高校生物の問題集をやっていて、
陽樹を二つ選ぶ問題がありました。
候補としてアカマツ・クリ・カラマツ・ブナ・シイ・カシ
がありました。

ブナ・シイ・カシは陰樹、アカマツは陽樹
はわかったんですが、残りがクリ・カラマツで迷いました。
答えとしてはクリがもう一つの陽樹でした。

そこで質問なんですが、
じゃあカラマツは陰樹なんでしょうか?

陰樹・陽樹の分け方がおかしいなどの意見もあるかと
思いますが、あくまでも受験生物としてカラマツは
陰樹か陽樹かどちらでもないかを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
サイトを拝見してみたところ、はっきりと「陽樹」と書いていて
びっくりしました。「どちらかといえば陽樹」というような
曖昧な表現かなと思っていましたので。
早速疑問が解決して助かりました。

お礼日時:2003/03/04 10:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q桜(ソメイヨシノ)の冬芽について

花と葉の冬芽の見分け方はありますか。
この二種類の冬芽が出る時期に違いはありますか。
漠然とした質問で申し訳ありませんが、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的にすべて葉芽の状態で存在していますが、ある時期がくると花芽に変化します。一般に前年枝の先端の芽が花芽になる花木が多いです。

葉になるか花になるかは落葉してしばらくするともう決まってしまうので、桜の剪定をする場合は落葉後すぐに行うのがセオリーとされています。

冬芽の見分け方ですが、一般的に言われるようにふくらみがあるのが花芽、細いものが葉芽です。ただし今の時期に見分けるのは難しいかもしれませんね。

Q「陽葉」・「陰葉」・「気孔」について

陽葉と陰葉の光合成速度というのはどのように比較できるでしょうか?また、比較する為の実験方法等教えていただけないでしょうか?
また気孔の開閉運動の仕組みを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

光強度を変えて陽葉・陰葉それぞれの光合成速度を測定します。
そして、x軸に光強度、y軸に光合成速度をとってその測定値をプロットします。すると、ある光強度に達したときに光合成速度が飽和する「光ー光合成曲線」が描けます。
比較の方法としては、曲線そのものそれぞれ並べるのもひとつの方法です。
細かく見たければ、暗呼吸速度(=光強度が0の時の測定値)、光勾配(=曲線の立ち上がりの部分の勾配)、光補償点(=呼吸量と純光合成速度の値がちょうど同じになる、すなわち測定値が0になる光強度)、最大光合成速度(=曲線の飽和したときの光合成速度)などの各パラメータを比較するといいでしょう。

これらの測定のためにはまず、光合成を測定する装置が必要です。

気孔の開閉は孔辺細胞とその隣の表皮細胞の膨圧の差で起こります。孔辺細胞の膨圧の方が高ければ開き、逆なら閉じます。膨圧の調整は、イオンの能動輸送で生じる浸透圧調整によって起こります。

Qカラマツは陰樹?陽樹?

高校生物の問題集をやっていて、
陽樹を二つ選ぶ問題がありました。
候補としてアカマツ・クリ・カラマツ・ブナ・シイ・カシ
がありました。

ブナ・シイ・カシは陰樹、アカマツは陽樹
はわかったんですが、残りがクリ・カラマツで迷いました。
答えとしてはクリがもう一つの陽樹でした。

そこで質問なんですが、
じゃあカラマツは陰樹なんでしょうか?

陰樹・陽樹の分け方がおかしいなどの意見もあるかと
思いますが、あくまでも受験生物としてカラマツは
陰樹か陽樹かどちらでもないかを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.ohotuku26.or.jp/chacha/morihaku/wood/wood05.html
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/31/3114.htm
http://www.sitomi-office.com/jumoku5.htm
陽樹ですね。

Q先駆植生であるアカマツについて

裸地からの植生遷移ではさいしょに侵入する樹木はアカマツであるとされていますが、アカマツはどうして貧栄養な土壌においても生育が可能なんでしょうか?
アカマツの根にもマメ科植物みたいに根粒菌とかが存在しているんでしょうか?
ただ陽樹であるからという理由であるならばアカマツでなくてもよい気がします。

Aベストアンサー

#1です。マツの根につく菌根はヤマモモやマメ、ハンノキの仲間の根につく窒素固定菌ではなく、外生菌根といわれるものです。細根の細胞の隙間に菌糸が入り込み、根の周りにびっしりと菌がつくような状態になり、特に乾燥地では菌糸網層と呼ばれる菌とその遺骸で真っ白いマット状になった層を作ります。この層ができると不透水性になり、その下の土壌の乾燥化が一層進むのですが、菌根菌は土壌中の水分やミネラルを効率よく吸収し、マツに与えます。マツは逆に光合成により得た糖分を菌に与えます。この相利共生によりマツは乾燥や貧栄養に強いのです。菌根菌にはマツタケの他にもアミタケ、シメジ、ニンギョウタケなど様々な種類のキノコがあります。

Q薪ストーブ カラマツの皮

カラマツの林を伐採しました。伐採して1年が経ちました。これから、薪にしていきます。薪ストーブに使う予定ですが、大量に出る皮も薪ストーブに使用して問題は、無いでしょうか?

Aベストアンサー

ストーブの種類によります。
触媒を使っているストーブの場合、触媒の種類によっては、問題となるかもしれません。
触媒を使っていない場合は、掃除の回数が少々増えるくらいでしょう。
住宅地で、なるべく煙を出さずに使いたいのであれば、いっぺんに燃やさずに、巡行運転中に少しずつ燃やせば大丈夫だと思います。

Qアカマツとサルノコシカケは共生の関係ですか?寄生の関係ですか?

アカマツとサルノコシカケは共生の関係ですか?寄生の関係ですか?

Aベストアンサー

サルノコシカケ科のキノコであれば、アカマツやクロマツの根に寄生します。

Qこんなキノコを見つけました。カラマツの木のそばにありました。香りもします。これって何のキノコですか?

こんなキノコを見つけました。カラマツの木のそばにありました。香りもします。これって何のキノコですか?

Aベストアンサー

マツタケモドキかニセマツタケ

キノコは成長の過程で形や色が様々に変化しますので、判りません (^_^;

http://matsutakedaisuki.seesaa.net/article/224308429.html

Q陽イオン交換体と陰イオン交換体

レーニンジャー新生化学に
「イオン交換クロマトグラフィーは、特定のPHでのたんぱく質の正味の電荷の違いや程度の違いを利用する。カラムの基質は、荷電した官能基を含む合成ポリマーであり、陰イオン基が結合したものが陽イオン交換体、陽イオン基が結合したものを陰イオン交換体と呼ぶ。」とあるのですが、この文章に関して僕なりの解釈をしたので、ただしいか聞いてください。
「イオン交換クロマトグラフィーは、特定のPHでのたんぱく質の正味の電荷の違いや程度の違いを利用する。カラムの基質(もととなっている物質)は、荷電した官能基(+の電荷を帯びている官能基or-の電荷を帯びている官能基)を含むポリマーであり、
+の電荷を帯びている官能基に陰イオンが結合したものが陽イオン交換体で、-の電荷を帯びている官能基に陽イオンが結合したものが陰イオン交換体である。」…(1)
また、(2)の考え方も正しいでしょうか?
「陽イオン交換体の例…DEAE-
           陰イオン交換体の例…CM-  」…(2)
この2点を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

> +の電荷を帯びている官能基に陰イオンが結合したものが陽イオン交換体で、
> -の電荷を帯びている官能基に陽イオンが結合したものが陰イオン交換体

陽イオン交換体は「-の電荷を帯びた官能基が結合したもの」、
陰イオン交換体は「+の電荷を帯びた官能基が結合したもの」です。

「陽イオン交換体」のというのは、「自分自身が陽イオンになっている交換体」なの
ではなく、「陽イオンを交換するもの」という意味でつけられている名前です。
(交換体自身は、交換したいイオンと対になるための逆電荷を帯びています)

ですので、
 自身が正電荷を帯びているDEAEは陰イオン交換体、
 自身が負電荷を帯びているCMは陽イオン交換体
ということになります。

Qムジナモの冬芽の管理方法

ムジナモ栽培を始めて未だ1年を経過しません。ですので冬芽というものも始めての体験です。
この小さな緑色のかたまりはどのように管理したらいいのでしょうか。
水質や水温、日照、その他注意事項がありましたら教えていただけませんでしょうか。
また、ムジナモの栽培方法などが詳しく紹介されているサイトをご存知でしたらご紹介ください。

Aベストアンサー

Googleでキーワード:ムジナモ 栽培 で検索するといくつかサイトが出てきますが、いずれも個人サイトの
ようなので、具体的なURLは控えます。
また、専門的?掲示板もあります。

Qイチゴ・リンゴ・クリ・ウメ・サクランボの食用部分による分類

イチゴ・リンゴ・クリ・ウメ・サクランボの中で、子房の部分を食べているのはどれになるのでしょうか?

Aベストアンサー

「エンカルタ 百科事典 ダイジェスト」の「果物」の項の「II果物の分類」によると、
子房の子房壁が肥大したものが食用部分になっているもの(真果)は、質問の中ではウメとサクランボだそうです。

なお、イチゴやリンゴは、花托が発達して果実となったもの(偽果)だそうです。クリは種子を食べます。

参考URL:http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_1161536634/content.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報