分子の図を見ると分子間には結構空間があるようですが
その空間は何があるのでしょうか?

A 回答 (4件)

>これは分子の1粒の大きさはそのままでも運動量が激しいので、その 気体全体としては体積が増えるということでしょうか?



例えば、袋の中に一定量の分子がはいっているとする。0℃では体積は100としますと、それはその温度での分子の運動が、体積100の空間に収まるということです。100℃になると分子の運動は激しくなります。すると、0℃の状態の空間には収まりきらなくなります。それが即ち、体積が増えるということです。
    • good
    • 0

気体の状態のことですね。

空間には何もありません。
熱エネルギーにより、分子が運動しているためです。その運動が激しいときが気体で、分子同士は引っ付きあうことなく運動します。温度が高くなれば、運動も激しくなるため、体積が大きくなります。温度が低くなれば、まず分子同士がくっついて液体、固定しあって固体と。運動が沈静化していくわけです。

この回答への補足

>温度が高くなれば、運動も激しくなるため、体積が大きくなります。

これは分子の1粒の大きさはそのままでも運動量が激しいので、その気体全体としては体積が増えるということでしょうか?

補足日時:2009/05/15 23:16
    • good
    • 0

分子レベルの話では、何もありません。



もっと小さいレベルの話だと、
電磁力、重力、分子間力 などを働かせる粒子が忙しく移動をして場を作っています。

この隙間にぴったりとハマル分子があると、取り込んだりもできますよ。
クラウンエーテル というのがあります。
http://www.org-chem.org/yuuki/crown/crown.html

具体的な化学結合がないのに、ナトリウムとか金とか、好みの大きさの原子を取り込ませることができます。

高校レベルの実験でも作れる、面白い性質の分子です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分子レベルで知りたかったので、ありがとうございます。
しかしもっと小さいレベルだと、まだ有るんですね!

お礼日時:2009/05/15 23:10

>その空間は何があるのでしょうか?


気体の場合「真空」です。ですから気体は容易に圧縮されます。

この回答への補足

真空ということは何も無いということですね?
液体や固体ではどうなんでしょう?

補足日時:2009/05/15 23:06
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分子径について

溶剤の分子の大きさの一覧が知りたいです。
ご存知の方、教えてください。
トルエンとかキシレンとか、いわゆる揮発性有機溶剤についてです。

Aベストアンサー

どの程度の正確さを求めてられるかにもよりますが、一般的な結合長、結合角から計算してはどうですか?目安くらいにはなるかもしれません。

C-C結合、C=C結合、N-C結合、C-H結合など、有機物の一般的な結合長は有機化学や無機化学の教科書に載っています。また、結合角も載っています。

ただ、気体状態の場合、熱振動が大きいので、実際は分子の大きさ、形は常に変わっている、と言えます。(←これが真実ではないでしょうか)

Q【分子】「大きい分子は目でも見れる」 肉眼で見れる「大きい分子」って何があるか教えてください。

【分子】「大きい分子は目でも見れる」


肉眼で見れる「大きい分子」って何があるか教えてください。

Aベストアンサー

検索してみたら「巨大分子」っていうのがあるようです。
https://kotobank.jp/word/%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%88%86%E5%AD%90-53418
びっくりですね!

Q【高分子と低分子の関係】

以前、同タイトルで質問しましたが、せっかくのお詳しいご回答の数々に私の理解力が追いつきませんでしたので、新たに質問し直させて頂きました。
私は義務教育は終えていますが、おそろしいことに化学の知識はゼロ以下です。
小学生にも分かるご回答が出来る方がいらっしゃいましたら、お願い致します。


最近、高分子化学の本を読みました。
上で述べました通り、私の化学の知識はとても浅いので、内容のほとんどを理解していないのですが、その本の一文に『原子間の握手でできた低分子が、分子間で握手してつながると高分子になる』とありましたので、『原子と原子で出来た分子=低分子』『分子と分子で出来た分子=高分子』なのかな?と思いました。
しかし、同書の別ページで『多くの分子は、分子量が100か200程度の低分子か、分子量1万以上の高分子かのどちらかである』と記載されていました。
これは、例え分子と分子で出来た分子であっても、100か200程度しか分子量が無ければ『低分子』になるということなのでしょうか?
それともそもそも『原子と原子で出来た分子=低分子』『分子と分子で出来た分子=高分子』という理解の仕方が間違っているのでしょうか?
無い知恵を絞り考えてみましたが、どうにも分かりません。
小学生にも分かるご回答が出来る方がいらっしゃいましたら、ごくごく簡単にご説明お願い致します。

以前、同タイトルで質問しましたが、せっかくのお詳しいご回答の数々に私の理解力が追いつきませんでしたので、新たに質問し直させて頂きました。
私は義務教育は終えていますが、おそろしいことに化学の知識はゼロ以下です。
小学生にも分かるご回答が出来る方がいらっしゃいましたら、お願い致します。


最近、高分子化学の本を読みました。
上で述べました通り、私の化学の知識はとても浅いので、内容のほとんどを理解していないのですが、その本の一文に『原子間の握手でできた低分子が、分子間で握手...続きを読む

Aベストアンサー

小学生にも判るという説明をしようとすると、比喩にならざるを得ません。
よって、化学的にも、科学的にも厳密性を欠いていますがご容赦下さい。
今、自動車をイメージしてみましょう。
自動車は、タイヤ、ハンドルなどの部品から出来ています。
自動車を構成するこれら部品が原子に当たり、自動車が分子です。
タイヤやハンドルだけでは役立ちません。それと同じで、原子は単独では不安定で、組み合わさって分子になろうとします。
オートバイもタイヤやハンドルなどの部品から出来ていますが、自動車と違ってタイヤは2つしかありません。
オートバイという形で完成しているので、これも分子に対応しますが、自動車とは別の製品、つまり別の種類の分子です。
自動車のボディーには、4つのタイヤが付いて完成しているように原子が組み合わさるときに丁度良い組み合わせの数字が存在します。
タイヤが3つでは、自動車がうまく走れず、不安定です。
H2Oは、酸素原子1つに水素原子2つが組み合わさって、水の分子を形成していることを化学式で表しています。
水素原子(H)という部品を他の組み合わせにすると他の分子(製品)になります。例えばH2は水素原子2つからなる水素分子で、これが気体の水素を表しています。酸素原子(O)には水素原子(H)が2つ組み合わさることが都合が良い組み合わせの数字となっているのです。
各原子には、車にはタイヤが4つ、ハンドルが1つといったような部品(原子)の種類による数字が決まっていますが、この数字の説明は小学生のレベルを超えてしまいます。
次に、新幹線をイメージしてみましょう。
16両編成で、車よりもず~と長い形をしています。車輪(原子)も沢山付いています。
全体の重量も重く、大きいですよね。
自動車やオートバイが低分子とすると新幹線が高分子です。
(実際には、もっと長い、つまり16両編成ではなく、100両編成とか200両編成の方が高分子のイメージとしては正しいと思います。)
どちらも車輪やボディーといった部品、つまり原子が結合して出来た製品(分子)です。違いはその大きさです。
ですから、『原子と原子で出来た分子=低分子』『分子と分子で出来た分子=高分子』という理解は正しくありません。
ところで、新幹線はどのように作りますか?
一度に全て作るのではなく、1両ごと作って、最後にそれをつなぎ合わせます。
高分子を人間が作る、つまり合成するときにも、原子から直接、高分子を作り出すと言うことは特殊な例を除いて行いません。
まず、1両の大きなに相当する分子を作っておいて、それを化学反応でつなぎ合わせていくのです。
1両ごと作って、最後に16両つなぎ合わせて、新幹線を完成させるのと同じようなことを行うのです。
しかし、完成した新幹線はあくまで、車輪やボディー、窓などの部品からできており、同じように高分子も沢山の原子からできているのです。

小学生にも判るという説明をしようとすると、比喩にならざるを得ません。
よって、化学的にも、科学的にも厳密性を欠いていますがご容赦下さい。
今、自動車をイメージしてみましょう。
自動車は、タイヤ、ハンドルなどの部品から出来ています。
自動車を構成するこれら部品が原子に当たり、自動車が分子です。
タイヤやハンドルだけでは役立ちません。それと同じで、原子は単独では不安定で、組み合わさって分子になろうとします。
オートバイもタイヤやハンドルなどの部品から出来ていますが、自動車と違...続きを読む

Q水素分子のσ軌道、酸素分子のπ軌道、塩化水素のσ軌道を模式図で図示しろ。という問題を教えてください。

水素分子のσ軌道、酸素分子のπ軌道、塩化水素のσ軌道を模式図で図示しろ。という問題を教えてください。

Aベストアンサー

基本なので自分で考えてほしい。
H₂ は、 1s¹ 元素なので、σ結合に二個入ってヘリウム型
O₂ は、2s² 2p³ 元素なので、sp²混成起動によるσ結合とp軌道によるπ結合、余った2つのsp²は孤立電子対
HCl は、1s¹ と s²p⁵ なので、単純にsp混成軌道とのσ結合だけでよい。結合軸の反対にはσ孤立電子対、塩素のp軌道は塩素の周りに残る。

 σ結合(1か所)にしろπ結合(2か所)にしろね2個電子が入って、最終的に周囲が希ガス型で充足されればよい。

Q単原子分子について

二原子分子は「2つの原子からなる分子」なので
単原子分子は「1つの原子からなる分子」だと思っています.
しかし,中学校のとき「銅や鉄は分子を作りません」と習ったような気がします.
銅や鉄は1つの原子でも,その性質を示すので単原子分子ではないのですか?
もし「銅や鉄が分子を作らない」と言うのが正しいなら,
単原子分子(ヘリウムなど)は分子としてみなされるべきなのですか?

Aベストアンサー

IUPACの定義によれば、

 電気的に中性な「2つ以上」の原子からなるモノ(entity)

が分子です。
http://dx.doi.org/10.1351/goldbook.M04002

この定義に従うと、「1つの原子からなる分子」というものはありえないので、「『単原子分子』という言葉は誤用」になります。中学校では、この点ではIUPACの定義に忠実な教え方をしていて、ヘリウムは鉄や塩化ナトリウムと同様に、分子をつくらない物質に分類されます。

しかし、岩波理化学辞典第5版の「分子」の項には

 1個の独立の粒子として行動すると考えられる原子の結合体をいう.1個の原子でも化学的に不活性で独立の粒子として行動する場合(希ガス原子)は分子である.

とあります。この定義では、単原子分子(ヘリウムなど)は分子としてみなされています。

> 単原子分子(ヘリウムなど)は分子としてみなされるべきなのですか?

どっちでもいいです。その場にいる一番エラい人の言うことに従って下さい。

> 銅や鉄は1つの原子でも,その性質を示すので単原子分子ではないのですか?

銅や鉄を単原子分子という人はあまりいないです。理化学辞典の定義によれば、少なくとも水銀蒸気は単原子分子と言えるので、銅の蒸気や鉄の蒸気も単原子分子と呼んでも間違いではないはずなのですが。

> 銅や鉄は1つの原子でも,その性質を示す

この部分も決して間違いではないのですけど、誤解を招きやすい表現だと思いますので、使わない方がよいでしょう。「その性質」と言った時に、物質の融点や電気伝導性など、原子や分子が集まることによってはじめて現れる性質を思い浮かべる人が多いからです。


なお、「学術用語集」に収録されている用語であっても、無批判に使ってよい用語であるとは限らないので注意してください。たとえば、学術用語集 物理学編(増訂版)に収録されている

 グラム原子、カイザー【波数の単位】、モル比熱、Avogadro number、

などの用語は、少なくとも化学の分野では、現在では使わない方がよいとされている用語です。

IUPACの定義によれば、

 電気的に中性な「2つ以上」の原子からなるモノ(entity)

が分子です。
http://dx.doi.org/10.1351/goldbook.M04002

この定義に従うと、「1つの原子からなる分子」というものはありえないので、「『単原子分子』という言葉は誤用」になります。中学校では、この点ではIUPACの定義に忠実な教え方をしていて、ヘリウムは鉄や塩化ナトリウムと同様に、分子をつくらない物質に分類されます。

しかし、岩波理化学辞典第5版の「分子」の項には

 1個の独立の粒子として行動す...続きを読む

Q水が冷たいと分子と分子の間が狭くなる理由を教えてく

水が冷たいと分子と分子の間が狭くなる理由を教えてください。

Aベストアンサー

#1様のブラウン運動は爆笑物。
#2様は専門家のようです、いつも適切なお答えが返ってきますが、今回のお答えは少し疑問。
そもそも温度が低くなるとは分子運動が不活発になる、さらに厳密には、液体なので分子同士は既に接触し離れられない状態です。
だが結晶化していないから空隙がある、この空隙内で分子が悶えます。(笑)
しょうもない表現をすると、ご質問の、
「水が冷たいと分子と分子の間が狭くなる」
はトートロジーに近い。
なぜなら「暴れるエネルギー」と「温度」とは表現が違うだけで「合同」。
つまり温度が下がるとは暴れるエネルギーが減ったと云う事と等価。
#2様がご指摘の様に、水は非常に珍しい物質で、多分この性質があるから我々生物が生まれた。
常圧下では4℃で密度が最大になる、なぜか、これ以下の温度では結晶化が始まって居り、0℃で結晶化が完成する。
4℃以上では、温度が下がると空隙がどんどん狭くなる、つまり、しつこいが、分子の持つエネルギーがどんどん減るから、不活発になって隣の分子と衝突する回数が減る(別の表現が温度の低下)から隣の分子を排除出来なくなる。
つまりマクロには体積が減少する。
以上、水分子の「総エネルギー」で説明しましたが、実際には並進、回転、伸縮運動に分かれており、厳密な議論は「気が狂うからしたくない」です。
ごめんなさい。m(__)m

#1様のブラウン運動は爆笑物。
#2様は専門家のようです、いつも適切なお答えが返ってきますが、今回のお答えは少し疑問。
そもそも温度が低くなるとは分子運動が不活発になる、さらに厳密には、液体なので分子同士は既に接触し離れられない状態です。
だが結晶化していないから空隙がある、この空隙内で分子が悶えます。(笑)
しょうもない表現をすると、ご質問の、
「水が冷たいと分子と分子の間が狭くなる」
はトートロジーに近い。
なぜなら「暴れるエネルギー」と「温度」とは表現が違うだけで「合同」。
つ...続きを読む

Q機能分子 分子ロボット

機能分子科で分子ロボットのことを学べますか?
大学の面接で志望理由で「分子ロボットについて学びたいんで・・・」といっても大丈夫なんでしょうか?
分子ロボットは機能分子の類なんですか?

Aベストアンサー

機能分子に含まれると私は思います。
分子ロボットといっても、どのような分子を指しておられるのか分かりませんが、たとえば、分子筋肉や分子モーターなど、ロボットとまでは行きませんが、分子機械と呼ばれている超分子のカテゴリーなら機能分子としても良いでしょう。
面接で話すつもりということは、質問者さんが受ける学科にはそうした研究をやっている先生がいるということですか?

Q官能基で吸収したエネルギーは同一分子内の他の官能基もしくは分子中心で使われることはありますか?

こんにちは、共役系構造をもつ分子構造は光をよく吸収することを学びましたが、吸収された光のエネルギーは、その分子構造そのものでしか使われないのでしょうか? それとも同一分子内の他の箇所で使われることも可能でしょうか? たとえば、アミンの一つのアルキル基をベンゼンにした場合、紫外域の250nmの光をベンゼンが吸収した場合、アミンのNが電子を放出するためのエネルギーに費やされることはありますでしょうか? 

Aベストアンサー

>共役系構造をもつ分子構造は光をよく吸収する
これは「正確」な表現ではありません。共役系が伸びた場合起こることは「吸収効率」の向上ではなく「吸収波長」の赤方遷移、つまり吸収光振動数の低下です。
>同一分子内の他の箇所で使われる
これは、あり得ます、しかしそれは通常「格子緩和」言い換えれば分子振動・回転への分散です。
ですので、
>アミンのNが電子を放出する
様な過程が生ずることを想像することは困難です。
もちろん、電子受容体が共存していて、窒素を含む原子団が励起されることにより、電子伝達効率が高まることはあり得ます。
例を挙げれば、アミノ基がπ電子系と共役しており、nπ*遷移がより長波長で起きるなら、π*軌道から電子受容体への電子移動は有利になります。

Q分子結晶と共有結合の結晶について教えてください。

学校で、分子結晶は、分子が分子間力で繋がった状態。
共有結合の結晶は、原子どうしが共有結合でつながったものだと習いました。
そうすると、共有結合で原子が結びついてできた分子が、分子間力で繋がったものは分子結晶なのですか?
あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
わかりにくくてすいません。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
分子結晶に限らず、いくつか例を挙げられるようにしておかないと意味がない。脳の記憶容量の無駄遣いにしかならない。
ただ、共有結合の結晶を作る物質は、高校化学では4つしか問われることはないけれど、分子結晶を作る物質はなんぼもあります。
そして、共有結合の結晶というのは、その結晶1個で1個の分子という存在です。

で、分子間力で分子はほとんど繋がりません。なんとなく集まっちゃおうかなあ、くらいの弱い引力です。
(それに対して共有結合はちょっとやそっとでは切れない原子のつながり)
その分子間力で多数の分子が規則正しく配列している状態になったものが分子結晶です。

おわかりとは思いますが、結晶というのは構成粒子が規則正しく配列していないと結晶とは言いません。

Q化学のエネルギー図の質問です。 エネルギー図を書く際、わたしは物質が水溶液に溶けたら、その物質(aq

化学のエネルギー図の質問です。

エネルギー図を書く際、わたしは物質が水溶液に溶けたら、その物質(aqが付いたもの〕は、溶ける前よりも、下の位置に書く、と覚えてました。
しかし、
NH4NO3(個)+aq=NH4NO3aq-26j

という化学式であれば、とけた物質は、エネルギー図において、上に行きますよね??

大混乱です。
どうか、教えてください。
お願い致します。

Aベストアンサー

演習問題を解く上ではエネルギー図で上下を書き違えたところで問題ありません。
図をみれば正の数の答が出るはずのところ、計算の結果、負の数の答が出てしまったら
それは「上下が逆だったね、てへ」で済む程度のことです。必要なら改めて書き直せばいいのです。

ところで、溶けたら「下の位置」という考え方はあまりにも短絡的すぎてよくないですね。
エネルギー図が何を表しているかを考えましょう。
物質の内部に隠されたエネルギーの量を表すのがエネルギー図です。
発熱反応が起こるなら、隠されたエネルギーは減る(そのぶん外の世界にエネルギーが放出される)から下へ、
吸熱反応が起こるなら、隠されたエネルギーは増える(外の世界にエネルギーを吸収している)から上へ。

ちなみに、ここは書き間違いだと思いますがNH4NO3(個)ではなくNH4NO3(固)、
そしてここは勘違いしているでしょうが、-26jではなく-26kJです。
キロが抜けてしまえば量が1/1000になってしまいます。マラソンコースは42.195mだ!っていうとおかしいですね。
また、単位ジュールの記号のジェイは大文字でなければなりません。フィーリングに小文字にしてはいけないのです。
人物名に由来する単位の1文字目は必ず大文字、そうでないものは必ず小文字となっています。
(ただし、リットルlだけは数字の1と紛らわしいので大文字のLが許容されています。というかこちらを書く方がおすすめ)

演習問題を解く上ではエネルギー図で上下を書き違えたところで問題ありません。
図をみれば正の数の答が出るはずのところ、計算の結果、負の数の答が出てしまったら
それは「上下が逆だったね、てへ」で済む程度のことです。必要なら改めて書き直せばいいのです。

ところで、溶けたら「下の位置」という考え方はあまりにも短絡的すぎてよくないですね。
エネルギー図が何を表しているかを考えましょう。
物質の内部に隠されたエネルギーの量を表すのがエネルギー図です。
発熱反応が起こるなら、隠されたエネルギ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング