【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

さっきやってたフジテレビの「ベストハウス図鑑123」のラストで、「天才プロ棋士のありえないミス」というのをやっていました。
2008年7月6日将棋NHK杯 櫛田 対 森下 戦で、記録係りの時間秒読みの声にあせった櫛田が「4二飛」を打ち込んだところ、森下の「4一金」の駒を盤上から弾き飛ばしてしまった、というシーンでした。
 番組では、「これで櫛田は反則負けとなり森下の勝利となった」とナレーションが入っているのですが。

1駒でもはじき落とすと反則になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんてぃくは。



>>「これで櫛田は反則負けとなり森下の勝利となった」

ん?
「これで【焦ったのか】対戦相手の方が勝った」
な言い方じゃありませんでしたっけ?

自分も、反則負けだっけ??
と思って、少し気にして聞いてたら上みたいなことを言ったと思ってました。


>>「天才プロ棋士のありえないミス」

多分、「二歩打っちゃって反則負け」の映像が出るんだろうな~-w-;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
録画をよく視聴しなおすと、たしかにそう言ってますねー。

お礼日時:2009/04/16 06:28

故意ならさておき, そうでなければ駒を飛ばしても問題ないです.


ちなみに, 究極的には「どう指すかが明確にわかれば実際に駒を動かさなくても OK」だったりします. 秒読みぎりぎりのときに, 「この駒をこう動かす」と指で示すということもあるとか.
でも, 「二歩」はやっちゃうときはやっちゃうからなぁ.... 「敵陣に歩を打ち込んだのを忘れて自陣に打っちゃう」とか, 逆に「底歩を打ったのを忘れて攻めにいってしまう」とかは考えられますし, しょうがないこともあります.
「角の筋を間違えた」とか「後手なのに先に指しちゃった」とかに比べれば....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2009/04/16 06:31

駒を飛ばして反則負けにはなりません。


加藤一二三9段なんか思いっ切り駒を盤に叩きつけるからよく駒を飛ばすそうです。
また飛ばされた駒が湯飲みの中に飛んで入ったなどの観戦記も見たことがあります。
もちろん反則負けにはなっていません。

まあ詰めろを掛けられて防ぎ方がわからないのに時間が切迫して、時間稼ぎに意識的に盤面を乱したというのならわかりませんが、それなら反則でなく処分モノでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2009/04/16 06:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『羽生の頭脳』は現在でも通用しますか?

約30年ぶりに将棋に興味が湧き始めた者です。これから最新の戦法や定跡を一から勉強したいと思っています。
ところで、書籍『羽生の頭脳』に関してお尋ねします。
名著の誉れ高き本のようで非常に興味があるのですが、書かれたのが約20年前。振り飛車破りや横歩取り、森下システムなどについて詳細に書かれているようですが(実はまだ書店で実物を立ち読みしたわけではありません)、その後藤井システムが開発され、ゴキゲン中飛車や一手損角換わり等の戦法も出現しているようです。
これら最新の戦法に対して「『羽生の頭脳』は古い」ということはございませんでしょうか?

お分かりの方、お願い致します。
その他お勧めの書籍があれば教えて頂きたく思います。
ちなみに当方、30年前はアマチュア初段程度の棋力を有しておりました。

Aベストアンサー

35歳、「デイ、トレーダー」、アマ4段、将棋歴15年。     (主戦場)ゲーセン「天下一将棋会2;A級所属」(24経験アリ。(対戦相手)級位者=手応えナシ・・・・・のレベル=???)。     ・・・・・「振り飛車破りシリーズ」=ちょっと、ツラい印象。     その他「相居飛車シリーズ」=それなりに通用するor通用しない・・・・・内容がバラバラ。     個人的意見としては、あまりお勧めしません。     発行年月日が新しい書籍=まず、大丈夫でしょう(著者問わず)。              

Q将棋と囲碁のプロ棋士の人数の違い

囲碁をやったことのない超初心者です
将棋界も囲碁界も年間4人くらいしかプロになれないのに
将棋は約160人、囲碁は400人とプロの数に差があります
なぜ違うのですか?
入ってくる人数が同じなら、プロの人数も同じにならないとおかしいと思うのですが。いずれ同じ人数が引退するんですから。
謎です。

Aベストアンサー

既に書かれているように, 最初の前提が間違ってる.

将棋でプロになるのは (編入試験を除くと) 三段リーグを通過するしか方法はなく, 1回 (半年) のリーグで通過できるのは最大 3人だから, 年間で最大 6人. ただ, 現在の三段リーグができてから実際に 6人プロになった年度はなく, ほとんどの年度では 4人でたまに 5人昇段する.

一方囲碁の方は日本棋院と関西棋院がそれぞれ採用していて, 日本棋院が年間 6人. 関西棋院は見付けられなかったけどここで 2人とれば 8人. 過去の例だと 1年で 10人くらいとったときもあったんじゃないかな.

あとついでにいうと将棋には「強制的に引退させられる」制度があるのに対し囲碁にはないようだ.


人気Q&Aランキング