大阪の生駒山が火山なのかという質問です。
(社会とか歴史のカテゴリだったでしょうか・・・?)

Wikipediaで「火山の一覧(日本)」と調べると、生駒山は
含まれていません。
ただ、注意書きに
「噴火によって直接できた地形が残っていないものは火山の定義に合致しないので、このリストに追加しないでください。特に、第三紀の火山岩からなり、侵食による削れ残りが山の形をしているものは間違えやすいので注意してください。
例:二上山、耳成山、畝傍山…など。 」
との記述がありました。
例に挙げられている「二上山」とは生駒山地の近くに位置しています。
「火山岩からなり、侵食による削れ残りが山の形をしているもの」
というのは・・・火山活動でできた山でも火山に数えないものがある
ということなんでしょうか・・・?火山の定義があるんですね・・・。

また、
http://www2.mus-nh.city.osaka.jp/learning/geogui …
http://kosmochlor3.at.webry.info/200904/article_ …
以上のHPなどには、
「死火山。 しかし、中央構造線と直交する西の県境、生駒山地⇒ 金剛山地の断層線の直下には今なお重力異常が認められる。」
などの記述もありました・・・。

対して「褶曲(しゅうきょく)山地説が有力となっている。」との記述
があるのが以下のHPです。
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%94%9F%E9%A7%92 …

まだ判明していないということなのでしょうか?
詳しい方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

生駒山の裾野部分は花崗岩、生駒山山頂部ははんれい岩からできていて、いずれも地下深くでマグマが冷えてできた深成岩です。

ですから生駒山は火山ではありません。南北方向の逆断層活動で隆起、侵食されてできた山ですね。
ちなみにはんれい岩は一般的に侵食に強いため、やや突出した地形を作りやすく、地形から火山と間違われやすいです。たとえば筑波山もそうですね。

それから二上山などは第三紀の火山活動で作られた岩石からなる山なのは確かです。ただ「火山」の用語は、wikipediaにあるように一般的に噴火などの火山活動その物でできた地形が残っているものを指します。ですから第三紀以前に作られて、火口地形や溶岩流地形などが失われているものは火山とは通常呼ばれません。ただ厳密に決められているわけでもないので、火山活動で作られた岩石があると言う程度の意味で「火山」とよぶことがないわけでもないくらいに考えていただければいいかと思います。。
    • good
    • 1

生駒山は火山ではありません。


地質は花崗岩です。
花崗岩は、地下深いところでマグマが固まった後に、造山運動によって地表まで上昇したものです。
火山とはマグマが地表に噴出してできた山です。
従って、花崗岩でできている山はすべて火山とは呼びません。
    • good
    • 0

地元民です。

学術的なことはわかりませんので回答ではありませんが。

生駒石というのはこのあたりでは有名な石です。
http://www.cc-net.or.jp/~ja3aeh/3shizen/3-4tigak …


ウィキペディア自体はそのまま鵜呑みにするのも危険なので、
そういう説もあるという程度でよろしいのではないかと思いますが。
というか、いわゆる火山らしい火山ということで、
第4紀の火山という定義をしていますね。

二上山付近にはどんづるぼうという二上山が火山だった頃の
名残の地形があり、第二次大戦中は空軍の防空壕があるということで、
昔はよく穴倉探検にでかけたものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%AF%E9%B6%B4% …
定義の仕方次第で評価も変わるというところでしょうか。

見た感じでは火山活動によってできた山というよりは、
断層地形による山のように見えます。
もちろん昔は火山活動もあったのは間違いないということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近畿と四国には火山がないのでしょうか

塾の教師をやっています。先日過去の高校入試問題を見ていたら近畿と四国には火山がないというのが模範解答になっている問題を見つけました。現在活動中の火山と言うのならわかりますが、火山はないと言い切ってよいのでしょうか。

Aベストアンサー

少なくとも日本火山学会の火山専門家の間では議論が分かれてはいません。
答は「近畿地方に火山はある」です。火山の専門家に尋ねたら、火山の定義云々等と関係なく近畿地方には火山はあると答えます。以下のとおりです。いずれも兵庫県です。
・田倉山
・神鍋火山群(神鍋・目坂・上佐野)
・玄武洞

日本の火山の分布については
http://www.geo.chs.nihon-u.ac.jp/tchiba/volcano/index.htm
神鍋火山群については以下が参考になります。
・http://hakone.eri.u-tokyo.ac.jp/kazan/Question/topic/topic153.html
・http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN4-8067-1199-3.html

また、No5の回答に対する質問「活動の定義」の件ですが、「活火山」の定義は、火山噴火予知連絡会により「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」とされています。「現在活動中の火山」と言ってしまうと、現在噴火中の火山を言っているのか、活火山のことを言っているのか、あるいは別のことを言っているのかが分からず、曖昧ですね。
活火山の定義についてはこちらを参考にしてください。
http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/press/0301/21a/yochiren.pdf

少なくとも日本火山学会の火山専門家の間では議論が分かれてはいません。
答は「近畿地方に火山はある」です。火山の専門家に尋ねたら、火山の定義云々等と関係なく近畿地方には火山はあると答えます。以下のとおりです。いずれも兵庫県です。
・田倉山
・神鍋火山群(神鍋・目坂・上佐野)
・玄武洞

日本の火山の分布については
http://www.geo.chs.nihon-u.ac.jp/tchiba/volcano/index.htm
神鍋火山群については以下が参考になります。
・http://hakone.eri.u-tokyo.ac.jp/kazan/Question/topic/topic...続きを読む

Q日本の金、銀は枯れたの?

黄金の国ジパングとか言われた時代もあったくらいに昔は採掘されたてのですか?

それらは今はほぼ枯れたのですか?

今からはイメージ出来ません

Aベストアンサー

金鉱脈がどう生成されるかに付いては色々な意見が有ります。
最近有力な説は次の様なものです。
マントルの高熱で地下深くに閉じ込められた水が高温高圧になり、
それにイオン化した金が溶け出す。
この金イオンを含む高温高圧熱水が地層中の割れ目を通り地上に出る
過程で減圧冷却され、金として岩石中に析出し、金鉱脈が生成される。

火山国で地震国である日本には、当然金鉱脈が多く、それも比較的
地表に近い所にあります。見つけ易い所にあるわけです。
これを探して採掘していたのが、戦国時代から江戸時代末までの状況です。
当時の技術で見つけることができ、掘り起こせる範囲の金はほぼ取りつくされて
しまいました。あらゆる大名が自領地を掘ったわけですから。

現在は金鉱脈生成の過程も解明され、地質学的知見も深まり、探索
技術も進歩し、世界的な金鉱脈が日本で続々と発見されています。
一番有名なのは、鹿児島の菱刈鉱山(住友金属鉱山)ですが、
大分県九重、山形県大峠、北海道東部(釧路周辺)にも金鉱脈が
発見されています。
下記URLの【黄金の国ジパングは復活するか】を見てください。
http://www.iforum.jp/okuchika/t5713.html

菱刈鉱山の金品位は世界屈指ですが、他の鉱脈もそれに劣らない
と言われています。

さて、これ程の金鉱脈を持ちながら日本での生産は何故菱刈だけなのか
は次の理由からです。
掘って生産量を挙げても金相場が下がるだけで住友金属鉱山には
投資に合うメリットは無いのだそうです。それで現在の菱刈が枯れたら
次の鉱区を開発する予定だそうです(直接聞いた話)。
金鉱脈発見ラッシュから20年以上も経つのに、菱刈はまだ枯れそうも
ありません。

例外的に、日本政府が金本位制への復帰を宣言し住友金属鉱山から
増産分の金を定額で買う、住友金属鉱山が経営不振に陥り金の増産を
行わざるを得なくなる、等が起れば日本は再び「黄金の国ジパング」
に成るかもしれません。
現在は「赤金(借金)の国ジパング」です。

金鉱脈がどう生成されるかに付いては色々な意見が有ります。
最近有力な説は次の様なものです。
マントルの高熱で地下深くに閉じ込められた水が高温高圧になり、
それにイオン化した金が溶け出す。
この金イオンを含む高温高圧熱水が地層中の割れ目を通り地上に出る
過程で減圧冷却され、金として岩石中に析出し、金鉱脈が生成される。

火山国で地震国である日本には、当然金鉱脈が多く、それも比較的
地表に近い所にあります。見つけ易い所にあるわけです。
これを探して採掘していたのが、戦国時代から江戸時代...続きを読む

Q山のでき方

前々から気になっていたのですが、ちょっと郊外に行くと見られるような、木が生えている普通の山はどのようにしてできたのでしょうか?

例えばヒマラヤ山脈はユーラシア大陸と現在のインドがぶつかってできたって言いますよね。日本にあるような山も、小さい島がぶつかってできたものなのでしょうか?

赤石山脈や木曽山脈は、駿河トラフがあることを考えるとヒマラヤ山脈のようにぶつかってできたのかなぁ、と思えるのですが、普通の山は砂場で山を作るように、神様が作ったような気すらします(笑)。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

山のでき方は、2通りあります。
1つは、褶曲(しゅうきょく)です。
質問者さんがおっしゃるように地面に強い力が加わって、地層そのものが曲がってできる山です。
もう1は、火山です。
これは、マグマが地表に噴出して、その噴出物が次第に堆積してできる山です。

で、質問者さんが疑問に思える山のでき方ですが、基本的には上記のどちらかになります。
しかし、地殻変動によって少しずつ、何万年もかけて移動したと考えられます。
日本本土自体、形が変わってますしね、山も移動しますよ。

Q山田 太郎のファーストネーム/ラストネームはどうなるの?

英語で山田 太郎の場合どちらがファーストネーム/ラストネームになるのでしょうか?解る方教えて下さい。

Aベストアンサー

太郎がファーストネーム、山田がラストネームです。
ですから「まだファーストネームで呼び合う仲ではない」という言葉は日本だったら「太郎」と呼ぶのは親しくなってからということからいわれるんです。

Qプラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください

プラモデル初心者です。
プラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください。
2度塗りする時期がわからず困ってます。
タミヤのエナメルカラーとMrホビーのラッカー塗料を主に使っています。

Aベストアンサー

ラッカー系の場合、半時間も置いておけば、触れる程度にはなります。マスキング作業をするなら2時間程度。研ぎ出し等は数日置いた方が良いでしょうが。
エナメルカラーの場合…色の種類によって違ったりします。それこそ、永遠にベタベタな状態になることもあるので(特にメタル系)、油断できません。墨入れ程度なら数時間でOKですが。ツヤがある塗料の乾燥は遅いので注意。

ついでに。アクリル系は厳密には乾燥しません。完成品をティッシュにくるんで箱に入れて保存…なんてことをしたら、次回取り出すときには見事なミイラに。

QWindows Media Playerで動画編集は出来ますか?

Windows Media Playerでムービーからの動画を見ているのですが、その動画に音楽をつけたいと思っています。どうすればよいですか?
Windows Media Playerで編集は可能ですか?もしだめならどのソフトを使えばよいですか?色々調べているんですが、初めての試みでなかなかたどりつきません。わかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

WindowsMediaPlayerは再生専用です。
Windowsムービーメーカーというソフトは入ってませんか?
*大抵標準で入ってると思います。

無ければ動画編集ソフトを購入するなり、フリーのもを使うなりになるでしょう

Q[神戸] 表裏六甲ドライブウェイは初心者にはきつい?

灘区の鶴甲から表六甲ドライブウェイを通り、六甲ガーデンテラス→裏六甲ドライブウェイ→有馬温泉に行く予定です。
帰りは六甲有料道路(トンネル)を通りたいと思います。

免許を取って1年ほどでして、山道の経験は乏しく、ドライブらしいドライブは今回が初めてです。普段の運転は近場(市街地)が主なので。
ネットで調べたところ、表・裏ともに道幅は狭く、ぐねぐねと曲がっているようなのですが、勾配はどれくらいなんでしょうか?
あまり速度を出すつもりはないのですが、後続車を先に行かせられるような待避所は所々にありますか?
行くとすれば日曜日になると思うのですが、この時期、六甲ドライブウェイは混むでしょうか?

自動車は、ファミリアS-ワゴン(MT車)です。
他にも、気をつけるべき点があれば教えてください。
走れるかな???チョット不安…かも!?

Aベストアンサー

表/裏六甲ドライブウェイは山道ですが割りと整備されてるので、それほど心配しなくても大丈夫だとは思います。ただ、免許取得から1年てのが少し気になりますが・・・
すでに回答された方がいらっしゃいますが、とにかく無理をせずゆっくり走る事です。特に下りでスピードの出しすぎは命取りになります。
ただ、ゆっくり走ると確実に煽られると思うので、その時は少しでも見通しの良い直線で路肩に寄せハザードを点灯させて後続車を先に行かせましょう。事故るよりは確実にマシです。
それからこれも下りでの注意になりますが、エンジンブレーキは積極的に使いましょう。
私自身、逆パターンにはなりますが、表六甲を下った時にブレーキを焼いてしまい、その先の六甲道辺りの踏み切りでブレーキが利かずに危うく線路に突っ込みそうになった経験があります。(車はエスティマでした)
免許とって15年以上になりますが、ブレーキ焼いたのは後にも先にも表六甲での一回きりです。
とにかく下りは気をつけて。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング