神社では、参拝者にお守り等を買ってもらっても、ありがとうと言ってはいけないと聞きました。
では、買ってもらった時なんと言うのでしょうか?
またお寺も同じでしょうか?

A 回答 (2件)

神社で働いたことがあります。


「ごくろうさまです」
「お勤めごくろうさまです」
です。
「ありがとう」だと商売ですよ、ただの商品ですよ、と公言していることになります。
お守りは神の授けもの、ありがたいもの、ご利益があるものであり、代金はお布施です。神様が賽銭を投げられて「ありがとう」と言ったらおかしいでしょう。神様なら「その誠意に免じて叶えてつかわそう」とか何とか言うでしょう。「ありがとう」と言ったら買った人を騙していることになるのですよ。

寺は分かりませんが、「御仏の御慈悲がありますように」とか何とか言うんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/24 17:48

禁止されているのかどうかはわかりませんが、この場合、買う方がお願いして神様の加護を頂くのですから、購入した方が「有難う」というのが当然でしょうこれはお寺でも同じです。



私は知っている限りで一番ポピュラーだと感じるのは神社もお寺も「お納め下さい」或いは「ご加護がありますように」ですね。
他にもあったかもしれませんが、覚えていません。
自分も手伝っていたときに(教わった訳ではありませんが)そう言っていた気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/24 17:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊勢内宮のお守りを お土産にいただきました。「中は空なので 御守りを入れて下さい。」と言われました。

伊勢内宮のお守りを お土産にいただきました。「中は空なので 御守りを入れて下さい。」と言われました。

神社で 中の空の 御守りを渡す事があるのでしょうか。開けて 調べて 良いでしょうか?

Aベストアンサー

No.4です。
内宮の授与品は以下の通りです(神宮司庁公式サイトより)。
http://www.isejingu.or.jp/visit/amulet/naiku.html
中に入っていた「天照皇大神宮」と書かれた小さなお札は、それが内宮の「お守りの中身」である「守祓」です。ちなみに外宮だと「豊受大神宮」と書いてあります。
お守りをくれたお友達は、(中身が既に入っている)御守りの近くに「中身だけの御守り」(守祓)も置いてあるのを見て、中身がない袋だけのものだ、と勘違いなさったかもしれませんね。
神宮司庁のサイトによると、画像のお守りは、「お持ちになる方の健康や幸せを祈願」した「御守」として授与されているもののようです。内宮で授与している御守りには、この他に「交通安全」「開運」「学業」「厄除」「安産」「海幸」の御守りがありますが、画像の御守りは、一般的な健康や招福の御守りとしてお持ちになれば良いと思いますよ。

Q神社参拝時の、境内にある他の神社の参拝方法について

神社参拝の際、鳥居をくぐってからメインの神社へ辿り着くまでの間に
ほかに小さな神社がある場合、
その小さな神社への参拝方法も、通常と同じで大丈夫でしょうか?

小さな神社がたくさんある場合も、
その都度二礼二拍手一礼をしてお参りしていましたが、
今日参拝した神社では、ほかの参拝者の方が
小さな神社にはお礼(お辞儀)だけをして、
メインの神社にだけ二礼二拍手一礼をされているのを見て、
どちらが正しい参拝マナーか分からなくなってしまい不安に思っています。

無知でお恥ずかしい限りですが、
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最初に断っておきますが、一般人です。

他の神社の分社である小祠のことですよね? 祠といえども神様はいらっしゃるので本来であれば全ての神様に二礼二拍手一礼するべきだと思いますが、二礼二拍手一礼の意味を個人的に解釈すると

「参拝させていただきます」
「お願いします」
「ありがとうございました」

というような感じだと思います。

ですので、神様にお願い事をする以上は敬いの気持ちを持って二礼二拍手一礼するべきでしょう。
ただ、そのためにはその祠がどこの神社の祭神の分祠でどんな神様かを知っておく必要があります。

ですので、(個人的な意見です)
その祠がどんな神様か分からなかったり、今日はその神様に挨拶する用件がなければ一礼だけ(神様を敬う気持ちだけ)で良いと個人的には思います。

例えば、拍手は寝ている神様を呼び起こすためにするものだと聞いた事があります。
極端な例ですが、「ついでに」祠に二礼二拍手一礼して、神様を呼び起して
「特にお願い事はないよ~」
てな感じだと逆に失礼じゃないですか?
実社会で言えば、誰かを電話で呼びつけておいて大した用じゃなかったら機嫌が悪くなりますよね?
神様だっておんなじだと思うのです。

ですので、個人的な結論として
「どんな小さな祠でもお願い事がある以上参拝マナーは二礼二拍手一礼である」
となりました。

最初に断っておきますが、一般人です。

他の神社の分社である小祠のことですよね? 祠といえども神様はいらっしゃるので本来であれば全ての神様に二礼二拍手一礼するべきだと思いますが、二礼二拍手一礼の意味を個人的に解釈すると

「参拝させていただきます」
「お願いします」
「ありがとうございました」

というような感じだと思います。

ですので、神様にお願い事をする以上は敬いの気持ちを持って二礼二拍手一礼するべきでしょう。
ただ、そのためにはその祠がどこの神社の祭神の分祠でどんな神様かを知...続きを読む

Qお守りを洗濯してしまい、破けてしまいました

私の気持ち次第かもしれないのですが・・・

厄除御守りを間違って洗濯機で洗ってしまいました
周りの縫い目が3分の2程度ほどけ、中の紙が丸見えの状態でした。

びっくりしました。とりあえず、縫い目を縫い直しました。

この御守りは今年買ったものなのですが、
もう「御守り」にはならないでしょうか。
持っていると何か縁起悪かったりしますでしょうか。

しょうもない質問ですみません。

Aベストアンサー

何も縁起が悪いことありませんよ。真っ黒けな汚れたお守りよりよっぽど良いと思いますが、ちょっと洗濯し過ぎで神さんも苦笑いしていますよ!

Q神社・お寺での参拝方法

勝手に思い込んでいるかもしれませんが…

神社では手を二回叩いて、
お寺では手を叩かないでお参りをしていました。

手を合わせて・ずらして・手は合わせず両脇にと、人によって違うようにも思いました。

あと神社のお賽銭箱の上に大きい鈴がありますが、それはいつ鳴らすのが適当なのでしょうか?

間違って参拝するとご利益がなさそうに思えていつも考えてしまいます。

Aベストアンサー

神社での一般的な参拝方法です。
「二拝二拍手一拝」
1.深いお辞儀を二回繰り返す。
2.両手を胸の高さで合わせ、肩幅程度に両手を開いて、拍手を二回打つ。
3.両手をきちんと合わせながら心を込めて祈る。
4.両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀をする。
参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.katorijinja.or.jp/saho/saho4.htm

Q【車用お守りスッテカ―】が剥れてきました…。

【車用お守りスッテカ―】が剥れてきました…。
車に貼ってある交通安全のシールが剥れてきました。
1、御守りの期限は一年と聞いたのですが、とってしまっても大丈夫なのでしょうか?
2、また、違う御守りシールを貼る時には、今のシールをはがさないと、ご利益はないのでしょうか。

剥がすと縁起悪そうなのですが…。自然に剥れるのを、待った方がいいのでしょうか?
知っている方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そういえば古い御守とかは燃えるゴミとかではなくて神社で供養というか返納というかしてもらいますよね

同様に回収して神社へ持っていった方がよろしいかと(笑)


なにしろ通常なら1年持つ筈なのに・・・・・交通安全の御利益的にかなりがんばって・・・
というか無理をしていただいたんじゃないかと(汗)

感謝と反省の念をこめて更新していただくのがベターです。


追伸
御守というかジンクスなんですが・・・・スペアタイヤや三角停止版、ファースト・エイド・キット、
消火器、牽引ロープ、ブースターケーブル、その他エマージェンシーツールが
車に装備されていたり、個人で追加したりしているわけですが・・・
トラブルというのは『たまたまこれらを持っていないときに』起こりがちです。

御守と同時にこれらのメンテナンスも強くお勧めします。

Q初詣で買ったお守りを別の神社に付けて行ってはいけませんか?

初詣で買ったお守りを別の神社に付けて行ってはいけませんか?
縁結びのお守りなのですが、偶然にも行く神社が縁結びの神社です。
お守りを持っていく事、お守りを新しく購入する事は、いけないでしょうか?

Aベストアンサー

日本の神社はそんなことはこだわりません。
あなたのこだわりで決めればいいです。

Qお守りって重荷?

今密かに好意を持っている女の子がいるんですが(今はただの友達)その子が受験に向けて頑張っているので少しでも励みになったらいいなと思って合格祈願の御守りを贈ろうかと思っています。

でもあんまり親しくない人から御守りとかもらっても逆に迷惑かな?とか考えてしまいます。後の処理もいらないから捨てるって分けにも行かないですし。

御守りは重荷ですかね?

みなさんだったら受験生を励ます時ってどんな贈り物がいいと思いますか?またどんな物を貰ったらうれしいですか?

いろいろ意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

私は嬉しいですけど。応援してくれてる&気にかけてくれてる(人として)人がいるって嬉しいですよ。たとえその人がそこまで仲良くない人でも。でも「なんでこの人が?」と疑問に思うかもしれないですけど。ちょっと重荷かもって思うのであればお守り以外に何かあげればいいのでは?

受験生ってストレスが多そうなので、リラックス出来るのも。お風呂で簡単にリラックスであれば入浴剤が入っているお風呂セット、部屋で勉強しながら香りを楽しめるアロマオイルなど、また現実的に図書カード(きっと参考書などでかなりお金使っているかもしれないの)でもいいのではないでしょうか。でもあまり高価、大きいものは避けた方がいいです。さりげに渡してあげてください。

Q神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

以下のホームページを見ると、次のような神拝詞(となえことば)があるようです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/4971/2/

<神拝詞(となえことば)>
祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)
神ながら(かむながら)
奇しみたま(くしみたま)
幸え給え(さきわえたまえ)

そこで、質問です。

神社参拝の際、上記の「祓い給い 清め給え・・・(中略)・・・幸え給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?
また、個人的なお願いごとは、上記の神拝詞(となえことば)を唱えたあとに、お願いすればいいのでしょうか?

それとも、個人的なお願いごとをする場合は、上記の神拝詞(となえことば)を唱えなくてもよいのでしょうか。よく、神社やパワースポット関係の本には、参拝作法に、上記の神拝詞(となえことば)を唱えなさいと書かれていないと思います。

ただ、時々、神社に行ったとき、拝殿の御賽銭箱の近辺に、上記の神拝詞(となえことば)のうち、
「祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)」と書かれた表示物を見たことがあります。

そもそも、参拝の際に、神前での願い方について、何を唱えればいいか、何が正しいかわかりません。

よろしくお願いします。

神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

以下のホームページを見ると、次のような神拝詞(となえことば)があるようです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/4971/2/

<神拝詞(となえことば)>
祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)
神ながら(かむながら)
奇しみたま(くしみたま)
幸え給え(さきわえたまえ)

そこで、質問です。

神社参拝の際、上記の「祓い給い 清め給え・・・(中略)・・・幸え給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?
また、個人的なお願...続きを読む

Aベストアンサー

私は、宗教が神道ではない者として、口を挟むつもりはありませんでしたが、書かざるをえない気がしました。出来れば、新興宗教の方は、その身分を明らかにしてほしいものです。知っている人には分かります。教義に書かれていた内容は、必ずしも一般的な情報とは違いますから、読み手は間違った認識を持ってしまいます。私自身は宗教団体には関係してませんが、生まれながら、仏教と神道の狭間で、相矛盾した中で割り切れない問題を背負って育ってきましたが、ある意味で時代に翻弄された一人だというしかありません。

昨年でしたか、大相撲の朝青龍が、手刀を切り、懸賞金を左手で受け取り、大ひんしゅくをかいました。相撲というのも、神の御前でする神事ですが、形から入り、心が入り、そして、そこに美と調和が生まれるわけです。これを「様式美」と言い、ただ、勝てばそれで良いというわけではない、という端的な例を表しています。

神社では、鳥居の前で脱帽し、礼をし、二礼二拍手一礼のマナーというものがあります。また、手水舎(てみずや)で片方ずつ手を清め、口をすすぐというのは常識ですが、直接、ヒシャクに口をつけてはいけません。今は、常識が常識でなくなってきているようです。確かに、出雲大社などでは違う作法があるところもありますが、それは注意書きが入っていたはずですし、こういう作法は、混沌としているということでもありません。明治以降、二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)を一般としてしてきているわけですから、それに従えば済むことです。知らなければ、覚えれば済む話です。この作法は、明治時代に作られた「神社祭式」を根拠としています。

また、女性は、柏手(かしわで)を鳴らさないというのは、占い師の細木数子氏が言ったそうです。しかし、女性は鳴らさないというようなことはありません。柏手は、神様を呼び出すという意味を持っているのですから、死者の前(葬式やお墓)では鳴らさない時(しのび手)があるという常識さえ知っていればよいことです。また、お寺では、二礼二拍手一礼はしないということも心がけてほしいものです。

それが、いつの時代に作られたものであれ、統一されたものなら、それに従わないということはありません。マナーのひとつとして、ぜひ、守って欲しいものです。それを守らなかったら、どうにかなるということではありません。日本的な表現ですが、「美しくない」ということです。

それから、祝詞というのは、簡単にいうと、「かむながら」という言葉がある通り、「神の御心のままで」という意味ですから、もともとは、「神の言葉として上から下に申し伝える言葉」だったわけです。唱え詞(となえことば)で一般的に知られているものは、

「祓い給へ 清め給へ 守り給へ、幸(さきは)え給へ」
というものです。私は、特に参拝客が声を上げて唱えるという話は聞いたことがありませんが、神社に詣でたときに、どこかに書かれていたら、黙読し、心の中で、「清い心で、神様の御心のままに、みなを守り、みなが幸せになれますように」と祈ればよいと考えています。

なお、浄土真宗の話に触れておきます。
日本の宗教の中で、戦前戦後、妥協を許さなかった宗教であり、西洋哲学でいうなら、日蓮宗が日本型の強者の理屈を持つ宗教なら、(浄土)真宗は、それに対抗する弱者の宗教です。

浄土真宗は、現代まで靖国神社を反対している唯一の仏教団体です。ここでは、日蓮系の新宗教団体は除きます。明治政府は、事実上、仏教と神道を分離しました。祝詞を唱えると願いが叶うという発想は、空海の真言密教を起源とする両部神道であるかもしれませんが、仏教色が残るものとして、これ自体も廃仏毀釈運動によって排斥されました。

浄土真宗の「南無阿弥陀仏」と唱えることは、日蓮宗のように題目を唱え利益(りやく)が得られるというような意味合いを持ちません。念仏は念仏を唱えること自体に意味を持ちません。それは、信仰そのものの現れだと考えています。

真宗大谷派大阪教区『銀杏通信』靖国神社に対する考え方。
http://www.icho.gr.jp/faq/q_a_042.htm

明治の初期、森有礼の建白書や浄土真宗の島地黙雷僧侶が、明治政府に信仰の自由を訴えましたが、逆に神道側は、その体制を整えることになりました。

明治憲法が発布されたとき(明治23年)に、神道とは国家神道として、別格な地位を得て、「国民の道徳」としました。断じて、浄土真宗が、神道に影響されたり、政府に擦り寄り、神道に影響を与えたなどということはありません。

また、見えない霊自体を肯定するかどうかは別としても、霊体が危害を加えようとするという、オカルティズムは、私たちの一般社会には馴染まない考えだと思います。

参考:国家神道

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A5%9E%E9%81%93#cite_note-6

私は、宗教が神道ではない者として、口を挟むつもりはありませんでしたが、書かざるをえない気がしました。出来れば、新興宗教の方は、その身分を明らかにしてほしいものです。知っている人には分かります。教義に書かれていた内容は、必ずしも一般的な情報とは違いますから、読み手は間違った認識を持ってしまいます。私自身は宗教団体には関係してませんが、生まれながら、仏教と神道の狭間で、相矛盾した中で割り切れない問題を背負って育ってきましたが、ある意味で時代に翻弄された一人だというしかありませ...続きを読む

Q病気の方にお守りは非常識ですか?

知り合いが長くかかる病気になり入院しております。
お見舞いに神社かお寺で御守りを購入して渡そうか考えてますが、
病気前ならいざしらず、病気になってから渡すのは相手に失礼でしょうか?

もし渡しても大丈夫でしたら、どんな祈願の御守りがよいのでしょうか?
(健康祈願、厄除など・・・)

Aベストアンサー

私は、治らない癌に冒されて居ます。
しかし、子供が毎年新年に成ると神社でお祓いを受けて、病気平癒や癌封じのお守りやお札を持って来てくれます。
治らないことが解って居ても、とても嬉しくひょっとして少しでも効果が有るのではないかと、わずかな期待を込めてお守りは身に着け、お札は神棚に祭って毎朝お祈りして居ます。

たぶんですが、ご質問者様のお知り合いも決して悪い気持ちには成らないと、私は思います。
なお、お守りもお札も病気が治る事を願って「病気平癒」が良いと思います。

Q私には信じている神社があります。 御守りもそこで買います。 知人から年明けとかに違う神社の 御守りを

私には信じている神社があります。
御守りもそこで買います。
知人から年明けとかに違う神社の
御守りを頂く事があり困ります。
自分は信じている神社があるので
他社の御守りを自分が持つ事は信じている神社に対して裏切っている気持ちになります。
ですが折角気に掛けて買ってきてくれたのに、丁寧にお断りをしたにしても、
受け取らないのは相手に失礼ではないか?という気持ちになりつい受け取り、
あ~どうしよう、、、となります。。
みなさんならどうしますか?
そしてその頂いた御守りは、自分が
いつも行く神社に自分がお正月に購入した御守りと一緒に、次の年に納めてしまっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

一つの神様を信じるのはいいことですが。
だからと言ってほかの神社のお守りを断りたいというのはどうかと思います。

知っているとは思いますが、神様たちは毎年10月に出雲に集まり来年のことの会議を行います。
全国から神様が出雲に集まって神様がいなくなってしまうため10月は神無月といわれますが(出雲では神在月といいます)
そこでの世間話で、あなたにお守りを断れれてしまった!そこのうちの神社によくくるぞ!悪い子だ!
ってなっても嫌じゃないですか?

まあ、ちゃんと受け取ってるみたいなのでいいとは思いますが。
日本は八百万の神様がいる国です。どこでどの神様がつながっているかわかりませんよ?ちゃんとありがたく受け取りましょう。

あなたの行く神社に納めれば問題ないですよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報