プロが教えるわが家の防犯対策術!

くうき(空気)をローマ字表記についてです。
正しい表記、あるいは、最も一般的な規則に則った表記方法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在、ローマ字表記に「正しい」、「正しくない」はありません。

各種の表記法が入り乱れているからです。Wikipediaに「長音の表記方法と長音符」という項目がありますので、その「ローマ字表記」を参照して下さい(下記URL)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/長音

上の記事にもありますが、母音の上に山形記号や横棒をつける方式はWebや電子メールでは表示出来ません。出来たとしても同種のOSのマシン上でだけのことで、英米人のコンピュータでは文字化けしてしまいます。

私はパスポート用表記法で"kuhki"と書くことにしています。コンピュータで表示・印刷させるのに便利だからです。
    • good
    • 0

学校で習う内閣訓令式ではNo.1さんのものです。


旧運輸省駅名式でも同じです。
外務省パスポート式では、現在は原則長音は表記しないことになりました。KUKIとなります「茎」と同じ表記です。
^が表記できず、茎と違いを出すには、99式などのように、KUUKIと綴ります。
行政もまちまちで、現在間違いというものはないので正しいという表記法もありません。
    • good
    • 0

KUKI


Uの上に^をつけます
「くうき(空気)のローマ字表記」の回答画像1
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名前の英語表記

愛犬の名前がクウというのですが、英語で書くとどうなるのでしょうか。
また、大野の場合はONO、OHNOどちらになるのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目の終わりに近づきました。 このカテで書き始めて8年目に入りました。 

このご質問に答えるには前提と言うものを説明しなくてはなりません。

まず、

1)これは名前である、よって固有名詞である、と言う事です。
2)英語のにはこの名前と呼んでいいものがありませんので「英語で表現する事は出来ない」と言うことになります。
3)クウと言うのは、カタカナであって発音方法ですね。 
4)それをアルファベット・ローマ字で表現する、と言うことになり,英語ではない
5)どんなある別途の表現方法を使っても決して思い通りには発音してくれない
6)英語圏だけの人が発音するわけではないですね。 

と言うことになるわけです。

そうすると、日本でのローマ字表記方法にはいろいろありよく知られているのがヘボン式と言われパスポートにも表記方法として使われ、更にパスポートにはohのようにオーと言っているんだと言う部分を表記するための方法も認めています。

よってパスポート式を使えば、Ohnoでいいわけですね。 使わなければ、Onoで良いのですね。

これには、名前と発音、と言う事を書く必要がでてくるのですね。 つまり、名前と発音についての認識を持つ必要がある、と言う事なのです。

日本語名で薬袋と書いてどういう苗字として知られていますか? みない、ですね。 御手洗さんはどうでしょう。 みたらい、ですね。

渡辺と言う非常に知られたものはどうでしょう。 わたなべ、ですか、それとも、わたべ、ですか? 誰が決めますか?と言う事なのです。

わたなべ家ではもちろん、わたなべ、と読んで欲しいでしょうね。 しかし、わたべ家では、わたなべ、とは読んでもらいたくないでしょう。

では、最近の女の子の名前はどうでしょう。 なんて読むのか分からないのも多いですね。 でも本人は親がつけた「読み方」を友達に教えますね。 新学年で担任の先生が一番困るわけです。

つまり、Onoと書いても「おおの」と呼んでもらいたければ自分で「おおの」と発音しなければならない、と言う事なのです。

Smythと言う苗字を、無理してカタカナで書くと、スミスともスマイスとも読む家族がいるわけです。 渡辺さんと同じですね。 (今なんと読みましたか?)

chiと言うスペルにしてもアメリカ人だったらいくとおりにも発音しますし、生粋のイタリア人であれば「キ」となってしまうでしょうね。

前置きが長くなりましたが、結局はどんなスペルでもその人によって日本人が発音するようには発音してくれないと言うことを頭に入れておく必要があるわけです。

Coo、はとの鳴き声ですね。 日本語で言えば、クー、です。 これであればアメリカ人ならまず他の発音をしないでしょう。 (厳密にはクーではないのですが、英語訛りのクーと考えればいいでしょう)

ローマ字書きにして、Ku, Kuuにしたら、日本人ならクー・クウと発音してくれるでしょうが、アメリカ人だとしたら半々になってしまうと思いますよ。 Qの変形と思われる可能性を持っていると言う事です。

しかし、Kuと書いてはいけないと私は言っているわけではありません。 Kuと書いてこの犬はクウと発音するんだよ、と教えてあげればいいだけのことです。

直美さんにしても、同じローマ字のスペルをするこちらの女性の名前があるのですが、Naomiです。 ナオミとは決して発音してくれません。

大きな犬に付けやすいジョンにしても同じですね。 Johnと書いてもアメリカ人はまずジョンとは発音してくれません。ジャンに近くなってしまうわけですから。 

と言うことで私にはCooと言うスペルが違和感を感じないでクウと読んでくれる可能性が高いと個人的に思います。 もう一度書きますが、Ku/Kuuが行けないと言うことでは決してありません。

ーと書いて「はじめ」と読む事を法律でも許しているわけですし、同じ法律を使えば、ある漢字を使っても読み方は独自にして良いと事が認められているわけです。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。 

アメリカに住んで40年目の終わりに近づきました。 このカテで書き始めて8年目に入りました。 

このご質問に答えるには前提と言うものを説明しなくてはなりません。

まず、

1)これは名前である、よって固有名詞である、と言う事です。
2)英語のにはこの名前と呼んでいいものがありませんので「英語で表現する事は出来ない」と言うことになります。
3)クウと言うのは、カタカナであって発音方法ですね。 
4)それをアルファベット・ローマ字で表現する、と言うことになり,英語ではない
5...続きを読む

Q小学校で習うローマ字について

小4の子供の教科書を見ていて、疑問に思ったのですが、例えば”がっこう”をローマ字にするとき、”GAKKOU”と表すと思うのですが、教科書では”GAKKO"と書き”O”の上に音を伸ばす意味のひらがなの”く”を横にしたものをつけるようになっています。これでは”がっこー”になってしまうような気がします。サッカーとかなら”SAKKA”で”く”の横にしたものをつければいいのですが。また”おかあさん”も”かあ”の部分を伸ばす記号をつけるようになっています。教科書に書いている事だから間違いではないと思うのですが。昔は不思議に思わなかったのですが、最近パソコンをするようになってから、これでは子供がパソコンを扱う時、困るのでは?とおもいます。このことで、子供とケンカまでしました。誰かローマ字や教科書に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

あの,質問文を読んでも,要するに何をお聞きになりたいのか今一つはっきりしないのですが…。
とりあえず,ローマ字表記法に関する説明を書くことにします。

いろいろ出ていますが,まず各種のローマ字表記法の違いや歴史については,「猫にもわかるローマ字」(参考URL)にたいへん詳しく書かれています。
その記述の適確なこと,内容の詳しいこと,資料の豊富なこと,かならず出典にあたっていること,情報源を明記していることなど,たいへん素晴らしいサイトで,ローマ字のことならまずここといっても良いと思います。

で,今わが国で公に定められたローマ字の書き方というのは,昭和29年内閣告示第1号「ローマ字のつづり方」なんですね。
この告示と同時に,内閣訓令第一号「ローマ字のつづり方の実施について」というのが出されているので,今日では訓令式といったらこの方式を指すことが多いようです。
(もっとも,昭和12年に文部省が定めた方式も訓令式と呼ばれることがあります)

これは第1表と第2表があって,第1表(従来の日本式をやや簡略化したもの)がメインになっており,「国際的関係その他従来の慣例をにわかに改めがたい事情にある場合に限り、第2表に掲げたつづり方によつてもさしつかえない」となっています(第2表がヘボン式)。
(じゃあ日本式ってなに,ということになりますが,これは物理学者の田中館愛橘という人が明治18年に発表したものです。くわしくは上記サイト参照)
つまり,原則は日本式で,ヘボン式は例外,という書きかたなので,学校でも日本式を主にしているのでしょう。
長音を表す符号は,もともと日本式では「^」(フランス語の記号名を借りてアクサンシルコンフレックスという),ヘボン式では「 ̄」(マクロン,またはオーバーラインという)でして,昭和12年の(旧)訓令式ではヘボン式に譲歩?して「 ̄」になったのですが,現行の訓令式では「^」になりました。

さて,ご質問の「がっこう」はgakkouかgakko^か(^は上に書けないので右に書きます)という問題に移りましょう。

「学校」をひらがなで書くと「がっこう」となります。なにげなくこう書いていますが,このバックには「現代仮名遣い」というルールがあります。
「現代仮名遣い」では,「オ段(オコソトノ……)の長音は,ウをつけて書く」というルールがあります。
「学校」の「校」は実際には,「コ」の長音,つまり「コー」と発音されるのが普通です。
(panchoさんは「コウ」と発音していらっしゃるようですが,これは相当珍しいと思います。私の回りでそういう発音を聞いたことはありません。
たとえば,「学校ってひらがなで書くとどう書くの?」ときかれれば「が,つ,こ,う」のように言うでしょうが,通常の会話で「コウ」のウを「うなぎ」のウのように発音していらっしゃるとしたら,かなり珍しいおかただと思います。)
また,「歴史的仮名遣い」では,「がくかう」と書きます。これは,漢字の音読みが伝わってきた時代(主として奈良~平安時代)の発音に準拠する,というルールがあるからです(本当は,漢字の音読みについては当時の中国語の発音とかいろいろ難しい問題があるが,ここでは省略)。
そして,「訓令式」では「gakko^」と,またヘボン式では「gakko ̄」と書きます。
「これでは”がっこー”になってしまうような気がします。」とおっしゃっていますが,そうではなくて,初めに「お」の長音というものがあって,その同じ音を,「現代仮名遣い」で書くと「こう」になり,訓令式で書くと「ko^」となる,というルールなわけです。
同様に,「おかあさん」の「かあ」は,「か」の長音を現代仮名遣いのルールで書き表したもの,「ka^」は訓令式のルールで書き表したものです。

何が言いたいかというと,現代仮名遣いも,歴史的仮名遣いも,訓令式もヘボン式も,すべて日本語を「書き表す」方式だということです。
ところが,時代が下って世の中にコンピュータやワープロというものが登場すると,日本語を「入力する」ためのローマ字というものが生まれました。
この場合,最終的に表記される形としては,ひらがな(さらには漢字)に変換されるわけであって,ローマ字というのは一瞬で消える,いわば仮の姿なのです。
その際に必要なのは,ひらがなに正しく変換される,ということですので,従来の,表記のためのローマ字とは必ずしも一致しません。
「でぃ」←dhi,のような新しいつづり方も考案されているわけです。
そこで,日本語の音の体系としてこれは「こ」の長音である,なんてことには関係なく,たとえばkouは「こう」に対応し,ko-は「こー」に対応する,というようなことになるわけです。
また,「(訓令式は)実生活とかけ離れすぎていると思います。」という回答もありましたが(No.5),入力のときに「チ,ツ」を訓令式で打っている人って多いのではないでしょうか?
もしヘボン式しか教えていなければ,みんなchi, tsuと打つことになります。
また,図書館のローマ字の話が出ていましたが,これはカード目録の話で,コンピュータ検索であれば訓令式であろうとヘボン式であろうと使えるのが普通です。
さらには,海上保安庁が発行している海図に表記される地名はすべて訓令式ですので,世界中の船乗りが見ている地図にはTo^kyo^とかTibaと書いてあるわけです。
(ただし,一般の地図に使われている表記は圧倒的にヘボン式が多いのもまた事実です)
また,国際規格ISO 3602として定められている「日本語のローマ字表記法」も訓令式です。
訓令式は決して死んでいません。
(といいつつ,自分が英語で文章を書くとき,人名や地名をどう書くかといわれると,ヘボン式なのですが,これは単なる個人的な好みの問題です)

というわけで,第3の方式として「入力用ローマ字」というものが登場し,これは従来の「最終的にその綴り字で書き表す」というためのローマ字とは別物だということは知っておいていいと思います。
というか,小学校でローマ字を教えるのであれば,教師はそのへんをきちんと意識して教えないと,子どもが混乱しやすいよ,ということです。親子げんかのタネになったりするかもしれませんし。(^^;)
「英語など外国語の文章を書いていて,その中で日本語の言葉や人名・地名を書くときとか,外国人向けに看板を書いたりするときは,ヘボン式や訓令式(教科書の表に載っているような書き方)を使って書こうね。パソコンで日本語を打つときは,大体それと一緒だけど,ちょっと違うところもあるから気をつけてね」って教えてもらえれば,だいぶ助かるのではないでしょうか。

個人的には,きちんと英語の学習を開始して,アルファベットを習ってからやればいいと思うのですが,小学校でもコンピュータを使うようになっているので,難しいところですね。
(だから小学校でも英語を教えようとしてるんだったりして。)

おまけですが,選挙民とか主権者云々の議論が出ていますので一言。
かつてローマ字の表記法を争点とした選挙があったでしょうか。
確かに,決められたルールだから守る,というのは大事ですが,一方で,おかしいものはおかしいとハッキリ主張することも主権者として大事なことだと思います。
まして,ローマ字表記法は法律で定められたものではありません。したがって,選挙で選んだ人々(国会議員)が決めたルールだから云々という議論はいささか筋違いに思われます。
昭和29年の訓令でも「各官庁において、ローマ字で国語を書き表わす場合には、このつづり方による……ように努めることを希望する。」とあるだけで,官庁以外での使用についてはなにも言っていませんし,官庁においても,たとえば道路標識など,ヘボン式を使っているところはいくらでもあります(まあ第2表に従ったと考えれば,これも内閣の規定にのっとって書いているといえるでしょうが)
この議論だと,学校教育におけるローマ字の教え方一つ変えるのにも総選挙しなくてはいけませんね。
公共機関の行なっていることに対して何か議論が起きるたびに選挙をしていては,一年間に何千回,何万回選挙をやっても追いつかないでしょう。

(すみません,長くなってしまいました。)

参考URL:http://www.halcat.com/roomazi/

あの,質問文を読んでも,要するに何をお聞きになりたいのか今一つはっきりしないのですが…。
とりあえず,ローマ字表記法に関する説明を書くことにします。

いろいろ出ていますが,まず各種のローマ字表記法の違いや歴史については,「猫にもわかるローマ字」(参考URL)にたいへん詳しく書かれています。
その記述の適確なこと,内容の詳しいこと,資料の豊富なこと,かならず出典にあたっていること,情報源を明記していることなど,たいへん素晴らしいサイトで,ローマ字のことならまずここといっても良...続きを読む


人気Q&Aランキング