メーカー不明、周波数不明の25mm・ボイスコイルの
耐えれる周波数を知りたいです
調べたら400Hzから19kHzまでは聞こえました
しかし、一般的にツィーターの周波数は2kHz~ぐらいだと思うのですか
これって周波数400Hz~17kHzでいいのでしょうか?
一般的に表記されてる周波数は音の出る範囲の周波数でしょうか?
それとも壊れない範囲の周波数なんでしょうか?
400Hz~ならミドルレンジで使用しようと思っています。
ご存知の方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>> 調べたら400Hzから19kHzまでは聞こえました //



一般的なドームツイーターでも、音圧を別にすれば、200Hzくらいからレスポンスがあります。しかし、ツイーターはXmax(許容ストロ-ク幅)が極めて小さいのが一般的なので、中低音を入力するとボイスコイルが焼損します(電気エネルギーを運動エネルギーに変換できないので、ぜんぶ熱に変わるから)。

また、ツイーターの低音域(最低共振周波数以下の帯域)は、非常に歪みが多いので、音質面からいってもローカットする必要があります。そのため、一般的なツイーターでは、だいたい2000Hzとか3000Hzとかでローカットすることが必要なのです(非常に高性能なツイーターだと、1500Hz程度のクロスでも使えることがあります)。

>> 一般的に表記されてる周波数は音の出る範囲の周波数でしょうか? //

普通は、一定以上の音圧が得られ、かつ、歪み率が著しく悪化しないで使える範囲です。

したがって、表記外の周波数で全く音がでない訳ではありませんし、同時に、どのような周波数特性になっているかも保障の限りではありません(汚いピークやディップが多く出ているのが普通です)。

>> 普通に聞いている音量で400~から普通の音量で聞こえました。 //

人間の耳や脳ほどいい加減な測定機はありません。多少の音量の大小くらいなら、脳が勝手に補完してしまいます。したがって、「聞こえました」というのは、何も調べていないのとほぼ同義です。

きちんと使いたいなら、最低限、簡易的なもので良いので、電気的なインピーダンス特性と、周波数特性の計測くらいは行なうべきです。逆にいえば、それらをしない以上、「何Hz~何Hzで使えるのか」「ローカットフィルタの設計はどうするのか」といった事柄は、まず分かりません。これらは、定性的な問題(25mmのツイーターたるものは一般にこうである、という話)ではないからです。

壊れても構わないなら400Hzから使っても良いですが、壊したくないのなら、2000Hzクロスの-6dB/oct.くらいでローカットした方が良いでしょう。しかし、いずれにせよ、ウーファーとの能率合わせ、クロスの最適値、スーパーツイーターの要否などは、それこそ「自分の耳を信じてカット&トライで詰める」しかありません。「耳で測る」とは、そういうことです。
    • good
    • 2

f0(共振周波数)を測らないと何とも言えないですし、音が出るのと音圧(効率)は又別の話です。


品番からメーカのデータを捜すのが手っ取り早いですが、それが出来ないとなると(測定は)かなり面倒な話です。

この回答への補足

ありがとうございます
厳密には音圧をあげると、もっと低音も出たのですが
普通に聞いている音量で400~から普通の音量で聞こえました。
カースピーカーなどボックスタイプのスコーカーなどは小さいのもありますが、やはり中域で使うと壊れますか?
(ちなみに車用4Ωでカーオーディオで使います)
保障の限りではないとは思いますが、一般的にはこの音域が聞けても壊れる傾向にあるのでしょうか?

補足日時:2009/05/21 10:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘッドホンのエージング

買ったばっかりのヘッドホンはエージングが必要とのことですが普段J-popを聞くとしてもエージングは帯域の広いクラシックなどでしたほうがよいのでしょうか?
よくスピーカーだとクラシックでエージングした場合とJ-popでエージングした場合では音が違うと聞きますがヘッドホンも同様でしょうか?

Aベストアンサー

エージングは「馴らし」ですし音を鳴らす原理はスピーカーと同じですから、POPSとクラシックでは結果も変わるはずです。
聞かれるジャンルが幅広いのならば、広い帯域を使うクラシックが向いているかもしれませんが(全帯域でまんべんなくエージングできるから)、POPSの比率がかなり大きい場合はPOPSを使ったほうが「より」POPS向きの音に馴れていくと思われます。

Qアップサンプリングで質問なのですが、44.1KHzから176.4KHz

アップサンプリングで質問なのですが、44.1KHzから176.4KHzにアップサンプリングしたら音質が良くなるのでしょうか?どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まぁアカデミックな話は、私もNo.1の回答者の方のおっしゃるとおりだと思いますが、実務上は、音響工学の研究施設ばりの装置を使うならいざ知らず、PCベースでの変換や一般民生品のコンバータ等の限りでは「音質は悪くなる事こそあれ、普通はイーブンで、聞いてわかるほどよくなる事は全く無い」と言い切れますね。

ただ、オーディオの常で、「俺は良くなった」と主張するマニアと「当社の製品ならこういう理論で良くなるんです」という怪しげな理論でバカ高い製品を売るメーカーは後を絶ちませんが。

仮に、No.1の方の前者の理論(これは、私も理論としては頷ける)で、数値上明確に効果があると言えるほどの良好な近似値が得られたとしても、それを体感できる再生装置は、相当な高性能が求められます。まぁ100万円やそこらは掛けないと、体感する事はできないですね。

Qポータブルアンプのエージングについて

現在iModとポータブルアンプを専用のDockケーブルでつないで、イヤホンで聞いています。
イヤホン(スピーカー)はエージングをした方がよくなると言われていますが、最近コンデンサもエージングを音質が変化するという事を知りました。

DAPのiModはDock経由で音楽を聴く場合本体のエージングは不要で、Dockケーブルに含まれているコンデンサにエージングの必要があると聞きました。
その際、アンプは電源を切った状態でも信号を通すものであれば、アンプの電源オフ状態で本体でループ再生することでエージングが可能とも聞いています

本体(ループ再生)⇒Dockケーブル(コンデンサ内蔵)⇒アンプ(電源オフ)⇒イヤホン
図に表すと上の様になりますが、この状態でアンプのエージングも同時に行えているのでしょうか?

それと、イヤホンではエージングを言いますが
コンデンサの場合は、バーニングとかバーンインと言われていますが
正しい呼び名はなんなのでしょうか

宜しくお願いします

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

一般的にスピーカーを除くエージングがまかり通っているのは、日本だけです。
コンデンサや電装部品のエージング(バーイング)は数時間もかけなくとも数分から数十分程度のことですから、メーカー出庫時に動作確認の通電ですんでいることになります。

スピーカーでも本体の金属駆体とコーンとの接着剤やコーン紙の伸びを調整する事が一種のエージングですから、小さなイヤホンやヘッドフォンでは殆ど関係ありません。
よく、「エージング後は格段に音質が向上した」と云う話や書物でも見ますが、科学的に検査しても差は全くありません。
『こんだけ手を掛けたから変わらないはずは無い!』と云う所謂思いこみ(プラシーボ現象といいます)です。

以上ですが、オーディオという感性のものに科学的検証はそぐわないと以前お答えがありましたので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

QCDのサンプリング周波数44.1kHzはどう決めた

CDのサンプリング周波数44.1kHzは、どのような経緯で決まったのでしょうか?
PCの世界は2進数が多いので、44,100Hzという中途半端な数値に決まったのはなぜか気になります。

Aベストアンサー

いろんな説がありますが、私の知っているのを一つ挙げます。

CDが出てくるちょっと前の話です。
デジタル音楽(PCM)というものが世の中に出始めたのは'70年代ですが
この時、サンプリング周波数をいくつにすべきなのかは、
人の聴覚的な感覚に左右されるので、工学的や数学的には決められませんでした。

欧州ではサウンドマイスターなどがブラインドテストなどを通じて32kHzを主張していました。
そしてとりあえずこの値を叩き台としました。
さて、実際にアナログ音をA/Dコンバータにかけデジタルデータを作成したとして
何に記録したらよいでしょう。

当時それほどの高密度データ記録を行え、かつ容易に入手可能な機械の代表は
ヘリカルスキャンを採用したビデオデッキでした(高価でしたが)
そこでソニーは自社製のUマチックに記録する事にしたのです。
Uマチックとは'70年頃に登場したソニーのビデオテープレコーダです。

このUマチックに、映像の代わりにデジタルデータを記録するのですが
ご存知の通り、ビデオデッキはリニアに記録しているのではなく
磁気テープ上に、細い線状の領域を斜めに数多く並べ、
1本の細い線に1フレーム(1画面)のデータを記録しています。
従って、この細い線が物理的に記録する最小単位になります。

では、この細い1フレーム分を記録する領域に、
何サンプルのデジタル音楽データが記録出来るのでしょうか?
ビデオデッキの水平周波数は15750Hz(30*525)です。
ヘリカルスキャンは回転ヘッドの切り替えタイミングが垂直同期信号付近にあるので
安定動作のため、適当なマージンをとってこの部分に記録するのを避けています。
数値的には垂直ブランキング付近の上下を総数35本を避けています。
35本にしたのは、(525/15)で割り切れる数だったからそうです。
つまり全体の1/15をマージンとしていたという事で
525-35=490ラインにデジタルデータが記録出来る事になります。
細い1フレーム分を記録する領域に
1サンプルを記録すると仮定すると(490/525)*15750*1=14700
2サンプルを記録すると仮定すると(490/525)*15750*2=29400
となり、2サンプル以下では欧州の要求した32kHzを下回ります。
そこで3サンプルを記録する事にして(490/525)*15750*3=44100
から44.1kHzが生まれました。
そしてそのサンプリング周波数を採用したPCMレコーダが、
記録手段としてビデオデッキを流用する事を前提に
アタッチメントという形で発売されました。

ちなみに同時期に日本コロンビアが発売したPCMレコーダは、
上記のマージン領域も全て記録用にしていまししたので
(525/525)*15750*3=47250
という、これまた中途半端なサンプリング周波数になっています。
ソニー=44100Hz、日本コロンビア=47250Hz ですね。
ソニーは44100Hzのデコーダを量産しましたので、提唱したCDの規格もそのようにしました。

もし仮にCD規格が日本コロンビアから出ていたとしたら、CDのサンプリング周波数は
47.25kHzになっていたかもしれませんね。

その後、DATの時代になり、当時32kHzを主張していた欧州に配慮して
48kHz/32kHzを策定しました。48kHzは32kHzからの変換が容易なためです。

余談ですが、もう一つの代表的な中途半端規格数である
カラーTVの29.97frameですが、途中を省略しますが
4500000/286/525=29.97・・・
からきています。

いろんな説がありますが、私の知っているのを一つ挙げます。

CDが出てくるちょっと前の話です。
デジタル音楽(PCM)というものが世の中に出始めたのは'70年代ですが
この時、サンプリング周波数をいくつにすべきなのかは、
人の聴覚的な感覚に左右されるので、工学的や数学的には決められませんでした。

欧州ではサウンドマイスターなどがブラインドテストなどを通じて32kHzを主張していました。
そしてとりあえずこの値を叩き台としました。
さて、実際にアナログ音をA/Dコンバータにかけデジタルデータを作成...続きを読む

Qエージングについて。

エージングについて。
みなさんよく購入したイヤフォンやヘッドホン、スピーカーなどをエージングするといいますが、エージング前とした後ではどのように違いがでるのですか?
そしてその違いはどれ程大きいものなのですか?
回答お願いします!
ちなみに私が使用しているヘッドホンはパイオニアのSE-M290です。

Aベストアンサー

 スピーカであれば、エージングの差は歴然です。以前、知り合いに頼まれて2セットのNS-10(YAMAHA)を中古で買いましたが、1台は少し汚れていたものの凄くマイルドでいい音がしていました。もう1台は見た目は綺麗だけれど、音が非常に硬く全く使われずに放置されていたようでした。

 スピーカは、振動板が前後に動くことで音が出るので、可動部分があり、そこが滑らかに動くかどうかで音質に大きな影響を与えます。
 ただし、ヘッドホンは振動板自体が小さいので、可動部分の影響度はスピーカより少なく、あまり神経質になる必要はないと思います。

QCDのサンプリング周波数は44.1kHzですが、実際のサンプリング回数は1秒に何回?

私は単純に「44.1kHzなのだから、1秒に44,100回でしょ」と思っていました。

でも、記録できる最大の周波数20kHzを再現するには、もっと多くのサンプリング回数が必要だと思うのです。

例えば、
1秒間に2Hzのサイン波の波形を思い浮かべてください。(ゼロから上行って戻って下行って戻って×2回分)
これを「2Hzだから、2倍の4Hzでサンプリングすれば波形が再現できる」と考えて「4回」のサンプリングとしてみます。
1個のサイン波を再現するには少なくとも4点必要じゃないですか?すると2Hzだと、少なくとも「8回」は必要なのじゃないでしょうか。

なので、44.1kHzと表現される「サンプリング周波数」が示しているのは、実は2倍の88,200回/秒なのではないかが疑問になりました。
実際、どうなのでしょう。

SACDの話は要りません。普通のCDの規格についての質問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa19881.html

>44.1kHzなのだから、1秒に44,100回
であり、記録できる周波数が約20kHzだって事です。

Qスピーカー自作してる方 プラスツイーターとスーパーツイーターの違い

FOSTEX FT17Hのツイーターでメーカーサイトの説明に書いてあったのですが『FEシリーズをはじめ、フルレンジの高域補正にプラスツイーターとして利用することはもちろん、50kHzまで伸びた高域特性を生かして、手軽なスーパー・ツイーターとしても楽しめます。』
とありましたがプラスツイーターとスーパーツイーターの違い・フルレンジスピーカーへの繋ぎ方・2WAYスピーカーへの繋ぎ方を教えて頂けないでしょうか?
また某サイトにこのツイーターをアンプに直接繋がないで下さいと書いてあったのですがフルレンジスピーカーの高域補正にするためにはどんな部品が必要ですか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>> かんたんに作れるのかなーと思っていましたが //

どの程度の仕上がりを目指すか、次第でしょう。メーカー製品と同レベルで語ろうと思えば、それなりの知識・経験と測定・シミュレーションなどが必要です。しかし、「それなりの音が出ればいいや」ということなら、かなり適当に作っても悪くない音が得られます。

>> コンデンサも色々と容量があるみたいですが何を基準に選べば良いのでしょうか? //

本当は、上記のように実際に測定しながらシミュレーションを繰り返し、最適値を決めていくのがベターです(欧米のスピーカービルダーはかなりマニアックなので、この手法をとるのが一般的です)。

しかし、そこまでこだわらないなら、計算で求めた値を中心に少しずつ容量を増減して、耳で聞いて良さそうなポイントを見つける方法もあります(日本ではこちらの方が主流といえます)。

また、これとあわせて、他人の作例を真似るというのも良い方法の1つです。計算式を含む理論面は、すぐには身に付きませんし、それだけ分かっていても良いスピーカーは作れません。経験がものをいう部分が少なくないからです。他人の作例を真似ることで、経験を積むことができ、どういう理屈でそういう設計になっているのかを知ることで理論面の勉強にもなります。

>> この上記の構成ではどのコンデンサを買えばいいのでしょうか? //

個人の好みなので何ともいえませんが、今回のようにフルレンジ+ツイーターという構成の場合には、大まかに以下の2通りのパターンを考えると方針を決めやすいでしょう。

(1) 第1に、FE107Eの音色を基本におきつつ、高音の伸びや華やかさを加味したいというケースです。この場合、FE107Eはスルーでそのまま使い、FT17Hは高めの周波数で「味付け程度に」使います。FE107Eは、メーカー公表の特性図によれば17kHzくらいまで十分な音圧が出ているので、その辺りから上の帯域を受け持たせます。

この場合、計算上のコンデンサの容量は1.2uF程度になりますが、好みに応じて2uF程度まで増やしても良いですし(もっと低いところから鳴るようになる)、減らしても構いません。たとえば、0.68uF+0.47uF+0.33uF+0.22uFと並列に繋いでおけば(合計1.7uF)、組み合わせによって様々な容量を作り出せます。

なお、FE107Eの能率は公称90dB/W/m、FT17Hは98.5dB/W/mなので、FT17Hの側にアッテネータが必要です(必須ではないが、あった方が望ましい)。

(2) 第2に、スピーカーの基本知識の1つとしてフルレンジの高音は歪みが多いという事実があるので、それを避けるためにFE107Eの高音をカットし、高音はFT17Hに頼るという方法もあります。

この場合、FT17Hと直列に4.0uF程度のコンデンサを、FE107Eと直列に0.26mH程度のコイルを、それぞれ挿入します。FT17H側には、上記と同様アッテネータが必要です(こちらは必須)。

ただ、歪みが多いといっても、それが「独特の音色」を作り出していることも確かです。「高性能なスピーカー」を目指すなら歪みは少ない方が良いのですが、「好きな音色のスピーカー」であれば、むしろ歪みを減らすことで個性が失われていくともいえます。

ちなみに、コンデンサには、大別してフィルムコンデンサと電解コンデンサがあります。後者は、性能も耐久性も良くありませんが、安価・小型・大容量という特徴があります。前者は、高性能で耐久性も良いですが、高いものは1個で数万円するものもあり、大型で容量も大きくできません。もっとも、今回くらいの容量(10uF程度まで)ならフィルムコンデンサでも高くありませんから、音質面・耐久性からお勧めします。

なお、計算式を覚えても構いませんが、コンピュータにさせれば済む話なので、たとえば以下のようなサイトを利用すると良いでしょう。「アプレット版」は、ある程度知識のあるユーザー向けです。

http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/index.htm

>> かんたんに作れるのかなーと思っていましたが //

どの程度の仕上がりを目指すか、次第でしょう。メーカー製品と同レベルで語ろうと思えば、それなりの知識・経験と測定・シミュレーションなどが必要です。しかし、「それなりの音が出ればいいや」ということなら、かなり適当に作っても悪くない音が得られます。

>> コンデンサも色々と容量があるみたいですが何を基準に選べば良いのでしょうか? //

本当は、上記のように実際に測定しながらシミュレーションを繰り返し、最適値を決めていくのがベター...続きを読む

Qフルレンジ一つで30Hz~15KHzまで再生するスピーカー

30Hz~15KHzまでだいたい平坦に再生するワンユニットの既製スピーカーを探しているのですが、それに近いものは市販されている(いた)でしょうか?これは私の理想なので、低域がそれよりも出ていなくてもいいと思っています。現実に入手可能な範囲でできるだけそれに近いものがよいと思っています。16Khz以上は私には全く聞き取れないので、15Khz程度までよくカバーしていればよいと思っています。それ以上の高音域は全く出なくても構いません。そのように高域が不得意で低域を欲張っているスピーカーが理想的です。私が探しているようなものに近いと思われるスピーカーをご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

あるにはあるけど、ちょっと高いよ。
でもよほど耳の肥えた方か、音楽家でもない限りここまでの高音質は必要ないかもしれませんね。
これですがね、↓この価格でこれ以上の音質は聞いたことが無いですよ。
http://www.ryohindendo.jp/shopbrand/007/O/
http://www.rakuten.co.jp/hokuto/471799/659961/
一般的にカタログには20Hz~20000Hzとか書いてありますが、落とし穴があって実は0~-3dBくらいの音圧差があるんですよ。3dBの差があったらほとんど聞こえません。おまけに歪や音色(周波数の凸凹)を無視しているのでカタログ値だけを頼りにはできません。

QRB1オデッセイのツイーターについて(技術的な質問)

今日スピーカー交換に挑戦してみたのですがツイーター取り付けでつまずいてしまいました。
というのもRBオデの運転席側フロントドアから配線を引き込もうと思ったのですが引き込む事が出来そうな穴が一つしかなく、
しかもそこにはでかいカプラーがささっていてどうしようもありませんでした。
ドアの鉄板に穴空けしようかとも思ったのですが、他に方法がないか探しているところです。

そこで考えたのですが
ネットワークのツイーター配線は使用しないで純正のツイーターのカプラー配線を外し純正ツイーターを殺して、
ワンタッチカプラー等で社外ツイータを純正配線に繋ぐ。
こうすれば問題ないような気がするのですがネットワークを介してツイーターを鳴らすのとでは音質が落ちるのでしょうか??
一応こうすればドア内から配線を通さずに済むかなぁと思いまして。
どうでしょうか??
あと社外ツイーターを取り付けた場合は純正ツイーターは鳴らさない方がよろしいのでしょうか??
回答の方よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

そもそもsippuさんが鳴らしているメディアの高音の成分が弱い為に
ツィーターが鳴りにくいかも知れませんよ?
イコライザー等で無理にツィーターの周波数帯の10kHz近辺を上げると
メインボリュームを上げた時に音割れをしますからメディアの音質は大事です

一番音質が落ちない配線法は
アンプから直接スピーカーに配線する事です
ネットワークは フロント部のツィーターとドアスピーカーを
"2way"にする為に重要なパーツです
キレイに2wayになっていると フロント全体の音場の
上下の幅が広がりますので。。。

上記の効果があるので
<ワンタッチカプラー等で社外ツイータを純正配線に繋ぐ
という鳴らし方では "音が鳴っている"というだけで
"車の中はオーディオスペース"という概念ではまだまだですねっ

社外ツィーターと純正ツィーターでは再生能力にかなりの差が
ありますので。。。 社外ツィーターを付けると
純正ツィーターはどうでも良くなります
ツィーターが横にある時点で 配線しやすさからの
"純正スタイル"と言えますので 後付けでは横ではなく前に着けましょう~

そもそもsippuさんが鳴らしているメディアの高音の成分が弱い為に
ツィーターが鳴りにくいかも知れませんよ?
イコライザー等で無理にツィーターの周波数帯の10kHz近辺を上げると
メインボリュームを上げた時に音割れをしますからメディアの音質は大事です

一番音質が落ちない配線法は
アンプから直接スピーカーに配線する事です
ネットワークは フロント部のツィーターとドアスピーカーを
"2way"にする為に重要なパーツです
キレイに2wayになっていると フロント全体の音場の
上下の幅が広がりますの...続きを読む

Q96kHzに対応かどうか

今使っているユニバーサルDVDプレーヤー(DV8400)に、
接続したアンプが96kHz音声に対応しているかどうか選ぶ設定があります。
今現在ONKYOのプリメイン(A-933)に接続しているのですがその説明には96kHzという用語は一つも出ていませんでした。対応してないということでしょうか?
そもそも96kHzという言葉はAVアンプでしか見ないような気もするのですが・・・

Aベストアンサー

A-933を持っているわけではないので自信がありませんが、A-933にはデジタル入力端子がありますか?
http://www2.onkyo.com/jp/product/products.nsf/view/338B7EEB1BCBDA2A49256F9E002377E7?OpenDocument
を見る限りないような気がします。2005年発売のプリアンプでデジタル入力がない(アナログステレオまで)というのが信じられないのですが...

"96kHz"的な表記はデジタル入出力のみで有効なものですからDV8400での設定はありでもなしでもどちらに設定しても大丈夫だと思います。

DVDに接続するということですから、予算があり、部屋に複数のスピーカーを設置できるようでしたら、Dolby Digitalやdtsなどに対応したアンプに買い換えてはどうでしょうか?音が前から後ろに流れたり今までの音響とは全然変わり映画をより楽しめるようになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング