シュウ酸二水和物、硫酸銅(II)五水和物、過塩素酸、サリチル酸水溶液、塩化カリウム、水酸化ナトリウム、塩酸について、それぞれの廃液はどの分類の廃液に捨てるべきかを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は化学会社に勤めているので、上記の物を自社で処理する事が可能ですが、 かなりぶっちゃけて書きますが。

塩化カリウムは、大量の水で
流して捨てる。 シュウ酸、苛性ソーダ、塩酸は、局所排気装置(ダンバー)が有るところで、バケツに水を張り、撹拌しながらPHを中性に
なるように調整して、塩にして廃棄してください。
廃棄ピットで、PH、BOD、CODを測定しているなら、少量づつ
廃棄して、測定値をオーバーしないようにね。
硫酸銅(II)五水和物、過塩素酸、サリチル酸水溶液、この3点は、
薬品の状態が不明、処理するのに危険が伴うので、専門業者に任せる。

私の使う薬品の4類廃液は、活性化してるので、普通の業者には
出せないので、違う業者に掛け合って、未開封のまま、1斗缶ごと、
焼却してもらってます。 お金は2倍払ってるけど。

参考までに、どの程度の薬品量が有るのでしょうか。
廃液の分類は、会社や学校で、分類がバラバラです。
上記の薬品が、試薬みたいに単体で存在するなら、自分で処理できるものも有りますが、色々な物が混合された廃液ならば、業者に相談してください。 重金属が混じっているなら専門家に依頼してね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございました。
助かりました。

お礼日時:2009/05/21 23:35

一つだけ気になることがありますので…



>過塩素酸
通常は業者委託かと思いますが、必ず還元剤で処理してから出さないと危険すぎると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

還元剤で処理すれば良いんですね、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 23:40

廃液の分類は、どうなっているでしょう?


下手に混ぜると危険な薬品もあるので。

各薬品のMS-DSを手に入れて、(薬品の名前とMS-DSで検索すればヒットするでしょう)それをもとに、廃液処理をすることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/21 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサリチル酸銅の安定度定数

サリチル酸銅の安定度定数が知りたいんです。
ここでも以前に同じ質問をされてる方がいたのでそれも見たのですが、
参考にされているURL(http://library.nagaokaut.ac.jp/drdb/h06/z0054.html​)は表示できず、また 「Chemical Abstract」で検索しても英語で表示されてしまっていて探せません。
図書館などの化学辞典でものっていないので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

英語って言うとこれかな、↓
http://george-eby-research.com/html/stability_constants.html
K = [ML] / [M][L] かつ、
logK=10.60
と書いてありますね。

Qサリチル酸銅の安定度定数

 サリチル酸銅の安定度定数を知りたいのですが、手持ち、図書館の文献にのっておりませんでした、どうかこの値をご存知の方、値と文献名をどうか教えて下さい、お願いします!

Aベストアンサー

 「Chemical Abstract」等での文献検索はされたのでしょうか?

 直接の回答ではないですが,ネット検索すると「特定な有機配位子をもつ銅(II)およびクロム(III)錯体の形成とその特異反応性」と題するページが見付かりました。

 これは長岡科学技術大学の博士論文の要旨ですが,博士論文ですからその内容はどこかの学術誌に掲載されているはずです。その論文を見れば,データが出ていると思いますが・・・。

 「Chemical Abstract」の Author Index で検索されてはいかがでしょうか(おそらく,主査の山田明文教授他との共著だと思います)。

参考URL:http://library.nagaokaut.ac.jp/drdb/h06/z0054.html

Qサリチル酸銅

0.2M-HClO4、0,6M-KClをそれぞれ10mlずつ、0,01M-サリチル酸水溶液を40ml、硫酸銅五水和物25mg入れた溶液に、1M-NaOHを滴下していきました。
このとき、滴定の中和点付近で溶液の色が黄色に近いような黄緑から淡緑色へと変化していきました。また、そのまま過剰に1M-NaOHを加えていくと、溶液の色が淡青色になって安定しました。

それで質問なのですが、最初に調製した溶液にはサリチル酸銅が含まれていると思われるのですが、そう考えると銅の錯イオンの話ですよね??
このイオンは銅(II)イオンだと思うのですが、だとすると中和点付近で「酸性→中性→アルカリ性」とpH変化に伴って色が変化していく中で、銅(II)イオンはどのような形で溶存しているのでしょうか??
また、その色と形の関係はどうなっているのでしょうか??

Aベストアンサー

サリチル酸のカルボキシル基は安息香酸(pKa=4.20)より強酸のpKa=2.98(近接作用のせいで解離し易いらしい)なので、これが解離して銅に配位します。
Cu(HSal)2は淡青色、二核のCu2(HSal)4は濃緑色であることが知られています。
多分これですね。

QビタミンC定量とメタリン酸について

難しい質問なのですが、
ビタミンC定量で、なぜメタリン酸を使うのでしょうか?
栄養の勉強をしているのですが、
まったくわからないのです。
詳しく知っている人がいたらぜひ教えていただきたいです。
お願いします!

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「還元型ビタミンCの簡易測定法によるブロッコリーの品質診断」
●http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/dc050227.htm
(ビタミンC入り清涼飲料水)
◎http://members.home.ne.jp/khide/vitamin.htm
(実験の概要:2%メタリン酸溶液)

抽出の意味とpH調整の意味があるようですね?
参照文献の記載もあるので調べてみては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://home.raidway.ne.jp/~shes/gijutsu/95/95-05.htm

QKCL 溶液で、水ぶくれができてしまった。

3.3 mol の KCL溶液(pH計の比較液)が充填中に手に付着してしまいました。
それが、原因とは、考えられないのですが、
数分後に水ぶくれができてしまいました。

3.3molのKCLとは、危険な薬品なのでしょうか?

手袋を使用する際は、どのような手袋を使用したらよいのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

塩化カリウムの危険性と扱い方
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1450c.html

体内摂取は非常に危険ですが皮膚は劇症を与えないようです。食塩みたいなものですから水ぶくれは他の物質によるのかもしれません。

私は素手で扱っていましたが被害はありませんでした。

Q酢酸の廃棄方法について質問です

200mlほどの酢酸を捨てたい場合はどうすれば良いでしょうか。

家の者が庭のすみに流せば問題ないと言っているのですが、それでも大丈夫なのでしょうか?
化学の知識がないためわかりません。
 
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一口に酢酸といっても濃度が色々あります。

工業用の高濃度のものは99%になり引火性があります(火がつきます)

家庭にあるものですと洗剤用として30%程度のものかもしれません。

食酢は大体5%です。食酢だって臭気を嗅いだらしばらくは鼻がバカになりますね。

30%(200ml)のものを食酢程度の5%に薄めるには4倍の水を加える必要があります。これをするだけで室内に酢酸臭が充満してしばらくは鼻に臭いが残りますね。
これを下水に流したら配管構造によっては臭気が地上や他所のお家に逆流する怖れもあります。

ですから一気に流したら駄目です。日を置いて少しずつ更に10倍程度薄めて流した方が良いです。

庭が広ければ深さ50cm程の穴を掘ってそこに流し込むのも良いかも(これも試しに少し流して様子見してから残りを流すのがよいでしょうね)。

Qいらなくなった塩酸の廃棄方法について教えて下さい

以前お風呂の排水溝がいくら掃除してもつまってしまって困っていたときに、近くの薬局の人に相談したら塩酸を使うと改善されると教えていただき購入したのですが、結局その後もっと手軽に排水溝をきれいにできる洗剤(?)が発売されたのでこの塩酸がいらなくなってしまいました。

劇薬ですし、どう処分したらいいのか困っています。
容器の説明書き等読んだのですが特に薬剤の廃棄方法は表示されていませんでした。

どなたかお分かりになる方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

No.8の者です.
ご自分で処理することになった場合,原液を皮膚に付けないように,十分注意して下さいね.もし着いたら,大至急,大量の水で洗い流します.

それと,お風呂がユニットバスなら,普通に少しずつ流せば大丈夫ですが,追い炊きができるタイプの場合,湯がまの方に塩酸が入らないように注意して下さい.湯がまに塩酸が残ると(薄い塩酸でも),非常に早く腐食します.ステンレスは塩酸に対して非常に弱いんです.

作業は,必ず窓を開けて行って下さい.また,塩酸を流した後,浴槽をよく水洗いして下さいね.念のため,水洗い終了後,浴槽の栓を締めておくことをお勧めします.

あと,塩素系のものを同時に流さないように注意しましょう.下水管路内で塩酸と反応し,塩素ガスが排水口から出てくる可能性があります.

化学的な知識がおありなら,それほど大変な作業ではありませんが,事故があったら大変ですので,あれこれ,うるさいことを書かせてもらってます.

それと,余談ですけど,塩酸は「塩酸ガス」が水に溶けたものなんです.濃度35%というのは飽和状態ですので,これ以上の濃い塩酸は存在しません.(硫酸は100%とかありますけどね)

No.8の者です.
ご自分で処理することになった場合,原液を皮膚に付けないように,十分注意して下さいね.もし着いたら,大至急,大量の水で洗い流します.

それと,お風呂がユニットバスなら,普通に少しずつ流せば大丈夫ですが,追い炊きができるタイプの場合,湯がまの方に塩酸が入らないように注意して下さい.湯がまに塩酸が残ると(薄い塩酸でも),非常に早く腐食します.ステンレスは塩酸に対して非常に弱いんです.

作業は,必ず窓を開けて行って下さい.また,塩酸を流した後,浴槽をよく水洗い...続きを読む

Q銀溶液の廃棄方法について

現在銀の定量試験をしているのですが、その際の検量線の作成のために、1ppmと8ppbの標準溶液を調製しています。その廃棄方法なのですが、何か特別な廃棄方法が必要ですか?1ppmくらいなら普通に流しても問題ないでしょうか?化学についてはど素人なもので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

硫酸銀溶液か硝酸銀溶液をお使いですか??
両者とも食塩で銀の沈殿を作って一晩おいて置いたら沈殿が沈むので上澄みを流したら良いと思います。

銀の沈殿は貯めて置いて薬品会社に売ることも出来ますよ

全然違う物質だったらごめんなさい。

QpH計の電極の保管方法について

会社でpH計(電極はHORIBA試験管用pH電極 6378-10D)<http://www.jp.horiba.com/analy/ph_guide/elec_min.htm>を使用しています。

最近、正しいpH計の電極の保管方法がとても気になってしまいネットなどで検索してみたところ、一般的には『蒸留水』でOKという方が多いですが、『保存液』なる塩化カリウム溶液(1mol/L程度)に浸しておくと、より高精度な測定が出来るというのを知ったので実行してはいますが(精度がUPしたような気はします)、実際はどうなのでしょうか???

また、最近メーカーの方が普通の水道水でもOKと言ってましたがどうなのでしょうか???

また、こちらのメーカー側では<http://www.jp.mt.com/seihin/kenkyu/ph_mp220.html>
6.保管
電極先端3cmぐらいを3mol/KCl溶液に漬けて下さい。純水などで保管すると応答が遅くなります。また、寿命が短くなりますのでご注意下さい。
→ 純水等に漬けてしまった場合は、一晩3mol/KClに漬けてからご使用下さい。

とありますが、これは正しいのでしょうか???
まとめると、《保管》塩化カリウム溶液に浸す→《測定》電極を蒸留水で洗い軽く拭き測定。が正確なのでしょうか?

会社でpH計(電極はHORIBA試験管用pH電極 6378-10D)<http://www.jp.horiba.com/analy/ph_guide/elec_min.htm>を使用しています。

最近、正しいpH計の電極の保管方法がとても気になってしまいネットなどで検索してみたところ、一般的には『蒸留水』でOKという方が多いですが、『保存液』なる塩化カリウム溶液(1mol/L程度)に浸しておくと、より高精度な測定が出来るというのを知ったので実行してはいますが(精度がUPしたような気はします)、実際はどうなのでしょうか???

また、最近メーカーの方が普...続きを読む

Aベストアンサー

pH電極の保存方法は、通常やはり塩化カリウム溶液で常に濡れている状態にするべきでしょう。

なぜ蒸留水(水道水)で保存するとダメなのでしょうか。
それは電極の役割(意味)を考えてみてください。
塩橋の役割はイオンが存在する必要があります。そのため電極先端にはゲル状のふたがあると思います。この部分のイオンが減少または乾燥による空気の混入が起こらないように電解質に付ける必要があるのです。電解質が無い場合でも最低限乾燥を防ぐために蒸留水につけるのでしょう。(ゲルが一度乾燥すると中の空気を抜くことは非常に困難です。イオンを中に入れることは拡散で可能ですので)

以上の理由より、電極は最低限乾燥させない事と、イオン濃度が変わらないように電解質に付けることが良いと思われます。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報