私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体育館裏に呼び出したB、果たして二人の関係は?!番外編AB君の日常も同時収録!」

本文を読み始める、すれちがうAとB。文庫の半分まで来ている。体育館裏、5分の4ページまで来てしまった。

あれ、もうページが残り少ないぞ・・・。

もしや、このパターン・・・。

あらすじで話がほとんどおわってるぅ~!

こんなことなら、あらすじ読んで、最後の1~2ページ立ち読みすればよかったよ!

あらすじを書いたやつが悪いのか?あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!

一体、あらすじって、誰が書いてるんでしょうね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ホント、たまに腹立つあらすじとか、ありますよね!


結末さえ書かなきゃいいと思ってるのか、前半のクライマックス書いてくれたりして「このあらすじさえなきゃ、もっと楽しめたのにー!」って、悔しい思いをします。

あらすじを書いてるのは(多分ですが)編集者が多いんじゃないかと思います。
まず最初の読者というのは担当編集者でしょうし。
そういえば「世界の中心で愛を叫ぶ」というパクリタイトルも編集者が付けたそうですね。
あれだけ売れたのもこのタイトルによる所が大きいと思われるので、この場合はいい仕事をしたわけですね。

>あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!
中にはそういう作者もいるでしょうが、まともな小説でもこういうことがありますので、やはりあらすじを書いたやつが悪いんでしょう。

「売るためなら全部書いちゃうぜ!後は知ったことか!」と思ってるのか、単に読者の気持ちがわからなくて真っ正直に「あらすじ」を書いてるのか、どっちなんでしょうね_ _;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気持ちを理解していただいて、ありがとうございます。

編集の人があらすじを書いているんですね~。専門家じゃないから、まとめかたが下手な人に当たると、あらすじもおもしろくなくなっちゃうんでしょうか?

それにしても、「世界の中心で~」は、さらにパクリも出てきて、「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」とか、もうどこからどこまでがパクリか判らない世界に突入したと、日本の中心で叫んでみたいと思います。from NAGOYA

お礼日時:2009/05/23 20:56

うう~ん。


編集の人が書いていると思うのですが、その場合だと小説そのものが単純すぎると思います。

私は帯などのあらすじを見て期待しますが、書きすぎていてがっかりしたことはありません。
(あらすじは期待したのに、内容はそこまででもない、というのはありました)

作者が悪いと思いますね~。
もっと心理描写などに定評のある人の本を読んでみてはいかがでしょうか。
私のお薦めは、
瀬尾まいこ
奥田英朗
森絵都
です。
    • good
    • 0

そこまで分かってしまうと最悪ですね。


あらすじはそこそこ手間のかかる作業なので、
編集部の若手が書き、担当者がチェックしていると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ワンだー・エディ」最終回のあらすじ

NHK教育で放送していた「ワンだー・エディ」を毎週かかさず見ていたのですが、4月12日(金)の最終回だけ、見逃してしまいました。

ずっと、いろいろなサイトで、最終回のあらすじを知りたいと探していたのですが、私の検索の仕方が下手なのか…見つけることが出来ませんでした。

ワンだー・エディの最終回をご覧になられていた方がいらっしゃいましたら、その時のあらすじを教えていただけないでしょうか?

どこかの掲示板で、サリファと話が出来るようになった…ようなことが書かれていたのですが、エディは人間に戻ることが出来なかったのでしょうか?

とても気になっているので、教えていただければ幸いです。
どうか宜しくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

最終回だけ見れないって悔しいですよね。では、大まかに・・エディは、全然数が減らないので、悪いことを始めちゃいます。あの、ジイサンが注意しても、知らん顔で・・・。その上、エディがしゃべれることが、ロンドンから来ている女の子にばれてしまいました。犬の声をテープに録音し、逆回しすると、しゃべってる内容が、聞き取れるのです!おじいさんは、解雇されてしまい、別の人が担当に。とっても厳しい人です。しかし、最後にエディは良いことをします。それで又、ジイサンが担当になれます。同居の女の子にばれてしまい、録音マイクを持って、追いかけられて困ってると言うと、オジイサンは、魔法をかけてくれました。ジャスティン同様、彼女とも話せるようになってしまいました!!!犬のままですし、数も0にはなってません。こんなエンディングでした。

Q岩波文庫と岩波少年文庫

子供の頃読んだ童話を大人になった今、また読みたいと思い
集め始めたのですが、色々な出版社から出ていてどれがいいか迷っています。

探していて思ったのですが、岩波文庫と岩波少年文庫はどう違うのでしょうか?
翻訳者が違ったり、収録されている作品数が岩波文庫のほうが多いように思いますが、
同じ岩波でなぜ違うのでしょうか?

また童話でおすすめの出版社があれば教えてください。

Aベストアンサー

No.3です。

「アンデルセン童話集」と「イソップ寓話集」との事ですので、先ず「アンデルセン童話集」から。

「アンデルセン童話集」は、岩波文庫の大畑末吉訳「アンデルセン童話集」が良いでしょう。これは原典からの訳です。
以前は、B6判の堅表紙のセット本が発売されていたのですが、版元品切・重版未定となっています。(この版元、「絶版」とは云わない)原書からの挿絵も転載されているので、挿絵と云う点でも良いでしょう。但し、本の大きさはA6判(だいたい郵便はがきの大きさに相当)

「イソップ寓話集」ですが、これはそもそもテクストの問題があります。AESOPと云う人は一時期は存在すら疑われた事も在る位で、現在「AESOP」の寓話として伝承されているものでも、明らかにAESOP以前に既に成立していたと考られる寓話もあります。従って、希臘語のテクストでもテクストに拠って寓話に出入りがあります。更に現在流布している児童書の中には、英訳本や仏蘭西語訳や独逸語訳やから重訳したと思われるものすらあります。
一応、岩波文庫の「イソップ寓話集」をお奨め致します。挿絵はありませんが、信用のおける訳書です。なお、同書の巻末解説にある、渡辺和雄訳「イソップ寓話集」(2冊)小学館は別系統のテクストによるものです、版元品切ですがアマゾンでは入手出来るようです。

蛇足、「グリム童話集」も岩波文庫に収載されているものが良いでしょう。これは後の(グリム自身による)改訂版の訳です。独逸本の初版とは内容が多少異なってきます。

ご参考にならば幸甚です。

No.3です。

「アンデルセン童話集」と「イソップ寓話集」との事ですので、先ず「アンデルセン童話集」から。

「アンデルセン童話集」は、岩波文庫の大畑末吉訳「アンデルセン童話集」が良いでしょう。これは原典からの訳です。
以前は、B6判の堅表紙のセット本が発売されていたのですが、版元品切・重版未定となっています。(この版元、「絶版」とは云わない)原書からの挿絵も転載されているので、挿絵と云う点でも良いでしょう。但し、本の大きさはA6判(だいたい郵便はがきの大きさに相当)

「イソ...続きを読む

Q「KIRAI」(三浦実子著)の最終回のあらすじ

ザ・デザートで連載中の「KIRAI」(三浦実子著)が最終回を迎えたそうで……。この話が大好きなのですが、現在ザ・デザートを読めない環境にいます。どなたか親切な方、最終回のあらすじを教えてください!

Aベストアンサー

私は基本的に単行本派なんですけど、つい先日コンビにでどうしても気になって、本誌を読んでしまいました。
(ああ、10巻の楽しみがなくなってしまった・・・)
大体のあらすじを言いますと-
いつまで経ってもさくらのたった一度の過ちを許さず、意固地になって話すら聞こうとしない、シンでした。
さくらは自分がシンに嫌われてしまったと思い、シンにまた好きになってもらえるよう頑張りたいと、一緒にアメリカへ行こうと言うなんとか君(さくらの浮気相手の外人さん)の申し出を断ります。
さくらの浮気相手(名前忘れました)はそんなさくらのためにシンに渇を入れるため、実はさくらは泥酔してシンと自分を間違えたのをいいことにさくらとHしてしまったことを白状し、さらにさくらが妊娠したと嘘をつきます。
驚いたシンは、自分の子供であるはずないのに、さくらに結婚を申し込みます。妊娠などしていないので、さくらは驚きますが、シンが「愛してる」と教室にもかかわらず大声で叫ぶのです。そこでやっとさくらもその言葉を信じ、プロポーズを受けました。
最後は二人の結婚式の模様でした。
コンビニにも係わらず、涙ウルウルでやばかったです。
一週間程前に読んだきりなので、多少間違いがあるかも知れませんが、じき10巻が出るそうなので、ちゃんと読んで見て下さい。すいません。

私は基本的に単行本派なんですけど、つい先日コンビにでどうしても気になって、本誌を読んでしまいました。
(ああ、10巻の楽しみがなくなってしまった・・・)
大体のあらすじを言いますと-
いつまで経ってもさくらのたった一度の過ちを許さず、意固地になって話すら聞こうとしない、シンでした。
さくらは自分がシンに嫌われてしまったと思い、シンにまた好きになってもらえるよう頑張りたいと、一緒にアメリカへ行こうと言うなんとか君(さくらの浮気相手の外人さん)の申し出を断ります。
さくらの浮...続きを読む

Qこれしか読んだ事が無い → 次何読もう…(ミステリー)

私は東野圭吾さんの本しか読んだ事がありません。
もうじき読み終わるので次にどなたの本を読もうか悩んでいます。
こんな私にお勧め作家・作品を教えて下さい。

私は今までまともに本を読んだ事が無く、読み慣れてなれてなかったので異常に遅かったです。
その状態だったのもあってと思いますが、昔、西村京太郎さんのトラベルミステリーと
内田康夫さんの浅見光彦シリーズのどちらも1冊読んだことがありますが(どちらも古い作品かと)引き込まれませんでした。(好きな方申し訳ありません!)

ちなみに東野作品では「私が彼を殺した」を初めて読み引き込まれました。
読みやすかったのもあります。
「手紙」「虹を操る少年」はあまり好きではなく、それ以外は大抵好きです。
作品に関しての感想は苦手なので上手くいえませんが、

・面白い要素を取り入れる
(「悪意」の日記のような感じや「十字屋敷のピエロ」のようなピエロを使ったのとか「私が…」「どちらかが…」の二人称三人称形式で話を進めるとか)
・トリック
・謎解き
・はらはらドキドキ風
・意外な犯人で意外な結末
・どんでん返し
が好きです。(ベタですね^^;)
後、東野圭吾さんが書く「笑い」も好きです。大阪ネタ、大阪弁も好きです。

エッセイ、恋愛小説は苦手なのでミステリーかサスペンス
かで、短編か300P前後までの作品でお願い致します^^;

後、自分なりに調べて思ったのですが宮部みゆきさんと東野圭吾さんってタイプと言うか話の作り方か何か似ている部分があるのでしょうか??
よく「この二人のファンです」とか「お勧め」と見かけるので…。

以上ですが宜しくお願い致します。

私は東野圭吾さんの本しか読んだ事がありません。
もうじき読み終わるので次にどなたの本を読もうか悩んでいます。
こんな私にお勧め作家・作品を教えて下さい。

私は今までまともに本を読んだ事が無く、読み慣れてなれてなかったので異常に遅かったです。
その状態だったのもあってと思いますが、昔、西村京太郎さんのトラベルミステリーと
内田康夫さんの浅見光彦シリーズのどちらも1冊読んだことがありますが(どちらも古い作品かと)引き込まれませんでした。(好きな方申し訳ありません!)

ちな...続きを読む

Aベストアンサー

他の人も勧めていらっしゃいますが、宮部さんなら「ファザー・ステップ・ファザー」が、まずお勧めでしょう。あと、短編集で「サボテンの花」という短篇が入っているものがありますが(書名は忘れました(^^;))、この「サボテンの花」は、意外な謎と結末に加えて、思わず目頭が熱くなるような傑作で、ミステリ作家の間でも評判のいい作品です。
宮部さんの本が書店で見つからないようでしたら、今は公共図書館に多く入っていますので、そこで捜してみられるのもよいかと思います。ただ、気に入ったら、買って差し上げて下さい。いくら宮部さんが売れっ子でも、図書館からは一銭も入りませんので、応援と言うことで。あくまで、気に入ったらですが。
「火車」は、やや重い作品で、どちらかというと社会の問題を描いた作品ですね。結末の付け方は面白いのですが。
結末の意外な最近のミステリというと、歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」があります。途中、だれるかもしれませんが、最後まで読むと、あまりにも鮮やかなどんでん返しに、それまでの記述がすべて伏線になっていたのが分かります。ミステリの面白さを満喫させてくれます。
短編集だと、北森鴻さんもお勧めです。主に連作短篇を書いていらっしゃいますが、どれもひねりがあって、やられた、という気分になります。小説としても面白いですよ。

他の人も勧めていらっしゃいますが、宮部さんなら「ファザー・ステップ・ファザー」が、まずお勧めでしょう。あと、短編集で「サボテンの花」という短篇が入っているものがありますが(書名は忘れました(^^;))、この「サボテンの花」は、意外な謎と結末に加えて、思わず目頭が熱くなるような傑作で、ミステリ作家の間でも評判のいい作品です。
宮部さんの本が書店で見つからないようでしたら、今は公共図書館に多く入っていますので、そこで捜してみられるのもよいかと思います。ただ、気に入ったら、買って差し...続きを読む

Q【韓流ドラマ】ウェディング 最終回あらすじ

こんばんは。
テレビ東京で放送されていたドラマ「ウェディング」の最終回を見逃してしまいました。
大団円で終わる気がしているのですが、
どなたか最終回のあらすじを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>大団円で終わる気がしているのですが、

この意味が不明なのですが・・一応です。

http://wedding.hanryu.tv/story/story18.html
公式ホームページでは物足りないかもしれませんが。

スンウはアメリカ行きをやめ(空港で旅立ったかのようなのはただの1週間の出張。嘘も方便でセナは友達にだまされた)恋愛から始めましょう・・みたいな。

ユンスとジニもめでたくハッピーエンド。ラストは赤ちゃんと家族仲よくのシーンでした。

スンウがなかなか「愛してる」を言ってくれないとセナがジニに言っていたけど、ラストでちゃんと言ってました。

韓国ドラマってあんまり見ないけど、(ウェディングも途中から視聴)男女4人の物語と作らせるとこてこてなりに面白いですね。

参考URL:http://wedding.hanryu.tv/story/story18.html

Qロビンソン クルーソーのあらすじ

ロビンソンクルーソーのあらすじが
英語で掲載されているサイトを知りませんか?
知っている人がいたら、教えてください。

Aベストアンサー

こちらにありました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Robinson_Crusoe

Q恋ノチカラ最終回あらすじ。

「恋ノチカラ」の最終回のあらすじを教えてください。
なぜGコード予約で失敗したんだろう(泣)。

Aベストアンサー

丁度、今、録画したビデオを見終わったところです。よかったよかった・・・ポロリでした。そんな事はいいからあらすじを言ってくれ!!ですね。すみません。

最終回は、まず、会社を辞めたとう子は、飲み友達のところに居候を始めました。就職の面接試験もたくさん受けても全滅。年齢、仕事に対する希望(やりがいがあって、ワクワクする様な仕事)が理由。で、人材派遣会社で働く居候させてもらってる友達のお姉ちゃんのところに行ったら、就職よりお見合いを薦められすることに。1回目のデートで、とう子は自分の行きたい映画、お店、バー、なな何と!!ホテルを予約しました。しかし、当日時間が過ぎても相手が来ないので電話してみると、「女の人にリードされるのは嫌いで、やっぱりもっと若い方が・・・」と断られてしまう。その後デパートで「えんぴつねずみ」が売れなくて、売り場からはずされるところを見てしまう。そして、気になって楠木文具へ顔を出しにとう子は行きました。
一方、楠木文具で発売した「えんぴつねずみ」の売れ行きが悪く、謝罪に、貫井さんが行くことに・・・。そうです!!楠木文具の部屋で2人は会うことに・・・。貫井さんはとう子が気になって気になって、はるなちゃんとデートしていても本宮のことを聞いてしまう。そんな2人が逢ってしまいましたよ。一緒に楠木文具を出て、とう子が実は今日、デートだったがすっぽかされて、悔しいから予約を入れたところに1人で行くと言う話しをしたら、貫井さんが「付き合う」と言い出し、映画、レストラン、バー、ホテル・・・と。しかし、それまで意識してなかったのに、部屋に二人っきりなり、ベットに並んで座ったら、意識してしまいホテルを出る。2人は元気で・・・とバイバイする。

貫井企画は営業不振で事務所を閉めることに・・・。しかし、吉武さんは「貫井と一緒に心中する」と言い出す。そうご君から事務所を閉める事をとう子がきき、「支えてやって欲しい」と頼まれるが、「貫井さんは大丈夫」と、自分の本当の気持ちを止めてしまう。
一方、貫井さんはとう子の事が気になってることに気付き始め、はるなちゃんに「もう逢えない。」とお別れを言う。また、別の日、吉武さんに「事務所はなくなっても仕方がないが、手放さなくてもいいものまでまで封印しようとしていないか?本当に大切なパートナーとの出会いは人生の中でそうあるものじゃない。奇跡に等しい出来事なんだ。余計なことぐずぐず考えてると、起こる奇跡も起こらなくなるぞ!!」といわれる。
とう子のところにはるなちゃんが来る。「仕事も住む場所も見つけた。貫井さんとも付き合いをやめて、今は吹っ切れて立ち直ってきたから、もう気にしないで、とう子さんの気持ちを伝えるべき」と言われる。しかし、「後先考えず、相手の事考えず、ただ、好きだって素直にいえない年になっちゃたよ。もう決めたことだから・・・」と答えてしまう。
2人とは別にその頃、巷では遅ればせながら、「えんぴつねずみ」が大人気になって、倒産予定の楠木文具に注文が殺到。貫井企画にもロイヤルティーとして1億弱のお金が入ってくる事になり、持ち直す事に。そのヒットの祝賀会にとう子はそうご君から誘いを受ける。迷いながらも店の前まで行くが入れずにいるところに、心配したそうご君が探しにやってきて、もう大騒ぎ。2次会は事務所でやる事になり、買出しにそうごくんと吉武さんが行き、貫井さんととう子は2人きりに事務所で・・・。そうご君たちは気を利かせたのです。
ここから本題。2人きりになって、貫井さんがとう子に戻ってこないか?と誘う。新しい仕事の依頼の入り、一緒にやらないか?と言う。とう子は正直な気持ちを言ってしまう。「仕事の誘いは嬉しい。でも、事務所を辞めたのはお金だけじゃなて、本当は貫井さんが好きで好きで見ているのが辛くて辞めて、ごめんなさい。初めは人違いで引き抜かれたけど、でも、ここにきたお陰で忘れかけていた気持ちを思い出したような気がします。仕事に夢中になったり、本気で人を好きになったり、そういう毎日から力をいっぱいもらいました。私は人違いに感謝してます。あれは奇跡だったんですよ。私にとっては・・・。」といって、帰ろうとすると、「俺にとっても奇跡だったよ。お前がいてくれて、楽しい事やおもしろい事が美味しい事が、2倍楽しい・・・。お前といると楽しい。近くにいるときは気付かなかった。だって、ずっといるものと思っていたし・・・。」と貫井さんも気持ちを言う。とう子は「それならなおさら、事務所に戻るのはまずいのではないでしょうか?回りもやりづらくなるだろうし、仕事にも支障が出てくるだろうし・・・。」と言いかけたとき。貫井さんはとう子に、キ・キキスをしまうのです。そこへそうご君と吉武さんが帰って来る声が・・・。慌てた2人はドアを力ずくで閉めたまま、慌てるが、とう子の方からまた、返事のようにキスをしてしまうのです。そのあとは無事、貫井企画に戻って、みんなとも仲良く暮らしたとさ・・・。めでたし、めでたしでした。

ずらずらとあらすじを書きましたが解かってもらえたか心配です。表現力がないもので。とってもよかったですよ。少しでも解かってもらえるといいです。

丁度、今、録画したビデオを見終わったところです。よかったよかった・・・ポロリでした。そんな事はいいからあらすじを言ってくれ!!ですね。すみません。

最終回は、まず、会社を辞めたとう子は、飲み友達のところに居候を始めました。就職の面接試験もたくさん受けても全滅。年齢、仕事に対する希望(やりがいがあって、ワクワクする様な仕事)が理由。で、人材派遣会社で働く居候させてもらってる友達のお姉ちゃんのところに行ったら、就職よりお見合いを薦められすることに。1回目のデートで、とう子は自分...続きを読む

Q藤井みつるさんの官能小説・外伝のあらすじ

二月くらいに発売されたプチコミック増刊号に藤井みつるさんの官能小説の外伝が映画公開に合わせて掲載されたようなのですが、その存在を知ったのは四月下旬ですでにどこも売り切れでした。
本編の終わり方が私的に納得と言うか消化しきれなかったのでその後が書かれている外伝のあらすじがとても気になります。
出来るだけ詳しく知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例のイケメン会計士が独立して事務所を構えてて、企業の所得隠しのゴタゴタに巻き込まれて、主人公の彼女が精神的に弱っている所長と、官能小説家?の彼との間で揺れる…。
「女って怖い生き物なのよ」みたいな感じで締めくくるのが、お探しの外伝でしょうか?

確か、我が家の古雑誌の中にあったと思います。
廃品回収に出す予定でしたので、お読みになるなら差し上げましょうか?

Qバクマン 最終回のあらすじ

 バクマンの最終回のあらすじを教えてください!
あと感想もできれば教えてください

Aベストアンサー

タイトル:ありとなし
13本の中から数本の連載を選ぶ12月期連載会議が始まる。
近未来杯に選ばれた「疑探偵TRAP」「KIYOSHI騎士」と
3位だった「hideout door」の3本も候補になっている。
7本のありに残った「疑探偵TRAP」「KIYOSHI騎士」「hideout door」「ラッコ」・・・
最終的に4本の連載に「疑探偵TRAP」が残った。
「KIYOSHI騎士」「hideout door」は残念ながら、次の連載会議に回された。
亜豆美保に送ったメールの返事がなかなか来なくて、亜豆の家に向かう最高
亜豆の家についた最高の携帯に見知らぬ番号から着信があった。その相手は亜豆だった。
数日後、服部を待つ最高と秋人の元に服部が三浦を連れてきて、これからの担当と紹介して終わり

テロップ:来週からこの時間は「バクマン。」(第1シリーズ)を再放送します。

ちょっとここで終わり(最高)
すげぇ続きが気になる(秋人)
三浦さんって人大丈夫(最高)
俺達の連載どうなるんだ(秋人)
夢の続きは第2シリーズをお楽しみに!(最高&秋人)

Qおススメの新潮文庫

新潮文庫の表紙の折り返しについている、応募マークを集めています。
何年か前に、30枚集めてバッグを貰ったりしました。
今も欲しい物があるのですが、どの本を買おうか悩んでいます。

シリーズ物でもいいのですけど、読んだら捨てるような小説やエッセイは欲しくありません。
今日も散々悩んで、「マイブック2006」と「風の又三郎」を買いました。

日本の作家でも、海外の作家でも良いので、これは読んでおいた方がいい、あるいは
絶対面白いから読んで損はない、というような本があったら、教えてください。
ミステリーでも歴史小説でも何でも構いません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

新潮社が毎年催している「新潮夏の100冊」の中から、読んで見たい本を選ばれるのも、ひとつの手ではないでしょうか。
実はこの100冊毎年選ばれている本が少しずつ変わっていたんですね。検索してはじめて知りました。そのなかでも過去10回も15回も100冊に選ばれている本があるようで、その中から選ばれれば失敗したなあ、と思うことはあまりないのではと想像するのですが。

すこし話が逸れてしまうのですが、この100冊を全部読んでしまおうと挑戦している人を知っているのですが、この努力にはただ頭が下がるのみです。すんなりいきそうですが実は非常に忍耐のいる読み方でもあるような気がします。
一人の作家の本を読んでいて、その作家が気に入るとどうしても他の作品を読みたくなりますし、あわせてその作家が影響を受けたほかの本も読みたくなってきますね。
そんな誘惑をじっと堪えて、とりあえず100冊を乱読(この場合の乱読とは、おざなりに読むのではなくあらゆるジャンルのものに目を通すという意味ですが)していこうとするわけです。

実は、こうした読み方が文学を知るうえで、ほんとうに大切なのではないかと最近考えるようになってきました。これらすべてを読み終えて、はじめて文学を知る上でのスタートラインに立つのではないかと。

回答者のように偏った本しか、それもたいして読んでもいないのに
いっぱしの口を利くのが一番いけないことだと、その挑戦者の方を見て深く反省いたしました。(^_^;)

もしこのことをご理解していただいたうえで紹介しますと、回答者が新潮文庫で読んでよかった本はこんなものがありました。

★ フラナリー・オコナー「オコナー短編集」

フォークナーを頂点とした南部系の作家で、短い生涯でしたが、
あまり多くはない小説のそのひとつひとつに気迫と熱意が感じられて、読む者をいつしか、恐ろしいイメージの世界へ連れて行くような作品です。著者は終生カトリック教徒だったようですが、登場してくる人物はみなどこかに欠点をもった人ばかりですが、妙にジメジメした描写はなく、鮮明な文体で描写されています。
代表的な短編が収められた短編集です。

★ 嵐山光三郎「追悼の達人」

明治35年に死去した正岡子規から昭和58年に死去した小林秀雄まで代表的な47人の作家の死に寄せられた追悼文を通して、その作家の生涯を浮き彫りにしようとした本ですが、著者らしく肩のこらない読み物として構成されています。意外と批判的な追悼文を書かれた人もいたり、
また最大の賛辞を送られた人などいたりして、これから日本文学を読んでみようと思われる方には大変参考になるでしょうし、またこれはこれで作家の思わぬ素顔が見れて興味が尽きないのではないかと思います。

参考URL:http://www.hatirobei.com/natu100/sintyo/sin100_2005.html

新潮社が毎年催している「新潮夏の100冊」の中から、読んで見たい本を選ばれるのも、ひとつの手ではないでしょうか。
実はこの100冊毎年選ばれている本が少しずつ変わっていたんですね。検索してはじめて知りました。そのなかでも過去10回も15回も100冊に選ばれている本があるようで、その中から選ばれれば失敗したなあ、と思うことはあまりないのではと想像するのですが。

すこし話が逸れてしまうのですが、この100冊を全部読んでしまおうと挑戦している人を知っているのですが、この努力にはただ頭が下がる...続きを読む


人気Q&Aランキング