お酒の飲めない人のことを「げこ」って言いますよね?
どうしてですか?
 

A 回答 (4件)

私が以前調べたときはkyaezawaさんが書かれているように万里の長城説が有力でした。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いくつか説があるんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/09 19:49

「私は酒は飲めません」という人は「下戸」。

反対になんぼでも飲める人の
ことを「上戸」という。
この上戸とは裕福な家。下戸とは貧しい家という意味があった。それゆえに
家を表す「戸」が使われているのだ。
大昔のことだが、婚礼のときに出す酒の量は上戸が末広がりの八瓶(樽)で、
下戸では二瓶(樽)だったことから、酒がたくさん飲めること、あるいは
飲める人を「上戸」と言い出したのだという。

その他に
701年に発令された大宝律令に発していると言われています。
家の制度として、成年男子が6人から8人いる家を上戸、
4人または5人いる家を中戸、3人までの家を下戸と呼びました。
次第にその呼び名も別の意味をもつようになり、働き手の多くいる家と
そうでない家と言う発想から、経済的な豊かさの違いを表すようになって
いきました。
さらにその経済力にともなって婚礼の時などに「酒を多く振る舞える上戸と
あまり振る舞えない下戸」→「酒を多く飲む上戸、あまり飲めない下戸」と
なったのが始まりだと言われます。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~aoshima/jiten.htm

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~chie-in/mametishiki.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 これまたおもしろい参考URLですね。
わざわざありがとうございました。

お礼日時:2001/03/09 19:48

これは…


律令時代の上戸(富裕な家で酒8本を許された)と下戸(貧しい家なので2本しか飲めなかった)からでた言葉
です。

げこは「下戸」と書きますよね。

下記参考URLからのパクリなんですが、言葉の語源がいろいろとのっていて、けっこう面白いので、お暇な時にご覧になってみてください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~HY6T-YMGC/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど。ありがとうございます。
参考URL、おもしろいですねー。

お礼日時:2001/03/09 19:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
あなたは沢山質問に答えていて、すごく物知りなんですね。

お礼日時:2001/03/09 19:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ