IHクッキングヒーターの家へ引っ越してきました。厚底の鉄製フライパンを買いましたが、説明書に空焼きが必要と書いてあります。

うちにはコンロはないので、ナイロン不織布の焦げ取りたわしでガシガシ磨いてから使ってみようかと思うのですが、無理でしょうか。
塗ってある錆び止めは、そんなことでは取りきれないものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

さび止め自体はたわしで何度かガシガシと洗えば落ちますが、焼きは


必要ですよ。

空焼きとか油を引くだけだとIHへの負担が強くて怖いというなら、
菜っ葉の切りカス(野菜の虫食い部分)とかで何度か炒め物を作る
などで負荷を和らげることが出来ます。

捨てるのがもったいないならカス部分でなく普通に野菜炒めにして
食べてしまえば良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

忙しい中お返事ありがとうございました。
錆び止めが付いたままだと、フライパンがヒーターにくっついてとれなくなることがあるそうなので、どうしようかと思っていましたが、
卓上のカセットコンロで空焼きすることができました。
お世話になりました。

お礼日時:2009/05/24 12:41

錆び止めなどは、お湯を張って沸かすというようなことを数回繰り返せば概ね取れると思いますが、鉄なべの命ともいえる一価の酸化皮膜を形成するには焼きが大事なんです。



あいにくIHクッキングヒーターを活用したことは無いので、可能かどうか良くわかりませんが、なべ肌が青黒く変色するまで加熱してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

忙しい中お返事ありがとうございました。
錆び止めがついたままIHで使うと、フライパンがヒーターにくっついて取れなくなってしまうことがあるらしいので、困ったなと思っていたのです。
丁度、卓上カセットコンロがあったので焼くことができました。

お礼日時:2009/05/24 12:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフライパンどれがおすすめですか?

ティファールの28センチih対応のフライパンを使っていたんですが1年過ぎたあたりから
焦げ付きはじめ新しいフライパンに変え変えようと思っています。

そこでまたティファールのフライパンにするか、ネットで見たビタクラフト(初めて使います)のフライパンにするか迷っています。
どちらがおすすめですか?
また他にもおすすめのフライパンがありましたら教えて下さい。
アルミはやはりよくないでしょうか?

色々知らないことばかりで宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ティファールなどのテフロン加工がしてあるフライパンは、どんなに高級であろうと、その素材の特質から、長持ちはしません。

テフロンは、強火が厳禁なので、中華などの高温で短時間で炒め物をしたいときなどは使えません。
普通の人は、気にせず強火で使ってしまうので、さらに耐久性を落としてしまいます。

鉄のフライパンはどうですか?

有元葉子さんのとか、軽量を売りにしている鉄のフライパンがありますよ。

鉄のフライパンを使っていますが、炒め物など、野菜から水分が出ずにシャキっと仕上がるし、餃子もカリ!ジュワっと美味しく焼けます。

おすすめですよ。

Q鉄製フライパンのお手入れと焦げないで調理する方法

鉄製のエンボス加工フライパンを使っています。
調理後は、こびりついたものをスチールウールで(ひどいときはクレンザーを使って)洗い、表面を拭いた後加熱しながら油を薄く塗っています。
調理の際は、最初よく加熱して油を入れてから食材を入れますが、弱火でないとすぐに焦げてくっついてしまいます。最初の加熱の際、IHのヒーター部分(輪になっている)だけ黒っぽくなります。
質問事項
・焦げないようにする手入れ方法。
・汚れを落とすときは、何を使えばよいのか。
・調理時、食材を入れる前にやるべきこと。
IHでのやり方を教えて下さい。

Aベストアンサー

使用後の処理は正しいと思います。
こびりついていなければ、ささらでもいいでしょう。
使用前は返し油を3回程度した方が焦げつきにくいです。

ただ、IHはガスと違って底面しか加熱しませんので
局所加熱となって焦げつきやすいと思います。
火加減ならぬ出力加減がむずかしいですね。

専用の調理器具は伝導率がいい材質を挟んで改善しているようで
底面の温度が均一になるようです。

QIH用おすすめのフライパン

こんばんは。
IH対応のフライパンで熱効率のよいおすすめのメーカーを教えてください。
先日安物のIH対応フライパンを購入して大失敗でした。
フライパンの温まり方が悪く炒め物をしても水っぽくて全然おいしくないのです。
ほんと安物買いの銭失いでした・・。
少々高くてもおいしい料理ができるものをと思います。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

先日マーブルコートのフライパンを購入しました。
BIO オリエント マーブルコート
というやつです。底がフラットで熱ムラが少なく、焦げ付きもなくてとてもいい感じです。お値段も4000円程度で手ごろでした。楽天で購入しました。
安物は底が少し盛り上がっていて熱ムラがひどく、真ん中が焦げ付きやすいです。油や液体が回りに流れていってしまうので、オムレツなどがうまく焼けません。底がしっかりフラットであること、がまずは第一条件でしたが、今回購入したものはとりあえず満足できるものでした。
調理の際、フライパンはしっかり温めましたか? 私は炒め物をする際は、まずは中で30秒~1分ほど、十分にフライパンを温めてからしていますよ。
これだけで、炒め物でも強にしなくても美味しくできます。

Q鉄製フライパンの焦げ後(?)は放っておいていい?

鉄製フライパンを買いました!
シーズニングもマニュアル通り完了し、
野菜炒めなど、何度か調理しました。
ところが、焼きそばを焼いた後、
フライパンの底に、麺やソースの焼き付きらしき後が残って取れません。
たわし等でこすって、手でなでてもわからないくらいになりますが、
黒っぽい焦げ後(?)が残ります。
この焦げ後はフライパンの為にも、研磨してでも完全に除去した方がいいのですか?

Aベストアンサー

推測ですが最初の焼きが足りなかった・油が馴染んでいなかったのでしょうね。もう一度油焼きをされてみては如何ですか。
空焼きして焼きつきが残らない状態なら、油焼きをすれば大丈夫です。残っていた場合はスチールたわしで擦り落としてから空焼き、油焼きをすれば綺麗に(均一な)なります。

Q底の薄いフライパンのおすすめはありますか

ガスコンロが、温度調節付きのハイテクなガスコンロなのですが、今使っている、底が厚く焼く面がデコボコのテフロンのフライパンでは、温度変化が遅くて、かえってデキが悪いのです。

そこで、底の薄い、表面が平らな、熱伝導の良いフライパンを買おうと思います。でも、安いの高いのいろいろあって、高いのを買ったほうがいいのか、安いのでも同じなのか、わかりません。
昔の鉄フライパンのほうが、料理はおいしかったような気がするので、鉄フライパンが気になっています。

鉄フライパンが良いでしょうか?手入れのラクなおすすめのメーカーはありますか?

テフロンでも底の薄い、表面の平らなフライパンてありますか?

Aベストアンサー

ちょっと高価にはなりますが、このようなフライパンはいかがですか?
うまく使うと一生モンのフライパンです。

参考URL:http://www.nisikimi.co.jp/

QIHクッキングヒーター用の鍋・フライパンについて

こちらで色々と情報を得、本当に助かっていますが、ここに来て不安というか悩みが出てきたのがIHクッキングヒーター用の鍋・フライパンについてなのです。
既に圧力鍋(活力鍋)とやかん代わりにもちょいと御味噌汁を作るのにも使えるミルクポット(シラルガン)、卵焼き器(ナノセラコーティング)は購入し、現在はガスコンロにて使用しています。
小さめのフライパンは結婚前から使っている鉄製の物を引き続き使用する予定ですので、あと必要なのが現在使用中の中華鍋の代わりになる鍋と舌平目のムニエル等の時に使える大きめのフライパンくらいかなと考えてどれにしようか何にしようか検討中でした。
ところがネットサーフィンしていたら、もしかしたら過去の情報かも知れないのですが[IH「対応」とIH「専用」は違う。「対応」だとエネルギーロスになる」という様な記事を見かけたのです…
実際やはり違うのでしょうか?
どなたかお詳しい方、経験者の方おられましたら是非御教授下さい。
因みにIHクッキングヒーターは日立製の3口IHにする予定です。

Aベストアンサー

5年前から、松下製のIHを使用しています。

【専用】と【対応】の違いは、あまり無いと思います。
そこまで表記の違いについての基準は、ないのでは…。
オールメタルのIHの場合、本来IHに適していない銅なども、【対応】となるので、使用できるけど効率が良くない場合があるとは思います。

上記の問題より、IHは、フライパン選びがなかなか難しいです。
私の使用の機種は、スイッチONで強火になるので
うっかり空焚きするとテフロンがすぐはげます。
IH用フライパンでも、薄手だと油が中央に集まったりするので、
餃子など綺麗に焼けませんでした。

ビタクラフト(餃子には向いていません)、
ナノセラ(半年を越えるとこびりつきやすい)
フィスラー・マグネティット(ホットケーキ用として使用中)と買い替えつつ、
現在は、アルミを鉄とステンレスで挟んだ3層鋼製を使用。
餃子や炒め物に使用。
購入から約1年、一番扱いやすいように感じます。

なべは、私もミルクポット、シングルセット(シラルガン)、スーパー活力なべ、ルクルーゼを使っていて、問題ないです。

IH以前は、ブランドなべには興味なかったのですが
フライパン探しをしているうちに、たくさん購入してしまいました。

5年前から、松下製のIHを使用しています。

【専用】と【対応】の違いは、あまり無いと思います。
そこまで表記の違いについての基準は、ないのでは…。
オールメタルのIHの場合、本来IHに適していない銅なども、【対応】となるので、使用できるけど効率が良くない場合があるとは思います。

上記の問題より、IHは、フライパン選びがなかなか難しいです。
私の使用の機種は、スイッチONで強火になるので
うっかり空焚きするとテフロンがすぐはげます。
IH用フライパンでも、薄手だと油が中央...続きを読む

Qおすすめのフライパンは?

母がフライパンをほしがっているのですが、今、“レミパン”と“ティファール”で迷ってるみたいです!

どちらの方が長持ちして、使い勝手がよいですか?
また、利点やら欠点があったら教えてください☆

あと、値段は2万弱で上記以外のおすすめのフライパンはありますか?

Aベストアンサー

私のおすすめはアサヒ軽金属工業の「ディナーパン」です。

☆メリット
・炒め物・焼き物は油なしでOK(カロリーカット効果)
・こびりつかない
・少量の水で茹で物ができる(とうもろこし・卵等も)
・焼きむらが少ない(餃子のハネが綺麗にできます)
・耐熱仕様の透明な蓋がついているので、中身の状態が一目瞭然
★デメリット
・結構重い
(しっかりした金属を使っている証拠だとは思います。安いフライパンは軽いし)

また、ティファールを使った経験がありますが、上手に手入れをしないとすぐテフロン加工がはげてしまいます。こびりついたら絶対に金タワシを使ってはいけません(苦笑)ハンバーグやムニエルを焼くとこびりつきやすいです。そうなってしまったらひと晩水に漬けておくしかないですね(苦笑)

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.asahikei.co.jp/goods/d4-1.html

Qこのフライパンは鉄製フライパンで間違いないですか?

子供の頃よく実家で使っていた黒いフライパン(少なくとも30年は使用)が放置されていました。鉄製フライパンだと思っていたので、再利用しようと持って帰って来ました。

そこらじゅう焦げだらけだったので、ネットで調べて空焚きをしてみました。すると、焦げはたしかにきれいに取れました。しかし、今まで黒かったはずのフライパンがネズミ色に変化していました。

取っ手も同じ金属でできていますが、取っ手だけは真っ黒ですし、布など巻かなくても直に熱がくることはあまりありません。取っ手をよく見ると、黒い膜のようなものがついていて、古くなってそこが一部裂けており、下のほうにネズミ色の金属が見えていました。

1.このフライパンは鉄製フライパンですか? テフロンということは時代的にも作りからもないと思っていましたが、取っ手を見て不安になりました。もしテフロンだと、空焚きは非常に有害でしょうから。

2.もし鉄製だとして、この取っ手の黒い膜は何でしょうか?

3.その他考えられる材質はありますか?

Aベストアンサー

疑問点に対してちょっと技術的に書きます。

鉄は元素記号で表すとFeです。
鉄は空気中では赤さび Fe2O3 になりやすいのです。
赤さびは鉄よりも体積が大きくなり、表面から鉄に細かいひび割れを生じさせます。
そして、ひび割れから水分が入って赤さびは内部まで進行していきます。
古い廃線のレールなどがボロボロになるのはこれが理由です。

これに対して黒さび Fe3O4は体積が鉄と同じで、表面にできるとさびが
内部まで進行することはありません。ですから、鉄器の多くは表面を加熱して
黒さびを作っているのです。
すき焼き鍋や茶瓶などが黒いのは表面に黒さびをつけてあるからです。

>今まで黒かったはずのフライパンがネズミ色に変化していました
実はこれは空だきのやりすぎです。
推定で600℃は超えていたはずです。
あまり温度が高くなると Fe3O4 からFeに戻ってしまいます。
ですから、今のままではさびやすくなっています。

もう一度焼き戻して黒さびを付けることをお勧めします。
フライパンを10分程度加熱して色が黒っぽくなったら終わりです。
あとは余熱で酸化します。
http://fulafula.sblo.jp/article/4711958.html

疑問点に対してちょっと技術的に書きます。

鉄は元素記号で表すとFeです。
鉄は空気中では赤さび Fe2O3 になりやすいのです。
赤さびは鉄よりも体積が大きくなり、表面から鉄に細かいひび割れを生じさせます。
そして、ひび割れから水分が入って赤さびは内部まで進行していきます。
古い廃線のレールなどがボロボロになるのはこれが理由です。

これに対して黒さび Fe3O4は体積が鉄と同じで、表面にできるとさびが
内部まで進行することはありません。ですから、鉄器の多くは表面を加熱して
黒さびを...続きを読む

Qおすすめのフライパン(特に長持ちして使いやすいもの)

いつも3000円程度のフライパンを買って使っているのですが、
1年程度でテフロンがほとんど剥げてしまい、使いにくくなって仕方ありません。
中華鍋以外で、長持ちして(できれば使い勝手の良い)フライパンはありませんか?
何かおすすめの鍋があったら教えてください。

Aベストアンサー

私は、3代続いて使用しているフライパンや鍋なんていうのに憧れてます。ですので、高くても一生物を、と、随分色々なフライパンを試しました。
テフロンの高~いもの、プロが使用するという鉄製のもの、ル・クルーゼ、銅製、ステンレス・・・

結果、大満足したのは、鋳鉄のフライパンです。重いのだけは大欠点ですが、油なじみがよいので少しの油で大丈夫だし、焦がしても気軽に金属タワシでゴシゴシこすれるし・・・

私がそのフライパンを見極めるリファレンス料理は、目玉焼きと焼き餃子なのですが、過去に使用したフライパンと桁違いの出来上がりです。
目玉焼きなんて、水を落として蓋をして・・なんてしなくても、黄身が半熟で白身はしっかり焼けて、裏側は少しカリカリという理想の焼き方が、特に注意しなくても出来上がります!!

よく見かける鋳鉄のフライパンは、あかぬけないデザインがイヤでしたが、釜定のものはとても良いデザインで、気に入ってます。一生手放しません!!

Q鉄製のフライパン、定期的なメンテナンスが必用なんでしょうか?

鉄製のフライパンを使って一年が経ちます。焦げ付かせたりしないで使いこなせていると思っています。

けどフライパンの内側が汚れてきた感じがしてきました。黒いデコボコが淵の周囲にまんべんなく…

これって何か日頃の扱いが悪いのでしょうか?
それとも鉄製のフライパンって定期的なメンテナンス(空焼きして内側の汚れを落とす)が必用なんでしょうか?

Aベストアンサー

道具屋なので
 フライパンが火力に比較して大きすぎるような気がします。一回り小さなフライパンをお勧めします。
 フライパンの卸し方を順を追って説明します。
1) しっかり加熱して防錆塗料を除きます。
2) 洗剤とスポンジを使って残渣を洗い落とします。
 このとき、あらかじめ黒いフライパンは研磨剤入のナイロンタワシなどは使わないように、鉄の地肌の金属光沢のものは、使っても良いでしょう。
3) フライパンを全体が黒くなるまで空焼きします。
 鉄の表面に黒錆(Fe3O4–酸化鉄(II,III))ができます。これは低温の時できるスポンジ状の赤錆(Fe2O3–酸化鉄(III))と異なり、内部を保護します。
4) 油をいれ、白い煙が出るくらいまで加熱し鍋全体になじませて、一旦捨てます。
5) 油を入れてくず野菜を入れていためます。
 このときに、錆止め効果のある鉄錆のコーティングができます。高温であること、水蒸気があることが条件です。この錆は油と結合してさらに効果が高くなります。フライパンを上手に使うとは、このコートを育てながら維持していくということ
6) 使うときは、捨て油を入れて一度加熱してからその油をすてて、新しい油を入れて調理すること。そして材料はは少なめに
 材料を入れすぎたり、鍋の温度が低いと食材のたんぱく質やでんぷんが固まって食材を覆う前に、食材とフライパンの接着剤になってしまいます。
7) 使い終わったら、熱いうちに油を捨てて流水で洗います。【決して洗剤は使わないこと】【金属タワシや研磨剤入のナイロンタワシで磨かないこと】・・ここは塩分を取り除くのが目的
 どうしても洗剤を使う場合は極短時間にして、必要なら(3)から繰り返す。
8)余熱で水分を飛ばして、必要なら油を引いておくこと
 油をつけすぎると酸化して毒性物質(過酸化物)を作るので使用前に洗剤で軽く洗い、すぐ(4)から

 火力に比べて本来外側にできるはずの汚れが鍋の内側外周に進入しているのでしょう。削り取って(1)から・・

道具屋なので
 フライパンが火力に比較して大きすぎるような気がします。一回り小さなフライパンをお勧めします。
 フライパンの卸し方を順を追って説明します。
1) しっかり加熱して防錆塗料を除きます。
2) 洗剤とスポンジを使って残渣を洗い落とします。
 このとき、あらかじめ黒いフライパンは研磨剤入のナイロンタワシなどは使わないように、鉄の地肌の金属光沢のものは、使っても良いでしょう。
3) フライパンを全体が黒くなるまで空焼きします。
 鉄の表面に黒錆(Fe3O4–酸化鉄(II,III))ができま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報