大学4年生の者です。
今、卒業論文のテーマ、そしてそれをどのような方向性で研究し、執筆していくか、ということについて考え始めたところです。

いくつか質問させていただきたいことがあります。
お分かりになる質問にだけでもよいので、環境問題に詳しい方の回答をお待ちしております。


(1)
途上国への環境ツアーに参加し、日本のODA援助によってつくられた排水処理施設を見学したのですが、“故障中にもかかわらず修理代が高額なため稼動していない”という状態でした。

その経験から「途上国への持続可能な環境ODA」を卒業論文のテーマにすることを考えているのですが、難しいと思いますか?

※“難しい”というのは例えば、“テーマが大きすぎる”、“事例を探すのが大変”、“解決策を導き出すのが難しい”など・・・。


(2)
(1)をテーマにすることが困難な場合、途上国の環境問題について“これを研究してみるのは面白いんじゃないか。”というものがありましたら教えていただきたいです。


(3)
もしも一つの国に絞った研究をする場合、“この国にはこんな環境上の課題があって研究するには面白いぞ。”などというお勧めの国はありますか?(アジアでお願いします。中国・韓国・タイ・マレーシア・ベトナムなど・・・出来れば渡航しやすい国がいいです。)


(4)
最後に、卒業論文そのものに関する質問です。

今まで大学でレポートなどを書く際は正直、「色んな書籍や論文から引用して(もちろん引用文献として表記しています。)」→「最後に自分の意見を簡単にまとめる」というように、言ってみればただの“学識者の方達の見解の羅列”でしかないようなレポートだったように思います。

卒業論文ではやはり、もっと自分だけの考えというものを確立させたものに仕上げなくてはならないのでしょうか?


以上、長くなりましたが、よろしくお願いします☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>(1).....難しいと思いますか?


⇒○私(一般人)は難しいとは思いません。
⇒外務省(国)でODA、環境関連の情報(評価制度等)の報告書はすべて勉強はしていますか?
(論文のためですから当然ご存知でしょうが)
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/kaikaku/hy …
⇒○報告会、検討会、調査団の参加など、行動していますか?
 ※一般人の私でも国の報告書と実態がどうなっているかは知りたい。
⇒○「途上国への持続可能な環境ODA」のテーマは簡単にブログから検索できます。(NGO,NPO活動報告などたくさんありますけど...)
>(2)、(3)、(4)...
⇒(1)の回答に対する再質問
(質問者が卒論のため5W2Hでどのような行動をしているのか?まる投げ的質問でなくです)
で他の方からもより具体的な回答がいただけるものと思います。
以上
    • good
    • 0

環境ツアー、かなり高かったでしょうね。



ODAをもらっても、ちゃんとつかえる国。すぐブチ壊してしまう国。
取り外して売却して懐に入れてしまう国。取り外して分解して、機構をしらべて自国生産してしまう国。
いろいろあるんで。

個別の日本ODAで、報告書、事後評価のたくさんあるものなんかは、論文にしやすいでしょね。売って幹部が海外旅行しちゃったようなPROJECTなんかは、報告書なぞなく、現地に行って現物を見ようとすると警戒されて逮捕されたり。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q環境問題・地球環境問題について

環境問題の定義を教えてください!
地球環境問題と環境問題って何ですか?

Aベストアンサー

woopywankoさん、こんにちは!

環境問題の中には、『家庭環境問題』のように自然環境とは異なる社会環境も含まれます。

従って、環境問題とは、『人間やその他の生物が生活して行く上で立ちはだかる諸問題』といえるでしょう。

ただし、『環境問題とは何か?』と聞かれたら、『環境問題とは、人間やその他の生物が生活して行く上で立ちはだかる諸問題を指す。環境問題の中で、地球温暖化・オゾン層の破壊など地球規模に至る環境問題(地球環境問題)が近年クローズアップされている。』とフォローして置けば、突っ込まれないし安心かも知れません(無手勝流? http://www.d2.dion.ne.jp/~aut_c/kengou/mutekaturyu.htm)。

参考URL:http://www.koizumi.co.jp/topics/yougo_a.html

Q環境問題についての論文・・・

明日の保健のテストで環境問題についての論文を書かなければいけないんですけど、具体的にどんなことを書いたらいいのかわかりません。
どんな問題について、どのようなことを中心にかけばいいのか具体的に教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ええとですね、論文と言ってもいろいろあって、
・単語で出題(問題に「環境問題」としか書いていない)
・資料を与えて出題(何点か資料を見せ、考察させる)
などがありますが、どういった種類の論文でしょうか?

ちなみに、論文で見たいのはその人がその問題に対してどういった見解を
持っているかです。ここで聞いた事を書いても、点数にはなりますが、
真の評価ではないですよ。

論文のテクニックとして、

・具体例を出す(出し過ぎると文字数が足りなくなるので、ポイントを押えて)
・理論構成を考える(段落ごとに肯定、否定などを書き分ける)
・資料要約→問題提起→問題解析→問題解決 の様な構成がよい
 (問題と、それに対する将来的提案を必ず記述する)
・対比の構成を出すと理論的になる

などがあります。


具体的に、環境問題ならば、例えば
・今日の環境問題の具体例を出す(温暖化など)
・問題は何か→先を読まない技術革新、倫理観の欠如、技術に対する盲目的否定論
・問題解決にはどうするか→その技術の与える影響を考える(シミュレーション技術をさらに発達させる)、人間の生存のために、何をすべきか個人がよく考える、我々の技術で環境を破壊したのだから、我々の技術で環境を改善する(→技術の発展の方向の定義)
こんな感じで書けばいいのではないでしょうか。

ええとですね、論文と言ってもいろいろあって、
・単語で出題(問題に「環境問題」としか書いていない)
・資料を与えて出題(何点か資料を見せ、考察させる)
などがありますが、どういった種類の論文でしょうか?

ちなみに、論文で見たいのはその人がその問題に対してどういった見解を
持っているかです。ここで聞いた事を書いても、点数にはなりますが、
真の評価ではないですよ。

論文のテクニックとして、

・具体例を出す(出し過ぎると文字数が足りなくなるので、ポイントを押えて)
・理論...続きを読む

Qユーラシア大陸に含まれる国

どこかで見た問題集の中にあった、ある問題が気になってます。
主要国首脳会議サミットって、8カ国とEUの議長国の方が集まりますよね。ある問題とは、その国々のうち、ユーラシア大陸にあるものを書き出せ、というものでした。
で、私は「イギリス」も含めて解答してしまったのですが答えの解説のほうに「イギリスはユーラシア大陸を構成するヨーロッパ州に含まれるが島国なので大陸には含まれない。よって、ここでは答えとして書いてはならない。」とありました。
日本も島国ですよね?つまり日本もユーラシア大陸の中のアジア州に属するけれど、ユーラシア大陸には属さないとなるのでしょうか。

Aベストアンサー

ユーラシア大陸という括りで考えると、日本列島は含まれません。


ご参考

http://www.freemap.jp/asia/eurasia.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%A4%A7%E9%99%B8

Q環境問題として、ハチ公前の喫煙所がなくなったことによってタバコのポイ捨てが増えたことは環境問題に入り

環境問題として、ハチ公前の喫煙所がなくなったことによってタバコのポイ捨てが増えたことは環境問題に入りますか?大学のレポートで環境問題について書きたいのですが…

Aベストアンサー

環境は間口の広い言葉で、人々の受け止め方によって違います。まあ、私の受け止め方では、それはモラル(マナー)の問題で、環境問題とは違うと思います。ですが、微妙ですね。

某市の清掃局の関係者によると、公園の近くにゴミ箱(各家庭の生活ゴミを収集するゴミ箱)を設置するとそのあたりにゴミを不法投棄する人が増えるらしく、公園の近くにはゴミ箱を設置する許可をしないそうです。これも環境問題ではなくモラルの問題のような気がします。

一方で豊島事件と言うのがありましたよね。瀬戸内海に浮かぶ本来なら風光明媚な島でしたが、ここに産業廃棄物を不法に大量に投棄し、野焼きもし、大きな問題に発展しました。こうなると環境問題(公害に近い)です。

私の考えでは、産業廃棄物を不法に投棄すると環境問題として扱うべきです(廃棄物の処理及び清掃に関する法律にも反しますしね)。でもポイ捨てしたタバコの吸い殻は産業廃棄物ではなく生活ゴミ(強いて言えば家庭系一般廃棄物)ですから、個人のモラルの問題にすべきでしょう。なお、タバコのポイ捨ては軽犯罪法の27に引っかかりますし、その地域の条例でも禁止されている場合があります。

環境は間口の広い言葉で、人々の受け止め方によって違います。まあ、私の受け止め方では、それはモラル(マナー)の問題で、環境問題とは違うと思います。ですが、微妙ですね。

某市の清掃局の関係者によると、公園の近くにゴミ箱(各家庭の生活ゴミを収集するゴミ箱)を設置するとそのあたりにゴミを不法投棄する人が増えるらしく、公園の近くにはゴミ箱を設置する許可をしないそうです。これも環境問題ではなくモラルの問題のような気がします。

一方で豊島事件と言うのがありましたよね。瀬戸内海に浮かぶ本...続きを読む

Qシーグラスを溶かすには・・・?

シーグラスを溶かしてアクセサリーなど作ってみたいのですが、シーグラスを溶かすには何が必要でしょうか?ホームセンターなどで手軽に手に入れられるものが良いのですが・・・。また、作り方も教えて下さると嬉しいです。
このようなものが作ればなぁと思っています。
http://caco.milkcafe.to/caco1234.htm

Aベストアンサー

ガラスを溶かすといえば電気釜ですかね(小型な作品ならガスバーナーかな?
前に七宝焼で電気釜を扱ったことがありますけど、電気釜でも結構小型なものからありますよ。
参照URLにあるものなどはどうでしょうか?
シーグラスとなると不純物とかでガラスが溶ける温度がまちまちそうですね…高温の強力な奴がいいかも知れませんね~

参考URL:http://shop.station99.jp/i-shop/top.pasp?to=tp

Q環境問題に対して先進国は?

環境問題に対して日本などの先進国はどのように対処したらよいと思いますか?皆さんの意見をお願いします。

Aベストアンサー

日本などの先進国と言うのは不適当です。日本ほど環境問題に見事に対応している国は他にないからです。日本がいかによく環境問題に対処しているかを広くPRする必要があります。その要点はまず
1.緑の環境の保存 日本の国土の84%を占める地域は森林限界以下の部分について、禿山になっている部分が殆どなく、見事に植林されています。こんな国は他に皆無です。ヨーロッパのすべての国では森林をことごとく伐採し、畑や牧場にしてしまっています。わずかにドイツの黒林が広域の森林になっていますが、これは国土のパーセンテージとしては僅かなものです。
2.河川の水質汚濁については他の先進国とは違って下水はすべて処理してから放流しています。先進国ではこれが守られていないのです。ですから都市の河川は皆例外なくひどく汚れています。
3.工業廃水、排気については厳しい法律で浄化が義務づけられ、それが誠実に遵守されています。緑の党などがあって環境にうるさい筈のドイツではこれが守られないため、ご自慢の黒林が酸性雨で危機に瀕しています。
4.ゴミは国民のすべてが分別作業に協力し、リサイクルを可能にしています。他の国では民度が低いために分別ができないのです。
 以上のような施策が採られている国は日本以外見当らないのですよ。イギリスへ行ってびっくりしたのは生ゴミはシンクの下部についたプロペラで粉砕して下水と一緒に流してしまうのです。下水処理場はその処理は手に余るので未処理のまま放流してしまいます。人々はそれが先進国の便利さだと勘違いして誇りにしています(^_-)

日本などの先進国と言うのは不適当です。日本ほど環境問題に見事に対応している国は他にないからです。日本がいかによく環境問題に対処しているかを広くPRする必要があります。その要点はまず
1.緑の環境の保存 日本の国土の84%を占める地域は森林限界以下の部分について、禿山になっている部分が殆どなく、見事に植林されています。こんな国は他に皆無です。ヨーロッパのすべての国では森林をことごとく伐採し、畑や牧場にしてしまっています。わずかにドイツの黒林が広域の森林になっていますが、これ...続きを読む

Q環境問題が原因で絶滅した動物

環境問題が原因で絶滅した動物がイラスト付で載っているサイトを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

環境問題って、地球温暖化とかオゾン層の破壊とかいわゆる地球環境問題ですよね?
いわゆる地球環境問題って急性な被害をもたらすものではなくて、
徐々に影響を及ぼすものなので、明確に環境問題が原因で絶滅した種って
いるのかな?と思います。
人間活動(乱獲、生息地の開発など)との複合要因で絶滅したとか
絶滅が危惧されるというのはいると思うのですが。

とりあえず絶滅危惧種で検索をかけてはいかがでしょうか。

Q環境問題に関する仕事

 環境問題に関する公務員の仕事で地方自治レベルで関われるものは
ありますか?ちなみに私は文系です。

Aベストアンサー

「環境問題」といってもずいぶん範囲が広いのですが、例えばペットボトルの回収などは市町村レベルで行われますね。
 ゴミ、廃棄物、省エネ、リサイクル、公害(大気、水質、土壌、騒音)、自然保護(範囲広すぎて書ききれない)、野生動物、交渉(苦情処理)、何をお望みですか?
 具体的に書かれると、より具体的な回答が集まると思います。

 また、組織で活動している限り、会計、人事、広報、運転手などといった人たちの支えが必要です。この方達の業務を環境問題に携わっていると考えるかどうかで回答も変わってきます。

Q環境問題・二酸化炭素削減

今後、二酸化炭素を削減していくためにはどんなことをしていけばいいでしょうか?国レベルではなく、県や市町村などのレベルでやっていけることはあるのでしょうか?
斬新なアイデアでも構わないので教えてください。

Aベストアンサー

エネルギー消費の削減が炭酸ガス削減になるとして地方自治体で出来ることを考えてみました。
(1)雨水や最近の水源の活用:遠方から送水・遠方へ配水しなくても最も身近の水源である雨水を活用すれば、エネルギー消費を節減できる。打ち水に使えば冷房用電力が節減できる。雨水排水路に貯留堰を設けミニため池にして打ち水や樹木の潅水に使う。
(しかし、水道使用量が減れば水道局や下水処理場の収入減になるので、分かっていても消極的な自治体が多い。流行の打ち水に水道水を使って欲しい自治体の方が多いだろう。)
(2)有機性廃棄物埋め立てのメタンガス回収利用(スエーデン方式);無駄に大気に放散されているメタンを有効利用できるので化石燃料の削減につながる。
(3)自治体で風力発電を設置する:化石燃料の使用の低減。
(4)植物による窓の日除け推進:NHKの「ご近所の底力」で取り上げたが、自治体単位で推進すれば冷房電力の削減につながる。
(5)交通信号を感応式に変える(米国式):通行車両もないのに赤信号によって停まり、アイドリングによって無駄なガソリン消費が減少する。
(6)自転車を利用しやすい環境の整備:自動車利用を減らすため、走行と駐輪しやすいスペースを確保する。
(7)ミニ水力発電の推進。
(8)自治体の箱物事業の大幅削減:建設に要する資源の削減の、運営に必要なエネルギーが不要になる。
(9)雪氷の夏季活用:雪捨て場などを整備して、氷温貯蔵庫をなどに活用する。
(10)新築住宅へのソーラー発電の義務化と補助:自治体が住宅業者やソーラーメーカと交渉して大幅なコスト低減を行い、償却年数を7年以内にする。

それぞれ効果はあると思いますが、どれだけの投資と節減効果があるかは検証してください。

エネルギー消費の削減が炭酸ガス削減になるとして地方自治体で出来ることを考えてみました。
(1)雨水や最近の水源の活用:遠方から送水・遠方へ配水しなくても最も身近の水源である雨水を活用すれば、エネルギー消費を節減できる。打ち水に使えば冷房用電力が節減できる。雨水排水路に貯留堰を設けミニため池にして打ち水や樹木の潅水に使う。
(しかし、水道使用量が減れば水道局や下水処理場の収入減になるので、分かっていても消極的な自治体が多い。流行の打ち水に水道水を使って欲しい自治体の方が多いだろ...続きを読む

Q日本の技術と途上国(排出権取引・CDMについて)

色々と専門家の方と話しているうちに疑問に思ったことが数点ありましたので、ご回答御願い致します。どれか1点のご回答でも結構です。

■先進国のある企業が途上国に技術や資金提供をする事により、削減された分の、CO2排出量を投資した企業が得られる事は理解出来ますが、今日話した専門家の方は、削減された排出量は今後他企業等に売る事が出来るので、技術や資金提供をした企業は最終的には利益を得る事が出来きる。
というものですが、私は、技術使用料や削減排出の販売等は一時的な利益で20年、50年と長期的な考えでは 日本の技術力を100として途上国が30程度だとして、技術、資金提供によって90~100程度になると 海外のライバルが増え逆に悪影響を及ぼすのではないかと考えています。

■CO2削減量は他企業へ転売出来るとの事ですが、現在日本の国に90年比-6%という削減目標はありますが、企業へのマイナス目標が特に無い中で、削減量を購入する企業はあるのか?というのが疑問です。

■その専門家の人が言うには、広報活動に500万円をかけるか環境活動に300万円をかけるかでは環境活動にかけた方が企業のイメージは格段に向上すると言っていましたが、確かに現在「環境」問題をテーマにしている企業のイメージは良いですが、広報活動の500万円の宣伝方法によっては、環境活動を大幅に上回るイメージアップを得る可能性もあるのではないかと考えましたが、この考えは正しいものでしょうか?

大変長くなって申し訳ございません。どれか1点でも良いのでご回答いただければ幸いです。
文章の誤字、脱字、構成があるかとは思いますがご了承頂ける様御願い致します。

色々と専門家の方と話しているうちに疑問に思ったことが数点ありましたので、ご回答御願い致します。どれか1点のご回答でも結構です。

■先進国のある企業が途上国に技術や資金提供をする事により、削減された分の、CO2排出量を投資した企業が得られる事は理解出来ますが、今日話した専門家の方は、削減された排出量は今後他企業等に売る事が出来るので、技術や資金提供をした企業は最終的には利益を得る事が出来きる。
というものですが、私は、技術使用料や削減排出の販売等は一時的な利益で20年、50...続きを読む

Aベストアンサー

話を聞かれたのが、どういう専門家の方か良く分かりませんが、最近は環境は儲かるということで、にわか専門家がでてきたり、いきなり環境には縁のない教授が、環境学部の教授になったりして困っています。

私はCO2削減のクレジットは必要悪だと考えています。ビジネスモデルとしては存在していましたが、実際に使われるようになったのは、先進国と開発途上国の間の利害調整で合意されたからだと考えています。日本も京都議定書の約束期間が始まれば、騒がしくなって色々なことが起こるでしょう。その中で、クレジットを購入する企業は、今後出てくるはずです。

>広報活動に500万円をかけるか環境活動に300万円をかけるかでは環境活動にかけた方が企業のイメージは格段に向上すると言っていましたが

これはさっぱり分かりません。企業では広報と宣伝というものは分けています。広報は企業の対外的な活動、宣伝は商品の販売活動です。
通常、広報活動は企業の市民としての人格をアピールをすること。善良なる企業市民(Good Corporative Citizenship)を示すことになります。環境活動は広報活動の一環であり、分けて考えることはできません。

専門家の方は、(広報ではなく)商品の宣伝に500万円かけるより、環境活動に300万円かけるほうがイメージは向上すると言いたかったのでしょうか?
もしそうだとすると、その専門家の方は大きな計算違いをしているか、環境対策の投資、実施について決定権を持っていない方でしょう。
大企業において、環境対策というのはお金が大変かかるものです。投資回収は容易ではありません。空質、リサイクル、エネルギ効率の向上、これらは技術開発、製品化、システムの定着まで見据えて行わなければなりません。それでも企業が環境に投資するのは、環境対策で遅れた場合、21世紀に生き残ることできないという、恐怖心があるからです。

いきなり、環境活動をやっているふりをしても、その会社にとって本流の商品やサービス、製造工程で、きちんとした環境対策のための投資をしていなければ、更にリスクが高くなります。
環境関係の問題が発生したときに、会社の信頼度が大きく下がるからです。特に環境イメージ向上のために過大なアクションを取っていたときは、「うそつきの企業」というイメージがつき、致命的なダメージになります。

環境は、もうかるからやる、と考えるよりも、「やらなければ成長はない」のだという考えで進めていくものだと思います。

話を聞かれたのが、どういう専門家の方か良く分かりませんが、最近は環境は儲かるということで、にわか専門家がでてきたり、いきなり環境には縁のない教授が、環境学部の教授になったりして困っています。

私はCO2削減のクレジットは必要悪だと考えています。ビジネスモデルとしては存在していましたが、実際に使われるようになったのは、先進国と開発途上国の間の利害調整で合意されたからだと考えています。日本も京都議定書の約束期間が始まれば、騒がしくなって色々なことが起こるでしょう。その中で、クレ...続きを読む


人気Q&Aランキング