初めまして、現在東工大を目指している浪人のものです。

いわゆる公式物理と微積物理について質問があります。
自分は現在物理のエッセンス、名問の森などの標準的な問題集で“公式物理”で得点を取れるよう勉強しています。
しかし、それがひと段落した後(9月頃)には、微積を用いた物理も勉強したいと思っています。具体的には、理論物理への道標のような参考書を使って勉強するつもりです。

そこで質問なのですが、このような勉強方法は効率が悪いでしょうか?
つまり、微積を用いて物理を解きたいのなら、今からでもそちらの勉強をするべきか、というのが要点になります。

また、微積物理の勉強の手順はどのようなものが良いか、お奨め参考書など、経験のある方はアドバイスしてもらえると助かります。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

微積物理に移るなら、今のうちでしょう。

9月から、などと言っていると、本番までに使いこなせるレベルにならずに失敗、という可能性が高くなるかと。

参考書については、自分は理論物理への道標を使っていましたが、これは相当実力のある人でなければ、9月から始めて本番までに十分やりこなせるようなものではないと思いました。微積物理に移りたいなら、早めに始めるべきです。名門の森などの問題を解けるレベルなら、手も足も出ない、ということにはならないでしょう。初めは公式物理で解くしかできない、って感じかもしれませんが、公式物理でもなんでもいいから問題を解いて、解答解説を読んで微積使うならどう考えるのかを吸収すればいいと思います。なんかの本にも、この参考書について「使い始める時期:浪人決定後すぐ」などと書かれていた記憶があります。

ただ、理論物理への道標は、基本事項の説明が簡潔すぎてわかりにくいかも知れないので、他に何か一冊、もっと詳しく書かれた参考書を用意した方がいいと思います(自分は予備校の授業で微積使ってくれていて必要なかったので、ここの部分の参考書についてはアドバイスできません。すみません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにあのレベルの本でいきなり微積に入るのは少し不安でした。いくつか候補はあるので、やはり一つやさしめに微積物理を解説した本を買おうかと思います。

実は去年現役のとき、物理の勉強をしっかりやっていたとは言えず、特に電磁気がひどい状態なのです。物理が苦手、というわけではないのですが。ただやはり切り替えるなら早めが良いみたいですね。夏前までには入りたいと思います。

ひとつイメージがわかないのですが、公式物理(というか一般的な高校物理)で標準問題を解けることは、微積を使った物理の学習では前提とされているのかということなのですが。

お礼日時:2009/05/15 01:53

高2まで物理のエッセンスを使っていて、高3から微積物理を習いました(予備校で。



今、名問の森が理解できるレベルなら、今から駿台の分野別問題集なんかを解いていくのはどうでしょう?レベルもしっかりしていますし、解き方もしっかりしている参考書です。個人的には9月頃から理標はやめた方がいいと思います。(やるのであれば今から)

微積を使って物理を習うことで、しっかりとした物理の"考え方"が身に付きます。微積をガンガン駆使して物理を解くわけではありません(高校レベルの問題でのお話。調和振動やキルヒホッフの微分方程式を解いたりしますが、高校レベルで解けるのは一部のみ。微積物理を習っている人でも、本当に代表的な単純な微分方程式の解法しか学んでない人が多いです。)。
9月頃から"考え方"を再構築するって考えると、効率悪い気がしませんか…?

むかーし東工大の熱力学で、等温変化の絶対仕事を積分使って求めないと説くのが厳しい問題なんかを見たことはありますが、微積を使わないと解けない問題なんかは基本的に出ません。公式物理でも大丈夫です。

公式物理を使うのであれば、名問の森を"完璧"といえるくらいまでやりこんでください。
微積物理を使うのであれば、今すぐ取りかかる方がいいと思います。("理解する"のと"解ける"のは別物だからです。理解できた内容を実際の現象に適用できるようにまで、ちゃんと演習をつんでいかなければなりません)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>微積を使って物理を習うことで、しっかりとした物理の"考え方"が身に付きます。微積をガンガン駆使して物理を解くわけではありません
cont71さんの他の方への回答等も参考にしてみて、この点がだんだん分かってきました。
少なくとも最近の易化した東工大の物理を見る限り、公式物理でも全然大丈夫というのは自分自身感じているところですが、物理への理解を多少なりとも深めるなら微積を使って学ぶほうが良いみたいですね。
簡単な微積物理の本を買ってきたので、そこから入りたいと思います。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 23:43

>ひとつイメージがわかないのですが、公式物理(というか一般的な高校物理)で標準問題を解けることは、微積を使った物理の学習では前提とされているのかということなのですが。



最近の参考書については詳しくはわかりませんが、自分が現役の頃までは、あまり簡単な内容から始めている参考書はなかった気がします。
それでも、自分は初めて物理を習ったときから微積物理だったので、標準問題が解けることが前提か、といえば違うでしょう。
『新・物理入門』なんかは、初心者にはとっつきにくそうな内容ですが(だから、自分はしっかりとは読んでないですが・・・)、基本的な内容を厳密に述べているという感じで、問題が解けることは前提ではないです。


自分が習っていた先生が本を出していらしたので、参考に↓

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798012807/re …

力学と電磁気学だけでこの値段は、高校生用の参考書には高すぎかな・・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は入門用としてその本か、「微積で解いて得する物理」という本に目をつけていました。
面白そうなのでどちらかは買ってみようかと思っています。
道標もぱらぱら読んでみれば理解できるところも多かったので、早めに読み込んでいこうかなと。

考えてみれば微積を「理解するために使う」のもありなんですよね。まずはその段階を踏みたいと思います。

具体的なアドバイスで参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/16 00:49

 東工大出身者として、参考までに。



 東工大を目指す方ならば、問題集を解いていて、「公式だけでは解けない」ことを感じているはずです。本当に公式だけで機械的に解ける問題など、程度が知れているからです。

 経験から、実験事実として見出され抽象化された根本的な"基本法則"は別として、「その公式がどのように導き出されたか」を丹念に追い、自分のものにしてしまうことをお勧めします。なぜなら、公式には公式として扱われる理由があるからです。頻繁に出てくるというだけでなく、それを導き出すときに典型的な物理的思考・論理を要求されるのです。

 そもそも物理学と微積分は不可分のものですから、公式物理であろうが微積物理であろうが、微積分の思考抜きに問題を(そして物理を)理解することなどできません。このことを肝に銘じて、今できることをしていくのがよいかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
与えられた条件から物理的に現象を追うことや、導出過程の重要性は一応理解しているつもりでしたが、要するにどちらであれ物理的思考を養うのは必須ということですね。

勉強指針としてとても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/15 01:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【川の流れの衝突問題は数学?物理学?】 川A(水量2)と川B(水量1)を衝突させて1本の河川C(水量

【川の流れの衝突問題は数学?物理学?】


川A(水量2)と川B(水量1)を衝突させて1本の河川C(水量3)を作る土木工事。

川Aと川Bを直接衝突させるのでは2流の衝突を弱めて合流させるためにAとBのCの合流箇所に縦一本の防波堤?堤防を作るとする。

その衝突が最も弱まる堤防の長さと角度はどうやって求めたら良いのか教えてください。高さはぶつかったときに水面に出ている高さとする。

これって数学の問題ですか?物理学ですか?

Aベストアンサー

これを扱うのは「物理工学」という学問です。むつかしそうですが、専門家にはこれしか出来ないので難しくは無いのだそうです。

Q公式・微積物理は解答が一致するのか?

現在高校1年の者です。
最近公式・微積物理があると知りました。
そのときある疑問が生まれました。

公式で問題を解いた最終的な解と、微積分で解いた最終的な解は一致するのでしょうか?(それは文字ひとつひとつが一致するのか、ということです。)

もし一致しなかったら、公式物理を主として出している受験物理問題集を微積分で解いても、模範解答自体が公式で解かれているため『この(自分の)解答はこれであっているのか』と不安になってしまうと思うんです。

実際、解は文字ひとつひとつが同じ形で一致するのでしょうか。
わかりづらい質問ですが、ご解答お願いいたします。

(もしよかったら、同じ問題をそれぞれ公式・微積物理で解いていただけないでしょうか・・・。)

Aベストアンサー

もちろん同じになります。
公式というのは、微積を使った「結果」だけを教えているに過ぎないからです。
受験経験者としては、公式物理よりも、微積物理のほうをおすすめしますね。

詳しく知りたければ、この本の中で一般的な解法と微積の解答の比較と、それで答えが同じになることがわかりやすく示されていますよ。

http://www.amazon.co.jp/%E5%BE%AE%E7%A9%8D%E3%81%A7%E8%A7%A3%E3%81%...​

個人的に最も気に入っている参考書ですし、高校1年生にちょうど良い内容だと思うので、読んでみてはいかがでしょうか。

Q科学と物理の選択です。 数学(1)とAの差は・・・

大学受験を受けるのにあたって、理系の受験をする際
科学(1)Bと物理(1)Bの選択になってるんですが、基本的にどっちを選択した方が良いんでしょうか。。。? 
ちなみに私は物理も化学も苦手なんですが・・・

あと、「数学(1)と数学A」,「数学(2)と数学B」って、それぞれどのように違うんですか?

Aベストアンサー

ちゃんと理解していれば物理の方が点数取りやすいみたいです。

ただ将来的なことを考えますとNo3の方が言っている通りどちらかだけでいいという訳にはいきません。
No3の方と同様、僕も苦労しております(苦笑)。

数学は内容が違います。

数学(1)は2次関数、三角比など。
数学Aは確率、数列など。
数学(2)は微積分、指数・対数など。
数学Bはベクトル、虚数など。

確かこんな感じだったと思います。
数学もこれが大事とかはありません。
全部大事なので全部勉強しましょう(笑)

Q微積で解いて得する物理(著者:細川貴英)という参考書についての質問です。

P243 上から3行目の文章に「今回は常にθ=π/2なので、…」と書いてあるのですが、どうしてそうなるのか分かりません。 分かる方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この参考書かなり良いですよね。
今までに読んだ参考書のなかで一番感動した本です。

237ページで、電流Iの方向と着目点Pの方向との角度をθと取っていますね。
なので、242ページの図は、Iが紙の表から裏向きなので、3次元空間を想像して考えると、着目点P(dHを取っている点)の方向となす角度は90度になるはずです。

おそらくこのθを図に書くのは難しい(書くとごちゃごちゃする)ため、図では省略したのでしょう。

QあるキャリアAからあるキャリアBにMNPをする際、SIMカードはキャリアAのものからBのものに物理的

あるキャリアAからあるキャリアBにMNPをする際、SIMカードはキャリアAのものからBのものに物理的に交換することになりますか?(SIMカードの情報の書き換えはせずに新品のSIMカードを使うことになりますか?)

Aベストアンサー

>SIMカードはキャリアAのものからBのものに物理的に交換することになりますか?

物理的に交換になります

>SIMカードの情報の書き換えはせずに新品のSIMカードを使うことになりますか?

何も情報が入っていないSIMカードに新しい情報を書き込み使うことになります

あなたの手に渡るときには、新しい情報が入っていたりします

SIMカードは、キャリアからの借用品ですが、使い捨てでの対応です。
ただ、SIMカードを返却させるかはキャリアにより異なる

Q(物理のエッセンス)の物理 力学分野の 等加速運動に関する問題についての質問でございます。

解答解説を、読んでも、初学者で、大検レベルの私には、理解出来ず、この場を借りて質問させて頂きました。


問題


t=0の時、初速度0、t=3の時、V=6の正の等加速度運動をしている物体がある。

その後、t=3の時の、V=6から、t=4の時、V=0と負の等加速度を始めた。


(1)4秒間の走行距離が、元の位置に戻る時刻を求めよ。


という問題でございます。


解答にはt=2+4=6

答えは、6sと、解答解説されておりました。


質問(1)


4秒間の走行距離が、元の位置に戻る時刻を求めるためには、どのような、公式を用いて、6sと求めるのでしょうか?

t=2+4の2と、4は、それぞれどのような、公式を使い求めるのでしょうか?


質問(2)

解答解説には、t=2+4=6sとなっておりましたが、なぜ、
t=2+4というように、2と、4を足さないといけないのでしょうか?

なぜ、足す必要が、あるのでしょか?


大変稚拙な内容で、恐縮ですが、一つ一つご回答ご解説して頂ければ、大変助かります。

宜しくお願い申し上げます。

解答解説を、読んでも、初学者で、大検レベルの私には、理解出来ず、この場を借りて質問させて頂きました。


問題


t=0の時、初速度0、t=3の時、V=6の正の等加速度運動をしている物体がある。

その後、t=3の時の、V=6から、t=4の時、V=0と負の等加速度を始めた。


(1)4秒間の走行距離が、元の位置に戻る時刻を求めよ。


という問題でございます。


解答にはt=2+4=6

答えは、6sと、解答解説されておりました。


質問(1)


4秒間の走行距離が、元の...続きを読む

Aベストアンサー

ポイントは一定加速度αの運動は
 V=Vo+αt
 X=Xo+Vot+αt^2/2
と書けることです。V,Xは時間tにおける速度,変位、Vo,Xoはt=0におけるV,Xの値(初期値)です。条件からα,Vo,Xoを決めれば解答完了です。
(前半)
ここではXo=0に採ってよさそうなので、
 V=Vo+αt
 X=Vot+αt^2/2
です。さらにt=0でV=0ということでVo=0、t=3でV=6よりα=2、よって
 V=2t
 X=t^2
です。t=3でX=9となることを抑えておきます。
(後半)
考え方は同じです。一定加速度も初速度も前半とは変ると考えて、各々β,V1とします。このとき
 V=V1+βt
 X=X1+V1t+βt^2/2
Vについてt=3でV=6、t=4でV=0、これから
 6=V1+3β
 0=V1+4β
V1とβに関する連立方程式ができて、これをといて
 V1=24,β=-6
よって
 V=24-6t
 X=X1+24t-3t^2
t=3でX=9の条件からX1=-36
よって
 X=-36+24t-3t^2

これで話は終わりです。多分X=0となる時間を求めたりするのでしょう。

ポイントは一定加速度αの運動は
 V=Vo+αt
 X=Xo+Vot+αt^2/2
と書けることです。V,Xは時間tにおける速度,変位、Vo,Xoはt=0におけるV,Xの値(初期値)です。条件からα,Vo,Xoを決めれば解答完了です。
(前半)
ここではXo=0に採ってよさそうなので、
 V=Vo+αt
 X=Vot+αt^2/2
です。さらにt=0でV=0ということでVo=0、t=3でV=6よりα=2、よって
 V=2t
 X=t^2
です。t=3でX=9となることを抑えておきます。
(後半)
考え方は同じです。一定加速度も初速度も前半とは変ると考...続きを読む

Q物理の問題です。 写真の問題2.の解答a〜dをご教示願います!

物理の問題です。
写真の問題2.の解答a〜dをご教示願います!

Aベストアンサー

解答a〜dって、全部? 丸投げ?
どこまで分かって、どこが分からないのかを自分で認識しないと、いくら他人に教わっても、何もあなたのためにはなりません。

① はちゃんと書いてある。
 F - T1 = m1a   (イ)

②は、①を見れば分かるでしょう?
 T1 - T2 = m2a   (ロ)

③も同じ。後ろに続くものがないだけ。
 T2 = m3a   (ハ)

(イ)+(ロ)+(ハ)より
 F = (m1 + m2 + m3)a
なので
 a = F/(m1 + m2 + m3)

これを(イ)に代入すれば
 T1 = F - m1a = F - m1F/(m1 + m2 + m3)
   = (m1 + m2 + m3 - m1)F/(m1 + m2 + m3)
   = (m2 + m3)F/(m1 + m2 + m3)

(ハ)に代入すれば
 T2 = m3a = m3F/(m1 + m2 + m3)

Q微積分を用いた物理の参考書について

東大理一を志望するものです。

微積を用いた物理を勉強したいのですが、

『新・物理入門(駿台文庫)』と
『大学物理への扉をひらく (SEGハイレベル物理)』
のどちらが良いでしょうか?

『大学物理への扉をひらく』シリーズは絶版となっていますが、
入手していることを前提としています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ごめんなさい、『大学物理への扉をひらく (SEGハイレベル物理)』
については知りません。
でも、私も高校時代『新・物理入門(駿台文庫)』を使っていました。
この参考書はかなりお勧めです。
受験用としてだけではなく、大学で学ぶ力学、電磁気学、熱力学、
量子論への道しるべともなっている様に感じました。
上質な参考書です。
微積を用いた物理と言っても、物理学はほとんどの領域で微積を
取り扱いますから、『新・物理入門(駿台文庫)』で十分満足できると
思います。
ひとつの参考までに、、

Q物理の問題です。 写真の問題1.の解答a〜cをご教示願います!

物理の問題です。
写真の問題1.の解答a〜cをご教示願います!

Aベストアンサー

丸投げ?
少なくとも、どこまで分かって、何が分からないのかを書いてください。説明のしようがありません。

(a) v = 20 - 5t (m/s)

(b) これがゼロになるのは
  0 = 20 - 5t
より
  t = 4 (s)

(c) x = 20t - 2.5t^2 なので、t=4 (s) のとき
  x = 80 - 40 = 40 (m)

こう書いたって、意味が分からないでしょう?

Q公式の導出や基本がわかる、大学受験の物理の参考書を教えてください。

今年浪人が決定した高校生です。
物理については、公式は知っていますし、基本的な問題は一通り解けると思いますが、たとえば
「運動量は外力のベクトル和が0になるときに保存する。」
といったことを暗記しているだけで、その公式や性質について正確な理解をしていないため、成績が伸び悩んで(いると思)います。

ですので、公式の導出や基本がわかる、大学受験の物理の参考書を教えていただけないでしょうか?
ただ、新・物理入門 (駿台受験シリーズ)のような、細かすぎるものはやる時間がないので、これよりも軽いものでお願いしたいと思います。

Aベストアンサー

軽いものだと、河合塾の『物理教室』がおすすめです。分厚いですけど、浪人生ならかなりスイスイ読めるだろうと思います。少なくとも新物理入門よりは軽いです。そのあと、ちゃんとした本で演習をガンガン積んでいけばいいと思います。

物理に対してある程度まともな理解をしたいのなら
駿台の『現代の物理学―力学編』が割とわかりやすくておすすめです。私が受験時代に読みふけった大好きな書物なんですが…古典力学しかないです。

割としっかりとした演習書なら
『理系標準問題集物理 (駿台受験シリーズ)』
『物理I・II標準問題精講』
『新・物理入門問題演習 (駿台受験シリーズ) 』
『大学受験精選物理I・II問題演習 』
『入試物理プラス―大学への数』
『物理の分野別問題集 (駿台受験シリーズ) 』
などがいいと思います。他にもいろいろありますが、私は大学の演習書をメインで使っていたのでよくしりません。
私は、この中でも『精選物理』か『分野別問題集』(ちょっとムズめ)が割とわかりやすいと思います。

それと、ちょっと気になったのですが
「運動量は外力のベクトル和が0になるときに保存する。」
を公式としてそのまま暗記するのはちょっと危険だと思います。「運動量は外力のベクトル和が0になるときに保存する。」は表現が微妙なのですが、一般に高校物理は"法則"と"公式"が混在しているので、見通しが非常に悪いです。
"法則"は、あくまで誰かが発見したものであって、なんでそうなるかはわかんないけど、実験上うまく適合するのでこの方程式は普遍的に成り立つのだろうと信じられているものです。導出できません(もちろん法則と等価な方程式からは導出できますが)。法則は数が少ないです。
"公式"は法則から導けます。法則を知っていれば「何大げさなこといってんの?」ってくらいのもので、暗記する必要すらないものもたくさんあります。
こういったことを踏まえて物理の本を読んでいけば、すっきりすると思います。流れを理解したいのなら、『現代の物理学―力学編』がおすすめです。

それと、高校では運動方程式はma=fと書かれますが、次の形でかかれることも知っておけば運動量に対する見通しがよくなる気がします。
運動量をpとしますと、
dp/dt = f…(1)
とかかれるものが運動の第二法則ですね。
「系の運動量の時間的変化率は、外界からの力の総和に等しい」とみます。
古典力学ではp=mvですので、もし運動中に質量mが変化しなければ、運動の第二法則は
ma=f (a=dv/dt)…(2)
と書くことができます。これが高校でよくみる第二法則の形です。
「力が作用している物体には加速度が生じる。加速度が生じてるってことは、その物体には力が作用してる。力が原因で、結果として加速度が生まれる」っていう因果律的な見方もできますね。
(1)で、f=0の時、dp/dt=0ですので、運動量が確かに保存してます。
運動量保存則との関係はメンドイので書きませんが、『現代の物理学―力学編』の確か4章辺りに載ってるので、立ち読みしてみるといいかもしれません(万人受けする本じゃないので、まずは立ち読みがいいかと)。何回も推薦してごめんなさいw

軽いものだと、河合塾の『物理教室』がおすすめです。分厚いですけど、浪人生ならかなりスイスイ読めるだろうと思います。少なくとも新物理入門よりは軽いです。そのあと、ちゃんとした本で演習をガンガン積んでいけばいいと思います。

物理に対してある程度まともな理解をしたいのなら
駿台の『現代の物理学―力学編』が割とわかりやすくておすすめです。私が受験時代に読みふけった大好きな書物なんですが…古典力学しかないです。

割としっかりとした演習書なら
『理系標準問題集物理 (駿台受験シリーズ)...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報