半波長(λ/2)の整数倍の長さの同軸ケーブルの両端は同じインピーダンスになるそうで、実際に使ってみたいと思っています。
50Ωの同軸ケーブルは持っています。
この同軸ケーブルを半波長(λ/2)の整数倍の長さに正確に切るにはどうすればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

計算して長めに切り、測定器で見ながら微調整します。


例えばネットアナをスミスチャート表示にして、目的の周波数でオープン(実部・虚部無限大)になるまで切っていきます。
コネクタ分の長さをどうするかは波長によっては問題になるので、ジグを作ってオフセットかけたりします。

この回答への補足

ありがとうございます。

計算した長さより長めに切って、一方の端にBNCコネクタを付けてネットアナに接続して、スミスチャートのインピーダンスチャートを見ながら、目的の周波数が右端(実部・虚部ともに無限大)に近づくように少しずつ切ってゆきました。
しかし、目的の周波数は完全に右端には行かずに、一番近づいて実部が700Ωくらいで虚部が-70Ωくらいでした。うまくやれば、完全に右端に来るのでしょうか? それとも、これくらいで十分なのでしょうか?

補足日時:2009/05/20 12:56
    • good
    • 0

画像がうまく入りましたので簡単にご説明します。


(画像を入れることに自信がなかったので、前回何もコメントしませんでした)

トラジェネ付きのスペアナ画像です。
(ネットアナでも同じことができると思います)

供試ケーブル:5D-2v
 長さ: 0.45m(前記URL A-B間の長さ)
 末端処理:短絡

図では222.9MHzでn=1のディップが出ています。(1/2λ 直列共振)
 300/222.9MHz/2=0.673(m) (電気長)
したがって短縮率は、
 0.45/0.673=0.669

コネクタ部分の長さ補正が問題ですが、これくらいの長さにとれば、ほとんど問題にしなくてよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます!!

更に回答が頂けると思っていなかったので、気付くのが遅れて返事が遅れて申し訳ありません。。

丁寧な説明をありがとうございます。わかった気になってきました(本当はまだまだ怪しいと思いますが)。

> コネクタ部分の長さ補正が問題ですが、これくらいの長さにとれば、ほとんど問題にしなくてよいのではないでしょうか。
了解しました。それくらいかもう少し長くとるので、コネクタの長さは無視します。

重ね重ね、ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 20:58

いやー 参った 参った!



アマチュアの方だとばかり思っていました。(-_-;)
ネットアナが使えるような環境におられる方だとは、全く考えていませんでした。

僭越ですが、せっかく補足に書き込みを入れておられるので、わたしのわかる範囲で、ご回答をしておきます。

>短縮率はそれほど厳密に求める必要は無く、教えていただいたデータにあった66%という値を使えば十分でしょうか?

用途によって違いますが、単体で使うなら2桁で問題ないと思います。
多段フィルタやコリニヤーアンテナなどを作る場合は、3桁目が問題になるでしょうが、これくらいになるとカットアンドトライで求めるしかないでしょう。
また、波長が短くなると接続部(コネクタ)の長さも利いてくるので、ケーブルの短縮率を正確に求めること自体あまり意味がなくなります。

>・・・"「給電線」(同軸ケーブル)をアンテナの一部であり「電波を輻射する」ことを理解して置く必要があります。"と書かれています。
このことをよく認識していなかったのですが、どれくらい輻射されるものなのでしょうか?この輻射は、同軸ケーブルの長さが1/2λになった時に最小になるということでしょうか?

これは表現がおかしいです。
「整合が取れていない場合は」という前提が抜けています。
整合が完全にとれていれば(*)、フィーダーでの輻射は、理論上あり得ません。
 ((*)信号源とケーブル間の整合、ケーブルと負荷端(例えばアンテナ)との整合)
ケーブルの長さを1/2λにとることと不要輻射の改善とは無関係です。

整合をとるとき、理想的にはケーブルとアンテナの接続部に測定器を入れる(信号源とケーブル間は既に整合が取れている)べきですが、アンテナは高いところにあり、測定器を上げることはで危険なので、”地上で測定するための便法”としてケーブルの長さを1/2λにとることが推奨されているのです。
これは、スミスチャートで言えば、丁度一周して元の点に戻ることになり、言い換えれば、「信号源からケーブルを覗いた状況(地上)が、ケーブルからアンテナを覗いた状況(高所)と同じになる」わけです。


前記URL
http://www.ji0vwl.com/yaa3.html
の中ほどに、供試ケーブルの短縮率を簡単に求める図があります。
ネットアナであれば、信号源とアナライザ入力の間に、このT字型のケーブルを入れます。
(信号源とアナライザ間の長さは任意長)
スイープすれば画面上に、共振に基づく増減(強弱)の波形が表示されます。
波長でA/Bの長さを割れば、短縮率が求まります。
 注 nx1/2λ、nx1/4λで共振が起きる(直・並列共振)、また端末のOpen/Short、
   により、計4通りの組み合わせがある。
   Openであれば、1/2λでpip, 1/4λでdipが起きる。
   Shortであれば、1/2λでdip, 1/4λでpipが起きる。
   pip,dipの強さはそれぞれ異なる。
鋭いpip/dipほど波長観測は容易。
「半波長の整数倍の長さの同軸ケーブルの作り」の回答画像8
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい回答をありがとうございます!

古いネットアナが近くにあって使ってみていますが、使い始めたばかりの素人なんです。
いろいろとわからないことが多いのですが、周りに詳しい人が居なくて困っていました。
質問にすごく丁寧に答えて頂いて、とても感謝しています。
面白そうなサイトをたくさん教えていただいたので、それらを読んでもっともっと勉強してみます。

ほんとうにありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2009/05/23 10:12

#1です。

補足質問に回答します。
・εは比誘電率です。
・1/√(ε)は波長短縮率です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/21 09:17

>ところで、話がさかのぼるのですが、1/2λのケーブルをネットアナで見るとなぜインピーダンスが無限大に見えるのでしょうか? 根本の部分がわかっていませんでした。



インピーダンスが零と無限大というのは、極端な例だというのは何となくわかりますか?
で、これらが何に相当するか考えてみましょう。
完全に短絡されているとどうなりますか? 短絡(short)ということは測定端子が直結されているので、インピーダンスは零です。
では、抵抗を繋いで定数をどんどん大きくしていくとどうなるでしょう。極端な話、無限大になりますよね。これがコイルでも概念的には同じことです。この状態は何かといえば、開放状態(open)なわけです。

しかし、周波数が高くなればなるほど完全なopen, short, 50Ωというのは作りにくくなってきます。
例えばコネクタに何も繋がなくても、波長に対して十分大きくない場合は電気力線が中心導体から外部導体へ走ってしまいます。浮遊容量とかラインのインダクタンスも利いてきますね。
ネットアナのキャリブレーションキットはこの誤差が定義されており、補正データとして提供されているために見かけ上完全なopenだったりshortに見えるわけです。
ちなみに先に書いたことは少々不正確で、完全なopenであれば(存在したとすれば)openに見えるはずで、同軸端の切りっ放しではopenに見えないために質問者が観測された状況になるわけです。

ネットアナが使える環境なら、openとかshortの状態を自分で色々作ってみて、測ってみると感覚的にわかってくると思います。低い周波数では適当に作ってもそう見えますが、高周波でそう見えるように作るにはケーブルの伝搬モード(TEM)なども考慮して上手く打ち消してやる必要が出てきます。
で、これに電気長まで補正をかけてコネクタ端に基準面を持ってくるなんて話になると更に大変。キャリブレーションキットが車1台分くらいの価格になる理由がわかってくると思います。
更に、SOLT校正だけでなくTRL校正なんかも勉強してみると楽しいですよ。校正って奥が深くて、これだけで数年は遊べるネタです。(^^;

この回答への補足

とても詳しい説明をありがとうございます!

完全なopenでインピーダンスが無限大になるのはなんとなくですが納得できました。

また、完全なopen状態で測定を行うのは実際には不可能で(不可能に近くて?)、そのために、いろいろな校正が必要なこともこともなんとなくですがわかりました。
わけもわからず手順どおりに測定していたので、このように奥が深い測定だとは知りませんでした。知れば知るほど興味深い話だと思います。

ただ、まだピンとこないことがあります。
完全なopenでインピーダンスが無限大になるのは直感的に納得がいくのですが、インピーダンスに周波数(波長)依存性があって、ケーブルの長さの2倍の波長の波だと無限大で、それ以外の波長の波だと有限の値を持つというのがまだよくわからないです。。

補足日時:2009/05/20 19:40
    • good
    • 0

ネットアナが利用できるとの事で、話が早いですね。


インピーダンスの絶対値が一番大きくなるように調整されれば十分だと思います。ただし、ケーブルの長さのみが見えるよう、きちんと校正してくださいね。
こういう質問のときは、使用されるケーブルの型式と使用周波数、用途も書かれると良いかと思います。

BNCを使われるということはせいぜい数GHzだと思いますが、この程度でもケーブル端切りっ放しではopenに見えないと思います。
ネットアナは校正してから使用されてますよね?
その校正キットに入っているopenと、切りっ放しのケーブル端の状況が異なるというのはわかりますか?
校正キットのopenを繋いだときに完全に無限大となるよう校正されているわけですから、違うものを繋いだときは完全な無限大に見えません。
コネクタの不連続が無いと仮定し、両端にコネクタを付けた1/2λのケーブルを用意して先端に校正キットのopenを付けたとき、初めて無限大になります。

この回答への補足

回答をありがとうございます。

> インピーダンスの絶対値が一番大きくなるように調整されれば十分だと思います。ただし、ケーブルの長さのみが見えるよう、きちんと校正してくださいね。

わりました。ネットアナは校正して使っています。

> こういう質問のときは、使用されるケーブルの型式と使用周波数、用途も書かれると良いかと思います。

アドバイスをありがとうございます。今後、そうするようにします。

> その校正キットに入っているopenと、切りっ放しのケーブル端の状況が異なるというのはわかりますか?
> 校正キットのopenを繋いだときに完全に無限大となるよう校正されているわけですから、違うものを繋いだときは完全な無限大に見えません。
> コネクタの不連続が無いと仮定し、両端にコネクタを付けた1/2λのケーブルを用意して先端に校正キットのopenを付けたとき、初めて無限大になります。

良くわかりました。

ところで、話がさかのぼるのですが、1/2λのケーブルをネットアナで見るとなぜインピーダンスが無限大に見えるのでしょうか? 根本の部分がわかっていませんでした。。

補足日時:2009/05/20 14:23
    • good
    • 0

測定器がある場合はいいのですがない場合は、周波数f[Mhz]の場合


同軸の1/2λの電気的長さLは
 L=300/f・1/2・0.6594=98.9/f [m] 
 たとえばf=50Mhzなら L=1.98 [m] 
 という風に求めます。 ただし同軸の誘電率は2.3としました。
 一般的に短縮率は0.66~0.67がよく用いられますが、実際はもうすこし小さいです。(計算上は0.6594になります)
 以前実測したときには0.659位までは測定できました。 

この回答への補足

ありがとうございます。

1/2λの電気的長さの計算方法について良くわかりました。

短縮率はどのようにして測定されたのでしょう。

補足日時:2009/05/20 13:24
    • good
    • 0

何に使ってみたいと考えておられるのかが、わからないのですが・・・



1/2λの長さ(理論長(電気長ともいう))は、
 1/2λ(m)=150/周波数(MHz)
で計算されますが、実際に同軸ケーブルを使う場合には、これに短縮率(ε)をかけなければなりません。

例えば、PE充実タイプの3D2Vを150MHzで使うとき、実際の長さ(1/2λ)は、
 150/150X0.67=0.67m
となります。

短縮率の理論についてはこちらに詳しい説明があります。
http://www.cqnet.co.jp/musen/ant-ja6hr.html
短縮率のデータです。
C系ケーブル
http://www.rocket-co.jp/ham/cable-loss.html
RG系ケーブル
http://www.stack-elec.co.jp/tech/coax_cable.htm

短縮率を測る方法アマチュア的な方法がこちらにありますが、やはりそれなりの測定器が要ります。
http://www31.ocn.ne.jp/~jo3jye/lib/144q/q.htm

応用
同軸ケーブルを使った7MHzバズーカアンテナの作り方
http://www.page.sannet.ne.jp/kenh/musen/7mhz/7mh …
50MHz3段コリニヤーアンテナの製作
http://www2.nct9.ne.jp/ja0qby/korinia1-1.htm
スタブフィルタの製作
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/jh2cmi/Filter. …
トラップ(バンドリジェクションフィルタ:BRF)の作り方
http://www.ji0vwl.com/yaa3.html
シュベルトップバランの作り方
http://www005.upp.so-net.ne.jp/matumoto/musen/si …

この程度のものでしたら短縮率はそれほど厳しく考える必要は無く、上記データで考えても大きな問題は起きません。
なお、テフロン系の同軸ケーブルを使うときは、短縮率はかなり変わってきますので注意が必要です。

何かわからないことがあれば、補足欄からご質問ください。

この回答への補足

とても詳しい説明をありがとうございます。

> 短縮率の理論についてはこちらに詳しい説明があります。
> http://www.cqnet.co.jp/musen/ant-ja6hr.html

1/2λの長さの同軸ケーブルは、このHPにあるように、"アンテナと無線機を繋ぎ送信機からの高周波電流(電波)をアンテナに送り込む「電導線」"として使います。同軸ケーブルはRG-58A/Uです。この用途だと、やはり短縮率はそれほど厳密に求める必要は無く、教えていただいたデータにあった66%という値を使えば十分でしょうか?

ところで、上記のHP(アンテナ調整の勘どころ)の
"5.適正フィーダーの調整"
のところに、
"「給電線」(同軸ケーブル)をアンテナの一部であり「電波を輻射する」ことを理解して置く必要があります。"
と書かれています。このことをよく認識していなかったのですが、どれくらい輻射されるものなのでしょうか? この輻射は、同軸ケーブルの長さが1/2λになった時に最小になるということでしょうか?

補足日時:2009/05/20 14:10
    • good
    • 0

同軸ケーブルの内部絶縁体の誘電率εが分かれば求められます。


入力信号の周波数をfとすると、
真空中波長λ0=co/f (c0:光速)
ケーブル内波長λ=λ0/√(ε)
従って半波長λ/2=λ0/{2√(ε)}=c0/{2f√(ε)}

この回答への補足

ありがとうございます。

確認なのですが、「誘電率ε」は比誘電率(絶縁体の誘電率÷真空の誘電率)で、「1/√(ε)」は短縮率を表しているのでしょうか。

補足日時:2009/05/20 12:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサテライト用同軸ケーブル

(1)サテライト用同軸ケーブルとはどの規格のケーブルのことでしょうか。サテライト用同軸ケーブル、同軸ケーブル、アンテナケーブル等いろいろなケーブルの呼称がありますが全部違うのでしょうか。

(2)BS・110度CSのI/Fにはサテライト用同軸ケーブルを使用下さいと説明書などによくありますが、例えばアンテナ~レコーダ~TVなどの接続方式でレコーダ~TV間も当ケーブルを使用しなくてはいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

サテライト用というのは要するに衛星放送(BS、CS)の周波数に対応したものということです。(それにしておけばもちろん地上波にも使えます)
同軸ケーブル、アンテナケーブルというのはそれや地上波用を含めた一般呼称と思えばいいでしょう。
衛星用として具体的にはS5C-FBなどの規格品です。
旧来の5C-FVなどは地上波用(U,VHF)のものです。
衛星用を使わないと高い周波数のチャンネルになるほど受信できにくくなります、またケーブルが長くなるほどその影響も大きくなります。
当然アンテナ端子から各機器までもその規格品が望ましいです。(わずかな長さですから規格外でも使えることもありますが一部チャンネルが映らないなどのことも起こりえますのでおお薦めはしません)
これらの規格はケーブル自体にも印字してあります。
ついでにですが、ケーブルだけでなく分配器、ブースターなどすべてBS、CS用になってないと同様な現象が起こりえます。
要はすべてBS,CS用といって購入すれば問題はないはずです。

QR=40Ω、XL=40Ω、Xc=70Ωの合成インピーダンスZを求めよ←わかる方求める式だけでもいいの

R=40Ω、XL=40Ω、Xc=70Ωの合成インピーダンスZを求めよ←わかる方求める式だけでもいいので教えてください

Aベストアンサー

直列なら
Z=R+j(XL-Xc)=40-j30 Ω
念のため、絶対値は
|Z|=√(40^2+30^2)=50 Ω

Qなぜ同軸ケーブルで、HDDレコーダーとテレビを繋げる規格が無いのでしょうか?

(1) アンテナ ──同軸ケーブル─→ HDDレコーダー ──AVケーブル(赤白黄)─→ テレビ
(2) アンテナ ──同軸ケーブル─→ HDDレコーダー ──HDMIケーブル─→ テレビ
(3) アンテナ ──同軸ケーブル─→ HDDレコーダー ──同軸ケーブル─→ テレビ


HDDレコーダーとテレビを繋ぐ場合、(1)で見るより(2)の方が綺麗に映ります。
これは当たり前だと思うのですが、なぜ規格的に(3)は無いのでしょうか?
(1)より(3)の方が綺麗に映る気がするので、疑問です。

Aベストアンサー

#1です。
Sodan01様の意図は、再生画像を送る方法として同軸ケーブル使う規格がなぜ無いのかと言う事として回答しましたが、再度回答します。
1980年代半ば頃からカセットビデオレコーダーを使い始めましたが、その頃はありました。
当時のテレビはビデオ入力端子が無いものが多数あり、そのようなテレビでは、再生映像をテレビ電波(VHF帯)に変換して同軸ケーブルで送り視聴していました。
現在でも同じですが、テレビには同じ周波数帯(VHF帯やUHF帯)のアンテナ端子は一つしかありませんでした。
そのため配線は
アンテナ-同軸ケーブル→ビデオレコーダー-同軸ケーブル→テレビでした。
(3)と同じですが、違うのはビデオレコーダーからの出力に再生映像の電波を混合する点です。
そのため、その地方の放送電波と混信しないようレコーダーに切り替えSWがあり、VHFのCH1かCH2を選択するようになっていました。
現在のHDDレコーダーはこの部分は内蔵分配器の出力になっており、再生映像は混合されていません。
AVケーブルは画像信号と音声信号を分けて送りますが、同軸ケーブルは画像信号と音声信号を混合してから電波に変換して送りますので、AVケーブルより画質や音質が劣ります。
そのため、テレビにビデオ入力端子が標準装備されるにつれ、無くなってしまいました。
つまり、同軸ケーブルで再生映像を送る接続方法はあったが、画質や音質が劣るため無くなったと言う事です。

#1です。
Sodan01様の意図は、再生画像を送る方法として同軸ケーブル使う規格がなぜ無いのかと言う事として回答しましたが、再度回答します。
1980年代半ば頃からカセットビデオレコーダーを使い始めましたが、その頃はありました。
当時のテレビはビデオ入力端子が無いものが多数あり、そのようなテレビでは、再生映像をテレビ電波(VHF帯)に変換して同軸ケーブルで送り視聴していました。
現在でも同じですが、テレビには同じ周波数帯(VHF帯やUHF帯)のアンテナ端子は一つしかありませんで...続きを読む

Q管の長さを1/2波長とする両端解放の共鳴管について

左右端が解放されている管は管の長さを1/2波長とする周波数で共鳴し、管の中央は流速振幅の節(圧力振幅の腹)になると思いますが、この管の中央に小穴を開けたら共振周波数は高くなりますか?その時流速振幅の節(圧力振幅の腹)は穴の左右2カ所に分かれるのでしょうか?もしそうだとすれば、2カ所の流速振幅の節(圧力振幅の腹)の間の距離を1/2波長とする高い周波数は共鳴音に何かの影響を持ちますか?

Aベストアンサー

 No.3です。
 書き忘れましたが、穴の位置が管の中央であれば、穴の開け方によって、中間的な波長の共鳴が起こることはなく、基本は「管の長さが1/2波長の波」または「管の長さが(N/2)波長の波」(当初の波の振動数の整数倍の高調波)しか発生しないと思います。

 穴の位置が管の中央でない場合には、理論的には、管の両端と穴の位置に流速振幅の腹(圧力振幅の節)ができるような分割で共鳴波ができるのだと思います。ただ、複雑な分割になればなるほど、管の太さや穴の大きさに起因する不確定さが増して、定在波はできにくくなるのではないかと思います。

Q壊れたBSアンテナで同軸ケーブルも壊れますか

正常に作動しているCSスカパーアンテナの同軸ケーブルを、故障してるBSアンテナに接続しましたが
BSは映りませんでした。

その同軸ケーブルを元のスカパーアンテナに接続
したらスカパーも映らなくなりました。アンテナの調整もしましたが(受信できません)のメッセージしか映りません。

質問1 壊れてるBSアンテナに同軸ケーブルを使用したので
スカパーのアンテナやチューナーが故障したのでしょうか。

質問2 同軸ケーブルも破損することはありますか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
壊れているアンテナを接続した事によって同軸ケーブルを破損することはまず無いと思います。ただ、ケーブルは大丈夫ですが、ケーブルのコネクター部分の接触不良を起こす可能性が考えられます。取り外し、取り付けによって、コネクター内部で断線している可能性が考えられます。

QR(λ),G(λ),B(λ) =?

 波長λの光が持つ色彩を,パソコンのディスプレイ上で再現したいと思っております。R 値,G 値,B 値の波長の関数,すなわち R(λ),G(λ),B(λ) の式(多少大雑把でも構いません)をご存知の方がおられましたら,是非教えていただきたいと思います。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

興味があったので検索してみました。
同色関数という名前がついているようですね。
(正確にはひとによって違うとおもいますが標準化されているようです。)

参考URL:http://www.cybernet.co.jp/maple/document/hiroba/iro/iro4.html

QBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルの特徴は?

 地上・BSデジタル対応のHDD&DVDレコーダーと液晶テレビをつなぐとき、取説では、BS・110度CSデジタル入出力端子にはBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルをつなぐように記載されていますが、とりあえず手近にあった普通(非対応)の同軸ケーブルをつないだところ、BSデジタル放送も問題なく視聴できています。
 このまま使い続けても大丈夫でしょうか?
 また、BS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルの特徴、普通の同軸ケーブルとの違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

>地上・BSデジタル対応のHDD&DVDレコーダーと液晶テレビをつなぐとき、取説では、BS・110度CSデジタル入出力端子にはBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルをつなぐように

もちろんアンテナ線の接続のことですね。
普通のケーブルと対応ケーブルの違いはBS,CSの高い周波に対応してるかどうかの違いです。
テレビとレコ機器くらいの接続の長さなら特に専用でなくても映る場合も多いです。
今支障なく映ってるならそれでもいいでしょう。
ただ普通のケーブル(5C、4Cや3C-2V等)の場合は高い周波数に対応してませんので、BSはともかくCS110くらいになってくるとかなりレベルが落ちる場合もあり、普段は映っててもちょっと悪天候で受信レベルが下がると映らないなんて事態も起こりえます。
ですので対応ケーブル(S4C-FB等)にしておくにこしたことはないと思います。
アンテナから機器までのものならそれだけで(普通のケーブルなら)映らないなんてこともあるくらいですので。
なお端子が金メッキなど高級なものである必要はまずありません。

Q抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=6Ω、容量リアクタンスXc=2Ωの

抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=6Ω、容量リアクタンスXc=2Ωの並列回路のアドミタンスを複素数で示し、また、この回路に100Vの電圧を加えたとき、電源から流れる電流の大きさを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アドミタンス Y=1/R+1/(jXL)+1/(-jXC)=1/5-j1/6+j1/2=1/5+j1/3。
I=YV=20+j100/3 。
|I|=√(20^2+(100/3)^2)=√(13600/9)。

Q同軸ケーブル

テレビ用の同軸ケーブルについてなんですが,どの同軸ケーブルでもすべての放送(UHF,VHF,BS,BSデジタルなど)に対応しているのですか?
もし,対応していない場合はBSデジタルを受信することができる一番安い同軸ケーブルを教えてください。

Aベストアンサー

No.3の追補です。

ホームセンターなどで3Cという細いケーブルや5C-FVなどを激安で売っている場合もありますが、可能な限り避けてください。ごく短い配線には使えますが、家の中の引き回しには利用できない(損失が大きすぎるため)為です。

また、接続にビデオデッキなどに付属してくるワンタッチコネクター(金具で同軸を挟み込むタイプ)は使用してはいけません。(特にBSやCS)
必ずその同軸にあったこF型コネクターを利用してください。
(例:5C-FBにはFP-5やF-5SNなど)

理由は損失はケーブルでも発生しますが、大半がコネクターで発生します。また、ワンタッチタイプなどは同軸の網線部分のひげなどが出やすく、BSやCSなどでは電源がショートする危険もあります。
(アンテナの受信部を動作させるために、BSやCSではアンテナ線を利用して電源を供給しています)

以上ご注意ください。

Q同軸ケーブルや撚り線ケーブルにフェライトビーズを使っても効果はあるのですか?

タイトルの通りです。
よくフェライトビーズは高周波ノイズを取り除くために図に書かれていますが、これは同軸ケーブルや撚り線ケーブルに使っても効果はあるのでしょうか?
或いはケーブルの種類によって効果的なノイズ除去方があったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

効きます。
同軸ケーブルとて無限のシールド性能(Shield Effectiveness)を持っている訳ではありませんから、ノイズを受けます。
ただし、ノイズの周波数などによっても効き方は変わりますので、全てに効くわけではありません。

>或いはケーブルの種類によって効果的なノイズ除去方があったりするのでしょうか?

これは、ノイズをどのような経路や原理によって、ケースバイケースですので、ケーブルの種類だけで方法が決まるものではありません。


人気Q&Aランキング