中世ヨーロッパで猛威を振るい人口を1/3にまで減少させたペストなんですが
一度流行すると町全体・国全体の人間を死滅させるイメージがあります。
でも国中の人間が滅んで、100年後に別人種が移り住んだなんて話聞きませんよね。

生き残った人がかなり多いのは何故ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ペストに強い、死に至らない人もいた。


ということになります。
http://www.otaku-gankaikai.gr.jp/nojs/ndensen1.htm
50%くらいのようです致死率は。

なぜ生き残るかというと、人間が全員同じ遺伝子を持っているわけではないから。
有名なところでは、鎌形赤血球があります。
ギニア湾沿岸の人には一部赤血球が鎌形になっており、これはマラリアに対して強いそうです。
    • good
    • 0

ペストがいくら危険な伝染病といっても感染率100%&致死率100%にはならないからでしょう。

仮に90%の人が死んでも、生き残った人の中でベビーブームが起きて、200年もしたら人口が回復しているでしょう。
また地域によっても被害の程度に差があって、被害の少ない地域から被害の大きい地域に移り住むこともあったかも知れませんが、誰も病気にかかって死にたくないのが人情ですから、そういうことはあまりなかったと思います。
    • good
    • 0

ペストをかなりの確率でのがれた人たちがいます。

ユダヤ人です。
宗教の戒律で、トイレの前とあと、それと食事前には手を洗う、ことが厳しく義務づけられていたからです。
こんなこと、ですが、当時の衛生概念は恐ろしくわるいのでこれでもかなりの予防になったのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空気感染と飛沫感染の違いは微生物の大きさの違い?

空気感染と飛沫感染の違いをおしえていただけないでしょうか?

空気感染は、排出された微生物が小さい飛沫粒子(5μm以下)の中に存在し、麻疹・水痘・結核が空気感染する。
また、飛沫感染は、排出した微生物が大きい飛沫粒子(5μm以上)の中に存在し、インフルエンザ・風疹などが飛沫感染する。
ということですが、小さい飛沫粒子の中に存在するか、大きい飛沫粒子の中に存在するかはウィルスや細菌のもともとの大きさに関係するのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 獣医師です。ウイルスについての専門的知識を持つ者です。

 元々「空気感染」という感染様式の細分類で「飛沫感染」や「飛沫核感染」があり、その飛沫核感染のことを一般に「空気感染」と呼んでいるという、ちょっとややこしい言葉の使い方になっています。

 その区別は、質問にあるとおり飛沫粒子の大きさなのですが、これは別に「そうでなくてはならない」というものではなく、条件によってはどちらでも感染するものが大部分です。結核はあまり聞きませんが、麻疹や水痘は飛沫感染もしますし、インフルエンザや水痘も空気感染はあり得ます。
 普通は経口感染するような病原体でも、極端な話、霧吹きでエアロゾルを作ってやれば飛沫感染や空気感染をするものも多いです。

 なので空気感染が主か飛沫感染が主か、という区別は、自然な状態での「発病→感染」のサイクルで、どの状態が主体か、ということになります。

 とりあえず病原体の大きさとは関係ありません。質問に挙げられた病原体の中では結核だけが細菌病で他はウイルス病なのですが、細菌とウイルスの大きさはケタが違うほどウイルスが小さいです。
 まあ細菌もウイルスもいろいろ大きさがあるのですが、私は人に説明するときは、「飛行機とその乗客」とか「この部屋とそのダンボール箱」みたいな言い方をしています。

 一般的に上部気道(咽喉頭や気管)に感染してそこで増殖する病原体は、粘膜が病変を起こすとその組織片や病原体そのものを吐き出そうとする反応が起きます。その時粘膜は粘液をたくさん分泌します。
 その粘液と一緒に組織片や病原体を体外に吐き出す反応が咳やクシャミなのですが、当然粘液(あるいは浸出液)が主体ですから飛沫の粒子は大きくなる→飛沫感染、というわけです。

 上部気道に病変を起こさない病原体は、呼気によって体外に排出されるときも多量の浸出液を伴いませんから、飛沫粒子は小さい→空気感染、ということになるわけです。
 結核も肺に病変を作りますが、上部気道には特に悪さをするわけではないので、肺から咳によって排出されるときも多量の浸出液は伴いません。

 で、その結果として飛沫感染と空気感染では、「排出された粒子が飛ぶ距離」が違ってきます。当然、粒子が小さい空気感染の方が遠くまで飛ぶわけです。
 そのことと、排出された環境中での病原体の生存性が、「このウイルスは飛沫感染はよく起きるが空気感染は起きにくい」などということになるわけです。
 インフルエンザウイルスなどは環境中では極めて不安定ですから、もし回復期の患者などから「乾いた咳」によって遠くまでウイルスが飛ばされても、元々回復期だからウイルス量も少ないということも関係して「空気感染」は成立しにくい、ということです。成立しないわけではないですが。

 獣医師です。ウイルスについての専門的知識を持つ者です。

 元々「空気感染」という感染様式の細分類で「飛沫感染」や「飛沫核感染」があり、その飛沫核感染のことを一般に「空気感染」と呼んでいるという、ちょっとややこしい言葉の使い方になっています。

 その区別は、質問にあるとおり飛沫粒子の大きさなのですが、これは別に「そうでなくてはならない」というものではなく、条件によってはどちらでも感染するものが大部分です。結核はあまり聞きませんが、麻疹や水痘は飛沫感染もしますし、インフ...続きを読む

Q歴史において、5人組が出来た後、人口が減少したそうですがなぜですか?

歴史において、5人組が出来た後、人口が減少したそうですがなぜですか?

Aベストアンサー

五人組というと江戸時代のそれだと思います。
今 WIKIを見たら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E4%BA%BA%E7%B5%84_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2)

秀吉時代からのようです。
が、江戸初期の人口が1200万人~1500万人と言われ、享保期が3000万人程度ですから、人口は減少してません。

いつの時代の話でしょうか?

Qノロウイルスの飛沫感染について

ノロウイルスには、手や食物に付いたウイルスが口から入る経口感染と空気中に散った飛沫を吸い込むことによる飛沫感染があると聞きました。

経口感染には手洗いで対処できそうですが、飛沫感染にはどのように対処すれば良いでしょうか?

また、路上や駅のホームに吐瀉物がある場合や公衆トイレ等、どのくらい飛沫は飛び散るのでしょうか?
普段外出するときはマスクをしていることが多いのですが、予防効果はあるのでしょうか。

教えてください!

Aベストアンサー

ノロウイルスが飛沫感染するのには条件が有ります
嘔吐物が有るだけでは感染しません
それが乾燥すると、風邪等で舞い上がり、それが体内に入って感染します
つまり嘔吐したてでは、感染しません
問題はその処置を間違えると、後が乾燥して、残っている菌が風などで舞い上がり、感染します
ノロの嘔吐物が乾燥する前に、ティッシュなどをかぶせ、上から次亜塩素酸ナトリウムの溶液をかけてから拭いとり、綺麗にしてから、再度ティッシュをかぶせ、次亜塩素酸ナトリウムの溶液をかけて15分以上置いてから綺麗に拭き取るなど
ノロウイルスを如何に殺してから処置をするかを考えた処置をしないと、飛沫感染してしまいます
嘔吐物に含まれているノロウイルスを含む嘔吐物が飛び散るかというと嘔吐する体制にもよりますが
2,3mの範囲と考えます嘔吐物に次亜塩素酸ナトリウムをかける前に、スプレーなどを使って周りにもかけないと
靴底などについて他の場所に飛散させてしまう事もあり、
処置者の服装や手袋、マスク等嘔吐物の処置は非常に神経を使います
とにかく素人は近づかない事で発見した時には店員などに教える程度にしてください
マスクに関しては、風邪ウイルス対策用のマスクでしたら大丈夫と思いますが
シッカリ囲って菌が入らないようにしないと意味が有りません
とにかく気が付いたら手洗い、うがいをしてください
ノロウイルスはアルコール消毒が効かないのでその分手洗いなどをシッカリしないと、感染してしまう事が有るので注意してください
他の菌でしたら、アルコール消毒も有効ですので手洗いとアルコール消毒はして居てください

ノロウイルスが飛沫感染するのには条件が有ります
嘔吐物が有るだけでは感染しません
それが乾燥すると、風邪等で舞い上がり、それが体内に入って感染します
つまり嘔吐したてでは、感染しません
問題はその処置を間違えると、後が乾燥して、残っている菌が風などで舞い上がり、感染します
ノロの嘔吐物が乾燥する前に、ティッシュなどをかぶせ、上から次亜塩素酸ナトリウムの溶液をかけてから拭いとり、綺麗にしてから、再度ティッシュをかぶせ、次亜塩素酸ナトリウムの溶液をかけて15分以上置いてから綺麗に拭...続きを読む

Q14世紀のヨーロッパとペスト菌

14世紀のヨーロッパにおいてのペスト菌(Bubonic Plague)の社会的影響についていくつか教えてください。

Aベストアンサー

大胆に要約すると、ペストの大流行で人口が激減し、農民の労働力の価値が上がり、中世社会の衰退につながったということらしいですよ。
以下のサイトをご参照ください。
http://www.geocities.jp/timeway/kougi-52.html
http://www.actv.ne.jp/~yappi/tanosii-sekaisi/05_tyusei/05-07_plague.html

Q空気感染と飛沫感染の違い

空気感染と飛沫感染の違いがよくわかりません。

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

空気感染と飛沫感染は、混同して使用されています。飛沫感染を起こす病原体は、水分を含んでいて遠くまで飛びません。1m位の距離までした飛ばないので、感染距離が短いということです。また病原体の大きさも5マイクロメーター以上ということです。

一方、空気感染する病原体は、小さく(5マイクロメーター以下)で水分を含まないので遠くまで飛ぶことができるので感染範囲がひろくなります。

詳細は、参考URLを閲覧してください。

参考URL:http://yutasin.at.infoseek.co.jp/transmission.htm

Q「全体主義」の「全体」とは何を指しますか?

歴史を学びましたがどうしても「全体主義」の「全体」の意味がわかりません。解説をお願いします!

Aベストアンサー

 お礼、有難うございます。

>「全体主義」とはナチスが自ら標榜したのでしょうか?それともナチスの体制を軽蔑して外部がそう呼んだものなのでしょうか?

 ズバリ、そのことが下記サイトに書かれています。以下は同サイトの抜粋です。
「もともとドイツのナチズムやイタリアのファシズムを非難するために用いられはじめた言葉であった」
 kipperscallop様の推測通りです。ナチズム、ファシズムを「非難する言葉」なのです。
 参考になれば幸いです。

参考URL:http://pol.cside4.jp/theory/12.html

Qノロウイルス 飛沫感染

ノロが含まれた嘔吐が乾燥すると、ウイルスが空気中にまって飛沫感染するとききましたが、乾燥していなければ(吐いた直後)なら飛沫感染しないということですよね?
3メートルほど後ろで嘔吐されました・・・トイレで・・・・
すぐにその場を立ち去り、マスクもしていました。ノロにはかかっている可能性はたかいですか?

Aベストアンサー

こんばんは

前回回答させていただいた者です。
締め切られていたので・・・。

いますよ18時でも。工場や倉庫など不規則な仕事をしている人は
終業が早い場合もありますし、出先からそのまま直帰するサラリーマンもいますし・・・。

今回、駅のトイレということで、リスクが大変高いところですが、
マスクもしていて、現在24時間大丈夫ということでしたら
感染の確率は低いと思います。

ただし、24~48時間が発症と言ってますので、安心しすぎないようにしてくださいね。
駅のトイレはよほどのことでない限り、利用は避けた方がいいと思います。

マスクは家に入る前に捨ててますよね?

因みに、ウイルス性の腸炎に私がなったとき、家族は誰もうつりませんでした。

Q滅んだらどうなるの?

歴史は一応学びましたが、なんか、暗記の連続で中身を学んでないような気がします。
国が滅ぶとは、被支配者は奴隷になることだと思うんですが、
もっと詳しく言うと滅びるとその国はどうなるのですかね?
伝統が破壊される?母国語の使用が禁止される?そのほかには?
滅んだどの国がどうなったか、
教えてください。

Aベストアンサー

>>もっと詳しく言うと滅びるとその国はどうなるのですかね?

その国は、新しく作られる地図から消えてしまいます。
負けた国の人々は、奴隷にされることもありますけど、中国人やその属国であった朝鮮の人々が好んだ「皆殺し」「殺して食べる」「体を6つに裂いてさらしもの」ってのもあるかもしれません。
中国での過去の戦いの理由として「敵を殺して食料にするため」というのがあるくらいですからね。

彼らは、女性に対しては、学校で教えることができなような性的な拷問で殺すことも好きみたいです。(まあ、これって、中国人・朝鮮人に限ったことではないけど・・・)

中国から日本に留学生としてやってきて働いていた中国人学生が、バイト先での待遇が悪いということで勤務先の日本人を殺したという事件が以前ありました。その殺し方は、TVなどのニュースでは流せない残忍なものでした。でも、そういう殺し方は、中国では一般的なものだそうです。

南京大虐殺とか、慰安婦が性奴隷にされたってのは、彼らが、皆殺しや性奴隷を長年やってきているので、「日本人もやっただろう」と推測して、そんなデマ、でっちあげを作ったわけですね。日本人は、そういうことを好まないのにね。

なお、当然ながらその国が滅ぶと、その国のご先祖様が暮らしている「霊界」も滅びます。その国の人々が祭っていた神様たちもバラバラになって、どこか別の国の霊界におじゃますることになります。

また、ローマに滅ぼされたカルタゴって国がありました。その国の人々は経済優先で軍事を疎かにした結果、そうなったのですけど、現代の日本みたいですね。この国の人々は奴隷にされて売られ、建物は徹底的に破壊されて、作物が育たないように地面に塩を撒かれたといいます。
また、釈迦が誕生した国も、仏教の教えである「殺生禁止」という戒律をバカ正直に守って、敵軍にたいする防衛戦をしなかったので、ほぼ皆殺しになりました。(戒律を破って、微妙な嘘で、「自分は仏教徒ではない」と思わせた人は生き延びた)

ちなみに、中国や韓国が日本に対して「歴史認識を改めよ!」とちかごろよく言います。私は日本人であるけど、その主張には賛成なんです。中国や韓国は自国の歴史を意図的に隠蔽していますし、下手に過去の事実を伝えると(天安門事件のニュース等)痛い目をみるわけです。
日本人も同様に学校で幕末以降の歴史をきちんと学んでいません。日本の幕末から日清・日露戦争を経て大東亜戦争に至るまでの歴史をみると、日本が韓国併合をしたのも、中国に満州国を作ったのも資源を求めて南進したのも、当時としては、きわめて当たり前で、逆に世界に対して誇るべき点も多い歴史であると思えてきます。
学校での歴史教育は、明治維新あたりで終わることが多いようですが、私たちは、明治以降の日本の歴史をしっかりと学ぶべきだと思うこのごろです。

>>もっと詳しく言うと滅びるとその国はどうなるのですかね?

その国は、新しく作られる地図から消えてしまいます。
負けた国の人々は、奴隷にされることもありますけど、中国人やその属国であった朝鮮の人々が好んだ「皆殺し」「殺して食べる」「体を6つに裂いてさらしもの」ってのもあるかもしれません。
中国での過去の戦いの理由として「敵を殺して食料にするため」というのがあるくらいですからね。

彼らは、女性に対しては、学校で教えることができなような性的な拷問で殺すことも好きみたいです。(まあ...続きを読む

Q飛沫感染とプール遊び

息子の通う幼稚園で、「溶連菌感染症」と「ヘルパンギーナ」が流行っているので、子供たちがお楽しみのプール遊びが全て取り止めになってしまいました。
プールでうつる物としては、「アデノウィルス」や「プール目」などが有名ですが、「溶連菌感染症」や「ヘルパンギーナ」でも、同じように感染するものなのでしょうか?
確かに、症状は似ていますがウィルスの種類が違うと思うのですが。

Aベストアンサー

この2つの病気は、プールが主な感染源ではない病気ですから、プールは実施できると思います。
私の経験からの予想ですが、プールは体力を消耗させる遊びです。具合の悪い時にひどく疲れれば、よけいに具合が悪くなりますよね。
ヘルパンギーナも溶蓮菌感染症も素人が判断できる病気ではないです。ですから、園の方でも、用心しているのだと思います。溶蓮菌に関しては、先生や保護者にもうつります。大人が移れば、もっとひどいです。また、この二つの病気はどちらも喉がやられる病気です。両方を併発し、入院した担任園児がいます。
子どもが可愛そうなのも分りますが、園には、園全体の安全を確保という義務がありますよね。
また、流行っているというのは、それだけプールに入れないお子さんが多いということです。
我慢しているお子さんを誉めてあげたらどうでしょう。
「優しいね」って。

Qベネチアでは歴史上コレラやペストが大流行したことはなかったのでしょうか

水の都でも飲料水の確保には苦労したのではないかと思うのですが、これに関連してコレラが流行したことはなかったのでしょうか。反面ペストは人の交通が特殊だったためにあまり大流行に見舞われなかったというようなことはなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

ヴェネチアのペストによる死亡者は推定10万人とされています。
ひとつの都市としては、ロンドンとならんで最大規模です。
人口密集都市として大量の感染者がでたらしいです。
また海港には感染源のネズミも大量にいました。
疫学的観点からいって、人の流れが多く、密集し、接点が多ければ
感染も爆発的に膨らむのは当然です。
ヴェネチアには軽減されるような要素はまったくありません。
またコレラやチフスなども、ヴェネチアだけでなく、
主要なイタリアの港湾都市では頻繁に起こっていました。
感染源が主に南から輸入された食品と、それを食べて感染した人の糞尿です。
またポー川流域は、古代からのマラリア地帯です。
蚊が媒介するこの病気は恒常的にこの地域に存在しました。

ヴェネチアの給水設備は、コンスタンチノープルのように雨水を地下タンクに貯める方式でした。
渇水の場合はブレンダ川に採水船を出して、川の水を注いでいたようです。これらは衛生的にはあまりよくありません。
しかし水に困ることはなかったようです。


人気Q&Aランキング