フラッシュ暗算って、よく頭の中でそろばんをイメージして、それをはじいて計算するっていいますよね?それ本当ですか?だとしたら和算ってすごいですね。

あともうひとつ、日本以外にも和算に匹敵する数学体系ってありますか?(西洋、イスラム圏の正統派?数学は除いてください)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>フラッシュ暗算がそろばんをイメージしてやっているというのは本当なんですか?



 フラッシュ暗算が、上の桁から計算していることを考えれば、そろばんと同じと言えます。
 筆算では下の桁から計算しますが、素早い暗算をする場合、数字の読みと同じ方向に計算します。そのほうが数字の並び替え処理が少ない分、早く正確に計算できます。

 ただ、フラッシュ暗算でそろばんをイメージしているかと言えば、人それぞれだと思います。
 個人的には、そろばんをイメージする分だけ時間がかかるので、数字そのままで計算します。
 ある程度訓練すると計算のパターンが身について、意識して計算しなくても答えがすっと浮かんでくるようになります。

この回答への補足

ありがとうございます。
ついでにもうひとつ気になったのでききたいのですが、ノイマンのような超天才はどのように暗算をおこなっているんでしょうか?そろばんのような方法だと考えられますか?

補足日時:2009/05/16 21:00
    • good
    • 0

間違いなく、フラッシュ暗算はそろばんの玉を脳内で弾きながら


計算しています。フラッシュ暗算ソフトそのものが珠算界で生
み出されたものです。簡単なフラッシュ暗算を計算するのには、
どんな計算方法であれ可能でしょうが、3桁の数などを超高速で
計算するには珠算式暗算の力が必要です。

この回答への補足

ありがとうございます。ついでにもうひとつ気になったことがあるのでこの場で質問させてください。ハンガリーの数学者として有名なノイマンは高速での計算が得意だったといわれていますが、彼のような天才がそろばんのように計算していたと考えることはできますか?それともほかに何か方法があるのでしょうか?

補足日時:2009/05/16 21:04
    • good
    • 0

厳密に言えば「そろばん」と「和算」は別です。


そろばんは「計算道具」であり「和算」は数学の体系です。
実際、和算では、そろばんでは表現できない概念(例えば方程式、数列、微積分など)を扱うことも多く、そのために、ふつうは「算木」というものを使用していました。

> 和算に匹敵する体系
中国以外には見当たりません。数学の成熟期に日本が鎖国政策をとっていたことと関係がありそうです。そのころ先進諸国では、交流が盛んでしたから、国別の特色は、それほどありません。そのころの数学書はラテン語で書かれており、多くの数学者が読むことができました。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
フラッシュ暗算がそろばんをイメージしてやっているというのは本当なんですか? 西洋の数学を利用して、だれでもフラッシュ暗算に近いことができるようになりますか?

補足日時:2009/05/15 13:10
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフラッシュ暗算はどうやって身につけるのですか?

こんにちわ、いつもお世話になっています。
先日TVでフラッシュ暗算をしている児童を見て、とてもびっくりしました。
何歳くらいから、またどういった訓練をしたらフラッシュ暗算は身につくのでしょうか?
お詳しい方教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

そろばん学習です。
そろばんは、実際そろばんをはじくものと思われがちですが、上手くなると頭の中にそろばんがイメージでき、実際そろばんをはじかなくても頭の中でそろばんをはじくことができるようになります。
その次の段階では、頭の中で、はじくことすら不要になります。
いわゆる右脳で瞬時に暗算ができるようになります。

他例を言うなら、キーボードで文字を打つとき初めは、ボタンを一つずつみなければなりませんよね。でも、タッチタイピング(旧ブラインドタッチ)を練習すれば、場所を考えながらボタンは見ず打つことができます。さらに次の段階では画面にだしたい文字をイメージするだけで、場所は考えずに自然にタララ~っと打つことができます。それと同じです。左脳の処理から右脳の処理になったといわれます。

Qそろばんの暗算

ここのカテゴリで質問するのは間違っているかもしれませんが、
ご容赦ください。
子供の頃、そろばん塾に通っていました。
そこで指を動かして(そろばんを使わずに)暗算してるんですね、みんな。私は何で指うごかしてるんだと思っていましたが、聞くと指で珠を弾いているイメージで計算していると聞いてびっくりしました。
無い珠を弾いてイメージで計算する・・私には珠の位置なんてすぐ忘れてしまうと思っていたので普通に頭の中で考えていました。
あとで真相を知って、みんな、そういう能力を持ってるんだなーって
がっくりしました。
どうやってイメージだけで暗算できるのか知りたいです。なにかコツがあるのかなぁって・・お願いいたします。

Aベストアンサー

質問からずれてしまいますが、
暗算について私も興味が有りますので、
仲間に入れさせてください。

私が小学校入学前の話です。
既に2個の数字の和を覚えていました。
1と1、1と2、・・・・1と9
2と1、2と2、・・・・2と9



9と1、9と2、・・・・9と9

の81個の並びの中で、重複しない45個の組合せです。
記憶によれば、これで4桁くらいの計算はらくらく出来ていました。

Qフラッシュ暗算

フラッシュ暗算って、よく頭の中でそろばんをイメージして、それをはじいて計算するっていいますよね?それ本当ですか?だとしたら和算ってすごいですね。

あともうひとつ、日本以外にも和算に匹敵する数学体系ってありますか?(西洋、イスラム圏の正統派?数学は除いてください)

Aベストアンサー

>フラッシュ暗算がそろばんをイメージしてやっているというのは本当なんですか?

 フラッシュ暗算が、上の桁から計算していることを考えれば、そろばんと同じと言えます。
 筆算では下の桁から計算しますが、素早い暗算をする場合、数字の読みと同じ方向に計算します。そのほうが数字の並び替え処理が少ない分、早く正確に計算できます。

 ただ、フラッシュ暗算でそろばんをイメージしているかと言えば、人それぞれだと思います。
 個人的には、そろばんをイメージする分だけ時間がかかるので、数字そのままで計算します。
 ある程度訓練すると計算のパターンが身について、意識して計算しなくても答えがすっと浮かんでくるようになります。

Q中学数学の自宅用学習で、Z会、チャレンジ、チャート式体系数学、どれがオススメですか?

私は新中1生の親ですが、子供が自分で家で勉強すると言っており、中学の数学を勉強するにあたって、何を中心に勉強するのがよいか調べています。最終的には、高校受験で都立青山高校クラスを目指しています。
そこで、Z会、ベネッセのチャレンジ、チャート式数学(数研出版)問題集を家庭学習用に選択しようとしています。通信講座は学校の授業の進度より早いので、家庭学習は主に予習をメインに、選ぶつもりです。それぞれ、サンプルなどを手に入れて、それぞれ問題を見比べました。比較したのは平面図形の単元でしたが、どれも難易度は変わらない程度かと思いました。たぶん、毎日進めていくと学校の進度より先にどんどん進むと思いますが、先取り教材考えた場合、どれがオススメでしょうか?
実際に勉強された方のご意見をお聞きかせください。
たぶん、しっかりやれば、どれを選択しても基礎的学力は付くのでしょうが、せっかくなら、すこし高度な知識も得ながら予習したいと思います。これとは別ですが自分で悩むより塾に通った方が、内容など考えないで勉強できてよいのかとも思いますが、塾は週1回2時間程度なので、結局問題集を自分でやる時間は変わりないのかとも思い、あまり乗り気ではありません。
比較時の感覚ですが、チャート式問題の中の発展問題というのが、すこしばかりレベルが高く設定されているようにも思いました。
経験者の方のアドバイスをお願いします。

私は新中1生の親ですが、子供が自分で家で勉強すると言っており、中学の数学を勉強するにあたって、何を中心に勉強するのがよいか調べています。最終的には、高校受験で都立青山高校クラスを目指しています。
そこで、Z会、ベネッセのチャレンジ、チャート式数学(数研出版)問題集を家庭学習用に選択しようとしています。通信講座は学校の授業の進度より早いので、家庭学習は主に予習をメインに、選ぶつもりです。それぞれ、サンプルなどを手に入れて、それぞれ問題を見比べました。比較したのは平面図形の単元...続きを読む

Aベストアンサー

Z会はどちらかというと、
”勉強は誰よりも出来るが、もっと先へ行きたい”という方にお勧めです。Z会は基礎というよりも応用です。自分の場合は問題が難しすぎて辞めました。
チャレンジはどちらかというと
”基礎から始めてゆったりと勉強して、ほうび(景品)が欲しい!”
という方にお勧めです。
しかし勉強には不向きなアニメキャラクターを多く教材に使用しているので、受験などの勉強にはちょっとお勧めできない かと....
チャート式の場合はどちらかというと
”自分で分からないところは自分自身で解決でき、先をコツコツと目指したい”という方にお勧めです。
キャラクターとかの記載はほぼありません、すごくシンプルです。
その代わりページ数が多く、基礎問題もいっぱいありますし、レベルに合わせて教材を購入することが可能です。
例.チャート式基礎編 , チャート式応用編 等


たまたま全部挑戦したことがありました。
が、あくまでも個人の感想なので、参考という形にしてくださいませ。

Qフラッシュ暗算みたいな速読・・・?

以前テレビで観たもので、なんと言っていたか不明なので質問します。

ちょっと説明しにくいのですが、フラッシュ暗算というものに似た速読だったと思います。

テレビ画面に4桁ぐらいの数字を0コンマ何秒という速さで、次々と表示して、それをすべて暗算で足していく、というのがありますよね?

確か「フラッシュ暗算」という名称だったと思いますが、それと同じように、画面に5~6行の文章を次々と、ページをめくるみたいに素早く表示して、それをじ~っと見ているだけで、内容を理解している、というものです。

もう、かなり昔(20年ぐらい前?)にテレビのバラエティ番組みたいなもので観た記憶があるのですが、速読で調べると、たいてい本をパラパラと速くめくっていくのしかでてきません。

テレビ画面に文章をパッ!パッ!と映していく速読のようなものって、どなたかご存知ないでしょうか?
私の思い違いなのかも知れませんが、どなたかご存知の方がいらっしゃれば、名称だけでも教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

このような類のソフトですか?


http://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se249355.html

Q暗算力と数学力の違いは?

よく、そろばん塾に行って暗算が早いという人が電卓が普及する前にいらっしゃいましたが、そういう人が数学者になった物理学者になったという話は聞きません。暗算力・演算力や数学力の違いは難でしょうか、教えていただければと思います。

Aベストアンサー

一般に『暗算力』とは、器具(そろばん)や機械(電卓やコンピューター)を使用せずに、事故の頭の中で加算・減算・掛算・割算を行う能力です。

失礼なことを書けば、処理方法が定まった計算を頭の中で行える能力と言うだけであり、新たな論理を創造力する洞察力やヒラメキは不要。
例えで説明すれば、天体観測に関する膨大な数値を既知の方程式等にしたがって計算・解析することは可能でも、ケプラーのようにそのデータから天体の運行に関する法則を導くために不可欠な能力ではない。

Q正しいやり方、間違ったやり方、○○なやり方

このカテゴリで良いのか分かりませんが、
他に適当なところが無かったもので。

映画「将軍の娘」で
「正しいやり方、間違ったやり方、そして、軍隊式のやり方がある。」
と言うセリフがあります。

他の映画等でも「正しいやり方、間違ったやり方、○○なやり方」と言うセリフを聞きます。

私が思うに、「○○なやり方は特別だ」と言う意味か?
或いは「○○なやり方は正しいくもあり、間違ってもいる」と言う意味かと思いますが、
も一つピンと来ません。

このアメリカンジョーク?の意味は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

その業界でのやり方といえばいいのか・・・・

たとえば無線を使用時にRYAN(ライアン)という名前を伝える場合
「RYAN」と伝えるか(間違ったやり方)
「アール、ワイ、エイ、エヌ」と伝えるか(正しいやり方)
「ライオン、ヤク、リンゴ、ナイチンゲール」と頭文字をわかりやすいものに置き換えて伝えるか(無線業界のやり方)
*(  )内の言葉はあえて当てはめていますのでご了承下さい

芸能界での挨拶が昼夜を問わず「おはようございます」というのも聞きますよね
一般的には時間をみて「おはようございます」「こんにちわ」「こんばんわ」と使いわけるのが正しいけれど、その業界では通用しない
ジョークではなく、そういった意味の台詞だと思います(^^)

ちなみに無線も欧米コード、和文コードやそれぞれの業界で使用されるものがありますので今回上げたものは出鱈目です

Q体系内で体系自身のモデルの存在を証明するとは

 「体系内でその体系のモデルを構成する」という文言をよく目にするのですが、これの意味するところが分かりません。これはどういった行為をいっているのでしょうか。もしくは自身のモデルの存在を証明できる、構成できる体系というのはどういったものなのでしょうか。

 例えばZFCで存在が証明できる対象に、述語を加えてつくった〈M、∈〉が性質として(つくった実装側で)、ZFCの公理を満たす
ということなのでしょうか

 事実、ZFC内でZFCのモデルの存在証明ができないことは承知していますが、「体系内(ZFCに限らず)でモデルを構成できる」とはどういう状況を意味するのかを教えて頂きたいがために以上のような書き方をしました。
 お時間あれば、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、
1.体系内で体系自身のモデルを構築する
ことと、
2.さらに、構築したモデルの完全性を証明する。(存在ではなくて、完全性ですかね)
ことは、別の話です。
実際、ゲーデルの有名な仕事は、ZFC(等)で、1を行う方法を編み出したことと、2が不可能であることを明らかにしたこと、の2つを行っています。

で、具体的にどうやって1を行うか、いろいろなところに解説があると思います。
単純に言えば、自然数の素因数分解の一意性を利用して、ZFCでの任意の命題 に、1対1で対応するような自然数を定める、ということです。すると、その命題に関して何か考えることは、対応する自然数に関すして考えることと同じになります。

さらに言えば、自然数について何か考えるということのは、つまり、ZFCでの命題そのものですから、この命題(もとの命題についての考え方を考える、メタ命題です)に対応する自然数も一意に定めることができます。

Q背筋のやり方

背筋のやり方

背筋のやり方を教えてください。

うつ伏せになって、上体をそらす背筋のやり方をしていましたが、腰を痛めると聞きました。

よい背筋のやり方があれば教えてください。

Aベストアンサー

四つん這いになって、片方の腕、反対側の脚を
床と平行になるように持ち上げ、一呼吸。
今度は反対・・・の繰り返し。

スーパーマンと呼ばれる、上体をそらすやり方も
同様にやるといいと思いますよ。

普通にやっても腰に悪いとは思わないけど・・・

Q数学の体系

数学の体系を次のように考えていますが、
どのような体系がいいですか
できるだけ整理したいのですが
よろしくお願いします mm(__)mm

______________
数学より基礎部分
 哲学
 超数学 etc
______________
数学の部分
 論理学
 集合論
 位相空間論
 代数学(群・・加群、体)
  加群→線型代数
 実数論
  連続の公理・定理の関係
  数ベクトル(ex 複素数、四元数)
  行列としての数ベクトル
 実数列・級数の理論
 実関数の理論

 位相幾何学
 微分・積分
 微分幾何学

 確率論
  確率分布
  確率過程
 関数解析
  バナハ・ヒルベルト空間→関数空間

 関数方程式・微分方程式



こうやってみると、数学の体系もまだまだ整理する余地があると思います

Aベストアンサー

おはようございます。
ここに、飛んできました。
はてさて・・・、僕には、解らない世界です。

>(宗教的な観点に基づくなど)数学のあるべき
についての考えを・・

ということですが、
書かれている「超数学」は僕にはイメージ出来ませんので、
「超科学」と置き換えて考えてみたいと思います。

まずまず・・・、
学問の目的は、
事物の相互関係、相互依存の理を学び、
理性をより啓発することにあると思います。
理性が高度に発揮されると理念にまで高められますが、
そうなると、全ての事象に対して、
統一的、創造的、関連的、秩序的に理解がおよぶわけです。
それがそのまま、
人間を含む全ての生命への貢献にもつながるのでしょう。

ところが、数学に限らず、地球上で発達してきた学問は、
あまりにも分割され、なおかつ複雑化、細分化されてきたため、
頭脳は、細部を記憶し思考するために使われ、
巨視的に全体像をみる能力が阻害され、
理性の啓発が阻害されてきたわけです。
その為、
宇宙の諸法則の発見が出来なくなっていると思われます。

そこで、これからの学問、特に科学は、
学問のための学問や、実効のない分野は、
惜しみなく大なたを振るって捨て、
ある程度、人間が一生涯かけて学べるほどに
統合化すべきだと思います。

さて、問題の「超科学」ですが、
キーワードは「意識」にあると思います。
物質の根源には、意識が大きく関与しているということです。
理論物理学の最先端ではもう気付きかけていると思われます。
湯川博士も
「素粒子の奇妙なふるまい」として感じておられたようです。

足立育郎という方が、宇宙からのメッセージとして、
中性子=「意識」、陽子=「意志」
ということから
(僕が感ずる限り)美しく精密な理論展開をなされており、
この理論は、
物質と精神の統合のための橋渡し役になるものだと思います。
相対性理論や量子論の矛盾も解消されると思います。
しかし、まだまだ、
正統な学会からは鼻にもかけてもらえないでしょう。

21世紀は、天動説が地動説に代わった時を凌ぐ、
大きなパラダイム変換の時を迎えつつあると思います。

おはようございます。
ここに、飛んできました。
はてさて・・・、僕には、解らない世界です。

>(宗教的な観点に基づくなど)数学のあるべき
についての考えを・・

ということですが、
書かれている「超数学」は僕にはイメージ出来ませんので、
「超科学」と置き換えて考えてみたいと思います。

まずまず・・・、
学問の目的は、
事物の相互関係、相互依存の理を学び、
理性をより啓発することにあると思います。
理性が高度に発揮されると理念にまで高められますが、
そうなると、全ての事象に...続きを読む


人気Q&Aランキング