「引き分けを挟んで連勝・連敗」という言葉はおかしくないですか?

引き分けが成立した時点で連勝も連敗も止まったのに。

連敗と言われた方のチームを応援してたら「昨日は負けていない」と

思わずツッコミを入れたくなります。私の考え、変でしょうか…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

よいご質問ですね。

引き分けは試合数に加算されるので、ゲーム差なしでも、引き分け数によっては勝率が異なります。

 連勝とは文字通り、連続して勝つことです。連続安打には、不可抗力の可能性もある四死球が挟まれても、問題がありません。しかし、引き分けは不可抗力ではなく実力ですので、引き分けた時点で連勝が止まったと考えるべきです。

 この引き分けにかぎらず、日本野球にはおかしな記録や統計手法があります。例えば、自責点です。エラーなどで許した失点は、投手の自責点となりませんが、仮にエラーがなければ3アウトが成立した場合は、その後どれほど投手が打ち込まれても、自責点とは見做されないのです。日本独自の不思議な記録です。

 そういうわけで、ご指摘のとおり、引き分けは連勝記録をストップさせるとしなければならないでしょう。引き分けをなくすか、記録から除外すべきでしょう。いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出来れば決着が着くまで試合を続けるか

高校野球みたいに後日再試合をしてほしいです!

お礼日時:2009/05/23 10:35

今晩は、


一概に言えません。
競技により引き分けの扱いが違います。
日本のプロ野球の場合:
延長12回で引き分けとなり、引き分け再試合は行われないこととしてい
ます。(高校野球や社会人野球などトーナメントの場合はは再試合です)
両リーグの優勝チームは勝率1位のチームとしており、その勝率は勝利
数を引き分けを含まない試合数で割ったものとしています。
Jリーグの場合:
延長戦やPK戦を行わずにそのまま引き分けとしています。
勝ち点制を導入しており、勝利3点、引き分け1点、負け0点としてお
り、この場合引き分けは勝利の半分より価値がありません。
ラグビーの場合:
トーナメント戦とリーグ戦とで引き分けの扱いが違います。
リーグ戦の場合は、サッカーと同じで勝ち点制で、勝利が4点、引き分
けが2点、敗戦が0点です。
トーナメント戦では、得点が同点の場合、トライ数の多いチームが勝ち
となり、それでも同点の時、抽選(くじ引き)で勝者を決めま。

野球の場合はおかしくないと思います。
サッカー・ラグビーの場合は違和感があります。

要は、引き分けは勝ち負けが付かない事ですから、勝敗にカウントしな
いと言う事だ思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

引き分けを挟む必要なくないですか。

お礼日時:2009/05/23 10:40

いいえ、むしろ自然な考え方だと思います。


何の疑問も持たず受け入れられるようなら、逆にそちらの方が問題かも?

勝っていないのを強調したいのなら「○試合連続で勝ち星なし」と言えばスッキリしますよね。Jリーグだとそういう表現をしていた気がしますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

共感してくれてとても嬉しいです。

お礼日時:2009/05/23 10:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引き分けをはさんで○連勝?

プロ野球のニュースなどでよく「引き分けをはさんで10連勝」という
ような言い方をしますが、引き分けた時点で連勝はストップしているの
で、表現としておかしいのではないでしょうか。

マジックナンバーとかと同様に、マスコミのネタ作りのための用語では
ないかと思うのですが、この用語の語源?由来?のようなもの、または
日本語表現として妥当かどうかなど、ご存じの方いらっしゃいましたら
ご教示ください。

Aベストアンサー

#4さんの回答の補足(?)ですが…

パ・リーグで「引き分け再試合」はありません。引き分けは引き分けで、「○勝×敗△分け」というように表現されます。(パ・リーグの勝敗表を見ていただければお分かりになると思いますが…)
セ・リーグの方が、ちょっと前まで「引き分け再試合」をやってました。
しかし、公式戦を140試合に増やしたのと同時にルールが変わってこれも「引き分け」としてカウントすることになったはず…

したがって、現在は「引き分け」もちゃんと勝敗(+分け)にカウントされるので、確かに「引き分けを挟んで…連勝」という表現はおかしいような気もしますが…
勝ち・負けではないということでOKなんでしょうか…?

(回答になってなくてすみません)。

Qピッチャーマウンドからホームベース間の距離

 ピッチャーマウンドからホームベース間の距離と
各ベース間の距離を教えて頂きたいのでお願いします。

それと、そのようなルールが紹介されているホームページ
も教えて頂きたいのでお願いします。

Aベストアンサー

マウンドとホームベース間=18.44メートル
各塁間=27.43メートル

これは中学以上は高校・大学・プロ・草野球(汗)まで、すべて共通です。

小学生やリトルリーグは別です。

「野球」「塁間」「距離」などをキーワードにして検索してみてください。

参考URL:http://www.google.co.jp/

Q先発投手は5回投げなければ勝利投手の権利がないのは何故?(コールドの例外を除く)

 5回というのが試合が成立する回だからというのは分かります。しかし、2番手以下の投手なら、5回終了時までに次の投手に交代していても、勝利投手になることがあります。極端なことを言えば、先発投手が打者一人にだけ投げ、次の投手に交代すれば、その二番手投手は回数にかかわらず勝利投手になり得る状況であれば1勝稼げるわけですね。なんか変な気がします。何故、先発投手だけ回数の規定があるのでしょうか。

 消化試合なら、最多勝がかかった投手を勝たせるために、わざと5回までに先発投手を交代させることもありますね。

 ところで、オールスター、オープン戦、WBCなどは、このルールが適用されていませんが、特別ルールということなのでしょうか。

 

Aベストアンサー

「試合の成立」が影響しているのではないでしょうか?
1回や3回投球して、勝利投手の権利を与えてしまうと、
何かの理由で試合を中止しないといけなくなった時に、
勝利投手の権利を没収してしまうことになります。
もちろん、5回までに何人もの投手をつぎ込んでいる場合は、
既にその中に勝利投手の権利を持つ選手が含まれる場合が
ありますが、ゲームが成立していない時点では
それも確定ではありませんので。

Q雨天コールドゲームは何回で成立する?

野球の雨天コールドは5回を終わっていれば成立すると一般的に理解されていると思いますが、では5回表終了時あるいは5回裏途中で後攻チームが勝っていた場合はどうなるのでしょう?
もしかしたら組織によって異なるのかもしれませんが、最もポピュラーな野球規則に基づいたもので結構ですので教えてください。
甲子園で雨天順延が続いたので、ふと気になりました。

Aベストアンサー

公認野球規則4.10正式試合
(c) 球審によって打ち切りを命じられた試合(コールドゲーム)が
次に該当する場合、正式試合となる。
(1)五回の表裏を完了した後に、打ち切りを命じられた試合。
(両チームの得点の数には関係がない)
(2)五回表を終わったさい、または五回裏の途中で打ち切りを命じられた試合で、
ホームチーム(後攻)の得点がビジティングチーム(先攻)の得点より多いとき。
(3)五回裏の攻撃中にホームチーム(後攻)が得点して、
ビジティングチーム(先攻)の得点と
等しくなっているときに打ち切りを命じられた試合。

とありますので、5回表終了時あるいは5回裏途中で
後攻チームが勝っていた場合は公認野球規則4.10(c)(2)により
試合が成立しますので、後攻のチームの勝ちとなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報