

まちまちですが、これまで1シーズン少なくて2日~多くて15日滑走程度。
カービングのカの字も知らないまま、5シーズン目くらいからフリースタイルの魅力に虜になり、
グラトリやボックスばかりやってきました。
JIBが得意になる前にどうしても形に残るものが先に欲しかったのと、1級所持かC級イントラになってからボックス、レール、キッカー、パイプに専念しようと思い、今年1月に検定取得を意識し始めました。
...続きを読む

Aベストアンサー

某指導員をしています。
さて、先シーズンの検定の結果からの考察ですが、
まず、2級を3回目での合格とのことですから、まだまだ、基礎の滑り方が不十分だと思われます。普段基礎をきちんと練習するように心がけて滑っていれば、
2級なら1回で通ってもおかしくないでしょう。
(せめて2回目で)
そのまま、1級検定に突入したのでは、受かるとは思えません。

私も、検定員の講習などもしたことはありますので、
あなたの2回の1級の得点を考察してみますと、
まず、検定員は、「割と滑れるけれど、もう少し鍛えてから、受けにおいで」ぐらいのレベルだったら、69点をつけます。1点足らずに不合格、にします。
68点が出ると言うことは、かなりレベルが不足しています。
1回目のロングターンがそうですね。
フリーランの70点は、もう不合格決定後の若干おまけですね。
2回目は、どれも70点を超えていませんから、これまたまだまだ、です。
合格は、3種目の平均が70点を超えればいいのですから、まあ合計210点なので、
まだまだ足りないと判定されたような感じですね。
合計209点!というなら、かなり惜しい。
3点足りないなら、やっぱりまだ2級レベルです。

さて、本気で1級めざすなら、
グラトリやジブ、boxで遊んでいる場合ではありませんね。
どうしたら、安定したスピードとフォームで、左右均等なターンができるのか、を考えながら滑らなくてはいけません。ドリフトターンもカービングターンも両方、自在に使えるように、スクールに入るのもいいですが、
同じ目的を持った友人と、見合いっこしながら、批評しながら、時にはVTR撮って、
練習しなくてはいけません。

ただ、何となく滑って、グラトリで遊んで、と
今まで通りの滑り方では、基礎の滑りのレベルが、
1級合格に求められるレベルになかなかなっていきません。

(1)室内では検定の練習はむりかな。
スケートボードで、スノボ練習に向いている機種があるようです。そちらを検討してみてください。

(2)一般にジブなどで遊ぶのが好きな人は、おそらく検定は受けに行かないでしょう。
遊ぶのを我慢して、一日潰して2級1級を取りに行こうって、考える人は、そういうタイプの人では、なかなかいないのでは?
級やイントラ取ってから、ジブやる人はいるでしょうけれど。
まあ、ジブで遊んでいる人、100人に聞いたら、1級は一人ぐらいかも。

確かめる方法。
ジブで上手い人を見つけたら、後をつけます。すぐ後ろでリフトにも乗って、ジブに入るまでの、基礎の滑りを観察します。
ショートターンのカービングぐらいは観察できるかもしれません。
まあ、基礎が上手くても級を持っているかどうかは、分かりませんけれどね。

某指導員をしています。
さて、先シーズンの検定の結果からの考察ですが、
まず、2級を3回目での合格とのことですから、まだまだ、基礎の滑り方が不十分だと思われます。普段基礎をきちんと練習するように心がけて滑っていれば、
2級なら1回で通ってもおかしくないでしょう。
(せめて2回目で)
そのまま、1級検定に突入したのでは、受かるとは思えません。

私も、検定員の講習などもしたことはありますので、
あなたの2回の1級の得点を考察してみますと、
まず、検定員は、「割と滑れるけれど、もう少し...続きを読む


おすすめ情報