ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

EXCEL VBAでマクロの最後でFind関数のLookAtの設定を変更したい。

EXCELの検索機能において、通常は、オプションの「セル内容が完全に同一であるものを検索する」のチェックを外して使用しています。

あるマクロにおいて、Find関数のLookAtの値を「xlWhole」(完全一致)で使用しています。
この「LookAt」の値は、通常の手動での検索にも設定が引き継がれるため、このマクロの後に、検索機能を使用するとオプションの「セル内容が完全に同一であるものを検索する」はチェックされた状態になっています。

つまり、通常時はあいまい検索、マクロ時は完全一致検索を行いたいと思っており、マクロの最後で、あいまい検索に設定を変更しておきたいのですが、そういった指定は可能なのでしょうか。

ごり押しですが、最後に、あいまい検索で適当な検索を行っておくという事も考えましたが、もう少しスマートな方法があるのか、ご存知の方がいらっしゃればと思い質問させていただきました。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あぁ、そういうことでしたか^^;


理解力が乏しくて申し訳ないです。

うろ覚えですが、Findメソッドは自身の処理が走る際に自動設定し保持しますので、再度Findメソッドを使ってやるしか方法はないかと思います。(本当にうろ覚えです^^;)

確かにスマートな形ではないので、それならばLike演算子を使ってやるのはいかがでしょう?

Sub Find()
Dim c As Object
  For Each c In Worksheets(1).Range("A1:A10")
    If c.Value Like "検索文字列" Then
      【処理】
    End If
  Next c
End Sub

みたいにしてやればお望みの処理が実現すると思いますが・・。
それともLike演算子ではダメな理由でもあるのでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
遅くなりまして申し訳ございません。

Likeを使用する方法で、解決いたしました。

参考になります。

ありがとうございました!

お礼日時:2009/06/10 11:58

こうゆう事?


設定変更だけしかしないと思うんだけど

Sub 完全一致()
Cells.Find lookat:=xlWhole
End Sub

Sub 曖昧()
Cells.Find lookat:=xlPart
End Sub
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
遅くなりまして申し訳ございません。

教えて頂いた方法ですと、
「引数の数が一致しません」とエラーとなってしまいました。

【環境】
Windows Vista
Excel2007

お礼日時:2009/06/10 11:56

補足ですが、#2はFindメソッドでいう「完全一致」と考えて良いです。



「If c.Value Like "検索文字列" Then」
の「検索文字列」部分前後にアスタリスク(「*」)をつけて「*検索文字列*」としてやれば、「検索文字列を含むセル」がtrueで返り、Findメソッドでいう「曖昧検索」の役割を果たします。
    • good
    • 0

単にマクロがが走る際のロジックの最初の行辺りで



Set hoge = .Find(What:="", lookat:=xlWhole)

マクロの最後の方で

Set hoge = .Find(What:="", lookat:=xlPart)

で良い気がしますが・・・。

そういうことではないんですかね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

やはり、最後にあいまい検索を実行しておくって事になりますよね。

実際には、設定を変更するためだけに検索を実行してしまう事になるので、処理は行わず、設定の変更だけで、変えれるものなのかどうかって所で、悩んでおりました。

お礼日時:2009/05/21 09:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

QEXCEL 検索時の設定

EXCEL2003を使用しています。
検索する時、オプションの『セル内容が完全に同一であるものを検索する』がオンになってたりオフになってたりで、わずらわしさを感じています。デフォルトでオフの設定にする方法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

>検索文字列はセルの文字列と一致しているものではなく

本来、こういう無料掲示板では、ここまで長く伸ばして、後だしの要求はしないほうがよいです。後で、内容を変えられると、書いてきたことが無意味になってしまいます。ここの掲示板は、また、質問者のリピーターも2割程度しかありません。

マクロは、勢いで書くものですから、間をあけられるのが一番つらいです。一旦、締めて、改めて質問されるほうが、まだ書きやすいです。(気が乗ればでずが)

私は、ある程度マクロが分かるつもりの人には、回答はしないようにはしているのですが、今回、思うことがあったので書きました。それは、DataObject オブジェクトでエラーが発生する原因を防ぐために考えてみました。「ある程度分かるつもりの人」が、一番、トラブルや評価がされないことが多いです。

今回、二度目のご質問になっていると思いますが、今後質問される時は、回答者を振り回さないようにしてください。

>少しこちらの作業を説明させて頂くと、検索文字列はセルの文字列と一致しているものではなく、他シートや他ブックのセル内に数行にわたって入力された文字列の中の数文字で、毎回探す語句は違います。

もし、ご自身で直せなければ、こういうことは、言わなければ分かりません。私の#11で書いたコードの似たようなものは、インターネット掲示板で有名な方も同様のコードを書いています。ただし、私は、誰のものを真似たものでもなく、オリジナルの工夫をしています。その程度は、ほんの少し変えれば済む問題です。

#7のコードのExcel 2003 用のものですから、それ以外を書き換えるつもりはありません。ただ、自分の中では、久々の会心の作だと思っていますが、意味が分からないとか、動かないとか言われても、何も言うことがありません。


二つのシートをまたいで検索をすると、エラーが発生することがありますが、改めて検索すれば、大丈夫です。

'-------------------------------------------------------

''Option Explicit
Private Declare Function IsClipboardFormatAvailable Lib "user32" (ByVal wFormat As Long) As Long
Private Const CF_TEXT As Long = 1

  Dim FirstAdd As String
  Dim strText As Variant
  Dim c As Range

Sub TestFind1()
  Dim objData As Object
  Dim myURange As Range
  Dim lastRng As Range
  Dim numFlg As Integer
  On Error GoTo ErrHandler
  Set myURange = ActiveSheet.UsedRange
  
   With myURange
     Set lastRng = .Cells(.Cells.Count)
   End With
  
  If c Is Nothing Then
    If IsClipboardFormatAvailable(CF_TEXT) <> 0 Then
      With GetObject("new:{1C3B4210-F441-11CE-B9EA-00AA006B1A69}")
        .GetFromClipboard
        strText = .GetText
      End With
    End If
    'バイナリコードの除去
    strText = WorksheetFunction.Clean(strText)
    If IsNumeric(strText) Then '数値の場合(数字全部)
      numFlg = 1
    Else '文字の場合(文字の一部)
      numFlg = 2
    End If
    '全半角のスペースの除去
    '   Do
    '    strText = Replace(strText, Space(1), "", , , 1)
    '   Loop Until InStr(1, strText, Space(1), 1) = 0
    
    Set c = myURange.Find( _
    What:=strText, _
    After:=lastRng, _
    LookIn:=xlValues, _
    LookAt:=numFlg, _
    MatchCase:=False, _
    SearchOrder:=xlByRows, _
    MatchByte:=False)
    
    If Not c Is Nothing Then
      FirstAdd = c.Address
      c.Select
    Else
      MsgBox strText & "は見つかりませんでした。", 48
      Set c = Nothing
    End If
  
  Else
    Set c = myURange.FindNext(c)
    If FirstAdd = c.Address Then
      If MsgBox("シートの最後まで検索しました。" & vbCrLf _
        & "最初に戻りますが、検索しますか?", 64 + vbYesNo) = vbNo Then
        strText = ""
        Set c = Nothing
        Set lastRng = Nothing
      Else
        c.Select
      End If
    End If
    If Not c Is Nothing Then
      c.Select
    End If
  End If
ErrHandler:
  If Err.Number <> 0 Then
    MsgBox Err.Number & " : " & Err.Description
    Set lastRng = Nothing
    Set c = Nothing
  End If
  Set myURange = Nothing
End Sub

こんばんは。

>検索文字列はセルの文字列と一致しているものではなく

本来、こういう無料掲示板では、ここまで長く伸ばして、後だしの要求はしないほうがよいです。後で、内容を変えられると、書いてきたことが無意味になってしまいます。ここの掲示板は、また、質問者のリピーターも2割程度しかありません。

マクロは、勢いで書くものですから、間をあけられるのが一番つらいです。一旦、締めて、改めて質問されるほうが、まだ書きやすいです。(気が乗ればでずが)

私は、ある程度マクロが分かるつも...続きを読む

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QExel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数ではなく、マクロで処理を希望します。

自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが…

Sub 別ブックから貼り付ける()
  Dim 検索する As Long
Windows("部品表.xls").Activate
検索する = cells(i,2).Value
Windows("コード一覧表.xls").Activate
ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3
Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:="=検索する", Operator:= xlAnd

と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。

基本事項は本で学びましたが、呪文のようなコードはよく理解できません。懸命にネットで検索して、訳して理解する努力をしてはいますが。

どうぞよろしくお願いします。

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★
 I = 2
 Do While Range("A" & I).Value <> ""
  ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("C" & I).Value = Application.VLookup(ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("B" & I).Value, xlBook.Worksheets("Sheet1").Range("A2:B65535"), 2, 0)
  I = I + 1
 Loop
 xlBook.Close
 Application.ScreenUpdating = True
 MsgBox ("完了")
End Sub

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks....続きを読む

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

Qエクセル マクロで指定フォルダを開く

エクセルにて
指定フォルダを開く、マクロがあれば教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

こういうものですか?
開くフォルダを変えたいときは targ に与えるパスを変更します。

Sub OpenFolders()
Dim targ As String
targ = "C:\"
Shell "C:\Windows\Explorer.exe " & targ, vbNormalFocus
End Sub

Q別のシートから値を取得するとき

Worksheets("シート名").Activate
上記のを行ってから別シートの値を取得するのですが、
この処理を行うと指定したシートへ強制的にとんでしまいます。。。

※イメージ
For ~ To ~
  Worksheets("シートA").Activate
  シートAの値取得
       :
  Worksheets("シートB").Activate
  シートBの値取得
Next

このイメージ処理を行うとものすごい勢いで画面がチカチカします。。。
シートを変えずに他のシートから値を取得する方法はないのでしょうか。
教えてください!

Aベストアンサー

Worksheets("シートA").Range("A1")

みたいな感じでできませんか?

QEXCEL VBAで全選択範囲の解除

EXCEL VBAで
Cells.Select
と書くと、全セルが選択状態になりますが、
これを解除するには、どう書けばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

その1
A1 など、適当なセルを選択する。
(回答#1と同じ)

その2
全選択する前の選択範囲に戻る。

全選択前に
変数 = Selection.Address で記憶

全選択後
Range(変数).Select で元の選択範囲を選択

QVBAにてデータが数字か文字かを判定するには

VBAにてデータが数字か文字かを判定するには、
どうすれば良いのでしょうか?

文字数は任意で決まっていません。


123 ← 数字
あい ← 文字
1F  ← 文字
G  ← 文字

Aベストアンサー

こんにちは。

数字か文字かなら、IsNumeric でよいと思いますが、数値か文字かでしたら、VarType を使います。私の場合は、IsNumericは、めったに使いません。VarTypeのほうが多いですね。IsNumeric は、文字通り、文字か数字かで、文字列書式の数字も含まれます。なお、VBAでは、数字は、数値型に型キャストされますので、特に問題は発生しません。

ご参考までに。

Sub Test()
 If VarType(Range("A1").Value) = vbDouble Then
  MsgBox "数値"
 ElseIf VarType(Range("A1").Value) = vbString Then
  MsgBox "文字列"
 Else
  MsgBox "その他" '代表的なものはエラー値です
 End If
End Sub

-----------------------------------------
こちらの場合は、全角数字も、数字として扱われます。

Sub Test2()
 If IsNumeric(Range("A1").Value) Then
   MsgBox "数字"
 Else
   MsgBox "数字ではない"
 End If
End Sub

こんにちは。

数字か文字かなら、IsNumeric でよいと思いますが、数値か文字かでしたら、VarType を使います。私の場合は、IsNumericは、めったに使いません。VarTypeのほうが多いですね。IsNumeric は、文字通り、文字か数字かで、文字列書式の数字も含まれます。なお、VBAでは、数字は、数値型に型キャストされますので、特に問題は発生しません。

ご参考までに。

Sub Test()
 If VarType(Range("A1").Value) = vbDouble Then
  MsgBox "数値"
 ElseIf VarType(Range("A1").Value) = vbString Th...続きを読む

QVBA 実行時エラー1004 rangeメソッドは失敗しました。globalオブジェクトのエラー

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義がまずいと思うのですが、それ以上の事は分かりません。どなたか、分かる方がおりましたら、よろしくお願いします。また、プログラムは以下のようになります。

Sub 繰り返し()
'繰り返し
Dim s As Integer
For s = 0 To 17
Range("cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)").Select
Range("cells(8,s+2)").Activate
Charts.Add
ActiveChart.ChartType = xlXYScatter
ActiveChart.SetSourceData Source:=Sheets("20081216_210647").Range( _
"cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)"), PlotBy:=xlColumns
ActiveChart.SeriesCollection(1).Name = "=""0810p2x"""
ActiveChart.Location Where:=xlLocationAsNewSheet, Name:="0810p2x"
With ActiveChart
.HasTitle = True
.ChartTitle.Characters.Text = "0810p2x"
.Axes(xlCategory, xlPrimary).HasTitle = True
.Axes(xlCategory, xlPrimary).AxisTitle.Characters.Text = "t"
.Axes(xlValue, xlPrimary).HasTitle = False
End With
Next
End Sub

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義...続きを読む

Aベストアンサー

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな(Excelで表示されている)シートが上位オブジェクトとして、自動的に認識されます。

≪例2≫
Sheets("Sheet2").Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、Rangeのみシート名が記述されています。
Sheets("Sheet2").Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
Activeなシートが、Sheet2の場合はエラーになりません。
しかし、ActiveなシートがSheet2以外の場合、エラーが発生します。
直前に、
Sheets("Sheet1").Select
などとしていれば、ActiveシートがSheet1になっていますから、エラーになります。

Sheets("Sheet2").Range(Sheets("Sheet2").Cells(8, 1), Sheets("Sheet2").Cells(1587, 2)).Select
と書いておけば安心です。
Withステートメントを使えばスッキリ纏めることができます。
With Sheets("Sheet2")
  .Range(.Cells(8, 1), .Cells(1587, 2)).Select
End With

# Sheets("Sheet2")の上位オブジェクトが省略されていることにも気がついてください。

>そこで自分で基礎を勉強したいのですが推薦できる参考書などがござ
>いましたら、教えていただけませんか?
私自身は、入門書程度の雑誌を1冊買っただけです。どれが良いとかはよく分かりません。
「マクロの記録」を活用して、参考コードを取得し、汎用性のあるコードに編集しています。
新しい単語があれば、文字カーソルを単語の上に置き、F1キーを押してVBAのヘルプを必ず見るようにしています。
躓いた時は、Web検索して欲しい情報を得たり、あるいは、こうした掲示板で先輩方のお力をお借りしています。

Excel(エクセル)VBA入門:目次
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=4651404
エクセル入門・初級編
http://www.kenzo30.com/excel_kiso.htm

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング