なぜ老廃物が多いのは肝臓の直後の血管で、栄養分が多いのは小腸の直後の血管なのでしょうか

A 回答 (1件)

肝臓は分解酵素があり直腸は栄養素を吸収するからです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアトピーって血液の病気じゃないんですか? 血液が正常なのになんでアトピーになるんですか?

アトピーって血液の病気じゃないんですか?

血液が正常なのになんでアトピーになるんですか?

Aベストアンサー

アトピーは血液の病気ではなくアレルギー反応です。
免疫の過剰防衛です。

Q<中3>小腸で吸収される栄養分。

ちょっと疑問があって質問したいと思います。
人間の体についての質問です。

学校の教科書に、
小腸でブドウ糖・アミノ酸・脂肪酸とグリセリンが吸収されると書いていました。
脂肪酸とグリセリンは、銃網の表面から吸収されたあと、ふたたび志望となって吸収されると書いてありました。

しかし、塾の教科書には、
小腸でブドウ糖・アミノ酸が吸収され、脂肪酸とグリセリンは胆汁とすい液で消化されるだけで、小腸では吸収されないと書いておりました。
しかも塾のやつは入試問題でした。


学校と塾、どちらを信じればよいでしょうか?

Aベストアンサー

入試問題と言っても、いーかげんなのありますよ。
塾がどの程度まで、問題の正当性を確認して流用しているかは疑問です。


「 脂肪は、脂肪酸とモノグリセリド(No1の方が書いていた「1つ残る」というやつ)に
分解されるが、これらは水溶性ではないので、そのままでは吸収されにくい。脂肪酸とモノグリセリドは胆汁酸の作用でミセル(脂肪の状態。粒状とか、液体状とか…脂質もいろんな状態で存在するので、これは「ミセル状態になって」という意味)となって微絨毛表面に達し、拡散によって小腸細胞内に移行する。小腸細胞内に採り入れられた脂肪酸とモノグリセリドは脂肪に再合成され、白い乳状脂粒(カイロミクロン)を形成したあとにリンパ液で運び去られる。脂肪酸の一部は、遊離脂肪酸として門脈(肝臓方面)に入る。」


膵液が登場して以降は、小腸と大腸しかありませんが、
「大腸が脂肪を吸収する」とおおっぴらに公言している本は見たことないです。
大腸はあまり難しいものは吸収する構造じゃないから、基本水分です。

上の文章はある生理学の教科書です。(けっこう簡易版だけど)
水溶性でない脂肪酸とモノグリセリドは吸収しにくいので、
親水性(水になじみやすい)ミセルという形になって
腸絨毛から小腸の細胞に摂りこまれる。そこで脂肪に再合成され、
さっきはミセル、今度はカイロミクロンの形になって、
脂肪を運ぶリンパ液(体液)に乗って運ばれていく。
一部の脂肪酸は血管から肝臓に向かう門脈(静脈)に入る。


ということですね。

しかし中3でここまで、タイヘンですね!
ウチの子も中3だけど、生物得意だけど…知ってるだろうか?知らないだろうな!!

入試問題と言っても、いーかげんなのありますよ。
塾がどの程度まで、問題の正当性を確認して流用しているかは疑問です。


「 脂肪は、脂肪酸とモノグリセリド(No1の方が書いていた「1つ残る」というやつ)に
分解されるが、これらは水溶性ではないので、そのままでは吸収されにくい。脂肪酸とモノグリセリドは胆汁酸の作用でミセル(脂肪の状態。粒状とか、液体状とか…脂質もいろんな状態で存在するので、これは「ミセル状態になって」という意味)となって微絨毛表面に達し、拡散によって小腸細胞内に移行す...続きを読む

Q血液の病気?免疫の病気?

かなり前になります。病気らしい病気もなく倒れる直前まで祖母は働いていました。
その日、急に立ちくらみが襲い、貧血状態になり病院へ。そのまま入院し 血液に関する病らしかったですが、親に聞いても、「難しい名前でよくわからない。血液の難病」とだけ。
極度の貧血で輸血をして、酸素マスクをしていました。輸血しても輸血しても追いつかなくなる、自分の免疫が血液をこわす?攻撃してしまう病気とききました。1ヶ月もたたないうちにあんなに元気な祖母は亡くなりました。 今でも、あれはどういう病気だったのか気になります。
免疫の病気なんでしょうか?このような症状に聞いたことがあるとか 似たような病気をご存知の方 いましたら お願いします。

Aベストアンサー

自分の免疫が血液をこわす

が正しいなら白血病ではありえず自己免疫性溶血性貧血AI HAかな?と思います。が、高齢の急性劇症となるとAIHAの一般的な病態とはあまり合致しないので、他疾患で貧血になり遅発性溶血性輸血副作用が起こったとかも考えられます。

まぁ、これだけの情報では分からないとしか言えません。

Q門脈の働きについて教えてください。一般的に門脈といえば小腸から肝臓を結

門脈の働きについて教えてください。一般的に門脈といえば小腸から肝臓を結ぶ、栄養を運ぶ静脈をさすそうですが、それ以外の胃から、脾臓から、脾臓から、大腸から肝臓へ向けて出ている門脈はそれぞれどんなはたらきをしているのですか?胃や脾臓などから門脈経由で栄養が運ばれていることはないですよね。そしてまたそれらから肝臓に運ばれた血液は肝臓でどうされていますか?

Aベストアンサー

 乳酸は肝臓で処理されるだけではなく、遅筋や心筋等の有酸素的に力を出す筋肉において、ブドウ糖の様に、エネルギー源として消費されて、二酸化炭素と水に変わる場合も少なくない様です。
 肝臓に乳酸が送られる経路に関しては、明確な情報を知りませんが、常識的に考えれば、乳酸は水に溶けるため、細胞の同士の隙間を満たしている液体である組織液に溶け込むのではないかと思います。
 組織液は、元々は毛細血管から染み出して来た血漿が細胞の隙間に流れ込んだもので、その一部は再び毛細血管の中に戻って行きます。
 組織液に溶け込んだ老廃物等は、拡散によって毛細血管の中に染み出しますから、おそらく乳酸も毛細血管の中の血液に溶け込むのではないかと思います。
 そして、毛細血管から静脈に入り、更に心臓や肺を通ってから、再び心臓を通って動脈を流れ、肝臓に送られるのではないかと思います。
 又、この他にも、毛細血管に戻り切らなかった組織液は、リンパ管に入ってリンパ液となりますから、運搬される乳酸の量は血管に入ったものよりも少ないでしょうが、リンパ管を通る乳酸もあると思われます。
 リンパ管は鎖骨下静脈に繋がっていて、リンパ液はそこで再び血流に合流ますから、結局はリンパ管を通った乳酸も静脈に入る事になります。

 乳酸は肝臓で処理されるだけではなく、遅筋や心筋等の有酸素的に力を出す筋肉において、ブドウ糖の様に、エネルギー源として消費されて、二酸化炭素と水に変わる場合も少なくない様です。
 肝臓に乳酸が送られる経路に関しては、明確な情報を知りませんが、常識的に考えれば、乳酸は水に溶けるため、細胞の同士の隙間を満たしている液体である組織液に溶け込むのではないかと思います。
 組織液は、元々は毛細血管から染み出して来た血漿が細胞の隙間に流れ込んだもので、その一部は再び毛細血管の中に戻っ...続きを読む

Q血液検査で分かる病気

血液検査で分かる病気

alb 5.1
A/G 2.13
T-bil 2.0
UA 7.7
TSH 0.50

上5つが前回の血液検査で異常でした。

甲状腺刺激ホルモンは、エコ-の検査の結果、異常なしでした。
どんな病気が、考えられますか??

Aベストアンサー

TSH 0.5→軽度の甲状腺機能亢進症か下垂体性甲状腺機能低下症など
T-Bil 2.0→体質性黄疸、溶血性貧血、閉塞性黄疸など

要するにこれだけでは何もわからない

Q白子と真子、どちらが栄養分が多いでしょうか?

白子と真子、どちらが栄養分が多いでしょうか?

Aベストアンサー

五訂増補日本食品標準成分表では同じ魚種での比較はできませんが
スケトウタラの真子(生たらこ)とマダラ白子での比較なら
スケトウタラの真子のほうに軍配があがります。
http://www.glico.co.jp/navi/index.htm

Q血液検査で分かる病気、わからない病気

私は普段から献血をしておりまして、献血をすると自分の血液の成分が送られてきます。
結果はすべて基準値以内で、全く問題はないように思われます。

献血をしたときの検査結果で、病気の有無がどこまで分かり、どこまではわからないのでしょうか?
例えば、癌の有無や痛風になりやすいかは分かるが、結石等はわからないといったことです。
また、献血の検査ではわからないが、病院での血液検査ならここまで分かるというようなことも合わせて知りたいです。

100%病気になる、ならないとは言えないのは重々承知ですが、目安として教えていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大変答えづらい質問ですね。
最近献血していないので、献血センターからどのような項目が返ってくるか
わからないのですが、私が献血していた頃は肝機能検査、感染症の有無
貧血ぐらいだったと記憶しています。いずれもその血液が使用に値するかに
関する検査で、献血者のために測っているというより、必要があり測ったので
ついでに教えてあげますよ、という項目(態度ではありませんよ^^;)
だったと思います。
ですからせいぜい貧血の有無、肝障害の有無、HIVやHB,HC肝炎の有無くらいしか
わからないのではないでしょうか。
もちろん項目が増えれば、糖尿病、高尿酸血症、高脂血症などもわかります。

病院で行う血液検査で何がわかるかも原理的には同じで、何を測るかによります。
行いうるすべての項目を測れば、100万人に一人くらいのレアな疾患を含め
相当の病気が判明あるいは疑われると思いますが、たとえ保険適応のある
検査だけでも膨大で、検査だけで確実に貧血になり非現実的です。
結局はぐらかすような答えになってしまい心苦しいのですが、検査範囲を
限定しないと、病気の範囲も限定できません。

大変答えづらい質問ですね。
最近献血していないので、献血センターからどのような項目が返ってくるか
わからないのですが、私が献血していた頃は肝機能検査、感染症の有無
貧血ぐらいだったと記憶しています。いずれもその血液が使用に値するかに
関する検査で、献血者のために測っているというより、必要があり測ったので
ついでに教えてあげますよ、という項目(態度ではありませんよ^^;)
だったと思います。
ですからせいぜい貧血の有無、肝障害の有無、HIVやHB,HC肝炎の有無くらいしか
わからないの...続きを読む

Q黒人はなぜ貧困層が多くて栄養が多人種より不足してるはずなのに、身長は多

黒人はなぜ貧困層が多くて栄養が多人種より不足してるはずなのに、身長は多人種よりもひときわ高くなる人が多いのですか?

Aベストアンサー

生物学の質問として黒人に貧困層が多いというのはいかがなものでしょう。

黒人とは、アフリカ大陸の住民という意味と解します。
まず、「人種」という考え方ですが、現在の人類は完全に同一種と考えられています。
生物学的に「人種」という考え方は存在しません。
同一種であっても、地域環境に応じた適応した多様性があると解釈されるのが生物学的な「人種」の理解です。
(逆に北欧に住むアフリカ系住民にはクル病という日照不足による骨の障害が多く、オーストラリアのヨーロッパ系住民には皮膚ガンが多い。)

そして、アフリカ系住民の中の多様性は、他の大陸の住民の多様性より大きいとも言われています。
見た目ではヨーロッパ北部の住民の方が目や髪の色が様々ではありますが、生物学的には大した違いではありません。

むしろマサイ族は世界で一番背が高い民族で、ピグミー族は世界で一番背が低い民族です。
寒冷化に対応した東洋人は手足が短くずんぐりした体型になりましたが、全部がそうでもありません。
東洋人の中でも、中国の山東省の人は背が高いので「山東大漢(シャントンターハン)」(山東の大男)と言われるほど有名です。
国策でバスケットボールチームを作るから身長2メートル以上の若者を募集したら、あっという間に100人集まるほどです。

結局、民族によって背の高い遺伝子を持った人の割合が多かったり少なかったりするという多様性によって決まるものです。
おそらく、アメリカに渡ったアフリカ系住民は奴隷として労働するため体格のいい者が売られていったことでしょう。
アメリカのアフリカ系住民の祖先は背の高い遺伝子を持つ人が多かった可能性はあります。
マサイ族は奴隷業者に歓迎されたけどピグミー族は歓迎されなかったのではないでしょうか。

生物学の質問として黒人に貧困層が多いというのはいかがなものでしょう。

黒人とは、アフリカ大陸の住民という意味と解します。
まず、「人種」という考え方ですが、現在の人類は完全に同一種と考えられています。
生物学的に「人種」という考え方は存在しません。
同一種であっても、地域環境に応じた適応した多様性があると解釈されるのが生物学的な「人種」の理解です。
(逆に北欧に住むアフリカ系住民にはクル病という日照不足による骨の障害が多く、オーストラリアのヨーロッパ系住民には皮膚ガンが多い。...続きを読む

Q生理でもないのにナプキンに少量の血液が出ていました! おりものでは、ないです。 病気でしょうか?それ

生理でもないのにナプキンに少量の血液が出ていました!
おりものでは、ないです。
病気でしょうか?それともただ血が出ることってありえますでしょうか?

Aベストアンサー

一度、婦人科に行って下さいね。生理でもないのに血がでるのは、病気の事もあります。例えば「子宮体ガン」などのガンでも血が出ます。

Q心臓の冠血管は終末血管なんでしょうか?

心臓の冠血管は終末血管なんでしょうか? 試験問題になるのですが、わからないので教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は、学生時代、脳の動脈と心臓の冠血管は終末血管と習いましたが、実習で、右冠動脈と左冠動脈にバイパスがある心臓が見つかり、教授陣が悩んでいたことがありました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報