ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

建築基準法に則り、建築が完了した建物は、最終検査を受けて「検査済み証」を発行してもらうということなのですが、
最終検査を受けていない場合、
いったいいつまで、最終検査を受けるように強制されるのでしょうか?

この話題になると、『建築基準法に違反している建物についての時効はない』という回答が見られますが、
ここでは、建物の違反ではなく、最終検査を受けているかどうかという点のみについてのお尋ねです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

建物の完了検査(検査済証の発行のための)に関しては、違反建築物と同様、時効はないです。


その場合は、建築基準法に基づく確認申請上は、検査を受けない限り「ずっと工事中である」か「まだ着工していない」という扱いになっているはずです。

この回答への補足

行政は耐震偽装の問題があってから、今でこそ最終検査についてきちんと指導するようになってきているようですが、昔は最終検査を受けていない建物の方が圧倒的に多かったと聞いています(現在もそのような建物がたくさんあるというわけです)。
しかし、そのような最終検査を受けていない物件も登記され固定資産税の対象となっています(行政は建物の使用開始を把握しているということです)。

でも、登記とは別に
>建築基準法に基づく確認申請上は、検査を受けない限り
>「ずっと工事中である」か「まだ着工していない」という扱いになっているはずです。
ということですね。

つまり工事中や着工していない建物が登記され、固定資産税の対象になっているというおかしげな現象が発生しているのですが(論理的矛盾)、
現在の行政では、それは建築基準法とは別の話であると言うのでしょうね。

最終検査を受けないことを正当化する気はありませんが、
時効がないなら、そのことが行政の不作為を招いているという感が否めません(時効には、一定期間内にすべきことをしましょうという理念も含まれているので、時効がないことで『行政の胸先三寸』を後押ししてしまっているということです)。

補足日時:2009/03/14 11:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼の内容を、補足に書き込んでしまいました(しかも、完成前の内容を)。
改めて、ご回答にお礼申し上げます。

お礼日時:2009/03/14 12:57

最終検査はそれを通過して始めて建物の使用が認められるものであり、検査を受ける時期としては使用開始前とされているのであって、「いったいいつまで、最終検査を受けるように強制されるのでしょうか」という問いに対する答えとしては、その建物が使用され続けている限り違法状態が継続している、ということになるでしょう。


時効というものは違法な行為が終わってからの期間を指すのであって、違法な状態が継続していたら時効は到来しません。
そもそも、検査が強要されるのではなく、検査を受けてそれに通らなければ使用を許さない、とするのが規制の本来の趣旨のはずですから、質問のケースでは近いうちに使用禁止措置を受ける可能性が高いでしょうし、「本来は使用していること自体が違法だけれども、いまからでも検査を受ければ使用を認めますよ」という態度を行政が採っているとすれば、それを無視し続ければ使用禁止措置を受けるということになるでしょう。すでに違法なのですから、いつ使用禁止措置が発動されるかは行政当局の胸先三寸でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>行政当局の胸先三寸でしょう。
胸先三寸というのも、困ったことですね。

お礼日時:2009/03/14 11:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q違法建築物の時効について

違法建築物を建ててしまい、検査積み証を取得せずに何年も経過してしまった場合、時効と言うものは成立するのですか?もし成立するのであれば、何年経過すれば時効が成立するのか教えてください。また、そのような何十年前の違法建築物を建築基準法違反だからといって、行政が取り壊してしまう例が実際存在するのでしょうか?ご存知の方、是非教えてください。

Aベストアンサー

u-oneさんの建てた建物の「検査済み証」がないということは1)最初から確認申請を出していないか、2)確認申請承認後に
建築の一部分を勝手に変更したために「検査済み証」を貰いにくくなったかの何れかだと思いますが、、、
いずれの場合も現実には固定資産税など支払わされていて、税金の面では非公認ながら存在を認められている状況だと思います。

1)の確認申請を出さずに建築した場合は、役所の建築指導課では「申請が出されない案件については、指導のやりようがない」・・・
と言うのが公式態度なので「申請のあった建物についてだけは、適法か違反かが判断できる」という奇妙な論理があるために、、、
意図的に確認申請をしない建築物の違反建築は見逃すという不思議な結果が見られるのです。
・・・ただしこういうケースは、検査済み証が無くてすむような「増築」などに多いようです。

2)のケースもローンなどの制約がない場合などにあるケースかと思われますが、かなり悪質な違反で無いかぎり強権発動は
見られないようです・・・以前、杉並区であったような記憶がありますが完成した建物については財産権侵害を恐れてか役所の方も、
「建蔽率」や「容積率」を大幅に違反したようなケースでないと今までのところ、及び腰で見ないふりをしているようです。

現在のように基準法自体が守られずに増加した違反建築を、行政が取り壊すとしたらよほど附近から弾劾されるような場合でしょう。

u-oneさんの建てた建物の「検査済み証」がないということは1)最初から確認申請を出していないか、2)確認申請承認後に
建築の一部分を勝手に変更したために「検査済み証」を貰いにくくなったかの何れかだと思いますが、、、
いずれの場合も現実には固定資産税など支払わされていて、税金の面では非公認ながら存在を認められている状況だと思います。

1)の確認申請を出さずに建築した場合は、役所の建築指導課では「申請が出されない案件については、指導のやりようがない」・・・
と言うのが公式態度な...続きを読む

Q建築基準法違反の罰則基準は?

現在増築中の建物が、建築基準法違反で改善命令が出された事を知人から聞きました。建築確認書未提出、建ぺい率、容積率違反だそうです。ほとんど建てられないような所に、2間(6畳x2)、ベランダを増築したとの事。この場合、建築中のベランダが削られたとの由。ところで、この場合の罰則の基準になる根拠は何だったのですか?

Aベストアンサー

>とても合法的な建物になったとは思えません。
>6畳ふたまの建物も、完全に違法です。
何故そういいきれるのかわかりませんが、現状を知りたければ地域を管轄する建築指導課におたずねになると良いでしょう。
市町村役場に建築指導課という名前があれば、そこが担当部署です。無い場合は県の建築指導課が行っているでしょう。
基本的には違法建築である限りはその状態が続きます。
違法な物は合法になるまで改善命令等の措置は続きます。
ただ相手が従わない場合に、いきなり強制措置は執らないでしょうし、また実態としてはあまり強制措置までは実行していないことはあるようです。

>役所は、それを知っていて、許してしまうのでしょうか?
別に許しているわけではないでしょう。

違法な物は違法のままです。
もしその方が売却しようと思っても、重要事項説明では「違法建築」と書かれることになるでしょう。

まずは、
>その基準がわからないのです。
その基準とは建築基準法に照らして合法か違法かということであれば建築指導課に聞いて下さい。
それで現状がまだ違法であれば、どういう状況なのかも聞けばよいでしょう。

>とても合法的な建物になったとは思えません。
>6畳ふたまの建物も、完全に違法です。
何故そういいきれるのかわかりませんが、現状を知りたければ地域を管轄する建築指導課におたずねになると良いでしょう。
市町村役場に建築指導課という名前があれば、そこが担当部署です。無い場合は県の建築指導課が行っているでしょう。
基本的には違法建築である限りはその状態が続きます。
違法な物は合法になるまで改善命令等の措置は続きます。
ただ相手が従わない場合に、いきなり強制措置は執らないでしょうし...続きを読む

Q住み始めた後からでも完了検査は受けられるの?

新築住宅に住み始めてから1年近くが経ちました。
完了検査済証がないこということなので、今からでも
受けたいと思うのですが受けられるのでしょうか?

ちなみに親戚の設計事務所で建てました。
今のところ、売るつもりも増改築する気もありません。
しかしこのご時世ですので、20年後は売るはめになるかもしれません。

完了検査済証がない場合のデメリットはどんなことでしょうか?
また、完了検査を受けていないことがばれたということでの親戚の
処分はあるのでしょうか?
もし検査を受けられるとしても私、親戚共に処分等(罰金とか)はあるのでしょうか?
施工者が身内のため正直困っています。

木造3階建ての60坪です。

ご回答の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法律論から書きますが、
建築基準法第六条第二項で「木造の建築物で三以上の階数を有し、又は延べ面積が五百平方メートル、高さが十三メートル若しくは軒の高さが九メートルを超えるもの」と規定されており、今回の建物は建築基準法第六条第二項による建築物となります。
さらに、建築基準法第七条の六では「第六条第一項第一号から第三号までの建築物を新築する場合~中略~においては、当該建築物の建築主は、第七条第五項の検査済証の交付を受けた後でなければ~中略~建築物若しくは建築物の部分を使用し、又は使用させてはならない。」とされています。
このことから、今の状態は、建築基準法違反となります。
入居前に検査を受けなければならなかった、ということです。

確認を受け、検査を受けない建築物というのは、結構、否、かなり多く、ある県では20%位だったように思います。
そのため、国土交通省(当時は建設省だったかな)も、何年か前には「完了検査を受けましょう」キャンペーンみたいなことをやっていたはずです。
完了検査を受けないデメリットは、その程度しか無い、完了検査を受けないでもさほど影響がないことの現れかもしれません。

但し、建てられた建物が、確認申請のとおりに造られているか、それとも確認申請とは違う建物となっているのか、どちらかにより、話は違ってきます。

確認申請のとおりに作られているのならば、実態としては法律に合致しているはずで、要するに手続きを怠っただけ、ま、軽微な違反で、これから完了検査を受けたいのならば、検査官に小言の一つや二つは言われるかもしれませんが、受けられるでしょう。

しかし、確認申請とは違う建物となっている場合、問題です。
その建物が実態として、法律にあっているのかいないのか、証明するものがないこととなりますから、デメリットがどうのと言う前に、持ち主としては、きちんと整理しておかなければならない重大な問題です。(確認申請はあくまで事前の審査で、それが通っていても、完了検査でそのとおり建てられているかをチェックしないと、あまり意味がありません。)
特に、木造3階建てなどの場合、確認申請後の変更により、完了検査を受けたくても受けられない建築物が多いと言えます。

親戚とのことで、いろいろと面倒なこともあるのかもしれませんが、きちんと確認しておくことをお勧めします。
ますは、確認申請の図面があるのなら、そのとおりに建物が出来上がっているか、自分でできる範囲で、見た目で解る範囲で構わないので、チェックしてみては如何でしょうか。

法律論から書きますが、
建築基準法第六条第二項で「木造の建築物で三以上の階数を有し、又は延べ面積が五百平方メートル、高さが十三メートル若しくは軒の高さが九メートルを超えるもの」と規定されており、今回の建物は建築基準法第六条第二項による建築物となります。
さらに、建築基準法第七条の六では「第六条第一項第一号から第三号までの建築物を新築する場合~中略~においては、当該建築物の建築主は、第七条第五項の検査済証の交付を受けた後でなければ~中略~建築物若しくは建築物の部分を使用し、...続きを読む


人気Q&Aランキング