脳の構造がどうの空間把握能力がどうのと聞きますが、具体的かつ明確にそれでいて説得力のある説明をどなたかいただけないでしょうか?

あ、方向音痴そのものについてではなく男性よりも女性に多いという点についてです。

非常にアホみたいな質問ですがどうしても知りたいのでどなたか教えてください。

そしてそのアホな質問の困り度を最大に設定したことをお許しください(笑)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

感覚的な問題もあります。


男性は地図を全体から見ていくが、女性は目的地から見ていく。そもそも女性は、小さなコミュニティを重視するので、視点が小さくなる。男性は全体把握を意ながら調整する能力が高いので、そのような見方になる。つまり、狩猟者としてたくさんの獲物をさがすか、自分の子供、家などの小さな場所を守ろうとするかと言う、古代からの遺伝子です。
    • good
    • 0

http://www.amazon.co.jp/%E8%A9%B1%E3%82%92%E8%81 …

ご参考までに。

科学的に解明される前に、人間の進化の過程を考えてみれば、少し理解できるような気がします。
原始人の時代、男(オス)は狩りに出て獲物を捕り、女(メス)は巣で子供を守る。
そんな生活が、長く続いた筈です。

つまり、狩りに出た男は、「カーナビ」も「地図」も無い時代、
「方向音痴」では生き残れなかった筈です。
「空間把握能力」を発達させた男が生き残って行った結果ではないかと考えられます。

一方の女性。
こちらは、原始生活では「巣(家)で子供を守る」と言う仕事が主だった訳ですから、「空間把握能力」を発達させなくても生き残る事が出来た。

「男より女に方向音痴が多い」
と言う説明が成り立つと思います。
    • good
    • 0

生物的な違いというしかないですね。

男と女では脳の発達のしかたが違います。

右脳と左脳の主な役割としては、右脳はイメージ・空間的な認識に優れ、左脳は情報処理能力・言語的能力に優れている。
つまり方向感覚は右脳が司っています。そして、なぜか男の子の方が女の子よりも右脳が発達する傾向にある。
ただし、反対に男の子は左脳の発達が遅れ気味であるので、吃音などの言語障害にかかる確率が高い。
逆に女の子は左脳が発達するため、女に子には口達者が多いのです。

なぜ発達に違いが生じるのかはまだ不明な点が多いが、男性ホルモンにその鍵が隠されているという説があります。
男性ホルモンは右脳を発達させ、左脳の発達を遅らせる、というものです。
男性に左利きが多いのもそのせいだとも言われています。
(女性は左利きを矯正されやすいことも事実ですが・・・)

ちなみに、胎児の頃に男性ホルモンの影響を大きく受けた女の子は、右脳が発達するため男性的な思考・行動をとる傾向にあることがわかっている。

まだまだ未知の部分が多くて、「100%これだ!」と断言できる段階ではないようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング