自分の所有している車を整備する場合です。
ダウンサス交換
タイロットエンドブーツ
ホイールシリンダーカップ交換
など作業した場合、分解整備に該当すると思いますが
DIYはまずいのでしょうか?
自分なりに調べてみたのですが平成7年に大幅に規制緩和されて以降
商売などのように断続的に行わなければ何でもOKみたいな感じに
なっているようですが実際はどうなんでしょうか?(自己責任)
他人所有の場合は無償で行ってもやはりだめですか?
自分の車の場合は作業後に分解整備記録簿を書いておけば問題ありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1です


自賠責はそもそも「被害者救済」を目的としているので、貴方の賠償責任を補填するという考え?
では無くて、気の毒な被害者に賠償してくれるだけです。
ですから、どれほど悪くても加害者に代わって不十分な賠償?をしてくれるワケです。
任意は、「○○株式会社」ですから「儲け」が優先します。何とか金を出さずに済ませようと
「約款」に照らし合わせて、金を出さないようにしたい訳です!
「原因追求=証拠固め」ですから「整備ミス」を責任追求されるでしょうね。
素人が整備をして「ミスを犯した」から事故になった・・・十分突っぱねる理由になります。
まあ、私のように部品が余ってなければ大丈夫ですよ。

大昔、ディーラーメカでしたから、凡ミスや???なミスも知ってます
工場での作業が原因なら、当然ですが責任を負いますよ。ただ、認める事で「後の事」が頭を過ぎり、
保身に転じて「突っぱねよう」とするから、ココに憤慨した方が書き込む訳です。
優良整備事業所なんて「看板」が欲しいくらいですから、整備ミスなんてもっての外ですからね
前輪のハブナットを締め付け忘れて、客が走行中にタイヤが飛んで行った時は、
工場長と先輩は土下座でしたね。強いインパクトレンチが無いから、タイヤを接地させて
ハブナットを締めるンですが、締めようとしてる時にTel取るから忘れた?
ハブキャップの無いクルマですから、ナットが付いていれば違和感が無かったワケで・・・
PS 片輪が無くなっても、暫くは「ふわ~っと走行?」するそうですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険の件なるほどです。
整備ミスですが、やはり人間がやる以上ないとはいえませんね!
ハブナットの締め忘れは致命的ですね。ここ一番って時はいつも以上に
集中して作業を行いたいと思います。しかし法律はちょくちょく改正が
あって対応が難しいです。昨日まで良かったことがだめになったり。悪かったことが良くなったりすべてが改良じゃなくて改悪の可能性も
あるわけですから・・・
度重なる回答有難うございました。

お礼日時:2009/05/23 07:57

いなかのくるまやです。



自分の車を自己責任で整備するのであればなんら問題ありません。
ただし分解整備記録簿への整備内容の記録は必須です。
なお、これが他人の車となると「無償」であってもご法度です。

余談ですが・・・。
平成7年の道路運送車両法改正でいわゆる「前検査後整備」
というユーザー車検実施者にとっては追い風となる改革が
行われましたが、そのときはまだ「分解整備検査」の廃止まで
には至っておらず実際に廃止となったのは平成10年11月です。
http://www.ne.jp/asahi/nakajima/masami/newpage11 …

おやじさんの回答にあるとうり、やはりDIY先進国の米国
からの圧力があったためといわれているようです。

自動車の基幹部位を整備した際は車検残があってでも、改めて
「分解整備検査」を受けなければならなかったなんて・・。
(まじめにそれ受けてた人がいたかどうかは別問題で・・笑)
今考えると、なんて不合理な法律だったんだろうって思いますね。
米国がクレームをつけるのも当然だったかもしれません。
で、現実問題その後日本で車のDIY整備が普及したかというと??

やっぱ日本人には「ちょっと縁遠かった」ような気もします・・・。(笑

自分の車を自分で整備する「DIY整備」・・・。

くれぐれも「事故等」のないよう十分気をつけて実施しましょう。

この回答への補足

的確な回答有難うございます。これで心置きなく?分解整備が出来ます。出来る範囲で愛車のメンテナンスをやっていきます。
こちらに質問してからちょっと調べてみたのですが、たとえばブレーキパットを交換してその際のやり方がまずくそれが原因で事故を起こしてしまった場合自賠責保険は大丈夫のようですが任意保険が支払いの対象にならないようなことをどこかで見かけたのですが実際はどうなんでしょうか?ありえないとは思いますがディーラーなどで交換後同じように事故になってしまった場合の責任はディーラーに問えるのでしょうか?

補足日時:2009/05/22 18:12
    • good
    • 0

断続的に行わなければ何でもOKみたいな感じに>そうです!以前は自分で自分のクルマを整備しても


「分解整備」をやれば、検査を受けなければならない「その状態を見せてみろ」といった整備法でしたが、
規制緩和で「分解整備検査」が無くなりました。貴方の思うようにバラバラにしてもなんら問題は無いです。
当然ですが「自己責任」は、負わなければなりません。カップ交換後ドラムとライニングの隙間調整が
バラバラで、急ブレーキでスピンを起こし事故をした、等の責任は「当然貴方ですよ」と言う事です。
届け出る必要はなくなった、という事ですね。

所有者/使用者でない「他人のクルマ」は、分解したり整備する事は出来ません。たとえ無償ででもです。
まあ、手伝う範疇、ブレーキペダルを踏んであげる、取り付けるまで
押さえてあげるとかなら、問題ないですけど

まあ、クルマ屋からみればアメリカのDIYの考えかたで、そんな法律(整備法)が在るから、
アメリカの製品が売れないんだ?というごり押しに、村山がスミマセンと言って従ったカタチです。
それを、自分で運転すらする事の無い亀井が「じゃあこういう事で・・・」と決めちゃった?
とっても危険な事でもOK!ンな法律なワケです。(おばあちゃんでも「パッド交換」してもいいよと)
蛇足
ダウンサスの交換=構造変更だったのが、当方など「検査+aの甘み」が無くなっちゃいましたよ!

この回答への補足

的確な回答有難うございます。これで心置きなく?分解整備が出来ます。出来る範囲で愛車のメンテナンスをやっていきます。
こちらに質問してからちょっと調べてみたのですが、たとえばブレーキパットを交換してその際のやり方がまずくそれが原因で事故を起こしてしまった場合自賠責保険は大丈夫のようですが任意保険が支払いの対象にならないようなことをどこかで見かけたのですが実際はどうなんでしょうか?ありえないとは思いますがディーラーなどで交換後同じように事故になってしまった場合の責任はディーラーに問えるのでしょうか?

補足日時:2009/05/22 17:41
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車の分解整備と整備士資格

自動車の分解整備と整備士資格についてお聞きしたいのですが・・・。

(1)整備士資格の無資格者でも、自分の自動車は整備できますか?
(2)整備士資格の無資格者が、無償で他人の自動車を整備できますか?
(3)整備士資格の無資格者が、ドライブシャフトを抜かず分割式のシャフトブーツを交換することは、違法になりますか?
(4)整備士資格の無資格者が、アライメントの調整等(光軸調整・ライトのバルブの交換など)は違法になりますか?

一つ一つ回答していただけると助かります。
どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)自分の車なら問題なし。ただし分解整備にあたるものは点検整備記録簿に記入して保管の義務があります。

(2)分解整備でないなら問題なし。但し、分解整備にあたる場合は分解整備事業の認証を受けている事業所で行う必要があり、たとえ有資格者であっても本人以外の第三者個人が行うことは認められていません。

(3)これは問題なし。

(4)バルブ交換などは問題なし。アライメント調整の場合はトーイン調整等は問題ありませんが、サスの方式等で分解整備にあたる場合もあるので、車種ごとによって判断は異なるでしょう。分解整備にあたる場合は(2)と同じ対応が必要です。

 (1)~(4)を見てもらえば分かりますが、自動車整備の場合は有資格者であっても勝手に分解整備を行うことは許されていないのです。本人がOKなのはあくまでも自己責任という前提です。

 あと分解整備は、ブレーキキャリパーをはずしたり、スプリングをはずしたり、エンジンをおろしたり等、様々ですが、この場ですべて列挙することが難しいので道路運送車両法をご参照ください。「道路運送車両法、分解整備の定義」などと検索すればいっぱい出てくると思います。

(1)自分の車なら問題なし。ただし分解整備にあたるものは点検整備記録簿に記入して保管の義務があります。

(2)分解整備でないなら問題なし。但し、分解整備にあたる場合は分解整備事業の認証を受けている事業所で行う必要があり、たとえ有資格者であっても本人以外の第三者個人が行うことは認められていません。

(3)これは問題なし。

(4)バルブ交換などは問題なし。アライメント調整の場合はトーイン調整等は問題ありませんが、サスの方式等で分解整備にあたる場合もあるので、車種ごとによって判...続きを読む

Qユーザー車検、分解整備事業とは

小さな個人運送会社を経営しています。いつも自分で陸運局にユーザー車検に持ち込むのですが先日受付官が自前の車でも度々持ち込むのであれば認証工場の許可を取ってくれというのです。根拠の資料で
「自動車分解整備事業・認証取得説明用資料」というのを見せられて
その中に自動車分解整備事業を経営する という項目があり
有償・無償にかかわらず自動車の分解整備を継続的・反復的に行うこと、又計画的に事業を遂行することを指します。いわゆる運送事業者の自家工場での整備も該当します。☆基本的に、個人が趣味のために自分の使用する自動車を分解整備する場合以外に分解整備を行う場合はすべて認証が必要になります。
と書いたものでした。車検を通すのに必ず分解整備が必要なのでしょうか?平成7年の運送車両法の改正で前検査の後 後車検で良いとなってるんですが・・この文章では車検云々は直接関係無いと思うのですが・・最近トラックのタイヤが飛んでいって事故になったりのケースが多いのでこのようなことを言い出したのかしれませんが。かといって持ち込み禁止とははっきり言いませんでしたがどういう事なんでしょうか?

小さな個人運送会社を経営しています。いつも自分で陸運局にユーザー車検に持ち込むのですが先日受付官が自前の車でも度々持ち込むのであれば認証工場の許可を取ってくれというのです。根拠の資料で
「自動車分解整備事業・認証取得説明用資料」というのを見せられて
その中に自動車分解整備事業を経営する という項目があり
有償・無償にかかわらず自動車の分解整備を継続的・反復的に行うこと、又計画的に事業を遂行することを指します。いわゆる運送事業者の自家工場での整備も該当します。☆基本的に、個人...続きを読む

Aベストアンサー

>車検を通すのに必ず分解整備が必要なのでしょうか?

必ずしも、分解整備は必要ありません。
確かに、点検項目には「ブレーキドラム・ライニングの隙間」「ブレーキシュー摺動部分・ライニングの隙間」「ブレーキディスク・パッドの隙間」など分解しないと分からない項目がありますよね。
しかし、これらの項目は「走行距離によって省略できる項目」となっています。
この走行距離については、法的な定めがありません。
また、試験場内で「この項目の検査は無い」ですよね。

車検時の検査は「検査年月日時点で、道交法に適合していた」事を証明するに過ぎません。(過去の証明)
車検の翌日に、故障しても車検場・検査官は何ら罪になりません。
自動車所有者の自己責任なんです。

今回の検査員の言葉は意味が分かりません。
想像ですが、運送業者は自前で整備工場を持て!との薦めでしよう。
法改正でも「車検時の不具合は、事後に修理する」事が認められています。
必ずしも、分解整備は必要ありません。
ただ、運送業者に「整備体制を整備する」事を求めているのでしようね。
整備不良のトラックが、多く事故を起こしているので・・・。

>車検を通すのに必ず分解整備が必要なのでしょうか?

必ずしも、分解整備は必要ありません。
確かに、点検項目には「ブレーキドラム・ライニングの隙間」「ブレーキシュー摺動部分・ライニングの隙間」「ブレーキディスク・パッドの隙間」など分解しないと分からない項目がありますよね。
しかし、これらの項目は「走行距離によって省略できる項目」となっています。
この走行距離については、法的な定めがありません。
また、試験場内で「この項目の検査は無い」ですよね。

車検時の検査は「検査年月...続きを読む

Qユーザー車検受けるにあたり、24ヶ月点検だけ出します。相場は?

ホンダ ライフ4WD
7年目 45000km走行です。

24ヶ月点検とブレーキオイルだけ交換で20000円
ブレーキは前後両輪かならず見て欲しいと頼みました。
洗車と掃除無し。
田舎のちっぽけな何でも修理やです。
車から農機具まで。

ユーザー車検を受けるので、受検できる状態で心配なので見て欲しい旨伝えましたところ、この金額が出てきました。
他に交換部品が出れば、交換費用は別料金です。
どうなんでしょう?

簡単な整備は好きなのと興味があるので、自分でもかなりやってきました。ですので、整備士にしか出来ない(専用工具や高度な知識が必要な)ところをお願いしようと考えています。

Aベストアンサー

 私はこれまでに6回数種の車をユーザー車検で車検を通していますが、一度も法令点検を行ったことはありませんので、あまり参考にはならないかもしれませんが、体験談としてお読みください。

 まず24ヶ月点検ですが、点検といっても特に目立って不具合のありそうな箇所や、実際に今まで乗っていて違和感を感じるような音や振動などが無い限り、つまり普通に乗っていた車なら、ほとんどのショップは、まさに点検だけ、つまり目で見て普通ならそのまま何もしないことがほとんどと言ってもいいと思います。

 ブレーキオイルにしても、エンジンオイルとは違って注ぎ足しが効くオイルですから、交換は勿体ないと思います。私はそう頻繁にはありませんでしたが、車検のためではなく、たまたまエンジンルームを見たりして、エンジンオイルが減っているときは、いつも注ぎ足しで済ませており、いままでに何の不都合もありませんでした。ブレーキにしても、車の知識はかなりあるような方ですので、ご自分でパッドの減り具合も確認できるはずでしょうし、交換にしてもそれほど難しいものではありません。

 私は車検そのものが普通に乗っている車を、翌日そのまま車検場に持っていくという感じで済ませていましたので、いつも最低限の費用で済ませられました。点検簿も車検場に用意されている用紙にチェックを事務的に入れるだけでOKでした。

 あなたの手に負えない故障や異変が車にあるのなら、当然修理をすべきですが、そうではないようなので、正直2万円の料金は内容から見ても高いと思いますし、ちょっと勿体ないのではないかと考えたりもします。車検証の裏に書いてあるとおり、車は車検を受けたからといって今までより調子がよくなるわけではないのですから、不具合が出始めてから対処しても今の車は十分持ちこたえてくれるはずです。

 ただ光軸はユーザー車検を受ける人の多くがはねられていましたので、7年目の車でしたら車検を受ける前に、陸運局の近くにあるはずのテスター屋で先に対応しておいたほうが時間の無駄が省けると思います。これは私が住んでいるところの話ですが、これも通常のショップで頼めば5千円前後取られますが、テスター屋なら1200円で済みました。それと、もし点検を省かれるならですが、ブーツの劣化状況とエンジンのオイル漏れだけは確認しておいた方がいいかと思います。7年目くらいでしたら、まず心配はないかと思いますが。

 う~ん、あまり参考にならない回答になってしまいました。お許しください。

 私はこれまでに6回数種の車をユーザー車検で車検を通していますが、一度も法令点検を行ったことはありませんので、あまり参考にはならないかもしれませんが、体験談としてお読みください。

 まず24ヶ月点検ですが、点検といっても特に目立って不具合のありそうな箇所や、実際に今まで乗っていて違和感を感じるような音や振動などが無い限り、つまり普通に乗っていた車なら、ほとんどのショップは、まさに点検だけ、つまり目で見て普通ならそのまま何もしないことがほとんどと言ってもいいと思います。

...続きを読む

Qバイクの修理には資格が必要ですか?

クルマの修理には自動車整備士という資格がありますが、
バイクの修理に何か資格はあるのですか?

Aベストアンサー

基本的な考え方では、法令で車軸やブレーキ周りやサスペンションやエンジン
脱着などの分解整備に該当する箇所を弄る場合には有資格者が作業を行う
事になります。
此れは事業者(企業)として不特定多数の車を整備する上で事業を行う上での
整備士としての必須の資格になります。
自分が所有するバイクや車などでしたら分解整備は個人で行う事は可能です。
ただし、組立後に分解整備記録簿を作成し認証工場で検査主任者または
検査員または陸事で分解整備検査を受ければ公道走行は出来ません。
分解整備で有資格者が整備した場合でも分解整備記録簿の作成は義務付け
られています。
陸事の監査の時に此等の記録簿が無いと行政指導の対象になってしまいます。
個人で分解整備した場合でも法令に記載されている項目を分解整備した場合は
如何なる場合でも分解整備記録簿の作成義務は負うことになります。

50cc以上のバイクでも法令で定められている箇所を分解した場合は
分解整備となります。車検がないからといって安易な考えで行なって良い
ものではありません。50ccでも法令では車輌扱いですからね。
整備士=知識と技能を有しているものなので見様見真似で分解整備を行う
事はお勧めできません。どうしても分解整備などを行いたいなら組立後に
バイクショップまたは陸運事務所にて分解整備検査を受審して下さい。

↑簡単に纏めると法令ではこうなっています。
ですが、自分も裏庭でブレーキやフロントフォークの分解整備を行なって
います(笑;
確実に分解整備が出来る、教えてくれる人が隣について指導してくれる...
などの状況下であれば難しく考えなくても良いのかなと思います。
ただ、他人のバイクや車を分解整備する場合は何か問題起こると責任問題に
発展しかねないので、仲が良くても他人様のものは分解整備はしないほうが
良いかなと思います。特にブレーキ周りは...
死亡事故などになったら一生後悔しつずけますからね...

あと、バイクの整備士を目指しているのでしたら2級自動車整備士の資格を
有している方が何かと有利だと思います。言い方は悪いですが二輪自動車整
備士資格だと潰しが利かないですから...
車の整備士資格では、自動車整備士>二輪自動車整備士>タイヤ整備士と
なっています。上位の資格ほど取扱える車種と整備出来る範囲が広いです。
で、自動車整備士資格にはガソリン自動車とディーゼル自動車(大型トラック
など)の2つの分類があり各々に2級3級の資格があります。
近年は環境問題などに関わる問題が取り沙汰せれていて、環境教育課程が
加わり国家1級が創設されました。
バイクの整備士として就労したいならガソリン2級または3級の資格を
有している方が何かと有利だと思います。
3級は就労しながら自動車整備振興会で行う講習会に参加すれば受験資格を
取得できます。ただ毎週日曜日に行う講習を約3ヶ月間受講しなければ
受験資格が得られないです。また、3級を取得後に2級を得ようとすると
同2級講習を約半年間受講しなければならないです...
就労しながら資格を得るのは生半可な心構えでは難しいと思います。
整備士資格を得たいなら専門学校に通うのが手っ取り早いと思います。

基本的な考え方では、法令で車軸やブレーキ周りやサスペンションやエンジン
脱着などの分解整備に該当する箇所を弄る場合には有資格者が作業を行う
事になります。
此れは事業者(企業)として不特定多数の車を整備する上で事業を行う上での
整備士としての必須の資格になります。
自分が所有するバイクや車などでしたら分解整備は個人で行う事は可能です。
ただし、組立後に分解整備記録簿を作成し認証工場で検査主任者または
検査員または陸事で分解整備検査を受ければ公道走行は出来ません。
分解整備で有資格者...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報