javaの上級者に向けて入門勉強したら次に何を勉強したほうがいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

入門編は何の本で勉強したかによると思います。


わかりやすくて、勉強効率のいい本を

明解Java(←おすすめでない)とか、やさしいJava入門編
のような簡単な本で勉強したなら、

・Java言語プログラミングレッスン下巻

まとめとして
・Sun SJC-P認定ガイド 310-055対応
これで基本は全て大丈夫だと思います。


ここからJavaで何をやるのかによります
システム開発系とかでデータベース使った何かやりたいのなら、
JSPとサーブレットの勉強でしょうか。
個人的に、仕事を考えるならAWT、SWINGは後回しでいいかも。

おすすめの本はあまりないです。
・最初はネットのJava入門サイトなどで勉強した方がいいと思います。

しいて言うなら
・やさしいJava活用編(AWT、SWINGはやらない)

・ Webコンポーネントディベロッパ SUN教科書

※本がわかりずらいのでネットで調べながらやる感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。段取りよくわかるようになった上級者に目指して頑張ります!!

お礼日時:2009/05/25 21:30

下記の様な、良質なプログラムを構築する為の手法を扱った書籍等を学ばれるのが良いかと。



Effective Java 第2版
http://www.amazon.co.jp/dp/489471499X/

デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ
http://www.amazon.co.jp/dp/4894716844/

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック
http://www.amazon.co.jp/dp/4894712288/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本まで薦めてもらってありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青山学院大学経済学部経済学科の1年生です これから真面目に勉強するつもりであれば1年次に入門科目基礎

青山学院大学経済学部経済学科の1年生です
これから真面目に勉強するつもりであれば1年次に入門科目基礎科目は全て履修しておいたほうがいいですか?

Aベストアンサー

真面目にやるつもりならば、特に頭のいい分野がなければ、満遍なく勉強した方がいいです。

これは苦手なんだよね。

とか言ってるのは、
大人になればわかりますが

間違いです。

頑張ってください!

Q「これならわかるJAVA入門の入門 坂下夕里 P186,187」につい

「これならわかるJAVA入門の入門 坂下夕里 P186,187」についての質問です。

http://up.mugitya.com/img/Lv.1_up121711.jpg
http://up1m.ko.gs/src/koups217.jpg
http://josup.xrea.jp/josup/src/up1248.jpg
http://219.94.194.39/up/src/f3236.jpg

【オーバーロードを使ったプログラム】
class Test {
int sum(int i, int j){
return i + j;
}

int sum(int i,double d){
return (int)(i + d);
}

}

public class sample35 {
public static void main(String[] args) {
Test test = new Test();
System.out.println(test.sum(1,2));
System.out.println(test.sum(2,2.5));
}
}

たとえば、2番目のメソッドの戻り値をdouble型にしたメソッドを
オーバーロードしようとするとどうなるでしょう?

double sum(int i, double d){
return i + d;

コンパイル時にエラーになります。まったく同じ引数定義の場合は、
処理内容や戻り値が違っても複数定義することはできません。

【質問】
「まったく同じ引数定義の場合」とはどういう事でしょうか?
どことどこが同じなのでしょうか。

「これならわかるJAVA入門の入門 坂下夕里 P186,187」についての質問です。

http://up.mugitya.com/img/Lv.1_up121711.jpg
http://up1m.ko.gs/src/koups217.jpg
http://josup.xrea.jp/josup/src/up1248.jpg
http://219.94.194.39/up/src/f3236.jpg

【オーバーロードを使ったプログラム】
class Test {
int sum(int i, int j){
return i + j;
}

int sum(int i,double d){
return (int)(i + d);
}

}

public class sample35 {
public static void main(String[] args) {
Test test = new Test();
System.out...続きを読む

Aベストアンサー

確かにちょっと誤解を招くような文章ですが、この場合は
2番目のメソッドがあって、それの戻り値だけを変えたメソッドを作ったら、という解釈
が正しいと思います。

つまり、
class Test {

int sum(int i,double d){
return (int)(i + d);
}

double sum(int i, double d){
return i + d;
}
}

のように戻り値がint の場合とdoubleの場合の2つのsumというメソッドがTestというクラスに宣言されているという状態のことを言っていると思います。

もし int sum(int i,double d)が無くてdouble sum(int i,double d)のみあるという状態ならコンパイルエラーにはなりません。

ようは同じクラスにメソッド名が同じで、引数も同じというメソッドがあったらエラーになるということです。

Q大学経済学部ですが、経済学のための数学の入門書

数学が苦手ですが経済学部に入ってしまいました。

なんか良書はないでしょうか?わかりやすいやつをおねがいします。
大学は慶應経済です。

Aベストアンサー

佐々木氏のがよいですよ。
数学をわかりやすく解説しています。


http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/nyu.html#eco

Qjava上級者になるには

上級SEを目指し、今、Javaの勉強をしています。(現在大学生です)
「独習Java」をやり終え、初級~中級程度のJavaの技術は身につけたのですが(独習Javaのレベルは初級~中級とパッケージにかいてあるので)、中級~上級のJavaの技術を身につけるにはどうしたらいいですか?中級~上級レベルの技術を身につける良き参考書があったら紹介してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「上級」の定義にもよります。単にプロジェクトの上位レイヤを指すなら、言語知識がなくても勤まりますよ。その分、業務側に精通する必要がありますが。

とりあえずJavaをより深く覚えたいなら、
・デザインパターン、UML、アスペクト指向等の設計系を中心とした基礎概念の本。特にJavaは継承ではなくインタフェースを中心として考えたほうが良いので、「Javaオブジェクト設計」等の書籍を。パターンは結城浩さんの本で。
・XPをはじめとしたアジャイル系、特にJUnitとAntを使ったテスト指向開発の本。ウェブで十分ですが。
・一般的なデータベースとSQLの本。羽生さんの「楽々ERDレッスン」とか。
・Java Cording Standard等、Javaソースを書く上での標準スタイル。適当な日本語訳がWeb上に転がっているのでそれを読む。
・Web関係の本。Strutsをとりあえず覚えれば良い。後は必要に応じてSeaserやSprint等DI関係をナナメ読み。
・「Java魂(オライリー)」等、Javaプログラミングで気をつけるべき細かな諸注意点について触れている書籍
・データベース関係。JDBCの基礎と、Hibernate等のDBアクセス関連

あたりでしょうか。
読んだだけでは身に付かないので、自宅でTomcatサーバをつかってStrutsベースのアプリを作るなり、実践して身につけてください。

「上級」の定義にもよります。単にプロジェクトの上位レイヤを指すなら、言語知識がなくても勤まりますよ。その分、業務側に精通する必要がありますが。

とりあえずJavaをより深く覚えたいなら、
・デザインパターン、UML、アスペクト指向等の設計系を中心とした基礎概念の本。特にJavaは継承ではなくインタフェースを中心として考えたほうが良いので、「Javaオブジェクト設計」等の書籍を。パターンは結城浩さんの本で。
・XPをはじめとしたアジャイル系、特にJUnitとAntを使ったテスト指向開発の本。ウェブ...続きを読む

Q理系のための経済学の基礎を押さえるための良い教科書をご存知ですか?

経済学の基礎を勉強しようと思い、伊藤元重さんの「ミクロ経済学」(タイトルはちょっとあいまい)を買って読んでみました。
元々、経済には興味を持っていたためか、あまりに内容が平易すぎて、いらいらが募りました。理系の私にとって、数式抜きに説明しようとするスタイルがだめだったのかもしれません。それで、よい教科書をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示願えないでしょうか?

私の バックグラウンドは、理系の大学院生で、微分積分・確率統計には精通しているつもりです。また、経済学自体にはもともと興味はもっていて、大学入試のために経済学(政経倫理)を勉強したことがあります。また、大学の教養単位で経済学を受講しました。ただ、教科書を買って一通り勉強したことがなく、基礎に不安を感じたので勉強しようと思い立ちました。

そもそも経済学の基礎を押さえたい動機は、公共経済学を興味を持ったためです。

周りに経済に詳しい人がいないので、どうしても独学なってしまいます。教科書・参考書の善し悪しは、独学する上では重要だと思っています。

Aベストアンサー

貴兄の質問を引用して,基礎理論系にかんして感想・アドバイスを述べさせていただいてから,推薦テキストを文末に列記します.長文です.

>理系の私にとって、数式抜きに説明しようとするスタイルがだめだったのかもしれません。・・・私の バックグラウンドは、理系の大学院生で、微分積分・確率統計には精通しているつもりです。

理系の方は,原論系つまり,ミクロ経済学とマクロ経済学にかんしては,「入門・・・」という本は,入門にはならないと思います.本来,数式を駆使して提示された諸理論・諸仮説で構成されているはずのモノを,文系に分類されているがために,図や言葉だけで入門書を作らねばならないというだけですので,数学の諸概念,空間や微積,線形代数などの知識がある方は,上級の本から読んでいって,かまわないと思います.応用理論でなければ,上級テキストであってもミクロ・マクロの基礎概念を既知のモノとしてすっ飛ばしていることも少ないと思いますが,もし,既知のモノとして飛ばされている可能性がある事を考えると,経済学用語辞典を傍らにおいておくのも良いのではないでしょうか?

注意)マクロ経済学は,経済全体の集計量(GDP,マネーサプライの変化,公定歩合変化,財政支出,社会資本残高,利子率,失業率,物価,成長率・・)に関して,その諸関係を明らかにする学問ですが,入門・初級レベルで教える理論分析手法と上級マクロ経済学=マクロ経済学の先端分野で駆使されている理論分析手法は,かなり異なります.どこが異なるかを端的に言うと,それは,上級理論は,初級理論が置く明示的・暗示的な諸仮定を,「ミクロ経済学の視点で(=諸個人の,諸企業の合理的行動から)」説明し,マクロ経済学の理論的帰結が合理的な経済主体による選択結果と整合的であるように説明している点です.ただ,上級書に出てこなくても入門書に出て来ている理論的枠組みは重要なマクロ経済学のパーツです.

>そもそも経済学の基礎を押さえたい動機は、公共経済学を興味を持ったためです。

そういう意味では,貴兄のいう経済学の基礎は,「ミクロ経済学」になります.
公共経済学は,ザクッと言うならば,すぐれて応用ミクロ経済学です. もちろんもっと広い知識が必要になりますが,分析テクニックや,論理の底辺にはしっかりとミクロ経済学が説く経済が横たえています.それは,現代の金融理論(金融工学を除いても)や財政理論,都市計画の経済理論,環境経済学など,多岐にわたる経済理論全体に言える事ですが・・・.

参考書:なるべく日本語があるものを挙げます.全部上級か中級のオーソドックスなものです.
マクロ経済学:学派によって,基礎的考え方が異なるんですが,どちらも重要です.というのも,理論は所詮理論,その型のまま現実の分析なんてしないわけですから,柔軟に吸収されることを願います.ちなみに,新古典派=市場機能に信頼を置く,あるいはそれが機能するように政策をする学派,ケインズ学派=市場は機能しない派,あるいは市場は欠陥を持っているので,それを補うような政策が必要とする学派
マクロ経済学講義・ブランチャード=フィッシャー・多賀出版
上級マクロ経済学・ローマー・日本評論社
ともに偏りはありますが,現代マクロ経済学の定番です.
マクロ動学の理論・足立英之・有斐閣
ケインズ学派の理論の中級です.
以上全て動学的最適化の知識(ポントリャーギンの最適値原理とか)が多少必要です.これ以外にもありますが,あまり上級になるとトピックを絞りすぎたり,パースペクティブなものになるので,これ以外を読むのであれば,それこそ入門書で用語の概念をおさえるくらいがよろしかと.
入門書としては,
入門・マクロ経済学・浅子和美=吉野直行編・有斐閣
マクロエコノミックス(上・下)・サックス=ラレーン・日本評論社

ミクロ経済学:基本的に学派は無いです.潮流としては,ミクロ経済学の諸理論諸概念を「ゲーム理論」の枠組みで捉え直すというのもありますが,伝統的な分析手法と共存していくと思われます.上級のうちバランスの良い本としては,
A Course in Microeconomics by D.M.Kreps,Harvester Wheatsheaf
Microeconomic Theory by Mas-Colel,Whinston,and Green,Oxford University Press
数多の本のうち伝統的な手法で書かれた中級本を一冊といわれたら,
ミクロ経済学・西村和雄・東洋経済新報社
彼の本の巻末には同レベルだが趣の異なる参考文献が挙げられているのも便利.
ミクロ経済学を含む,数学を駆使した経済学の分野は,表面的に勉強あるいは,かじる程度だと現実との乖離が気になりますが,きちんと理解たうえで,経済学の利用法さえ間違わなければ,とても優れた社会分析の学問ですので,数多の仮定・抽象化にめげずがんばって読破してください.

公共経済学:
Lectures on Public Economics by Atkinson and Stiglitz, McGrowhill
定番本です.最もたくさん刊行されている分野でもある気がします.新刊本で和書もぞくぞく出ています.日本にも有名な公共経済学者がたくさんいますから,和書でも遜色ないのではとおもいます.専門家ではないので,これ以上はアドバイスが出来ませんが,もし必要でしたら,知り合いに聞いてみますが・・・.
ps
「独学」されるのであれば,一冊読み切られてから,そのあと自分が分かりやすい本で部分部分を強化してください.そうでないと,かなり体系化された学問だけに穴が空くことは決してよいことではないと思うからです.また,経済学も社会科学であり,最終的には思想・信条が大事である分野であることを心に留めておいてください.現在は,新古典派とよばれる市場機能重視の学派が主流派であり,政策形成に関わる人もそういう人が増えていますが,それが経済学と言う考え方の全てではないと言うことです.でも,本当に出来る人なら,どの入り口(学派)からはいっても,そのうち本来自分がたどり着きたい出口に自然と向かっているはずです.ただ,出口はないんですけどね.(笑)

長文乱文失礼しました.

貴兄の質問を引用して,基礎理論系にかんして感想・アドバイスを述べさせていただいてから,推薦テキストを文末に列記します.長文です.

>理系の私にとって、数式抜きに説明しようとするスタイルがだめだったのかもしれません。・・・私の バックグラウンドは、理系の大学院生で、微分積分・確率統計には精通しているつもりです。

理系の方は,原論系つまり,ミクロ経済学とマクロ経済学にかんしては,「入門・・・」という本は,入門にはならないと思います.本来,数式を駆使して提示された諸理論・諸仮...続きを読む

Qjavaフレームワークの入門として何が良い?

今後、会社のWebシステムでjavaのフレームワークを使った開発を行うことになりそうです。(何を使うかは未定)


そこで取っ掛かりとして、
どのフレームワークから勉強すると、理解しやすいでしょうか??
個人的には、strutsがseasar2やspringの基本になってそうなので、
strutsだけでも触れておくほうがいいのかなと思ってるのですが。

如何でしょうか。

また、お薦めの書籍があればご教示ください。

Aベストアンサー

struts は「Apache Strutsハンドブック 改訂版」がマストアイテムでしょう。

ただ、struts やるなら JSP + Servlet から初めて struts に移ることを
オススメします。

個人的には Play! というフレームワークが入門用としておすすめです。
言語に Java/Scala が使えます。
とてもシンプルで、ちょっとしたアプリを作れるようになるまで2時間と
いったところです。付属のサーバで動かしてデバッグするのが基本ですが
warも作れます。

仕事でも何度か使いましたが安定してます。大規模運用は試してませんが、
小規模なイントラ向けならこれで war作って Tomcat に配備すればじゅうぶんかと・・・

Q経済学の教科書を探しています

 大学の工学系と農学系の学部で一般教養科目の経済学を教えていますが、適当な教科書が見つからず困っています。
 経済学の基礎的な教科書は沢山出ておりますが、それらは経済学部で将来専門的に経済学を勉強する学生のための入門書として、経済学部の先生が書かれたものがほとんどです。
 経済学部以外の学生は4年間で履修できる経済学の講義は限られており、私の教えている大学では現在は1科目(2単位)しかありません。従って基礎的入門を勉強しても、それで終わりでは役に立つとは思えません。せめて社会に出てから、経済関係の新聞記事やテレビの経済問題報道を理解するのに役に立つ経済学の基礎を薄くても広く教えたいと考えていますが、適当な教科書が見つかりません。
 教えておられる立場の方、あるいは勉強しておられる方で、これは良い本と思われる心当たりがあったら、ぜひご教示ください。 
 なお現在は、中谷巌著「痛快 経済学」を使っておりますが、もっとコンパクトで初心者向けに緻密な理論を展開しているものを探しています。

Aベストアンサー

既にご検討とは思いますが、やはり有斐閣の図書から1冊を選ばれるのが、妥当な選択肢ではないかと思います。。。


例えば以下など如何でしょうか?

What's経済学 新版
シリーズ名 有斐閣アルマBasic
著訳編者 辻正次,八田英二/著
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/011/011954.html

ハート&マインド経済学入門 <有斐閣アルマ>
著訳編者 林敏彦/著
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/010/010429.html

経済学への招待-現代経済のしくみと日本経済-
著訳編者 池上惇/著
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/009/009775.html

経済学はどんな学問か
著訳編者 斎藤謹造/著
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/009/009522.html

QJAVA入門者

JAVA入門書を買って見ていますが、ぜんぜん分かりません;;
自分はBASICを少し習ってた事がある程度です。

何かするときはいちいち、なんとかVOIDってしていますが
これが分かりません。

あと、別ソースとリンクして動かしてるプログラムがあるのですが
意味分かりません。

何が聞きたいかというと、クラスとかVOIDとか
なんで、考えなければいけないのでしょうか?
面倒です。

Aベストアンサー

プログラムの作り方の方法論が時代と共に(主に要求されるアプリケーションの複雑さ、製作期間の短縮化の理由で)変わってきています。
・手続き型 : アセンブラ / FORTRAN の時代
・構造化  : Pascal / C の時代
・オブジェクト指向: C++ / Java の時代 ← いまココ
クラスはデータと機能をパッケージにする事でプログラムの独立性/可搬性/流用性を高める為の仕組みです。

クラスとかvoidとかを考えないと複雑すぎて破綻してしまう巨大なプログラムや、ルール決めだけでは統制しきれない大人数でのプログラム作りを実現する為の方法論です。
なので、1人で特にルールを決めなくてもチョチョイと作れる程度のプログラムを作る場合には必要性を感じにくいと思います。

「オブジェクト指向でなぜ作るのか」等を読むと分かりやすいです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4822281957

Q経済学の大学院進学に必要な知識は、どの程度でしょうか?

海外(アジア)の経済系の大学院(修士課程)進学を考えているものです。

大学では薬学を専攻し、今は社会人をしています。

海外の大学院に進学するために必要な経済学の知識を得るためには、最少量でどの程度の経済の知識が必要でしょうか?受験対策ではなく、経済学の学部生なら、このくらいは身につけてて当然というような知識レベルはどの程度でしょうか?

今のところ、(多少の偏りは承知の上で)スティグリッツ入門経済学、およびスティグリッツのミクロ、マクロ経済学を和訳版、英語版両方使って読み進めています。内容は全部理解するつもりです。

独学が主になるので、その他にお勧めというか、必修の教科書がありましたらご推薦お願いします。どこの大学院に行くにせよ、このくらいは絶対に身につけておいた方がいい、というような教科書がありましたら教えてください。

経済学に必要な数学、統計の基礎知識と英語は問題ありません。英語の教科書でも(日本で手に入るのなら)問題ありません。

スティグリッツと多少内容がかぶっていても、エキサイティングな教科書があればご推薦お願いします。

ちなみに経済学の知識はまったくゼロでしたが、スティグリッツを大変面白く読んでいます。最高に面白いですね、経済学って。

皆さまどうかご教授よろしくお願いします。

海外(アジア)の経済系の大学院(修士課程)進学を考えているものです。

大学では薬学を専攻し、今は社会人をしています。

海外の大学院に進学するために必要な経済学の知識を得るためには、最少量でどの程度の経済の知識が必要でしょうか?受験対策ではなく、経済学の学部生なら、このくらいは身につけてて当然というような知識レベルはどの程度でしょうか?

今のところ、(多少の偏りは承知の上で)スティグリッツ入門経済学、およびスティグリッツのミクロ、マクロ経済学を和訳版、英語版両方使って...続きを読む

Aベストアンサー

経済学のどの分野を専攻されるのかわかりませんが、いずれもミクロ・マクロ・数学・統計学・計量経済学の基礎は必須ですね。スティグリッツなどは内容はいい物ですが学部レベルなので、数式を使った表現のものがいいですね。以下は必ずしも「最低限」ではありませんが、いずれも定評があるものです。独学しようとすると挫折の危険はありますが・・

1.ミクロ
西村「ミクロ経済学」
岡田「ゲーム理論」または鈴木「ゲーム理論」
伊藤「契約の経済理論」→英語の文献案内あり
難しいのが好きならマスコレル・ウィンストン・グリーン(D向け)

2.マクロ
・斎藤誠「新しいマクロ経済学」(第二版)
・ドーマー「上級マクロ経済学」→英語版の方が最新
※難しいのがスキなら高田訳「マクロ経済学講義」(やや古いけど、この分野で一番難しいテキスト)

3.数学・統計学
数学・統計学が得意ならなんでも可

4.計量経済学
森棟「計量経済学」、田中「計量経済学」
広松・浪花「経済時系列分析」
難しいのが好きならHayashiかGreene
※統計学と計量経済学は違うものです。コンピュータソフトに習熟しているならそのソフトで分析できる計量のテキスト。Eviews、TSP、Rats、SPLUS、C、R、マトラブなどいろいろ

経済学のどの分野を専攻されるのかわかりませんが、いずれもミクロ・マクロ・数学・統計学・計量経済学の基礎は必須ですね。スティグリッツなどは内容はいい物ですが学部レベルなので、数式を使った表現のものがいいですね。以下は必ずしも「最低限」ではありませんが、いずれも定評があるものです。独学しようとすると挫折の危険はありますが・・

1.ミクロ
西村「ミクロ経済学」
岡田「ゲーム理論」または鈴木「ゲーム理論」
伊藤「契約の経済理論」→英語の文献案内あり
難しいのが好きならマスコレル・...続きを読む

QJAVA入門者にお勧めの本

普段、VBやC(初級~中級程度)のプログラミングをしていますが、どれもWindows用のVisual Studioを使っていますし、移植するのも大変なので、マルチプラットホームに対応しているJAVAを学んでスキルをあげようと思っています。
そこで、JAVAの入門書を探しているのですが、普段別の言語で愛読している「逆引き大全」シリーズのJAVA編は2004年の発行ですし、私の地域の書店を5件ぐらい回っても見つかりませんでした。
JAVAの入門からAWT、Swingのプログラミングまで幅広く学べる初級~中級ぐらいの書籍を探しています。上記の書籍以外に何か入門者がJAVA言語プログラミングについて深い知識を得られるお勧めの書籍はありませんか?

Aベストアンサー

私は、結城浩さんのJAVA言語プログラミングレッスン(上)・(下)二冊で基本はマスターしました!
私は実際に本があって書込みなどをしなければ勉強できないタイプなので非常に使いやすくてよかったです。
ちなみに、この上下巻では初級レベルです。中級は同シリーズのJava言語で学ぶデザインパターン入門あたりもいいですよ。

サイトでサンプルプログラムのDLできて、非常に勉強する上で便利でした。

参考URL:http://www.hyuki.com/catlink/4A6176618CBE8CEA.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報