玉葱を作っているのですが、いくつか倒れてきています。
茎全体が倒れて地面についているのですが、葉自体はまだまだ青々としています。

そこで質問なのですが、茎が倒れてもまだ葉が青ければ玉が肥大する余地はあるのでしょうか?
それとも、倒れてしまったらそれ以降は玉は大きくならないのでしょうか?
初めてでよくわかってないので、ご存知の方教えてください

A 回答 (2件)

鱗葉形成に伴って首の部分に中空部を生じ、この部分が弱点となって、球がある程度肥大すると風によって簡単に倒れます。

球が成熟した印です。(タキイ http://www.takii.co.jp/tsk/hinmoku/ata/p2_bdy.html
しかし、玉葱は、地上部が倒れてもまだ葉が青ければ、肥大します。http://www.agrevo.co.jp/tecinfo/koyomi/onion.pdf
倒伏が始まれば、成熟に近づいたサインなので収穫の準備に入ります。収穫が遅れれば、玉葱の保存性が損なわれますので、栽培農家は、倒伏していない玉葱もわざと倒伏させ、最後の肥大を促します。
添付サイトの4Pにも詳しく普及員が解説しておりますし、農家では常識です。
観察力があれば、倒伏後の肥大は簡単にわかるはずなのですがね!

参考URL:http://www.furusato-kamogawa.net/docs/ibento/191 …
    • good
    • 1

ないです。


植えてある本数の8割ほどが倒れたら収穫してください。
数が多くて、すぐに収穫できない場合は、茎を折っておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
倒れてしまったらもうそれ以後は大きくならないんですね・・・

茎を折っておくというのは、まだ倒れてないものの茎を折るんでしょうか?

お礼日時:2009/05/23 23:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q倒れたたまねぎは収穫すべきですか?

倒れたたまねぎは収穫すべきですか?
昨日の雨風で玉ねぎがほとんど倒れてしまいました。
まだまだ小さいのですが、これ以上の成長は期待できないのでしょうか?
もう収穫せねばならないのでしょうか?

Aベストアンサー

わかりません

Q青ネギの葉が折れる

うちの庭で栽培している青ネギは葉がすぐに折れてしまいます。もっとしゃきっとしてほしいのですが...。

Aベストアンサー

どのような条件で栽培しているのか分かりませんが・・・

折れやすいのは「軟弱徒長(読んで字のごとく)」でナヨナヨと育っているのが原因では?

で、軟弱徒長の原因として考えられるのは
(1)水のやりすぎ
(2)肥料のやりすぎ(特に窒素)
(3)日当たりが悪い、もしくは日照不足
(4)ねぎが密集して混み合いすぎている
(5)苗の時に甘やかされて育てられた
(6)温度が高すぎる
(7)その他

まあ、時期的に(6)はないと思いますが、西日本の気候は良く分かりませんので。
(2)は見た目は葉っぱの色も濃く大きく育っていても偏食の肥満児みたいな状態ですから弱いですよ。

青ねぎとしては好みに合うか分かりませんが、じっくりがっちり育てるようにすれば折れにくくなると思います。

Qジャガイモの葉がもう枯れ始めてます!病気?

今ジャガイモを育てているんですが、まだ緑であるはずの葉が
既に枯れ始めているんです!

本とか見ても収穫は6月となっているので、
まだ枯れるには早いと思うんです。

全部が枯れたわけではなく、下手に土を掘って
ジャガイモをダメにしてしまうのも怖くて・・。

病気には予防が大事で、一度かかったらどうしようも
ないと聞いたのですが、何か策はないでしょうか?

また、一度掘ってみた方がいいのでしょうか?
全くの素人なのでわからず困っています。

詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

早い地域では収穫時期が近づいています。
花は咲きましたか?
品種や植えた時期、地方によって収穫時期は異なります。
一般的には黄色くなり始めたら収穫時期です。
病気の可能性もありますが過去に花が咲いていたら多分大丈夫でしょう…。

話はそれますが私は今年は早稲種のきたあかりと極早生種のインカのめざめを植えています。
きたあかりは昨年も違う場所(ナス科の連作障害を避けるため)に植えたのですがなかなか美味しい品種で収穫も早いものでした。
今年初挑戦のインカのめざめは味はいいということですが収穫時期が極早生で休眠期(芽が出ず寝ている時間)が極端に短いため収穫が遅れると芽が出てしまう欠点や収穫量が少なく病気に弱い品種のためどきどきしながら見守っています。
最近そろそろ黄色くなり始めたかな~という頃合いです…。

ま、話はそれましたがジャガイモといっても色々品種があるわけで植えた時期や地域も分からなければ見たわけでもないので病気かどうかも分かりません。
一番手っ取り早いのは1本抜いてみることでしょう(^.^)
通常だいたいそうやって収穫時期をみるものですから…(#^.^#)。
出来れば天気のいい日が続いたときに収穫してあげて下さい。

参考までに私のお気に入りのジャガイモのページを何ページか紹介しておきます。
http://www.maff.go.jp/soshiki/nousan/imo/imoruihanindex.html

http://jrt.gr.jp/q&a/

http://www.geocities.jp/a5ama/

なかなか参考になると思います。
ちなみにご存知と思いますがナス科(トマト・ジャガイモ・ナスなど)は連作を嫌います。
同じ土地には3年ほど植えないようにしましょう。
少し離れたところであればOKです。
詳しくは「ナス科」「連作」で検索すれば調べられると思います。
堆肥などを使った連作障害軽減方法もありますが話がそれすぎるので…(#^.^#)。

早い地域では収穫時期が近づいています。
花は咲きましたか?
品種や植えた時期、地方によって収穫時期は異なります。
一般的には黄色くなり始めたら収穫時期です。
病気の可能性もありますが過去に花が咲いていたら多分大丈夫でしょう…。

話はそれますが私は今年は早稲種のきたあかりと極早生種のインカのめざめを植えています。
きたあかりは昨年も違う場所(ナス科の連作障害を避けるため)に植えたのですがなかなか美味しい品種で収穫も早いものでした。
今年初挑戦のインカのめざめは味はいいというこ...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Qジャガイモの収穫時期

初めてジャガイモを育てています。(小学校の時に学校で育てましたが・・・・)
立派に育ち、背の高さも40~50cmになりました。今は花のつぼみが付いてきています。
1.そろそろ収穫の時期かと思うのですが、収穫はどのようなタイミングですれば
  いいのでしょうか?花が咲いて終わった後でしょうか?それとも花がつぼみの今?
2.ここに来て苗の周りの土から、たくさんの芽が出てきています。太さ数ミリのミミズ
  のような格好をして、土から2~3cm出て、地面を這っています。これは何でしょうか?
  放っておいていいのでしょうか?

Aベストアンサー

つぼみがついているということは、まだイモがつき始めいる時期です。今掘ってしまうと、ミミズのようなものがついているだけですよ。開花するころにイモの肥大が始まります。イモは開花が終わり落葉するころまで肥大しますので、収穫はまだまだ先ですね。早くても6月の終わりか、7月になると思います。
追肥をされるなら、今の時期は丁度いいですね。2回目は開花盛りのころです。

上の説明でピンときたかも知れませんが、ミミズのようなものは地下茎で、これが太ってイモになります。ただし、光が当たると肥大しません。ということで、収量を高めるため、ジャガイモは「土寄せ」という作業を行うのが普通です。大体、開花1週間くらい前までに土寄せを行いますので、ぎりぎりセーフといった所でしょうか。ミミズのようなものが立派なイモになったときに光が当たらない程度に土寄せしてください。

Q米ぬかを畑にまいたら?

先日、畑に詳しい親戚の人とトマトの話をしていたのですが、「ちゃんと米ぬかまいてる?」と言われました。わたしが「直接まくんですか?」と言ったら、「そりゃあそうだよ」と言って笑ったのです。

でも、わたしはこんなふうに思っていました。

肥料というのは、微生物のエサとなる資材を与えて、発酵させますよね。発酵が完了するというのは、エサがほとんどいなくなって、発酵熱がおさまった状態だといいます。

で、発酵が終わっていない堆肥をまくのは、畑の土に微生物が爆発的に発生して窒素を奪ったりするからダメ、と教わりました。

でも、米ぬかは微生物が発酵するためのエサだから、畑に直接まいたら、微生物が爆発的に発生するんじゃないかなあ、と。

何だかおかしな質問になってごめんなさい。文意を理解していただける方だけ答えていただければけっこうです。

米ぬかをそのまままいても、大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

昔は今のように市販の肥料が豊富ではありませんでしたから、何処の家
でも米ぬかや米の研ぎ汁を庭や畑に撒いていました。多分その名残があ
るため、親戚の方も言われているのだろうと思います。

米ぬかには植物に必要な色んな成分が多く含まれていますが、メリット
はあるのですがデメリットもある事を忘れてはいけません。
粉末の油粕がありますが、油粕の成分は醗酵が終わっていなければ植物
に吸収されない性質があります。土中で醗酵すると醗酵熱によって根が
傷んでしまうし、醗酵時に出るガスによっても根が傷んでしまいます。
米ぬかも油粕と同じで、醗酵しない限りは施しても意味がありません。
米ぬかを少量なら使用されても構いませんが、大量に使用されると土中
の通気性や排水性が悪くなります。また腐敗によってハエなどの害虫が
発生しやすくなるので、使用には注意した方がいいですね。

Q薫炭(くん炭)のカリ成分は?

薫炭(くん炭)のカリ成分は?
毎年もみがらを薫炭(くん炭)にして野菜畑で肥料と一緒にすきこんでいます。土壌改良材として有益で特に施用量関係なく作物によいとのことですので、結構多量に施用してきました。(1平方メートルあたり5リットルくらいまいたこともあります)
ところが、今日知りました・・・薫炭には、1.アルカリ化作用と2.カリ成分があるとのことです。
1.につきましては、堆肥も豊富に投入しており、かつ長年石灰施用をやめているのに、なぜか酸度計で測るといつも7付近で、一向に酸性方向へ移行していかない・・・というナゾの原因かもしれないということであり、問題解決につながるかもしれず、結構なことです。
2.につきましては、今までは薫炭のカリ成分など考えもせず、野菜ごとのNPKをあんばいして施肥して来ました。しかし薫炭にカリが沢山含まれているのなら、カリ過剰のおそれありです。カリ過剰は決して作物にはよくないので、今後は薫炭のカリ分にも注意すべきだ、と思うわけです。
そういうことですので、もみがら薫炭のカリ成分量につきまして、どの程度と考えたらよいでしょうか?
(きわめて軽いものですし、湿度によって重量も変わるとおもうので、『重量あたりの含有量』では変動が大きいかもしれません。『容積あたりの含有量』ならかなり妥当かもしれません・・・)
ま、とにかく、何かの基準をお教えください。
よろしくお願いします。

薫炭(くん炭)のカリ成分は?
毎年もみがらを薫炭(くん炭)にして野菜畑で肥料と一緒にすきこんでいます。土壌改良材として有益で特に施用量関係なく作物によいとのことですので、結構多量に施用してきました。(1平方メートルあたり5リットルくらいまいたこともあります)
ところが、今日知りました・・・薫炭には、1.アルカリ化作用と2.カリ成分があるとのことです。
1.につきましては、堆肥も豊富に投入しており、かつ長年石灰施用をやめているのに、なぜか酸度計で測るといつも7付近で、一向に酸性方向へ移行してい...続きを読む

Aベストアンサー

再質問について---------------

堆肥の酸性化阻止能は堆肥の材料によっていろいろですが、多くの場合に酸性化を抑えると考えて良いと思います。

クン炭を沢山まいた場合は、カリ分を減らすことができます。

酸性化させたいのであれば、硫安は選択肢の一つです

上に書いたように、クン炭を沢山撒いた場合は、塩化カリを減らしたり、場合によってはゼロにすることも可能です。

鶏糞では、窒素・リン酸・カリのバランスでは、リン酸が多いです。カリは特に多くはないので、さほど気にすることはありません。

Qトマトが肥料不足なのか肥料過多なのか分かりません

ホーム桃太郎をプランターで2本育てています。
それと同じ場所にシソ2本、バジル2本も植わっています。

ここ1週間前くらいから、トマトの様子がおかしいです。
写真や経過は下記ブログに載せています。
http://blogs.yahoo.co.jp/gyokusen2/folder/978381.html

まず、葉っぱがくるんと巻きました。
それまで花も落ちていたことから肥料過多だったかと思い、肥料はやらずにずっと様子を見ていました。それでも、芯どまりになってしまうなど、相変わらず肥料過多な雰囲気が。
ちなみに肥料の回数は、
5/9 肥料入りの土に定植。
5/22 一緒に植えているバジルがちょっと黄色くなってきたので、
   バジルの根元に液肥を少々かける。
5/28 追肥(固形系?緩行性と即効性が混じってるらしい)。
   Bの方には液肥も。(同じプランターに生えてるが、ちょっと離れてる。)
6/18 液肥。
です。

そして、4日前ぐらいから、肥料過多には水をやらない方がいいと書かれてあったので水をほとんどやっていません。
それと同時に、第一果が赤くなり始めました。
そして、急に下の方から葉っぱが黄色くなってきました。
黄色くなるスピードがあまりにも速すぎて、おろおろしています。

ただ、一度訳あって、2週間ぐらい前にほぼ裸になるくらい葉をとったシソが未だに回復していないこと、バジルの生長も止まったように見えることが気になります。

本当に栄養過多なのか、栄養不足なのか私には判断が全く出来ません。
どなたか、ご指南ください。

ホーム桃太郎をプランターで2本育てています。
それと同じ場所にシソ2本、バジル2本も植わっています。

ここ1週間前くらいから、トマトの様子がおかしいです。
写真や経過は下記ブログに載せています。
http://blogs.yahoo.co.jp/gyokusen2/folder/978381.html

まず、葉っぱがくるんと巻きました。
それまで花も落ちていたことから肥料過多だったかと思い、肥料はやらずにずっと様子を見ていました。それでも、芯どまりになってしまうなど、相変わらず肥料過多な雰囲気が。
ちなみに肥料の回数は、
5/9 肥料入...続きを読む

Aベストアンサー

No,2の方の解答が正しいと思いますよ。

確かに窒素過多が出ていますが、カリウム欠乏も起こしています。
下葉の急速な黄化はその症状で、No,2の方の回答の通り、葉の栄養を実に送っているためです。
カリウム肥料は窒素肥料の3倍ほど必要になるので、同率の肥料でもカリウム欠乏が起きます。
特に実を育て始めてから、その症状が出やすくなります。

窒素肥料は要りませんが、カリウム肥料を追肥しなければ、
このまま実を残してすべての葉が枯れますよ。
枯らしたくなければ、窒素分が入っていない(又は少ない)リンカリ肥料を使うか、
アンモニア態窒素を吸着するカリウム肥料の草木灰を追肥すると良いでしょうね。
(蚊取り線香の灰の成分は不明ですが、きっと使えますね)

トマトはカリウム過多は出にくいので、やりすぎの心配はほとんどありません。
葉面散布という方法もありますが、元々効果が薄く、ゆっくり回復させていくやり方ですし、
一過性の症状にも見えませんから、この状態では手遅れになると思います。

窒素過多の方は栽培初期からの物を引きずっていると思われますが、
葉がまいたり芯止まりになったり落花したりする症状は窒素過多だけが原因ではありません。
何でも窒素過多にせず、他の原因も疑って見極めてくださいね。
写真付きの良いサイトがないか探して見ましたが見つかりませんでした。
以前見たことがあるので、そのうちたまたま見つけたらブログの方にコメントを残しに行きますね。

水不足の方ですが、トマトを栽培する上で水分量を確認する時は成長点を見ます。
一番初めは成長点に萎れや生育不良などの影響が出ます。
その後成長点や葉先から枯れて行きますので、下葉からではありません。

土がからからでも萎れない理由は、湿度が高いからです。
葉や茎に生えた毛茸や、葉の表面にある気孔から、空気中の水分を吸っています。
また、根が弱っている時や乾燥に耐え切れない時は、茎から気根が出てきます。
乾燥地帯原産のトマトは大丈夫な様に出来ているのです。
ただ、野生の物(糖度は増すが、皮が硬くなり、大きく育たない)に近くなるので、
実が付いている時は水をあげたほうが良いと思います。

それと、シソは葉が無いから無事だったのでしょう。
バジルは葉が小さく蒸散も少ないので、真夏の晴天が続かない限りは大丈夫だと思います。
成長が止まったのは水切れの影響が出だしたのでしょうね。
2年前の7月の始め頃に、旅行で1週間ほど水遣りできなかった鉢植えのバジルがありました。
土はからっからになっていましたが、萎れる事もなく普通に生きていましたよ。
おそらくは朝露でしのいだと思われます。(仙人のようです・・・)
植物の生命力は侮れません。

窒素過多になったら水をやらないほうが良いと言うのは、
土の中の肥料が水に溶けて吸われるからです。
追肥のタイミングを計る時には水をかけてみて、2日後に成長点の生長が見られない場合は
肥料が足りないと判断できますので追肥します。
良く生長するようであればお預けにします。

他の株と状態が異なるのは根の張り方が影響していると思います。
特に老化した苗(回復した老化苗も含む)と普通の苗だと育ち方はだいぶ異なりますので。
それと、定植から着果までの間は、水遣りを控えめにして根張りを良くします。
この時の根の生長状態でも、現在の状況に違いが生まれていると思います。

ブログの方で経過も確認しましたが、色々な事が起こり、その都度対処しすぎて
訳がわからなくなっている様に見えます。
対処しすぎて土の中の栄養バランスが崩れると次々問題が発生してしまいますので、
よく観察を続け、慎重に判断してください。
環境要因での一時的なバランスの乱れもありますので、
見守るのが最善の策である事もよくあります。
特にトマトは肥料や水をよく吸う根を持っていますので、
ちょっとしたことでも(3段目開花までは特に)影響が出やすいので注意してくださいね。

それと、葉の白化は病気と言う事になさっていますが、違うと思います。
褐色腐敗病はパリパリと言うより、腐敗して白カビが生えますし、カビが生えたと言う事は
既に胞子をばら撒いているので拡大していきます。
今も栽培を続けていると言う事は、病気でなかった証拠でもありますね。
ガス障害(たぶん亜硝酸ガス)で枯れた部分にシロカビが生えただけでしょう。
枯れた有機物を分解するだけの菌は病原菌ではありません。

ガス障害は多肥や土壌酸度の影響によって発生した窒素ガスの障害です。
栽培初期から肥料が多すぎた様に感じますよ。
水溶性の肥料は水で流れますが、既に吸った肥料は消費し終わるまでどうにもなりません。
トマトは多年草なので、隙を見て栄養を体の中に蓄えてしまいます。
(トマトに近い種にジャガイモ様もおられます)

肥料を使わせる方法は、わき芽を摘まずに伸ばすと良いですよ。
樹勢が普通に戻ったら、そのわき芽は切ります。
伸ばし続けて着果数が増えてしまうと大玉トマトなのに小ぶりになりますし、
着果負担に耐え切れなくなって枯れやすくなります。
(樹勢さえ調節できれば、育てられない事はありませんが追肥や水の量や
やるタイミングは変わります)
現在の状態も(カリウム切れで)着果負担に耐え切れなくなっている状態ですね。

以前の回答時に疑問が残ったようなので、今回はそういうことがない様にがんばってみましたが、
何か疑問が残るようでしたら何でもご質問なさってください。
今年は色々起こったおかげで、たくさん勉強できて良かったですね。(と言ってもいいですよね?)

No,2の方の解答が正しいと思いますよ。

確かに窒素過多が出ていますが、カリウム欠乏も起こしています。
下葉の急速な黄化はその症状で、No,2の方の回答の通り、葉の栄養を実に送っているためです。
カリウム肥料は窒素肥料の3倍ほど必要になるので、同率の肥料でもカリウム欠乏が起きます。
特に実を育て始めてから、その症状が出やすくなります。

窒素肥料は要りませんが、カリウム肥料を追肥しなければ、
このまま実を残してすべての葉が枯れますよ。
枯らしたくなければ、窒素分が入っていない(又は少ない...続きを読む

Qたまねぎ栽培について

家庭菜園で昨年の秋にたまねぎの苗を植えました。
ところが最近雨と風吹いたせいか、収穫期前なのにほとんどの株の茎が根元から折れ曲がって横倒しになってしまいました。当地では7月ころが収穫予定です。
当然まだ玉はまだ小さいです。
何が原因だったのでしょうか。
4月初めころに化成肥料を追肥しました。
元肥あるいは追肥の量や成分が良くなかったのでしょうか。
茎の折れた株の玉はこれ以上大きくなることはないのでしょうか。
次のシーズンに作る時の参考にしたいのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>たまねぎ栽培について
家庭菜園で昨年の秋にたまねぎの苗を植えました。
ところが最近雨と風吹いたせいか、収穫期前なのにほとんどの株の茎が根元から折れ曲がって横倒しになってしまいました。当地では7月ころが収穫予定です。
当然まだ玉はまだ小さいです。
何が原因だったのでしょうか。
4月初めころに化成肥料を追肥しました。
元肥あるいは追肥の量や成分が良くなかったのでしょうか。
茎の折れた株の玉はこれ以上大きくなることはないのでしょうか。


      ↓
直接の原因は風雨だと思いますが・・・
他にも、畑の土壌・水の遣り過ぎor不足、間引き(株の間隔と根の成長)・追肥(鶏糞と草木灰)の適性が問題となり、株または根の生育や丈夫さが風雨に耐えるには力不足だったのではないでしょうか。

それと、苗の植え付け時の天候が低温であったり、水遣りで地中温度が低くなると成長に良くない、茎葉が成長してきた時なら土がかんそうしないようにタップリと遣る。
その過程で、茎葉と見えませんが根の丈夫さが決まりますので、風雨に強い耐性を持ち、収穫収量や玉の大きさがほぼ決まります。

現場・現物・現状を見ずに断定は出来ませんが、通常は、茎葉が全体の80%~90%倒れる頃に収穫しますが・・・
今回は、もう少し玉の成長を期待して収穫を延長してみます。(早生・中生・晩生の品種で収穫時期は違います)
但し、完全に茎葉が折れ、枯れて来ているようなら、所々の試し収穫をして玉が腐敗を始めてしまわないようにチェック(場合によっては小さいままでの収穫)が必要です。

~ご参考記事~

http://www.jainaba.com/yasai/advice/y_tamanegi.htm#ikubyou

http://www.ja-sc.or.jp/saien/200809.html

>たまねぎ栽培について
家庭菜園で昨年の秋にたまねぎの苗を植えました。
ところが最近雨と風吹いたせいか、収穫期前なのにほとんどの株の茎が根元から折れ曲がって横倒しになってしまいました。当地では7月ころが収穫予定です。
当然まだ玉はまだ小さいです。
何が原因だったのでしょうか。
4月初めころに化成肥料を追肥しました。
元肥あるいは追肥の量や成分が良くなかったのでしょうか。
茎の折れた株の玉はこれ以上大きくなることはないのでしょうか。


      ↓
直接の原因は風雨だと思いますが・...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報