キャリパーをオーバーホールしゴム系のパーツはすべて取り外し金属パーツだけ灯油につけ置きして硬い歯ブラシで磨きましたが、以前よりはきれいになりましたが黒い汚れ(パッドのダスト?)が落ちません。

・灯油ではなくてガソリンでやればきれいになりますか?

・やはり真鍮ブラシなどで磨かないとおちませんか?

・オイルシールやピストンシールの溝にも黒い汚れが付着しております。シリンダーは傷つけたくないので真鍮ブラシ擦る以外で汚れがとれる方法、洗剤等あればぜひ教えてください。
洗剤はなるべくキャリパーの塗装に影響がないものがいいです。また、なるべく安く買える洗剤(身近なもので代用等)がいいです。中性洗剤もだめでした。

汚れが落ちず困っております。お忙しい中お手数とは思いますが経験がある方お詳しい方どうぞご教授頂きたく願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

エンジンのフラッシングオイルを湯煎にかけて暖めて部品を暫くそこに漬け込んで汚れをふやかしてから


灯油等の洗浄液につけて綺麗にした方が効果が高いと思います。
漬けている間に汚れの部分を爪楊枝の先でつついて奥の方にもオイルが滲みる様にすればかなり綺麗にできます。
またキャリパーのみぞ部の掃除にも爪楊枝なら傷つける心配もありませんのでお試しあれ。
油性の汚れに聞くのは同じ油です。
その他の洗浄液は仕上げに使う程度にすればゴミも減量できますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
フラッシングオイルというてもありですね!試してみます!
爪楊枝もつかわせていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 23:13

いなかのくるまやです。



うちでは適度に洗ったら、シルバーやブラックの耐熱塗料で
軽く塗装してますよ。
キャリパーや、ブレーキローターの中心円部分なんかがサビで
みっともなくなってて、ホイールのデザイン如何によっては
それらがモロに見えてしまうのでちょくちょく塗装してます。
中にはブレンボじゃないのにブレンボもどきの真っ赤な塗装を
施している人も見たことがあります。(笑

適度に洗うだけで過度にガリガリこすったりせず「軽く塗装」
してやるほうがパーツにも優しいし見た目もよくなります。

http://www.prox.jpn.org/~yt27/dressup/dressup24. …
ちょっくらググりましたが・・。こりゃぁ、お見事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

塗装してしまうのも手ですね。
それも検討してみます!!

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/20 23:30

リンレイの換気扇クリーナーがお勧めです、というかいつも使ってます


ピッチ・タールの汚れも良く落ちます

ただしブーツやシール類には若干の攻撃性がありますので外してください
(すでに取り外しているようなので大丈夫とは思いますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
田舎のせいかリンレイの換気扇クリーナーホームセンターに売っておりませんでしたが、探しあててぜひ試して見たいとおもいます!

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 23:28

キャリパーを脱着した場合は


日本の法律では
車検を切って陸事のラインを通さなければいけませんので
お車は違法状態にあるようです。

ご注意下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ブレーキは命のかかわるものですからね。。
慎重に検討したいと思います。

お礼日時:2009/05/20 23:27

普通は中性洗剤で水洗い。

(歯ブラシでゴシゴシ)

その後錆びない様にCRC攻撃。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
CRCがけにして乾かしました。アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2009/05/20 23:25

http://www.woodthree.com/1kmc-top.html
これが使えますよ。

どこまでやるかですが、ある程度は見切りを付けないと終わりません。
新品みたいにしてもまたすぐに汚れるんだし。
あまり擦ると錆が出てきますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そんな洗浄液が売っているんですね知りませんでした。
ある程度での見切りも大切ですね。

お礼日時:2009/05/20 23:24

とりあえずパーツクリーナーでしょ!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
パーツクリーナーは試していますが落ちませんでした。。

お礼日時:2009/05/20 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車のブレーキローターの錆を落とす方法を教えてください。

自動車のディスク ブレーキ ローターの錆をDIYにて落とす方法を教えてください。

Aベストアンサー

※パッド当り面のサビは、しばらく走っていれば勝手に落ちます。ハードなブレーキをかけるとか、しばらくペダルを踏みながら走ればその分早くサビは落ちますが、フツーに走っているだけでも十分です。
 ディスクブレーキは、構造上パッドがロータから完全に離れる事が出来ず、引き摺っているのがノーマルです。(全く引き摺らない様に特殊な構造を持つキャリパもありますが、量産車では希少です。)
 よって、フツーに走っていてもパッドがロータを舐め、サビは遠心力でロータ外周方向に除去されます。

※御参考までに、ワタシのやり方を言うと・・・まぁ、あまりお勧めは出来ませんが。
 ロータのサビにCRC5-56を吹いてブレーキを軽く踏みながらそこらを一周すれば、サビがキレイに落ちます。
 ブレーキにオイルなんて!っとビビるヒトが殆どでしょうが、CRC5-56は粘度が低く浸透性が高いだけで、エンジンオイルやミッションオイルなどの様な油膜保持性は殆どなく、高温特性も潤滑油としては全く使用出来ないほど低レベルです。
 CRC5-56は、ロータに吹いてもブレーキを踏むとパッドの高い面圧で油膜が保持出来ず、またちょっとブレーキを引き摺って温度を上げるとすぐに干上がってしまい、潤滑性を失います。
 最初にあまりお勧め出来ないといったのは、この作戦でロータのサビを落とすのは仕事で使う実験用試作車(仕事はクルマの研究です)だけで、ゴムやプラスチックにあまりよくないCRC5-56を吹きまくって長期的にどういう影響が出るか?は追跡した事がないからです。(実験用のクルマなど、必要なデータが計測出来たら廃棄するだけです。)
 しかし少なくとも短期的にはサビはスッキリ落ち、制動性能も変わりません。

>裏側に錆がありパッドが減りやすくなっていると整備士が言ってますが。。

 いやその話は2重におかしいです。

※サビが落ちない間はパッドを余計に削るということは有り得ますが、酸化鉄は表面の結合剛性が非常に低くなっており(だからワイヤブラシでこするだけでもサビは落ち、一方サビていない表面はワイヤブラシでは削れないワケです)、パッドが目に見えて減る前にサビが先に落ちます。

※裏側のサビとは?
 ブレーキパッドにはウラもオモテも同じモノで、キャリパは構造的にオモテもウラも同じ油圧でしかパッドを押せません。
 つまり、パッド~ロータの当りはウラもオモテも同じ状況にあるということで、外側から見てロータのサビが落ちていたら、ウラ側も同じ状態になっていると考えて差し支えありません、っと言いますか、ホントにウラ側がオモテ側と同じ状態になっていないのであれば、何か別のトラブルがある可能性があります(内側の方のピストンがスティックしていて、キャリパ圧がオモテとウラで差があるとか、裏側のパッドに何か引っかかって、パッドがロータに面当りしていないとか、あとは以前ロータ裏側にバッテリ液などが掛かりひどいサビが発生しているとか・・・・)
 何れにしろ、もしホントにロータの裏側だけがひどくサビているなら、ロータのサビ落としなどという目先のトラブルを修正するより、パッドの当りがオモテとウラで違っている原因を究明し、修理する方が先です。

※ちなみに。
 もし走行してもロータ表面のサビが落ち切らないほど深くサビているというなら、それだけロータ厚がサビで浸食されているということであり、強度的、熱容量的な不安があります。サビ落としの方法など考えず、ロータを交換するべきです。

>外周はサンダーではどうですかね?

※サンダーってベルトサンダーのことですよね?まさかスキルタッチ(グラインダ)ではないと思いますが、仮にベルトダンダーだとしても削れ過ぎます。ロータ表面は勿論、外周もそんなモノで削ってはダメです。
 何か工具で落とすとすると・・・グラインダにカップワイヤブラシを付けて磨くぐらいにしておいた方が無難でしょう。
 もしどうしても切削したいなら、旋盤を使って外周部の同芯度・真円度・等を保ちながら削るべきです。(旋盤なら表/裏面の平行度が十分出せるので、ロータ表面も切削可能です。ロータ表面を旋盤で一皮さらってやれば、単にサビが落ちるだけでなくパッドによって発生した凹凸も除去できるので、ロータが生き返りブレーキジャダーなども一掃出来ます。勿論削っただけロータは確実に薄くなるので、何度も通用する手段ではありませんが。)

※パッド当り面のサビは、しばらく走っていれば勝手に落ちます。ハードなブレーキをかけるとか、しばらくペダルを踏みながら走ればその分早くサビは落ちますが、フツーに走っているだけでも十分です。
 ディスクブレーキは、構造上パッドがロータから完全に離れる事が出来ず、引き摺っているのがノーマルです。(全く引き摺らない様に特殊な構造を持つキャリパもありますが、量産車では希少です。)
 よって、フツーに走っていてもパッドがロータを舐め、サビは遠心力でロータ外周方向に除去されます。

※御参考...続きを読む

Qブレーキローターの錆落とし&キャリパーの油落とし

こんばんは。レガシィーツーリングワゴンに乗っています。最近ブレーキローター(特にローター一番外側の円周部)の錆やキャリパーの油汚れが気になります。ディーラーやカーショップに頼んでとも思っているのですが、できれば自分でやってみたいとも考えます。タイヤをはずさず、簡単にできる方法ってないものでしょうか?カーショップなどで手に入る物で錆落としや油落とし、またそのような作業で便利な物などどんな情報でも結構ですので、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

錆については#1の方と同意見です。
油分がなければ錆の発生は避けられないですし
かといってローターに油分をあたえる訳にはいかないですから・・・
どうしても気になるならショップなどでローターの研磨に出すのがいいと思います。
錆が取れるだけでなく、ローターがフラットになるのでブレーキの効きもよくなりますよ!
ホイール裏の汚れ落としにも使えます。

キャリパーの油汚れもやっぱりブレーキクリーナーですね。
普通のカーショップで売ってます。
「こんなにデカい缶なのか??」と思うかもしれないくらいの大きさですが
どれも同じような大きさだし、他にも使い道はあるので便利ですよ。

キャリパーの掃除をする時にはやっぱりタイヤは外した方が隅々まで出来るしヘンなトコに飛び散ったりもしないのでいいと思いますよ!

Qブレーキエアー抜き方法

ブレーキが固着ぎみだったので、サービスマニュアルを見ながらブレーキキャリパーのOHをしました。

キャリパーのOHが終わったので、ブレーキフルードを入れたいのですが、バイク整備は初めてでよく解りません。

現在、OHをしたのでフルードはホース内、マスターシリンダー内、もちろん空になっている状態です。
そのような状態でも初心者でも比較的わかりやすい確実なフルードの入れ方、エアー抜き方法を教えていただけませんか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初心者なら時間がかかることは覚悟してください、後述する「コツ」がわからないと思いますので、最初がかなり手間取ります。

まずは下準備として、キャリパピストンを全部引っ込めてください、その状態で固定できるようにパッドはもちろんディスクの代わりに板切れでもいいので、とにかく最大限引っ込んだ状態をキープできる工夫をしてください。
これでキャリパ裏側にエアが入る余地が一番少なくなってます、このセオリーを知らずに注射器だなんだとギミックに頼っても、時間と金がかかるばかりでうまくいきません、これをすることで私はシングル片押しなら5分かからず手ごたえが出ます。
次は、マスタ&タンクでフルードが吸い込まれる穴がブレーキライン内で一番上に来るように、固定の向きやハンドルの切り方を工夫します、最初はキャリパは触らないので、レバー握りながらキャリパに届かない、ということは気にしなくていいです。

次にエア抜きです、タンクにフルードを満たします、まずは蓋はなし。
レバーをゆっくりストロークすると、タンク側にエアがドンドン上がってきます、握りっぱなしでなくゆっくり握り離しを繰り返してください。だんだんエアが細かくなってきて量も少なくなってきます、ラインの中でフルードとエアがシェイクされた状態です。このままでは上に向かいにくいので泡をまとめてやりたいので、レバーを小刻みに細かく動かして、抜くことよりもまとめるような気持ちで。時々大きくゆっくり動かして上に抜く、と言うのを混ぜてください。このあたりの動かし方が経験が要る「コツ」の部分です。
これを慣れてくると5分くらいで手ごたえが出ますし、エアもほとんど終わります。

後はそこから下抜き、タンクを満たしてふたを閉めて、細かい泡粒をまとめる動きを混ぜながら、ブリードボルトから抜きます、手ごたえが出てるので手順を間違えない限り後は10分もかからずに終わります。

まずはやってみてください。

初心者なら時間がかかることは覚悟してください、後述する「コツ」がわからないと思いますので、最初がかなり手間取ります。

まずは下準備として、キャリパピストンを全部引っ込めてください、その状態で固定できるようにパッドはもちろんディスクの代わりに板切れでもいいので、とにかく最大限引っ込んだ状態をキープできる工夫をしてください。
これでキャリパ裏側にエアが入る余地が一番少なくなってます、このセオリーを知らずに注射器だなんだとギミックに頼っても、時間と金がかかるばかりでうまくいきませ...続きを読む

Qキャリパ(ブレンボ)が汚れて困っています。 原付

キャリパ(ブレンボ)が汚れて困っています。 原付

中はそれほど汚れていないと思うのですが、外(外見)が結構汚れており元々の金色がドス黒くなってしまっていて掃除したいなと思っています。
ブレンボを取り外して洗浄・塗装したいと思っているのですが、サービスマニュアルを読むと「ブレーキフルード以外で洗浄しないでください」と書かれています。

ブレーキクリーナーでの洗浄は駄目なんでしょうか?

また洗浄するとグリス等が塗ってある所は取れてしまうと思うのですが別に自分で付ける必要はないでしょうか?


困っています。助けてくださ~い(><;)

Aベストアンサー

>ブレーキクリーナーはフルードホースやブレーキパッド等が付いている、そのままの状態の時に使っても良いのでしょうか?(要するに取り出したり分解せずそのまま上から・・・?)

そのままぶっ掛けてもOK。
但しホイールやタイヤが豪快に汚れる可能性多々。

>または使用するときはキャリパーを外してブレーキパッド等も外し、キャリパーと中のピストンのみをブレーキクリーナーで洗浄しないといけないのでしょうか?

ソレ↑が通常のやり方。
もっと言えば、ピストンを回してブラシ(歯ブラシでOK)で磨く。
そしてピストンを戻す(押し込む)ワケだが・・・・・戻らなければ、ブレーキ引き摺ってる証拠。要O/H。
全ての作業が終わった後、何回かブレーキレバーを握る事。(ピストンを戻した事によりスカスカなタッチになってるので)

応用編として。
キャリパー外して・・・・中性洗剤を混ぜた水を張ったバケツにキャリパーを浸けて丸洗いするっつうやり方もあり。

わからない事はバイクショップで教えてくれます。
っていうか、聞きましょう。ドツボにはまる前に!

Qブレーキキャリパーのオーバーホール

先日ブレーキパッドの交換をしようとしたところ、キャリパー内のピストンがかなり固くて全然もとに戻りませんでした。
洗浄&給油を繰り返しても、いっこうによくならないのです。
結局、大きなドライバーで叩きながら無理やり戻してパッドを押し込みましたが、今日運転したところ、ブレーキのタッチがよくない(固い)&ブレーキを引きずる、という症状が出まして、さすがにやばいかな、と思い、バイク屋に行ってきました。
お店の人の話では、経年劣化によるピストンのさび付き等が原因なので、オーバーホールした方がよいとのことでした。(実際に見てもらったわけではありませんが)
ちなみに、ブレーキ形式は対向4ポッドで、バイクの走行距離は3万キロちょい、買ってからは約3年たっています。
やっぱり、オーバーホールした方がよいのでしょうか?リアブレーキはなんともないのですが。
アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バイクのキャリパーのピストンは、車と違って蛇腹になったダストブーツがついていないものがほとんどです。
なので、パッドが減って押し出されたピストンが剥き出しです。
ゆえに、しょっちゅう掃除していないと、すぐに汚れる&錆びます。
できれば、月に1回くらい掃除していないと、ブレーキパッドのカスや泥汚れの付着、錆の発生などでピストンがすごいことになります。
(現実には、月に1回どころか年に1回もやってない人が9割方ではないでしょうか)
錆びだらけ、もしくはパッドのカスだらけのピストンを強引に押し込むと、中のオイルシールが傷ついて、今度はブレーキオイル漏れを起こします。
3年も放置していたなら、ピストンがボロボロでも普通です。
バイクのブレーキは、「まるっきりメンテをしていないと」あっというまにダメになります。
ちゃんと、こまめに掃除をしていれば、3年程度ではそうそう問題起こりません。
私の前のバイクも、3年で5万キロ乗りましたが、何も問題起きてませんでした。
今回は、寿命を縮めたのは自分の横着(もしくは無知)のせいだと諦めて、次からこまめに掃除してやれば、いつまでも調子よく作動してくれます。
もちろん、経年劣化というものはあるので、定期的なブレーキフルードの交換、及び数年たったらまたマスターやキャリパーのオーバーホールはしたほうがいいとは思いますが・・・

バイクのキャリパーのピストンは、車と違って蛇腹になったダストブーツがついていないものがほとんどです。
なので、パッドが減って押し出されたピストンが剥き出しです。
ゆえに、しょっちゅう掃除していないと、すぐに汚れる&錆びます。
できれば、月に1回くらい掃除していないと、ブレーキパッドのカスや泥汚れの付着、錆の発生などでピストンがすごいことになります。
(現実には、月に1回どころか年に1回もやってない人が9割方ではないでしょうか)
錆びだらけ、もしくはパッドのカスだらけのピス...続きを読む

Qブレーキのエア抜きについて

先日、自分でブレーキホースを交換しました。
エア抜き方法は、
「ブレーキレバーを数回握り、握ったままの状態で
キャリパーのバルブを緩める」
をくり返しました。
しかし、エアーが出てこなくなるまで上記の作業を
繰り返したにもかかわらずブレーキがふわふわして
全く効きません。

以前にも自分で交換し、この方法で上手くいったので
なにが悪いのか分かりません。
どこかにエアーが残っているのでしょうか?
お分かりになる方、またお気づきの点がありましたら
ご教授して頂けますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それは、おそらくマスターシリンダでのエアが抜けていないのだと思います。この場合、レバーを握っても全く抵抗感がありません。
マスターシリンダーでエア抜きができていないと、末端のキャリパーでのエアブリーダーでいくらエア抜きをしようとしても、ブレーキフルードの圧力が伝わっていないため、なかなかできません。まずキャリパーでのエア抜きをやめ、ただ単純に何度もカチカチを繰りかえして下さい。その時、カップから気泡がいくつかでるので確認しながらやるといいです。ブレーキフルードカップのふたを取り、フルードを見ながらレバーを動かせば、速くレバーを動かした方がエアが出てくるのか、浅く握り混んだ方がエアが出やすいのかを、見ながらできます。
いろいろとハンドルの角度を変えてみたりしてある程度の圧力を感じるまでやってみて下さい。
多分10分くらいで、マスターシリンダのエア抜きはおわると思います。
キャリパー側での作業はそれからです。
フルードの交換をするときなど、フルードをラインから、全部空にしてしまうと、このようなマスターシリンダでのエア抜きが必要になってしまいます。

それは、おそらくマスターシリンダでのエアが抜けていないのだと思います。この場合、レバーを握っても全く抵抗感がありません。
マスターシリンダーでエア抜きができていないと、末端のキャリパーでのエアブリーダーでいくらエア抜きをしようとしても、ブレーキフルードの圧力が伝わっていないため、なかなかできません。まずキャリパーでのエア抜きをやめ、ただ単純に何度もカチカチを繰りかえして下さい。その時、カップから気泡がいくつかでるので確認しながらやるといいです。ブレーキフルードカップのふた...続きを読む

Qブレーキパッド交換時は削ったほうがよい?

昭和の頃、人から新品のブレーキパッドを装着する前にカドを削ったほうが鳴りにくいと聞いたような気がします。

実際のところ、これは正解なんでしょうか?またその理由は?

また、正解の場合、左右だけ?それとも下を含めた3面とも加工した方が?

Aベストアンサー

たしかにブレーキパッドの角を落とす(いわゆる面取り)はある程度鳴きどめの効果があるのですが、鳴きどめ効果の高いブレーキグリースがいくらでも手に入るのですから、そちらを使ったほうがいいでしょうね。まぁ、試してみるというのであれば回転方向を見てローターに対して進行方向にむいた側を軽く面取りしてやると言う所でしょう。厳密にいえば摩擦面積が減ることは確かですが、面取りで削る面積はどう見ても1%にも満たないでしょうから、現実的にはほとんど影響はないでしょう。それからメタル系とかの元々鳴きやすい素材のものではほとんど効果はありませんよ。

ここから先は音の出る原因についての話ですが、実証実験等に基づいたものではなく、私の想像ですのでそれを考慮して読んでくださいね。

ブレーキパッドのエッジが立っている状態でディスクローターに摩擦されると、パッドのエッジ部分にパッドの内側に向けておし縮める方向で力が掛かりますが、パッド自体もある程度の弾性を持っているため、押されて縮んだ後に反発するということが繰り返しおこることになると思います。この周期がディスクローターなどの周期と近いまたは一致すると共振現象を起こし、大きな音になるのがブレーキ鳴きの原因と考えられますが、パッドの面取りをすることでディスクローターとあたる部分にエッジをつくらないようにしてやることで、周期的な圧縮・反発の動作を減らしたり、周期をずらしディスクローターの共振周波数から遠ざけてやることで鳴きどめの効果が出るものと思われます。

たしかにブレーキパッドの角を落とす(いわゆる面取り)はある程度鳴きどめの効果があるのですが、鳴きどめ効果の高いブレーキグリースがいくらでも手に入るのですから、そちらを使ったほうがいいでしょうね。まぁ、試してみるというのであれば回転方向を見てローターに対して進行方向にむいた側を軽く面取りしてやると言う所でしょう。厳密にいえば摩擦面積が減ることは確かですが、面取りで削る面積はどう見ても1%にも満たないでしょうから、現実的にはほとんど影響はないでしょう。それからメタル系とかの元々...続きを読む

Q車を高圧洗浄機でブレーキの中を洗浄したら軽快になりました。高圧洗浄のジ

車を高圧洗浄機でブレーキの中を洗浄したら軽快になりました。高圧洗浄のジェット水流をホイール外側から吹き込みました。真っ黒の水が出てきました。
その後、車を走らせて帰ると、やけに軽いです。そんなことってあるのでしょうか?
車検の時しか点検してもらってませんので分かりませんが、不思議なものです。
高圧洗浄機は、下回りと、ボディーを洗うために水だけで洗っています。

Aベストアンサー

ブレーキ周りにブレーキ滓がこびりついてブレーキの戻りが悪かった
高圧線上でゴミが除去されて戻りがよくなった

こんなところでしょうか

Qパーツクリーナーとブレーキクリーナーはどう違う

パーツクリーナーとブレーキクリーナーはどう違うのでしょうか?
ブレーキクリーナーをパーツクリーナーの代用に
パーツクリーナーをブレーキクリーナーの代用にできますか?

Aベストアンサー

商品名に定義があるわけでないので、中身はいろいろです。

原則的には、親水性と親油性を両方持つメタノールをベースとするものが多いですが、完全にこれだけなら後には何も残りませんが、製品によっては液状の成分が残るものもあります。

一般にはブレーキクリーナーは、樹脂類への攻撃性が低い性状のようです。

QABSユニット内部のエア抜きについて

BNR34です。
今日、エアを抜きを失敗して困っています。
下記について教えて下さい。
(1)ABSユニットの内部構造
(2)ABSユニット内部のエア抜き方法

いつものようにブレーキ・フルードを交換したのですが、
フルードの補充を忘れ、一時的にリザーバータンクを空にしたことが原因かとおもいますが、
次のような症状が出るようになってしまいました。
【症状】
(1)ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。
(2)エンジンOFFの時にペダルを踏むと十分固いですが、
   エンジンONの時にペダルを踏むと、上記(1)となります。
【補足事項】
・フルード交換時、ワンウエイ・バルブを使用
・これまで交換における成功&失敗の経験はありますが、
 当該事象が出たのは、今回が初めて
【考察】
・ABSユニット内にエアを噛んでいて、エアがどうしても抜けないようです。
・ディーラの整備マニュアルには、通常のブレーキ・キャリパからのエア抜き手順しか載っていません。

通常の手順でABSユニットのエアが抜けきるかどうかすごく疑問です。

BNR34です。
今日、エアを抜きを失敗して困っています。
下記について教えて下さい。
(1)ABSユニットの内部構造
(2)ABSユニット内部のエア抜き方法

いつものようにブレーキ・フルードを交換したのですが、
フルードの補充を忘れ、一時的にリザーバータンクを空にしたことが原因かとおもいますが、
次のような症状が出るようになってしまいました。
【症状】
(1)ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。
(2)エンジンOFFの時にペダルを踏むと十分固...続きを読む

Aベストアンサー

質問文から判断すると、ABSユニットにエアーは噛んでいないのでは?
(エアーが噛んだ状態でABSを作動させていればアウトだろうけど)

> ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。

典型的な症状ですが、この時にABSは動作していないはずです。
通常時はABSユニット内は通過状態ですので、ソレノイド以降の回路内にはエアーは進入していないはずです。


推測ですが、質問者さんはリザーバーを空にした際にマスター側や上部で十分にエアー抜きをしていなかったのだと思います。
そのままキャリパー側でのエアー抜きを続行し、ABSユニットまでの長い配管内にエアーが引っかかり抜けにくくなっている状態だと思います。

通常、ABS車はブレーキ配管が一度ユニットに集中して接続されており、そこから各車輪まで配管が伸びています。
当然、配管は上下左右に曲げられており、配管経路は単純に上から下ではありませんし、配管自体もかなり長くなりますので、途中でエアーが引っかかる可能性が非常に大きくエアーを抜くのがとても困難になります。

エアーがなかなか抜けない時は、マスターシリンダーや配管等を軽くコツコツ叩いて振動を与えると抜け易くなります。
注意する点は、下から上へと叩いていかないと効果的にエアーは抜けませんが、キャリパー側へ押し出した方が早い場合もありますので、ブレーキ配管の曲がり方や配管経路を見て判断してください。

これくらいの作業になると1人では困難なので、ペダル踏み係りを1人確保してください。
また、マスターシリンダーからキャリパーまので距離がありますので、結構な量のフルードが必要ですので多目に用意しておいてください。



それでも抜けない場合はABSユニット内となりますが、No1さんの仰るようにABSの強制動作が必要になるため、作業の確実性や信頼性を考えるてもディーラーに任せるのが無難だと思います。

質問文から判断すると、ABSユニットにエアーは噛んでいないのでは?
(エアーが噛んだ状態でABSを作動させていればアウトだろうけど)

> ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。

典型的な症状ですが、この時にABSは動作していないはずです。
通常時はABSユニット内は通過状態ですので、ソレノイド以降の回路内にはエアーは進入していないはずです。


推測ですが、質問者さんはリザーバーを空にした際にマスター側や上部で十分にエアー抜きをしていなかったの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報