一度アロママッサージを受けて、とても気持ちがよかったです。興味があるので効能について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アロマテラピーの効果ですが、天然オイルを香りとして呼吸器から体内に取り入れたり、直接身体へ塗ることによって、心身のバランスを整え、深いリラックスや美容、健康の維持、増進などの効果があります。



参考URL:http://www.aroma-therapist.com/archives/000049.php
    • good
    • 0

下記URLはいかがでしょうか。



参考URL:http://www.nishiyama.org/aroma/index_s2.html
    • good
    • 0

アロマテラピーは香りで脳に直接刺激を与えます。

その反対にアロマコロジーと言うのがあってそれは香水などで鼻に香りを感じます。脳にハーブの香りを感じリラックスが出来、さらにマッサージの効果でリラックスできます。マッサージにはいろいろありますが、特にハンドマッサージならタッチセラピーという言葉もあるように、、、、(例えばお腹が痛いときに人に少しお腹に触れてもらうだけで痛みがらくになったり・・・)
アロマにもいろいろあり、疲れを取るものや不眠を解消するものがあります。
    • good
    • 0

アロマ;芳香、テラピー;治療


ということで、香りによる治療のことです。
鼻粘膜に達した香りは脳にたいして、非常にすばやく作用します。粘膜からの吸収と神経への刺激の2方法で与えられる刺激は、注射と同等のスピードであると考えられています。また、パターン化された効能効果とは別に、自分の好きな香りを嗅ぐことにより、リラックスしますよね。そうすると攻撃的なテストステロンの分泌が減り、体の抵抗力が増えます。
これが基本的なことですが、oakerさんの場合はアロママッサージですね。
この場合はマッサージを施す人の技術にも大きく左右されるのですが、低濃度のアロマオイルを含むマッサージオイル(ホホバ油など)を塗りこむことにより、経皮吸収が起こります。それによって、穏やかな効果が現れます。

さて、日本ではアロマテラピーは民間の無資格(業界団体などの民間資格はありますが、公的な資格は一切ありません)者による行為ですが、アロマ先進国の多いヨーロッパでは医療行為として認められており、アロマテラピストというのは正規のドクターがさらにアロマについて専門教育を受けて認定される称号です。日本のアロマテラピストとは全く異なるものですので、混同しないようにしてください。
これは、別に日本の現状がおかしいという意味ではなく、アロマテラピーがヨーロッパで専門医が行う医療行為であるならば、きちんと理解した上で実施しないと、何らかの危険があると考えるべきではないかという問題提起です。もちろん、欧米でも各自が趣味としてアロマを楽しむのは一般的なことですが。
    • good
    • 0

アロマテラピーについて、説明をしているサイトが、「日本アロマテラピー協会」を含め幾つか有るので記載しておきます。


私の説明よりも、理解し易いと思います。けして手抜きでは有りません。
ペーストして貼り付けてお使い下さい。
http://aromatherapy.gr.jp/aboutaroma.htm
http://www.ctk.ne.jp/~pure/aroma_top.html
http://www.dolphin.co.jp/hpr/artpia/AOS/WORKS/TA …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【高卒後アロマテラピーを学びたい】

【高卒後アロマテラピーを学びたい】


現在高2の女子ですが、進路を大学か、アロマテラピースクールか迷います。

進路希望調査では文系大学で提出しました。心理学を学びたかったので。
しかし、将来アロマテラピーに関する職に就きたいので、アロマテラピーが学べる専門学校に行きたいとも思っていました。
こちらは、現在調べてもアロマテラピースクールはあるものの専門学校は見つからないため無理だとわかりました。

アロマテラピースクールは、3ヶ月とか短期間で資格取得するためのものばかりみたいです。主に働きながら資格取得する人のためのものかなという印象です。
わたしのような高卒後に何年かきちんとアロマテラピーを学べる場所というのは現在無いのが現状なのでしょうか。

高卒後にそういったアロマテラピースクールで資格別の講座を二年くらい受けてみようかとも思いますが…。そこで勉強してアロマアドバイザー、インストラクター、テラピストまで取得したのち就活するのでは、やはり職に就けるか怖いなと思う気持ちもあります。。

おとなしく大学に進学してから考えたほうがいいのでしょうか。。

【高卒後アロマテラピーを学びたい】


現在高2の女子ですが、進路を大学か、アロマテラピースクールか迷います。

進路希望調査では文系大学で提出しました。心理学を学びたかったので。
しかし、将来アロマテラピーに関する職に就きたいので、アロマテラピーが学べる専門学校に行きたいとも思っていました。
こちらは、現在調べてもアロマテラピースクールはあるものの専門学校は見つからないため無理だとわかりました。

アロマテラピースクールは、3ヶ月とか短期間で資格取得するためのものばかりみ...続きを読む

Aベストアンサー

国内某団体のアドバイザーとインストラクター、さらに別の某団体のアドバイザーの資格を持っています。
(資格って言っても、民間資格だから、それが無いと仕事ができないってわけじゃないけどね)

アロマテラピー(および、その関連の諸領域)だけを、2年かけて学ぶことを掲げた「文部科学省認可の専門学校」というのは、おそらく無いのではないかと思います。
また、質問者さんも想像しているとおり、もし専門学校があったとしても、職に就けるのか?という疑問は、私にもあります。

というのは、アロマテラピー「だけ」を職業にするのであれば、トリートメントサロンにアロマセラピストとして就職・アロマテラピースクールにインストラクターとして就職・アロマテラピーとその関連グッズを販売するショップに店員として就職……くらいかなあ、と思うのです。
経験を積んで独立する人が、辞めてアキが出来たから……という感じで不定期に募集がかかるので、4月の新卒採用を定期的にするのは難しいんですよね。
民間資格なので、興味があって独学で知識がある人だけでも、ショップの店員はできますしね。

じゃあ、アロマテラピーのスクールに通って、資格試験も受けたけど、サロンでもスクールでもショップでも仕事してない人は、どうしてるのか? 何もアロマ関係の仕事はしてないのか? となると、そうでもないのです。
確かに、個人の趣味レベルではあるけれどアロマテラピーを詳しく勉強してみたい、という人もいて、家庭でアロマテラピーをフル活用するので満足してる人も、いるでしょう。
でも、他に仕事をしていて、その一部にアロマテラピーを活用する人も、たくさんいます。
アロマテラピーの効果を、医学的に、治療の補助手段として活用している、医師・看護師・薬剤師などもいらっしゃいます。(医療従事者のみが入会できるアロマテラピー学会、というのが存在するくらいです)
エアロビやヨガなどで、リラックスタイムにアロマテラピーを利用する(ことをウリにしている)インストラクターがいる、という話を聞いたことがあります。

私は、大学で卒業した学科の専門と、自分が大人になってからの経験をもとに、ある立場の人に対して「アロマテラピーでリラックスする」ことを教えてあげたいと思っています。そのために、あの資格もあった方がいい、この勉強もしといた方がよさそう……と、構想を練っています。
大学で勉強した分野があったから、アロマテラピーの中でも「この事をやってみよう」と思えたんだと、感じています。

心理学、学びたいと思っていて、親御さんも「大学の心理学科に進学していい」と言ってくださっているのでしたら、それを実行してみましょうよ。
アロマテラピーで仕事をするにしても、心理学の知識って、不要ではないですよ。(某団体の、アロマセラピストの試験では、試験範囲の中に、心理学に関することがあるくらいです)
また、心理関係の仕事をするにしても、アロマテラピーでリラックスさせてあげるなど、何か役に立つことはあります。

大学に進学してから……ではなく、大学に進学と同時にアロマテラピーの勉強をしても構わないと思いますよ。
がんばってくださいね。

国内某団体のアドバイザーとインストラクター、さらに別の某団体のアドバイザーの資格を持っています。
(資格って言っても、民間資格だから、それが無いと仕事ができないってわけじゃないけどね)

アロマテラピー(および、その関連の諸領域)だけを、2年かけて学ぶことを掲げた「文部科学省認可の専門学校」というのは、おそらく無いのではないかと思います。
また、質問者さんも想像しているとおり、もし専門学校があったとしても、職に就けるのか?という疑問は、私にもあります。

というのは、アロマテラ...続きを読む

Q仕事で体がとてもキツイのでクエン酸を飲もうと思いますが…

仕事で体がとてもきつくてたまりません。
食事はちゃんととっていますし、ビタミン類をとったり栄養ドリンクをとったり...だけど、とても解消しません。
粉末のクエン酸を入手しました。これで疲れがとれるという話しですが、クエン酸を常用して、体の疲れなどは解消されるものなのでしょうか? また、効果があるとするなら1日にどのくらいの量をとればよいのか教えていただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お米を食べても ウドンを食べても・・アセチルCoA(クエン酸の前躯体のようなもの)が出来て、イソクエン酸→α-ケトグルタル酸→スクシヌルCoA→コハク酸→フマル酸→リンゴ酸→オキザロ酢酸→クエン酸・・・と代謝を繰り返してエネルギーを生み出します。
しかし、その過程でビタミンB1・B2・B6・ビタミンCなどが不足すると、エネルギー産生が低下します。

また、甘いものを沢山食べるとそうしたエネルギー産生の前にピルビン酸から、・アセチルCoA(クエン酸の前躯体のようなもの)を作る時に不可欠なビタミンB1を不足させてしまい、乳酸と云う疲労物質を作り出してしまいます。(乳酸アシドーシスという酸性血液を作ります)
つまり、甘い物を食べ過ぎるとビタミンB1欠乏を招き、エネルギーを作れずに疲労物質を作ってしまう・・・と云うことも記憶しておいて下さい。

食事は、肉も魚も卵も・・勿論野菜も豆も乳製品も 全てバランスよく食べないと健康を損ないます。
・・・と云う結果を、国立栄養研究所の疫学部長 故平山雄先生が、20数万人を17年間追い続けて『最も健康でいられる食事』として、纏め上げています。

クエン酸が疲労を回復させる と云う単純なものではない事を付け加えておきます。

お米を食べても ウドンを食べても・・アセチルCoA(クエン酸の前躯体のようなもの)が出来て、イソクエン酸→α-ケトグルタル酸→スクシヌルCoA→コハク酸→フマル酸→リンゴ酸→オキザロ酢酸→クエン酸・・・と代謝を繰り返してエネルギーを生み出します。
しかし、その過程でビタミンB1・B2・B6・ビタミンCなどが不足すると、エネルギー産生が低下します。

また、甘いものを沢山食べるとそうしたエネルギー産生の前にピルビン酸から、・アセチルCoA(クエン酸の前躯体のようなもの)を作る時に不可欠なビタミンB1を不足...続きを読む

Qアロマテラピー検定(協会)について

アロマテラピーの勉強をはじめようと思っています。
まったくの初心者で、アロマに関してもアロマキャンドルなどしか
馴染みがなかったのですが、とても興味を持ち勉強したくなりました。
インターネット等で検定について調べていたのですが、
日本アロマテラピー協会や、日本アロマ環境協会など、
いくつかの協会があって、どの協会がよいのかがわかりません。
協会によって何か違いはあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

社団法人日本アロマ環境協会http://www.aromakankyo.or.jp/index.php

日本アロマセラピー協会http://homepage3.nifty.com/aroma-gakkai/

日本アロマセラピー協会は臨床医を中心に組織された医療従事者の研究団体とありますので、社団法人日本アロマ環境協会がよいと思います。

社団法人日本アロマ環境協会は96年から日本アロマテラピー協会として活動していたものが2005年に法人許可を受けて社団法人日本アロマ環境協会になったものです。

元の名前だと二つとも同じ団体のように思われますが、"セ"と”テ”が違うのです。

この辺のサイトご参考になると思います
http://www.ctk.ne.jp/~pure/aroma_top.html(こちらのサイトは情報量が多いので役立ちますが、情報が古いのでお気をつけ下さい。資格のページでアロマテラピー協会と載っているのは現社団法人日本アロマ環境協会のことです。)

http://www.natural-life.net/aroma/lesson/qualification.htm

http://www.nealsyard.co.jp/school/
↑ほかにもここのスクールでは英国の資格も取れます。

社団法人日本アロマ環境協会http://www.aromakankyo.or.jp/index.php

日本アロマセラピー協会http://homepage3.nifty.com/aroma-gakkai/

日本アロマセラピー協会は臨床医を中心に組織された医療従事者の研究団体とありますので、社団法人日本アロマ環境協会がよいと思います。

社団法人日本アロマ環境協会は96年から日本アロマテラピー協会として活動していたものが2005年に法人許可を受けて社団法人日本アロマ環境協会になったものです。

元の名前だと二つとも同じ団体のように思われますが、"セ"と”...続きを読む

Qはちみつの効能

健康のために「はちみつ」を摂取すると良いと聞きますが、実際にはどう良いのでしょうか?
参考URLなど教えていただけると助かります。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

はちみつは冷え性にも効くとコノ前中医科整体の先生にいわれました**

参考URL:http://ku3.net/kenkouhou/hatimitu.htm

Qアロマテラピー検定の使い道

アロマテラピー検定を取ろうかと思っているのですが
勉強(精油を購入したり)にいくらぐらいかかるのでしょうか。
また、その資格を持っているとアロマテラピーのお店でアルバイトしたりできるのでしょうか。
何かご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
勉強にかかる費用ですが、テキストと精油代は必要ですね。

下のリンクにもありますが検定用オイルセットもありますので
それで勉強するのもいいと思います。
(多分テキストも載っています。金額等詳しく書いてあると思います。)
勉強をしていく上で買い足したくなったら
個々にオイルを買えばいいのではないでしょうか。

その他検定用の講習会や授業があるところもありますが、
アロマ検定だけをお考えでしたら独学で合格することが可能です。

アロマ検定一級をとったあとに、講習会を受ければ
「アロマテラピーアドバイザー」という資格がとれます。
(提携校に通っている人は免除の場合もあります。)
絶対ないと駄目ではありませんが、アロマのお店でバイトをするには
アドバイザー資格があったほうが安心かもしれません。

もちろん資格がなくても働けるところもありますが
専門的な販売店は有資格者を優遇します。

私のよく行くショップは、店員さんの名札に資格名が一緒に書いてあります。
「アロマ1級」とかいう表示はみたことがないので
やはりみなさんアドバイザーやアロマセラピストなどの資格をおとりになっているようです。

また、検定勉強の話に戻りますが、
独学で勉強されるなら「問題集」も一緒に購入されることをお勧めします。

勉強するのにとても役に立った一冊です。
アロマ専門店等で検定の本などと一緒に置いていると思います。

頑張ってくださいね!

参考URL:http://www.aromashop.jp/shop/ProductSearch.do?action=simplelist&search=2&grand_genre_id=106&genre_group_id=1&sub_genre_i

こんにちは。
勉強にかかる費用ですが、テキストと精油代は必要ですね。

下のリンクにもありますが検定用オイルセットもありますので
それで勉強するのもいいと思います。
(多分テキストも載っています。金額等詳しく書いてあると思います。)
勉強をしていく上で買い足したくなったら
個々にオイルを買えばいいのではないでしょうか。

その他検定用の講習会や授業があるところもありますが、
アロマ検定だけをお考えでしたら独学で合格することが可能です。

アロマ検定一級をとったあとに、講習会...続きを読む

Q効能を教えて

沖縄の読谷でとれるべに芋の効能を知っている方は教えてください。またその詳細があるサイトも教えてほしい。

Aベストアンサー

紅芋の栄養について解説しているURLがありますので載せますね
http://www.beniimo-kashi.co.jp/beni.htm
http://server.yanbaru.ne.jp/~nakijin/kenko/ikiiki/ikiiki00_12/ikiiki00-12-04.html

食物繊維とポリフェノールに恵まれた健康食品との事です。

Qアロマテラピーインストラクターのお仕事

アロマテラピーの魅力にはまり、将来、インストラクターとして誰かにアロマテラピーの良さをを教えていきたいと思うようになりました。
現在ではアロマテラピー1級しか取得していませんが、これからアドバイザーの講習会へ参加し、来年にはスクールへ通い、インストラクターの資格を得たいと思っております。

そこで、アロマテラピーインストラクターとしての仕事の需要はあるのでしょうか?スクールで講師として働き、収入を得ることができる仕事なのでしょうか?
できれば、実際インストラクターとしてお勤めの方や、ご関係の方の近くにおられる方にお話が伺えればと思っております。

勉強不足ですが、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

アロマの講師をしています。自宅である協会の認定校をしていますが、収入の面からいうと到底お勧めできるものではありません。私は主婦ですので、極端な話、収入がゼロでもやっていけますが、生活がかかるとたいへんだと思います。アロマを教えながらそろそろパートも探そうと思っています。あっでも生徒さん誰も来ない…という事はないです、ありがたい事に口コミ、ホームページでなんとかです。
カルチャースクールも何件もあたりましたが、あまり生徒さんが集まらないですし、集まるところはもともとアロマの講師がいたりして歓迎されません。もう何件もクビになりました。認定校主宰でもこんな感じです。
求人も殆どないと思ってください。何十万円もスクールにお金を出して頑張って資格をとっても、やめていく人が殆どです。反対に成功している人をあまり見ません。成功しているのは首都圏などに分校を何校も抱えている大きな会社の社長くらいですね。
今や認定校も一年に何十件も出来ています。かなりの飽和状態です。
でもアロマは大好きです。細々でもこれはライフワークにしていこうと思っています。趣味の範囲ならば本当に楽しいですよね。

アロマの講師をしています。自宅である協会の認定校をしていますが、収入の面からいうと到底お勧めできるものではありません。私は主婦ですので、極端な話、収入がゼロでもやっていけますが、生活がかかるとたいへんだと思います。アロマを教えながらそろそろパートも探そうと思っています。あっでも生徒さん誰も来ない…という事はないです、ありがたい事に口コミ、ホームページでなんとかです。
カルチャースクールも何件もあたりましたが、あまり生徒さんが集まらないですし、集まるところはもともとアロマの講...続きを読む

Qキュウリの効能

昭和8年生まれ(認知なし)の母がずっとしてきた(つっか信じて来た)話があります。40年ほど昔富士山に初登山した。5合目くらいで高山病で気分が悪くなった。そこで持参していたキュウリ一本食べたところ疲労回復して 高山病も薄らいで無事帰ってこれた キュウリには高山病を予防する成分があるのだ、という話です。利尿作用ぐらいしか聴いた事がないんですが実際のところどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

理に適った話だと思います。キュウリはほとんどが水分で、汗で失われるカリウムを含んでいますから、持ち運べる食べるスポーツドリンクみたいなものです。水分補給とカリウム補給で元気を取り戻したのではないでしょうか。40年前では、まだスポーツドリンクは市場に存在しなかった気がします。高山病を予防する成分というのはちょっとどうかと思いますが、結果的に臨機応変の対応としてはナイスな知恵だったといえそうには思えます。

Qアロマテラピー

目の疲れと鼻のかゆみによりアロマテラピーを使用しようかと思います
今はアレルギーせいひふえんもあり、マジョラムとティーツリーの組み合わせで使いたいのですが一緒には組み合わせできないアロマテラピーでしょうか?詳しい方が至ら教えてください。

Aベストアンサー

私もアロマやお香をためしたのですが、なにせ鼻炎でアレルギーですから、もっとくしゃみがでました。
辛いです

Qスッポンの効能について

昔からスッポン料理は滋養強壮に良いと言われていますが
必須アミノ酸、コラーゲンなどが含まれているとのこと
そこで教えてください。
高校一年になる息子がアトピーで悩んでいます。もう4年位一進一退しています。もちろん皮膚科にも通っていますが・・
スッポンの栄養素から言えばアトピーにも効きそうですがスッポン料理や通販などのホームページを見てもアトピーには触れていません。やはり効かないんでしょうか?

Aベストアンサー

すっぽんに関してだけです。

医大入学前と在学中に(年齢が高かったので)色々と一年程度継続使用(生血とか冷凍すっぽんとかエキスなど)しましたが、人によるのかも知れませんが効果は感じられませんでした。

皮膚科は専門ではありませんが、皮膚は独立して存在しているのではないので、全身を考えてみると、現在の先進国の食材は微量栄養素が激減していますので、体内の代謝などがウマく行っていないで、弱い部位にそれが出ている可能性が高いと考えています。

で、基礎としてビタミン各種・ミネラル、そのほかのサプリなどを採って貰った処、効果がアルト言う意見も有りましたので、一度お試しくださってもよいかと思います。

ただ、此れは時間は掛かりますので、半年・一年単位で使い続ける必要があります。

アミノ酸を考えているなら、サプリでプロティン末で充分ですよ。ワザワザピーキーなアミノ酸を使う必要はありません。 蛋白しは必須アミノ酸は入っていて当たり前で、動物学も専門外ですがアミノ酸が独立してすっぽんに存在しているとも思えません。

食事が大丈夫なら、納豆とか豆腐とか卵とかの蛋白の方がよいでしょう。

ご参考までに。お大事に。

すっぽんに関してだけです。

医大入学前と在学中に(年齢が高かったので)色々と一年程度継続使用(生血とか冷凍すっぽんとかエキスなど)しましたが、人によるのかも知れませんが効果は感じられませんでした。

皮膚科は専門ではありませんが、皮膚は独立して存在しているのではないので、全身を考えてみると、現在の先進国の食材は微量栄養素が激減していますので、体内の代謝などがウマく行っていないで、弱い部位にそれが出ている可能性が高いと考えています。

で、基礎としてビタミン各種・ミネラル...続きを読む


人気Q&Aランキング