問1、血しょうの水素イオン濃度を減少させる病態を(アシドーシス・酸血症・アルカローシス・アルカリ血症)という。
問2、血しょうの水素イオン濃度を増大させる病態を(アシドーシス・酸血症・アルカローシス・アルカリ血症)という。
この2問が分かりません。どなたか教えてください。

A 回答 (2件)

水素イオンH+の濃度が高いほど酸性、低いほどアルカリ性です。

    • good
    • 0

アシドーシスとアルカローシスの二つをネットで検索すれば、答えは分ると思いますよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液のpHについて

アルカローシスとアシドーシスに混乱してます・・

CO2 + H20 ⇔ H2CO3 ⇔ H+ + HCO3-

血液のpHが(1)すると、反応を左に傾かせて、二酸化炭素を体外へ排出しようとする。

また、急激な呼吸によって、pHを(2)させる。これを呼吸性(3)という。

空欄に入る言葉はなんなんでしょう?調べたのですが、混乱してきました・・・・

Aベストアンサー

呼吸性アシドーシス、アルカローシスに急性と慢性があることを理解していないための混乱と思われます。

もしかして授業でそこまで教わっていないのかもしれませんが
慢性、急性を区別した方が理解が楽です。
(代謝性には慢性、急性はありません。)
糖尿病ケトアシドーシス、乳酸アシドーシスなどで血液中のPHが低下すると←(1)

急激な呼吸←呼吸数の増加によりPHを上げる。←(2)
これを慢性呼吸性アルカローシスという←(3)

慢性呼吸性アルカローシスは代謝性アシドーシスの代償で起こります。

設問も良くないですが、呼吸性は慢性と急性が大切です。

あと、二酸化炭素は炭酸ガスと呼ばれるように
水に溶けると炭酸になる酸です。
ですので、二酸化炭素の排出は酸排出と同義になります。

走ると、ゼーゼー呼吸が速くなりますよね?
あれは走ることにより生じた乳酸という酸を二酸化炭素の形で排出しています。

このような表現は一般にはしませんが

走ることにより、乳酸アシドーシス(代謝性アシドーシス)になり、
その代償として呼吸性アルカローシスになる。

とも言えます。

呼吸性アシドーシス、アルカローシスに急性と慢性があることを理解していないための混乱と思われます。

もしかして授業でそこまで教わっていないのかもしれませんが
慢性、急性を区別した方が理解が楽です。
(代謝性には慢性、急性はありません。)
糖尿病ケトアシドーシス、乳酸アシドーシスなどで血液中のPHが低下すると←(1)

急激な呼吸←呼吸数の増加によりPHを上げる。←(2)
これを慢性呼吸性アルカローシスという←(3)

慢性呼吸性アルカローシスは代謝性アシドーシスの代償で起こります。

設問も...続きを読む

Q【水素水は一昔前に流行したアルカリイオン水と同じって本当ですか?】アルカリイオン水の浄水器に水素を増

【水素水は一昔前に流行したアルカリイオン水と同じって本当ですか?】アルカリイオン水の浄水器に水素を増やす鉱石入ってましたっけ?

その理屈だとPanasonicの水素水生成器とアルカリイオン水生成器は同じ製品ってことになりますけどアルカリイオン浄水器はアルカリイオン水イオン浄水器として売っていて、水素水浄水器は1機種しか出してないのでこの水素水浄水器とアルカリイオン浄水器は同じ製品というのは都市伝説でウソですよね?

じゃあ、一昔前にブームになった酸性水とアルカリイオン水が作れる機械を導入している家庭は水素水ブームが起こる前から水素水を飲み続けていたということになる。

でもそんなに見た目違いがないし、何よりアルカリイオン水を飲んでた人が長生きしているということもないということは水素水を飲んでも特に意味がないという結論をアルカリイオン水と同じと言ってしまったらそういうことになってしまいます。理屈上。

Aベストアンサー

http://panasonic.jp/alkaline/

「還元水素水とは
還元水素水とは電気分解の電気反応で還元され、その時に発生する水素を含んだアルカリ性の飲用可能な水であり「アルカリ性電解水」と同一です。
「厚生労働省告示第112号」にて規定される「胃腸症状の改善」を『標榜すること』が認められています。
また、弊社では「電極板の枚数が5枚以上かつ水素チャージ機能を搭載した商品」の販売名称を還元水素水生成器とし、アルカリイオン整水器と区別しています。」

Qアシドーシス時による骨吸収亢進について

アシドーシスの長期合併症として骨吸収亢進があると教わりました。

仮に腎によるH+排泄障害による代謝性アシドーシスならば、Ca再吸収の低下に伴い骨吸収が亢進すると思いますが、これ以外に、アシドーシスの原因を問わず、何か骨吸収を亢進させる機序があれば教えてください。

Aベストアンサー

ケトアシドーシスでしょうか?
一つの理由として、持続する高血糖で高浸透尿になり、尿中から止め処もなくカルシウムその他のミネラルが排泄され、Ca++欠乏を引き起こします。その為にカルシウムの骨吸収が進みます。
二つ目の理由として、糖尿病の食事療法下でカルシウム不足を引き起こし、同じく骨吸収が進みます。

また、乳酸アシドーシスであると仮定すれば、糖をエネルギー変換するTCAサイクルの一歩手間で、ピルビン酸からアセチルCoAに変換される前に相当量のビタミンB1、ナイアシン、ビタミンCが必要とされます。
これらビタミンの不足で、ピルビン酸から乳酸が発生して、このビタミン不足で乳酸からピルビン酸への変換は不可逆的となり、乳酸アシドーシスを引き起こします。
このような状態では、ビタミンだけではなくカルシウムを始めとしたミネラル類の摂取不足があっても不思議ではないと思います。

よって、カルシウムの骨吸収は進みます。

その他、質問の腎疾患以外では、副甲状腺の機能なども考慮に入れる必要があるかもしれません。また、アシドーシス治療下で閉経などが重なれば、カルシウムの骨吸収が進むものと思われます。

ケトアシドーシスでしょうか?
一つの理由として、持続する高血糖で高浸透尿になり、尿中から止め処もなくカルシウムその他のミネラルが排泄され、Ca++欠乏を引き起こします。その為にカルシウムの骨吸収が進みます。
二つ目の理由として、糖尿病の食事療法下でカルシウム不足を引き起こし、同じく骨吸収が進みます。

また、乳酸アシドーシスであると仮定すれば、糖をエネルギー変換するTCAサイクルの一歩手間で、ピルビン酸からアセチルCoAに変換される前に相当量のビタミンB1、ナイアシン、ビタミンCが必...続きを読む

Q極めて薄い酸の水素イオン濃度の求め方

2,00×10⁻⁷mol/l の塩酸の水素イオン濃度を求めよ。

という問題で、解答では水の電離によって生じるH⁺のモル濃度をxとして求めて、2,00×10⁻⁷に足しています。

塩酸から生じるH⁺は2,00×10⁻⁷mol/l とあるのですが、ここのところがわかりません。

ちなみにこのあと
(2.00×10⁻⁷+x)×x=1.0×10⁻¹⁴
x²+2.00×10⁻⁷xー1.0×10⁻¹⁴=0としてxを求めています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) 水のイオン積を1.00 × 10⁻¹⁴として[H⁺]を求めよ。
の場合は・・

まず、酸や塩基の価数について。。
 塩酸は価数1の酸ですから
HClは、希薄水溶液中では100%解離するので化学式は
HCl  → H⁺ + Cl⁻ ですから
A(mol) A(mol) + A(mol)

濃度が 2.00 × 10⁻⁷(mol/L)でしたら、その水溶液中の水素イオン濃度も2.00 × 10⁻⁷(mol/L)になります。

[希薄溶液でのポイント]
 塩酸の濃度が濃いときは、塩酸の濃度だけに注目して[塩酸の濃度]=[水素イオンの濃度]でよいのですが、薄いときはそのままではまずいです。具体的には
 塩酸の濃度が10⁻⁴[mol/L]のときは、pH=4
 塩酸の濃度が10⁻⁶[mol/L]のときは、pH=6
 塩酸の濃度が10⁻⁷[mol/L]のときは、pH=7・・・中性
 塩酸の濃度が10⁻⁸[mol/L]のときは、pH=8・・・塩基性
 塩酸の濃度が10⁻¹º[mol/L]のときは、pH=10・・塩基性
これは絶対におかしい。
 実は、水自体が解離していることを忘れている。水の一部は解離して
 H₂O → H⁺ + OH⁻
 それぞれの濃度は、1.00×10⁻⁷(mol/L)ですから、この水素イオン濃度を加えておかないとまずいです。
 すなわち、水素イオンの濃度は
2.00 × 10⁻⁷ + 1.00 × 10⁻⁷(mol/L) = 3.00 × 10⁻⁷(mol/L)
 となります。
 pHは、6.52

でしたね。これは厳密な意味では間違っています。なぜなら明らかに電荷が増減してしまう。

 そこで、次のように解きます。水溶液中の電荷はつりあってなければおかしいので
HCl  → H⁺ + Cl⁻

 H₂O → H⁺ + OH⁻
から、
 電荷を元に変形すると
[H⁺] = [OH⁻] + [Cl⁻]
 となります。
 ここで、濃度をc(Concentration)とすると、[Cl⁻] = c であるから、上式は
[H⁺] = [OH⁻] + c
 ですね。水のイオン積は
[H⁺][OH⁻] = Kw
 ですから。
[H⁺] = (Kw / [H⁺]) + c
 変形すると
[H⁺]² - c[H+] + Kw = 0
 の二次方程式になります。
 [H⁺] = 2.4142 × 10⁻⁷ (mol/L)
 pH = 6.53 かな

ちなみに、
1.00⁻⁶ = 6.00
      ←2.00×10⁻⁷ = 6.53 正解なら
1.00⁻⁷ = 6.79
1.00⁻⁸ = 6.98
1.00⁻⁹ = 7.00
位を覚えておくと、答えが合っているかいなかの目安にはなる。
有効数字2桁でよいなら、前段の方法のほうが楽です。

1) 水のイオン積を1.00 × 10⁻¹⁴として[H⁺]を求めよ。
の場合は・・

まず、酸や塩基の価数について。。
 塩酸は価数1の酸ですから
HClは、希薄水溶液中では100%解離するので化学式は
HCl  → H⁺ + Cl⁻ ですから
A(mol) A(mol) + A(mol)

濃度が 2.00 × 10⁻⁷(mol/L)でしたら、その水溶液中の水素イオン濃度も2.00 × 10⁻⁷(mol/L)になります。

[希薄溶液でのポイント]
 塩酸の濃度が濃いときは、塩酸の濃度だけに注目して[塩酸の濃度]=[水素イオンの濃度]でよいのですが、薄いときはそのままではまずい...続きを読む

Qアシドーシスについて

ケトアシドーシス、乳酸アシドーシス、代謝性アシドーシスの違いについて教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アシドーシスは代謝性と呼吸性に分かれ、その代謝性の中で、さらにケトアシドーシスと乳酸アシドーシスに分かれます。つまり、ケトアシドーシス・乳酸アシドーシスのどちらも代謝性アシドーシスといえます。

代謝性と呼吸性の違いは、呼吸器系が絡むかどうかです。
体内に糖が増えすぎた状態がケトアシドーシスで、乳酸アシドーシスは体内に乳酸が増えている状態です。

具体的には、I型糖尿病(糖を分解できない)や過食・II型糖尿病(糖の摂取過剰)がケトアシドーシスで、肝機能障害で乳酸の分解に障害があるのが乳酸アシドーシスです。

最近は清涼飲料水の飲みすぎによるケトアシドーシスをペットボトル症候群と呼ぶそうです。

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

Q代謝性アシドーシスの呼吸性代償について

カテゴリにそぐわないかも知れませんが、
「代謝性アシドーシスでは代償的に過換気となる」
ということに関して、質問があります。

C02 + H20 ⇔ H+ + HCO3-

上の平衡において、
例えば糖尿病性ケトアシドーシスや
尿細管性アシドーシスtype Iのように
H+が蓄積するような事態では、
平衡は左に移動しCO2が上昇して
代償的に過換気となります。
ここで、呼吸調節は血中の(H+やHCO3-でなく)
CO2の濃度を感知して行なわれると聞きました。

しかし、尿細管性アシドーシスtype IIのように、
まずHCO3-が低下して起こるアシドーシスでも
過換気は起こるのでしょうか?
この場合、そもそもアシドーシスをきたすのは
HCO3-の低下によって上の平衡が右に移動するからだと思うのですが、
もしそうならCO2(分子)は低下するので
過換気とは逆になるような気がするのです。

このあたりの正しい機序を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

この方面はあまり詳しくありませんので、一般人としてお答えいたします。

代謝性アシドーシスは分子中のHCO3-が低下する状態です。これには糖尿病性ケトアシドーシスや乳酸アシドーシスのような酸産生増加によるものと、尿細管性アシドーシスのように酸排泄障害によるものがあります。

Henderson-Hasseibaichの式は以下のようになっています。
pH=6.1+log〔HCO3-〕/0.03Pco2

HCO3-が低下すれば、Pco2を下げる代償的な呼吸性アルカローシスを起こさないとpHは一定に出来ません。故に過換気が起こって良いと思います。

Q水素イオン濃度とモル濃度

高1の科学なんですが、
水素イオン濃度とモル濃度の違いが良くわかりません。
例えば、0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液と
出てきたらどっちの事を指しているのでしょう?

Aベストアンサー

>水素イオン濃度とモル濃度の違いが良くわかりません
これは身長と長さの違いが分かりませんといっているような物ですよ。
水素イオン濃度というのは水素イオンの濃度のことで、よくモル濃度で表します。つまり、水素イオンのモル濃度のこと。
>0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液
といった場合は当然水酸化ナトリウムのモル濃度を表しています。
水素イオンについて言うのであれば、敢えてそのように言及しているはずです。
(水酸化ナトリウム水溶液では水素イオン濃度が0.1mol/Lになることはありませんが)

Q腎不全患者の心肺停止とアシドーシスについて

腎不全患者が心肺停止状態になりました。アシドーシスになっている可能性はありますか?

推測の話で申し訳ないのですが、ずっと透析治療が不調でなかなか思うような状態ではありませんでした。
多分尿毒症を起こしていたのではとおもうのですが、心肺停止状態になりました。
蘇生はしましたが3日後に意識がなくなりました。

これまでの過程、状態でアシドーシス状態になることはあるでしょうか?

Aベストアンサー

慢性腎不全ならアシドーシスになる可能性はあるでしょう。
心肺停止が関係するのではなくアシドーシスになった結果、
ショックを起こして心肺停止になったとか?

Q酸の電離定数と水素イオン濃度について

大学受験範囲です

「問題 
酢酸は、次のように電離して平衡状態に達する。
CH3COOH⇔H+ + CH3COO-
0.030mol/Lの酢酸水溶液の水素イオン濃度を求めよ。
ただし、酢酸の電離定数を2.7×10^-5mol/Lとする。

答え
酢酸の濃度をcmol/Lとおく
平衡時の酢酸由来の水素イオン濃度をxmol/Lとおく。

平衡時の各物質のモル濃度は次のようになる。
酢酸 (c-x)mol/L
酢酸由来の水素イオン xmol/L
酢酸イオン xmol/l

ここで酢酸の電離定数より
2.7×10^-5=x × x /c-x=x^2/c-x

ここでc>>xと仮定すると、c-x≒cなので
2.7×10^-5×c=x^2これをといて
x=9.0×10^-4

よって9.0×10^-4 mol/L」


質問1
ここで出てきた9.0×10^-4 mol/Lはc>>xと仮定した際の酢酸由来の水素のモル濃度ですよね?
c>>xの仮定があるのに、なぜそれを答えとしてよいのですか?
c>>xでない場合は考慮しないのですか?

質問2
9.0×10^-4 mol/Lはc>>xと仮定した際の酢酸由来の水素のモル濃度ですが
水も電離して水由来の水素イオンも供給されますよね?
全体の水素イオン濃度を考える際に水由来の水素イオンを無視していい理由はなんですか?

質問3
c>>xと言うのは一般的に、この種の計算では、どれくらいの差がある場合を指すのですか?
xがcに対して何%までだったらこうみなしてよいのでしょうか?

大学受験範囲です

「問題 
酢酸は、次のように電離して平衡状態に達する。
CH3COOH⇔H+ + CH3COO-
0.030mol/Lの酢酸水溶液の水素イオン濃度を求めよ。
ただし、酢酸の電離定数を2.7×10^-5mol/Lとする。

答え
酢酸の濃度をcmol/Lとおく
平衡時の酢酸由来の水素イオン濃度をxmol/Lとおく。

平衡時の各物質のモル濃度は次のようになる。
酢酸 (c-x)mol/L
酢酸由来の水素イオン xmol/L
酢酸イオン xmol/l

ここで酢酸の電離定数より
2.7×10^-5=x × x /c-x=x^2/c-x

ここでc>>xと仮定すると、c-x≒cなの...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 仮定を満たせば、xを近似値としてよい。(5%とする場合が多い)


(2) 水の解離により生じる[H^+]を無視出来ると仮定すれば、[H^+]≒[CH3COO^-] と近似出来るから、結果から近似の妥当性の確認をすべき。

(酢酸の解離により生じた[H^+])>>(水の解離により生じた[H^+]) を示す。

x>>Kw/x、つまり x^2>>Kw を満たせばよい。


(3) はっきりと決められている訳では無いが、pHメーターの誤差である「±0.02pH」から、5%未満とする場合が多い。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報