ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

インフルエンザ感染の、マスメディアの大喜びといったら‥‥。あのはしゃぎようは、今度は、国内で死者が出てくれないかという期待感がミエミエです。

先日TV局が、大きな駅の改札の前(駅の外)にやぐらを組んで、駅から出てくる通勤客をTVカメラで撮影していました。何の権利があって(誰に断って)人の顔を撮影しているのか‥‥。

そこでわたしは、家庭用ビデオカメラを持って、そのカメラマンをじーっと撮影している自分を想像してみました。

彼らは、わたしの行為に対してどのような言動に出ると思いますか?

A 回答 (7件)

テレビ関係の仕事をしています。


最近は、肖像権の問題があり、映っている人間から「何の権利があって、本人が映っている映像を本人の許可無く放映したのか」と言うクレームが一番局として頭を悩ませる問題です。
報道番組の場合は、肖像権はやや緩やかですが、一般の番組では許諾を受けたかはチェックされます。

ということで、肖像権をかざせば、報道カメラマンといえども一市民に文句を言うことは出来ません。勝手に写す方が悪いのですからね。

ナイショで教えますが、私たちが一番困るのは、カメラを向けられることではなく、障がいを持っている方が、カメラ前に立ち止まることです。
決して、そのような真似をしないようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。よくわかります。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 00:00

彼らは自分が報道の最前線にいて、ディレクターと打ち合わせ、または指示で、視聴者に分かりやすく見せるため、マスク姿が多い通勤姿のサラリーマン、OLを撮影しているのです。


それが報道の使命なのか視聴率のための両方の意識で仕事をしています。

質問者さんが彼らを撮影しても何もしません。また、何も出来ません。撮られるがままです。
あまりしつこいと、その場所を撤退し他に移動するだけです。
どうしてもそこでしか撮れない場合は、質問者さんを遮る行動はすると
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/07/27 22:21

こんにちは



同じような事例があったのは
フィリピン人 カルデロン一家の時に
マスコミの対応がおかしいとして、外務省を取材しているマスコミの前で
演説して、そのマスコミの取材風景をyoutubeにアップした人が居ました

ちょっと話は変わりますが、
警察の職務質問されているところを
撮影してyoutubeにアップした映像がありますね

これらに対して、いろいろな議論がありました
youtubeにリンク貼っていいのかどうかわかりませんので

http://www.youtube.com/
とりあえずこちらで
「警察 職務質問」で検索してみてください

質問者さんが報道しているマスコミを撮影して
youtubeにアップした場合、どういう議論になるのかは
楽しみですね

マスコミは国民の声の代弁者と考えているようですが
すでに相当ずれてることを認識すべき時期に来ているかとは
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マスコミはおかしいですよね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/07/27 22:20

彼らはなにも言わないと思います。



それはさておき、----

たまたまその場に居合わせた私が、
TVのクルーが通勤客を撮影しているところを撮影しているあなたを、(遠くから)、撮影する。

という一こまを想像してしまいました。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何も言いませんか。それが筋ですよね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/07/27 22:19

私が高校生の時に、事件があって、高校にワイドショーの人が、どーっと、押しかけてきました。

事件に関係ない子は、野次馬根性で、賑やかでうるさいぐらい騒いでたのに、事件の被害者と同じクラスの泣いてる子ばかりを執拗に撮って、「悲しみでくれている●●高校でした」みたいに、リポートしていました。「こうやって、ニュースは作られるんだ」と、思ったし、すごく滑稽でした。

家庭用ビデオカメラを持って、そのカメラマンをじーっと撮影しているあなたを、TVカメラは、「変な人」みたいな扱いで撮るかも。

報道番組ではなかったかもしれないけど、実際そういうの、テレビで見たような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

報道は全て意図をもって作られていますよね。
だからカメラに写った映像と局側の解説だけで事件を判断することは間違いのもとだと思います。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 23:59

報道の自由

    • good
    • 0
この回答へのお礼

彼らが何を撮影しようと自由、わたしが何を撮影しようと自由ということですか? 彼らはわたしの行為を黙認するということでしょうか。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 23:21

録画して持っていったら


お金くれるかもよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらの意図はカメラマンに対する単なる嫌がらせなので、彼らの利益になることはしたくありません。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 23:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビカメラマンってそんなに大変ですか?!

ワタシの彼が地方局でカメラマンをしているんですが、
かなりしんどいようです。
・休みがなかなか取れない(もしくは決まっていない)
・休みの日でも急な取材などで呼び出される
・とにかく寝る暇がないので休日は寝るのみ
…と、ナカナカハードの様子です。
だからもちろん連絡もナカナカ出ず。

ここで質問です!カメラマンを相方にお持ちの方達はどのように会っているんでしょうか?!
また、カメラマンをしてる、あるいはしていた、
テレビ局で働いている、などの経験お持ちの方、
夜の23時に撮影を行ったりするもんなんでしょうか?!
どれくらいハードなのか詳しく教えて下さい。
納得できない点が多々ある為、なんだか彼を信じていいのか
迷っております。
ハードな仕事だからしょうがないよね…
と理解はしていますが、かれこれ1週間も会えない状態が
続いています。お互い独り暮らしで
家はチャリで5分くらいにもかかわらず。です。
ちっとも会ってくれません。そりゃあ、疲れてる時は一時も早く寝たいものです
そんな時に恋人のことなど考えられる時間もない・・・・
んですか???!!!
その辺教えて下さい…ワタシと会うよりも寝る方が先決となってしまうほどハードなのかどうか!!!!
じゃないと、なんだか納得いきません…
ちなみにワタシもかなりハードな仕事をしてますが
それでも頑張ろうと思えば会いたいって思います。
一応彼は「努力する」というメールをしてくれ、
その後は「今から野球の中継」などコマカに
メールはしてくれます。有難いと思います☆
しかし、カメラマンにとってメールを打つのが誠意イッパイなのでしょうか。

いろんな人がいますから100%の答えではないのはわかります。
ただ、知りたいのはそんなにハードな仕事kなのか?
ってことです。

具体的にどうハードなのか教えていただければ幸いです…

ワタシの彼が地方局でカメラマンをしているんですが、
かなりしんどいようです。
・休みがなかなか取れない(もしくは決まっていない)
・休みの日でも急な取材などで呼び出される
・とにかく寝る暇がないので休日は寝るのみ
…と、ナカナカハードの様子です。
だからもちろん連絡もナカナカ出ず。

ここで質問です!カメラマンを相方にお持ちの方達はどのように会っているんでしょうか?!
また、カメラマンをしてる、あるいはしていた、
テレビ局で働いている、などの経験お持ちの方、
夜の23時に撮影...続きを読む

Aベストアンサー

テレビ業界のカメラマンの仕事は大変です。
(でもディレクターほどではありませんが。)
休日も早朝・深夜もほとんど関係無く仕事がありますし、報道の場合は突発で急に仕事する場合もありますから、休める日が不定期で一般的な会社の人のような友達付き合いは難しいです。

プロの現場では失敗が許されないし、撮り直しのできないロケ等もありますから神経を使うし、機材も高額で重い物を持つので体力も消耗します。現場への移動中や休みがあれば、少しでも寝て疲労回復をはかりたいはずです。

疲れた身体で仕事すると、集中力が欠けてミスを犯したりして、本来クリエイティブであるべきカメラマンとしての業務を全うすることが難しくなってしまいます。
プロとしての将来を見据えたカメラマンであれば、彼女との付き合いや家庭の用事等を犠牲にすることも多いはずです。
なかなか逢えない彼女もかわいそうですが、カメラマン本人はもっと辛い想いをしていることだと思います。

そういう事を理解してもらえる彼女は物凄く少ないので、事情を知っている同じ業界で結婚する人も結構います。(そのように結婚しても、忙しくて一緒に居られる時間は普通の家庭より少ないです。)

仕事の合間に携帯で電話したりメールするカメラマンやVEは多いですね。

中継だと、放送時間の半日前あるいは前日から放送機材の設営や調整をして、綿密な打ち合わせをしますし、中継後の撤収もかなり疲れます。

そのような疲労した心身状態でする彼女へのメールは、ささやかなリフレッシュ手段であり、精一杯の彼女に対する誠意なのかもしれません。

> 具体的にどうハードなのか教えていただければ幸いです…

信じられないかもしれませんが、ある人の場合の実例を挙げます。

2月にオーストラリアに2週間の海外ロケ。季節が逆なので真夏での野外ロケと夜も観光地での撮影で労働時間が長く、体力を消耗。
日本に帰国して翌日に北海道に移動。雪の稚内、宗谷岬等で寒風に晒されながらの野外ロケや、夜のコンサート収録なので設営・リハーサル・本番・撤収と休みなし。
30℃以上の真夏の気候から氷点下の真冬に一気に変わり、よく皮膚感覚が順応できたものだと思います。

その北海道に3日間居て、1日おいて今度は韓国へロケハンと打ち合わせ。
3日間韓国各地を巡り深夜に帰国。休む間も無く、数時間後の早朝5時に地方ロケに出発。1週間の地方ロケ。

地方ロケから帰り、翌日から雪の残る冬の山中を徹夜で歩く人たちを撮影する追っかけロケ。山道を重い機材を担いで48時不眠不休で撮影する超過酷なロケ。

働き詰めでも休めず、都内でスタジオ収録。例により、深夜にまで及ぶ長時間拘束。

翌日は、某タレントさんがイメージキャラクターを務めるCMの撮影。

カメラマンがすべてこのように殆ど休み無く働いているとは言いませんが、神経と体力を使い、過酷な仕事がありますので、大変であることは間違いないと思います。
それをこなしている人は、精神力が強く、自己管理がしっかりできる人といえるでしょう。

テレビ業界のカメラマンの仕事は大変です。
(でもディレクターほどではありませんが。)
休日も早朝・深夜もほとんど関係無く仕事がありますし、報道の場合は突発で急に仕事する場合もありますから、休める日が不定期で一般的な会社の人のような友達付き合いは難しいです。

プロの現場では失敗が許されないし、撮り直しのできないロケ等もありますから神経を使うし、機材も高額で重い物を持つので体力も消耗します。現場への移動中や休みがあれば、少しでも寝て疲労回復をはかりたいはずです。

疲れた身...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報