色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

よろしくお願いいたします。


寒い所に引越してきたので、80年代製のアラジンストーブを破格値で中古購入しました。

芯が残り少なく、ブルーフレームがギリギリ綺麗にでる状態です。

質問ですが、8時間くらい連続運転すると、かなりキツイ灯油の臭いがでてきました。

アラジンストーブの臭いはこんなものなのでしょうか?
それとも他に原因があるのでしょうか?
どうぞお知恵を拝借させてくださいませ<(__)>

gooドクター

A 回答 (2件)

私も以前(かなり昔)にアラジンを使用してました。


ニオイと原因に関しては一番の方の記載どおりだと思います。
石油がきちんと入ってて、普通に点火していて臭い無いです。
(それがアラジンの売りだった記憶があります)
やはり芯の交換が重要では…。
さらに、芯を綺麗に削る器具も必需品だと思います。
    • good
    • 4

石油ストーブというのは、点火の際と消化の際に必ず石油の臭いが出ますし、芯の調節が悪くて不完全燃焼を起こした場合は石油の臭いと黒煙が出ますが、順調に燃焼している最中は特に臭いは出ないものです。



お手持ちのストーブは、とりあえず芯を交換した方が良さそうですね。
それで症状が改善しなかったら、修理するか、捨てて新品を買った方が良いかお考え下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング